鍼灸で行こう!

岐阜市の鍼灸院・サンリ治療院のブログです。 めまい・耳鳴り・突発性難聴など耳鼻咽喉と、脊柱管狭窄症・ヘルニアなどを得意とします。

耳鳴り治療は、スピードが大事。

耳鳴り、めまい、難聴などの耳トラブルへのはり灸治療が得意なサンリ治療院では、今まで数々の耳鳴りに悩む方へはり灸治療を行ってきました。

そんな中で経験として、耳鳴りが改善する患者さんには、いくつか特徴があると感じています。

その一つが『はり灸治療の開始が早い』ということ。

まず最初は耳鼻科の治療をしていただくのが一番ですが、その第一段階の治療が終わった直後、もしくは治療が始まってすぐくらいに当院ではり灸治療をスタートしている人は、耳鳴りの改善率も高いのです。

耳鳴りというのは一旦固定してしまうと厄介な病気です。また、耳の奥で音がし続けるという状態はストレスが大きく、心も体も消耗します。

そうした状態を長引かせることなく、症状の早い段階で、耳鼻科での治療と並行してはり灸治療で体の中から整えていくという方法は、耳鳴り治療(もちろん、めまいや突発性難聴含めた耳トラブル全般とも)と、とても相性が良いと思っています。

もし、今耳鳴り症状があって、はり灸治療も検討している…という方は、ぜひ早めにお越しくださいね。

耳トラブル治療は、初動のスピードが大事なのです。

(清水)

お花シリーズ 名前

全国的に晴れやかな空の下、気分もいいものです。

先日掲載したお花の名前が分かりました。
余り聞きなじみのない名前ばかりです。
唯一、ジキタリスは聞いたことがあったかな・・・。

5/14 ブラックレースフラワー
5/15 ジキタリス
5/20 ラグラス

だそうです。皆さんは、お花の名前に、興味がありますか?
カタカナが多いので、なかなか覚えにくいですよね。

これからの時期、街路で見かける花たち。

アガパンサス
アジサイ
ドクダミ
ムクゲ
クチナシ
バラ
クレマチス
アリストロメリア

などなど・・・。

さあ今日は、どんな花に出会えるでしょうか。

目の前の自身の課題だけでなく、少しでも自然や隣の方にも目や心が向けられる日々が過ごせると良いですね・・・。

お花シリーズ

LINE_P2022514_153508

園芸教室で作った寄せ植えだそうです

いつも母の庭には、可愛い花たちが蝶や虫、猫、亀までもを呼び寄せるそうです・・・。
階上の住人達も、楽しみのしてくださっているようです。都会のオアシス?

私たちが岐阜から車で伺うと、ホームセンターで土を買います。田舎者の私は、土を買う行動が、わかりません。そんなに買うと、土で庭が山になってしまうのではないかと思うのですが・・・。ちょっと不思議です。

でも、草花をめでる生活は素敵です。
動ける体と心の持ち主でないと、できませんから。

お花シリーズ

マンションの庭作りを楽しんでいる義母より、キレイな写真をいただいたので・・・

LINE_P2022514_153503

お花の名前は?

さわやかな季節は一時?


さわやかな季節です。昨日はたくさん雨が降りましたが、今朝から雨があがり、青空が見え影ににいると心地の良い風が吹いている岐阜です。
LINE_P2022514_153453


みなさま、いかがお過ごしですか。

長年続けてるものの良さ。

こんにちは。サンリスタッフ清水です。

ここ数年、サンリ院長と患者さんからのご縁で、月一回ほど手話を習っています。

といっても、わかるのは初歩の単語と指文字(指だけで、ひらがな50音をあらわすサイン)程度。

ちっとも上達しないため、院長や参加メンバーには苦笑されてしまう劣等生です。

(ちなみに、院長と奥様はとても手話が流暢で、サンリ治療院には聾(ろう)の患者さんもいらっしゃいます。できないのは私だけ…)

そんな永遠の手話初心者な私でも、長く手話に触れる機会をいただいているというのは大変偉大で。

最近の広告にときどき登場する手話表現や、ニュースなどでちらっと見る手話の一部(簡単なのです!)が、なんとなくわかるようになってきました。

先日も、デフリンピック(ろう者が競うスポーツの世界大会)に出場する選手のインタビューを見ていて意外と分かる!うれしい!と一人で喜んでました。

流暢な会話には程遠いレベルですが、長年続けていると、自然と手話はもちろん、ろうの方の世界への関心が向きます。

そうやって知らないことを知っていくことで、自分の世界が豊かになるような気持ちを味わえるのが、手話をはじめとした「言葉」を学ぶ楽しさの一つなのだな、と感じています。

(清水)

季節の変わり目は傷あとケアを。

最近のような季節の変わり目の時期は、体にとって大きな刺激をもたらすものです。

めまい・耳鳴り・突発性難聴など耳トラブルケアを得意とするサンリ治療院では、めまい症状を訴える方へのはり灸治療が多いですが、それ以外の『体のちょっとした不調』として多いのが、傷あとがうずいたり、傷んだりするという訴えです。

骨折や靭帯損傷などのケガ、出産の際の帝王切開やその他のお腹を切る手術での手術跡。

こうした体の奥にある傷あとは、しっかり治ったように見えても健康な部分と比べると少し弱くなってます。

そのため、季節の変わり目などの環境変化が大きいときは、その変化についていけなくて痛みや不調が表れやすいのです。

こうした傷あとは、その部分を冷やさないこと、しっかり温めることが大事です。

お風呂でゆっくりあたためるのもいいですし、暑いのが苦手な人は傷部分だけ小さなカイロやせんねん灸を使うのもありです。

もしくは、一度しっかりはり灸治療で傷跡をふくめた全身を丁寧にケアするのもおすすめです。

弱い部分は、その分しっかり手をかけてあげて補ってあげる。

そうやって体を大事にしていけたらいいのかなと思います。


(清水)

診療予定

春の気候とはこんなものでしょうか。寒かったり、暑かったり。
ここ数年、春は風が強い日が多いと記憶していますが、今年はもう、台風1号が過ぎていきましたね。
そして、今年の夏も暑い予報がされています。
大きな台風が心配されます。

寒暖差や、気圧の差、環境の変化は、すべて私たちの心身にとってはストレス!!!です。
敏感過ぎても、鈍感すぎても、調子を崩してしまいます。
ある意味、日々の生活は平均台の上で、バランスを取りながら過ごしていると思います。
その平均台の幅が、広いか狭いか、渡る人自身のバランスがうまく取れるか、様々な奇跡が重なり合って、今ここにあるのだと感じます。

平衡感覚を整える、ストレスに負けない体づくりをしていきましょう。

写真は、サンリの花壇の様子です。昨年からのこぼれ種のキンセンカの株が大きく育っています。そして、ニオイバンマツリの葉が茂り(今年は葉が例年より小さいです)、つぼみがみえてきました。毎年の楽しみです。
IMG20220422104131



当院は下記のカレンダーにて診療予定を公開しています。
平日の午前、水曜の午後(前日までの完全予約制)、土曜の午前・午後と診療しています。 

お体のメンテナンス、リフレッシュにサンリ治療院もご活用ください。

眠れない体はどうなってる?

夜眠れない、眠りが浅くて朝までぐっすり眠れない…

そんなお悩みを持つ方は、実はとても多いです。

眠れないから疲れが取れず、さらに疲れてしまうという悪循環に陥っている方も。

そんな方のお体をみると、首、顎、肩などにものすごく力が入ってしまっています。

筋肉の緊張が強過ぎるときは、交感神経の興奮も強いと言えます。

不眠の原因はいろいろあるものの、まず筋肉の緊張を緩めてあげることが、眠りやすい体つくりのために大切です。

でも、眠れないほどの緊張状態になってしまっている体は、力の抜き方をすっかり忘れてしまっています。

だから、はり灸治療では、体を緩めて緊張を強制的にリセットしてやります。

はり灸治療で首や肩を緩めると「ぐったりした」という感覚になる人がおおいのですが、そのぐったり感が本来の状態です!

その状態になって、自然と眠たくなってくるのを体感してもらう。

これが眠れるからだづくりへの第一歩です。


(清水)

腰痛のとき、みるべきポイント

暑い日と寒い日が交互に続いてますね。

今みたいな時期に意外と増えるのが腰痛です。

ぎっくり腰はもちろん、その手前くらいの「ちょっとあぶない」感じの違和感を、腰に感じて来院される方が増えるのです。

この時、腰をいっぱい施術して欲しい!と訴えられるのですが、実際は腰の筋肉だけ緩めても体は楽になりません。

腰の筋肉が緊張する原因にアプローチしないと、またすぐに体は痛い状態に戻ってしまうからです。

腰の緊張には、腹筋が大きく影響します。そして、腹筋と腰の筋肉の両方の緊張は、膀胱や子宮など「骨盤内臓器」が大きくかかわっています。

まず、内臓をしっかりケアする。そうすることで、筋肉も緊張がゆるみ、本来のしなやかな状態に戻っていきます。

症状は腰痛でも、原因が腰だけにあるとは限らない。

サンリ治療院のはり灸治療では、筋肉と内臓、両方をしっかり整えていきます。

(清水)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ