鍼灸で行こう!

岐阜市の鍼灸院・サンリ治療院のブログです。 めまい・耳鳴り・突発性難聴など耳鼻咽喉と、脊柱管狭窄症・ヘルニアなどを得意とします。

寒い日が続きましたが、一転今日は全国的に3月末から4月初旬桜の咲くころの気温ということで、体もこころも少しほっこり緩んでいる気がします。

ほんとに、年末年始寒かった!!!!

でも、1日1日日が長くなり、夕方の時間が明るくなって来ました。
こうなると、日が短くなる時とは、気持ちが違ってきます。

まだまだ、油断は禁物ですが、春は一足一足近づいてきています。
どうぞ春を楽しみに、体調を整えておきましょう。

今年は、私も大台突破したので、自身を過信せず体力づくりに努めます。
みなさんも、ご一緒にいかがですか。


こんにちは。サンリスタッフ清水です。
先週(個人的に)大騒ぎしていたお正月太りも、無事解消しつつあります。と言ってもまだ落ちたのは1圓任垢。間食の回数が減って、規則正しい食生活に戻ってきたので一安心です。
肝臓へのローラー針ケアと一口40回噛む、も今のところ継続できています(これが食欲コントロールに一番役立っているように思います)。

私が今、ダイエットにここまで焦って取り組んでいるのには理由があります。
それは来るべき「花粉症」シーズンを無事に乗り切るため!

暴食やお酒の飲み過ぎ、間食のし過ぎ。
どれも内臓に大きな負担をかけます。特に負担がかかるのは肝臓、腸、腎臓です。
これらはみんな「免疫機能」に大きく関わる臓器です。

お正月の暴食習慣をひきずったまま花粉症シーズンに入ってしまうと、食べ過ぎのせいで弱った内臓では対応できなくなって、アレルギー症状が出やすくなる。と経験上分かっているので必死です。
(また、この免疫機能の低下は、人によっては風邪を引く、という形で現れる場合もあります。)

太って、浮腫んで、さらにアレルギー症状でお顔ボロボロ…なんて地獄の事態を避けるためにも、今この時期に内臓のコンディションを整えること、とっても大切です。

まだまだ気を抜かずに、食生活気を付けます!

(清水)2018.1.16

こんにちは、サンリスタッフ清水です。

ついこの前までお正月だったのに、1月もはや10日以上経ちました。
お休み気分もようやく抜けて、今年も患者さんにしっかり向き合うぞ!と気を引き締めています。

もう一つ引き締めないといけないのが…体重。
お正月にしっかり休み、しっかりとご馳走を楽しんだ結果、今年も体重はしっかり増えてくれました!(もはや毎年恒例行事)

体重が増えただけでなく、消化に負担をかけてしまったので胃や肝臓にお疲れの反応が現れているので、まずはしっかりローラー針をコロコロかけていたわってあげる所から始めています。

そんなダイエットから始まる1年に立てた今年の目標。

・一口40回以上噛む(今は一口20回以下)
・ウォーキング再開(最近サボっていたので)
・お菓子を減らす!

…できるかな?と始める前から気弱ですが、とりあえずやってみます!
なんでもトライが大事。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(清水)2018.1.11

皆さん こんにちは。サンリ治療院・院長、舟橋寛延です。
2018年になり、本日は早くも1/9(火)。

お正月休みと成人の日の連休をはさみ、なんだか休日が多かった日々は終わり、平常が戻ってきました。
子どもたちの冬休みも終わり、今朝元気に登校していきました。

そろそろ休み疲れが心配です。
報道によると、インフルエンザの流行が例年より早いようです。
また、この数日続いた低気圧はおわり、乾燥した冬空がやってきそうです。

ウイルスの侵入を防ぐには、室内の湿度をたもちつつ、換気を行ないましょう。
そして何よりも疲れを貯めないこと。
充分な睡眠が一番大事です!

冬は夏に比べて、睡眠時間がよけいに必要な気がします。
それは自然の法則に従ったものでしょう。

インフルエンザや風邪にかかると、予定していたこともできず、何よりしんどいです。
上手に予防して、残りの寒い2か月あまりを過ごしましょう!

2017年の診療が終了いたしました。
今年も様々なお悩みの方との出会いがありました。
微力ながら、お力になれましたでしょうか。

明年も、みなさまの健康的な暮らしに少しでもお役に立てればと思っております。
一年ありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいますように。

年末年始のお知らせ

12月31(日)〜平成30年1月4日(木)
お正月休み

1月5日(金)〜通常通り診療いたします。



一年ほど前からスープジャーを愛用しています。
流行したのは2〜3年前?なので今更なのですが…とっても重宝しています!

ジャーに入れるのはシチューやトマトスープ、お味噌汁などなど。
具だくさんにしておかず替わりにすれば、あとはおにぎりだけで充分満足なお昼ご飯になります。
最近は晩御飯に煮込み料理をすることが増えたので、その残りを朝温めなおして詰めるだけだとさらに簡単です!

さらに、お昼になっても温かさを保ってくれているありがたさ。
特に今の寒い時期は冷たい食べものは内臓に負担をかけるので避けたいところ(内臓の温度を下げてしまうので)、お昼ご飯が温かいのは本当に嬉しいです。

ちょっと重くてかさばるのが難点ですが、それ以上に買ってよかった!と思えるお弁当アイテムです♪

(清水)

前回に続きマスクの効果についてもう少し。
マスクで鼻と咽の乾燥を防ぐことは、風邪だけでなく鼻炎やドライアイなどのアレルギー症状を持つ方にもとっても有効です。

今の時期に多い寒暖差アレルギー。これは暖かい場所から冷たい外気に触れた時など温度差がある状況になった場合に起こりやすいものですが、この時反応するのはやっぱり鼻や喉の粘膜なのです。

マスクをしているといると顔周りが保温されるのでこの温度差が小さくなります。それだけでも充分対策になります。

この時期意外と多いホコリ(セーターやコートから抜けた繊維が沢山空気中に舞ってます)も、マスクをしていることでかなりブロックできます。

目の乾燥を防いでくれるからドライアイの方にもおすすめです。呼気にはたくさん水分が含まれているので(その量は一日約350CCと言われています)、マスクの隙間から目元に上がってくる呼気は、自前の加湿器になるのです。
ちょっとつらいなという時、ぜひ試してみて下さい。症状が和らぎますよマスクをしても良くならない…となったときは、はり灸治療の出番なので早めの来院をお勧めします。

体調にあわせたケアで、元気に年末を乗り切りましょう!
(清水)

また!
マスク忘れると乾燥が気になると申しましたが、目も気になるなーと思いながらアップ作業をしていると・・・
関係あるんですね、マスクと目の乾燥!
へぇ〜。
やっぱり手放せません!マスク!!
(あすか)

風邪をひいている人、増えていますね。

電車の中で咳き込んでいる人も多くて、自衛のためのマスクが必需品!のサンリスタッフ清水です。
いろんな高機能マスクが発売されていますが、私は100枚で数百円のお徳用を使っています。細菌やからだの仕組みを学ぶと、普通の使い捨てマスクで充分かな、と思うので。

重い感染症にでもかかっていない限り、細菌を99%ブロックなんてする必要はありません。体に備わっているバリア機能が、ちゃんと防御してくれます。

ただし、その防御機能をしっかり生かすためには、鼻や喉の粘膜が潤っていることが大切です。

エアコンが効いたお店の中や電車内は私たちが思っている以上に空気が乾燥しています。なので、マスクでお顔周りを覆って、鼻や喉がちゃんと働けるように守ってあげて下さいね。

(清水)

ですね!
いつもマスクをしているのに、マスクを付け忘れると、乾燥が激しく感じとれる今日この頃・・・。
お年頃なのか?敏感すぎるのか?
(あすか・アップ作業をするのは私で、つい、同調したくなりました!!)

はり灸治療が得意な分野の一つとして「大きな病気や手術を受けた後の体のダメージのケア」があります。

手術を受けるきっかけはさまざま。
事故によるケガ、病気。
(病気ではありませんが、女性だと帝王切開手術もそうですね。)

最近多いのが、やはりガンの切除手術です。

早期発見で無事にきれいにガンを取りのぞけたものの、万が一を考え、内臓の一部やガンが出来た近くのリンパ節を切除するなど、で予想以上に身体の多くを傷つけることになるケースは多々あります。再発を防ぐための処置としては最善ですが、そのために身体に強いる負担はどうしても大きくなります。

また、手術をしたことで体の働きが悪くなったり、体の一部分が浮腫むことに悩む方も多くいらっしゃいます。
そうした方のケアとして、はり灸治療はとっても効果的です。

体の外から刺激するので、ダメージを受けた内臓にもやさしく働きかけます。
また、お薬と違って体の中で消化・分解する必要もないので体に負担がかかりません。

はり灸治療は、弱っている体に寄り添いながらサポートできる治療なのです。


(清水)

師走とはよく言ったもので、なにかと気忙しくお過ごしのことと存じます。
今年は、12月30日(土)まで、通常通り診療を行っております。
今年の悩みは、今年のうちに!!
今年の疲れは、今年のうちに!!

どうぞ、サンリ治療院をご利用下さいませ。

来る12月25日(月)は、都合により午後臨時休診させていただきます。

また、12月28日(木)は、木曜ですが院長在院しております。

年末年始のお知らせ

12月31(日)〜平成30年1月4日(木)
お正月休み

1月5日(金)〜通常通り診療いたします。



このページのトップヘ