2006年07月21日

ニュース深読み

一般的な話題をするためにこっちでも更新

A級戦犯合祀に不快感=昭和天皇「私の心」、靖国参拝中止で−故宮内庁長官メモ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060720-00000235-kyodo-soci

(以下はぐらの独断と偏見が多分に含まれる文章です)



このニュースを見たときに一番最初に頭に浮かんだことは
“なぜ、いまこの時期にこの情報がでてくるのか?”
です。



まず、昭和天皇は終戦直後GHQを訪れ、マッカーサーに向かって
“自分は殺されてもいいから、国民に食料を配給してくれ”と
言える程の深慮遠謀の人であり、戦後は一貫して政治的な発言をしなかった人である。


靖国に対して、このニュースのような感情を持っていても
外部に漏らす可能性のある人物には告げないだろう…


今回、故人である元宮内庁長官のメモが見つかって報道されたの
だが、上記の理由からこの人物も秘密は墓まで持っていく人だと
考えると、このメモが白日の下に晒された理由として考えられるものは次にあげるものだ。


捏造、遺族の金目当て、もしくは何らかの意図を反映。

捏造はここでは除外して考え、
元宮内庁長官の遺族が貧窮しているのも考えがたい…


まして、金目当てでこのメモをマスコミ(日経)に持って行っても
情報としての価値が無ければ、金にならないし、明るみにでないはずだ。


ここで一つ考慮に入れないといけないことは
“情報というのは常に誰かの意図のベクトルがかかっていて
 それを打ち消して考えたときに見えるものこそが真実だ。”
という考え方だ。


この情報のベクトルで一番損をするのは間違いなく
小泉、安部陣営や麻生などの右寄りの政治家達だろう。

逆に得をするのは大陸や左翼寄りの
現在のマスコミの幹部や山崎などの政治家だろう。

つまり、いまこの時期にこのメモがでてきたことは
“自民党の総裁選の操作、ひいては半島に対する現在の日本の
姿勢を変える”
という日本の根底に根付く絡みつくような意図(糸)がぐらには
感じられます。


以上がぐらの意見ですが
みなさんの意見はどうでしょうか?


gura_w_ at 08:40│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tocken   2006年07月21日 14:16
俺の意見は「紙切れ一枚でそんな」かな.捏造かどうかも放っておかれるぐらいのしょうもない紙切れ一枚を使って,どうにかしようとした人がいたんやね.マスコミをほんのちょっと騒がせる程度の働きしかせんかな,て思いながら見てる.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔