アフィリエイトとボクらの暮らし

アフィリエイトのことを少し語っているブログです。

2011年01月

関係ないこと

一見してアフィリエイトに関係の無いことでも実際はそうでもなかったりします。
物を売るということは人の気持ちありきなところがあるので、
毎日の日常の中にはたくさんの情報があります。

一番簡単なのは、カフェなどで座っているときに女性が話していることです。
「~の~がよかった」とかそういうことです。

それを「ふーん」ととらえるのか「あ、なるほど。それじゃあこれはどうだ」ととらえるのかでは相当な差が出ると思います。

実際に物販でアフィリエイトをしている人でなくても、
その意識の違いというものは売り上げに影響してくるものです。

そのあたりを考えながら日々をすごすのも大切な仕事かもしれません。

大雪注意

今日は日本海側で大雪が降るということです。
例えばですが、こういうときに売れる商品といえばなんでしょう?

温かい食べ物、暖房器具、もちろん冬の商品です。
季節感をかんがえるということも大切な要素です。
情報商材の場合は季節も何もないのではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

例えば、ダイエット系の商材が売れるのは夏の前です。
女性が水着を着ることになる夏の前に、スタイルをよくしたいという思考からよく売れるのだと考えることができます。

おそらくこれは一番簡単な例ですが、季節によってそれぞれ売れやすいものというものは出てきます。

ただし、稼ぐ系などはさほど季節に影響されません。
それでも12月には売り上げがあがるといわれます。
ボーナスや、世間の空気などが左右されるのでしょう。

暮らしの中に溶け込む

今やインターネットは生活の中に溶け込んでいます。
割合としては若い世代のほうが多いでしょう。
ケータイを使っているのも若い世代のほうが多いので。

しかし、実際に情報商材を買うというのはそれよりも1世代ほど上の世代のほうが多いらしいです。

実際に統計を取ったのかどうかはわからないのですが、
情報商材は1つ1つの値段が結構するときがあります。

そのことからお金を持っているが、もっと稼がなければという
意識の強い世代、20代後半から30代にかけてという
のが妥当なところでしょう。

モノにもよりますが、大体このあたりの世代に向けて記事を書くべきだと考えられます。
特に稼ぐ系といわれるような情報商材はこの世代が多いでしょう。

ダイエットなどは10代でも多いかもしれませんが、圧倒的に女性が購入します。

そういった、暮らしというものに密着した記事の書き方を考えるべきです。

販売戦略

アフィリエイトで稼ぐためには販売戦略というものが必須になってきます。
どんな店でも販売戦略をやっています。

例えば、スーパーで、入り口のあたりに野菜があるのが
ほとんど当たり前になっています。
これは実は販売戦略の一つで、野菜を見に来たお客さんは
そのまま奥へ入っていくようにしてあるのです。



そう聞くと、販売戦略は別に悪いものではないということがわかると思います。
アフィリエイトにおいてもそれは変わりません。
クリックしてもらえるように工夫することは販売戦略の一つだといえます。


記事を読ませて、購買意欲を高めるというのも
戦略の一つだと思います。


稼いでいる人はこういう戦略を立てるのがうまいです。
2重3重の策をしかけて稼いでいるのです。
記事検索
インターネットを使って、どこにいても仕事ができるのがアフィリエイトの魅力の一つです。しかも今インターネットで稼ぐことができれば、相当な稼ぎを実現することも可能です。このアフィリエイトはそういった夢のある仕事だと思います。しかし、現実はそんなに稼げない人、まったく稼げない人がたくさんいます。それは仕事としてアフィリエイトをやっている人が少ないからだと思います。副業感覚、軽い気持ちで始めた人であればあるほどすぐに挫折し、やめてしまうのです。そうなっては時間の無駄ですのでやめないように頑張りましょう。結果は後からついてくるものです。とにかく手を動かしましょう。
プロフィール

guraivan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ