今やインターネットは生活の中に溶け込んでいます。
割合としては若い世代のほうが多いでしょう。
ケータイを使っているのも若い世代のほうが多いので。

しかし、実際に情報商材を買うというのはそれよりも1世代ほど上の世代のほうが多いらしいです。

実際に統計を取ったのかどうかはわからないのですが、
情報商材は1つ1つの値段が結構するときがあります。

そのことからお金を持っているが、もっと稼がなければという
意識の強い世代、20代後半から30代にかけてという
のが妥当なところでしょう。

モノにもよりますが、大体このあたりの世代に向けて記事を書くべきだと考えられます。
特に稼ぐ系といわれるような情報商材はこの世代が多いでしょう。

ダイエットなどは10代でも多いかもしれませんが、圧倒的に女性が購入します。

そういった、暮らしというものに密着した記事の書き方を考えるべきです。