今日は日本海側で大雪が降るということです。
例えばですが、こういうときに売れる商品といえばなんでしょう?

温かい食べ物、暖房器具、もちろん冬の商品です。
季節感をかんがえるということも大切な要素です。
情報商材の場合は季節も何もないのではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

例えば、ダイエット系の商材が売れるのは夏の前です。
女性が水着を着ることになる夏の前に、スタイルをよくしたいという思考からよく売れるのだと考えることができます。

おそらくこれは一番簡単な例ですが、季節によってそれぞれ売れやすいものというものは出てきます。

ただし、稼ぐ系などはさほど季節に影響されません。
それでも12月には売り上げがあがるといわれます。
ボーナスや、世間の空気などが左右されるのでしょう。