グラロイドルーム

太鼓・DDR・テイルズオブ・カービィ・ファイアーエムブレム・バイオハザード・RPG好きのブログ。ゲーム・アニメ色が強め。近年はゲームのクリアレビューを更新しています。

2016年01月

HNI_0044_MPO


HNI_0045_MPO


売ってるのを見つけて懐かしくて買っちゃいました。

昔これをよく食べたものです。

当時ブタメンが好きで友達の間でも「ブタメンが最強!」という風潮がありましたが

ある日、このペペロンチーノを見つけて食べて、自分はブタメン派から、ペペチ派になりましたね。

みんながブタメン食べる中、ペペチ食べて「コイツ裏切りもんや」と言われたものです。

でもこれほんと好きなんですよね、お湯入れてラーメンで食べたり
お湯入れて捨てて、粉入れてスパゲティみたいに食べることもできるんです。

「ラーメン派?パスタ派?」と聞かれたら、自分は「お湯を捨てた後、少しお湯を入れてスープパスタにする」と答えます。

味は塩味で、バジルが入ってて辛みが多少あります。これがまたスパイシー。
塩味で少し辛いってのが、自分の好きな味覚が詰まってるのだろうなと思います。

サッポロ一番塩らーめんも、七味入れて食べるのが好き、コショウでも可。
まあ、身体にはよろしくない、お気に召さないと思うので、頻繁に食べるのはやめてます。

いろいろありましたが、このペペロンチーノ、見かけたら買ってみてください。

ちなみに一緒に買ったしんちゃんラーメンはまだ食べてないのでわかんないです。
HNI_0046_MPO


まあ、普通の醤油味のラーメンかと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

HNI_0041_MPO

HNI_0043_MPO


HNI_0042_MPO


1月はPS3ソフト、戦場のヴァルキュリアを遊んでいました。

クリア時間は36時間。敗北してやり直しも多々あったので、セーブに記録されてない時間がプラス数時間はあると思います。
今ならベスト版が新品2000円で買えて、ゲームとしてのボリュームは満足でした。

以下、ゲームの感想です。ストーリーのネタバレはしてません。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

HNI_0029_MPO

bandicam 2016-01-06 01-49-26-313


ここしばらくはPS3のRPG「シャイニング・レゾナンス」を遊んでいました。
セガのRPGシリーズであるシャイニングシリーズの現在最新作に当たる作品だと思います。
プロジェクト クロスゾーンで参戦したシャイニング・フォース・イクサのトーマ・シリルを知って
一度シャイニングシリーズを遊んでみようと、最新作であるレゾナンスを選びました。

一昨年2014年の12月頃にこのゲームのCMをよく見てて、グラフィックいいな、遊んでみたいなと思ってた事もあります。

その時のCM
https://www.youtube.com/watch?v=X70_hkyAA78

こういったアニメ風グラフィックのRPGでは、グラのレベル高いと思ってます。
遊んだことありませんがPS3のアトリエシリーズもグラ作りこまれてますね。

当時ゲームの値段が8000円でスルーしてましたが最近廉価版が出たようで
新品2600円で売ってたので、これならゲームが合わなくてもダメージ少ないと思い切って購入しました。

遊んでみて、クリアして、プラチナトロフィーも取って、このゲームはやりこめたと思うので
その上で自分なりの評価ですが、10点満点でいくと

ストーリー 5
キャラクター 7
グラフィック 8
戦闘システム 5
音楽 7
ゲームシステム 5

くらいかなと思います。こういうとなんですが、はっきり言いますと「グラフィックと音楽はいいゲーム」です。
それ以外は平々凡々な出来。

ストーリーは先が気になる。あっと驚く展開もなく、普通に進んでいきます。

戦闘システムはフィールドを歩いて敵シンボルとぶつかると、その場ですぐに戦闘開始。ロードもなくここは凄い。
キャラを動かして剣や槍で斬ったり、離れて矢や銃で撃ったり、と始めは楽しいですが後半飽きます。
連続コンボができる、演出付きの必殺技が炸裂する、ということもなく、敵を攻撃してる時の爽快感が薄い。
効果音がショボイのもありますね。音は大事。攻撃時の音はいかにも敵を攻撃してるぞ、と感じられないと気持よくないです。
その場ですぐ戦闘開始のシームレスはすごいと思いますが、それこそ過去の作品で似た物は溢れてますしね。
PS3はここまで出来るというぐらい、もっと頑張ってほしかったです。

ゲームシステムの方は、モンスター図鑑やゲームのチュートリアルがすぐ開けるメニュー画面で見られず
いちいち宿屋で主人に話しかけて見られる仕様なのが面倒でした。

それと武器防具の装備要素もないのが残念。
このゲームの武器は伝説の龍が残した7つの楽器をキャラたちが持ってるんですが
それを調律屋で楽器を強化していくシステムです。
防具の要素はないです。代わりにスキルの装備で
「HPアップ」「攻撃アップ「毒無効」「行動値回復速度アップ」などを3~5個装備できます。

音楽ですが、主人公たちの武器が楽器ということもあり、戦闘中にBANDを発動して
その時のパーティキャラ4人で曲を少し演奏する演出が入り、攻撃力や防御力をアップさせます。
BAND時の誰が中心で演奏するかの「センター設定」で、同じ曲でも音が少し変わったりするのはこだわりがあっていいと思いました。

BAND曲の1つ「日輪の煌き」はこういった曲が流れます。
https://www.youtube.com/watch?v=enPqFZjdHrk
歌っているのはヒロインの一人キリカ役の早見沙織さん。

一応これが演出付き必殺技といえばそうですが、攻撃技ではないので。攻撃する技もほしかったですね。

通常戦闘曲はこういった曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=PlsW1O8IAT4
バトル2
https://www.youtube.com/watch?v=cN2yKc6Byf0

フィールドBGM
https://www.youtube.com/watch?v=cl-XFgXspv4

音楽がテーマのRPGだけあり、音楽はとてもよかったです。
いつもゲームするときのテレビの音量だと、音楽が大きくて少し下げたりしていたので音質も高いかと思われます。
音の大きさが音質と無関係ならすみません。


次の話に移りますが、ゲームクリア後はここまで辿ってきたマップに強敵のモンスターが複数現れ
それを倒すのがクリア後の要素の大体になります。
強敵も今までのボスの色違い。2周目などはありません。
後は「グリモアールの迷宮」という入るたびにマップが変わるローグライクダンジョンを遊ぶくらいですね。
迷宮自体は本編途中から挑めるので、早めに遊べます。
錬金素材やいいスキル集め、ボスを倒して経験値稼ぎなどに利用できます。
本編のボスが倒せない時は迷宮道場にご招待。アイテムも集まりますしね。


以上で感想を終わります。ファンの皆さんには失礼をしました。

アニメ風グラフィックでRPGが好きな方にはおすすめできると思います。
ボリュームもそれほどないので、クリアだけなら30~40時間で終われます。

他にこんな方におすすめ、とするなら画像で

b811ef4d


5196a2c3


HNI_0027_MPO


HNI_0025_MPO


eeb8977b


6374095a



キャラ可愛いと思えたら即!ゲーム屋かAmazonへGOGOGO!

あ、最期の白髪の男キャラは敵キャラです。悪しからず。
個人的に敵の幹部キャラでは彼が一番よかったかなと。戦闘面では結構強いですけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

いつもブログを閲覧してくださってる皆さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします

しばらく更新してませんでしたが、新年初に更新の滞りを断ち切ります。

12月はPS3でテイルズオブグレイセスfを遊んでいました。
一応2009年?くらいに、Wiiでテイルズオブグレイセスは散々遊んだんですが
その後出たPS3版の追加要素を見て、持ってない当時はすごく羨ましく、ストーリーの続きやりたいと思ってました。

PS3も今は持っているので、一度クリアしたゲーム、それもかなりやりこんだ物はもう遊ばないと決めてるんですが
たまたまベスト盤が新品2200円だったので、思い切って買いました。

かなりやりこんだとはいえ、6年ぶりに遊ぶので下手っぴになってるかなと考えましたが
意外と感覚が覚えていて、アラステを使いこなしてほとんどアスベル操作でクリアしました。
新シナリオも無事遊べて満足です。アクセルモードで秘奥義も見れて、噂のマリクビームも。

そしてプラチナトロフィーが取れました。
HNI_0024_MPO


トロフィー難易度はテイルズオブヴェスペリアと比べると簡単でしたね。
ヴェスペリアは図鑑完成と全セーブポイントに触れる、などが出来ずにいます。
いつか成し遂げたいですね。

グレイセスfですが、最期付近に残ったトロフィーはボスの1分撃破系でした。
今回は1周目から難易度ハードで進んで、イヴィル、カオスが解放したら更に上げて
そのダンジョンの敵を安定して倒せるまで進まずにいたので、本編クリアに70時間はかかりました。
寄り道もしたので、おかげで称号は安定して集まり、称号100個のトロフィーはすんなり行きました。
いろんな技を変えて使って、誇り、魂の称号を進んで取りに行ってました。

クリア後はゾーオンケイジへ、ここでは難易度も落としました。
未来編始めるとサブイベントなどが未達成になると聞き、本編でやれることは全部やって
それから未来編を始めた結果、敵が弱くてすらすら進みました。
どうやらゾーオンケイジ行く前にこっちに行くバランスだったみたいですね。
それでもカオスでは何度かゲームオーバーに、ハードくらいに落としました。
未来編のラスボスは難易度ノーマルで挑んだので、1分撃破がすんなりと行けました。

なんだかんだで残ったトロフィーは、ビアス、クイーンスライム、カーツ、ラムダなどの1分撃破
全部挙げてませんが、本編ボスの1分撃破は初回全部ダメでした。
そりゃあ、なんといっても、全部その時の最高難易度で長期戦だったので1分どころか5分も無理です。
トロフィーは調べておくものですね。でも調べず自分なりにやるのも楽しいです。

それらを2周目で全て取ると計画して、運良くグレードはたくさん取れたので
経験値10倍やスタンプ引き継ぎで序盤から強い装備買って、ボスは皆ぐちゃぐちゃになりました。

もっと鉛がほしいか! 撃つべし撃つべし! 彫刻にしてやるよ!
        ビリビリきちゃうね!  好きなだけ持っていけ!    なめんじゃないわよ!
凍って! こんにゃろーーーっ!  火炎瓶だよ♪  晩ごはん抜きっ!


これは違うゲームでした、すみません。


テイルズオブグレイセスfはプラチナ取りやすい方だと思います。
と言っても期間限定で見逃すと取れないトロフィーあるようですね、ジェントルマンなど。
私の場合、Wiiで一回遊んでるからできたのかもしれません。

皆さんもプラチナ頑張ってください。
今頃テイルズオブグレイセスfやりこむ人は、そう居ないと思いますが。
ただ最後に、テイルズオブグレイセスfはPS3のRPGでは、かなり面白い作品だと思います。
楽しい戦闘を求めてる人はぜひ、操作も言うほど難しくはないです。○連打でコンボ決められます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ