HNI_0086_MPO


以前から購入してクリア、周回プレイもこなしてやりこんだので
良いところ、悪いところを感想として書いていきます。

プレイ時間 40時間 4周クリア

【良かったところ】
テイルズキャラでSRPGができる

キャラクター数の多さ
最古のファンタジアから、最新作エクシリア2のキャラまで参戦してる
原作では使えなかったユリウスが使えて、性能もよく満足。

テルン編ではナハト側のキャラが敵として登場して戦うことになるところ。
特にユーリ、ジェイド、ゼロスは悪役も似合ってて魅力的でした。
一部キャラが寝返って味方になるなど、SRPGらしいイベントもある。

オリジナルキャラのテルン、ナハトもキャラが立っていて
テルンは支援型、ナハトは攻守型と差別化されていて
シリーズ恒例の秘奥義も二人にオリジナルの物があった。

難易度もフリーマップでレベル上げができ
どのキャラでも育てれば強くできて好きなパーティーが組める。
加入の遅いキャラもグレードショップで最初からいる設定にもできて
序盤から使うことも可能。

【悪かったところ】
攻撃の効果音、SEがしょぼい
シャカシャカ音では迫力に欠ける、秘奥義もそれで台無し。

レベル上限は99まで。
SRPGとしては充分だけどテイルズシリーズは200~250レベルにもできる作品があるので
悪いほどでもないが低く思いました。

敵が多くなると処理落ちする
初期配置の敵を倒さずに増援フラグを立てて増やすと重々しいことに。
勝利条件が全滅以外で、ステージの早解きをしたい時に大変困る

グレードショップが色々と残念
経験値5~10倍なし、アクセサリー、アイテムの引き継ぎができない。
代わりに最初から10000G所持、一部アイテム、アクセサリーを持ってる状態にするというのはできるが
重要なものは各一つずつなので、引き継いだ冒険で得られる分と合わせて
ユニークアクセサリーは2個までしか入手できない。

覚えてないスキルを覚えさせるスキルの書を売ってほしかった。
特に重要なスキル、ダッシュは、覚えてないキャラは一手遅れるので
ぜひとも覚えさせたいスキルのひとつだが
引き継ぎで1つ、闘技場の景品で1つの計2つしか、ダッシュのスキル書は入手できない。
それでいてダッシュを覚えてないキャラは結構いるので全然足りない。

自分の場合、ヴェイグが覚えてなく、ダッシュを手に入れるまで移動遅くて残念だった
それ以外でもヴェイグは全技が射程1しかなく、正直弱キャラ扱いなのだろうと思えてました。
ダッシュ覚えてからは元々火力高いので素晴らしいアタッカーになれました。
闘技場で一番難しいEXミッションも、ヴェイグ、エミル、レイヴン、アスベルで
難易度ハードでも1ターン撃破達成できてます。
良かったところにも書いたように、愛があればどのキャラも最強にできます。

難易度といえば、ハード以上の難易度がないのも意外でした。
マニア、アンノウンがほしかったところ。
オプションの難易度の欄で、ハードの隣に空きスペースもあるので
用意したかったけどできなかった感が漂いますね。

もうひとつ、ナハト編のステージの難易度は、テルン編と比べて格段に難しくなってます。
テルン編がぬるいので、これくらいでもいいかなと思いますが
引き継ぎなしの初回はフリーマップでレベル上げしないと相当難しいものと推察されます。
ステージギミックが豊富で、ほとんどないテルン編に分けて上げたいくらいでした。
話数もテルン編の半分なので、短い代わり難しさで攻めたという感じですね。

最後に言いたいのは、こちら。ボリューム不足。
テルン・ナハト両方合わせたとしても短い方かなと思えます。
初回こそクリアに20時間ほどかかりましたが
フリーマップレベル上げ、闘技場などの寄り道も含めての時間。

グレードショップで全項目選んで最初から遊び、会話を飛ばしてプレイを試してみましたが
テルン編でゲーム内時間、4時間くらいでエンディングにいけました。
ナハト編も同じ方法で3時間ほどでクリアできます。
いくら強くてニューゲームでもボリューム無さすぎかなと思いましたね。
1日でクリアできてしまう。自分としてはありがたいものですが。
その前にナムコクロスカプコンをしてただけに余計短く感じました。

総評としてはテイルズシリーズの初SRPGではこんなものかなと。
ボリュームアップした続編に期待します。
キャラ数とボイスも全員新録らしいので、シリーズファンは間違いなく楽しめます。
SRPGをやりたい人には、ボリュームが少ないことだけ覚悟して遊んでください。

評価 C