2010年03月

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 西尾維新 講談社ノベルス

このエントリーをはてなブックマークに追加
零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)
著者:西尾 維新
販売元:講談社
発売日:2010-03-25
クチコミを見る



(`・ω・´)「今日から4回連続で西尾維新の『零崎人識の人間関係』を取り上げます」

(´・ω・`)「2010年3月25日に発売された書籍で『零崎双識との関係』『匂宮出夢との関係』『無桐伊織との関係』『戯言使いとの関係』の計4冊を同時に発売。そして零崎一族が主人公の『人間シリーズ』の完結編でもあるね」

(;`・ω・´)「今日は『零崎双識との関係』を取り上げたいと思います」

(´・ω・`)「今日はいつにも増して著者と本シリーズについての説明が必要だね」

(;`・ω・´)「そうですね。著者の西尾維新は2002年に『クビキリサイクル』でメフィスト賞を受賞してデビュー。非常に速い発刊ペースで、現在では50冊以上の著作を出版しています。その仕事は小説だけでなく『少年ジャンプ』で漫画原作を行い、その一方で『刀語』『化物語』はアニメ化されるという、ノリにノっている人気作家でもあります」

(´・ω・`)「その作家の最新作が今日取り上げる『人間関係』」

(;`・ω・´)「きちんと説明するとですね、デビュー作『クビキリサイクル』で始まり、『クビシメロマンチスト』『クビツリハイスクール』『サイコロジカル』『ヒトクイマジカル』、そして『ネコソギラジカル』で完結するシリーズを通称『戯言シリーズ』と呼びます。その中で登場する殺人鬼の一族、零崎一族を題材としたシリーズが『人間シリーズ』なんです」

(´・ω・`)「いわゆるスピンオフ作品だね」

(;`・ω・´)「はい。『零崎双識の人間試験』『零崎軋識の人間ノック』『零崎曲識の人間人間』と発表されてきました。その完結編としての『零崎人識の人間関係』ということになるわけです」

(´・ω・`)「双識・軋識・曲識の三人は設定だけで『戯言シリーズ』にはほとんど登場しない人物だっだけど、零崎人識は『戯言シリーズ』の重要な登場人物でもあるから作者の力の入りようも凄いね」

(;`・ω・´)「新刊を4冊同時に発売ってあんまり聞いたことないですものね」

(´・ω・`)「さて、それぞれの本の話に入っていこうか」

(;`・ω・´)「はい、『零崎人識の人間関係 零崎双識との関係』ですね」

(´・ω・`)「零崎双識は零崎人識の兄にして、零崎一族のリーダーで変態。その双識に間違えられて零崎人識が手練の刺客達と戦う、というのがこの物語のストーリー」

(;`・ω・´)「ここで注意しなければならないのが、零崎一族の特徴。彼らは殺傷症候群という誰彼かまわず殺してしまいたくなる神経症、その病気を発症したものが零崎一族となるわけです」

(´・ω・`)「血縁ではないんだよね」

(;`・ω・´)「他に受け入れられない特性を持つから、同じ特性を持つ者同士が強く結び合っている、という設定になっていますね」

(´・ω・`)「しかし、零崎人識は殺傷症候群の両親から生まれた零崎一族の鬼子という設定で、必ずしも人を殺す衝動にかられるという訳ではなく、生まれ育った環境が人識を殺人鬼にしたと解釈するのが正解のようだね」

(;`・ω・´)「確かにそうですね」

(´・ω・`)「この作品の中ではひたすら戦闘のみ、戯言シリーズでは設定こそあったものの、あまり出てこなかった殺し屋達が登場するところが見どころだね。とても最初は孤島の密室殺人だったとは思えないよね」

(;`・ω・´)「ひょっとしてディスってます?」

(´・ω・`)「いや、良くも悪くもシリーズを読み続けてきたファン向けだということ。西尾維新は読者、特にお得意さんを喜ばす術に長けていると思う、まだまだ戯言関連のスピンオフはあると思うし、それを楽しみたいね。ほらこの通り、纏めて買ってるし…」

2010-03-26 16.39.03

(;‘・ω・´)ゞ「色々突っ込みたい部分もありますが、残り3回もあるんで今日はこの辺で…」

(´・ω・‘)ノシ「また次回」

ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)
著者:西尾 維新
販売元:講談社
発売日:2006-06-07
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
 


マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~ 三橋貴明 扶桑社

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~
著者:三橋 貴明
販売元:扶桑社
発売日:2009-09-17
おすすめ度:4.0
クチコミを見る




(`・ω・´)「今日は『マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア』です」

(´・ω・`)「メディア関連だね」

(`・ω・´)「著者は三橋貴明。この人は2ちゃんねる出身の経済評論家で、今年の夏の参議院選挙に自民党公認での出馬予定です」

(´・ω・`)「異色で異端で異能の三拍子が揃った人だね」

(`・ω・´)「三橋貴明が世に出て来た経緯はウィキぺディアを見て欲しいですが、驚くべきなのはその活動の活発さです。毎日のブログ更新と2007年に活動を開始したというのに既に20冊に及ぶ著作、命を削って活動をしている感がありますね」

(´・ω・`)「三橋氏の立ち位置は保守で、外国人参政権反対の立場を貫いており、既存のテレビや新聞などのレガシーメディアに対しても手厳しい批判をしているね」

(`・ω・´)「でも、これって…」

(´・ω・`)「うん、最大公約数的な2ちゃんねらーの姿なんだよね。でも下手をするとレイシズム、排外主義、危ういナチュラリズムとなってしまいかねない、また、そう受け取られかねない危険性を含んでいるんと思うね」

(`・ω・´)「よく知らない、わからない人間には『危険な何か』になってしまいかねない、ということですか」

(´・ω・`)「特にレガシーメディアを敵に回すかもしれない人だけにね」

(`・ω・´)「この人の主張が一般に広く浸透することは、TV・新聞にとって非常に都合が悪いですからね」

(´・ω・`)「さて、ここで漸く本書の方に入っていくけど、凄く濃い内容であり、レガシーメディアに対しての容赦ない弾劾に満ちている、『2011年テレビ・新聞消滅』で元新聞記者であった著者が感傷にも似た筆致で書いているのと比べると面白いね」

(`・ω・´)「本書は毎日新聞WaiWai変態事件のことを最初に取り上げ、テレビ・新聞のどこが悪いのか、どこが問題なのかを一つ一つ説明していっています」

(´・ω・`)「主に取り上げているのは以下の通り」

・毎日新聞WaiWai変態事件

・朝日新聞NHK番組改編問題

・発注書が存在しない新聞業界

・新聞業界の構造

・テレビの電波利用料問題

NHKの特権

・記者クラブの問題

・インターネットの脅威

・マス広告料の縮小

・「押し紙」問題

・地上波デジタル移行の話

NHK集団訴訟

(`・ω・´)「盛り沢山な内容ですね」

(´・ω・`)「他の書籍と一線を画すのは、各メディアの決算を取り上げて診断をしているところ。どういう収益構造をしていて、それが近年どう変化していっているかを解説している」

(`・ω・´)「メディアとしての健全性とともに企業としての先行きも予想しているのも、前回取り上げた『2011年 新聞・テレビ消滅』と違う点ですね」

(´・ω・`)「三橋氏は評論家でも批評家でもなく、政治家としての道を歩み始めたね。この夏の選挙で当選するかしないかは彼個人の問題だけでなく、インターネットが世間に対しどのくらい影響力を持ち得るかの試金石にもなると思う」

(`・ω・´)「三橋氏の主張が一定の市民権を得ることは、多いなる変革になるかもしれませんね」

(´・ω・`)「今まで『何となく』見ていたテレビや新聞を違った方向から観察する、それだけでもいいと思うしね」

(`・ω・´)「三橋貴明の持論である『日本はヤバくない』の主張も本書の中で出てきますしね」

(´・ω・`)「そういうわけで、『マスゴミ崩壊 ~さらばレガシーメディア~』おすすめです」

選挙参謀 (角川文庫)選挙参謀 (角川文庫)
著者:関口 哲平
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2009-07-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
 


ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター Part1&Part2 上遠野浩平 電撃文庫

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1)


(;`・ω・´)「今日は『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター Part1&Part2』、1998年の作品です」

(´・ω・`)「また随分と古い作品を持ってきたね」

(;`・ω・´)「ブログを書いてる人は上遠野浩平の全作品をこのブログで取り上げたいらしいんです。しかもネタバレ全開で。その第一歩なんでしょう」

(´・ω・`)「今日現在で上遠野浩平の著作は42作も出ているし、未収録の短編なんかもけっこうあるから大変じゃないかな。出来なかったら大笑いだね」

(;`・ω・´)「上遠野浩平の著作は全て同一の世界観で描かれています。シリーズが別でも登場人物などが重複しており、複数のシリーズを読み進めていくことの面白さもあります」

(´・ω・`)「未読の方に対しての説明として適当なのは比喩的な表現になるけど、上遠野浩平の世界は一つの建築物で、発表される作品はその一部分。長い年月をかけて徐々にその全体像が明らかになっていく、そんな言い方が適当だと思う物語群だよね」

(;`・ω・´)「そうなると、『ブギーポップは笑わない』が扉だとすれば『VSイマジネーター』は玄関ですね」

(´・ω・`)「その喩えが上手いかどうかはわからないけど、そろそろ本編の解説に触れていこうか」
続きを読む

グイン・サーガ130 見知らぬ明日 栗本 薫

このエントリーをはてなブックマークに追加

見知らぬ明日―グイン・サーガ〈130〉 (ハヤカワ文庫JA)見知らぬ明日―グイン・サーガ〈130〉 (ハヤカワ文庫JA)
著者:栗本 薫
販売元:早川書房
発売日:2009-12-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

(;`
・ω・´)「今日は『グイン・サーガ130 見知らぬ明日』です」

(´・ω・`)「…ああ、そうだね」

(;`・ω・´)「元気ないですね」

(´・ω・`)「15年くらい前から読んでたシリーズだからね、心の整理がつかなかったから最終巻が出ても今まで読まないでいたからね」

(;`・ω・´)「何となく心境がわかるような、わからないような…」

(´・ω・`)「原稿用紙400枚分で一冊だったグインも今回は半分の200枚。栗本薫の後書きもなく、物語も全くの途中で〈未完〉で終わってる、130巻に及んだ大サーガの終わり方がこうなると悲しいよね」

(;`・ω・´)「では、ここで改めて説明します。著者の栗本薫は2009年5月26日に膵臓癌の為に死去、それにより1979年より続いていたグイン・サーガも2009年12月の130巻が最後となりました。」

(´・ω・`)「ストーリー的には全くの途中、外伝の1巻『七人の魔道師』にようやく追いついた、と言うか行き着いたところで、イシュトヴァーンの庶子であるスーティが物語の鍵となり中原に再び波乱が起きるのではないか、というところだったね、ちなみに最終巻に主人公であるグインはまったく出てこない」

(;`・ω・´)「元々、本編を留守にして外伝に出張することもあったグインでしたから、らしいと言えばらしいのかもしれませんね」

(´・ω・`)「時系列的に最後のグインの言葉は外伝『鏡の国の戦士』の『行こう、ハゾス。いよいよこの俺もひとの子の親となるらしいぞ』だね、愛人のヴァルーサがの出産に立ち会おうとするという場面。これで続きがないのもまた悲しいやら恨めしいやらで」

(;`・ω・´)「本書では、栗本薫の夫である今岡清氏が巻末に解説を書いています。世界観を継承した物語が他の人によって描かれる可能性も示唆していますが、現時点では全くの未定であるようです」

(´・ω・`)「さて、ここまで来たところで改めて解説を頼む」

(;`・ω・´)「グイン・サーガは1979年に早川文庫から刊行が開始されたヒロイック・サーガで、130巻の本編と21巻の外伝が出版され、30周年の2009年にはNHKでアニメ化もされました。」

(´・ω・`)「戦乱のパロから古代機械で落ち延びたパロの双子の王子と王女、2人はルードの森で豹頭の戦士と出会う、これが物語の始まり」

(;`・ω・´)「思えば色々ありました。1巻では障害者差別で改訂版を出さざるを得なかったり、ボーイズ・ラブに走ったり、ボーイズ・ラブのスピンナウト作品が同人誌で出たり、100巻完結予定だったのが延長されたり、著者が真剣にインターネットの掲示板(恐らくは『2ちゃんねる』)に怒って後書きで言及したり、序盤からあったSF的な設定が時代の移り変わりと共に古臭くなってしまったり…」

(´・ω・`)「本当、色々あったね」

(;`・ω・´)「余人の手で引き継がれる可能性はあるにしても、栗本薫の『グイン・サーガ』はここで終わりなんですね」

(´・ω・`)「そうだね、今後色んな展開はあるかもしれないけど、取りあえずはお終い。もうグインは戻ってこないんだ」

(;`・ω・´)「今回は感傷的ですね」

(´・ω・`)「毀誉褒貶のある作品だけど、その問題点を含めて大好きだった。ボーイズラブは苦手だけどね、もう続きが描かれないのが残念でならないよ」

(;`・ω・´)ゞ「それでは今日はこの辺で…」

グイン・サーガ・ハンドブックFinal (ハヤカワ文庫JA)グイン・サーガ・ハンドブックFinal (ハヤカワ文庫JA)
販売元:早川書房
発売日:2010-02-10
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 

 

最近の少年サンデーの話

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンデーとマガジン (光文社新書)サンデーとマガジン (光文社新書)
著者:大野茂
販売元:光文社
発売日:2009-04-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

(
´・ω・`)「コナン駄話で少し触れたけど、今日は少年サンデーについて」

(;`・ω・´)「何故、3大少年誌の中で『少年サンデー』が不振になっているのか、の話ですね」

(´・ω・`)「現在は出版不況で、発行部数は軒並み減ってきているのを加味しても少年サンデーの落ちっぷりは酷い、ちなみに直近の数字は以下の通り」

 

                    20081012月      20091012

週刊少年ジャンプ      2,793,334               2,879,167

週刊少年マガジン      1,691,117                1,593,637

週刊少年サンデー        802,084                 717,728

 

(;`・ω・´)「ジャンプ以外は部数減なんですね」

(´・ω・`)「現在も下げ止まってないね、サンデーは特にあだち充の『クロスゲーム』が2月に終了。鈴木央『金剛番長』も3月に終了、といった具合に人気漫画が終わってる」

(;`・ω・´)「『MAJOR』も最終回が近いような展開ですし…」

(´・ω・`)「で、気になったのが以下の連載陣」

・高橋留美子
 1978年~ 
「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」「境界のRINNE

・あだち充   
1981年~
「タッチ」「ラフ」「虹色とうがらし」「H2」「いつも美空」
KATSU!」「クロスゲーム」

・青山剛昌 
1988年~ 「YAIBA」「名探偵コナン」

・満田拓也   
1988年~「健太やります」「MAJOR

・西森博之   
1990年~「今日から俺は!!」「スピンナウト」「天使な小生意気」
             「道士郎でござる」「お茶にごす」

・藤田和日郎
1990年~「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」

・椎名高志
  1991年~「GS美神極楽大作戦」「MISTERジパング」
               「一番湯のカナタ」「絶対可憐チルドレン」

・安西信行
1993年~ 「RPRINCESS」「烈火の炎」「MAR」「MIXIM☆11」 

(;`・ω・´)「この人たちが何か?」

(´・ω・`)「長期的にサンデーに連載している人たちなんだけど、どの人も15年以上のキャリアをもってるわけだ」

(;`・ω・´)「そうですね」

(´・ω・`)「この人たちが誌面を占めているのがサンデー、と言ってもよくないか?」

(;`・ω・´)「この面子に河合克敏・久米田康二・皆川亮二・ゆうきまさみがいれば、自分の知っているサンデーですね」

(´・ω・`)「そりゃ何時のだ?」

(;`・ω・´)「15年くらい前の話ですね」

(´・ω・`)「で、今は読んでるの?」

(;`・ω・´)「いえ、もう10年くらい買って読んではいないですね」

(´・ω・`)「多分、君のような読者が多かったんだろうね。雑誌から卒業してしまう人」

(;`・ω・´)「ええ、上記の漫画家の作品はどれも読んでいましたけど最近じゃさっぱり。昔からの作品もチェックしてませんでしたね」

(´・ω・`)「『名探偵コナン』もブログでネタにするからって、改めて読んだくらいだものね」

(;`・ω・´)「あれはストーリーの進まなさにびっくりしましたが…」

(´・ω・`)「かと言って新しい読者層を取り込めたと言い難いしね」

(;`・ω・´)「それが部数減に繋がっているんですかね」

(´・ω・`)「ちなみにジャンプで95年以前から連載している人も調べてみた」

・秋本 治
1976年~「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

・冨樫義博
1989年~「てんで性悪キューピッド」「幽々白書」「レベルE
HUNTER×HUNTER

・小畑 健  
1989年~「CYBORGGちゃん」「魔神冒険譚ランプ・ランプ」
「力人伝説」「人形草紙あやつり左近」「ヒカルの碁」
DEATH NOTE」「BLUE DORAGON ラルΩグラド」
「バクマン」 

(;`・ω・´)「小畑 健が思っていたより古くからいるんですね」

(´・ω・`)「ヒット作に恵まれていなかっただけの話だろ。僕が言いたかったのはサンデーの半分も長期に連載を続けている人がいないということ」

(`・ω・´)「この中の冨樫義博は連載しているより休載している方が多いですしね」

(´・ω・`)「ジャンプは世代交代が上手く出来ていると思うんだけど、サンデーは世代交代が思うようにいかなかったんじゃないかな?」

(;`・ω・´)「新人がベテランよりも続かなかったり、二度とサンデーでは書かないと宣言した雷句誠などの漫画家もいる。そしてベテラン勢もかつての勢いはないですよね」

(´・ω・`)「高橋留美子の『犬夜叉』では敵の奈落が作中で20回以上逃亡したとか、露骨な延命策がとられていたりしたね」

(;`・ω・´)「この前の『名探偵コナン』の話でも長期連載過ぎると書きましたしね」

(´・ω・`)「あだち充も年齢のせいか休載が増えたし、次回の連載もあるかどうかわからない」

(;`・ω・´)「八方塞がりに見えますね」

(´・ω・`)「全盛期の貯金が尽きてきているだけだと思うけどね、それに雑誌の編集も芳しくないし」

(;`・ω・´)雷句誠の騒動は有名ですもんね」

(´・ω・`)「名探偵コナンだってマガジンで金田一が人気だから推理物を描いてくれという編集部の要望だったいう話だし」

(;`・ω・´)「また、安直な話ですね…」

(´・ω・`)「そういう方針が現状の惨禍を招いたんだと思うよ、この記みてみなよ。3年前なのに言われていることが全く変わってないから、で、1年後も変わらないと思うよ」

(;`・ω・´)「まあ、そうでしょうね」

(´・ω・`)「5年後はわからないけどね」

(;`・ω・´)「どうしてです?」

(´・ω・`)「雑誌自体がないかもしれないじゃないか」

(;`・ω・´)「また毒舌を…」

(´・ω・`)ノシ「きりが良いから今日はここまで」

(;`・ω・´)ゞ「勝手に終わらせないで下さい~」

消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)
著者:大泉 実成
販売元:新潮社
発売日:2000-12
クチコミを見る
 

このブログについて

このブログは基本、
博士デフォルト反転100px
   と
助手-デフォルト反転100px

の無駄話で出来ています。

なにかありましたらgungurgur@yahoo.co.jpまでお願いします。


※各年のライトノベルをまとめた、このブログの電子書籍です。
買うとブログ主が喜びます。



最近のライトノベル(2016)

BOOK☆WALKER版
BOOKLive版
楽天Kobo版
iBooks版
紀伊國屋書店版
ebookjapan版
Reader Store版



最近のライトノベル(2015)

BOOK☆WALKER版
ブックパス版
楽天kobo版
iBooks版
紀伊國屋書店版
BookLive版
ebookjapan版
Reader Store版


最近のライトノベル(2014年)


BOOK☆WALKER版
楽天kobo版
BookLive版
iBook Store版
ブックパス版
Reader Store版

記事検索
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最近のオススメ
ゲーマーズ 雨野景太と青春コンティニュー



スフィアの死天使―天久鷹央の事件カルテ―



ちょっと今から仕事やめてくる



CtG ─ゼロから育てる電脳少女─



【一般】

読書は格闘技


カテゴリ別アーカイブ