ブログネタ
ライトノベル2 に参加中!

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)


(;`・ω・´)「今日はもう一本、星海社FICTIONSの『マージナル・オペレーション』です」

(´・ω・`)「著者は芝村裕吏氏。『ガンパレード・マーチ』のゲームデザイナーとして有名な人だね、今作は氏の初めての書き下ろし長編小説になるみたい」

(;`・ω・´)「『ガンパレード・マーチ』は2000年の発売ですから、12年前ですか…」

(´・ω・`)「同ゲームはやったことがないけど、当時の友人がえらくハマってた記憶があるなあ。あれから、もう12年かあ」

(;`・ω・´)「感傷に浸るのはやめましょう。ストーリーの方なんですけど30歳のニートが就職に困った挙句、外資系民間軍事会社に就職して戦場に派遣される、という導入部です」

(´・ω・`)「特別な動機や切っ掛けがなくて、普通に職にあぶれて『民間軍事会社で何をするのか』ということ知っていて職に付くんだよね」

(;`・ω・´)「年収600万に惹かれてなんですよね」

(´・ω・`)「昔ほど日本が平和で豊か、という時代でなくなってきたことなんだけど、ここに嘘がある。後書きにも書いてあるんだけど実際の相場は400万円程なんだって」
(´・ω・`)「それに平凡な男がいつの間にか戦場の真っ只中にいることに気付く過程はかなり面白い」

(;`・ω・´)「感情の起伏に乏しい語り手が、徐々に日本のオタクである自分から乖離していくんですよね。成長物語のようでもありますけど、ちょっと違いますよね」

(´・ω・`)「成長というより、変化に近いのかなあ」

(;`・ω・´)「その内、日本からも経済的理由で戦場に行く人が増えてきたりして…」

(´・ω・`)「絶対にないとは言い切れないよなあ、実際に少数だけどそういう人もいるし」

(;`・ω・´)「ちなみに作中に出てきた『エルフ耳に整形』というのは実際に有るケースです

正気とは思えない本物のエルフ耳に整形手術してしまった人々の写真(らばQ)

(´・ω・`)「あと、最後の展開が飛びすぎていてイマイチ理解出来なかったなあ」

(;`・ω・´)「まあ、2巻もありそうですから、そちらに期待しましょう」

(´・ω・`)「というわけで、けっこうオススメの作品です」

(;`・ω・´)ヾ「では、今回はここらへんで」

(´・ω・`)ノシ「それじゃあ」


民間軍事会社の内幕 (ちくま文庫 す 19-1)

スポンサーリンク