ブログネタ
書籍あれこれ に参加中!
(´・ω・`)「今日は電子書籍の話を」

(;`・ω・´)「ネクサス7も発売開始されましたしね」

(´・ω・`)「ちょっと前(9月25日)に『グーグルが電子書籍の販売を開始したぞー』と話題になってたんだけど、その評判すら聞こえてこないなあ、と思ってちょっと実際に体験してみた」

Google、国内Google Playで日本語書籍を配信 Android、PC、iOSでも閲覧可能に(ebook USER)

(;`・ω・´)「『Google play』で書籍を購入して、そのままPCで読むこともできますし、アプリ(ios/andorid)の『Play Books』で端末で読むこともできます」

【Google Play Books】
image_3























【Google play】
image_2























(´・ω・`)「なんて言うのかな、フツー

(;`・ω・´)「そうですね、フツーというのが適当な感想ですよね」

(´・ω・`)「無料本もそこそこ、ビューワーの具合もそこそこ、書籍点数もそこそこ…と言いたいところだけど品揃えはまだまだだね」
(;`・ω・´)「具体的な書籍点数はわからなかったんですけど、国内の電子書店と比べても貧弱さが際立ってましたね」

(´・ω・`)「一応、公式では400万冊あるということらしいんだけど、世界全部での数みたいで日本語書籍はそうでもないし、どんな本があるのか探しづらい」

(;`・ω・´)「実用書以外はコミックと文芸しかジャンルがないんですよね、なんかすごく理系的なカテゴライズがされています」

(´・ω・`)「ビューワーも悪くないんだけど、、文字の拡大ができないなどの不便な部分もある」

【通常】
image
























【黒地に白字】
image_1























(;`・ω・´)「先行の電子書籍店のビューワーが、それなりに進化していますから、ちょっと使いづらいかなと思わなくもないです」

(´・ω・`)「ただ、この『Google play』は書籍・映画・andoroidアプリを販売する垂直統合型のストアで、電子書籍はその中の1ジャンルという程度でしかない、というのは覚えておいたほうがいいかも」

(;`・ω・´)「アプリの方にも書籍のカテゴリはありますしね」

(´・ω・`)「ipadが出てきたときに『ブック』のカテゴリが上位にあったんだけど、それから2年以上が経って徐々に下の方へと落ちていった。今の品揃えだと再び同じ展開を見ることになるかもしれない」

(;`・ω・´)「電子書籍元年はどこへいってしまったんでしょう?…」

(´・ω・`)「『本当の』『今度こそ本当の』とか言っているうちに、書籍というミームが定額の有料購読サービスに駆逐されてしまう未来も有り得るんじゃないか、と思ってしまいました」

(;`・ω・´)「有料メルマガ的なサービスは今後増えていきそうですもんね」

(´・ω・`)ノシ「では、今回はこんなところで」

(;`・ω・´)ヾ「それでは」


絶滅した奇妙な動物



スポンサーリンク