ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニク eisode リュー


(;`・ω・´)「今回はGA文庫の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニク episode リュー』を取り上げたいと思います」

(´・ω・`)「著者は大森藤ノ氏。人気シリーズの外伝第2弾といったところかな」

(;`・ω・´)「本篇11巻、外伝7巻で合計19巻目のシリーズ作品になりますね。脇役ながら人気のリュー・リオンを主人公に据えてのストーリーとなっています」

※リュー・リオン

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ぷちっ娘 トレーディング缶バッチ 単品 リュー・リオン


(´・ω・`)「今回は割りと本篇と本作品のネタバレ気味なところに触れるんでご了承ください

(;`・ω・´)「なんか、どうしてもネタバレに触れても語りたい感じはあります」
(´・ω・`)「この作品の面白さは本篇とソード・オラトリオの18冊読んでたけどそんなこと全然知らなかったよ!?という点に尽きるかな」

(;`・ω・´)「リュー自体は、色々とワケありで酒場『豊穣の女主人』でウエイトレスをしている、ということは本篇であかされていますが、『北条の女主人』のワケありはそれだけではなかった、というエピソードですよね」

(´・ω・`)「なんか気になって、アニメの第1話を見返してみたけど今回スポットライトが当たったウェイトレス4人組(リュー・ルノア・アーニャ・ロロ)全員きっちりオープニングにいるんだよね」

(;`・ω・´)「アニメではシルと店主のミア以外の出番は殆どありませんでしたが、ここまでの設定があったのか、という驚きはありました。ルノアなんかモブですよね」

(´・ω・`)「そうそう、だから1巻で食い逃げしているベル・クラネルは非常に危ない橋を渡っていた、という事実が今さらのように面白い」

(;`・ω・´)「そして、そんな中にいるシル・フローヴァの奇怪さが目立ちますよね」

(´・ω・`)「シル関連はどういう風に本篇のストーリーと絡ましてくるのか楽しみでもある」

(;`・ω・´)「確定なんですかね? あの疑惑は……」

(´・ω・`)「世界観を広げる外伝として非常に面白い作品でした、オススメしときます。『eisode リュー』というより『eisode 豊穣の女主人』の方が適当だとは思いましたが」

(;`・ω・´)ヾ「では、今回はこんなところで」

(´・ω・`)ノシ「それじゃあ」


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
スポンサーリンク