賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 ~愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド~


助手-デフォルト反転500px「今回は電撃文庫の『賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 ~愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド~』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は有象利路(うぞう・としみち)氏。2018年に青春学園ミステリの『ぼくたちの青春は覇権を取れない。 ‐昇陽高校アニメーション研究部・活動録‐』でデビューした作家さん。これが2作目の作品になるね」

助手-デフォルト反転500px「作中でも言及してましたけど、物凄い路線変更です」

博士-デフォルト500px「本作のジャンルは異世界メタ下ネタコメディといったところかな」
助手-デフォルト反転500px強いて言うなら、そんなところですよね」

博士-デフォルト500px「基本的なスタイルは異世界の賢勇者・シコルスキと弟子・サヨナの元に変な依頼と依頼人が訪れて解決していくというスタイル」

助手-デフォルト反転500px「※ただし、依頼人がだいたい変態です」

博士-デフォルト500px「メインのキャラが『シコルスキ・ジーライフ』、その父親が『ウォナニス』、祖父が『ドゥーリセン』、友人が『アーデルモーデル・ソロウ』と、このいい加減すぎるネーミングで作品の方向性がだいたいわかると思っていい」

助手-デフォルト反転500px「『メタネタ・オタクネタ・下ネタ』が『1:1:2』で分配されています。6つの短編で構成されているのは、長編だとシモネタが多すぎて読む気が起きないからでは?と思ってしまいました」

博士-デフォルト500px「ただ、部分部分で『面白い!』と思う箇所はある」

助手-デフォルト反転500px多すぎる異世界転生者を元の世界へ強制送還する奇祭(行われるのはナロ村)あたりは概念含めて面白かったです」

博士-デフォルト500px「しかし、全体的にこのノリにはちょっとついていけない。そもそも異世界である必要がビタイチ無いよね? という疑問が一番大きかったかな」

助手-デフォルト反転500px「個人的に、異世界モノに現代の時事ネタや固有名詞が出てくるのが好きじゃありません。作中に出てきた『ドラゴンボール』『COMIC 快楽天 2017年8月号』『メルカリ』『電撃文庫 編集部』とかの諸々の単語にはちょっと興醒めしてしまいました…」

博士-デフォルト500px「テイスト的には漫才ノリのTRPGのセッションを読んでいる、と思ったほうが良いのかもしれない」

助手-デフォルト反転500px「その方がしっくりとはきます」

博士-デフォルト500pxこの御時世にここまではっちゃけたギャグ小説が出た、という意味合いでは意味のある奇作だとは思います。しかし、ちょっと人を選ぶテイストなんじゃないかと思った作品でもありました。興味が出た方はどうぞ」

助手-デフォルト反転500px「文句が出ても当方では関知しませんので、ご了承ください」

博士-挨拶500px「では、今回はこんなところで」

助手-挨拶100px「それでは」







スポンサーリンク