ゆびきりげんまん


助手-デフォルト反転500px「今回はLINE文庫の『ゆびきりげんまん』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は堀内公太郎氏。このミステリーがすごい!大賞でデビューした作家さんみたい。今までに『既読スルーは死をまねく』『スクールカースト殺人教室』『公開処刑人 森のくまさん』というタイトルの作品を出していてミステリ系の作家さんみたい」

助手-デフォルト反転500px「一方でこの作品は帯でサスペンスホラーを謳っています。ちなみに今回もLINE文庫様から書籍をご恵贈いただきました、ありがとうございます」

博士-デフォルト500px「LINE文庫は『世界で、いちばん嫌いな君』と『ゆびきりげんまん』を読んだけど、思ったよりジャンルの幅が広いね。ケータイ小説ライト文芸ホラーと割と何でもありなレーベルになっている」
助手-デフォルト反転500px「テイスト的には角川ホラー文庫ですかね。兎に角、厭な雰囲気を醸し出している作品でした」

博士-デフォルト500px「冒頭で売春をしている女子高生が殺されるというショッキングさはさておき、作中の人間関係の閉塞っぷりがホントに良いのよ」

助手-デフォルト反転500px「※人を選ぶとは思います」

博士-デフォルト500px「性格の悪い女子高生3人組がいて、ボスの美人女子高生のクズっぷりが最高。チンピラみたいな彼氏をバックに横暴しまくりという小物かつ狡猾なキャラ。さらにつるんでいる友達も見下すという最低最悪さ」

助手-デフォルト反転500px「荒唐無稽ではないキャラだからこそのイヤーな感じですよね…」

博士-デフォルト500px女子高生殺人事件高校という閉鎖空間を背景に、これでもかとウンザリする人間関係が描かれてくのは面白かった、しかし、後半になると直接的なバイオレンスになっていってしまったのが残念といえば残念かな」

助手-デフォルト反転500px「もっと真綿で首を絞めるようなジワジワした追い詰められ方をして欲しかったです」

博士-デフォルト500px「表紙のイメージとはちょっと違う作品でした。生意気で横暴な女子高生が好きな人にはオススメしときます」

助手-挨拶100px「では、今回はこんなところで」

博士-挨拶500px「それじゃあ」

スポンサーリンク