博士-デフォルト500px「今回は明日発売のライトノベルを紹介したいと思います」

助手-デフォルト反転500px「明日、10月6日レジェンドノベルスが発売されますね」

博士-デフォルト500px「こちらの作品が発売」
【レジェンドノベルス】
☆信長と征く1 転生商人の天下取り 入月英一
☆異世界の名探偵1 首なし姫殺人事件 片里 鴎
●女王陛下の異世界戦略3 第616特別情報大隊
●幼女とスコップと魔眼王2 丁々発止



助手-デフォルト反転500px「以上になります」

博士-デフォルト500px「『異世界の名探偵1 首なし姫殺人事件』はタイトルの通り探偵の異世界転生みたい」

 元警察官でミステリーマニアだった「俺」は、探偵にあこがれて私立探偵となるが、くだらないもめごとに巻き込まれて死んでしまう。 こんなのは本当の俺じゃないんだ。 そう強く願ったことが幸いしたのか、「俺」は記憶を持ったまま異世界の住人として転生し、ヴァンと名乗る。
あらすじより)

助手-デフォルト反転500px「なんでもアリですねえ。『本格異世界ミステリ』を標榜していますが…」

博士-デフォルト500px「講談社で本格を付けちゃうのに覚悟を感じるね」

助手-挨拶100px「そんなわけで、新刊情報でした」

博士-挨拶500px「それじゃあ」

スポンサーリンク