アキトはカードを引くようです【電子特典付き】 (MF文庫J)


助手-デフォルト反転500px「今回はMF文庫Jの『アキトはカードを引くようです』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は川田両悟氏。元はAA(アスキアート)で作られた『やる夫はカードを引くようです』が原作の作品になるね」




助手-デフォルト反転500px「WEB掲示板(要は『2ちゃんねる』です)から生まれた作品書籍化プロジェクトというものがありまして、そのうちの1作品になりますね。けっこうな規模の企画で既にコミカライズがはじまっていて、PVもあります」


博士-デフォルト500px「架空の現代に似た社会で、貧民層の主人公が成り上がるというストーリー」

助手-デフォルト反転500px「割と何回も物語が変転するんですよね、最初はカイジの地下労働みたいな感じでした」

博士-デフォルト500px「AAが正にそれだったしね」

助手-デフォルト反転500px「その後はマジック・ザ・ギャザリングのようなカードバトルかと思いきや、転じてポケモンバトルような様相を呈していきます」

博士-デフォルト500px「作品→原作AA版の順で読んでみたけど、けっこうテイストが違った。小説版では気づかなかったけど『HUNTER×HUNTER』のグリードアイランド篇の影響も強かった」

助手-デフォルト反転500px「AA版だとチープな世界観に感じて、小説版だとそこまででもないのが不思議ですよね」

博士-デフォルト500px「web作品にはよくあることですが1巻だけだとまだまだ序盤という感じが否めません。まず原作を読んでみることをオススメしときます」

助手-挨拶100px「では、今回はこんなところで」

博士-挨拶500px「個人的にやる夫スレで好きなのは『やる夫が真田家に生まれたようです』ですが、もう読めるところがないのが残念でなりません。それじゃあ」


スポンサーリンク