探偵はもう、死んでいる。【電子特典付き】 (MF文庫J)


助手-デフォルト反転500px「今回はMF文庫Jの『探偵はもう、死んでいる。』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は二語十氏。第15回MF文庫J新人賞で最優秀賞を受賞してデビューした作家さんになるね。最優秀賞だからなのか過去に記憶がないほどのキャンペーンとなっているね」






助手-デフォルト反転500px「ウチのブログもgurgur717として推薦コメントを寄せてますんで上のサイトでご確認ください」

博士-デフォルト500px「PVだと探偵助手が強調されているけど内容の方の本格ミステリというわけではない
助手-デフォルト反転500px「探偵と助手のバディものという側面もあります」

博士-デフォルト500px「そのバディものも本篇開始前に探偵の死亡ということになっている」

助手-デフォルト反転500px「そして、本篇は伝奇バトル物に近い様相を呈してくるんで目まぐるしいです」

博士-デフォルト500px「死んでしまった探偵、秘密組織、人造人間と作中に詰め込まれる要素は多いけど、メインは主人公とヒロインの関係性だろうね。特に表紙のシーンのエモさは良かった」

助手-デフォルト反転500px「読んでいて初めて意味に気付かされるストーリー性のあるイラストですよね。ここは文×イラストというライトノベルというジャンルの良さが際立っています」

博士-デフォルト500px「レーベルが力を入れて売り出しているだけはある作品です。オススメしときます」

助手-挨拶100px「では、今回はこんなところで」

博士-挨拶500px「それじゃあ」

スポンサーリンク