答え合わせは、未来で。(日産未来文庫)


助手-デフォルト反転500px「今回は日産未来文庫の『答え合わせは、未来で。』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「日産が自動運転をテーマにSF作家に寄稿してもらったSF短篇集になるみたいだね。小川哲氏・藤井大洋氏・宮内悠介氏・氏田雄介氏・カツセマサヒコ氏・田丸雅智氏が寄稿していて、下の特設サイトで幾つかの作品が読めるようになっている」




助手-デフォルト反転500px「kindle版も97円と安いんで、購入に抵抗はありませんでした」

博士-デフォルト500px「企業の企画案件だからかイラストが多いのも特徴、しかも80年代テイスト
助手-デフォルト反転500px「個人的に、子供の頃に背伸びをして読んだ大人の小説のイラストがこんな感じでした」

博士-デフォルト500px和田誠氏が健在だったらイラストを頼んでそうなくらいな雰囲気だったね」

助手-デフォルト反転500px「確かに、そこかしこに星新一氏へのオマージュはあったような気もします。『科学新聞社N様より』みたいに『N』というアルファベットがあるだけで、ああ、星新一へのオマージュだなと感じてしまう方にも問題はあるような気もしますが

※短篇集のタイトル「エヌ氏の遊園地」を代表に、星新一氏の作品にはN氏という人物がよく登場しました。
博士-デフォルト500px「価格の割には楽しめた短篇集だったとは思うけど、企業案件だからこそ毒が足りないという面はあった」

助手-デフォルト反転500px「日産の企画で自動運転がバンバン人殺しました! 自動運転は実は企業の恐るべき陰謀で! みたいなのは無理ですもんね」

博士-デフォルト500px「とは言え、楽しめる作品でした。期間限定商品みたいなんで興味でたかはどうぞ」

助手-挨拶100px「では、今回はこんなところで」

博士-挨拶500px「それじゃあ」
スポンサーリンク