2019.04.22 明日発売のライトノベル

このエントリーをはてなブックマークに追加
博士-デフォルト500px「今回は明日発売のライトノベルを紹介したいと思います」

助手-デフォルト反転500px「明日、4月23日HJ NOVELSが発売されますね」

博士-デフォルト500px「こちらの作品が発売」
続きを読む
 

今昔百鬼拾遺 鬼 京極夏彦 講談社タイガ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今昔百鬼拾遺 鬼 (講談社タイガ)


助手-デフォルト反転500px「今回は講談社タイガの『今昔百鬼拾遺 鬼』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は京極夏彦氏。1994年刊行の『姑獲鳥の夏』から始まる百鬼夜行シリーズの外伝的位置づけの作品になるのかな? シリーズとして『今昔百鬼拾遺 河童』『今昔百鬼拾遺 天狗』 も予定されている」

奇怪な連続水死事件は、何者の仕業か。百鬼夜行シリーズ待望の長編!

昭和29年、夏。
複雑に蛇行する夷隅川水系に、次々と奇妙な水死体が浮かんだ。

3体目発見の報せを受けた科学雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子は、薔薇十字探偵社の益田が調査中の模造宝石事件との関連を探るべく現地に向かった。
第一発見者の女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫るが――。

山奥を流れる、美しく澄んだ川で巻き起こった惨劇と悲劇の真相とは。

「神隠し――と云うより天狗攫いね。高尾山だし」
聞き終えた敦子は先ずそう云った。

百鬼夜行シリーズ長篇、新潮文庫初登場!

昭和29年8月、是枝美智栄は天狗伝説の残る高尾山中で消息を絶った。約2か月後、遠く離れた群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服を身にまとっていた。この謎に、旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い――。『稀譚月報』記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに、女性たちの失踪と死の連鎖のミステリに挑む!


博士-デフォルト500px講談社タイガ・角川文庫・新潮文庫と3つの出版社をまたいで刊行されるシリーズとなっている。こんなことは初めてじゃないかな?」

助手-デフォルト反転500px「何年かの期間を経て複数の出版社で、というのはありますがほとんど同時期に3つの出版社で、というのは寡聞にして知りません」
続きを読む
 

2019.04.20 ちょっと気になったラノベ・本ネタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
博士-デフォルト500px「遂に迫る平成最後の時ですが、家庭の事情でそれどころではない今日この頃」

助手-デフォルト反転500px「まあ、日常の問題は関係なくやってきますからね」

博士-デフォルト500px「そんなわけで今回はちょっと気になったラノベ・本ネタをお送りしたいと思います」

助手-デフォルト反転500px「こちらになります」


【ライトノベル】

小説投稿サービス「LINEノベル」がスタート 書籍化する出版社を選べる“スタ誕”的システムを導入(ねとらぼ)

LINEノベル



博士-デフォルト500px「年度初めでデカい案件がブチ込まれてきたね」

助手-デフォルト反転500px「LINE系列のライトノベルといいますと『cmoco ノベル』がありますけど、最近は静かだった印象なんで、コレを準備してたんでしょうね」


ラノベ好き書店員大賞2019結果発表(ラノベ好き書店員大賞)

博士-デフォルト500px「久しぶりの復活のラノベ好き書店員大賞が発表」

助手-デフォルト反転500px「いやー、単行本系はさっぱりわかりませんね」


平成のライトノベル史 いちご文庫戦争からなろうまで(好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!)

博士-デフォルト500px「やっぱり30年は長いなー」

助手-デフォルト反転500px「平成・ライトノベルで語るとすると、何を語りましょうかね」


バーニア600さんがイラスト担当、特別版「峠の釜めし」発売へ(レイルラボ)


博士-デフォルト500px「これの元ネタはファミ通文庫の『碓氷と彼女とロクサンの。』だね」

助手-デフォルト反転500px2015年8月刊行の作品で、ちょっと古くなった感はあります」


ガガガ文庫 オーディオブック(ガガガ文庫)

博士-デフォルト500px「ガガガ文庫がオーディオブック事業に進出。アマゾンのaudibleでも配信されているね」

助手-デフォルト反転500px「カドカワ系のもけっこうあるんですよね、珍しいところでは『とある雨の日、小悪魔ビッチにせまられて』というオシリス文庫(電子書籍専門のややアダルトなレーベル)系の作品もあったりします」


男女向け総合小説サイト「ノベマ!」4/17(水)オープン! ライト文芸、キャラ文芸、一般文芸、ライトノベルなど、あらゆる小説ジャンルを包括して展開(ニコニコニュース)

博士-デフォルト500px「時期的に『LINEノベル』のニュースとカブってしまいやや可哀想な気もするニュース」

助手-デフォルト反転500px「運が悪いですよね…」

博士-挨拶500px「というわけで、今回はこんなところで」

助手-挨拶100px「それでは」
 

これは学園ラブコメです。 草野原々 ガガガ文庫

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは学園ラブコメです。


助手-デフォルト反転500px「今回はガガガ文庫の『これは学園ラブコメです。』を取り上げたいと思います」

博士-デフォルト500px「著者は草野原々氏。第4回ハヤカワSFコンテストで特別賞を受賞してデビューした作家さんだね。さらに、その短編『最初にして最後のアイドル』は第48回星雲賞日本短編部門第16回センス・オブ・ジェンダー賞《未来にはばたけアイドル賞》も受賞している、期待のSF新人作家とも言えるべき存在」

助手-デフォルト反転500px「ライトノベルは初挑戦ですが、そもそも『最初にして最後のアイドル』からして当初はラブライブの二次創作小説という作品でしたからガガガ文庫で作品を出すのも自然には思えました」

博士-デフォルト500px「さて、読了したけどなんと評したらいいか困る作品ではある

助手-デフォルト反転500px「開始20ページで世界観がボロボロと崩れていきます。今回はややネタバレ気味で語るのでご了承ください」
続きを読む
 

2019.04.19 明日発売のライトノベル

このエントリーをはてなブックマークに追加
博士-デフォルト500px「今回は明日発売のライトノベルを紹介したいと思います」

助手-デフォルト反転500px「明日、4月20日富士見ファンタジア文庫・マイナビ出版ファン文庫・モーニングスターブックスが発売されますね」

博士-デフォルト500px「こちらの作品が発売」
続きを読む
 
このブログについて

このブログは基本、
博士デフォルト反転100px
   と
助手-デフォルト反転100px

の無駄話で出来ています。

なにかありましたらgungurgur@yahoo.co.jpまでお願いします。


※各年のライトノベルをまとめた、このブログの電子書籍です。
買うとブログ主が喜びます。



最近のライトノベル(2016)

BOOK☆WALKER版
BOOKLive版
楽天Kobo版
iBooks版
紀伊國屋書店版
ebookjapan版
Reader Store版



最近のライトノベル(2015)

BOOK☆WALKER版
ブックパス版
楽天kobo版
iBooks版
紀伊國屋書店版
BookLive版
ebookjapan版
Reader Store版


最近のライトノベル(2014年)


BOOK☆WALKER版
楽天kobo版
BookLive版
iBook Store版
ブックパス版
Reader Store版

記事検索
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最近のオススメ
ゲーマーズ 雨野景太と青春コンティニュー



スフィアの死天使―天久鷹央の事件カルテ―



ちょっと今から仕事やめてくる



CtG ─ゼロから育てる電脳少女─



【一般】

読書は格闘技


カテゴリ別アーカイブ