セキュリティ会社の防犯ブログ

あらゆる犯罪ニュースに関する防犯対策情報や最新の防犯対策情報などをセキュリティ会社の立場から配信していきます。

たった4分間の間に…


警備員が持ち場を離れた、たった4分間の間に犯行に及んだとは泥棒ながらあっぱれですね。
逆にこんなに大事な物を展示している美術館で4分間持ち場を離れてしまった警備員もどうかと思います。
恐らく警備員も人間ですので、日々何も起こらない日常を過ごしていると「隙」が出来てしまったのでしょう。

最近の防犯カメラには持ち去り検知(不動態検知)機能を搭載している防犯カメラも各メーカーから発売されております。
この事件の様に大変大事な物が展示したある様な所の場合、その様なカメラと警報装置を連動させ、どこで異常が発生しているかが直ぐに分かるようなシステムを構築し、現場に警備員を急行させる様にする方法が良いと思います。

 また、入口の扉をバールなどでこじ開けた様ですが、こじ開けは日本でも被害が多発しています。こじ開けにはこじ開けに強い補助錠を設置したり、扉とドア枠の隙間をこじ開けに威力を発揮する防犯プレートを設置すると良いでしょう。

バターで防犯対策??

バターで防犯対策とは恐れ入りました。
防犯カメラをリニューアルする予算が無く、でも空き巣には入られたくないという思いでみんなで考えた苦肉の策の様ですが、他にグリスとか工業用の潤滑剤とかは無かったんでしょうか?
バターだとそのうちバターが腐って臭
くなったり、虫が集ったりしそうですね。
 
確かに、外壁のパイプをつたって空き巣に入られたっていう話は聞いたことがあります。そんな時の防犯対策方法で、こんな物があります。

DSC00155DSC00157

弊社で以前設置した「忍び返し」です。バターよりは高額ですが、防犯カメラを設置するよりは安価です。防犯対策の参考にして見てください。
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ