近々,当ブログを閉鎖しようと考えています。

まとめブログに関しては

2ch等のまとめを主とする 軍事ちゃんねる

と 翻訳まとめを主とするカンミリ

の二つのサイトで続けようと考えています。

気に入った記事があれば,読んでください。

ブログの移行には,1~2週間程度かかると思います。

それまでは,翻訳もので更新を続けますので,よろしくお願いします。






    



1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/13 15:07:12
安土桃山時代末の1597年、日本人が「奴隷」としてメキシコに
渡っていたことがわかった。

ポルトガル人で同国立エヴォラ大特別研究員ルシオ・デ・ソウザさん(大航海時代史)と、
東大史料編纂(へんさん)所の岡美穂子助教(日欧交渉史)がメキシコ国立文書館に残る
異端審問記録で確認した。
「日本人奴隷」の実態を示す貴重な資料であり、日本人の太平洋渡航を詳細に記した
最初の資料としても注目される。研究成果は近く海外で出版される予定。

審問記録には、日本名の記載はないが、名前の後ろに「ハポン(日本)」と明記された、
「日本生まれ」の人物の名があった。「ガスパール・フェルナンデス」「ミゲル」
「ベントゥーラ」の3人で、いずれも男性とみられる。

ガスパールは豊後(大分県)生まれ。
8歳だった1585年、長崎で日本人商人からポルトガル商人のペレスに、奴隷として
3年契約7ペソで売られた。その後の詳細は不明だが、引き続きペレスのもとで、
料理などの家事労働をしていたとみられる。当時のスペインで、高級オリーブオイル1本が
8ペソだった。

ベントゥーラは来歴不明だが、ミゲルは94年、ポルトガル奴隷商人がスペイン領マニラで、
ペレスに売った。

ペレスはマニラ在住時の96年、隠れユダヤ教徒として当局に逮捕され、有罪判決を受けた。
次の異端審問のため一家は97年12月、マニラから太平洋航路でスペイン領メキシコ・
アカプルコに移送された。その審問記録に、ペレスの「奴隷」として3人の名があった。

ガスパールは審問で、食事内容をはじめとするペレス家の信仰の様子などを証言。
その後の99年、ベントゥーラと共に、自分たちは奴隷ではないと当局に訴え、1604年に
解放された。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130513-OYT1T00675.htm?from=top
“マニラからメキシコに向かう当時の航路”という地図は
no title


2: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:11:59 ID:fON+cMLo
宣教師が奴隷貿易の手先になってて秀吉に粛清された経緯がある
1587^tY)kc15年)、ŒJãyÀT は九州討伐の途上で当時のイエズス会の布教責任者であった宣教師0¬0¹0Ñ0ü0ë0û0³0¨0ê0çを呼び、0Ð0Æ0ì0óýe>Näを発布して、人身売買と宣教師の関わりについて詰問している。[11]

  1. [11] 『新異国叢書 イエズス会日本年報 下』p228-229

3: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:13:34 ID:VLWaJ1h5
なぜか教科書にはキリシタン弾圧~しか書いてないよね

4: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:13:46 ID:8ZVK+3SC
日本では話が抹消されてるけど
黒人と日本人は奴隷として有名だったからな
南蛮貿易では硝石1タルと女30人を奴隷として取り替えてたりしてた
大友宗麟とか天草四郎とかは奴隷として女を渡して武器を手に入れてたんだわ

113: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 02:34:36 ID:rOjs0RYm
>>4
天草四郎がやっていたのか!?何に書いてある?

5: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:14:22 ID:T3wQitL7
キリスト教の宣教師たちが、日本人女性たちを奴隷として海外に売り飛ばす手引きをしていたんだよな。
まさに、性奴隷だ。

16世紀から17世紀にかけての日本はポルトガル、スペイン、オランダ、イギリスなどのヨーロッパ諸国に、東南アジアにおける戦略拠点として重視されていた。様々な物資が植民地獲得と維持のために東南アジア各地に輸出されていた。主な輸出品は武器弾薬、鉄や木材などの資源、食料、薬品、そして奴隷である。

古来、日本の戦場では戦利品の一部として男女を拉致していく「人取り」(乱妨取り)がしばしば行われており、日本人領主からそれを買い取ったヨーロッパ商人や中国人商人の手によって、東南アジアなどの海外に連れ出されたものも少なからずいたと考えられている。[10]



1560年代以降、イエズス会の宣教師たちは、ポルトガル商人による奴隷貿易が日本におけるキリスト教宣教のさまたげになり、宣教師への誤解を招くものと考え、たびたびポルトガル国王に日本での奴隷貿易禁止の法令の発布を求めていたが、1571年に当時の王セバスティアン1世から日本人貧民の海外売買禁止の勅令を発布させることに成功した。それでも、奴隷貿易は根絶にいたらなかった。


1596年慶長元年)、長崎に着任したイエズス会司教ペドロ・マルティンス(Don Pedro Martins)はキリシタンの代表を集めて、奴隷貿易に関係するキリシタンがいれば例外なく破門すると通達している。[12]

やがて日本が鎖国に踏み切り、日本人の海外渡航並びに入国が禁止され、外国人商人の活動を幕府の監視下で厳密に制限することによって日本人が奴隷として輸出されることはほぼ消滅したとされる。

しかし、明治維新後、海外に移住しようとした日本人が年季奉公人として奴隷同然に売り払われることはあった。後に内閣総理大臣になった高橋是清も、アメリカのホームステイ先で騙されて年季奉公の契約書にサインしてしまい、売り飛ばされている。

  1. [10]^ 藤木久志『雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り』朝日新聞社、1995年
  1. [12]太田淑子編[P編、『日本史小百科 キリシタン』p148-149

6: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:14:30 ID:DlFuenLb
キリシタン大名が鉄砲と引き換えに日本人女性を多数売り渡した。

7: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:16:42 ID:7GkL9+Y7
酷い話だよな
いきなりキリシタン弾圧とか出てくるけど
さっぱり理由が書いてない
やられるにはやられるだけの理由があるわな

8: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:16:55 ID:N1uD9Q83
>>1
キリシタン禁止は当たり前

野蛮なるキリシタンの犯罪

9: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:17:41 ID:AEdzJEUr
解放されたはいいけどその後どうやって生きたんだろ
証言したりした辺り一応言葉は問題なかったみたいだけど

10: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:17:47 ID:YJAYFlyF
キリシタンは犯罪者だったのか

13: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:21:18 ID:N1uD9Q83
>>10
神社や寺を破壊するだけでなく
キリシタンにならない日本人を奴隷にした。
だからキリシタン弾圧は正しい。
日本人の弾圧→踏み絵
白人の弾圧→奴隷にする。
ここテストにでます。

12: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:21:14 ID:UfkTQQQ5
> 8歳だった1585年、長崎で日本人商人からポルトガル商人のペレスに、奴隷として3年契約7ペソで売られた。
> 99年、ベントゥーラと共に、自分たちは奴隷ではないと当局に訴え、1604年に解放された。

年季奉公と奴隷の区別が(文化的な違いで)分かってないって感じ

110: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 01:36:01 ID:45fYVoJ7
>>12
ああ、そういうことかあ
納得
丁稚奉公のつもりだったんだな

115: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 04:37:43 ID:abD/BB7M
>>110
というかアメリカ大陸じゃ中国人奴隷の最盛期だろこれ
現地の役人は中国と同じアジア人としてハポンがどこかもわからずに
適当に扱ってたんだろ

120: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 16:14:06
>>110
>丁稚奉公のつもりだったんだな


同じことじゃん

121: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 16:37:43 ID:g4vcd+5+
>>120
丁稚であっても奉公換えが出来たので
職業選択の自由はあることになるので奴隷制や農奴制とはまた違う。

給料が全部現物支給という点が後々問題になるが,
給料が現物支給なのも中世は貨幣経済が未発達だった部分もあるからね。

16: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:25:07 ID:0eYOIfdJ
昔から日本人は偉かったんだな、と思った。
きちんと相手を理解したからこそのキリシタン弾圧。
見抜いて対抗、でも貿易は必要だから絞ると。

20: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:28:05 ID:/H0Z7nOB
これがチョンだったら

「強制連行30万人に対し謝罪と賠償の要求。
    1000年経ってもなんちゃらかんら・・・」

となるんだろなw

21: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:30:33 ID:Wvd2EOGu
150年前19世紀中ごろまでアメリカじゃ奴隷がいたんだよな

24: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:35:13 ID:cwxo+O2s
>>21
イギリスも廃止の法律できたのがそのくらい

22: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:32:14 ID:GVd0tnHG
イエズス会とはロクでもないものだ

23: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:33:07 ID:cwxo+O2s
当時のキリスト教では、異教徒は奴隷にしてもよかった
そうやって、教会側はキリスト教徒を増やし、
領主側は、異教徒を奴隷にして働かせ、
両方ともうまく儲ける仕組みを確立してた

25: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:35:39 ID:UfkTQQQ5
イスラム教も異教徒しか奴隷にしてはならないという規定があって
わざわざ遠征してマムルーク狩りしてたくらいだから
宗教ってのはそういうもんなのかね

29: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:42:59 ID:cwxo+O2s
>>25
イスラムはもっと実利的な始まり方をしてて、
マホメットは、イスラム教徒になるか、金を払うか、
さもなければ敵対っていう感じであのあたりを安定化させたので

26: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:36:41 ID:uFAEOOE/
日本人並びに日本の為政者は人種が何であろうと人を奴隷とする事を
毛嫌いしていたので、普通の日本人であれば売買する訳が無い。

28: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:41:39 ID:Wvd2EOGu
信長に引き取られた墨を塗ってると思われて行水させられたって話の
黒人奴隷はその後どうなったんだろう?

108: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 23:19:15 ID:EH6+P+wU
>>28
本能寺の変で森蘭丸とともに織田信長と一緒にいたんでないの?

109: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 23:45:53 ID:Vj/EydwI
>>108
逃がされた説もあるよね
そのあとの消息は不明みたいだけど

109: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 23:45:53 ID:Vj/EydwI
>>28
信長がめっちゃ気に入って、武士の身分を与えて家臣にしたんだっけ

112: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 01:48:24 ID:5qAJN/oR
>>28
たしか弥助って名付けられたんだよ

天正10年6月2日1582年6月21日)の本能寺の変の際には弥助も本能寺に宿泊しており、明智光秀の襲撃に遭遇した。信長が死ぬと二条御所に行って戦った末、明智軍に捕縛された。家臣にどう処分するか聞かれた光秀は「動物で何も知らず日本人でもない」との理由で処刑はせず、南蛮寺に送った[5]。この処遇は光秀のこの黒人に対する蔑視を現していると考えられる一方、弥助を殺すことが忍びないと思った光秀が生かすための方便であったとの意見もあるが[6]、真実は不明である。弥助の以後の消息は不明


  1. [5] 『イエズス会日本年報』
  2. [6] 藤田みどり『アフリカ「発見」日本におけるアフリカ像の変遷』岩波書店、2005年5月。



30: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:43:58 ID:MVkW0Mv8
そういう時代だったんだな。

31: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:46:00 ID:mMl/PCWL
日本人は賢いな、西洋人の本質を見抜いてる

32: パンツ ◆7vYOZotTDo 2013/05/13 15:48:07 ID:Wf7hAOvr
安土桃山時代は、日本人が日本人を奴隷にしてた時代だろ
くだらねー

33: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:50:26 ID:cwxo+O2s
>>32
それを禁止したのが秀吉なのが、
タイミング的に面白いと思う

38: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:57:07 ID:CXk6+Cu/
 ◆戦国時代の謎

 「1543年に日本に鉄砲(種子島)が伝来する。
 強力な兵器である鉄砲はあっという間に国産化され、全国に普及し、
 それを最も大規模かつ巧みに戦術に取り入れた織田・豊臣勢がやがて天下を取る事となる」

 これは誰もが知っている日本史上の有名な出来事であろう。
 しかしそれは事実の一端を語っているに過ぎない。
 ここにはひとつ見逃されている重大な件がひとつある。
 火薬である。
 鉄砲ばかりがクローズアップされているが、その実鉄砲は火薬がなければ用をなさない。
 その火薬はどうやって調達していたのかの視点が欠落しているのである。

 日本が鉄砲をすぐに真似して国産化したことをもって、「日本の技術力は優秀だった!」
 「アジアで最も技術に優れた国だった」などと歴史小説家の司馬遼太郎などは言うが、
 肝心の火薬問題についてはまったく触れていない。

 なぜなら、もし触れてしまったが最後大変なことになるからである。
 白人の犯罪を暴かなくてはならなくなるから、司馬は避けたのであろう。

 司馬という男は「戦国時代、日本は金が銀よりも安く、
 そのため西洋人は銀を輸出して日本から金を買っていた」だの、
 「竜馬が薩長同盟を成し遂げた」だの、
 「日露戦争は近代において有色人種が白人に勝った最初の戦争であり、
 アジアにおける快挙であった」だのと、
 次から次へと息をするようにもっともらしく嘘を書きたてる捏造作家である。

39: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:58:26 ID:CXk6+Cu/
 彼は元々は産経新聞の記者であったが、後に歴史作家となり、
 その後開口健らと並ぶ「サントリー文化人」となった。

 「サントリー文化人」とはロックフェラー財団との提携のもと、
 巧みな宣伝広告戦略をもって日本国内で大きな影響力を持つに
 至ったサントリー財団が養い育てた、日本的文化人・知識人集団の代表的人物である。

 そのため司馬は潤沢な資金と各種史料の閲覧機会を、
 同時代の歴史小説家や歴史学者の誰よりも豊富に与えられていた。
 極端に言ってしまえば組織的なバックアップのもと、
 西洋資本の意に沿う通りの「歴史研究」を執筆する役目を負っていたのである。

 彼は日本史におけるオピニオンリーダー的存在となり、その著作物は各種メディアで持ち上げられ、
 映画化やドラマ化、ドキュメンタリー化などがなされ、
 全国の視聴者はそれを通して昔の日本の姿を「学習」した。
 更にはその設定を用いた二次三次の著作物が雨後の筍のように出現していった。
 いわば彼は大衆にとっては歴史学者よりよほど影響力の強い人物だったと言える。

 しかし司馬の実態はアメリカの工作員であって、歴史の節々で外国勢力の暗躍を隠し、
 読者の目を問題の本質から逸らしたり、
 ある特定の結論に至るよう恣意的に歪めた研究を記述してきた事がわかってきている。

 ここでは司馬という男の正体についての詳述は避けるが、彼があえて書かなかった
 火薬の調達経路を調べる事により、これまであまり知られなかった
 戦国時代の「真の姿」が見えてくるのである。

40: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 15:59:43 ID:CXk6+Cu/
 ◆宣教師の正体

 戦国時代にあって鉄砲の重要性は今更語るまでもない。
 自国がそれらを充実させれば敵国の侵略を撃退でき、
 備えられなければ敵国に敗れるのは必定であった。
 そのため戦国大名はどこも競って銃器と火薬を入手しようとしていた。
 しかし鉄砲の方は国内で生産できるのに対し、火薬の方はそうはいかなかった。

 当時火薬の原料は『硝石』(硝酸カリウムを主成分とする
 天然に産する硝酸塩の混合物)であったが、
 これは西洋が大量に所有しているのに対し、国内ではほとんど産出しない。

 そのため日本人は人間や家畜の排出物を微生物の作用で硝酸カリウム化したものを
 抽出する事で硝石を得ていたのだが、大量生産はできなかった。
 そのため大量に入手するためには南蛮貿易に頼るほか無かった。

 戦国時代とは、つまり内戦状態であるから、
 兵器・火薬を売る西洋人にとっては格好の販売舞台だった。
 A大名のところにいって、「隣りのB国が大量に銃器、火薬を備えましたよ」と囁けば、
 A大名は「ではウチにも売ってもらいたい」と乗りだしてくる。
 その後B大名に同じ事を囁けばそちらでも火薬を欲するようになる。

 インドなど世界各地で鉄砲という強力な武器を伝えし、その国の軍隊に鉄砲を大量生産させ、
 内戦を激化させ、それに乗じてて火薬を売りつけて益を得ていた西洋商人は、
 当然日本でも同じ事を行った。

42: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:01:07 ID:CXk6+Cu/
 西洋の商人の尖兵として大名に近づき、そういう販売を行ったのが耶蘇教の宣教師であった。
 ザビエルはそのために日本に来たと言っていい。
 鹿児島や大分にはザビエルの記念像がある。
 折しもザビエル渡来450周年記念行事が行われたが、それがとんでもない愚行である事に、
 現地の人はどれだけ気づいているものか。

 日本ではザビエルは、「スペインに生まれ、パリ大学に学び、学者として世に立とうとした教養人。
 キリスト教宣教師となり、東洋宣教を志した。
 マラッカで日本人ヤジロウと出会ったことにより、日本に強い関心を寄せ、ヤジロウの案内で日本の土を踏む。
 東洋の使徒として世界に広くその名を知られる歴史上の偉人」と言われてる。

 大ウソである。
 彼は国内で戦争を煽り立て、それに乗じて大金を稼ぐ「死の商人」でもあったのた。
 耶蘇教の伝教は同時に現地工作員の養成でもあった。

 ザビエルは大友や有馬といった九州の戦国大名を耶蘇教に「改宗」させた。
 「キリシタン大名」とは要するに、火薬欲しさに日本人の魂を売った連中の事である。
 ザビエルの説く耶蘇教に心を動かされて改宗したのだからいいいじゃないか、美談ではないか、
 むしろそれで貿易が盛んになったのだから誰も損をしていないのではないか──と一般の人々は思うだろう。
 ところが実態はそんな綺麗事とは大きくかけ離れているのである。

43: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:02:23 ID:CXk6+Cu/
 ◆西洋貿易の実態

 海外との貿易において、戦国大名たちが火薬を手にいれるには、「何か」と交換しなければならない。
 では当時の日本に、何か西洋人が喜んで交換したがるような物品はあったろうか。

 金? 銀? そんなもの潤沢にあるわけないし、産出国は限られていた。
 工業品だってない。戦国の世の中、落ち着いて産業を興しているヒマはない。
 米を売るか? そんなもの西洋人は欲しがらないし、
 戦乱に明け暮れている日本では生産力が落ちているため売るほどはない。
 今のように日本刀や鎧が非常に価値のある骨董品・美術品として見られていたわけでもない。

 陶器? 漆器? そんなものの値段などたかが知れている。
 ではいったい戦国大名たちは「何」を売っていたのか?

 「人」である。奴隷を売ったのだ。
 西洋人が欲しがったのは、家畜の代わりにこき使うための子どもを含めた若い労働者、
 あるいは肉便器として使用するための若い娘たちであった。
 わずか火薬1樽と交換に、うら若い娘50人が奴隷として差し出された。
 火薬原料の硝石欲しさ、にである。

 秀吉の家来であった大村由己という人が『九州御動座記』にこう書いている。

 『宣教師から硝石樽を入手せんがため、大名、小名はいうに及ばず、豪族の徒輩までが、
  己の下婢や郎党はおろか、自分の妻まで南蛮船で運ばせた。
  それは獣のごとく縛って船内に押し込むゆえ、泣き叫び、喚くさま、あたかも地獄のごとし』

63: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:48:33 ID:UfkTQQQ5
>>43
内戦の戦争捕虜を奴隷として輸出していてそれが一定規模の金額だったのは確かだが

> 今のように日本刀や鎧が非常に価値のある骨董品・美術品として見られていたわけでもない。
この部分間違い含みというか
室町幕府がやってた日明貿易の品目見れば扇子、刀剣、漆器や屏風も十分な値段で売れてる
あとバタヴィアやルソンの貿易記録を見る限りは日本酒や醤油が意外といい値段で売れてる
日本刀や扇子が結構な値段で取引されていたのは中国(宋や明)の文学的記録に結構出てくる

あと火薬原料(硝石、硫黄、木炭)の一つである硫黄は豊富に産出したので
日明貿易のころの主要な輸出品のひとつになっている。
もちろん硫黄を産出しない地域の大名はこれが出来なかったわけだが。

72: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 17:00:03 ID:Bt+7zSQn
>>43

なんか文章がゴシップ風で胡散臭くないか

81: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 17:43:50 ID:4cvQD3zs
>>72
このソースは多分鬼塚英明の「日本の一番醜い日」だと思う。
確かに書きすぎている感があるが、
実際宣教師と共にやってきたポルトガル商人が奴隷貿易をやっていたのは本当。
この文章がどぎつ過ぎて、これを取り上げて「宣教師が奴隷貿易に関わってたなんて嘘だ」と
言っているブログなどもあるが、実際宣教師暗黙でポルトガル商人の日本人奴隷貿易は行われていた。
秀吉は5か条の詰問とか言うのを出して、そういうのを問い詰めた。
元々は秀吉はキリスト教歓迎していたんだよ。
秀吉が歴史ドラマなどで格好悪く描かれるのもここら辺関係してるかもね。

46: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:05:41 ID:fr8Vf8uZ
世界で初めて黒人奴隷解放をしたのは織田信長です。
モザンビーク人の黒人を解放してヤスケと言う名前を与えサムライにしました。

49: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:09:39 ID:MQg0Kcns
まあ奴隷は当たり前だった時代だしな
白人だって、中世なんかは中東やエルサレムなんかに売り飛ばされていたわけだし

52: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:15:42 ID:TAZRKYXH
当時の日本からメキシコって、今で言うと
地球から火星へ行って住むぐらいの気分なんかな?

54: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:19:12 ID:cwxo+O2s
日本人は、説教にはあまり釣られなかったけど、
菓子には釣られたwって話もあるね

キリシタン改宗は、堺の豪商などで意匠の流行なんかと同時にはじまったり、
細川ガラシャなんかの改宗を見たりすると、
エキゾチックな部分に夢を見るような流行として存在したんじゃないかと思う

56: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:25:56 ID:2Ef5QJoG
中学の社会科の教師は
「日本は鎖国によりその文明進化が200年は遅れた」と言い放った。

もし鎖国してなかったらオレたちゃ英語とかポルトガル語喋ってるんかい…。

57: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:32:11 ID:cwxo+O2s
>>56
だいたい、日本の200年前に文明開化してた国ってどこよ、だと思うがなあ
日本も植民地ばんばん作って奴隷に働かせて大もうけしたら良かった、
って意味で言ってるならともかく

58: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:36:38 ID:2kDesa2k
キリシタンは、今の世の統一教会と変わらないな
合法奴隷、強制集金、悪の枢軸が好きな生臭坊主など、宗教とは程遠い集団が、あまりにも多い
次の憲法改正では、宗教の自由を削除ですね

60: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:39:54 ID:cwxo+O2s
清貧すぎて当時の教皇から嫌われてたフランシスコ修道会とかだと、
そうでもないよ
一般人から見ると清貧っぷりがマジキチ気味だけど

今度のローマ教皇もそういう感じだからあの名前になったのかねえ

61: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:41:03 ID:5F2JHuJX
キリシタン大名以外にも上杉謙信のように、奴隷狩り目的で戦争をしていたのもいて、
直江津は奴隷交易で大きくなった町。海外に輸出された奴隷は、琉球王国に送られて、
中国人で構成された倭寇が狩ってきた中国人や朝鮮人と一緒に、那覇港でセリにかけられ、
世界各地に転売された。

64: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:48:58 ID:9X5Frj+W
そもそも秀吉や家康がキリシタンを取り締まったのも
扇動して争いを起こさせてたのがバレたのが原因だし
実際、渡来人が欧州に宛てた手紙に、日本は軍事力が高く植民地化するのは無理なので
地方大名などを扇動して同士討ちさせるって書いてあるしね

65: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:50:13 ID:nEOtLdhP
元々秀吉なんか信長の影響で西洋の文化が好きでキリスト教も認めていたのに、
急にアンチキリスト教になったのはこういう理由があったのか。

70: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 16:56:11 ID:juNccfV6
なんか、それぞれ誤解があるんじゃねーの?

日本人側の商人、子供・・・丁稚奉公みたいなものと認識

ポルトガル人・・・奴隷と認識

実際、どんな生活だったんだろうな

76: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 17:18:40 ID:5HIOd+od
白人からみたら二次大戦前まで黄色人種は家畜くらいの認識で間違いない

84: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 18:00:05 ID:N6UGgEWp
スペインにいるハポン姓の人々も奴隷の末裔なん?

85: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 18:03:21 ID:cwxo+O2s
>>84
あれは、伊達政宗が派遣した支倉常長の遣欧使節団の関係者の子孫だという話
直接欧州と交易しようとしてあれこれしたけど、
当時スペインの植民地だったスペインと輸出物が被るので、
そこで儲けてる連中の反対にあい、結局通商条約を結ぶ事には失敗して終った

87: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 18:22:25 ID:cwxo+O2s
>>85
あミスった
>当時スペインの植民地だったスペインと輸出物が被るので、

当時スペインの植民地だったフィリピンと

88: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 18:24:38 ID:tgiZfX5P
まぁ当然あっただろうねぇ


外交目当てで当時の日本に来る外国人とかいないし

91: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 18:58:37 ID:604Hgc4N
信長の黒人家臣 弥助ってもう新しい資料は出てこないのかなあ
墓とか、子孫とかどうなったんだろ

99: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 19:59:38 ID:5WXXX7Po
家事労働とかの奴隷の方が、封建農奴よりは楽だったかもね

黒人奴隷でも家事労働をするのは白人に気に入られるハウス・ニガーだと言って農作業やってた奴隷は愚痴を言った

100: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 20:21:28 ID:0wilOxxi
奴隷やなくて板前やん

101: 七つの海の名無しさん 2013/05/13 20:31:03 ID:UfkTQQQ5
>>100
奴隷の最低限の定義は「職業選択の自由がないこと」。
古代ローマでは職業選択の権利がなく主人によって売買される家庭教師・会計士・料理人などがいた。
スキルが高ければ相応の高待遇を受け、必要に応じて/長年の功労に感謝して開放されることがあった。
同時に農場や鉱山で劣悪な条件で働く奴隷もいた。

118: 七つの海の名無しさん 2013/05/14 13:30:35 ID:btfLy/yL
現代の視点で、過去の日本の政策を文明が遅れたと評する進歩的文化人が多いけど、
当時の国際情勢からすると、外国勢力の介入を減らしたのはベストでないにしろベターな対応だった

このエントリーをはてなブックマークに追加




にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ ブログランキングならblogram

1日1回クリックして応援してもらえると有難いです。

【おすすめリンク集】

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無しだけど...どやさ!?
    • 2014年07月24日 04:16
    • 工作員、竹中平蔵が、韓国の前大統領の経済顧問として、米韓FTA集結を主導させて、
      企業や銀行がユダヤに乗っ取られて大卒の平均月収が8万位で海外に出稼ぎに行って春を売ってるとか、GDPの2%も占めるから悲惨だよ。ユダヤの工作員が、沢山いて日本の政治家や検察、官僚、マスコミが朝鮮人だって事にどれだけの日本人が気付いてるんだろうね。竹中が、検察やトヨタや読売新聞等とミサワホーム乗っ取りをしたけどマスゴミは、だんまりだし、この国は、かなりヤバいよ。竹中は、慶応義塾大学教授や東京財団の会長もしてたり、ベネッセの福武や国際バカレア機構とも関係してる、影の総理と言ってもいいくらいだよ。この国は国際金融マフィアに乗っ取られてるよ。契約報酬に女をあてがわれ、嵌めどりされて奴隷にされたお偉いさんが多いらしい。情けないね。日本人が馬鹿だから乗っ取られるんだよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック