気になりますちゃんねる

にちゃんまとめブログ

カテゴリ:南支那海

1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/10/22 22:12:43 マレーシアのヒシャムディン・フセイン防衛大臣は会見で、 南沙諸島防衛のために新たな海軍基地を建設することを表明しました。 基地は各国で係争中の南沙諸島の最南端からわずか100キロの距離にある、サラワク州のビン ...

1: ニライカナイφφ ★ 2013/09/02 13:38:55 ◆中国、比大統領訪中の条件に南シナ海の国際司法仲裁取り下げを要求 フィリピンのアキノ大統領が中国訪問を中止した問題で、中国が訪問の条件としてフィリピンが国際司法機関に申し立てた南シナ海の領有権争いをめぐる仲裁手 ...

「日本がフィリピン海軍の近代化を支援」という動画がYOUTUBEにアップロードされていました。フィリピンは南シナ海の領有権問題で,軍事力の違いから中国に全く歯が立たない状況です。そんな中,日本政府は,最近,フィリピンとの連携境界化と強めるために,巡視船の供与や, ...

1: 影の軍団(第弐拾八期首席卒業生)ρ ★ 2013/07/30 12:42:42 フィリピン・デイリー・インクワイヤラー紙によると、フィリピンの専門家が米国と日本が中古の艦船を供与することに 不満をあらわにしている。29日付で環球網が伝えた。 「使い古した艦船をもらっても、 ...

1: 壊龍φ ★ 2013/07/27 07:44:10  南シナ海の領有権問題で、フィリピンが国連海洋法条約に基づき中国を提訴した仲裁裁判所での審理が今月、始まった。フィリピン政府筋は、裁判が軌道に乗り今後、中国の“実効支配”の動きに一定の歯止めがかかるとみている。  仲裁裁 ...

1: ◆TOFU/XEczQ @甘味処「冷奴」φφ ★ 2013/07/21 09:11:06  【北京=奥寺淳】  中国が、ベトナムなどと領有権を巡って対立している南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島の実効支配を着々と進めている。 18日には5千トン級の客船が停泊できる大型埠頭(ふとう ...

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/07/17 20:18:38 フィリピン外務省が15日、「フィリピンは南シナ海問題について中国と二国間協議を行わない」 と表明したことに対して中国外交部は16日、 「中国は国家の領土主権と海洋権益を守ると同時に、一貫して交渉によ ...

1: きのこ記者φ ★ 2013/07/14 19:04:08 中国とフィリピンなどが領有権を争う南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のうち、 フィリピンが実効支配する環礁に、中国が5~6月、艦船や漁船団を次々と繰り出して 執拗な「圧力」をかけていた状況の詳細が14日、分か ...

1: ノルウェージャンフォレストキャット (愛知県) 2013/06/30 22:10:37 フランス通信によりますと、フィリピンのガズミン国防大臣は、「フィリピン政府は現在、アメリカ軍に対して、  フィリピン国内の軍事基地により長期的に 駐留する許可を与える草案を作成している」 ...

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/06/09 23:32:31 2013年6月7日、フィリピン英字紙ビジネス・ミラーなどフィリピンメディアは、 中国がスカボロー礁(中国名は黄岩島)に軍事施設を建設しているとの、フィリピン軍関係者の発言を伝えた。8日、環球網が報じた ...

下の記事が長いので,要約を書いておきます。 日本が,中国と領土紛争に抱えるフィリピンに巡視船を提供して,アジアの平和を乱そうとしてる! フィリピンと日本が仲良くするのは,中国との問題を抱えて利害の一致を見たからだが,そんな自分勝手な外交してたら今に痛い目 ...

1: そーきそばΦ ★ 2013/05/15 23:35:55  【台北時事】台湾の漁船がフィリピンの沿岸警備隊の銃撃を受け、船員1人が死亡した事件で、台湾の馬英九政権は15日、 フィリピンのアキノ大統領による謝罪を拒否し、労働者の新規受け入れ凍結や駐フィリピン代表(大使に相当)召 ...

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/01/04(金) 11:08:24.93 ID:??? 中国は、南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)で自国が占有している八つの岩礁に、計1000人ほどの海軍部隊を配備している。 1990年代初めの時点では、この一帯に駐屯する兵力は260人程度だ ...

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/01/02(水) 11:05:22.67 ID:??? 中国が年明け早々南シナ海の領有権を主張し、領土問題で主導権を握ろうとしている。 日本と尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐって対立している状況で、東南アジア諸国との紛争も再燃される模 ...

このページのトップヘ

アクセスランキング