温活する体

健康いいことや日々の出来事

high heal_1511187059-150x120
電車に乗っていく用事があり、久しぶりにきちんとした格好をして出かけました。
駅まで車でいって、それから歩いていく予定でしたが、思いのほか駐車場が混んでいて電車までの時間がせまってきたのです。
普段は絶対に走らないヒールを履いて、しかも残り4分で歩道橋を上って線路を渡り、また降りてというに道のりを全力疾走で走りました。

履きなれていないのに、しかも走るだなんて飛んでもない話です。
登りの階段は筋肉が笑ってしまい(筋トレしていてもだめでした、、、)、下りの階段は靴が脱げそうになり、転ぶんじゃないかとこわごわ降り、そしてまた駅のホームで階段を上って降りて、、、
どんだけ。です。

おかげで夕方帰った時は、全身がぐったりして立ち上がることもできず、かなりの時間動けずにいました。
立ったちょこっとのお出かけでこんなに疲れてしまうなんてと、自分の体力のなさを恨みます。
しかもあまりヒールの高くない靴だったのに、それでもこんなに足がくたびれるほど体力がないことにも腹が立ちます。
コンバースばかり履いていたため、かなり足がなまっているのです。

今日のこのくたびれを教訓にして、お出かけするときはなるべくヒールで出かけ、全力疾走ができるように体力をつけておこうと思いました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1187953915_6b47e93036_b
もう子供におっぱいを上げるのをやめてかなりの年月が経ちます。
そんな年齢なのに、先日、胸から母乳??らしき液体が出てきました。
本当に目を疑う!というのはこういう事なんだと思いましたが、明らかに白い液体が乳頭から出てきたのです。
妊娠しているならともかく、そんな事はないのに、なぜ?という思いばかりが、、
そして、考えられるのはやはりよくないことです。

昔勤めていた会社で、当時の上司だった方の奥様がやはり母乳が出るので病院に行ったところ、頭の中に腫瘍ができていて、それで間違った信号を送っているという話をしていたのを思い出し、私もそのケースに該当するのではないかと本当に心配になりました。
スマホで便利に調べることができるので、いろいろ調べてみてもいいことは書いていません。
こういう時は、調べて落ち込んでしまうので、この便利な機能はかえって残酷だと思ってしまいます。

家族に話すとすぐにでも病院に行くようにと、、
子どもたちが本当に一生懸命訴えているので、心配してくれているのだとありがたく思いました。
土曜日でしたが、マンモグラフィーとエコー検査をしてくれる割と大きな病院で見てもらうことができました。

幸いそこは女医さんだったので、安心して検査を受け、診察室に入ると「何もないよ!!」と一言。
その白い液体も出ている時に見せてくれないとねえ、、、とまあクールなご意見で、、、
でも今は出ていなかったので、何とも言えないけど、画像は全く問題ないとのことだったのでひとまず様子を見るという事で診察は終了しました。

何もないと間髪入れず言われたので、少々びっくりしましたが、安心しました。
最近は若い方が癌で亡くなるケースも少なくないので、まさか私も?と不安になっていたので、今回の検査はしてよかったなと思いました。
いつもと違う不調が最近多くなってきたなと感じ始めました。
そんな年です。もちろん無理も効きませんし、、、
でも、細々とでいいので、健康で楽しく生きていきたいと改めて思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ice_1510352435-150x150
主人が平日にお休みすると楽しいけど、私のダイエットには辛い日となります。
どこかへのお出かけしたいと必ず誘われるし、その時は必ず美味しいものをたべるし、、

先日の主人のお休みは、ランチに町内の中華屋さんに行きました。
ずっと前からちょっと気になっていた、中華料理屋さんです。
ランチが680円と大きく看板に出ていて、これはいくしかない!というタイミングです。
早速ランチをいただくことにしました。

私は、八宝菜定食・主人は酢豚定食です!
どちらも定食としては満足の量と味でした。
普段食べない白飯を食べてしまった私は若干の後悔をしましたが、でも美味しいものを食べる事はやめられません。
まあ、野菜たっぷりの八宝菜は私にとっていい感じのランチだったなと思いました。

そして次に行った先では、たくさんのショップのある商業施設に行き、歩き回ったため甘いものを食べたいと思ってしまい、普段は絶対に食べないアイスのダブル・しかもコーンでの注文をしてしまいました。。。
どうしても食べたい時ってダイエットしてることを、都合よく忘れてしまう自分に笑ってしまいます、、
ダブルの1つはシークワーサー・もう一つは抹茶味です。
どちらも歩き回った私たちには最高のスイーツでした。
特にシークワーサーのさわやかさは、今までにない味でしたが本当においしかったです。

うちに戻り恐る恐る体重をはかってみました。
すると予想以上に痩せていたので、びっくり!しました。
ストレスをためるくらいなら美味しいものを食べていいのだなって思いました。





ハワイで最強のクレジットカード!ハワイラブカードゴールドの審査は?保険や特典は?
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーグル_1500086330-150x99
チップは毎日、私の動向を逐一チェックしています。
私がちょっとトイレにでもいこうものなら、今までグーグーいびきをかいていても、さっと起き上がり私のことをじっとみて、いなくなったら吠えを続けて、「どこへいくんだ!?一緒につれていって!!」という感じで主張し吠え続けます。

主人が単身赴任する前は、そんなに吠えることなどなかったのですが、、
わたしとチップで週の何日かを主人の所へ行くようになり、私の動きがとても気になる様子なんです。
今は自宅にいても、私がいなくなると寝ていてもすっと起き上がりわんわん!!という感じです。
特に赴任先に行っている時は本当にすごいです。

ちょっと動くだけで、ゲージの中からむくっと起き上がり私のことをじっとみていて、チップの視界から私がきえるやいなや、またもや機関銃のような吠えが始まります。
可愛いのですが、あまりひどいので最近はちょっとあきれています。

娘が赤ちゃんのころのことを思い出します。
娘も1人目という事もあり、少し神経質だったようで私の動きや物音などですぐに泣いていたなと思い出しました。
当時は私の動向をじっと見ていたり、察知したりと鋭いなと感心していました。

今は愛犬チップが私のことをじっと観察しています。
本当に姿が見えなくなると吠えるなんてどんだけ甘えているんだろうと思いますが、私がチップの近くにいればどんなに大きな音を出しても全く気にならない様子で、ぐーぐー寝ているんです。
めんどくさいけれど、やっぱり可愛い可愛い愛犬チップです。


セディナカードJiyu!da!の月々払いと余裕払いについて詳しく解説!
このエントリーをはてなブックマークに追加

hand-ea35b30728_150
急に気温が下がって、寒くなりました。
この時期にいつもなってしまう「あかぎれ」ですが、本当に痛いです。
かといって家事をやめられないので、なかなか治りません。
水仕事をすればするほど、ひどくなるばかりです。

もちろんビニール手袋で保護もしていますが、口に入れるものは手袋をしての作業がいやなので、素手になります。
となるとまたまた症状がひどくなるばかりとなってしまいます。

毎年何とかしたいと思いながら、その場しのぎでしかないので、結局毎年あかぎれに悩んでいるのですが、、、
そして、さらに追い打ちをかけるように、愛犬チップの面倒を見ると手を洗う回数が激増して、これまた悪くなります。
いちいち用途別に手袋を替えて使うのもめんどくさいし、、、

でも以前は、手のサイズが変わるほどの痒くていたい湿疹に悩まされたときは、さすがに手袋を用途別にいつも用意して、使い分けていました。
直接肌に手袋のビニール面が当たると、痒くなるので、綿100%の白い手袋の上からビニール手袋を重ねて家事やらチップのお世話やらをしていました。
あの時は手のかゆみと痛みの方が勝って、手袋を用途別にするなんて簡単だったのです。
幸い、完全に治してくださる皮膚科の先生にしりあえたので、そのつらい湿疹は完治したのですが、、

今はそれに比べればなんてことのないあかぎれですが、まあ、それはそれで手が切れて痛いので、つらいところです。
主人の赴任先では、食器もすべて洗っているのであかぎれの数が増えつつあります。
今から冬になり、本格的に寒くなるのに、、
やっぱり意を決して、手袋をいつも活用しようかなとも思っています。 個人タクシーってクレジットカード使えるの?【知恵袋】
このエントリーをはてなブックマークに追加

8615595355_ceaca75d07_b
朝5時から3人と1匹のお世話をするとかなり疲れがでます。
頭もすっきりしないままに朝から大忙しです。
そのうちに愛犬のチップが起きてクンクン言い出すし、、、

8時半ごろにやっと一息ついての朝ごはんを取りました。
でもなんだか体がだるいというか、きつい、、、

そこで朝ヨガなるものに挑戦することにしました。
いつもお世話になっているYOUTUBEの”まりこ”さんといっしょにヨガをすることにしました。
まりこさんは本当にすごいです。
もちろんYOUTUBEで発信してるくらだから、すごいのは当たり前なんですが、体幹とかまったくぶれないし、ふくらはぎの筋肉もそこだけ男性並みに盛り上がっているような、、、

そんな風にはもちろんなれませんが、せめて同じポーズがふらふらならない程度になれるようになりたいと思っています。
すこーしお腹がなんとなく線が入っているとか、足に力を入れたら筋肉がちょびっと出るとか、、、
ちょっとした憧れですが、

朝ヨガは体を目覚めさせる目的なので、首・肩・背中をゆっくりほぐしていきます。
それに呼吸をたくさんたくさんして、リセットの意味もあるようですが。
まりこさんの動作をまねて一通りヨガをしたら、すごくすっきりしました。
腰とか肩とかいたかったのですが、なんとなく軽くなったような気がします。

私にとってのヨガは朝でも夜でも、リラックスとストレス解消になります。
最近は食欲の秋で気持ちお腹が空いているような、、、
だからヨガを欠かさないで、筋トレをし、燃焼しやすい体つくりをしていこうと思います。


楽天カードから楽天プレミアムカードへ切り替えは可能ですか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

eat_1508106635-150x99
夏からのダイエットで-5k成功したのですが、、
ダイエットに必要なこと。。
もちろん筋トレ、ストレッチも欠かさず必要なんですが、食事についても大切なことが分かりました。

カロリーの高いものを控える。
それは誰もが知っていることですが、
今私が一番大切だと思っていることは、、
「食事の順番」なんです。

お腹が空いている時って、ご飯をがっつきたくなるのですが、
一番に食べるべきものは水分の多いものや、野菜からなんです。
水分の多いスープやみそ汁はおなかにたまるので、ちょっとした満腹感が得られますよね?
たしかに野菜のたっぷり入ったスープなんかはそれを食べただけで、結構おなかがいっぱいになります。

次に食べるべきものは「野菜」です。
食物繊維の多い野菜をたべれば、血糖値を上げることを抑えてくれますし、太る元の脂肪も吸収してくれるそうなんです。

そして、これから体を本格的に作るための肉や魚「タンパク質」を取るのです!
たんぱく質をたくさん取らないと、力も出ないし、体を作ることもできません。
自分の体重の約2倍のたんぱく質を取るといいみたいです。
もちろんそんな量は取れないので、やはりプロテインがおすすめなんだとか、、、
私はちなみにチーズをたくさん食べるようにしていますが、、、

そしてそして、最後に炭水化物をいただきます。
炭水化物はダイエットには敵!というイメージですが、この炭水化物も体には必要な要素なので取り入れなければならないそうなんですが、でも、順番を間違えるとやっぱり怖い存在です。

そんなことをいろいろ教えてもらって3ヶ月ほどです。
おかげさまできちんと結果が出てきました。
やっと痩せることができたので、今から健康に過ごすための筋肉をつけていこうと思います!



飲み会で一番嫌だと思うのは「幹事を任される」事みたいですが、一気にマイルやポイントで儲かるチャンスですよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hip_joint_1507516544-150x99
お家でヨガをするようになり、1つ気が付いたことがあります。
私が良く見ている、ヨガのYOUTUBE動画の中で、「体の代謝をアップさせ、燃焼させる」や「代謝アップでダイエット」などという動画がいくつもあります。

だいたい10~20分くらいの動画なのですが、これらのどのヨガをしても必ず汗がたくさん出て、体がぽかぽかしてきます。
そして、その中に必ずある動作「股関節の筋トレ」です。
私は脚力も弱いし、股関節の筋肉もないため、代謝アップのヨガは本当にきつく感じますが、でもなんとなくですが、このヨガをした日の夜は冷えてないような気がします。

それで「股関節」について少し調べました。
なぜ、股関節と代謝アップが関係あるのかを、、、

その結果「股関節は太ももの骨と骨盤をつなぐ関節のこと。
また股関節の周りにはたくさんの筋肉がついていて、これらの筋肉を柔軟にして、強化することで、代謝が上がる!」というのです。

股関節が固いと可動域も悪くなり、血流ももちろん悪くなる、そうなると代謝が落ちてしまうのです。
だから股関節を毎日少しずつでもストレッチ・筋トレをして体の要を強化すると、いろいろな体の不調から回避できるようなんです!

なるほど、それで代謝があがれば燃焼しやすい体になるので、ダイエットができるということなんですね!
股関節を鍛えると、その他にも「美脚効果」「むくみ・冷え改善」「便秘・生理痛の改善」などもあるそうです。
んー。。全部当てはまるような、、、
てことは、私はひとまず股関節の強化をすればいいのだなと思いました。
これからはだんだん寒くなってくるので、汗をかいて暖かくなるヨガは大歓迎です。
がんばります。

失くしたクレジットカードを不正利用された時の対応方法はカード会社への連絡と警察への連絡です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

15734643864_12f150bd54_b

NHKのあさイチで衝撃的な情報を得ることができました!
ダイエット特集で、今までの食べる量を減らすわけでもなく、むしろ間食を推奨するお話だったのです。
その時間はすっかり釘付けでした。
ダイエット中でも間食をしていい!しかも1日3回くらいは大丈夫。なんだそうです。

大切なことは「体の中の血糖値を上げないような食べ物を選んで、食べる方法、食べる時間を注意すれば、太らない体になる」ということなんです!!

血糖値が上がりやすい炭水化物をできるだけ控えて、野菜や肉などを先に食べ、どうしても炭水化物が必要なら最後に食べる!事が太りにくい体にするんです。
また、間食には3食の食事では摂取できない栄養素を考えて取るといいそうなんです。

アーモンドなどのナッツ類や昆布、干しブドウ、チーズなどビタミンやミネラルを間食に選んで食べると腹持ちがよくて、次の食事の時のドカ食いを防止することができるそうなんです。
ドカ食いしたいときはどうしても、炭水化物を食べたくなるみたいなので、間食をすることでそのドカ食いの気持ちを抑えらるんです。
なるほどです。
めちゃくちゃお腹がすいたときは、私もご飯とかパンとかたべたくなります、、

そして、食事をとる時間ですが、夕食は一番ベストな時間は午後6時!でも、基本的に働いていると難しいので、その場合は午後8時、ぎりぎりのタイムリミットは午後10時なんだそうです。
でも午後8時/10時に食べる場合は昼食からの時間があきすぎるので、間食をした方がいいとのこと!
まさに間食を推奨しています!!

私は、最近家族を待たずに6時半ごろに夕食を取るようにしています。
寝る前に体に物を入れることが良くないといわれているのは知っていたので、早い時間に夕食を終わる。事を気にしながら夕食をとっています。
そしてさらにあさイチで学んだことを、今から実践して太りにくい体にしていこうと思いました!
どれくらいの効果が出るか楽しみです。







海外旅行で入院や病気になったら・・クレジットカード付帯保険の申請方法のコツや条件を詳しく解説!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガ_1506053253-150x99
運動不足とダイエットに少しでも役に立てばと思い、自宅でヨガを始めました。
昔と違って、スマホで今は欲しい情報がすぐに手に入ります。
しかも「痒い所に手が届く」とはまさにこのこと。
首や肩のストレッチヨガや下半身の筋力アップ、代謝をあげるためのよがなど、気になってるところにスポットをあてて行うという私の見たい動画がたくさん配信されています。

便利さに驚いて、いろいろ調べた結果、気に入った動画が見つかりました。
どこかのヨガスタジオのインストラクターをしている方が、痩せたいところや強化したいところの部位を、いろいろなポージングをして教えてくれます。

どこかに習いに行かないとわからないようなポーズも自宅にいてスマホで検索すれば、すいすいとでてきます。
早速調べて3種類(首や肩のストレッチヨガや下半身の筋力アップ、代謝をあげる)ヨガを試してみました。

首や肩については前回もブログに書いた通り、姿勢も気を付けないといけないと思って、なるべく正しい姿勢を心掛けています。
それに加えてこのストレッチヨガはいい感じです。
朝起きた時の不快な頭痛や肩こりなどがかなり軽減されたように思います。
とにかく朝の不快感はつらすぎます!

それから、下半身の筋肉が全然ないので、筋力アップのヨガを。
この動きはヨガというより、バレエのポーズに似ていると思いました。
でも、足だけですごくたくさんのポーズがあるのに、これに手を加えてリズミカルに動かすとなると、なかなか頭と体が一緒に動いてくれなくて、ただいま苦戦中です。
でも、それなりにやり終えた時は、かなりの汗が出ているので、少しは筋トレになったのではないかと思いました。

代謝アップのヨガポーズも両足の付け根の筋肉をたくさん動かすことで、体温が上がり汗がでて、代謝がアップするそうです。
確かに、足の付け根の筋肉は少し動かしただけでも、かなりの汗がでます。。

1度や2度やったくらいでは、全く痩せないとわかっている恐るべし中年の体です。
今からが私の苦手な「コツコツ続ける」です。
最近せっか4k痩せることに成功したので、これからも持続したいものです。
むしろこれからの方が減量するのに、痩せにくいのではと心配ですが、、

私もあと10年もすれば高齢者の域に入ります。
人さまの迷惑にならない様、元気に生活ができる様頑張らないと行けないと思っています!


楽天カードをメインに利用する達人のワザを伝授!サブカードにイオンカードを利用!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ