2017年04月03日

y

2017年3月31日 19時45分 
よもぎ丸が11年10ヶ月と1日永眠しました...。

死ぬ1週間前から嘔吐が激しくなり
何も食べなくなりじっとしていました。
実はここ数年、季節の移り変わりに嘔吐が激しくなり
吐き気止めを打ってもらうと直るので
今回もそれだと思っていました。
しかし、明らかにいつもと状況が違うため
血液検査をした結果、急性腎不全という診断に...。

急ぎ入院し点滴・注射を2日間しましたが良くなる気配がなく
それどころか悪くなるばかりでした。
せめて自宅で面倒を見ようと思い入院も2日半で切り上げ
家に連れて帰る事に。
病院ではぐったりしていましたが、家に帰るなりトイレにはいり
何かを点検していました。お気に入りの椅子の上にジャンプし
その上で眠りはじめました。
点滴の効果が切れると、吐き行為が多くなり
とくに何も出ないのですが部屋の中を徘徊しながら
口の中から一杯つばを垂らしていました。

次の日の夕方から痙攣が多くなってきましたが
かろうじて呼びかけると尻尾を振ったりしていました
亡くなる1時間前から息苦しそうにして時おり呼吸するために
険しい顔つきなってゆき
最後は私の手の中で静かに息を引き取りました。

病名が判って6日間の看病でした。
ヨモはのんび〜りとした猫だったのに
いなくなる時は駆け足で去って逝ってしまいました。

あばれ丸より若いよもぎ丸が
先に虹の橋を渡ってしまうとは思ってもいなく
いまだに現実を受け入れられません。
いつも猫が2匹だった日常が
突然1匹になってしまい寂しいよ。


(00:36)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字