2004年05月20日

部下を指導するのは誰の役目なの?

 後輩の指導を真面目にしようとすると,結構手間がかかる。ときには厳しいことを言わざるを得ず,気分もめいる。「自分の仕事で手一杯なのに,後輩のアドバイスどころではない」と愚痴の一つもこぼしたくなる。

 システム部門やITベンダーに限った話ではないが,部下の育成はマネジャ・クラスのミッションである。日経コンピュータ編集部なら編集長や副編集長の仕事だ。「平記者の自分は関係ない」と居直って,逃げることもできる(実際にそういう記者が皆無というわけではない)。

部下を“育てよう”なんて考えない : IT Pro 記者の眼

えー?そんなもんなの?普通は直接の上司とか先輩が指導にあたるんじゃないの?それともウチの業界というか医局のやり方が特殊なのか?と本気で悩んでしまいますよ。

医師はどうやって作られていくかとか書いてみるかな。研修医も沢山働き出した季節だし。



この記事へのトラックバックURL