2013年05月30日

不幸の人の負の連鎖

たばこは20代後半から30代のころまで10年くらい吸ったかもしれないけど、
やめた。やめる必要もなかったけど、やめることに決めた。そんで2,3年たった。
年に一度の親族の集まりで2回以上は吸ってないから。
マリファナをたばこのかわりに流行ればいい。脱法ドラッグよりましじゃないかな。
インドとかアムステルダムとか。




不幸の人の負の連鎖
なんでもつながる。むしろ悪いものの方が親から受け継いでしまう。
なぜ受け継ぐか、それが家庭内で一番強いきずなだからだ。
暴力、性暴力、貧困、虐待、依存症(酒、薬、賭け事)、離婚、孤独、

馬鹿でだらしがなく意味がない。目的目標がない。夢と希望はうち果てる。

格好よく最後に決めるなら、負の連鎖を打ち切るには!
同じ考えに縛られないことだな、コンプレックスだから仕方がないのだ。
コンプレックスと付き合って破たんした生活にならないようにすること。
でもはっきりいって無理だ。
全員が金持ちになれるわけでもないし、全員が悪い癖がなくすことができないように。

同じことをやらないようにしても、結局行き着くところは同じ。
はりきったぶん、マイナスに走るのが早い。

だったらどうするべきか、がんばれるときにがんばればいい。がんばることが何かは人それぞれだ。
自由になればいい。まあ自由すぎても結局行き着く同じ場所。
バランスを考える。普通とは何か、少しかったるいことでもそれがやらなくてはいけないことだ。
人が嫌いでも、人が好きでも、仕事が嫌いでも、社会的なものが苦手でも、休みが嫌いでも、大勢が嫌いでも、
ふざけるのが嫌いでも、まじめにやることが嫌いでも、断定することが嫌いでも、






人の弱点は、弱点だから仕方がないしわ寄せだから、人のそういう部分は許すし、許してもらう。
本当の優しさはそこにあるかもしれない。しかし許されたからといって、弱点を克服しようとしなければ
ならない。弱点を責めない、責めてもらわない。自分の弱点をさらけだしても、せめられない人間関係
を築く。家族でもそう。いや弱点をさらせない人もいるかもしれない、弱点が多すぎる人は甘えすぎかも
しれないけどいいじゃないか。
全員が幸せになることが自由で 全員が不幸になることもじゆうだ
生き方に文句は言わないし、自分が不幸だと自己憐憫で浸る気もない。
人それぞれだから。ファック。

片頭痛は、温泉や銭湯やお風呂へ。
気圧の頭痛なら、水を1時間に1杯飲めば体が慣れる。

風呂のカビは天井を徹底的に掃除しよう、浴室が乾燥したときにカビが胞子を出す。


キーメタルアイドルとは
ウィキペディアにだいたいかいてある。オリジナルビデオアニメーション。当時は声優とかうるさくいって
るだけで、たいして内容は覚えてなかったけど、90年代ぽい空気感がいい。カードキャプター桜の智代とか
さくらちゃんとかがあっていい。岩男潤子が好きだ。
最終回あたりは盛り上がりすぎてよくわからない。今見たらわかるかも。連続して4話まで最近みた


電脳コイルとは
NHKのアニメで流行った当時に見てた。なんか暗い内容で冒険ぽさはないけど、近未来な小道具がいい。
近所の冒険な感じがすごく出ているので楽しい。カスミンよりキャラクターキャラクターを推してない。
最後の話はなんか覚えてない。
最近テレビ埼玉で金曜日に再放送している。


gurohune at 14:53 │ Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字