フコイダンは1996年に「第55回日本癌学会」で抗がん作用があると発表されたことから注目されました。当初フコイダンに抗がん作用があるとされ、成果をあげる例があったのですが、十数年間さらに研究した結果、フコイダンそのものに抗がん作用があるのではなく、ワカメやモズクからフコイダンを抽出する際、微量に含まれるほかの成分に抗がん作用があることが分かりました。

 その成分とはフコキサンチンとフコサシレイトです。まず、フコキサンチンは癌細胞をアポトーシスに追い込むことができます。アポトーシスとは、細胞がよりよい個体を保つために、一定の期間をすぎると自ら死んでいくことです。正常な細胞にはアポトーシスがおこりますが、癌細胞にアポトーシスはなく、栄養がある限り生き続けるという特徴があります。その癌細胞にアポトーシス命令を下せるのがフコキサンチンなのです。

 フコサリシレイトは癌細胞や新生血管(癌細胞の栄養補給のために新しく出来た血管)に加担するCOX-2という酵素の働きを抑えることが出来ます。したがって癌細胞を増やさず、転移させず、栄養を与えない、という仕事が出来るのです。

 そしてフコイダンが免疫力を上げます。さらに血流をよくする効果があり、免疫細胞や、栄養を体の隅々まで速やかにいきわたらせることが出来ます。

 今までのフコイダン療法では摂取していたフコイダンの中に微量に混ざっていたフコキサンチン、フコサシリレイトが効果を発揮したものと思われます。現在ではフコキサンチン、フコサシリレイト、フコイダンをバランスよく高配合し、新フコイダン療法として以前にも増して効果を上げているようです。

 新フコイダン療法を行っている病院もあり、健康食品として錠剤などもあります。普通フコイダンで価格が手軽なものは重要なフコキサンチン、フコサシリレイトの2成分は入っておらず、この2種類を高配合したものは90粒で十万円~十数万円をかなり高額になります。それでもこの新フコイダン療法で癌を治した人の体験談などはあちこちにありますが、自分にとってのメリットと金銭的なリスクをよく考慮してのことになるでしょう。いずれにしても重要な2種+フコイダンが配合してあるかよく確かめることが大切です。