2006年02月27日

ボカシを作る‥か?

これから雨のたびに暖かくなっていくのでしょうね。三寒四温ですか。

しかし、週末の雨は、よく降りました。菜園にいけませんでした(・・・マタ、サボッタカ)。来週からジャガイモの準備を進めなくては(汗)。

だから、言うわけではありませんが、この冬、ボカシについてアレコレ調べてましたので、実際に作ってみています。作ってみてますが、最終的には出来上がらないかもしれません(笑)。で、その様子を。

 
幾つかの教科書本を見ましたが、やはり、『30坪の自給菜園(中島康甫著)』がベースです。材料を混ぜる切り替えし作業が少なくてすむのが良いです。


まず、トロ箱を準備します。トロ箱?・・・発泡スチロールの箱です。近くのスーパーにもらいに行ってもナカナカ、手に入りませんでした。ダンボール+新聞紙で十分できるという話もあるのですが、トロ箱は保温効果があって発酵が進みやすいので、何とか手に入らんものか、と考えてましたら。

【 トロ箱です 】

トロ箱

 
弟からトロ箱が届きました・・・じゃなくて、カニが届きましたあ(笑)。弟は北海道在住なんですね〜。助かりました、このトロ箱を利用します。

次に、ボカシの材料ですが。ヌカはとにかくたくさんあります。他の材料(油カスに魚粉に発酵促進剤)は、以前、ボカシを作った際の残りがあるはずですので、畑の収納ボックスをひっくり返すと出てきました。

【 ボカシ材料(米ヌカ除く) 】

ボカシ材料

 
左から、発酵促進剤(生ゴミ処理剤)、魚粉、油カスです。発酵促進剤は、EM菌が生きているか、今でも効果があるのか?ですが。とりあえず、混ぜることにします。


【 配合 】


ボカシ配合


左から、油カス、魚粉、米ヌカです。米ヌカがフンダンにあるので、配合の割合は、

 油カス:魚粉:米ヌカ = 2:1:3 + 発酵促進剤少々


と言う感じです。厳密ではありませんが、トロ箱からあふれ出すくらいの量にならないように注意します。結果、魚粉を使い切ったところで深さ、10センチぐらいの良い感じの量となりました。


これをよく混ぜて、水を加えます。よく混ぜるところからは、マタ今度。続く〜です(笑)。

  


Google


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 紗江   2006年02月27日 08:44
はじめまして?だよね?http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/←を見ていたら、この記事が載っていたので思わずきてしまいました!
2. Posted by ピンキー   2006年02月28日 10:17
ぼかし作り大変興味あります。
私も本を読んで、作ってみたいと思ってたけど、
重い腰が上がりません。(苦笑)
トロ箱は一杯あるんですが〜
ぐるぐるさんのぼかし完成楽しみにしてます♪
3. Posted by ぐるぐる   2006年03月01日 00:53
ぼかし作り、私もナカナカ、腰が上がりませんでした(笑)。でも、トロ箱たくさんあるのは良いですよね。どうやって手に入れようか思案しました。ピンキーさんも是非どうですか? 
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔