2008年05月06日

カンブリア宮殿

サツマイモの植え付けに行ってきました。よい天気に恵まれて、まるで初夏です。北海道では、30度を超えたとか・・・、これは問題では?という気もしますが。で、サツマイモの植え付けの報告です。が、その前に。

昨夜たまたま見た『カンブリア宮殿』に見入ってしまいました。テレビ東京の『カンブリア宮殿』、村上龍と小池栄子が経済人にインタビュアするライブショー番組です。本も出てます(カンブリア宮殿村上龍×経済人(2))。結構面白いです。たまにしかみませんが。(TV自体あまり見ないので)

昨日は「メイド・イン・ジャパンで食糧危機に立ち向かえ!」ということで、株式会社)大地の藤田社長が出演されてました。徐々に事業規模を拡大しているようです。食の安全の関係する事件がイロイロありましたし、時流ですね。

一方で、かつて『大地』の野菜は学校給食に150校か160校か(正確な数は忘れました)で採用されていたのが、今では5校とか・・・。20年で97%減。な、何故なんでしょうか。こちらも時流ですか。

 



学校給食にも、コストだとか、手間だとか、セレブなご家庭が給食費払わない(←番組では触れてませんが)だとか、イロイロ事情はあるんでしょうけど、世の流れとの違い、(違いというか、もはや真逆ですが)数字でみるとやはり驚きです。自分ところの小学校は?・・・全くわかりません(恥)。

そういえば、『硬いお肉に食品添加物を加えて、柔らかくして、重量を1.3倍にする』という業界では常識という話も紹介されてました。添加物は食品衛生法(だったか?)の許容範囲内で問題ない、って言ってる一方で、自分の子供には絶対食べさせない、なんていうコメント。番組では失笑が起きてましたが、、、笑えませんょ。

この手の話は、『お肉の色を変える魔法の薬』やら『お肉に注射を打つ』話やら報道されてましたが、これからは、冷凍食品が半額でもトンカツは買わないような気がします(我が家では嫁はモトモト冷食を買わず、もっぱら私が買って弁当にリクエストしてました。トホホ)。



食にも“格差の波”が押し寄せているのでは?という村上龍の質問に、藤田社長は『宅配を使うと、スーパーに行ってお菓子とか余計なものを買わず済むから家計のコストダウンになる』という感じの回答をされてました。

嫁は余計な買い物が、ささやかな楽しみなんだけど、って呟いてました(ささやかスギません?)。うちの場合、『大地』を利用しても、余計な物だけ買いに出かけてますね。


で、格差とは『少し高くても信頼できるものを買うか』という経済格差のことですが、選択肢としては『自分で作る』ってのも、アリだとは思うんです(極一部分でも。いや、簡単ではないんですが)。・・・週末菜園をベランダで再開しますか・・・。


しかし、株式会社)大地。創業30年(1977年起業)。全然知りませんでした。真面目な会社なんですね。宅配は関東中心みたいです。当分、電話は問い合わせが殺到して繋がりにくいでしょう−ね。

<以上、番組をみた、個人的かつ徒然な感想でした>





Google


guru2eyes at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)オフ日菜園考 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔