2009年04月15日

今年のジャガ植え付け

すっかり、桜の花も散り際になってしまいました。家庭菜園のシーズン真っ只中ですね。我が家も先月中盤には、じゃがいもの植え付けを行いました。もうずいぶん前の話ですね・・・。例によって、植え付けと収穫だけを行うコースに申し込みました。

今年は、品種がメークウィーンのみでした。去年は男爵も半分あったらしいのですが、病気に弱く大半がダメになったそうです。どうも、個々の家庭菜園ではメークウィーンの方があっているみたいです。ウチとしてはあまりコダワリありませんので問題ないです。どちらかというと、参加費用が2000円から2500円に値上がりしたのが痛いです(笑)


とはいえ。


ジャガイモの植え付け。前日が、あいにく雨でして。
 

じゃがいもの植え付けですが、まあ、一か月も前のことになります。植え付け前日が、あいにく雨でして、当日の畑のコンディションはヌカるんでて最悪でした。長靴をはいた子供たちも油断すると泥に埋まって、前にも後ろにも動けない・・・という光景が散見されました。

・・・動こうとして勢いあまって長靴が脱げて・・・その場の泥にうまったまま、靴下で進んでしまった子や尻もちをついてしまった子など、

一部で 修羅場 、、、というか、

お母様方々が、阿修羅 (驚)になってました(笑)。そりゃ、動けませんて。


うちの子たちは泥にはまることなく、種イモを植えてくれました。まあ、泥団子つくって遊んでたので、多少、ドロドロしていましたが、一応、嫁に怒られることもありませんでしたのでセーフです。

ウチは種イモを植えた後、さらに種イモと種イモの間に、ニンニクを植えてきました。ベランダ菜園で育てていたある程度芽が成長したニンニクですが、密生させすぎてどうしようもないので、畑に5つほど持って行きました。

現時点で明確なルールはないので違反ではないとは思いますが、抜かれても文句も言えません。雑草と間違えられることはないと思いますので、一緒に収穫でいることを期待しています。・・・来年のジャガイモの植え付け時に配布される説明書に、勝手にほかの野菜を植えないこと、、、と但し書きが増える可能性もあります(笑)。


広いジャガイモ畑に黒々したマルチで覆われた畝が、いくつも連なる畑で、我が家の区画だけ、5つほど、緑色の芽がでています。やはり目立ちます。ジャガの芽の訳はないし。隣でジャガイモ植え付けしていた家族の小さいボーヤも帰り際に、『お花を植えている』なんていわれました。きっと、ご両親も『それはニンニクだ』とは、分からないでしょう。
 


Google


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔