オフ日菜園考

2008年05月06日

カンブリア宮殿

サツマイモの植え付けに行ってきました。よい天気に恵まれて、まるで初夏です。北海道では、30度を超えたとか・・・、これは問題では?という気もしますが。で、サツマイモの植え付けの報告です。が、その前に。

昨夜たまたま見た『カンブリア宮殿』に見入ってしまいました。テレビ東京の『カンブリア宮殿』、村上龍と小池栄子が経済人にインタビュアするライブショー番組です。本も出てます(カンブリア宮殿村上龍×経済人(2))。結構面白いです。たまにしかみませんが。(TV自体あまり見ないので)

昨日は「メイド・イン・ジャパンで食糧危機に立ち向かえ!」ということで、株式会社)大地の藤田社長が出演されてました。徐々に事業規模を拡大しているようです。食の安全の関係する事件がイロイロありましたし、時流ですね。

一方で、かつて『大地』の野菜は学校給食に150校か160校か(正確な数は忘れました)で採用されていたのが、今では5校とか・・・。20年で97%減。な、何故なんでしょうか。こちらも時流ですか。

 

続きを読む

2006年10月23日

菜園の注意事項

菜園園事務局から届いた案内に同封されていた『ご注意いただきたいこと』の続きです。全部で5つありまして、残りの4つを紹介します(前回の一つはこちら)。

ごく一般的なことだとは思いますが、ご参考にどうぞ。もしかして、知らず知らずに該当者かもしれませんよ〜。お〜コワっ(笑)。

続きを読む

2006年10月16日

菜園の注意事項

先週末の週末家庭菜園。すがすがしい天気でした〜。子供たちと菜園に行きましたが、ついつい長居をしてしまい、帰りが遅くなってしまって・・・子供と一緒に叱られてしまうのでした(笑)。気が付くと日も短くなりましたね。

週末菜園の様子は明日(以降)にして、この間、農園事務局から送られた秋の収穫祭の案内の続きを紹介します。紹介って言っても収穫祭と餅つきは紹介済みですので。

本日は、同封されてた『ご注意いただきたいこと』についてでっす。耳がイタイかも−(笑)。

続きを読む

2006年10月12日

秋の収穫祭

帰宅すると農園事務局から『収穫祭』の案内が来ていました。毎年この時期に開催されていますが、だんだん、賑やかになってきてます。家庭菜園を楽しんでいる家族自体が増えていることと事務局側が準備しているイベントが充実してきているからでしょうね。

参加料は、ひとり300円(小学生以下は無料)。結構楽しめます。イベント一つでも、手作り感がいいです。

続きを読む

2006年08月14日

ジャガイモの保存・06年版

りんごのほっぺさん、コメントありがとうございます。
今年もジャガイモ、たくさん収穫して、収穫量が多すぎ!と、多少クレームを受けています(笑)。これをうまく保存すれば・・・と今年も保存にチャレンジです。

そもそも基礎知識がないので、ちゃんと調べようと思い、ネットで色々と探りました。すると、2002年5月8日にNHKの「ためしてガッテン」でジャガイモの発芽を遅らせるのはリンゴだ、と紹介されています。お〜、これだこれだぁ(笑)。

といっても、情報が古すぎて、NHKのホームページでも表示されません(--;。Googleのキャッシュに残っているくらい。リンゴの発生するエチレンガスがジャガイモの発芽を遅らせるそうなんですが、詳しい理由や仕組みは解明されていません、というじゃないですか・・・。

ま、リンゴ入れれば、いんでしょ、・・・と軽く思っているのですが。引っかかるので更にググると・・・。

続きを読む

2006年08月01日

朝も早くから:06年7月30日

梅雨が明けて、暑い暑い。夏モードになってきました。日中、畑に出るのがキツイ季節です。Tシャツ+手袋の姿で作業しているので、肘の部分だけ妙に日焼けしています(笑)。

と、いうわけではないんですが、先週末の家庭菜園は、朝、4時におきて、5時過ぎから畑仕事をしました。我ながら凄いぞ。まだ、暗いうちに家を出て・・・いや〜、なんて清清しいのでしょうか。

涼しい内に耕そうと、貸し農園の倉庫から鍬を持ち出したら・・・警備員さんが飛んできました(^^;;;
・・・営業時間外ですって。ですが、笑って見逃してくれました〜。すみません。お騒がせしました(笑)。

続きを読む

2006年05月20日

カリフラワーの収穫時期

今年の春は割りと、うまいこと、カリフラワーを収穫することが出来ました。
しかし、その裏で、駄目になったカリフラワーも・・・山ほど!

とは言いませんが(笑)、少なからずあります。
週末菜園だとこんな感じかなあ、なんて思っています。



いえ、週末菜園でも、ホントはもっと巧く収穫できるハズ(^^;;;

じ、実験中ですので(汗)。

続きを読む

2006年04月14日

菜園道具(耕し系2)

ウチの貸し農園では、無料で農機具のレンタルを行っています。今でもこの農機具の無料レンタルに100%依存しきっています。自前の道具は今もなし・・・(笑)。

で、レンタル農機具の内、良く使う耕し系の道具を随分昔、『菜園道具(耕し系)』記事で紹介したことがありますが、、、実は、あまり使わない耕し系の農機具の写真も撮っていたので、ご参考までに紹介します。

中には余り見かけない道具、一度も使ったことがない道具もあります(^^;。
続きを読む

2006年04月06日

雑草について2

今年の花粉症は軽い、と聞きますが、今はヒドイ状態です。鼻ティッシュが幾らあってもたりません。もう、鼻かみすぎで痛いです(苦笑)。体も不調の上、ここ何回かの週末も家庭菜園にでかけていないので、ブログの更新も滞りがちです。シーズンインしたというのに・・・。

と言うわけではありませんが、野菜の様子ではなく、雑草についてのアップです。

続きを読む

2006年03月26日

雑草について

暖かくなると、種蒔きした野菜の芽が出て、虫なども出てきて、畑もニギヤカになります。この時期、ナリを控えていた雑草も復活してきます。抜いても抜いても生えてくる雑草・・・これが、ホウレンソウだったら、なんて考えるのは私だけでしょうか(笑)。

抜いても抜いても生えてくるホウレンソウ ・・・ 多少、不気味かも。と話題を振っていながら言うのもなんですが、雑草のように強いホウレンソウをご紹介!というわけはありませんので〜(^^;
 
続きを読む

2006年03月01日

ボカシを作る‥か2

ボカシは冬のうちに作りましょう・・・確か、ウチにある教科書本の何れかに書いてあったような気がします。気が付けば、もう春です(笑)。とにかく、忘れてしまわないうちにボカシ作りの続きです。出来上がらないかもしれませんが( ...今からイイワケ... )。

とりあえず、トロ箱とボカシの材料を用意して、トロ箱に入れたところからです。

 続きを読む

2006年02月27日

ボカシを作る‥か?

これから雨のたびに暖かくなっていくのでしょうね。三寒四温ですか。

しかし、週末の雨は、よく降りました。菜園にいけませんでした(・・・マタ、サボッタカ)。来週からジャガイモの準備を進めなくては(汗)。

だから、言うわけではありませんが、この冬、ボカシについてアレコレ調べてましたので、実際に作ってみています。作ってみてますが、最終的には出来上がらないかもしれません(笑)。で、その様子を。

 続きを読む

2006年01月31日

農薬とは・・・

先日、残留農薬が検出されたニュースが流れてました。

神戸検疫所は、神戸港に搬入された中国産キャベツ約18トンの一部から、食品衛生法で定められた残留基準値(0・05ppm)を超える0・14ppmの有機リン系の殺虫剤「クロルピリホス」を検出し、国を通じて大阪府に通報。府により市場に出回っていた8トンのキャベツに回収命令が出された(10トンは神戸市内の倉庫に保管中) − 新聞記事より抜粋 −


ああ、また。


・・・そんな感じです。何度も聞いているうちにスッカリ免疫ができて、驚かなくなってしまいました(イイノカ?)。市販のキャベツを購入することが少なくなった(殆ど無い、といっても良いかも)ことも大きいかもしれません。
 
いえ、農薬が悪いとか、中国産キャベツはアブナイとか、大阪府の「大量に食べても健康への影響はない」というコメントってどうなの?という事が言いたい訳ではありません。

いろんなメディアの報道を見聞きして、『農薬が悪というわけでは無いけど、野菜は無農薬に越したことはない』と思っていましたが、あれ?って記事も見かけましたので、ご参考に。

 続きを読む

2006年01月22日

ボカシ肥をもう少し

有機質肥料に特別に発酵微生物資材を加えずにボカシを作った場合でも、何故、善玉菌がたくさんの極上ボカシが出来るのでしょう・・・か?

善玉菌だけでなくて、悪玉菌も繁殖しそうな気がするんですが。...素朴な疑問です。で、ボカシ肥を少しだけ掘り下げてみます。
 
まあ今更、アレコレ理屈をコネていないで、さっさとボカシ肥を作るなり、買うなりしたら?とも思うのですが(笑)。いや、気になるので調べます。

  続きを読む

2006年01月16日

ボカシ肥の種

ボカシ肥の材料は有機質肥料(理解できました)。それから有機質肥料を発酵させます。しかし、そもそも、何故、発酵させるんでしたっけ?
 


 続きを読む

2006年01月10日

ボカシ肥材料の特徴

教科書本などでは、それぞれの畑で施して上手い具合に野菜が出来た結果を紹介されているとは思うのですが、それぞれの畑の環境が違うので、ボカシ肥の材料とその割合もまた個別に違う、と理解しています。

なんせ、読む本毎にボカシ肥の材料と配合割合が違いますから・・・。


厳密に言うと一般論として語れ無いのだと思います。
教科書本に載っている方法のボカシ肥をそのまま作って、自分の畑に施しても同じように上手くいくとは限らないということ、ですね。もちろん上手くいくことが多いのでしょうが。

とりあえず、ボカシ肥をつくってみることが大切なようです。で、ボカシの材料をちょこっと紐解きました。
 続きを読む

2006年01月05日

ボカシ肥いろいろ

本日、仕事始めでした。あっという間に年末年始も終わってしまいました(苦笑い)。冬眠終了、ブログも再開です。・・・今年もよろしくです。


さて、ボカシ肥です。前回『有機質肥料をある程度まで発酵・分解した肥料』と紹介しましたが・・・、去年のことで遠い昔の話のようです。

このボカシ肥を作るにはまず、材料を準備しないといけません。材料としては、米ぬか、油粕、魚かす、などが代表的材料です。

で、どの材料をどれくらい使う?

 続きを読む

2005年12月27日

ボカシ肥の材料

ボカシ肥とは・・・『有機質肥料をある程度まで発酵・分解した肥料』とのことであ〜る。教科書本受け売り(笑)。ということで、ボカシ肥の材料は、有機質肥料です。

で、有機質肥料って?


有機質の肥料なんでしょうけど( ...なんのヒネリもありません )。ホームセンターに有機質肥料って名前で売っていると分かりやすいんですけどね。続きを読む

2005年12月25日

ボカシ肥とは。

メリークリスマス!

すっかり寒くなって、クリスマスにお正月で、週末菜園も冬眠状態です(笑)。先週の寒波と積雪で、暖冬予想だった今年の冬の予想も撤回されたとか、、、されないとか、、、。こういう時は、無理せずコタツに入って、今年の反省と菜園のお勉強です。

まずは、ボカシ肥の作り方を、と思い、『ボカシ肥とは何?』というところから、改めて調べてます。持っている教科書本等を紐解くと、、、書いている内容が微妙に違ったりして。余計に分からなくなったりしています(笑)。
 
まあ、冬は長いのでボチボチとやってきます。
 
 続きを読む

2005年12月19日

農閑期突入

冬将軍の到来により、本格的な(?)農閑期に突入です。これから先、雪や凍結やらで、畑に行けないことが多くなります。家は平野部で寒くても全然問題ないですが、畑は山の中なので天候が読めないことが多くて。


畑に行っても、夏場と違ってやる事はグンと少ないですし、これからコタツに入っていろいろ反省です。、、、と思ったら、、、大掃除の召集がかかってしまいました〜。

年内、一度は畑に行くつもりですが、来週はクリスマス(+大掃除)でどうかな。


 続きを読む