家庭菜園:ショウガ

2009年04月18日

生姜の収穫結果

昨年、ベランダ菜園を志し、最初に生姜を植えてみました。生姜を選んだ理由は、反日陰でも育ち、あまり世話も必要ないから・・・という畑を借りていたころの、甘い(?)記憶からです。

そういう意味では最初から志が低すぎるとも言えます(笑)。『プランタに土を入れて、種生姜を植えれば、後は、ショウガが収穫できるね』、という厚かましすぎる思い込みで始めていますので、今考えれば、我ながら、ナメタ奴です。

一応、昨年の冬にショウガの収穫は終えていますので・・・いや、収穫と言えるのだろうか、微妙なような・・・と、多少、自問自答しつつ、報告します。


とはいえ、秋まではそれなりに育っていた雰囲気はあったんですよね。ほら。

【在りし日の生姜くん】

生姜成長中

ま、驕れるものは久しからずや・・・?ということで、続きをどうぞ。


 続きを読む

2008年06月18日

その後の生姜

生姜の芽がでました。一本ですが。

 ・・・なぜ?一本?

確か、種障害は4つほど、植えた記憶がありますが、気のせいでした??(笑)
こうやって思うように芽が出ていないと、

 − 植えたとき、上下逆さだったか? (いや、)
 − 既に干乾びていた、種生姜ではなく、ダメ生姜だったか? (いやいや、)
 − もしかして、余りに手抜きで水遣りが足りなかったか? (いやいやいや、)
 − そもそも、特売品だった土が、お気に召さなかったか? (・・・そうかも)
 − でなくて、プランターが古すぎる?配置が悪い?
 − ウチのベランダの眺めがよくない?

どこまも気になります。(って、気にナリすぎですっ)

もはや、生姜どころではありません(笑)。
一本出ているから、まあ、いいじゃないですか。

 

続きを読む

2008年05月25日

生姜の鉢(?)植え

続・ベランダ菜園で生姜を植えます・・・。生姜、なんせ、手参らずで日陰でも良い、というのが決めてです(笑)。種生姜は、土(有機培養土)と一緒に連休明けの週末にホームセンターで購入しました。

種生姜:500Gで598円(これも国華園、です)プランター一つだと、量的には多いメでしょうか。値段も思ったより、しますね。

もう少し早くホームセンターに行けば、いろいろあったかも・・・
売切れ寸前という状態だったので仕方ありません。
中身を取り出してみてみると。


結構、干からびてました(悲)。

【もはや、干物・・・】

まるで干物だ



何事も早めの準備が必要ですね。
まあ、量的にはちょうどよくなりました(笑)
そんな、植え付けの様子は、続きを読む からどうぞ〜。
 
続きを読む

2008年05月22日

生姜の鉢(?)植え

畑借りて週末家庭菜園をしていた頃は、ベランダ菜園ってやっていませんでした。それは、住んでいた家のベランダの日当たりが非常に悪かったというのが、大きな原因です(・・・たぶん)。そこは東向きのベランダでしたので、朝日は差しますが、その後は、ず−っと日陰のような感じでした。冬はすごい寒いです。・・・夏は涼しくてエアコン要らずでした(笑)。

ベランダ菜園もできない状態で、借りた畑を返したら、文字通り、菜園生活から引退です(悲)。もう、岡サーファー、岡ダイバーみたいなモンです。

でも、でも、でも ・・・ 。

去年、超・忙しい時期に我が家は、引っ越したんです。角部屋なので南、東、北にベランダがあります。で、北のベランダを使わせてもらって、生姜を植えることにしました。日当たり悪くても全然問題なしで、手参らずだし。


 って、生姜だと以前住んでた東向きベランダでも育ったね。(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


で、晴れて、引退撤回、ベランダ菜園に転職(?)です。本日は生姜の鉢植え(植え付け)の様子です。


【 木製プランターを用意しました 】

大型木製プランタ10年もの

以前、日当たりの悪さも考えずに無謀にも買い込んだ、10年くらい前(!!)の鉢です。深さ30センチ以上ある大振りのものです。


【 この木製プランターの底に 】

大型木製プランターの底に


【鉢底土を敷き詰めます】

鉢底土を敷き詰めました


鉢底土、と土といっても軽石です。通気性・排水性が長く持続するんだそうです。木炭も入っています。こちらは、排水をきれいとか。吸着効果が高いゼオライト配合で水腐れ防止もしてくれる・・・。

ということなので、使用方法に従い、プランターの底から2センチほど入れてみました。


えっと、それから。

 続きを読む