SPITZ草野マサムネのロック大陸漫遊記 2018.12.16
テーマは【その声に惚れちゃう女性ロックボーカルで漫遊記】

マサムネくんがSuperflyの越智志帆さんを紹介。
そして絶賛するコメントがほんとすばらしかったので、
書き起こしちゃいました。

歌がうまいっていうのは、こういう人のことを言うんだなって思います。
あの、歌唱力があるって言われるシンガーたくさんいらっしゃいますけど、
そういう方でも肝心なところでシャープったり、フラットしたりするんですよ。
俺そんなに歌唱力あるほうじゃないですけど、
俺もフラットすることが多いんですけども、
彼女はそれがないんですよね。
なんていうか、アーチェリーの矢がビシッとド真ん中に刺さるみたいな。
背中のかゆいところに孫の手が一発で届くみたいな。
そういう気持ちよさがありますね。


で、それでいてテクニックとか音域だけじゃなくて、
なんか声で包み込まれるような包容力っていうのも持ってて、
日本を代表する、これは男女関係なく、
日本を代表するロックシンガーだと思います。

昔ライブでスピッツの「楓」をデュエットしてもらったことがあるんですけど、
俺の歌のつたないところも上に引き上げてくれちゃうような歌唱で、
非常に楽しかった思い出になってます。