July 06, 2008

風の篝火

20080630『七夕イヴ,って覚えてよっ(笑)』

彼女はそういった.
自分の誕生日のことをである.

ある日突然,昔なつかしい彼女からメールがやってきて,つきあうともつきあわないともな関係が始まったのはもう何年前か.そのときに言われたその言葉は結構忘れないものだ.いや,もちろん,いろんな想い出も消える事はない.

その彼女がとある冬の日に入院し,治療を行った.
術後良好だったのだけど,いろいろあって彼女は自分を失った,いや,そうわたしが思わないとだめだったのかもしれない.
そして,その最後からも早何年も経ってしまった.

彼女は『一緒に生活してなくても,ずっと大事な人だから』と言ってはいたけれど,やはり崩れたバランスは,そういう別のバランスを取れるはずもなく,向こうからの音沙汰もなくなってしまった.

とは言え,今でも彼女の体のことを心配したりしている自分はなんなのだろう.恋愛感情,ないとは言えないけれど,それよりももう一度,元気でいるかどうか,あってみたい,というのは,やはり儚い事の様な気がする.
そんな七夕前日,くもりでやはり天の川は見えないな.
明日は晴れるかな.....



きみは儚い指先で たどる明日の独り言
雲の間に天の川 きみと僕の間に橋が無い

突然舞い上がる 風の篝火が
二人の物語に 静かに幕を引く

ふりしきる雪の様な 蛍,蛍,蛍
光る風祭りの中 すべてがかすみ,すべて終る



guruguru7 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

July 31, 2006

かけてゆく季節

20060730空先週久々に号泣.
テレビ番組で逸見正孝氏,本田美奈子さんの人生
についていろいろやってた@東京放送.

生きる,ということ.
簡単な様でむずかしい.

今日(7/31)は本田美奈子さんのお誕生日です.


ねぇ
ぼくたちの未来はみんな違うものだと
何故わからないまま
そう
かけてゆく季節はいつかその答をぼくに
教えてくれたね



guruguru7 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

July 06, 2006

長崎小夜曲

nagasakiなんだか悲しい時に来ることが多かった坂の街,長崎.
あの時の想い出とか残像とか,どうするかな.
傷つけたこと傷つけられたこと,それも,全部ね.




傷口は多分 坂道みたいさ
登りにするか 下りにするか
あした決めよう


guruguru7 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

April 11, 2006

無縁坂

botan1毎年GWには東京を訪れてた.

昨年の今ごろ,上野のぼたん園に行った.冬のイメージが強いぼたんだが,この時期でもいろいろ咲いているものだと感心したものだ.



botan2花の知識は乏しかったが,いっしょに行った人にいろいろ教えてもらい少し知識が増えたかも.そのほかにもいろいろ教えて
もらったり.....
とかあったのだけれど,いろいろあってその人とは疎遠になってしまった.




上野近辺の坂,無縁坂.
縁があったのか,無かったのか.なんだか,噛みしめる様な人生,というと出来すぎな感じな気がしないでもない.

今年は大阪近郊でゆっくりする予定.

体調もまだ万全ではないしね;-)


guruguru7 at 04:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ | ぶらり旅

January 29, 2006

夢をあきらめないで

霧氷ずっと音楽を追いつづけている人だった.
高校の後輩で音楽大学に行き,会社も途中で辞め(たはず),年賀状と自分の出演するミニコンサートの案内は毎回送ってくれる人だった.
わたしは忙しさや,転勤のためにほとんど返信できないにもかかわらず.

昨年,その人は「結婚しました」と手紙をくれた.お相手はやはり音楽関係で知り合った人で,さらに音楽を深めるためにイタリアに住むとのことだった.
夢は,追いつづける.そんなことをあらためて考えた時かも知れない.

お祝いの手紙を送った.今年の年賀状とともに返事はない.幸せに暮らしていることだろう.
手紙をずっとくれていたので,ひょっとしたら,と都合よく思うのは男の勝手.
そして,もしそうだったとしたら,その人は夢を追いつづけていられただろうか,と思わなくもない.

男ってほんとだめだな.


guruguru7 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

December 17, 2005

主人公〜満天の星

56224174.jpg久々にいい一日だった. お誕生日会をいまさらながらやったのだ.
お誕生日割引で無理矢理旅行させて宴会をするという風に見えなくもなかったけど(w.

今年はいろいろな出来事が多くて,実は泣いてることの方が多かった,表向きにも内面的にも.
まだ振り返るには早い今年だけど残り少ない日々でもっと笑えることを探したいなぁ,と思ったりもする.
そんななかでまた自分の節目,誕生日を迎えられたことは感謝しないといけない,ほんとにそう思う.

もうそろそろ喜べないぞー,とかいうことを言ったら,ある人に
「この歳まで生きてこられたことに感謝しないといけないの.だからやっぱりおめでとうなのよ.」
といわれたことがある.
今年ほど,実感した,そして,重みを感じた年はなかった.

生まれてきた奇跡に,ありがとう.
偶然の中で出会えた意味を考えながら

今まで出会えた人たちにありがとう.
そして,これからも,ありがとうを言わせてください,
さよならのかわりに.

タイトルの一つ目,主人公.
歌詞の中に,「自分の人生の中では誰もがみな主人公」というのがある.ほんとそうだよね.

この後に北大東で酔いながら自転車で出かけてみた満天の星.
タイトルの二つ目.
こうして輝いてる星を見てると,ほんと自分ってちっぽけだね.

来年もいい誕生日を迎えたいね.




guruguru7 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

October 09, 2005

きみがうそをついた

88d12a65.JPG愛はナマものである
と某歌手のアルバムにあるライナーノートにあった.彼自身の言葉ではなく,そういった人がいたと記述していたと思う.
要は,お早めにどうぞ,ということ.

昔,ある女性がいた.体調的なものもあったろうが,たばこ吸う人キライ,子供はつくりたくない,ということを言っていた様な記憶がある.その後たまにあうとタバコを吸わせてといい,疎遠になった最近,風の噂で母親になったと聞く.
結局人の気持ちは動くもの,変わっていくことが紛れもない真実と違わないだろう.
信じているもの,結局それはその時その時真実であったとしても,時間が経つとそれは虚像にしか過ぎない.
ただ,消せない事実がそこにある,というのも紛れもない真実.
忘れたいこと,忘れたくないこと,忘れられないこと......すべて真実.


guruguru7 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

September 25, 2005

すべてのものがメッセージ

83da8d19.JPG松任谷由実,もとい,荒井由実さんの唄で「やさしさに包まれたなら」ってのがある.
その歌詞で「目に写るすべてのものがメッセージ」という下り.いい言葉です.
それを伝えられる誰か,そういう人がいればさらに幸せなのかもしれないけれど......
伝えたくても伝えられない,そんな状況もあるよね,きっと.

さておき,
魔女の宅急便で聴いて以来(笑),知人に言われたJR東日本のCMでもつかわれているみたい.
Suica,片想い編に出てくる早川駅,訪問ツアー検討してみたいですね;-)




guruguru7 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ぶらり旅 

September 24, 2005

出会えてよかった

08485e03.JPG空撮.久々にJALにのってみた.想い出の5月以来(謎).
台風がやってきているので天候があまりよくないとの予報があったけど,なかなかいい感じ.





sugi_sora杉並の一角にて.
まだまだ暑い〜.でも風は秋らしく涼しめ.空も高く感じるし,昨日はお彼岸.そろそろしのぎやすくなるのかな.
台風がやってきてるので,それが秋をつれてきてくれるのではないか,そんな気がしたりもします.
しかし,あるお店に用事があって訪れた.いろんな人とお話をしたけど,すごく気持ちがよかったです.こんな空の下で,出会えてよかった.
そして,出会えてよかった,そんな毎日を繰り返したいものです.
今まで,本当に出会えてよかったのか,出会ってよかったのか,そんな疑問の繰り返しを続けていたからかもだけど.

#一部某所と重複失礼しました.



guruguru7 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

September 01, 2005

災害は忘れたころにやってくる

c22644b8.jpg9/1は防災の日,関西にいると1/17の方がぴんと来る.
さておき,忘れた頃にいろいろあったので書いてみる.
気分転換で,身の回りのもの出来る限り変えてみた,定期券入れ,札入れ,メガネなど.
水泳着も変える予定.そこで,プールの後につかっていたシャンプーを無くして?!しまったので,そんなのとかを買わないと,とふと思ったり.
そんないろいろと苦悶している?!中,東京から大阪に転職していた人が会社を辞めて東京に戻ることになったので,いっしょに呑んだ.非常に奇遇なもので,梅田の地下街を歩いていた時に急に声をかけられて,「なんだろ」と思ったらその人だった.前の会社の人である.うわさで関西にいることは聞いていたけれど,連絡先とかをしらなかったので,ほんとうに偶然としかいえない.彼にも私生活を含めていろいろあった様だが,前向きに東京に戻る様だったので,久々に気持ちよく呑んだ.
その帰り,昔,交流のあった人から電話があった,ほんとに何年ぶりだろう.わたしの前々職で隣の部署だった人がその人の会社に来ているらしく,わたしの話をしたらしってる,とのことだった.確かにわたしもその名前に記憶がある.いろいろと苦労をしたもんだ.
いずれにしても,偶然とはいえ,いろいろな人とどこかで通じている,それが全く音信や接触の無くなった人だとしても.
それが望まなかったり,心を殺してしまった人であったとしてもどこかで通じているのかも,と考えてしまった.
今年はいろいろなものをなくしてしまった.けれど,残っているものもまだまだある.今まで,少し,いや,かなり後ろ向きだった気持ち,少しづつ,少しづつ前を向いて,つんのめるくらい前向きに生きていこう,そう思ったりした時でもあったかもしれない.
想い出の中で笑える,それでもいいのではないか,そう思ったりもした時だったかもしれない.
「過ぎてしまったものは仕方がない,これからをどうするのかを考えよう」
好きなフレーズなんだなぁ.

悲しいけど,生きてるんだよね.生きなきゃダメなんだよね.


guruguru7 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)わたしのこころ 

July 31, 2005

元気になるために......(蛇足,と人は言ふものなり).

cb46994c.jpgこっそりと最后の言葉?!

「一分で人と出会う,一時間で人が好きになる,一日で人を愛される.でも,忘れるのは一生をかけるんだ.」-----skypeのメッセージで見つけた言葉-----

すごく気に入ってる言葉です.

以下は自戒をこめて.
「今の自分が絶対じゃないわ.後で間違いに気づき,後悔する,わたしはその繰り返しだった.ぬか喜びと自己嫌悪を重ねるだけ.でも,その度に前に進めた気がする.」-----エヴァのミサトさん-----

「あんた生きてるんでしょ?!だったらしっかり生きて,それから死になさい!!」-----エヴァのミサトさん-----




guruguru7 at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)その他雑記 

天晴な青空

33a52429.JPGいろいろあって,いろいろうろたえて,まだ少しくすぶってはいるけれど新しくスタートを切ろうと思いました.
タイトルは岡村孝子様の曲から頂きました.JASRACのために(ぉぃ)歌詞はかけないけど,そんな気持ちで行きたいと思っています.
蒼天百景,まさにそんないろんな空の色,風の匂いなどをあらためて感じたいと思います.

ちなみに東京には空がない,というのは有名だけど,東京にだってあるんですよ,智恵子さん;-)わたしの東京の中で好きな風景のひとつです.

#この夫婦の生き方もなかなか素敵だったと思います.


そういう訳で?!とりあえず,こちらのブログはしばらくお休み.別のところにこっそり作りました,って探せば見つかるでしょう(笑).いろいろな出来事や見てきたもの残したいのは事実ですから.

すこし落ち着いて,いろいろ考えられる様になったら復活させたいと思います.


guruguru7 at 22:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)わたしのこころ