2006年07月31日

泣いてしまいました。

涙止まらん・・・。

でも、俺にも何も出来ない。

しかし、これは絶対に載せておく記事だと思いました。

明日に向かうkame 時々お越しくださるkameさんのブログです。(リンクしてあります。)

↑ ↑ ↑ クリックして下さい。 
そして、「ペットショップで小さい時に売れない場合は殺されています。」の記事をスクロールして下さい。
犬、ねこの写真記事が該当記事です。

昨日の記事でLINKしたモノが、どうやらうまくいかなかったようです。修正しました。ごめいわくおかけしました。

うちには、ワンコ(ばうちん)がいます。
ばうちんも、こうなる運命だったんですね。(正直、これは書けなかった。ごめん、誤魔化してて)
ペットショップで、無料で放置されていました。

もうすぐ保健所だと知ってた。
確かにかわいいから、貰って帰ったんですけど・・・。
それでも、ばうちんは事故に遭い、あと何年生きられるかわかりません。

今はものすごく元気ですし、悪さもしますし、甘えます。
正直ね、ばうちんを飼うって、隣近所には迷惑なんですよ。
特に排泄が大変だし、どこでもウンコ、シッコはしちゃいます。匂いも掃除だけでは追いつかないと思う。
そこを理解してくださる、ご近所にはものすごく感謝してます。

しかし、俺達家族にとって、ばうちんの排泄があるということは、ものすごく嬉しいことなんです。
もし、排泄が出来ない状態になれば、死が近い事を覚悟しなければならないから・・・。
ばうちんは、自分の死に対して恐れはないのだと思うし、卑屈にもならない。塞ぎこむ事もない。

毎日をただただ・・・生きてる。

俺より随分強い。そして、立派だ。

余計に、この記事に感情を入れて読んでしまった。
ほんとそうなんだよ・・・。

血統がついてる犬を飼うことに異論はない。
それはそれでいい事だろう。
ただ、かわいがって、最後まで面倒をみてあげることが責任だ。

保健所に行くと、今・・・チワワがたくさんいます。
ブームだけで、買って・・・何考えとんじゃ?捨てたヤツ、お前もどっかで捨てられろ!!
俺に何が出来るわけじゃないけど、お前らのやってる事は、ろくでもないことだ!

これだけは叫んでいようと思う。

ばうちんが死を迎えた時は、メチャクチャ泣く。でも、最後まで看取ったのだから、次の犬を探す。
ばうちんの死を悲しむだけよりも、次のばうちんを探す。
たった1匹でも、愛情を注いであげられる環境にしてやりたいしね。

保健所にいる犬はね、里親が見に来る時、力いっぱい泣くの知ってますか?
次のばうちんが選ばれるのは、たった1匹だ。
他の殺される犬に申し訳ないが、助けてやれるのは、1匹だ。

それでも、生き残った命だけは、大事に最後までしてやろうと思う。

ほんとに、涙でちまうし、やるせない。

子供にもちゃんと伝えなきゃ。これをうちのガキが理解してくれたら、将来、心配することはあまりないだろう。
それぐらいこの事は大事な事なのだ。

  

Posted by gurugurubautin1234 at 11:25Comments(5)TrackBack(0)ただの日記 

2006年07月30日

見られてた。

昨日、メールを頂きまして、公開してもいいということなので、紹介させていただきます。
(一部、修正させていただいています)


こんにちは、香川大会お疲れ様でした。
ばうちんさん、私、お見かけしましたよ。でっかいですねぇ。
ブログは、以前から拝読させていただいてましたが、まさか本当にお越しになるなんて思いませんでした。
ジーンズ姿のお二人は、かなり目立ってましたよ。

ロビーで休憩中の時に、目線を送ったんですが、お気づきになりませんでしたか?
未信者の方が、あれだけ堂々と歩かれると、同化したようです。
友人の若い兄弟姉妹たちも、かなり噂してたんですよ。

「あれは、絶対研究生じゃないよねぇ?」

正直、お声を掛けなかったことを後悔しましたが、やはり、JWの大会ですし、恥ずかしいこともあってごめんなさい。
学ぶものがなかったと感じられたようですね。
私も奥様と一緒で、居眠りをかなりしてました。もちろん見つからないようにですけど。

二世として、ものすごく疑問を抱いていますが、親との関係などから、離れることは現時点で難しいです。
でも、エホバの証人をずっと続けていくことはないと思っています。
もちろん、誰にも言えませんけど。

もう一つ。

私は、ばうちんさんの家に奉仕で行きました。
ワンちゃんが、お迎え(吠えられましたが)してくださって、そのあと、ばうちんさんが丁寧に断ってくださったんですよ。
現在は会衆で、訪問禁止のおうちになっていますけど。

これからも頑張って下さい。


いやいや、お声掛けてくれたらよかったのに。と、返信したわけですが・・・

覚えてるんですね。(計6回訪問を受けてるから、ちゃんと覚えてる)

若い子が、奉仕に来たのは一度きり。あなたでしたか。
自信なさそうに、おどおどしながら、ものみの塔を配ってくれましたね。
何かあったら、遊びにおいで。嫁と友達になったらいい。あっ、わんこもw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、お話を実際にする機会を考えました。

四国OFFを開催します。

関東OFFもしますので、遠方の方は、そちらに参加してもらえれば嬉しいです。

10月に高松市で、開催したいと考えています。
こじんまり、やろうかな?
子供さんなどを連れてこられる人などのために、1次会は、集会所みたいなところを借りたいですね。
費用が安く済むことと、子供に負担がかからないことです。
(公園とセットになってるところもあるし、雨が降っても、ビデオなどを持ち込めるので、子供が退屈しないで済みますし。)
高松でやる分には、幹事もやりますから、メールでお問い合わせ下さい。

関東OFFについては、現在休暇申請中ですので、決定次第告知します。
また、関東に関しましては、お手伝いを必要としますので、幹事立候補の方がいらっしゃいましたら、お願いしたいです。

メールアドレスです。 bautin280@yahoo.co.jp

四国OFFに参加希望されるかたで、遠方、宿泊などのご希望の方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。
予算などで、格安ホテルなどのご紹介ぐらいはさせて頂きます。

といって、参加してくださる方がいるんだろうか・・・?
そっちのほうが心配だ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:56Comments(4)TrackBack(0)JW大会 | 連絡事項

2006年07月29日

大会体験記 ─ 覆△箸き)

30866b0d.jpg写真は、181番の歌の後の、発表中です。

携帯からなので、見にくいかもしれませんが・・・

参加記念証拠写真ってことで、ご理解下さい

立ってるから、空席が目立ちますねw

特に、大会プログラムに感動もありませんし、思った通りぐらいの感想です。

ただ、思いました。俺は、この組織から離れてよかったってね。やはり、どう考えても、この宗教に救いはないもんね。
力の無い目に、流されっぱなしの証人たち・・・。救出はどうやってされるのでしょうか?

このブログ記事が、俺が死んで、孫が管理してくれてたら嬉しいな。
ある程度の証明が出来るんですよ。「救出は来ない」っていう事がね。
先の時代に、昔の記事から、ちゃんと説明が出来るでしょ?
記録に否定も出来ないだろうし。ね?

参加についてですが、結構離れて長い排斥や、断絶の人は、気持ちの整理がついてるなら、行くのもありでしょう。
自然消滅の方は、交わりの無い会場ならOKかな?(だって、知ってる人がいたら面倒臭いでしょ?)
お勧めするものではありませんが、現状を知るにはいい機会でした。

実際に見ることで、きっと何かの参考になるでしょうし、いい体験が出来ました。
ひとつだけ、ものみの塔の大会運営さんに感謝すべきことがあります。
会場に入れてもらえたことです。これだけは感謝しようと思います。

確かに、会場はきれいに使われていましたし、一般の利用マナーよりは、随分いいと感じました。
この点は、普通にいいことだと思います。
だから、教義が受け入れられるものであって欲しいなんて思うし、裏表のない団体であって欲しいんですね。

雑感ですが、昔の大会の雰囲気よりも、寂しい感じがしました。
やはり、簡素化っていう部分で、冷めた感じが否めないですね。
手作り弁当や、軽食や果物などを食べながらのイメージが・・・大会だって思ってたから。

おそらくですが、当分・・・大会は参加しないと思います。
仮に行っても、一人でこっそり行って、プログラムもらって帰るだけかな。
大体の事は、プログラムを見ればわかってしまいますし。

非信者さんで、体験程度に参加をされる方にアドバイスです。

 ‘退場は、歌や祈りのときにしましょう。変に勧誘されることがありません。
  (勧誘されたら、ちゃんと断ってくださいね。曖昧な返事は、ろくな結果になりません)
◆ー付で、ちゃんと挨拶しましょう。基本的には優しい感じで迎えてくれます。

そうですね・・・次に参加するなら、親と同じ会場にします。
昔の知り合いたちが、どのような反応示すのか?堂々と入場させていただきましょう。
辞めて、堂々と出来る自分ってのも、悪くないもんです。

大した体験記ではありませんが、これで終わります。
自分が書いたノートなどは、折を見て、スキャンでもして、HPへUPしたいと思います。
なかなか出来ないんだけどねw

長々と読んで下さった皆さんにありがとうです。
あいかわらずの文章力でごめんね・・・orz

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:23Comments(5)TrackBack(0)JW大会 | 写真

大会体験記 А 文開講演 その弐)

続きと言って、なんですが・・・

本当にあとは、エホ証なら誰でもわかる程度の話です。
イエスと144000人の共同統治
うやうや・・・

と、言いつつ・・・

大会・集会・研究を熱心に促し、述べ伝える必要を幾度となくです。

楽園の状態については、現在イメージ不可だそうです。
想像を絶する喜びだということですね。

さぁ、一人で笑ってしまったんですが・・・

イメージが不可なのに、出版物には、それらしく挿絵が入ります。
大会のビラにでさえ、書いてあるんですからね
ということは、出版物に、これはイメージです。実際は想像を絶する喜びになりますって、注釈入ってるのか?
嫁は、裸族になると疑っていませんし、うーん・・・どうなんでしょう。

重箱の隅をつついた感じですが、こういう曖昧なことが多いんですよね。
近い・・・もうすぐ・・・っていうのも、こういうところから来てるんだろうと考えましたから。

こういう事を母親に言うと、「エホバの一日は1000年だから」なんて言ってましたが・・・
結局は、重箱の隅をつつかれると、聖句を多用し、都合のいいように解釈をもってくるんでしょう。
この辺の話し方は、20年前も変わっていません。

エホバは保護を過去にしてきたと言ってました。

ノアの箱舟の例、ソドムとゴモラの例・・・
不思議なんですね、アダムとエバ(イブ)の絶対的な罪を許さず、ノアの箱舟で保護したって?
確か、ほとんど生き残らなかったはずなのに・・・
それでも、結局ダメな社会になっちゃったわけですよね。

エホバの保護は、何のためにしたんでしょう?
全部流れを決めているのなら、めちゃくちゃムゴイ神様なんですよね。
終わりの印っていうのも、十二分に証拠があるといいますが・・・
証拠じゃなくって、全部後付けなんですよね。

情報操作してるから、それっぽく聞こえるでしょうが、世間一般的に、情報を知ってる人にとっては、不思議でも何でもないです。

ということで、内容云々は話しても仕方ないでしょう。
要約すれば・・・

「エホバの証人組織が、神から選ばれたものであり、楽園は、エホバの証人でないといけない」

ということを、45分間ダラダラ講演と言う名の、お花畑展開をしただけです。

確かに、他のプログラムよりも、ノートを録る証人は少ないですし、飽き飽きしてる話だと思います。
エホバの証人さん、俺を後ろの席につかせたのは大失敗です。
後ろというのは、他の人を眺める事が出来るからです。

最後は、断言して、ちょっと口調を強めた感じで終わりました。

ところが・・・

公開講演終わると、ダッシュするたくさんの人達が・・・

トイレです。

ですよね、我慢したんでしょうねw 100名はいたと思います。

それから、181番の歌が始まり、発表がありました。

香川大会の公開講演参加人数は、

 

4402 名

 

でした。

そう、俺達夫婦が2名含まれてますよww

ということで、席を立ち、会場写真を1枚撮り、受付に挨拶し、会場を後にしました。
嫁は眠かったでしょうな。おつかれさんでした。

かくして、俺達夫婦の地域大会参加は、これにて終了。

あと一つ、最後に会場写真をつけて、あとがきをまとめます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:22Comments(3)TrackBack(0)JW大会 

2006年07月28日

今日はちょっと休憩。

今日は、ちょっと休憩しましょう。
というのも、時事ネタで、気になるものを見つけてしまったからです。

韓国発祥カルト 摂理 教祖 性的暴行繰り返し、ICPOを通じ国際指名手配

というのも、俺は新聞屋。
新聞屋さんには、たくさんの新聞があります。
加えて、ライバル紙(他紙)との交換紙というもので、いろんな新聞が読めます。

四国新聞では、自民総裁選がTOP扱い。
毎日新聞では、ハンセン病の治療記録のことについてがTOP
読売新聞は、今日そういえば、みてないや。
日経新聞は、老人医療の記事がTOP

朝日新聞(大阪本社14版 ▲)1面トップがこれだったんですね。

各新聞、特徴はありますけど、エホ証をカルトだと思う俺には、見逃せない記事でした。
WEBの方は、現時点でアサヒ・コム以外では、注目記事になってないですね。

問題点は、エホ証とは大きく違いますし、現役の方には、偽りの宗教の証明となる事件でしょう。
しかし、ものみの塔農場にいる特権に預かる人物が起こした事件など、決してあってはならない事が、平然と起こる状況です。
エホ証個人の人間性などにケチはつけませんが、教義に異常に縛られた結果に起こる問題も多いってことを忘れちゃいけない。

エホ証が、この宗教ほど信者を縛りつけてるとは思いませんし、基本的に脱会もしやすい宗教だとおもいます。
カルト定義に括るのは、いき過ぎなのかもしれませんが、個人的感情を含め、俺にはカルトです。
このカルトについては、俺も詳しい定義つけも出来ませんし、論理立てて説明もできません。
ただ、自分の体験上であったり、大会に参加して、何も変わってない状態を含め、そう感じているわけです。

しかし、朝日は久しぶりにやってくれました。
この最近、捏造記事などのことで、少し嫌気がさしていたんですが、今月になって、朝日っぽい記事連発してくれます。
時事連載なども、非常におもしろい記事を書いてくれてます。やっぱな、こうでなくっちゃ、朝日らしくねぇ。

確かに左寄りと言われたら、そうかもしれないですね。
個人的には、毎日新聞が好きですし、産経新聞の書き方も面白い。
ただ、新聞屋の勝手ないい分ですが、まだまだ新聞は読まなきゃ。
決してネット情報や、TVだけで日常をわかるって時代じゃないですね。

ただし、新聞も疑って読むぐらいの注意深さは必要ですけど。
文字をどこでも読める、読むことで考えるって事をたくさんできるのが、新聞のよさですな。
ええ、俺は新聞社の廻しもんです。そりゃ、これでメシ食ってますから。

皆さんの好みはあるでしょうし、サービスなどの条件も選んだらいいって思いますが・・・

どこの新聞でもいいから、読んで欲しいな。
そして、ちょっとでも考える時間を作って欲しいなと・・・そう思います。
特に、ご自分でブログなどを書いている人には、新聞はおいしいネタがありますよ。

確かに、新鮮さに欠けるかもしれないし、かぶりネタになるかも知れないけど、自分の思いをぶつける材料にはなる。
そこから、話題が広がるかもしれない。ブログを書くことが楽しくなるかもしれない。
他人の批評を気にする前に、書き続けることが大事ですから。もちろん、毎日更新する必要はないですけど。

脱線してる場合じゃないですね。

明日は、続きに進まなきゃ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:32Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 | JW

2006年07月27日

大会体験記 Α 文開講演 その壱)

さぁ、続けましょう。

歌と祈りに続き、公開講演が始まりました。
題名は・・・

「神の王国による救出は近い!」 であります。

通常の集会で行なわれる講演とは違い、非信者に対して、興味を持たせやすいようにした話題を出してきます。
しかし、これは思うんですが、ドン引きのつかみと思うんです。

戦争、飢餓、自然災害、環境破壊、など耐え切れないほどこの時代は酷い時代である。
21世紀になり、最高レベルの酷さである。
世界中の人々が、救出を求めているはずだ。

じゃぁ、どこに求めるか?

これまでの100年で、科学に期待する部分があった。
向上したものがあったとはいえ、根本的に解決してない。
さらに、その科学を戦争の道具に使っている。

殺虫剤などは、その酷い例に「挙げられた」・・・。エホ証は、コックローチ禁止なのか?

政治については、人が人を治める害を説明。

高等教育については、「ある大学の学長」という人の言葉を使った。

「教育が人間の向上をもたらされたことはない」
どこの学長がいったのだ?さらに言うが、ここの部分に聖句からの説明もない。
人の言葉を借りて、きっちりJWの高等教育に対する否定をしたんだろうな。
聖書からではない、JWの勝手な考えを、聖書研究ではない何かで説明してもねぇ。

宗教については、インドの有名な「ネル」と言う人の言葉を使ってます。(俺は知らないんだけどね)

「インドでも、どこでも、組織宗教を通して恐れがある。」

様々な宗教は、偽善や、不道徳が蔓延し、悪化させてきた。

って、エホ証は組織された宗教だろ?
確かに、この最近、エホバにより近い場所(あくまでJW的に)で、不道徳ありましたけど。
証明してしまったね。

と、まぁ、よくよく考えると、聖書から何かを得た話ではないですね。
都合のいい解釈や、文の一つをとって、エホ証よりの話に繋げたい意図がミエミエです。
正直、今改めて聞くと、俺はナニを信じようとしてたのか、アホらしくなってしまいました。

おそらく、つかみとしてOKなどと思ったのかもしれませんが・・・
これはJW的に、つかんだと思ってるだけで、少し詳しい方ならば、突っ込みたくて仕方のない部分かもしれません。
例えば、エホ証でもない人が、エホ証に都合のいい結果なり、言葉を使っていたとします。
しかし、引用されたりするのは、かならず一部分だったりします。

それを、如何にも、JWの考え方がずっと正しく、以前からそうだったことの証明などと言っちゃうんだな。
冷静に聞くと、非常に滑稽に聞こえたりするんですね。
といっても、エホ証には、それも真理に聞こえるんでしょうけど。

嫁が眠りについてしまいました。
ということは、一般的にも受け入れられるお話ではないんでしょう。
つかみは失敗だったとも言えます。

嫁は、聞こうと思って、大会に参加したわけですから。

今日はここでおしまい。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:02Comments(1)TrackBack(0)JW大会 

2006年07月26日

ばうちん嫁の大会体験記

ええ、本日は、多忙の為、順番が逆になりますが、先にばうちん嫁の体験記をUPします。
俺が言うのもなんですが、嫁の方が書くのがうまいんじゃないかな。

ほとんど、原文です。
非信者が、元信者(元証人)を旦那に持ち、予備知識をほとんど与えない状態で、参加するとどうなるか?
大会に連れて行かれる、非信者の気持ちがよくわかるかもしれません。


何だか楽しそうなイベントに連れて行ってもらえるということで、その日は朝からウキウキ♪
主人に「その格好はマズイだろ?」なんて言われて、着替えから始まった一日でした。

会場に着き、主人の後ろに隠れる様に中に入り、目にしたのは会場一杯の人人人・・・・・・
想像してたより規模デカイじゃん!ちゃんとしたステージあるし!

私は去年、主人のカミングアウトを聞かされるまで、エホバの証人なるものの名前だけは聞いた事がありましたが、存在自体ほぼ知らない状態でした。
日傘をさした御婦人集団から冊子を受け取った事もありましたが、一度たりとも中に目を通す事なく、またその人達が「エホバの証人」だと言う事も知らなかったほど、私には全く縁のないものでした。
なので、「こんなに信者が居るの!?」って思ってしまったわけです。

しかし、席に着いた瞬間、朝の「ウキウキ♪」が消え去ることに。
ステージに立って演説してる方の喋りが、あまりに抑揚なく、かつ意味不明で、10分で眠気がzzz 朝早起きし過ぎたからって、寝ずにDVD見るんじゃなかった!と後悔Σ( ̄Д ̄;)
唯一、私の眠気を覚ましたものは、聖書をめくりながら、一心不乱にノートをとる隣の主人の姿!
いや〜ぁ、惚れましたね、惚れ直しました(笑)
しかしそれでも眠気が勝ってしまい、主人に起こされた時は劇が始まる直前でした。

「劇は楽しいだろう!」と思ってましたが、これまた何とも退屈な時間で。
役どころも全く分からないので、意味不明のまま時は過ぎ・・・・・・突然の会場大爆笑!
注釈:劇の最中に、エホバの証人ではありえない行動、言動をするシーンなどがあるが、そこに反応。

「何ナニ!?どこに爆笑のツボが!?」

笑い袋とあだ名をつけられるほどの笑い上戸の私でございますが、一緒に笑えなかった!何だか悔しい!!
そしたら今度は「お〜〜〜ぉ!」と感嘆の声が・・・・・・
注釈:テーブルが割れるシーン。ただ単に、複数のテーブルが左右に別れただけ。シーツで上手くかくしてある。
小道具が、マジックのように動いたので、感心したと考えられる。

「何ナニ!?何に驚いたの!?」またまた会場と一体感を味わえないまま、午前のプログラム終了ε=( ̄。 ̄;)フゥ

午後のプログラム開始まで、ロビーでしばし人間ウォッチング。あれ?パンツ姿の女性が皆無?
ジーンズ履いてるの私だけ?何故?知ってたらスカート履いてくるのに〜。
なんて思いつつ、証人の皆さんを眺めながら考え込む・・・・・・

「スカートの丈が短いだの、胸元の開いた服がダメだの、何故そういう事に制限があるのか?」
「アダムとイヴのような完全体を目指すなら、此処に居る方々は、いずれはみんな丸裸なのに」
「素っ裸でも恥ずかしくありません!なんて境地に達すれば、それは完全体?」

考えれば考えるほど混乱してくるし、こんな事主人に聞いても呆れられそうなので、考えるの止めました(笑)

昼からはまた、午前と同じような抑揚のない喋りの講演から始まり、またまた速攻眠気が(_ _).。o○
私の居眠り防止の為か、隣の主人が聖書を私に渡し、講演の聖句の載ったページを次々めくって教えてくれます。
いや〜、午前にも思ったことですが、排斥から20年経ったとはとても思えない、鮮やかな手つきですわねっ!
すごいとは思いますが・・・・・・眠気が勝りそうです・・・・・・先立つ不幸をお許し下さい・・・・・・

パイプ椅子でこれだけよく寝れますわ、私!自分に感心しましたわ!「出るぞ」って起こされるまで爆睡ですわ!


一日の感想。

此処(現役)に居る方々は、何故証人になってしまったのか?
宗教なしでは生きていけないほど、また、この世が終わって欲しいと思うほどの、悩みを抱えてる人達ばかりなのか?
そうではなく、証人になる以前は幸せな生活を送っていた人が居るとするならば、この宗教のどこに惹かれたのか?
幸せな生活を捨ててまで、楽園を待ち望む心理とは?
全くと言っていいほど無宗教な私としては、こんな事を思ってしまうわけで。

あと、よく眠れました。
次はもうちょっと聖書勉強してから挑みたいと思います。
次は無いかもしれませんが(笑)

あっ、聖書の難しい事とか、JWの講釈などで質問しないでね。(説明はありがたいけど)
それは、主人の役目。私は、スッカラカンの頭で、見たままの感想書いただけだから。

読んでくださって、ありがとうございました。


この記事に関してのみ、嫁からコメントレスがあります。
突っ込むなり、笑って感想を書いてくださるなり、ご自由に使って下さい。
出来れば、たくさんのコメントをくださるとありがたい。

だってさ、一応、これもブログデビューなわけだし。

大会体験記は、明日以降、さらに続きます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:21Comments(11)TrackBack(0)JW大会 | 家族・自分

2006年07月25日

大会体験記 ァ 糞抃道間 その二)

8b3acc86.jpg写真は、クリックしてもらえれば、大きく表示されます。

サンメッセは、香川県の施設ですので、こういう展示物があるんですね。

これが、ブログネタになるというのは、感のいい方なら、わかりますよね?

レストハウスを出て、ロビーに行く途中にこれがあります。正確には、小会場(第二会場)の斜め前近辺です。
ここにも、休憩中の人が溢れ、写真を撮ったり、交わり(何度書いても、変な言葉だ)を楽しんでいます。
プログラム中よりも、イキイキとしたみなさんがたくさんいらっしゃる。
ふと思いましたが、プログラムを少なくして、交わりの時間を増やした方が、みなさん喜びやしないだろうか。

JW四国オフ大会ってなわけじゃないけれど、なんか上手いネーミングあるだろう。

本題に戻るが、微妙に、ローカルルールっぽいというか、懐かしい言葉を聞いたんですよ。

写真を見れば、わかるけれども、置物ですよね。
写真にはうつっていませんが、獅子舞みたいなのもある。
小学生ぐらいの子供が、これを見てはしゃいでいるわけです。まぁ、大人がみたって、へぇーと思いますから。

しかし、さすがJW。これに背を向けて話していたり、凝視することはないんですね。
ということは、これから何が起こるかわかりますよね?

一人の子が、トラを見て、「とらだよ!かわいいね!」と言ったわけです。

それを見ていた母親が、慌てて子供に駆け寄りました。

 

「だめでしょ!これはサタンなのよ!見ちゃダメなの!」

 

あっちゃー。やっぱりそうだったか。
いやいや、名残が残ってるもんだよね。嫁もびっくり初体験の言葉であります。
そして、とらを眺める嫁。

「サタン????」

子供を見ると、泣きはしないし、ムチをされる様子もありません。
ただ、注意をされただけのようです。
うん、これだけでも俺には嬉しい。間違った教えだけど、これだけでもなんか嬉しい。

といっても、オカシイですよね。
会場を借りる際に、そこまで気にするなら、布か何かで隠すはずですし、それ以上に、この会場を借りないでしょう。
状況的に考えても、サタンじゃありません。
ちょっと、おかしいなぁと思ったけれど、トイレを探すことにしました。

大会の不満として、よく聞かれる事でしょうが、トイレが圧倒的に足らないんですよね。
男性用を、女性専用にしたりして、その場をなんとかしようとするのですが、休憩時間中、ずっと長蛇の列です。
嫁も何箇所かのトイレに行きましたが、並ぶ列がイヤになって、焦らず、ロビーで待つことにしました。
俺は、男性ですので、並ぶほど並ばず、簡単に用を足してきました。

嫁が俺にこう言ってきました。

「あんたが、エホ証ファッションと言っていたけど、わかったよ。女性だけなんだけど、地味とかそういうことじゃないんだよ。服一つ一つの組み合わせがおかしいの。例えば、皇室ファッションは、生地や値段を別にして、清楚であったり、派手さはないけど、バランスはいいよね。若い子見てると、おしゃれにしようと、ブラウスだの、シャツだのスカートだの、靴だの、一部に一生懸命なのがわかるんだけど、エホ証らしいっていう部分が必要なんだろうね、だから、組み合わせがアンバランスになってるんだ。なんかいびつだなと思ってたんだけど、よーくわかった。かわいそうに。ベッピンさんもいるのにねぇ、あれじゃ、女の子の楽しみがまるでないはずよ。うん、間違いない。」

そうか、服装に気を使わない嫁が言うんだから、そうなんだろう。
そっか、エホ証ファッションは、組み合わせの悪さだったんだ。

あとは、若い子に注目してみましたが、年頃の皆さんは、大会ならではの交わりを見ましたよ。
複数の兄弟達と、姉妹達。
エホ証ならではの距離を少し開けた交わり。(この書き方も意味深な感じがしてなぁ・・・)

やっぱ、若者だもんね。
これぐらいの楽しみは絶対あっていいんだよ、っていうか、もっと普通にしろよって感じでした。
素人目には、ものすごく変な感じに見えるそうです。

音楽がなり始めました。
ゾロゾロと、会場内に戻っていくエホ証達。
トイレも、我慢できる人は、戻って行くようです。

嫁は、トイレに行くようです。
受付で待ち合わせをして、俺は受付に向かいました。
そうです、お昼の席を確保してもらうためです。

朝と同じ受付の兄弟が、「お昼からも参加してくださるんですか?ありがとうございます」と。
連れがトイレですので、一緒に案内をしてもらうように頼みました。

ついでに、こう切り出してみました。

「午前中、拝聴させていただきましたが、聖書がないと辛いですね。聖書はお借りできませんか?」

「少しお待ち下さい。用意させて頂きます。」ということで、聖書を探している様子。
ダンボール箱に入った、新品の聖書を1冊だして、持ってきて下さいました。

「差し上げますので、ぜひお読みになって下さい。」

お礼をして、丁度、嫁が来ましたので、お祈りの途中でしたが、案内係に案内をされました。
会場は、少し人が増えた感じです。
ステージ後方の、左側の空席に案内されました。といっても、エホ証たちと混じってですけど。

警備の方も、どうやら慣れたようで、さほど気にせず、こちらに会釈した後は、見ようともしませんでした。
さぁ、これから公開講演です。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:06Comments(5)TrackBack(0)JW大会 | 写真

大会体験記 お礼 

昨日の訪問者数が、180名を越えたので、解析ソフトで少し見てみました。
カウンター数は、ページビューといって、ページを開ければ、何度でも数がまわるので、アテになりません。
訪問者数と、携帯ユーザー分を合わせると、300名ぐらいのご来訪のようです。
感謝するとともに、これからもよろしくお願いいたします。

検索されてお越しの皆さんが多いようです。
「エホバ 地域大会 救出は近い 」などの検索で探していただきました。(キーワード)
やはり、時節ならではのネタですもんね。本当にありがとうございます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:01Comments(0)TrackBack(0)JW大会 | 連絡事項

2006年07月24日

大会体験記 ぁ 糞抃道間 その一)

ちょっとモタモタしたので、レストハウスには、少し待ちが必要だった。
会場外から、賛美の歌8番を聞いてしまったんですよ。
嫁は、俺に歌えるのかと聞いてきたが、もう、覚えちゃいないし、多分歌えないだろうなと答えた。

早速、歌が終わると、ダッシュで人が出てくる。
昔と一緒じゃないか!やっぱ、これも大会の風物詩なんだろうなw
皆さんの言う通り、簡素化ってことで、食事の用意は、会場ではされていない。
会場内でお弁当を持参している人、コンビニ(サンクス・FM・MS)へ足を向ける人の流れもわかる。

更に、香川県の特徴として、近所に数件のうどん屋がある。
2件は、100人を収容できるお店なので、そこにも人が集まります。
だって、土曜日に・・・バッチつけた方々とうどん食べましたからw

そして、俺達が向かったのは、サンメッセ香川内にある、レストハウスです。
あまりお腹が空いてなかったので、俺はアイスコーヒー、嫁はケーキセットを注文しました。
よく考えると、この店の中は、エホ証だらけなんだよね。
しょうがない、嫁に、おそらく食事前のお祈りが見られるよと、伝えました。

店内は、予想通りエホ証だらけ。
しかし、テーブルには灰皿が。ええ、吸わせていただきました。少しは遠慮しながらですが。
やはり、エホ証じゃなくても、この最近はタバコマナーってのもあるんでね。

嫁のケーキは、俺の大好きなチーズケーキ。
しかし、上にブルーベリージャムが乗ってる。そんな邪道なもの食べられません!
だから、アイスコーヒーお替りしました。

しかし、俺の知らないエホ証の行動を目にすることに・・・。

俺達と同時に並んだエホ証達と、近くのテーブルに座ったんですね。
俺は、意地悪なのかもしれませんが、一番奥の見渡せるテーブルを選んだんです。
まぁ、嫁がどうやって、お祈りをしてご飯を食べるのか、知りたがってましたし。

俺達含め、20人ぐらいがまとめて、テーブルに通されましたので、それまでの待ち時間は、耳をダンボにして、聞いてたんです。
劇の感想や、久々に会うのでしょう。交わりってやつを楽しむ人、夫婦だけで、ひっそりご飯を楽しむ人、いろいろいました。
大体の人たちは、ほとんどの人が、ずーっとおしゃべりを楽しんでいるようです。

ご飯がやってきました。
多分、祈りをするんだろうなと思いきや・・・

ほとんどの人が、そのまま食ってます。

数名の方は、その場で頭を下げ、無言でお祈りをされてる方を見かけましたが・・・

嫁は、ええっ、しなくていいの?っていう反応をしながら、アイコンタクトを送ります。
確かに、別の場所で先に祈るっていう方法があるんですが、これはつじつまが合わないんです。
俺より先に店に着いた人はともかくとして、俺とほぼ同時についた人20名ぐらいに関しては、行動を全部見てるんですね。

ずーっと、おしゃべりしながら歩き、待ち、祈る時間などはなかったはずです。
その証拠に、同席している人でも、祈りをしている人いましたから。(ごく僅か)
祈りCHECKに夢中だった俺達が、その行動を見逃すわけがありません。

いつ、どこで、エホバに祈ったんだ?

まさか、歩いてる途中に祈ったとか、わけわからんこと言うんじゃないでしょうね?
確かに、祈らないからと言って、とがめられる事はしませんし、大きなお世話かもしれません。
でも、20年前ならありえないんだよ。それも、大会だろ?ありえないよぉ!
しかし、これは何か新しいルールが出来たんでしょうか?

そうでなかったら、結構いいかげんな感じなんですね。というか、甘くなったんだろうな。
詳しい情報をお願いします。
嫁は、絶対祈るものと疑わなかったですけど、それは別場所で祈る事もあるとの解説ですみますが・・・。
俺の目が腐ってたとは思いません。これに関しては、カルチャーショックをうけましたので、俺になんらかの答えを下さい。
じゃないと、誤解したままじゃ気持ち悪い。

さて、昼のプログラムが始まる15分前に、レストハウスを出まして、ロビーに戻りました。
そこで、いろいろ目にする事がありました。
次の記事は、それがUPされます。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:57Comments(4)TrackBack(0)JW大会 

大会体験記  (劇を観る)

11:30

劇: あなたは誰の権威に服しますか

冒頭の話によると、「列王  13章」を題材にした劇らしい。

子供の頃、大会の楽しみであった・・聖書劇。
大会に行って、唯一、ノートを取る必要がなく、聖書を開く必要もないわけだ。
20年ぶりに、楽しませてくれる事を期待した。

幻想だったのか?俺の記憶が美化されすぎたのだろうか・・・?
劇の段取りが、異常に悪く感じた。もたもたした感じが否めず、役柄の服のまま小道具の出し入れをするから、冷めてしまう。
こんなあら捜しは、ここまでにしよう。本題にさほど関係ないのだ。

嫁は、少し期待していたのだろう、大会の一番の楽しみにしてました。
しかし、10分もすると飽きてしまった。
やはり、聖書を読んでないと、理解に苦しむ部分もあったと思う。人間ウォッチャーを始めてしまった。

改めて会場を見渡すと、ほとんどの証人達が食いいるように見ていた。
そう、あの力なき青年もだ。顔つきが違うし、目がイキイキしてるもんな。まったく当時の俺とおんなじじゃん。
子供達も一生懸命見ている。やっぱ、劇だよね。ある意味、これが娯楽というか息抜きの時間でもあったんだし。

ロビーで、子供をあやしたり、授乳している人も、入り口付近で食いいるように見つめてる。
他のプログラム中は、そんな食いいるように、話聞いてないのにねw
やっぱ、劇の威力はすごい。これは、20年前もなんら変わらない風景なのだ。

列王の聖句を読んだ方は、わかると思うんですが、エホバのいう事を絶対に聞かねばならぬということですね。
聞かなければ、死を持ってでも、エホバの裁きがあるということだという聖書史であります。
その中には、預言者と呼ばれるものでも、欺きがあるのだと警告しているのでしょう。

現在に当てはめると、JW組織から以外に、エホバの言葉はありませんよ!ということですね。
先の記事の続きを、わかりやすく説明するため、また、劇という注目されるもので、証人の心に植え込むためのものと考えてよいでしょう。
統治体のマニュアルに書いてありそうだ。俺でも書けるマニュアルか?
とことん、教育したいJWの魂胆がミエミエすぎて、冷めちゃいました。

毎回そうなんですが、衣装などは、カーテン生地などを買ってきて、自作で作る場合が多いですね。
もちろん、この費用は証人個人、あるいは、特権を預かった、担当会衆の予算から捻出されているはずです。
しかし、この劇に参加できるのは、かなりの特権と称されてますから、誰もが立候補しちゃう人気ぶりです。

昔は、会衆の数も証人の数も多かったですから、複数会衆の選ばれた人しか参加できませんでした。
俺ですか?えへへ。参加経験あります。
大した役じゃないですが、小学校低学年の頃に、ナイフを突きつけられる子供の役だったと思います。

このごろは、会衆に丸投げのようですね、劇の終わりに、担当会衆の発表があったぐらいですから。
四国の担当は、愛媛県のある会衆だと書いておきます。
20年参加しないと、このような時代の流れも新鮮に感じるものです。

こんなに冷静に観ていたはずの俺が、嫁に笑われる大失態をw

劇の中に、会場のほとんどが笑ってしまうシーンが、いくつか用意されてますよね。(偶然か?)
そこで俺は一緒に笑ってしまった。

嫁は、笑いのツボがわからず、しかめっ面に俺を見たそうだ。

俺は、ちゃんと笑ってしまった。
それを見て、嫁は、俺の姿に大笑い。周りから変な目で見られることに。
そうだよな、エホ証モード入ってたもんな。俺も影響されてんのか。やっちまったw

今回は、小道具が割れるように細工されてます。
これから行かれる方に、少し種明かしになりますけど、会場内は、驚きの声になりますよ。
決して大した細工ではないんですけどね。

この辺の感想は、嫁の大会雑記で楽しんで下さい。

しかし、何故なんだろう。劇を見てないはずなのに、終わるシーンがちゃんとわかってるんだよね。
「エホバだけを崇拝しようぉぉぉ」みたいなセリフだったと思うんだが、そのシーンで、大拍手!
うはは、俺もすぐわかっちまった。時間でわかったってのもあるんだけどね。

なんにしても、20年前も、今も、劇に対する証人の注目度は、プログラムのNO.1であることに間違いありません。

そうそう、劇の中で流れるセリフは、すべて録音されたものです。
どこの会場で聞いても、まったく一緒の声であります。
嫁は、途中から、まったく劇を見ずに、キョロキョロ人間見てましたw

40分の劇は、拍手喝采で終了し、8番の歌が歌われるようです。
俺達は、この歌の始まる途中で、一度退席することにしました。
隣の姉妹に、聖書を借りたお礼をして、警備に会釈をしました。もちろん、会釈が返ってきましたよ。

受付に、お礼と、午後からまた来ますと伝え、車に戻りました。
そう、ご飯を食べに行くためです。しかし、結局・・・会場内で営業しているレストハウスでお茶することになりました。

今度は、休憩中の記事になります。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:03Comments(0)TrackBack(0)JW大会 

大会体験記 ◆ 淵廛蹈哀薀猜垢)

先に、ご了承を頂きます。

大会体験記のレスは、これ以降、レスが返らない場合があります。
最後の「あとがき」に ★ALL でお返しすることになるかもしれません。
特に他意があるわけではなく、とりあえず書いてしまおうっていうだけです。

きっと、教義内容などのコメントは、場合によっては、コメントなどでいろいろ思いがあるでしょう。
みなさんで話しされる分には、どんどん使ってくださいね。


11:10 ほぼ定刻にプログラムが始まった。

「エホバの権威を認め、独立の精神を退ける」

うはは、すっげぇタイトルだ。このタイトルだけで話の流れが見えてくる。
ノートを開き、借りた聖書を左膝に置き、エホ証モードに入った。
嫁は、周りの人と同じ行動をする俺に、ちょっと笑いを堪えきれない。

まぁ、そうだよな。俺がエホ証を排斥になって、まさかこんな事をするなんて、だれが想像するだろうか?
一般傍聴で、わざわざノートを熱心に取るってのもw
少し前の席にすわっている、力なき青年を見た。
やはり、脳内で空想中らしい。目が変わってないし、まるで力がない。
まじめそうに見える、親に挟まれて、ただただ座ってる。聖書を開く時だけ反応する。
適当な感じでメモを取るフリ、ああ、高校生だろうけど、なんかかわいそうだよ。

俺の頃と、逃げ出す感覚がそっくりで悲しい。

プログラムを執り行う兄弟の口調は、ものすごく訓練されたいい方だと感じた。
非信者の方には、この例えがいいだろう。

天皇家のインタビューなどで、ゆっくりしゃべるでしょ?
これを1.5倍程度で早送りした感じかな。
抑揚の少ない感じで、はっきり話す感じかな。

多少の強調はあるけれど、心に訴えかけるものではない。
嫁が眠くなる原因にもなるかもしれない。退屈な喋り方と言えば、そうだろうな。

話の内容に行こうか。
ノートを元に、ばうちん流の要約をしてみた。
このまとめには、あまり自信がないし、ご指摘たっぷりあるかもしれない。
突っ込んでください。

神の言葉を読み、黙想する。よその言葉に惑わされない。
JWの仲間内であっても、都合のよい解釈をしない。健全な聖書研究をする必要性。

理性を働かせ、霊的な識別力を得る。

感謝し、エホバの特権を思い浮かべる。
この辺で、 「フィリピ 3:8」 を開いて、どうたらこうたらって感じだな。

ん?

嫁・・・すでに睡眠に入っていますww
まぁ、いいか。退屈だもんな。ほっといて、ちょい真剣に聞いてみよう。

強調されたのは、ここからです。

忠実な奴隷級の言う事を聞く、従う。イエスキリストが任命し、この地球を統治していくのだから。
エホバを認めるなら、組織に信頼を置く。
自分の理解に頼るな。
わからない事があれば、それは待つべきだと。

ヨハネ6:68-69からの解釈説明は・・・

エホバの証人組織こそが、永遠の命へ導いてくれる場所である。

監督や長老は、エホバの組織が任命したもの。十分に耳を傾け、信頼するように促す。

列王  12:26-33からの解釈説明

全ての事柄は、神のものからだろうか・・・見極める必要の強調。

劇の話に続く・・・座席での撮影はOKと言われたが・・・、望遠がないと辛いw

こんな感じでノートをとりました。

(使用聖書は、ものみの塔 聖書冊子協会が発行する、新世界訳から。)

要するに、組織に従え、無条件に組織を信じろと言ってるだけでした。
勝手な解釈をするんじゃない、組織が全てなんだということです。

ふと、母親が組織じゃない、エホバに信仰をおくということを思い出しました。

はい、エホバの証人である以上、エホバからのお告げは組織経由でしかないじゃん。
組織の隠し続ける事、間違ってることも信じ続けなきゃならないんじゃん。
言葉のあやを楽しんでるんじゃないんだよ。

これが、新しい光になったとかいい訳はさせないよ。
俺は、ちゃんと聞いてきたつもりだし、エホ証の言葉遊びに騙されはしない。

擁護派がかわいそうになってきた。
熱心に何を言おうが、やってる事は、組織が認めない事柄であって、統治体的には、NGなわけじゃん。
エホバを賛美する事は、組織に忠実でなければならんってことだよね。

いくら擁護をして、それでいて、組織以外の解釈をもっともらしく言おうとも・・・
批判するものを、JWに逆らってまで擁護する意味が消滅してるんだよね。
劇は、それを時代考証によって、警告するものであったが、完全に組織管理したいJWが見え見えだったよ。

改革を考えたりする人には、非常に辛いところかもしれないが、20年離れた俺の、感想としてはこういう感じだ。
とってつけた言い訳や、解釈をヌルヌルした言葉で、言ってるんだなと感じました。
もちろん、批判する身が感じることだから、捉え方の問題なのかもしれませんが・・・。

一般人の嫁でさえ、 「エホバの証人は、管理された情報以外はNGと言いたいんでしょ?」なのだ。
そこを考えて欲しいのだ。話している事柄が、そう受け取られる以上、言葉遊びをするべきじゃないと・・・。

読解能力が足りないのじゃない。
結局、信じ込ませるための努力をするために、身近な聖書を大義名分に使っているというだけなんだと。

まぁ、これぐらいにしとこ。まだ、劇の感想が続くんだしw

さぁ、監視の目がきつくなりました。周りの目が一瞬で引きつる行為です。

そう、聖句を開くのに、何の躊躇もなかったのです。
ほぼ正確に、かつ、すばやく・・・聖句を探し出せる俺。
メモを熱心に取り、聖書を現役と同じように開く、座高の高い坊主頭。それもジーンズでw

嫁がビックリしてるんですが、俺には自然な行為です。20年ぶりのブランクはありません。
嫁がこう言いました。

「聖書通読を何回したとかの質問に答えられる証拠がこれか・・・。不真面目だとか言ってるけど、これが純粋エホ証培養されたヤツのすごさなんだ。ネットのみんなも絶対こうなんだよね?身につけるとはこれなんだ。生活の全てを捧げさせられた結果がここにあるんだ・・・。」

そうですよ、スイッチだって瞬時に入る。
再確認しました。やわなエホ証やってなかったんだと。

しかし、警備たちは見逃していません。
後方に、2人いた人数が、4人に増えてます。こちらをしっかり見ています。
こうなったら、おかまいなしです。ガンガンに聞いてやる。ノートも取ってやる。

周りから聞こえる声も、「あの人研究生じゃないよね?」なんて声が聞こえてきます。
もう、開き直れば怖いもんなしです。その声が心地よく思えてきます。
クーラーも利いてるし、暑くないし。昔に比べりゃ快適そのものじゃん。

こうして、劇の時間を迎えます。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:32Comments(3)TrackBack(0)JW大会 

2006年07月23日

大会体験記   米場する)

仕事を終え、10時半頃に会場へ向けて出発した。
高松は、あいにくのお天気、小雨がぱらついていた。空はいつでも大雨が降りそうだった。
11時前に駐車場に着き、車を止め、嫁と歩き始めた。

どんな服を着ていくか・・・
嫁は最初、迷彩っぽいパンツとTシャツ(オレンジ)を着ていたが、あんまり目立つと、ジロジロみられるぞってことで・・・
結局、キャミソールに白シャツをはおり、ジーンズに着替えた。俺もジーンズに水色のボタンシャツに着替えた。

実は、前日に下見してたんだよね。
昼に入ったうどん屋に・・・いっぱいエホ証がいたしね。
昼休みを見ただけだし、会場の外から眺めただけだったが、独特の雰囲気は昔も今も一緒だ。

会場は、サンメッセ香川という場所である。
香川県が催し物会場などで、提供している結構広い会場である。
小会場、大会場と二つのスペースがあるが、会場ごと借りているようである。

大会場の方は、演台がある。小会場は、第二会場と呼ばれているようだ。
二階は、救護室と劇や出演者の待機部屋みたいなのがある。
ちょっと散策したあと、受付に向かった。

「いらっしゃいませ。ようこそいらっしゃいました。」

40代の兄弟だろう、にこやかに話しかけてきた。
さて、どうしようかな・・・。まぁ、普通に話そうと思った。余計な事を話す必要はない。

「ポストにパンフレット入ってまして。一般の聴講は出来ますか?」

受付の兄弟は、にこやかに応対をしてくれ、案内係りに引き継いでくれた。
その時にプログラムもいただいた。
いやぁ、いつも通りのヤツだ・・・・???

うん?演者の名前が入っていない?
そうか、演者の名前は無くなったんだ。ちょっと新鮮に感じてしまった。
白地に紫の文字であしらわれたプログラムである。

案内係りに誘導されて、言われるままに席に着く。
嫁は、ちょっと面くらっていたし、笑いが堪えられないようだ。
昔、俺がこの中にいた事を、想像しているうちに、口を押さえてニヤニヤしている。

俺はノートを持って行ってた。
そりゃ、メモするためですよ。エホ証らしく、メモをとる事に決めてたのだ。

ちょうど、何やら発表の時間だったが、会場を眺める。
しかし、昔と比べ・・・子供が少ない。ほんと子供が少ないんだ。
それでも、子供を見つけると、少し観察してみた。
やっぱり・・・

楽しくない顔をしてる・・・。やっぱ、これは昔とかわんないな。

大人達は、まぁ、昔と変わらず・・・みんな同じ目をしているように感じた。
喜びを感じさせないが、にこやかそうに聞いてる大人達。
さらに見渡すと、すでに力なき成年がいるではないか!

あの目は・・・・

そう、集会中に逃避していた空想に浸っている目である。
真剣そうに聞いているように見えるが、絶対に聞いてないはずだ。
経験者だからこそわかる、あの目・・・。
ああ、この子、絶対そのうち離れるんだろうなって・・・そう思った。

そして、ゆっくり後を振り返る・・・

あっ!

そりゃそうだよね、警備の監視の目がちゃんとありました。
明らかに俺に注目して、何人かの警備が、こちらを見てヒソヒソとw
坊主だし、目立つよねwww

まぁ、普通にしてりゃ問題ないでしょ。
嫁は、プログラム読むのに夢中だったので、俺もプログラムをむさぼり読む。
周りから、ヒソヒソ声が聞こえる・・・

「誰かしら・・・?」

そんな声も聞かれる場所に案内されたんだから。
少し後だったが、たくさんの証人がいる真ん中に放りこまれたんだし。

さぁ、スイッチをエホ証モードに切り替えよう。20年ぶりにやってみた。
あれ?簡単だ。
すげぇ、俺。簡単に同化し始めた。

進化したのは、エホ証モードに切り替えても、周りを観察できる事と、嫁への説明ができることだ。
でも、聖書がない・・・。
嫁に、受付で聖書借りてこようか・・・?といってると、隣の姉妹が、何も言わずに貸してくれた。
お礼を言って、聖書を借りた。

そして・・・11:10。

「エホバの権威を認め、独立の精神を退ける」のプログラムが始まった。

そこで、周りが驚く、ばうちんの習性が明らかに。

続くけど、明日ねww。

今日はここまで。おやすみなさい。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:55Comments(5)TrackBack(0)JW大会 

大会の流れについて。

非信者の方にも、わかりやすく今日の流れを説明したいと思います。
経験者の方には、つまんない記事になるかも知れませんが、大事な事ですし、現在の大会の雰囲気を知るにはいいでしょう。
擁護するわけではなく、冷静に観察させて頂きました。

まず、地域大会ですが、現在は3日間開催で行なわれます。(俺が現役時代は、4日間開催)
四国地区の今年度開催は、7/21〜7/23です。
おそらくですが、四国4県の会衆全てが、香川県高松市の会場に集まったと考えられます。
理由についてですが、駐車場に、四国4件のナンバーがたくさんあった事、証人がつけている名札に、四国の地区名が全てあったからです。

非信者の方のみで、大会のプログラム聴講はできます。
ただし、1、2日目に関しては、プログラム自体が、証人用に作られていますので、非常に分かり辛いと思います。
もし、興味本位で参加されるなら、最終日(ほとんど日曜日)の11:00ぐらいから参加するのが、いいでしょうね。
日曜日のプログラムがわかりやすいかと言えば、非信者に全部わかるとは思いません。
聖書の使い方も、JW教義にとって、いいトコ取りの感が否めませんし、証人も聴講しますので、流れが早いと感じました。

しかし、一般向けに作られているのでしょう、ある程度の部分は、嫁も聞いていましたので、多少はわかったのかな・・・?
嫁のレポートは、後日、嫁の手によって書き込みさせますので、非信者の感想としては、これが一番正確でしょう。
嫁レポートは、一切の編集をしません。後日を楽しみにして下さい。

会場に入ると、受付があります。
この受付を無視して会場に入るのはやめましょう。不審人物に思われます。
堂々と、「一般聴講できますか?」といって、声をかければいいだけです。
プログラムを渡してもらえますし、案内係が席まで案内してくれます。
証人、証人の家族に関しては、大会前に、名札を渡されますので、着用しています。

四国に限ってなのかもしれませんが、一般用の席は用意されていませんでした。
よって、午前中は、劇を見やすいように、中央側をあてがわれ、ジーンズ姿の俺達夫婦は、あきらかに場違いな場所で、話を聞きました。
聖書は、となりに座った姉妹でしょう、貸していただきまして、それを使わせていただきました。

参加した服装ですが、証人は、ふさわしいとされる服装を心がけていますので、多少のドレスアップがあっても、まぁ、地味な人が多いです。
俺は現在、非証人ですので、ジーンズで行きましたが、ある程度地味にしましたよ。
嫁にも、キャミソールの上に、一枚白いシャツを着ていくよう指示しました。

証人の家族で、派手(?)というか、エホ証には感じられない服装の人がいましたが、それはそれです。昔では考えにくいですがね。
休憩中に浮いてしまうし、やはり若い兄弟の注目を浴びていましたが(笑)
どちらにしても、あんまり目立つ服装はしない方がいいでしょうね。

え?俺の坊主頭?
いやぁ、完全に浮いてましたし、あんまし目を合わせてもらえませんでした。
嫁は話しかけられるのに、俺には案内と、警備しか・・・・やっぱ、目だってたのか・・・?

会場では、プログラム進行が、円滑に進められています。
会場内で渡されるプログラムには、時間も明記してあり、ほぼ正確に進行しています。
アンチでも、常識ある行動をしましょう。
突っ込みどころをメモするのはいいですが、大きな声を出したり、進行を邪魔してはいけません。

それが正しいアンチの姿ですし、大人なんだから、参加するなら最低限のマナーです。
おそらく、排斥者だと言っても、追い出される事はないでしょう。(監視はつくでしょうが。)
相手が節度ある態度をしてくれる限り、それを礼儀を持って返すのが、非信者の努めです。
自分達が常識人だというのなら、これは絶対に守りましょうね。

会場内は禁煙です。専用大会ホールは、灰皿自体がないと思います。
ただ、地域大会は、公共の施設を使うことが多いですから、会場の外、一般食堂などは喫煙可能です。
俺も会場内のレストハウスで吸いましたし、これに関してとがめられる事はありません。
要は、灰皿が用意されている場所での喫煙はOKなんでしょう。
まぁ、会場近辺は、エホ証だらけですから、タバコ吸ってりゃ目立ちますけどねw

プログラム講義の一つ、一つは、大体20分ぐらいが多いです。
シンポジウム・公開講演・劇は40分〜60分ぐらいです。
一つ一つが終わる度に、拍手があります。非信者は別に拍手しなくていいと思います。

寄付箱はありました。
パンフレットに、「寄付は一切求められません」と書いてありましたが、これ見よがしにおいてあります。
プログラムには、このように書いてあります。

引用始め

 多額の費用をかけて、十分の数の座席や音響装置が準備され、ほかにも大会の出席を喜ばしく、霊的にさわやかなものとするための数多くの取り決めやサービスが設けられています。皆さんの自発的な寄付は、こうした出費を賄う点で助けとなり、世界的な業を支援するものとなります。皆さんの便宜を図るため、はっきりと表示された寄付箱が大会会場各所に設置されています。すべての寄付は大いに感謝されます。皆さんが王国の関心事を寛大に支持してくださる事に対して、統治体は前もって心からの感謝を表したいと思います。

引用終わり

確かに、求められていませんが・・・嫁は気付きました。
えっ、寄付せにゃいけんの?って聞いてきました。自発的なものと答えましたが、あれはいただけません。
この書き方では、一般聴講の人に対して不親切ですね。
パンフレットに寄付の事は書かない方がいいと感じました。まぁ、証人へ向けて書いてあるのでしょうが・・・。
重箱の隅をつついているんじゃないですよ。統治体が作るプログラムにしては・・・お粗末過ぎます。

一般人向けにつくる説明もあった方が、誤解を招かずに済むってことです。
エホバの証人は、躓かせる行為をしないよう教えているんですから。

ただ、非信者に対し、会場で寄付を求めるような行為はありません。
ですから、そこのところはご安心くださっていいでしょう。

基本的に会場への入退場は、比較的自由ですが、トイレに行く時以外は、入退場を頻繁にするのは、常識的に失礼だと考えます。
携帯電話は、プログラム中にはマナーモードにするってのも、当たり前ですね。
基本的に、エホバの証人が集まるイベントは、ものすごく静かに進行していますから。

今回は、嫁の希望もあり参加させましたが、途中で居眠りをする大失態でした。
ですから、興味があっても、非信者には・・・退屈な部分が多いのだと言えると思います。
次回もし行っても、嫁の参加はこれっきりです。批判する部分があるとは言え、眠ってしまうのなら、批判もするべきではないとの考えです。
これぐらいは、エホバの証人に対し、アンチ側もフェアでありたいですから。

プログラムには、聖書が多く使われます。
しかし、一般的に手に入る聖書ではないので、訳が違います。
ボーっとしてるのも、面白みに欠けます。隣に座ってる人が見せてくれることがありますが・・・
思い切って、受け付けに言って見ましょう。

「聖書を貸して下さい」

必ず貸してくれます。俺は、差し上げると言われたのでいただきました。(新品)

退場の際ですが、研究生になりたいと思わない限り、話掛けられる事を避けるのが得策です。
賛美の歌の時に、速やかに退場するのがベストです。
賛美の歌って、非信者にはわかりませんし、歌本もありませんしね。

最後に、会場を後にする際、受付にお礼を言って帰りましょう。
これぐらいは当たり前の事です。
すんなり帰れますから。

俺はこうやって、参加をしましたよ。
別に卑屈になる事も、恐れる事もありません。
行くっていうならでの話になりますけどね・・・。こんなもんでいいかな?

さぁ、次の記事から、俺の体験記が始まります。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 20:57Comments(3)TrackBack(0)JW大会 

自宅に戻りました。

帰ってきました。
公開講演で退席したんですが、いろいろ用事を済ませてこの時間です。
しっかりとノートに取りました。現役時代でも、ここまでの熱心なノート取りはしてません。

おそらく、結構、長い記事が続くと思います。
なるだけ、わかりやすく体験レポートを書きますが、まず最初にお礼を書いておきます。
俺が、決して一般のJW個人に対し、悪感情を抱いていないからです。

ただし、この教義に対しては、ツッコミが入りますし、それなりに記事にさせて頂きますけど。

ものみの塔 聖書冊子協会 地域大会 四国会場運営の皆様へ

本日は、大会会場に入れていただいてありがとうございました。
聖書までおみやげに頂きまして、感謝です。
座席への案内も、親切にしていただき、ご配慮もいただきまして、非常にありがたかったです。

私は、決してエホバの証人としての復帰はありませんが、会場内でのご配慮に関して、感謝を表します。

ばうちんのゆっくり日記 管理人 ばうちん

さぁ、次の記事から、大会レポート開始します。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:34Comments(2)TrackBack(0)JW大会 

休憩です。

808dac1c.jpg会場内のレストハウスで、アイスコーヒー飲んでます。
まわりは、エホ証だらけ。
公開講演は、ちゃんと聞いて帰ります。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:00Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 

ばうちんノート

b26df59f.jpg乱雑に書いてますが、突っ込みどころ満載です。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:33Comments(0)TrackBack(0)ただの日記 

プログラム

e3676620.jpgいただきました。
嫁のもね。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)ただの日記 

送迎バス

e80db9dc.jpg四国は、高松集結のようです。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:25Comments(0)TrackBack(0)ただの日記 

入り口(速報)

791d2696.jpg簡単に案内されました。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:11Comments(0)TrackBack(0)JW大会 | 写真

お昼前ぐらいに行きます。

とりあえず行ってきますね。

ここまで公言してるから、入場を断られたら、間違いなく・・・このブログを見てる現役さんがいるってことですね。

今回、ここまで公言したのには、JWをやめて、おどおどする必要はないってことなんです。
自分の信念がちゃんとあれば、堂々と見に行こうじゃないかと。
そっと見にいくと、何か後ろめたさを感じさせてもね。

確かに、入場するとき、排斥者とは言いませんがね。
静かにノートを取らせてもらいます。
嫁が、何時間も耐えれるとは思いませんので、午前中の最後に入場して、午後の対応を決めます。
俺は、できれば最後まで見ていこうかな。

昨日のコンビニでの会話。(知り合いいるもんで)
「今日は、エホバの集まりがあるから、弁当もパンも大量注文だよ。」
「こういっちゃ、なんだが・・・エホバさまさまだな。」

確かに。大会っていうのも、会場のご近所さんには、喜ばしいのだろうな。

ということで、出発まで、あと1時間ちょい。
会場で、更新は、ほぼ無理ですので、写真だけが何点かいくかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 08:44Comments(2)TrackBack(0)JW大会 

2006年07月22日

いよいよ明日

ううむ。時が経つのは早いもので、明日なんだよな。
ちょいと行ってきますです。え?どこに行くって????

大会ですよ、た・い・か・い・・・。

何度もですが、言っておきますよ。
大会進行や、参加者に攻撃なんかしません。ごく普通の傍観者です。
ノートぐらいはとらせてもらいますが。

それにね、聖書も何にも持って行きませんというか、持ってません。

行く理由ですか?

目で確かめる機会があるので、ちゃんと目で確かめよう。(ネタ拾いともいう)
嫁が、見てみたいっていったから。
ちょうど、家の近くに会場があったから。

そんなもんですよ。

というのもですね、自分の事を書いてきましたが、ある程度の大まかなものは、話してきたんですね。
細かいところなどは、まだまだあるんですけど・・・。
時事ネタとして、拾えるものは、拾っていきますし、ある程度の更新はしていきます。

JWブログだけとしての存在は、少し小さくなってきたかもしれません。
更新を少しゆっくりのペースにしていこうとも考えましたが、生活の中に組み込まれてしまってます。
ですから、また一つ違った方向で、やっていこうかなと。

例えば、今回のように、大会会場に行って、記事を書くというのは、誰もしてないですよね。
現役さんのHPには、少しあるでしょうが、日記としては書けない。
例え、会場に入場拒否をされたとしましょう。それでも、ネタは提供できるわけですよ。
入場を断られたっていう結果があるわけです。

できるうちに全部やっておきたいんです。
風化しないように、現状も報告できるだけの環境もある。身も削ることもできる。
家族の協力もあってのことですが、やれることは全部やってしまおうと。

そんなところですか。

元JW戦友にいわれた事があります。

「JWサイトって、2年もちゃんと続く所は少ないんですよ。」

ちょっと、意地を張ってますが、続けてやろうなんて思いました。
今は、普通に続くのではないかと思ってます。少し自信もつきましたし。
こんな感じで、これからもよろしくお願いいたします。

産声をあげたJWブログを発見しました。
知ってる方なので、リンク許可申請中です。許可をいただけ次第、リンクさせていただきます。

尚、ブログリンクに関しては、リンクメニューをHPの方へまとめます。
ご了承くださいませ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:19Comments(5)TrackBack(0)JW大会 

2006年07月20日

勤めることの重要性っていうのかな・・・?

新聞屋さんに勤めて、通算で12年になります。
一度、事故をして、長期に渡りリハビリするために辞めて、その後も他の仕事をしたこともあります。

JWを離れて、仕事を最初にしたのが、新聞屋さんでした。
当時、バブル期でしたので、中卒の俺は、働く場所が選びにくかった事もあります。
免許証一枚あれば、すぐに仕事にありつけ、しかも寮に入ることが出来たんですね。
だから、この世界に飛び込んだというのが、大きな理由です。

面接に行けど、断られ、JW離れて、挫折しそうになりましたよ。
ところが、新聞屋はいつも、人手不足。
面接に行ったら、即採用、寮もぼろいアパートだったけど、与えられました。

しかし、最初入った店は、とんでもないところで、給料も少ないし、休みはないし、いい加減な体質だったので、ほんとに、これで俺の人生終わったのかなんて感じました。

今からの皆さんに、こんな思いして欲しくないんですよ。
中卒で就職するには、ものすごい苦労が伴うんです。最低でも高卒であることが必要だと考えます。
たまたま俺は仕事中の事故で、労災認定され、相手の過失度が100%だったので、ある程度のお金が入ったから、都合退職も上手くいきました。

退職後、何年か、怪しい仕事もしました。
しかし、寮つき即採用みたいなところばっかりを選んでたので、お金が結構もらえても、社会的信用がなかったんですね。
家を借りようと思っても、社員証もないから、不動産屋でことごとくOUT。
車を買おうと思って、ディーラーに行って、30万のローンが通らない。

成人して働いていたのにと思ってたので、非常にショックでした。
当時は、全部エホにいたから、こんなことになったんだなんて、甘ちゃんな思いでした。
原因のひとつではありますが、それはこの社会通用しない。
俺の考えが甘かったわけです。

ある時、若干の余裕だけはあったので、新しく出来た新聞屋さんに面接に行きました。
経験も多少あったので、なんとか採用でしたが、営業配属でした。
大きい組織販売店でしたので、社会保険も、雇用保険も、ボーナスも一応あったんです。

しかし、営業なので、報償金が大きな収入になります。
仕事しないと、収入はないんです。
毎日、お客さんに飛び込み営業。そりゃ、エホの奉仕とは違いますし、人がいいんじゃ、成績は上がらない。
最初は、善戦マンだけで、給料が11万円ぐらいだったかな?

何とか頑張って、給料があがるように仕事しました。
額は書きませんが、それなりの給料を手にすることが出来るようになり、店舗配属になったんですね。
これの苦労は、人には言えません。わかってもらいたくもない。
ボールペン一つ持って、いろいろあったなぁ。(笑)

店舗配属になって、一つ大きな出来事がありました。
会社の寮(社宅)を追い出されるシステムになってまして、家を借りなければいけないことに。
勤続2年目・・・不動産屋さんに行きました。
保証人は、会社がなってくれる幸運もありましたが、すんなりと契約完了。

嬉しかったなぁ。ほんと嬉しかった。ちゃんと認められたんだって。
よく考えたら、このころは、生活も安定し始めてた。
懐かしいな。あのときの喜びは、今でも忘れないな。
それでも、どこかチャランポランだったけどね。

勤続5年目。初めて・・・新車のローンを組んだ。
通った!そうなのか!小さなところでも、ちゃんと働けば、信用がつくんだ!
めちゃ嬉しかった。

そう、このころは、自分が世間様に少しは認められてきたのを喜び、エホ証のことなどすっかり忘れていたな。
そして、仕事は上手くこなせるようになり、少しは会社で優遇されはじめたな。
そして、四国に引越しをして、今があるということです。

ただね、多少の不満や、理不尽要求にも耐えなきゃいけなかったです。
我慢だったり、ストレスがたまった部分もある。派閥などもあって、ドロドロも経験したし。
それをこなせるようになったから、よかったけど・・・。

俺は、仕事を選ぶほど選択種がなかった。
だから、飲み込むしかなかったけど、そうでない状況なら、自分の好きな職種に就くのがいいですよ。
収入は、どんな仕事でも、頑張らなきゃ上がらないし、職種によっては限界があるかもしれない。
自分の仕事に対して、自分なりの満足もありますし。

それでもね、ごく普通っていうのを目指すのなら、ちゃんと仕事をしなきゃいけないってことなんです。
物質主義って言われるかもしれませんが、やはり、生活を楽しむための最低ラインは必要なんですよ。
それが出来ないっていうのが、続くと・・・負け犬根性のように、生活自体が荒れてきたり、ものすごく卑屈になったりします。
ネガティブな発想が、頭を常に支配すると、何もかもが上手くいかないように思えて、ダラダラ人生を過ごすようになります。

JWで友達を増やす時代を逃してしまったのなら、友達も作りにくくなる。
別にたくさん必要ではないかもしれないけど、自分が卑屈なら友達も出来ないですよ。
彼女・彼氏だって、欲しいのなら、仕事も頑張ってやらなきゃ、出来ません。

別に、容姿だけで出来ないんじゃないんですよ。
俺を見てみぃ。全然しょぼくても、嫁さんいるし、子供もおるわい。
嫁さん?いや・・・美人?・・・かわいい・・・? どうかな?

嫁の名誉のために。素敵な女性だと言っておきます。
決して、美人じゃありませんがね。ごく普通の女性ですよ。
ただ、口説くのに一生懸命になりましたがな。その口説くのに一生懸命になるのにも、仕事も一生懸命にしてないとね。
頑張ってりゃ、ちゃんと見てくれるもんですよ。

ちょっと、脈絡はなさ過ぎるけど、JWを離れて、大事な部分だけは力説したつもり。

そう、頑張ってる途中に、JWサイトがあって、そこで元気もらえばいいんですよ。
真剣に考えたり、交流考えたり、自分の思いを語る場所があるだけなんですよ。
JW離脱を、しっかり楽しもうとするには、自分の自己努力がすべてなんです。

ただ、その元気をどこで見つけるかの何かに、このブログが役に立ってるなら、ちょっと嬉しいかな。

JWを離れるって、孤独になることが多いですから。
一人じゃないんです。こんな思いをして、頑張るのに皆さんも、ものすごくご苦労があったでしょう。
だからこそ、失敗の多かった俺の二の舞は避けて通って欲しい。

といっても、俺の個人的な考えも大分あるから、全部鵜呑みにしないでね。
もっといい方法を知ってる方もいらっしゃるし、コメントなんかで教えてくれる方もいるんで、いろいろ参考にするのに使ってください。

最後に、新聞屋さんですか?
ええ、非常に楽しいですよ。俺にとっては、天職だったのかもしれません。
いっときますが、休みも少ないし、拘束時間も長いですし、疲れる仕事ですがねw

あんまし参考にならんけど、ここまで書き殴りで書いたんだ。
何かを感じてとってくれたらいいや。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:16Comments(2)TrackBack(0)JW | 家族・自分

エホ証離脱だって、大変なんだよ。

二世たちが抱える問題のひとつに、エホ証を脱してからの生き方ってのがあります。
ちょっと、真面目に書いてみようと思います。
よく聞かれることでもあるんです。考え方などは、以前に書いたことがありますので、今日は、生活感とかを中心に。

ごく一般的な、勤務体系の仕事をする。

自然消滅などをする方は、非常に戸惑いを覚えるとも言われますね。
毎日、決まった時間に会社に行き、仕事に専念するわけですから。
熱心にJW活動をしていた方なら、これも仕方のないことかも知れません。

しかし、社会に出て行くための一歩です。
これを最初にしなければ、何も出来ないと考えてよいでしょう。
フルタイムの仕事をしなければ、何が出来ないか、簡単に書いておきましょう。

家を借りる事が出来ません。

不動産屋さんに、仕事ないけど、家を貸してくれなんて言っても、どこも紹介してくれませんよ。
そりゃね、貸してくれる所もあるのかも知れませんが、まずろくな物件を紹介してくれません。

クレジット・カードなどの便利グッズを作ることが困難。

最近は、クレジットカードは必要不可欠であります。
使いすぎとかには、注意をしなければいけませんが、生活する上で、これも必要なものになってきます。
ある意味、クレジットカードを作れないのなら、自分の生活が一般的生活になっていないとも言えます。

(そりゃ、ご事情があって、作れなくなった人もいますが、それは今回は当てはめずに)

将来の展望に期待が出来なくなる。

例えば、家が欲しいとか、車が欲しいとか、そういう時に仕事を続けていなければ、あきらめ根性になりかねないんです。
もちろん、必要ない人にとって、この話は無駄かもしれません。
しかし、必要だと感じた時、備えをしておかなければ、何にも前に進まないんです。

JWを離れるときの事情や、状況でも変わってきますが、二世が離れる場合は、親に頼れないことが多く聞かれます。
最初は、自分一人の力で生きていかねばならないからです。
条件付の愛なんて、変なものがあるから、ほんとに孤独感を感じるものです。

JWを離れることは、俺個人として、大賛成ですが、その道のりも決して楽ではないんですよ。
そこをしっかり覚えておいてください。
二世だから、エホ証に自然に組み込まれたことは、残念なことです。
しかし、この社会、エホ証を辞めたからなどという同情は集まらないんです。
そこをしっかりと頭に叩き込んでおく必要があります。

仕事がないなんて、あきらめているようじゃ、どうにもなりません。
仕事を探すんです。一から出直すって決めたんだから、必死で探さなきゃ。
仕事を選ぶ必要はあるでしょうが、贅沢は言ってられないんですよ。

何を書いてるかわかんなくなったけど、俺がなぜ新聞屋さんなのか、この仕事を続けているか、生い立ちを次の記事に書きます。
この記事自体も、俺個人の考えですが、参考になる方は、参考にしてください。
もちろん、いろんなご意見があろうと思います。それをわかった上での記事ですので、ご理解いただきたい。
そして、ご意見コメントも大歓迎です。人それぞれの思いや考えも、これからを考える人には、参考になるはずですから。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:50Comments(4)TrackBack(0)JW | ただの日記

正解!

f5af2e2c.jpgそう、納豆かきまぜ棒です。

知ってる人は知ってるんだろうが、便利グッズの中でも、こいつは素晴らしい。

納豆のネバネバが、めちゃくちゃ出て来るんだよな。
箸でやると、箸が傷むので、こいつは最高です。

納豆は、粒が潰れて、ネバネバだけでもいいねぇ。
ネバネバだけのチューブとか、ないのかな?あったら、間違いなく買うね。
1週間に、3日は納豆ご飯食べます。朝飯に最高でしょ?

イカ納豆もうまいしさ。天ぷらにしてもうまいし、うどんに入れても最高。
栄養も結構あるし、なにせ安い。

臭い食べ物が好きなので、納豆の匂いなどは最高です。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:18Comments(3)TrackBack(0)写真 | ただの日記

2006年07月19日

これなんだ?

b91dcb86.jpg俺の生活になくてはならないものです。
他のモノで代用ができますが、これ最高です。

答えは明日の昼に。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:26Comments(3)TrackBack(0)ただの日記 

お祈りって・・・

極楽とんぼの、山本 圭壱が、未成年との飲酒・淫行で、所属事務所解雇ということですね。
擁護するわけじゃないが、被害届けを出した女性も、ビジネスホテルまで付いて行くというのは、どうなんだろう。
まぁ、山本が、現因だから・・・自業自得ではあるので、深い反省をしていただきたい。

さて、JWサイトでは、この最近、「ものみの塔 農場」で働く、おそらくJW内部では霊性の高いとされる人物が、捕まったニュースがありますね。
詳細はご存知でしょうから、ここでは深く取り上げませんが、最悪ですね。
アメリカの話ですから、日本では、現役に知らされる事はないでしょう。(特に末端には)この辺はちゃんと知りたいな。

 一人の人間が、不完全な状態で起した事なので、とかげの尻尾きり的扱いで終わりでしょうし、人間というのは、自分の身に降りかからないことには、無関心である場合が多いですから、この問題も、下火になるのを待っているでしょうね。

 しかし、問題は違うところにあると思うんです。JWって、他の宗教の問題であるとか、この世の終わりの予兆として起こる問題を、解決に導くと豪語してるんですよ。世の人の起こしたことには、あれやこれやケチをつけると言うか、もっともらしい事を言いますよね。しかし、今回のような問題に関しては、絶対に情報を隠す(彼らは、伝えなかっただけというが)んですよね。内部粛清など存在しないんですよ。これについては、熱心な現役さんなら、反論もありましょうが、組織から、きちんと説明と対策は会衆発表に至るまで、あったのでしょうか?無いはずです。

 そりゃ、人間の集合体ですから、このような間違いがあっても不思議はないんです。しかし、この状況を時間の解決的なやり方、正しい事を全てやってるような、間違いが起こらない人々の集まりだという教え方をしないでいただきたい。自分達の機関紙に特集を組み、反省と、今後の対策を公表するぐらいやらないと、エホバの証人のクリーンさをアピール出来ないのでは?ニセモノ宗教だから、出来ないんでしょうけど。地域大会前にケチのつく話題でした。

 大会に行って、なにか尋ねられ、勧誘されたら、この事件はきちんと説明します。知ってるか知らないか、はっきりわかるでしょう。隠すなら、隠してください。別に論破しようなんて思ってません。救出は近いのではなく、救出はできないっていうことを体感するだけです。警戒されてるかもしれませんが、どちらにしてもブログ公表されるんです。多数のエホバの証人が、基本的にはいい人だと言う事は知っています。ただ、あの組織にいる事で、何か狂ってきてると思うのだけなので、大会の進行や、証人を攻撃する事なんてありません。元証人が、現在のエホバの証人を見て、どのように感じるのか、ちゃんとこの目で確かめに行くだけですよ。入場拒否されたら、はいれませんでしたって書きますし、その扱いに、その場で抵抗もしませんよ。写真1枚撮って、さよならです。俺はものすごく紳士に行きますんで、ご心配なさらないで下さいね。


長い前置きになりましたね。

今日はお祈りについてです。

エホ証お祈りっていうのを、実際に文体にするのは、あんまり見たことがないでしょうね。
ちょっと、思い出すだけで書いてみましょうか。
かなり古い記憶であり、間違いが混ざる可能性があります。ご指摘下されば修正させて頂きますので、よろしくお願いします。

 

天におられるエホバ神、私たちをいつも愛を持って見守られている事に感謝します。
この世が、ハルマゲドンに向かって動いていますが、私たちをいつも正しい方向に導いてくださり感謝します。
不完全な私たちが、犯す罪をお許し下さい。

時事ネタ(大体、天災被害に遭われている人々への励まし、お悔やみが多い)などを入れる。
集会や、大会ならば、プログラムの進行が正常に動いた事への感謝をする。
バプテスマを受ける人の発表がある時は、その人への祝福を祈る。
病気で苦しんでいる人がいるならば、その人の快方を祈る。
食事なら、食事が与えられた事への感謝を祈る。

まぁ、このへんは、いろんなものを折り混ぜていく。

自分一人で祈る場合には、たくさんあるが、一つ例を上げるなら、迫害・反対・イジメなどの深刻な問題の場合は…

「どうか、エホバの愛が、その人達にも示されますように。」といいますね。

語尾に、「ますように。」、「感謝します。」を使うことが多いかな。

最後に、「この祈りを、イエス・キリストの御名を通し、捧げます」 ←ちと、曖昧部分です。

「アーメン」

こんな感じだったでしょうか。

祈る時間の決まりはありませんが、集会、大会の前後・食事前は絶対。起床、就寝時は推奨されていたと記憶してます。
エホ証などで個人的に集まる場合もありましたね。
まぁ、祈れる時に祈るってのは、エホ証だけじゃありませんけど。

アーメンだけは、小さな子供も分かりますから、大きな声で言うよう言われてましたね。
手を組んだり、ひざまずく事はないですね。頭を少し下げ、目を閉じる程度でしょうか。

ここからは、裏話でしょうが、親にエホバは心を見られる方だから、口先だけの祈りはだめといわれましたよね?
いやぁ、マトモに祈った事は、数回しかありません。
あとは、集会の帰り道の事とか、全然関係無い事を考えたりしてました。
心の中で、親に対する怒りを、天罰を与えてくれと必死で祈ったことがあります。

でも、一人の食事や、給食の時は、結構真面目に祈ってた。もちろん格好だけですが。
一人の時、祈るのを止めたのは、バプを受けてからかなw
まぁ、本気でちゃんと祈る人がどれくらいいたのか、甚だ疑問ですが。

これがね、エホ証辞めてからの方が、祈りや拝む行為に対して、真剣なのは皮肉でしょうか。
無神論だけど、初詣の時は、今年も一年無事に過ごせますようになんて、真剣に思ってるんだよなぁ。
結婚式などでは、教会の牧師の祈りに、「幸せになってくれよ」なんて思ってるし。
墓参りなどでも、ばあちゃんもたまには、四国まで見に来いよなんて思ってるし。

うーん、エホ証時代の祈りが一番おふざけだったのは・・・何故だ?(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:35Comments(5)TrackBack(0)JW | JW大会

2006年07月18日

嫁の勘違い

JWに関わった人なら、誰でも知っているこの言葉・・・。

 

奉仕の僕(ほうしのしもべ)

 

ええとですね、今日の朝まで・・・

 

ほうしのぼく

 

と思っていたようですwwwwww

ある意味、ぼくでも当たっているような気もしますが、ちょっと笑わせてもらいました。

用語集ではありませんが、一応、嫁の為に解説をしておかねばなりません。
俺の知りうる知識だけですので、補足、裏話等のコメントもよろしくです。

奉仕の僕

JW会衆内で、長老のサポート役を担う男性兄弟。
俺の記憶では、女性が奉仕の僕になることはできなかったはず。
その名の通り、しもべであるからして、会衆内である程度の地位があるように見えるが、実際はそうでもない。

中間管理職というより、銀行のお客様係にある、支店の係長代理みたいな扱いでもある。
長老になるための、ひとつ前のステップとも言われる。
伝道奉仕の際には、リーダー的存在としているが、ベテラン開拓者の前では、萎縮してしまうケースも多く、何の為の役職なのかわからない。

俺の記憶する限りでは、非常にコマ遣いされる役職だったような気がしてます。
長老のように権限などないから、簡単な励ましなどをすると、おせっかい呼ばわりされたりするし。
長老からは、イヤミなどのはけ口になることもあった。

二世兄弟などは、成人すると、この僕になることも多く聞かれる。
しかし、会衆内ではベテル帰りの平兄弟の方が人気だった。(田舎だからか?)

という解釈を嫁に話したが、嫁の理解はこの一言。

「ようするに、万年係長代理みたいな感じなのね?かわいそうに。」

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:10Comments(7)TrackBack(0)JW 

2006年07月17日

車、決まりました。

この連休の間、無料だからといって、ディーラーで飲み物をガブのみした者です。
嫁・ガキも、喫茶店なんかほとんど行く機会がありませんから、頼みたい放題でございました。
おかげでお腹がタプタプです。

ええとですね・・・アルファードの話を全部消し去る事になりました。
あれだけ盛り上がったのですが、嫁の鶴の一声が・・・事の発端でした。

「エリシオン」 ええねぇ!

ブログも更新せず、ただただ、葛藤をした連休でした。

予算も・・・オプションをつけると、きちんと収まる金額になってきました。
財布は、嫁さんが握っていますので、嫁の意見はきちんと聞かねばなりません。これは、ばうちん家の家訓であります。
最終決断は、家長である俺が下すとしても、嫁の言う事を聞いていれば、だいたいアンジョウやってくれるわけです。
そういう嫁を選んだつもりですし。

ハイブリッドに関しましては、今回は見送りになりました。
ハイブリッドにするメリットが、自己満足の域を出なかった事が、全ての理由です。
金額が見合わないというのが、どうしても大きな部分です。

アルファードの値段は、欲しいオプションをつけると、350万を切る事が出来ない。
頭金をかなり入れて、残金ローンを組むと、ちょっときつかった。
と、これは何とかなる部分でもありました。が・・・・

嫁をホンダに連れて行ったのが、大きな部分です。
低重心なんですね。このお陰で、嫁の運転が楽になったようです。
あとは、値段も、嫁の考えとマッチしたんです。

後は、政治です。
会社で使う社用車が、ホンダを最近使っている事が大きな政治になりました。
値引率と、オプションが、半端なくすごかった。

この金額は、書けません。
通常の金額では出せない金額でしたから。(予想外だったんです。)
これで、嫁がオチました。ガキはカルピスお代わりで落ちました。これで即サインということに。

ということで、俺も納得をしまして、今回は決定です。

納車は8月10日を目処になります。
写真は、その時に。あー、なんか疲れたよ。でも、家族が喜んでってのが一番です。
本当によかった。全部落ち着いたしね。


ここからは、怒りの記事です。

秋田の事件ですが、最終的に、裁判で明らかになる部分でもありますが・・・

虐待連鎖であると仮定された報道もありましたけれども、それにしても酷すぎるし、容疑者を許すことが出来そうにない。
メディアに出て、自分を見てもらうことが、嬉しかったのかも知れませんが、子供を殺す必要なんかない。
なんと言ったらいいのか・・・言葉が見つからない。

娘さんの写真にある笑顔を見て、自分の事を思い出しました。

ムチをされても、酷い扱いだと思っても、少しの事で、笑顔になれた日々。
叩かれることよりも、親に捨てられるのが怖くて、エホ証を頑張ろうと思った日々。
エホ証の中にいる事を喜ぶ親の顔を見て、安心を求めた日々。

仮定でしかないけれど、娘さんもきっと同じだったんじゃないだろうか?
俺は生きているけれど、あの頃のムチは、一歩手前だよ。本当に。
その事を考えるだけで、テレビを見る目が潤みました。

エホ証だけに限ったことじゃありません。

絶対に子供はすくすく育っていかなきゃ。毎日笑って生きていかなきゃ。
苦労だってあるし、腹が立つ事もある。でも、小さな子供だからこそ、考えなきゃ。
事件の真相が、どこにあるのかは正直わからない。

ただ、もう一人でも苦しまずにいてくれ。
お願いだ。
あやかちゃん、ごうけんくん・・・大人の勝手でごめんな。
ちっちゃな事だけど、俺も嫁も、ちょっとでもできる事だけでも、何かやってみるよ。
いい事、悪い事をちゃんとわかるように、うちの子には教えるからな。

何度も言うけど、ほんのちょっとの事なんだ。
難しい事はわからんけど、親の少しの努力だけで、子供がすくすく育つこと・・・。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:06Comments(4)TrackBack(0)家族・自分 

2006年07月16日

特に意味の無い日記

秋田の事件は、結局・・・そういうことか。
ある程度、予想された結末だったとは言え、悲しい結末だ。
メディアも使い、適当なウソを重ね、目立ちたかったんだろうな。もう、死んで償って下さい。

あと、秋田県警!
あまりにもズサン過ぎです。警察の責任も免れないと思います。
ほんとなさけない。

とにかく、お二人の子供さん・・・安らかに眠って下さい。


さて、バイク話に少し盛り上がりましたので、ちょっと関連話しときましょう。

バイクに憧れたのは、中学生の時です。
「オートバイ」というカタログみたいな本を、毎月買っていました。
当時は、レーサーレプリカ系のバイクが流行っていましたので、やっぱり憧れましたね。

買えもしないバイクを、想像で買い、改造し、磨き、自分をレーサーに仕立て・・・空想しまくってた。もちろん、予算とかも計算して。
集会中も、そういう空想で逃避してた事あるなぁ。この逃避はあるよね。

バイク漫画も、憧れでした。
「バリバリ伝説」 「あいつにララバイ」 「ふたり鷹」 「750ライダー」は、今でも読みますね。
この辺は、バイク好きなら、きっと知らない人は少ないでしょう。

元エホ証の方には、バイク好きが多いですよね。
コメントを下さる方にも、今でもバイク乗りがいらっしゃる。ちょっと羨ましいけど。
俺は、現在、YAMAHA GEAR という新聞屋さん専用とも言えるスクーターですがw

どんなバイクに乗ろうが、2輪で走ってる時に見える風景は、格別なものがあります。
自転車でもそうかな。解放感って部分は、車では味わえないですね。


今日のJWネタ。

お客さんの家にお伺いしている時に、地域大会のパンフを配るエホ証と遭遇。
あのですね、話の横から、邪魔をしないように。
熱心さと、図々しさは違いますよ。少し時間を空けるなり、後日にするなりね・・・。

丁度、今週末からですもんね。大会。
嫁の興味がてら、見に行って来ます。写真が撮れたら、撮ってみよう。
ノートとか、とって見ようかな。かなり警戒されるだろうけど、パンフレットもらったんだし。
ということで、写メ速報、デジカメ日記でもしよう。

お前、暇人だろ?と言われそうですが、これもいいネタでしょう。
香川大会に出席される、来訪者の方がいらっしゃるかもしれませんが、ご心配要りませんよ。
暴れたり、邪魔なんかしません。どちらかと言えば、真剣に一般傍聴席に座ると思います。
真面目に、にこやかに拝聴させていただこうと思います。


今日は、こんな感じかな。
さぁ、暑いんで、水風呂浴びてこなきゃ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:50Comments(7)TrackBack(0)ただの日記 

2006年07月15日

あるエホ証の恋

ええとですね、本当は今日・・・今頃・・・東京行きの飛行機に乗っているはずなんですが・・・。
某JWサイトのオフ会に行く予定だったんです。
しかし、新聞屋という、予定がコロコロ変わる職種でありますし、最終調整虚しく、欠席ということに。

また今度、行くことにしましょう。


今日は、久々に排斥前の恋愛話でもしましょう。
といっても、俺の話じゃなく、ちょっと勘違いしちゃった恋話。
ある意味、ものすごく切なく、そして、ちょっと迷惑なお話です。

 当時、通信制の高校に通う俺は、VFR400Zという、ネイキッドレーサー種のバイクに乗っていました。(何人かは詳しい人がいるよね)新古車で買ってね、当時の俺には、「どこでもドア」でしたよ。通信制の高校って、楽しい事もあるんですよ。学校に灰皿があるし、ご飯も先生と一緒にできたり、先生と一緒に飲みにいったり・・・。修学旅行は、酒つきですしねw ついでに、在学していれば高校生の学生証で、割引が受けられます。意外にこれが役に立つんですよ。宝くじが当たれば、学生をもう一度やりたいって話したことがあると思うんだけど、今の頭じゃ、方程式も解けそうにないから、通信制の高校に行って、そのあと、専門分野で受け入れてくれそうな大学に行きたいですね。

 また脱線しよった。それでですね、学校に通ってるうちに、ちょっとしたバイクブームになってました。JWの学生も、そうじゃない普通の学生も、バイクで学校に行くのがちょっとした楽しみだったりしました。もちろん、真面目なJW生徒は、俺とは・・・かなり一線を引いてお付き合いしてましたけど。

 当時、通信制高校には、週3日のスクーリングの選択がありました。月曜日の全日、木曜日の夕方、日曜日の全日という3種類です。単位を取れればいいので、そのうち週1回を最低選択すればいいんですね。場合によっては、授業参加を授業ごとに決めて、振り分けて参加すればいいんだし。ある程度の自由があるんですね。ところが、エホ証の場合、選択の余地があまりないんですよ。

 俺の場合は、月曜日が書籍研究、木曜日は神権学校・奉仕会、日曜日は公開講演・ものみの塔研究ですよね。辛うじて、月曜日の昼が学校の日となるわけです。おかげで月曜日の昼は、エホ証だらけ。最初のうちは、それなりに楽しかったけど、3ヶ月もすれば、うざったいだけ。そりゃそうです。お互いに監視されたような感じですからね。学生服がないから、私服なんですけど、派手(?)っぽいものとか、絵柄などの服に、うっかり十字架なんかがついてたら、先輩エホ証にファッションCHECKですよ。文字が書いてあったら、いちいち意味まで調べるヤツもいましたから、それをいちいち言ってくるバカもいます。ちょっと怪訝そうな顔をするだけで、エホ証迂回ルートで長老の耳に。助言があるわけなんですね。女の子は可哀想だったよな。スカート一つで、授業そっちのけで、先輩姉妹から、こっぴどく言われてましたし。それも、結構、不活発なバプ受けてないヤツに、必死で何か言ってる。その子は結局、学校編入しなおして、普通高校いったし、はなれちまったよ。

 当時、20人ぐらいエホ証がいたんですが、男6:女4の割合で、いたと思う。もちろん若いから、出会いもあるし、恋もあるわけですね。俺は、その頃、例の女性と クリックして下さい。(スクロールすると、当時の恋愛話があります。) お付き合いするころですから、全くの傍観者だったんですが、見てて痛いんですよ。女の子と話すのにも、先輩兄弟の顔色を伺って、話しなきゃいけないし、先輩兄弟のお気に入りだったら、話すだけで、あとでネチネチ言われるんですね。ある若い二人がちょっといい感じになりました。それでもエホ証だから、二人きりでデートも出来ないし、会衆も違うから、しょっちゅう会える訳でもない。携帯なんか無い時代だから、自宅電話で話なんかできるわけがない。だから学校が唯一の楽しみだったろうに、先輩兄弟が恋路の邪魔をするんですね。邪魔っていっても、二人で話するのを阻止したりする程度なんですが、若い二人にはきつかったと思う。

 そうすると、月曜日のエホ証だらけのスクーリングに来なくなるんですね。そう、木曜日夜のスクーリングに行くようになるわけです。なんで俺が知ってるかというと、エホ証スケジュールから、少し離れはじめ、俺も木曜の夜に学校に行くようになったからです。木曜に集会が二人ともない会衆のようで、ちょうどよかったんじゃないかな。俺も、見て見ぬふりしてましたよ。っていうより、意外に仲がよかったかも。

 たまに月曜日のスクーリングにいくと、先輩兄弟が、みんなに聞いてるんですね。兄弟がこの最近見えなくなったけど、どうしたのか?なんて・・・でも、そのあとにおずおずと、お気に入り姉妹の事も聞いてるんですよ。これが滑稽で、笑いが止まらなかった。しかし、笑ってる場合じゃなかったんですね。事件がおこるんですよ。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 11:16Comments(9)TrackBack(0)JW 

2006年07月14日

車の見積もりを考える。

これは、一部の人にしか興味が無い話でしょう。
検索の具合によっては、まったくJWに関係無い人が、これを見るかもしれません。
ほんと、JWブログと言っておきながら、この始末ww

なんですが、元JWが、一般生活をこのように考えるって思えば、これもアリですよね。(汗)
物質欲などと言われかねませんが、これもいいネタです。
興味の無い方には、ごめんなさい。 さぁ、はじめましょう。



トヨタさんから、「アルファード」の見積もりが届きました。

ハイブリッドに関しては、今回は見送っています。
というのは、割引がガソリン車の値段から、85万円の追加でほぼ決定だからです。
もちろん、優遇を入れての値段でした。

アルファードV(G) ASリミテッドーDUAL 特別仕様車 AVN SP

本体価格 323万4000円
初回見積値引 −227,905
車両価格見積 3,006,095

税金・保険・諸費用等 404,680

オプション費用 53万円程度

合計393万円

ということでありました。

ううむ・・・ここまでいるのか。こりゃ大変だ。お金の算段つけるのに・・・どうするのが得策なんだろう?

オプションの内訳です。

シートの抗菌・防臭 18900円 ボディシーラント 63000円 マット・バイザー類 90000円
HDDナビ 310000円 ETC 22000円 バックガイドモニター 43000円 その他1万円

これを贅沢だと言われちゃ、それまでなんですが、確かに今の車にはいるものとも感じます。

価格コムとか、実勢などをそれなりに調べると、総額350万ぐらいだろうと思います。

ところが、これぐらいで引き下がるのもね・・・。
ばうちんの名に恥じない価格とサービスを手に入れたいと思いました。
ここで、交渉する方法を考えました。

これは、よくやる手なのですが、ディーラーの担当(今回は女性)に、甘い物をお土産に持っていく。
コールドリーディングなんですが、好きな物を会話中に聞き出して、それを敢えて、仕事の途中に持っていく。
その時に、値段の交渉もせず、すぐに立ち去り、当分ほっておく。

5000円ぐらいの出費ですが、ある程度の社員に回るように用意しておくと、次の対応は遥かに変わります。
買う立場が、相手をねぎらうことで、相手のペースにさせにくく出来るじゃないですか。
意外に効果があるんです。

ついに、お電話が掛かってきました。

「展示車なら、かなりの値引きが出来るんですけど・・・」

展示車も新車。多少、人の手垢がついていますが、おいしい金額を引っ張りだせそう。
どれくらいになるのかな・・・?
飛びつきもせず、来週にでも行ってみよう。

えびで鯛を釣るとまでは行きませんが、少しでも安く、少しでもおいしいサービスを受けられることが、大事ですから。
といって、この交渉を打ち切る時に、相手にあまり不快感を示されないように、準備しておくことも必要ですし。
といっても、下の記事の事を書いている分、購入をためらう自分もいるんですけどね。

俺の年間走行距離は、約10000辧
仕事の通勤には、会社の社用車・バイクを利用しますので、嫁さんの利用の方が多い気がします。
嫁の運転は、非常におとなしい(?)ですから、傷つける心配はあんまりなさそうですし。

帰省する時が、500KMぐらいです。(年1回)
釣りなどで、たくさん人数(ガキの友達)が乗ったり、釣竿を載せたり、クーラーボックス・荷物が多いですし。
そういう意味で、1BOXを選んでるわけですが、本当はステーションワゴンでもいいのかな?

ついでに言えば、からだが大きい(デブともいうw)のも、小さな車を選んでいない理由です。
購入を悩んでいる時が、一番楽しいのは事実ですね。

もし、買ったら・・・ブログに写真ぐらいは載せますけど、どうなるんだろうかな?

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:40Comments(7)TrackBack(0)家族・自分 

ばうちんの経済学?

今日の新聞記事、TVなどでも、最初に言われるのが・・・金利0%政策解除ですね。
実は一般市民には、おいしくも何ともありません。

金利が0.1%になるからといって、100万円に対する年利でもらえる金額は1000円です。(普通金利)
日本での平均貯蓄額というのが、出てますけども、富裕層も含まれたもので・・・

平均1000万ということです。
しかし、ごく普通のサラリーマン世帯で、その半分と考えてよいでしょう。

ということは、500万を定期などで預けていると考えても、5万円程度しか利子にならない。
これを喜ばしいと言ってるようじゃ、大変な事になります。

この0%解除によって、銀行から借入する金利もUPするわけです。
今日の話ですので、銀行がどのように動くかわかりません。
しかし、住宅ローンが上がる事は間違い無いんですね。

現在の住宅ローンの完全固定タイプで、3%強ぐらいです。
2000万のローンを組めば、単純な計算ですが、1年で支払う金利が60万ぐらいです。
これについては、元金が減れば、減っていきますので、当初1年目と5年目では違うんですけどね。

30年・35年の固定金利で家を購入した人は、まだいいですよね。
しかし、変動金利型のローンを組んでいる人は、金利が時の情勢によって、変わるわけです。
かくいう俺も、3年固定金利で、安い金利で払っています。

来年が、変動金利の発表なので、情勢を銀行に、さっき問い合わせました。

「3年の最終月まで、ばうちんさんの金利はわかりませんが、確実にUPします」とのことです。

自分なりにシュミレーションしてみましたが、最悪、1万円程度の支払UPになりそうです。
(完全固定に切り替えた場合は、1.5万円)

ということで、あと30年程度のローンが残ってますので、約360万円の支払が増えるわけです。
500万円の貯蓄で、5万円の年利として、30年で150万の払い戻し・・・。
結局200万以上の負担増なわけです。

現実は、繰上げ返済などをするでしょうから、ここまではいきませんが、それにしても、迷惑な話です。
銀行から借金してなければ、どうでもいい話かもしれませんが、これから家を買う人、最近家を買った人などには、深刻でしょう。
1万円の支払いが増えるというのは、たった1万円ではない。
一般家庭の1週間分の食事代に相当するんですよ。

こんなことを書くと、俺らしくないかもしれませんが、結構重要な事だと思うんです。
一時期、税金で銀行を救済し、貯蓄金利が0%で、随分と楽になったはずなのに、景気がよくなった?
一般庶民には関係ねぇよ。それで、今度は撒きあげかよ・・・。

愚痴っぽくなりましたが、これが世の中の流れなんでしょう。
生き延びる術は、自分で切り開かなきゃね。

しかし、この景気の流れは、消費税UPでまた止まると思う。
10%の消費税は、2010年までに実施されるでしょうから、その時に消費が落ち込み、景気は悪くなるだろうと思う。
その前に、お金の流れを担当する銀行は、こうでもしなきゃ生き残れないのだろうな。

TVも5年後には、完全デジタル放送になるから、TVも買わなきゃいけないし・・・。
電器屋に行ったら、やっぱ、お金いるじゃないですか。
贅沢になってるのかもしれないけど、それなりの物は欲しいわけだし。

そんなことを考えていると、将来をちゃんと考えていなけりゃな・・・って思います。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:46Comments(3)TrackBack(0)家族・自分 

2006年07月12日

まとまりのない虐待連鎖 

コメントを頂いているので、レスを後でさせて下さい。
とりあえず、全部書いちゃおうと思います。

虐待連鎖は、JWが皆そうだというのではなく、一般的にもあることです。
しかし、虐待と言えるムチと言うのが、虐待連鎖を呼ぶ可能性が十分にあることは否定できません。
あと、JWの教えから、随分逸脱しているムチで苦しんだ二世たちの存在が、昔の教えだの、個人での行ないだのと言われたくない。
その上、この世の問題を、時事ネタにして奉仕などで言うのは、かなりの矛盾だろうと。

さて、JWを離れた俺が、もし、子供を虐待してしまったらどうなるだろう?

現役さんから見れば、エホバの教えに背いたから、当然の結果となるでしょう。
元の方から見たら、ムチの影響が、そうさせた悲惨な例となるでしょうね。
未信者の方から見れば、やはり、エホバなんて、ろくな宗教じゃないと思うか、宗教関係なく、非難されるだろうなと。

俺の生活例だけで、決めつけるのは、かなり無理があるでしょう。

しかし、俺の近い場所で、ムチの虐待連鎖はおこってるんです。
これは、実際に俺が目にして、その本人に対し、めちゃくちゃ怒った事です。

彼女は、バプテスマこそ受けなかったが、それなりのJW二世でした。
ムチを兄妹揃って、理不尽に受け続け、一番上が組織から離れていったぐらいから、グレはじめた。
シンナーなどの法律に触れる事もやり始めた。

いつしか、好きな男性ができ、結婚をした。
子供ができ、最初はよかったなぁと、お祝いの気持ちだった。

しかし、ある時・・・彼女の子供がちょっと行儀の悪い事をした。
大した事じゃない。2歳児がテーブルの上に上ろうとしただけだ。
その時、発した言葉が・・・

「ムチするよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

俺は猛烈にこの言葉に怒った。
JW辞めたのなら、その言葉をやめろと・・・。
なぜなら、彼女は、自分の親にムチは虐待だと言い放っていたのを知っているからだ。

彼女の子供は、ムチの言葉を聞いた途端、泣きはじめた。
彼女は、泣く子供に、むち10回にすると追い討ちをかけた。

「親と同じ事してるんだぞ!何やってるのか分かってるのか!」

怒りに任せて言った。
ムチを虐待と言ってたのに、当の自分がやってることに気がつかないのか・・・。
その場は、何とか収まったが、落ち着いてから聞いてみた。

「道具使って無いし、手加減してる。」

違うぞ、親として、きちんと説明も、根気よく躾けることを怠って、ムチという安易な方法を選んでるだけだぞ・・・。

理解はしてもらえなかった。

彼女は、そのあと、いろいろな事情が重なり離婚した。

当初、子供達は、彼女が引き取ったが・・・・。

結局、子供の希望により、父親側(未信者)の実家が面倒を見ながら、父親と一緒に暮らしている。
表向きは、経済的事情ということになっているが、実際はムチを嫌がったための理由だった。

これはムチによる虐待連鎖であるといえる。

ムチによって、自分が苦しんだのに、自分が同じ過ちを繰り返してる。

しかし、俺は彼女に対し、怒りだけをぶつける事は出来ない。
事情があって、全ての理由を把握しているからだ。
同情も、起こしてしまった事への理由を、一部始終知り得る立場にあるからだ。

だからこそ、JWのムチ教育が余計に腹が立ち、怒りを増幅させ、時には、論点が違う事を書いてしまう事もある。
言い訳に聞こえるかもしれないが、冷静沈着に言えるほど、俺は大した人間じゃない。
事実を、自分なりに怒りにするしか能が無い事も事実だろう。
それで、批判を浴びようとも、俺にはこの書き方しか出来ないし、これを改める気も無い。
ええカッコな事は言えん。でも、これが叫びなのだと言いたいんだ。

だからといって、怒りだけでは済まさない。

元JWの戦友が、こんなことしなくてもいいように、JWを離れたことで、子供に優しくあるようにしていけると最高だと考える。
現役さんには、悪いけど・・・JWを離れた勝ち組だと、胸を張って言えるように頑張るんだ。
自分の受けた傷を、絶対に自分の子供に受け継がない。ここで止めて見せるしかない。

絶対に負けてたまるか!
絶対にくり返さないことで、JW否定の答えにしてもいい。
それぐらいの気構えでいなきゃ、ちょっとの保身で、子供の人生狂わせちまう。

批判するけど、自分の力で這いあがってやるんだ。
JWの間違いがムチだけじゃないとは知ってる、内部で改革しようとしてる人もいる。

それでもね、JWムチ教育を虐待だと言い続け、自分の行動でSTOPさせてやる。
俺一人でも頑張ってりゃ、きっと、少しでも何かの為になるはず。

ムチをされなかったり、ムチを受け入れられた人には、ご意見もあるだろう。
それはそれで、よかったことだし、うらやましい。
もし、現役さんなら、これからJW内でムチが酷くならないよう見ていって欲しい。

こと、ムチに関してだけだが、現役さんも元も、一緒に悲劇が起こらない環境を考えて欲しい。

エホバもへったくれもない。排斥も断絶も敬虔な現役の立場も関係無い。
とにかく、ムチの連鎖を絶対に起こさず、ムチ教育がなくなりゃいいだけなんだ。
それだけなんだ。

ごめんな。勝手な書き殴りで終わるけど、これで、とりあえず今回はおしまい。
結局、あとで読み返したら、支離滅裂だろうと思う。
それでも、少しでも何かを汲み取っていただけたら、それだけでいい。

つたない文章を読んでくれてありがとう。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:44Comments(9)TrackBack(0)家族・自分 | JW問題提起

まとまりのない虐待連鎖 

ムチをされる時に、痛みがありますね。小さい頃は、ただ痛いだけなんです。
痛いから、ムチされないように、子供なりに努力するんですね。

ムチを虐待というには、理由が俺にあるんです。

「何が悪かったのか、ちゃんと理解させるだけの話がない。」

よーく、考えてみて下さい。
なんでなのか、わかるように説明があっただろうか?
悪い事(?)をしたら、聖書を持ち出されただけで、ムチ何回です!って言われただけでした。
ムチの話でよく聞かれる多くのパターンです。

子供には、明確な基準がないから、何が何やらわからないままに叩かれる。
親を恐怖の存在としか捉えなくなるんじゃないでしょうか。
親の話に聖書が挟まる。これが子供にわからないんです。

条件付の愛ってことなんでしょうが、子供には辛いだけですよね。
これが続くと、親が聖書を持つと、ムチの事しか聖書に書いてないのかと考えた事もあります。
聖書を、悪魔の書いた本じゃないかと感じた時もありました。

そうすると、親がサタンなんじゃないかと感じる事もあったんです。

そんな事を思いながらも、親の言う事は聞かなきゃいけない。
痛いのがイヤだから、仕方なくでも聞いたフリをしてでも、とにかく従うように訓練されてました。
完全な恐怖政治ですよ。

実は、一度だけ子供に言った事があるんです。

「そこまで言う事が聞けんのなら、殴ってやるわ!」

ハッとして、口を閉じました・・・しかし、子供の顔が引きつってしまった。
ゴメンとは言ったけど、取り返しがつかない事を言ってしまった。

その時に、俺は子供に何に対して怒っているのか、言ってなかった。
注意を促したり、説明をしてなかった。
感情任せに言っていた。

この言葉で、子供を脅してたんです。
そう、この時は、叩けば子供が言う事を聞くと・・・一瞬でも思ったんです。
しかし、実際に叩くだけという気持ちではなかった。

口が聞けないようにしてやるという気持ちがどこかにあった。

我に返ったから、実行に移さなかっただけで、思ってしまうのは、危険な事です。

親にされた同じ事を考えてしまったんです。
自分が辛かったのに、自分の子供にそれをしようとした・・・。
それをすれば、自分がスッキリすると思ってた。

情けないですが、これが現実の俺です。

これで、悟った部分がある。

叩くことが日常化するというのは、子供への愛じゃない。
親の気持ちを落ち着かせるための、ただのエゴなんだと。
その気持ちを抑え、どうやって、子供にわかってもらうか、それを考えるのが愛なんですよ。

気持ちだけでも連鎖してたんです。

エホバの名前を使ってるだけで、親のエゴを通してるだけなのが過度のムチじゃないか。
これは虐待といわず、なんと言うんだ。

実は、ものみの塔の出版物には、このように書いてあります。

*** 家 10章 131ページ 3節 愛をもって懲らしめる価値 ***

おびただしい数の犯罪と非行を刈り取っていることは周知の事実です。多くの工業国では青少年犯罪が重大犯罪の半数余りを占めています。学校が,授業の妨害,けんか,悪口,わいせつ行為,破壊行為,暴行,強かつ,放火,盗み,強姦,麻薬,殺人の温床になっている所が世界にいくつかあります。ある大国の教職員連盟のスポークスマンによれば,しつけの問題は学校が低学年の児童にそれを行なっていないことに起因しており,また非行の原因は,家庭の崩壊と親が子弟のために行動の基準を設ける意志を持たないところにあるということです。『同じ家族の中で犯罪を犯す者と犯さない者とが出るのはなぜか』という問題を取り上げて,「大英百科事典」は次のように述べています。「家庭における懲らしめの方針が手ぬる過ぎるか,厳し過ぎるか,あるいはひどく一貫性を欠いているかしているかもしれない。米国が行なった調査によると,犯罪者の約七割は理に合わない懲らしめと関係があるようだ」。

*** 家 10章 132‐133ページ 5‐8節 愛をもって懲らしめる価値 ***

5 体罰は子供の命を救うものともなります。なぜなら,神のみ言葉聖書には,「単なる少年から懲らしめを差し控えてはならない。あなたが彼を細棒でたたいても,彼は死なない。細棒をもってあなたは彼をたたくべきである。その魂をシェオールから救い出すために」とあるからです。さらに,「愚かさが少年の心に結び付いている。懲らしめの細棒がそれを彼から遠くに取り除くものとなる」とも述べられています。(箴 23:13,14; 22:15,新)子供の生がいにわたる利益を大切に考える親なら,弱気を出したり,うっかりしたりして,懲らしめを与えずにすますようなことはないでしょう。必要なときには愛を動機として賢明かつ公正な処置を講じます。

6 懲らしめそのものは,必ずしも罰を与えることに限られていません。懲らしめの基本的な意味は,「一定の秩序もしくはわく組みを堅く守る教育および訓練」です。ですから箴言 8章33節(新)は,『懲らしめを感じなさい』ではなく,「懲らしめを聴き,賢くなりなさい」となっています。テモテ第二 2章24,25節によれば,クリスチャンは「すべての人に対して穏やかで,教える資格を備え,苦境のもとでも自分を制し,好意的でない人たちを柔和な態度で諭すことが必要です」。ここに出ている「諭す」という語は,懲らしめに相当するギリシャ語の訳です。その同じギリシャ語はヘブライ 12章9節ではそのように訳されています。「わたしたちは,わたしたちを懲らしめてくれた地的な父親に然るべき敬意を払いました。霊的な父にはなおさらのこと進んで服して,命を得るべきではないでしょうか」―新英訳聖書。

7 悪行を大目に見て処罰しない支配者が市民から尊敬されないのと同様に,懲らしめることをしない親は子供から尊敬されません。正しい懲らしめは子供にとっては親が自分のことを気にかけてくれる証拠です。また,それは家庭の平和に役立ちます。なぜなら,「それによって訓練された人に,平和な実,すなわち義を生み出す」からです。(ヘブライ 12:11)どの家庭でも不従順で行儀の悪い子供はいらいらの種になります。また本人も決して幸福ではなく,自分に対してさえ満足できません。『あなたの子を懲らしなさい。そうすれば,あなたに休みをもたらし,あなたの魂に多くの喜びを与えるでしょう』。(箴 29:17,新)き然としたなかにも愛情をこめて正すと,子供はある程度新しい見方をするようになり新しく出直すことができ,気持ち良く付き合えるようになることが少なくありません。懲らしめは確かに『平和な実を生み出し』ます。

8 『エホバは自分の愛する者を懲らしめられます』。(ヘブライ 12:6)子供の最善の福祉をほんとうに心に掛けている親も同じです。懲らしめは愛に基づいて与えられねばなりません。子供の悪行にかっとなるのはよくあることかもしれませんが,聖書が教えている通り,人は『苦境のもとでも自分を制する』ことが大切です。(テモテ第二 2:24)冷静になってみると,子供の罪はそう大したことではないように思えるかもしれません。『人の洞察力は確かにその人の怒りを遅くします。違犯を過ぎ越すことはその人の美です』。(箴 19:11,新。伝道 7:8,9もご覧ください。)子供がひどく疲れていたとか気分がよくなかったというような,酌量すべき事情があるかもしれません。言われていたことをすっかり忘れていたかもしれません。大人でもそういうことがあるのではないでしょうか。しかし,たとえ見過ごすわけにいかない悪行の場合でも,懲らしめは,前後を忘れてどなりつけたりぶったりする,親のいきり立った感情をぶちまけるだけのものとなってはなりません。懲らしめには諭すことも含まれています。親がかっと怒るなら,子供は自制することではなく自制を失うことを学びます。正しく懲らしめられた場合のような,親に鍛えられているという感じはありません。ですから,平衡を取ることは非常に大切です。それは平和に役立ちます。

引用資料の著作権は宗教法人 ものみの塔聖書冊子協会 発行の出版物より引用

著作権 留保

この本には、まだいろいろ書いてあるんですが、

理に合わない懲らしめをしていたエホバの証人というのは・・・どうなるの?

俺の時代、この本に書かれている逆の懲らしめが横行してましたが・・・。

それが、模範的なエホバの証人を今でも続けているのは、何故?

俺が子供に間違った懲らしめと言う名の、虐待をしなかったのは、良かったです。
本当によかった。
それでも、そう考えてしまった自分は責めます。

今回は虐待連鎖を考えるだけですが、エホ証を離れた自分だから、こう考えられると思うんです。

あのまま、書いてある事と逆に行動し、模範的とされる所にいたのなら、このようには感じなかった可能性大です。

どのように皆さんが感じられるかわかりませんが、これも俺の事実なんです。
そして、JWに何を感じるのか・・・

偉そうに書くのなら、徹底しろ!

ちょっと、まとまりがなさ過ぎるかもしれませんが、ごめんなさい。
熱意だけ汲んで下さい。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:34Comments(10)TrackBack(0)家族・自分 | JW問題提起

まとまりがないけど、虐待連鎖   覆个Δ舛鹽考証)

以前、この問題を取り上げると言ってまして、自分なりに検索したりして調べました。
起こりえる事由と、対策やカウンセラーなどがいろいろあるんですね。
これについては、いろいろな方法があるそうなので、ここでは書かないでおきましょう。

やはり、ここはJWブログ。

それも俺の持ち味もありますんで、不愉快にさせる部分があるかもしれませんが、自分なりの経験などから、話します。

JWがムチをどのように捉えているか、出版物などをまとめたライブラリをみました。
どのようにも取れる記述なんですね。
懲らしめが必要であることを、記述してありますが、過剰なムチを奨励したと、完全に言いきれる記述を見つける事はできませんでした。
(俺の検索能力不足かもしれませんが)

「じゃぁ、ムチで大騒ぎしている元二世の言う事は嘘じゃないか?」

違います。

JWが言ってない事を、組織が容認していたと言うことだと考えられます。
それは、これまで俺が書いた記事であったり、JW問題を扱うサイトなら、当たり前に出てきます。
ウソだと言うのなら、物証までは出て来ないんですね。

「じゃぁ、証人個人レベルで間違った解釈をしていただけで、組織に問題はないのでは?」

個人レベルで?
王国会館、大会会場などでムチをする証人が、多数いたことを個人レベルだと?
第二会場などが、ムチをする部屋として認知されていた事を個人レベルだと?
ムチの方法を、司会者や、ベテラン証人が教えていることが、個人レベルだと?

確実に組織レベルじゃないですか。

「今はそんな光景見かけない。あるいは、私はそうでなかった。」

見かけなくなった分、いいことですね。でも、今でも報告されてるものを聞きます。
聞いただけで、実証出来ないと言われるなら、無いと言う実証が出来ますか?
絶対に出来ない。

これぐらいは先に書いておかないと、話が前に進まないと思います。

ムチの状況は、確かに人によって違いますが、苦しんだ人数が半端じゃない。
ムチネタで、会話を弾ませる現役さんもいらっしゃるようですが、JWとしての認識を疑いますね。

さて、長い前置きはここまでとして、本題に戻りましょう。

怒られる、叱られるというのは、子供であれば、誰でも一度は体験することです。
それには、理由があるわけですね。
理由と、子供自身の反省や、後悔があって初めて、怒られる、叱られるが存在するんだと思います。

あとは、しつけの問題でしょうか。
個々、家の、関わる場所などでの躾はあるでしょう。
それは、うちにもあります。うちにはゲーム誓約書っていうのが、存在するくらいです。

ただ、怒られることが、過度に叩く、殴る、水につける、裸で外に放り出す、やけどさせるなどに繋がりますか?
愛がある懲らしめに繋がりますか?
繋がるというなら、人間としての見識を疑います。

JWだけに言えることではありませんが、これが虐待となり、場合によっては、子供の死を招く結果になる。
この最近、起こる悲惨な虐待事件は、どこに問題があるのか、俺にすべてわかることではないです。
仮に、説明出来たとしても、推測などでの部分も多いと思う。

じゃぁ、どうするか。

自分の体験してきた部分から、自分がどうやっているか、自分がどう感じたかを書くしかない。
これなら、自分目線でも、ある程度の書き込みが出来る。

幼少期から、大人になっていく、親になっていく過程でどういう考えになったか。
そこを書いておこうと思う。昔書いた記事とは違い、何を感じていたかを中心に書く。

このブログに、親の事を書くのが平気なのかと問う人がいるかもしれない。
平気なのではない。
書かなければ、風化しかしない。残すんだよ。いい事か悪いことなのかじゃない。
事実が、うやむやにならない事が大事なんだ。


さぁ、プロローグはここまで。

続く。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:19Comments(1)TrackBack(0)家族・自分 | JW問題提起

2006年07月11日

今更ながら、ダヴィンチ・コード

昨日、休刊日ってことで、嫁も休みをとり、映画を見に行く事に。

ワーナーマイカルへ行きまして、ゆっくり観させて頂きました。

旬も過ぎたことですし、平日の映画館など、暇そのものw 20人ぐらいしかいませんでした。席もいい席に座れましたね。

当然ですが、映画館にはポップコーン。これがなければ、映画館なんぞ行ってやりません!当然ラージサイズをお買い上げです。

 

 さてさて、ダヴィンチ・コード自体は、いろんな所で批評されていますし、ドラマ仕立てにするには、あのやり方で良いんだと思います。トム・ハンクス嫌いじゃないし。ヒロイン(?)役の女性が、イエスの血を引く者という設定には、ものすごく唖然としましたがw 聖書を考古学的に研究すると、あのような疑問にぶつかるんでしょうね。人が書いたものなのだろうと、今では勝手に思ってますが、ああいう考え方も面白い。ふーんって頷いちゃったりしましたよ。

 聖書とか、イエス・キリストのすごいなと思うのは、俺にとって唯一つ。紀元前・紀元後をキリスト誕生で世界的に認知させてるところですね。西暦って言葉も由来はそこでしょ?これだけは、すげぇって思うんですよね。ダヴィンチコードの話に戻るけど、キリストは人間って事になってるんだが、一人の人間の誕生が、暦年号の世界基準になってるなんて・・・こりゃすごい。これだけは脱帽でしかない。そこだけなんですがね。

 嫁は、聖書が、いろんな宗派の相談によって作られたってところで、神の言葉は何?なんて言ってましたが、ダヴィンチ・コードだけで、判断は出来ないし、結局は闇の中だろうなっていう感想でした。マグダラのマリアといっても、諸説がありすぎて、どこまでがどうなのかわかりませんし、偉い人がいろいろ言ってるのが、正しいわけでもなく、推測に基いたものとしか言えないわけですよね。ミステリーな部分でいいような気がします。

 ただ、一つ思ったのは、シオン教会ってのが、結構映画の中に出てきましたよね。そういえば、JWって一番最初は・・・「シオンものみの塔・・・・」でした。関係あるのかな?なんて思っちゃいました。確かにフリーメイソンの紋章の石碑があることですし、あれを考えると、JWも結構胡散臭い感じがするなぁなんて。人間の不完全を大義名分にしてるけど、結構いいかげんなものなんじゃないかと。いきなり、キリスト没から、約1800年後にあれこれ本物だと、新しい光だといっちゃってるけど、神のお告げは絶対無いだろうな。どちらにしても、この話をすると、長くなっちゃうし、いくらでも自分の考えが混ざっちゃうので、やめにしましょう。

 エホ証の起源をしったところで、俺には自分の体験した時代、現在のJW動向がネタのすべてであって、あれこれ調べられないや。一つ勉強になったのは、エホ証にいたから、この映画を楽しむ土台が人よりも多くあった事だけですね。嫁も普通の人よりは楽しめたみたいですし。これでいいんでしょう。

 映画を観て、ちょっと豪華なイタ飯ランチを楽しみ、嫁と休刊日デートが出来るってのは、限りなくうれしいもんです。普段、子供がいると・・・なかなかゆっくりご飯も食べられませんし、子供中心の外食ってなれば、ファミレス・うどん屋・ラーメン・回転すし・焼肉(チェーン店)みたいなところを中心にするのが、子供も喜ぶじゃないですか。これはこれでいいんですけど、たまにはゆっくり食事を楽しみたいってのもありますよね。平日休みがあると、これが昼間だけだが楽しめるってのが、俺にとっての贅沢だったりします。

 あとは、車がさすがにヘタってきたので、買い替えを考える時期になりました。今乗ってる車は、12年目に突入し、子供の成長もありましたし、釣りの荷物もたくさん楽に積みたいってことで、1BOXカーを観に行きました。ディーラーに行くのは、プライベートでは久しぶりです。タダのジュースをがぶ飲みし、記念品をもらえるだけ貰い(当然です!もらえる物は全部貰う)、図々しいと思われるかもしれませんが、更に店員さんに物欲しそうな目線を送り、カタログと一緒に持ち帰りました。ある程度、車種は決めているのですが、もし、車に詳しい方がいらっしゃいましたら、購入アドバイスなんぞ下さい。ちなみに、嫁と俺は・・・トヨタ「アルファード」に惚れました。

久々に書いてみたけど、読みにくい?

本調子でもない様な気がするけど、そのうちいつもの調子に戻るからさw

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:15Comments(8)TrackBack(0)家族・自分 

釣り 

af8e4f10.JPG写真はクリックしたら、大きくなります。

ベラですね。このクラスは刺身でも美味。

焼いて、ダシ醤油とみりん、お酒と酢、鷹の爪
で作った漬け汁につけて、食べるのもうまいですね。


ということで、見せられる写真がこれぐらいしか無い。
マジで、あとはヤバイのなんの・・・www

安定した護岸だからこその格好ですが、なるだけ靴ぐらいは履きましょう。
非常に楽しい1日でした。
子供達は、チビふぐとおせん(スズメダイ)という、食べられない魚を大量に釣ってました。

まぁ、いいんですよ。
何が釣れても、釣れたと言うのは自信になるんです。
リールの巻き方、竿の動かし方、エサのつけ方、全部の努力が身になるんです。

大人になった時、ひ弱に、魚が触れん、エサが気持ち悪いなんて男になって欲しくない。
子供に教えることって、こんなことが大事だったりします。
おもろいのになぁ。釣り。

釣果は、ベラ・キス・アイナメがおかずになるだけ釣れました。
今から夏休みに入るから、自然の海水浴出来る場所で、釣りも一緒に楽しむぜぃ。
遊びばっか?子供が喜び、俺も楽しむ。これがレジャーってもんだ。(豪語)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:40Comments(2)TrackBack(0)家族・自分 | 写真

釣りに行った俺。

写真削除しました。

嫁が、ちょろちょろ撮ったものです。

あと1枚UPさせるけど、あとはNGだ。

何故かって・・・。

悲惨なんだ。お腹の出っ張り具合とか、シャツが薄くてさ・・・乳首がわかるからwww

写っているのは、ガキと友達ですね。顔が写ってるのが、うちのガキ。
俺は、テトラポットに飛び乗り、魚を引き上げています。
ガキ共は、自分達の釣りが飽きて、人の釣りを見たり、お菓子食ったりしてました。

釣りが初体験な友達達は、生きた魚をおっかなビックリで触る。
場所は、この辺です。徳島県鳴門市北灘町大浦

ちょっと風がきつかったけど、釣果としては、まずまずのものでした。
ただーし・・・ここからは、嫁の一言。

「日焼け止めと、できれば、薄い長袖着ないと、あとが辛い」 だそうです。

ええ、全員・・・もろ焼けしまして、うははははは。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:19Comments(3)TrackBack(0)写真 | 家族・自分

お待たせしました。

ええとですね、ご迷惑おかけしました。

本日再開します。

問題解決しましたので、いつもどおりに再開します。

溜め込んでいましたからね。

何のお題にするか、迷っちまうですね。

予定として、釣り、ダヴィンチ・コード見てきた、仕事、JWお花畑雑感と、よりどりみどりです。

さぁ、久々に、ばうちん節復活です!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 08:23Comments(3)TrackBack(0)連絡事項 

2006年07月07日

緊急ですが

当面、ブログの更新を、停止します。

ブログ運営上、非常に深刻な問題が生じました。

これに関しましては、最悪の事も考えて、理由の公表は控えます。

ご迷惑をおかけしますが、問題解決するまで、ご理解下さりますようお願いいたします。

なるだけ早い再開を考えておりますが、予定は未定です。

申し訳ございません。

ばうちんのゆっくり日記 管理人  ばうちん

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:01Comments(0)TrackBack(0)連絡事項 

一部の地域を除き

七夕であります。

♪さぁさのぉーはー、さらぁ、さらぁ・・・♪

と、こんな歌も歌いますなぁ。

短いながら、コメントだけたくさん来るように、この書き逃げ。

「お願い事ありましたら、書き込んでください。ばうちんは、叶えられませんが。」

俺の願いですか?

「毎日、楽しく暮らせますように。」これだけです。

願いはたくさんあり過ぎるが、結局これに繋がるからね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:05Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 

2006年07月06日

こりゃぁぁぁぁ!

記事だけだが・・・・

何ヤッとんじゃぁぁぁぁ!

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2167673/detail?rd

お国の安全守る前に、子供の命を守れってんだぁ!

感情に任せて言ってやるわ!

こんな事だから、テポドン問題解決できんのじゃぁぁぁ!

謝ってすむ問題じゃないからね!はぁぁぁ!

頼む。子供だけは・・・貧乏でも何でもいいから、きちんと大人にしてやってくれ。マジで頼むよ。
こういうの聞くたびに、情けなくって、ものすごい辛い。

ごめんな、天国信じてないけどさ、天国あればいいのにな・・・

安らかに眠って下さい。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:59Comments(7)TrackBack(0)

久々に、独演会

四国地方は大雨だと報道されてますが、小雨パラパラしか降らない高松です。
今年も水不足にならぬ事を祈ってやみません。
というより、香川県の水がめ、高知県の早明浦ダムの貯水率があればいいだけなんですが。

みなさんが思われるより、遥かに水事情が悪いんですよ。
毎年、取水制限があるのは、当たり前です。
ポリ缶とかが、メチャクチャ売れますし。「風が吹けば、桶屋が儲かる」とは、このことだと思ったぐらいですからw

さて今日のお題にいきましょう。
気になれば、コメント入れちゃってくださいね。

親と問答した時に、輸血の事を書き忘れてました。
これについては、HPの方に、書いてあるんですが、あれで、言いたい事は言ったと思います。
詳しい方もいらっしゃるし、改めて何かを書くと言うわけではないですが・・・
熱心な現役さんと話すると、非常に言い合いになりかねないんですね。

まぁ、少し聞いて下さいな。
親が主張して譲らない、JW教義から、ちょっと俺なりの答えを書いてみた。

聖書は、科学的にも、歴史検証も全て正しいのだから、輸血は間違っている。

いや、聖書に輸血しちゃいけないとは書いてない。
命を粗末にしちゃいけないんじゃなかったっけ?
誰が、正しいと検証したの?JWでしょ?科学者がそういった?それは都合のいい引用をしただけじゃないの?
組織が、教理変更、決まりの解釈や、指導方法をコロコロ変えてるのはなぜ?
またお得意の「新しい光」が降り注いだの?

これには、きちんと答えは帰ってきません。

分画製剤などの使用はOKだが、あくまで良心に基くこと。エホバへの信仰は、証人個人がどのようにエホバに示すかは、自由。

いやいや、エホバの信仰が自由なら、排斥事項にしてどうするの?
わざわざ、組織からの見解は必要ないのじゃないのか?どうして、医療機関の紹介まで部門を作るのか、その言い分からはつじつまが合わない。

昔は、検証が正確になされてなかったことと、医学の進歩で、安全性がある程度立証されたとのこと。

分画製剤等が、血液成分を多く含んでいても、受け入れるか、受け入れないかは、強制もしてない。そこを理解しないで批判するな。

血を避けろとの原則を覆してどうするんだ?科学的に何の実証をしたというのだ。理解しないというが、言い分が理解出来ない。
そこを理解したとして、今まで死んだ人に対して、組織は罪を背負うのではないの?
組織の人間の間違いは、どうやって償っていくの?楽園でゴメンネとかあやまるの?

 

 

「謝ろうか?私が。」

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

何様なんだろうか・・・。
あなたは、統治体の偉いサンですか?末端が謝ったらいいとのご指導なのか?
実際は、この辺から、決裂だとの判断なんですよ。

これでわかったこともあるんです。

皆さんも、お聞きになった事があると思いますが・・・

「頭でっかちの知識が、エホバへの信仰ではない。エホバを信じることが大事」

これを、ばうちんが日本語に訳してみます。

「出版物以外の知識は必要ない。統治体の言う事を聞く事が信仰。エホバを信じるとはそういうことなのだ。」

これで合ってると思うんですが・・・。

きっと、親は、組織に最高の末端証人でしょう。

「ものみの塔 最高水準 模範的 エホバの証人」 なんだと思います。

組織に信仰しているのではなく、エホバに信仰しているという母親が、これを言うと・・・どこに信仰をおいているのか・・・
まったく逆なんですけどね。

これをマインドコントロールとか、洗脳とかいうのでしょう。
MCや、洗脳の定義は、詳しく知りませんが、そんなもん、グチャグチャ言ったって、俺からみれば一緒ですよ。

考え方を変えてみました。

エホバの証人を抜けて欲しいと願う自分はいますが、それは二も三も、五の次。

マトモに人の話を聞けるようになって欲しい。
人の話している途中に、さえぎるように反論しない。
謙遜さだのをいうのなら、間違いを素直に認める人になって欲しい。
自分の言葉で、子供に向き合って欲しい。

これってね、おそらく出版物に、言い回しを変えて書いてあるはずです。
ライブラリ・出版物を持ってる方は、一度調べてみて下さい。(俺もちょっと調べてみよう)
エホバを加えて、それっぽく書いてあるでしょうなぁ。

出版物に、講釈を先に書き、とことん勝手な主張したあとに、とってつけたように、聖句を載せないでいただきたいですな。

それじゃ、聖書を研究してるんじゃ無いんですよ。末端はそこまで考えられないんです。
もちろん、そこまで考えられないように、出版物を使うのも手口でしょうね。

今日、こんな事を書くのは、何故かって?

ライブラリ見てたら、むかっ腹が立ってきたからさ!

でも、ライブラリは、突っ込みどころ満載ですね。有効にありがたく使わせていただきます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:11Comments(5)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW問題提起

2006年07月05日

さてと、

昨日は申し訳なかったね。

今日は、エホバの証人を辞めた直後の後ろめたさってことで、書こうとおもう。

時々、メールで頂くことでもあったのだが、辞めた人が弱者という立場で書く。


俺が排斥された理由はご存知だろう。
排斥処分になり、一時期は塞ぎ込んだ。へんてこりんな行動もしたよ。
街を歩く時も、エホ証を見かけると、隠れたりしたこともあった。

後ろめたいのだろうか、恥ずかしいのだろうか、何かを言われてると思うのか・・・。いろんな理由が重なって、コソコソしてたようにも思う。
これは皆さんにも体験があるんじゃないかな?強がらなくてもいいよ。それが当たり前だしね。
現役さんが見れば、怒るかも知れないが、俺が排斥されてから、対峙した時に、影でどのように言われたか・・・。様々事例を書いておく。
実は、どうってないことを・・・。

 ,發蹐卜笋燭ぬ椶任海舛蕕鮓て、蔑んだ感じでコソコソ話をする。(こういう時は、向こうが大人数の場合が多い)

皆さんが、俺と同じ体験をしたなら、こういう例はどこでもあるのでしょう。
辞めて直後なら、ものすごい不安になるかもしれないし、人の組織に躓いて、JWを辞めた(エホ証的表現)から、人が怖いってのもあるでしょうね。
エホ証として過ごしてきたのだから、実社会で自信がなかったりする部分もあるから、いじめられてる気分になるかもしれませんね。
確かに、辛い気分になるし、人に悪く言われていい気分になるわけがない。落ち込みますよ…。最初のうちはね。

でもさ、考えてみれば、この程度の行動しかできないエホ証は、ハルマゲドンなんて通過できません。
断言したっていい。エホ証論で言えば、愛がないヤツらですからね。付き合いを避けることは決まりでしょうが、蔑んではダメですからね。
多分、聖書にも書いてあるんじゃないですか?どんな人にも愛を示さねばならん・・・ぐらいのことは。
出版物でしか、教義を取り入れないし、ろくな会衆指導してもらえない哀れな証人です。

許してあげましょう。あの人達も世の人から見れば、かわいそうなんですから。
自分がエホ証だった時、奉仕に出てたら、恥ずかしいとか、周りを意識した事はないですか?
きっとコソコソ話しか出来ない連中も、その一人です。

俺の場合は、ある時期から、そういう時は自分から近付いていきましたよ。

「何かあるんですか?」

大丈夫、あの人達から離れてくれます。意外にそんなものです。怖くも恥ずかしくもありませんよ。
逆に言えば、付き合いをしないって言われたからって、たかだか20万人に言われただけでしょ?
日本には1億人以上いるんです。何の心配も要らないんですね。
堂々としてりゃいいんです。そこのけそこのけの気分でいれば、相手が道を譲ってくれますってw

◆.船薀辰箸澆董会釈まではいかなくても、笑顔だったり、寂しそうな顔をされる。(あくまでも心から)

こういう人は、きっと、人間として優しい人なんでしょう。
相手に迷惑がかからない程度に、会釈すりゃいいんですよ。きっと相手も安心しますって。
こちらから近付く必要もないですし、元気な姿をお互い見ることで、心もすっきりしてると思うよ。

 何もなかったかのように、動じず、我が道を行く。

エホ証として立派なんだろうと思う。何を信じるも個人の自由。こちらも堂々と普通にしてましょう。相手は何にも感じてません。

大したアドバイスじゃありませんが、このぐらいに考えときゃ、別に困りませんよ。

大体ね、エホ証自体の方が、コソコソしてる行動が多いと思います。
誤解される行動や、あるいは、エホ証のルールを破ってる証人などは、基本的にコソコソしてなきゃいけないでしょ?
望ましく無い行動は、助言されたりするわけですし。

実際に、コソコソしてる行動を見た事もあるし、ネットなどでも、現役さんとは思えない行動も目にしますよね。
それでいて、元証人を非難するこそ、お門違いでしょ?
コソコソしてるのは、どっちなんでしょう?そこを考えれば、辞めた人が卑屈になる理由はどこにもありませんよ。

今からの脱JW生活をしっかり楽しみ、謳歌して下さいね。

そして、JW生活のことを忘れて行くようになったら、それでいいんですよ。
現JWの非難もしなくなったら、それは完全な脱出といっていいでしょう。

もちろん、元JWと交流するのもいいですよね。酒の肴にでも出来るようになれば最高です。
そこまでの道のりは、非常に辛いかもしれませんけどね。

きっと、反JW系サイトって、最終的目的地は、みんな同じ所にあるのかもしれません。

今日は、現役の人には辛辣に書いたかもしれないけど、立場を考えて書いたから。
おそらく、ここに来てる現役の人は、組織を離れたからぐらいで、蔑んだりする人じゃないでしょ?

俺は、これからもJW非難するし、自分のしょうもない体験は書き込んでいく。決して俺は強い人間じゃない。
どちらかといえば、人の顔色を伺い、揉め事を避けて通る方だと思う。結構ヘタレな部分もあるんだよ。
これ読んで、ちょっと勇気が出たなら、俺も嬉しいかな。

毎日、朝は来るし、時計は止まらないんですよ。
生きてる限り、どんな人にも与えられるんだからね。楽しまなきゃ損です。


どうして、JWのことばかり書かないブログなのかは、この記事に集約されてるよ。

JW離れて、いろいろあったけど、世の中には、こんなに楽しい事もあるんだよってさ。

まっ、それでも元エホ証の戦友がこんなにもいて、元気や勇気をもらってるから、こうやってブログを続けていられるのかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:37Comments(3)TrackBack(0)JW | JW問題提起

2006年07月04日

たった一人に伝える記事

タイトル通り、これをよく読んでください。

他の皆さんには、申し訳ないが、当ブログ運営上、どんなコメントにも、レスをつけるという決まりに反するのだが、対象者には、記事上でいう必要を感じた。

これに異議を唱えるのなら、唱えれば良い。WEB上にコメントしている以上、誰の目にも触れられるコメントに返事と、考えを言ってる俺に文句は言えまい。

★ 舞さん

何度も言うが、このブログの空気を読めないと言ってるね?
読めないなら、コメントをする前にROMしたらどうだろうか?別に閲覧だけでもいいんですよ。そこまで拒否はしない。

ただのアンチなら、ここの住人の皆さんが相手をしてくださるだろう。どんな返事かは知らんがね。そういうときは、敢えて削除もしないよ。
記事に否定意見するのもいいだろう。それはそれで、貴重な意見かもしれない。
俺の間違いや、感覚の違いで、ご指摘を下さった方もいる。そこは認める事もするし、やりすぎた時は謝ったり、訂正した事もある。

俺は、自分の話すべてに自信をもって書いているわけではない。書き殴りの要素もあるから、冷静な判断じゃ無い場合もある。
それを指摘されたり、ご意見を頂けば修正だってするよ。
その行為は、常にしなきゃいけないとも思う。誰かの知恵を借り、読み手に支えられてる感謝もあるんだよ。
謙遜なんじゃないけど、正直助かってるからね。だからといって、自分の思いは伝えてるはずだ。好き嫌いはあろうが、どっかでバカにされてるらしいが、お構いなしだよ。
俺だって、受け入れ難いJW系サイトはある。しかし、そのサイト批判などしない。それなりの思いや考えがあって、サイトを作ってるわけだから。
自分の城は、自分が王様。裸の王様ではいけないが、王様がルールを決める、気に入らなきゃ、城から、人がいなくなるだけなんだから。

聖書の勉強をしたいのなら、なさればいいし、よりいいサイトがあるでしょ?
エホバの証人と交流を持ち、勉強会をなさるのは、そりゃご自由だ。
自分のブログに、自分の解釈を持ち込むのも自由です。

ここは、違う。

聖書も研究しないし、どちらかといえば、自分のJW体験や、現在の生活を書き殴り、エホバの証人から脱したい人や、出てきた人が集まる場所だ。
エホバを信じていようが、組織には完全否定をしている人が多いのも事実。

エホバとエホバの証人を履き違えてもいないですよ。

エホバはいません。エホバの証人組織と、教義を書き違えて異常な行動をするエホ証は、批判していきますし、俺の解釈でなんとでも書きます。
勘違いなさるな。俺の絶対的お花畑に、そのご意見は受け付けません。
エホバの証人を10年間やってきた俺が、やってもないあなたに、エホバや聖書やエホバの証人の何を言われようが、絶対に近づけませんよ。

あのね、確かにお粗末なブログだけどね、書き方が粗末であろうと、そこら辺の甘ちゃんじゃないの。
あなたにもいろいろご苦労はあっただろうが、それを信用できないコメントはやめてください。

ここに書き込む人達が、どのように生きてきて、どのような考えを持っているのかを全部知る事は出来ない。でもね、空気は読んでるんだ。
お歳の事を言うと失礼だが、俺よりも人生の先輩でしょう?それなら、もっと考えられるはずですね。
この記事以降の、舞さんのコメント内容に期待することにします。

この記事に、舞さんのレスは不要です。
グチャグチャ書いたが、一方的な通告だと思ってもらっていい。

一言でも、何かを書けば、その時は、荒れても構わん。誰かが相手しようが、口論になろうが、放置だ。
この記事以外に、この手の話題を持ち出すな。
全て削除させてもらうから、そのつもりでいてくれ。

この記事を理解してくだされば、この記事のコメントは  0  のはずだ。

ご本人の書き込みが無い限り、他の方のコメントもしないでください。
ごめんなさいですけど。

威圧するわけじゃないけど、これは優しい書き方だからね。

管理人 ばうちん

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:23Comments(0)TrackBack(0)連絡事項 

2006年07月03日

個人的速報

みなさん、今、報道ステーション見てれば、わかるよね。

中田 英寿 選手 現役引退です。
nakata.net は、パンク寸前のアクセスです。
100%力を出せないというよりも、モチベーションが無くなったんだろうな。

真意は、自身のネットやこれからの報道だけで、判断すべきではないだろう。
あれだけ我を通した人も少ない。
とにかく、日本のサッカーを変えた人だから、やっぱすごいだろう。

特にファンでも何でも無いが、お疲れ様でした。の一言です。

彼のメッセージに、「サッカーは辞めない」 これだけで嬉しい。


いや、もう一つ。

プロレスね・・・。全日本プロレス 三冠戦 王座移動

太陽ケア選手 新チャンピオンになりました。おめでとうございます。なんとなくわかってたんだけどね・・・。

小島選手は、これでもう一つ次の階段を上がる時です。
社長をみてりゃ、わかるよね・・・。負ける度に、かならずムーブを起こし、自分の価値を高めてきたのが、「武藤 敬司」だと思う。
それを傍でしってるんだから、エースとしての新しい何かを期待したい。
もう、ベルトだけの小島ではないんだから。


たまには、JWブログで無い何かを書きたかったから、ちょうどいいかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 23:12Comments(5)TrackBack(0)ただの日記 

2006年07月02日

ポストに 2

645d9ff0.jpg俺にネタくれるのか?裏面です。

ちょっと写真が見難いでしょうから、書き出してみましょう。

一応著作権あるのかな?

 

ものみの塔 聖書冊子協会 発行の 2006 地域大会パンフレットから引用

引用始め

 「救出が近い!」と題するエホバの証人の地域大会が、2006年から2007年にかけて世界各地で開催されます。どの会場も入場自由で、寄付は一切求められません。この大会プログラムでは数多くの論題が取り上げられます。幾つかをご紹介しましょう。

■ 「あなたはだれの権威に服しますか」

これは聖書時代の出来事を題材にした劇で、神に忠節であるとはどういう意味か浮き彫りにします。

■ 家族が幸せに暮らすには

■ 若い人が不道徳な誘惑に抵抗するには

■ 「神の広告による救出は近い!」

時宜にかなったこの公開講演は大会の最終日に行なわれます。

わたしたちエホバの証人は、この大会にあなたをご招待いたします。

日時と場所は以下のとおりです。

日時 2006年7月21.22.23日  午前9時30分〜午後5時15分

場所 サンメッセ香川  高松市林町 2217-1

エホバの証人が伝えている聖書の音信についてもっとお知りになりたい方は、ぜひ大会においでください。あるいは、下記の宛先に手紙をお寄せいただくこともできます。

引用終わり

香川県高松市林町  250M地図 インテリジェント パークを探すと出てきます。)

と書いてありますね。

今ね、嫁が鋭い質問をしてきました。

「楽園は、もう完全な世界なんだよね?あのさぁ、よくみてよ。アダムとエバは、もともと完全な世界に住んでたんだよね?禁断の木の実を食べて、恥ずかしいという感情を持ったんだよね?ということは、楽園に行くと、恥ずかしいという感情はなくなるはずじゃないの?ん?服いるの?裸族でいいんじゃないの?それでさ、相変わらず季節感のない絵じゃん。長袖着る時期に、スイカは採れないよ。家も作ってるんだけど、完全ならいらないじゃん。裸族でも風邪ひかないんだしさ。」

ちょっとお花畑ですが、確かにごもっともです。

ということで、俺はご招待受けたってことで、行って来ようかな?
きっと、見つかって追い出されるんだろうなぁ。
まぁ、いいか。釣りに行くだろうしさ、仕事も忙しいだろうし、多分忘れてそうだw

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:10Comments(8)TrackBack(0)JW大会 | 写真

ポストに

940a2994.jpg嫁がポストを開けて、俺を呼ぶ。

「何か、良い感じのネタが入ってる」

「色でわかるようになるとは、私もいっぱしのJWウオッチャーだね」

おいおい、そこまで成長したのか?嫁よ・・・。

排斥者登録されてるはずの我が家にこれを?
間違えたんだよね?
うっかり入れたんだよね?取り出し損ねたんだよね?

大会の招待状もらったから、行って来ようかな?

え?

入れてくれないって?

ちょっと次の記事で、裏面説明しますです。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:07Comments(4)TrackBack(0)JW大会 | 写真

カミナリ親父炸裂

今日、俺は休み。
嫁は、休日出勤なので、ガキのお世話係です。

まぁ、小学生なので、特に面倒もかかりませんし、ご飯の事だけですな。

しかーし、今日はガキにとって悲劇だったかもしれない。

この最近、休みの日は、学校の友達と遊ぶ事も多いんですが・・・。
昔と違い、家に集まってゲームってのが主流のようです。
うちは、たまり場っぽくなってるかなぁw

まぁ、友達と遊ぶのに反対なんかしません。
仲良く遊んでくれたらいいだけです。
今日は、4人の友達が来てました。

ところが、俺も今日は朝一で仕事だったので、少し休みたかったし、HPいじくってたし・・・
あんまりうるさいと、困るわけです。
多少は、いいんですけど、子供5人いればケンカもするわけだ。

ケンカするのも、子供社会では必要でしょうし、見てたんですが・・・
キーキー声を出し、暴れはじめたので・・・

ガキにこう言いました。

「それ以上は外でやれ、うるさい。 そこでゲームするんなら、静かに遊べ」

多少は効果があるようです。
少しの間は静かにしてます。もちろん、ガキは言う事を聞くのですが、友達には言えない。
みんなの前でいったので、親友の一人は事情を察知し、それなりに遊んでた。

ところが、30分すると・・・

また忘れたように暴れはじめ、元の木阿弥。
もう一度、少し静かにしろと言ったんですが、聞く耳もたず。
返事もなけりゃ、そのまま騒ぐ・・・

はーい、もう叱りましょう。
きちんと、大人の言う事は聞かせましょう。怒鳴るくらいにねw

「お前ら!大人の言う事が聞けんのか!返事も出来んのなら、1年生からやり直せ!」

「ガキ!お前がちゃんとみんなにルールおしえんけぇ、こうなっとるんじゃ!」

「何度も同じ事を言わせるな!ええな!」

返事も帰ってきません。

「返事は!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は・・・・・・・・・・い。」

多分、よその家で叱られた事ないんだろうな。
みんな泣きそうな顔してたけど、これもいい経験だろう。
よその親が何か言ってきたら、堂々と言いますよ。

「うちにいる間は、うちのルールに従ってもらう」ってね。

ちゃんと本気で叱ってやらないと、子供だってわからないんだから。
叩く必要なんかありません。
うちの子が一番叱られます、よその子も大して変わりはありませんけど。

大人を舐めてもらっちゃ困ります。
社会のルールは、大人がちゃんと教えなきゃ。

小うるさいオッサンで結構です。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 16:49Comments(2)TrackBack(0)家族・自分