2006年10月31日

教育問題でも書いてみよう。

学童保育・・・放課後保育と言ったほうがいいのかな?
市が学校終了時に、家で子供を一人にさせないために作った施設です。
共働き、自営などで子供の帰りを待てない家庭、片親、親が障害を持っていらっしゃる場合、乳児などで手が掛かる場合に18:00まで預かってくれます。

高松市の場合は、1年生から3年生までが保育対象です。
当然、保育費用も掛かります。一般的に平日預かりで5000円と2000円弱の雑費が必要です。
夏休み等の時期も、預ける事が出来ます。(お盆、お正月はお休み)

非常に便利な施設です。
学校から、施設までの経路は引率して連れて帰ってくれますし、親は18:00までに学童施設に迎えに行くだけでOKです。

施設では、強制的に勉強を指導することはありませんが、宿題などを済ませる事も出来ます。
もちろん、施設内の遊具や学習用具を自由に使えます。
ただし、施設内の掃除を生徒で行なうことは決められています。

施設には指導員がおり、数人の指導員が常に施設に常駐して子供を指導してくれます。
あくまでも学校の管理ではなく、行政が学校と協力して作った施設ということです。

俺は、今年この学童の役員になっています。
昨日は、その役員会みたいなものがあったんですね。

そこで問題もいろいろあるということを知りました。
しかし、この問題は子の養育をしなければならない親の問題もあるのだと痛感しました。
昨日の記事ではないですが、ほんとヤバイですよ。

学童内での児童のケガも指導員の責任だけが追求されがち。

子供は、元気であることが一番ですが、指導員の言う事を聞かずにケガをしてしまっても、指導員の責任ばかりが表に出る。
指導員がキツく叱れば、保護者側から・・・理不尽とも言える苦情が出る。
これってどうなんだ?家でちゃんと教えることも大事じゃないのか?

ケガをすれば、損保会社の団体保険で、ある程度の治療費等はでるが・・・無限ではありません。
1年で500円から1000円程度の保険です。
それも、慣習でいけない事でしょうが・・・約款などの詳しい説明はないんです。

ここのブログには保険会社にお勤めの方も来られますので、その辺の詳しい事は俺よりも的確な説明も出来ると思いますが・・・
この保険は、保険会社と被保険者の接点がないのが通常です。
交渉は、学童と被保険者で行なわれ、その交渉に応じて保証が保険会社から行なわれるということです。
これは学校などで掛けてある団体保険(任意)も同じケースが多いそうです。

初めて知って、うわぁ、それって結構難しいんだななんて思いました。

実際に歯などが折れた場合、永久歯治療する場合は、成長などの問題もあり、時間が5年以上掛かるケースもあるので・・・
ものすごく保険会社でも対応の問題があります。
根治する治療ならそれほど問題になりませんが、障害を抱える結果になったり、根治が難しい場合はものすごく大変です。

すでに、事故も起こっており、損害賠償のことまで考えなければいけない状態です。
その事もあるので、施設内を走ったりしないように指導するのですが、子供は言う事は聞きにくいのが現状です。
多少のことはノビノビさせるために黙認ですが、ケガが懸念される時は指導員も注意するわけです。
しかし、言う事を聞かない・・・だからキツク言う。これ当たり前です。

しかし、保護者側は・・・「うちの子は・・・」などと指導員に食ってかかる人もいる。
こういう親に限って・・・怪我をして大変な事になると、指導員の指導にケチをつけるんですよ。
なめとんのか!

こんな事をいう親もいます。

「そのために金を払っているじゃないか!」

キミはアホですか?
5000円ポッチで、何が金ですか?
それならば、お金を十分に使って、子供に十分に指導を与えてあげなさいってw

指導員の方々には、ほんと感謝ですよ。
そりゃ、努力をしっかりとしていただくことは必要ですが、毎日・・・50名ほどの子供のお守りをしてもらってるんですから。
親が大事な事はちゃんと教える、家で指導する、これが必要なんじゃないですか?

だ・か・ら・・・

履修問題などの歪みを学校だけの責任にするわけですよ。
改めて、子供にルールを守る事、子供達の中でちゃんと決まりを作る事を教えてやらねばなぁと思いました。
マジで、子供の教育は家庭で出来る事を怠ってはいかんのです。

絶望するほどの事例もたくさんありますが、やっぱ立ち止まるわけには行きませんね。
まぁ、こんな問題があるということも知っておいて下さいね。

そうそう、文科省は来年度から・・・

全学校に放課後保育を16:30までするように指導しているそうですが・・・
予算も保育時間もお役所考えで何やってんだかww
16:30で終われる仕事など、そんなにありませんよ。

民間に指導しているといっても、それはごく一部の企業が出来る程度です。
自分の子供を預けて、自分が16:30に迎えに行きなさいってw
無理です。

あっ、どこかの県のように・・・5年間で8日出勤って手があるのかな?
立派な学校を出た割には、お粗末なお考えですなぁ。
ああ、履修がちゃんと出来なかった口ですか?

これぐらいの事を俺に言われたぐらいで腹が立つなら、お粗末官僚ですがな。
今日はこれまで。

  

Posted by gurugurubautin1234 at 11:42Comments(5)TrackBack(0)ただの日記 | 家族・自分

2006年10月30日

うーん、どうするんだ?

この最近、高校の必修漏れの事が話題になってますが・・・

今更って感じです。

これを問題視するなら、親を含む人の考えを問題にしなくてはいけないでしょうね。

学校の偏差値で、ランクを決めているのはどうなの?
親は、自分の子が通う学校にランクをつけて話しているのはどうなの?
有名大学への進学率が高い高校をありがたがるのは何故なの?

これがこの問題の答えだよ。

基準とされる授業をできなくしてったのは、こういう問題でしょう?
保護者ですよ。それに屈した先生、逆手にとって、うやむやにして名誉や金を儲けようとした経営者です。
別に問題でも何でもないです。

いい大学に入って、そこそこ上手くやれば、そこそこの就職先に入れる環境。
いい大学の生徒をありがたく受け入れる大手企業の人事。

それが日本なら、こんなこと当たり前!

今度から、公立学校は授業を完全必修にすればいいんだ。
いい大学に行きたいヤツは、私立へいってそういう勉強をする環境があると言えばいいんです。
国公立大学は、受け入れを広くして、出口(卒業)基準をウンと狭くしたらいいんだ。

その程度の問題だと思う。
勉強をするために大学に行くんだよね?将来に役立てる為に大学行くんだよね?
寄り道するために大学行くんだよね?

そこらへんを考えないから、イジメの問題もなくならんのじゃないのかね?

学校の回答も、ニ転三転した返答で、落としどころしか考えてない。
そういうヤツが、勉強(偏差値用)が出来て、この世の中で頑張るんでしょ?
それがいいって思ってるんだから、救いようがないでしょう?

こやって考えれば?

みーんなが、めちゃくちゃ頭が良かったらどうすんの?

誰もモノを作ったり、食事を作ったり、ゴミを集めたりする人もいなくなるぜw
そういう仕事や、携わる人を何かどこかで蔑んでるから、こんな事になるんだよ。

大学に行ったりすることは大事な事だと思うし、出来ればみんな行く事が望ましいと思う。
でも、そうしない人生も必要だと思うし、そういう世界があるからみんな生きていける。
高校は、そういうことを教えりゃいいんじゃないのかね?

人に優しくする事、それを国家レベルや行政レベルで考える人が大学に行けばいいんじゃないか?
それは民間にも言えることですけどね。

事件の真相はわからんけども、傷ついて死んでしまうことになった生徒もいたよね?
それがどういうことか・・・よく考えて欲しいもんだ。
マスコミの報道も、過熱したように見せてるが、事の根っこを押さえてるわけじゃない。
遺書とされる文書の公開があったのならば、その問題を徹底的に分析しろよ。

学校だけを責めてるんじゃねぇ、いじめた側とされる人が本当にいじめていたのか?
いじめと感じる行動を繰り返していたのなら、そこはキッチリ叩くべきだ。
しかし、違うのならば、真相を再度探すべきだ。

どうせ、ひと月も立てば、忘れ去られることだろう。
その程度の報道ならば、やらなきゃいいんだよ。
行政や学校側も問題の熱が冷めるのを待ってる感が否めないからね。

時間が解決する・・・これはホンとですわ。叩かれる側にとってはね。

ゆとり教育?学力低下?

そんな事を教える前に、人として何が大事なのか・・・それをきっちり教えたらいいんじゃないの?
親もそこを一生懸命教えたらいいんじゃないの?
それだけで何かが変わりそうだけどね。

ああ、今TVで学校側の説明が流れてたけど・・・「現時点では」だってさ。
見つかったら、言い訳のできる答弁ですな。
生徒に無記名で回答させるって?答えは出ないよ。

あー、それが今の日本国民の意識だということをしっかり自覚しよう。

そこから、いい方向に向くように自分で自己努力を重ねるしかないと思うよ。

いじめられた経験があるので言うけど、耐えるしかないんだ。
自分が耐えるしかないんだ。
いじめられる方にも原因があると言う人もいるけど、原因を説明できるやつがいるか?いないんだよ。
偉そうに語ってんじゃねぇ!

耐えてな、そこから這い出せるのに努力してもなぁ、環境もあって思惑通りには行かないの!
俺がそこから抜け出せたのは、人並み以上の身体能力とでかい図体があって、力でねじ伏せることが偶然出来たから。
それはね、良くないんです。
だって、力技は・・・何も産まないどころか、間違った考えに陥りやすいんです。

経験者が言うんだ、関係者の人がいれば・・・よーく考えろってんだ。

そうそう、履修の問題?そんなもん、国の強制力でなんとかやれ!

疲れてしまったよ・・・

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:02Comments(3)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月28日

本日の朝刊から・・・(シリーズ資料)

朝日新聞 大阪本社版 14版▲ 生活欄に・・・

生活保護に関する事が書いてありました。
この辺の記事は全国一緒なのかな?見る機会があったらご覧下さい。

生活保護をどれくらい受けにくい状況下であることか・・・実例で書いてあります。
弁護士などの法的な力を知っている人が申請すれば、比較的楽に申請が受けられる体質があるようです。
そうです、素人の浅知恵では申請受理が難しい可能性大です。

詳しい状況をメールで教えて下さったので、少しお知らせします。

「日本の生活保護の捕捉率は二割。申請したとしても、大半は門前払いが現状のようです。どれだけ報道されているのかは知りませんが、餓死者も出ています。ですから、かなり生活に困窮しても保護を受けるのは難しいです。もし受けられたとしても行政からかなり厳しい指導があります。当然、寄付はしないように言われるでしょう。改善が見られなければ保護は減額か打ち切りとなるんじゃないかと思います。」

そうですね、これが現実だと思います。

これを自分の実例で、香川県高松市役所に出向き、きちんと調べてみようと思います。
行政がどのように考えているのか、行政側の話もきちんと聞く事で一つの対策も建てられます。

それと、健康保険の減免処置は・・・所得証明などの書類で比較的受けやすい状況である事は事実です。

それと、この資料や記事は確定事項が明らかになれば、親御さんに話されるのが良いと思います。
なぜなら、エホバの証人をやめさせるのではなく、まず、エホバの証人を続ける為の最低限のお知らせが出来るからです。
統治体から続く指導する所から援助は期待出来ないこと、ましてや会衆の状況によっては・・・悲惨な状況になること・・・。

これって、俺に言わせればエホバの証人擁護だと思うんです。
事実をハッキリさせ、予測を立て、これに伴う対策を立てているわけですから。

これからもっと離脱組が増えると予想してます。
あるいは、エホバの証人と社会が溶け込むように、自己責任の上で現役を続ける人もいるでしょう。
統治体ではなく、自分だけの信仰を持つ人もいるでしょう。

心配なのは、エホバの証人組織に失望した時です。
その時に立ち止まってしまうのは避けないといけません。

オフ会である一人がこう言いました。

「自分が離れることで、親兄弟の置かれた状況に迷惑をかけたくなかった。」

本音で、カッコイイと思っちまいました。
この方は、ごく冷静に自分の立ち位置を判断し、離れるタイミングまで計算されてました。
そして、自分の今からを模索されています。

きっとこれからの自分の人生は上手くいくことでしょう。
しかし、親御さんの将来は心配だと思います。
親御さんに対する気持ちは人それぞれです。だからこそ・・・警鐘は鳴らして起きたいと思いました。

老後、エホバの証人を離れてしまえば、最悪の生活状態を強いられ、最悪孤独死を迎えなければならないかも知れません。
そこまで踏み込んで予測していきたいと考えています。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:28Comments(4)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

記事レスについて

「元二世が将来抱える問題シリーズ」のコメントレスはしないことにしてます。

というのは、あくまで皆さんに考えてもらって、その思いを書いてもらうようにしてますので。
この問題は、非常に大げさに書いてあると思われるかもしれません。
確かに、計算方法や試算結果が全て当たっているとは思いません。

しかし、現役の親を持つ元二世が、現役の親の将来、自分の将来を考えるという点では重要でしょうね。
おそらくここまで突っ込んで書いたものは存在しないでしょうし、正直書きにくい題材です。
俺の視点すべてではなく、ご自分の置かれた環境に当てはめてお考え下さると嬉しいです。

このことから、俺がこのシリーズにレスをつける事がないだけです。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:47Comments(0)TrackBack(0)連絡事項 

2006年10月27日

遅ればせながら。

10/25を持って、ブログ開設1周年!

何をもっても、皆様の応援のおかげです。
早いもんですね。あれこれ始めて、気がつけば1年たってた。
これにさっき気がつくぐらいだから、充実したブログライフだったのでしょうね。

これからもよろしくお願いいたします。

「ばうちんのゆっくり日記」 管理人  ばうちん

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:44Comments(7)TrackBack(0)ただの日記 | 連絡事項

粗末なものですんません

5d56c76c.jpgええ、これはあるお店のトイレに貼ってありました。

このバージョンはいろいろあるんですが、こんなにハッキリとw

いやぁ、自分の○○○を再確認しましたともwww

 

「そっと静かに手を当てて、外へもらすな黄金の(松茸の)露」

ってのが、有名ですかなぁ・・・。
ということで、ちょっと下ネタにしましょうね、今日は。

男性のモノでございますが、こいつは伸縮自在でございます。
下部のゴールデンボールに関しては、大切な役目を果たしているのでございます。

寒い場所に長時間いたり、水泳したあとのモノは・・・

それはそれはカワイイ大きさになるのでございますよ。
大きな大人のモノが、幼稚園児の通常時ほどになるのでございます。
黄金の玉に関しては、ラジエターの役目を果たすのです。

暑い時は、ダラダラに皮が伸びて放熱しているのでございます。
玉を見れば、体調が解るとまで言われているのです。
ブリーフよりも、トランクスのほうが放熱しやすいので、身体には良いとされてます。

そんなこんなで、ちょっと語ってみましたが・・・

皆さんの近くには、こんな張り紙やおもしろ便器はありますか?

そして男性諸君! こぼすなよ・・・w

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:25Comments(3)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

2006年10月26日

元JW二世が将来抱える問題 

ちょっと飛躍し過ぎて考えて見るんですが、これもあくまで俺の予測であり・・・
今日の記事は、かなりのお花畑です。
突っ込みどころが満載かも知れませんので、突っ込んでやって下さい。

2016年に時は進みます。
俺は47歳、ガキは18歳に成長しました。
夫婦揃って、共働きをしながら何とか自分たちの幸せを噛みしめています。

その頃、俺の父親が他界しました。(実際に、父親の体調は良くない)
父親の葬儀は、JW式で執り行われることになり、残された親族、つまりJWを離れた子供達が父親の遺骨を引き取る事になります。
お墓に関しては、長男である俺が管理することになりました。

父親が死んで、残された物は・・・自宅と僅かばかりの預金です。
しかし、父親の借金により自宅を売らねばならなくなります。
残ったものは、数百万の預金だけになります。

遺産の相続に関しては、思い出の品だが、お金にならないものを形見分けとして相続するのみで、現金等は母親にすべて行きます。
(実際に、俺は資産になるものに対し、相続を放棄しています。妹に関しても同じ考えです。)

自宅を売ったことにより、家を探さねばならない母親。
その頃には、家を貸してくれる不動産屋さんが少ないでしょうから、公営住宅を探すことになりそうです。
年金の受給は、遺族年金等も含め5.6万あればいいとこです。
最低の家賃で借りれるとして、1万円ぐらいで借りる事が出来ると考えます。

70歳を目前とした母親が、仕事を見つける事は難しく、当面は貯蓄を切り崩しての生活になるでしょう。
しかも、集会にしろ、奉仕にしろ、貯蓄のあるうちは必死でやるでしょう。
永遠に来る事のない「ハルマゲドン」を述べ伝えるわけです。

しかし、数年後・・・貯蓄は底を尽き、生活に困窮する自体がやってきます。
プライドの高い母親ですので、俺には何も言って来ないでしょう。
排斥された子の援助など受け取る気はサラサラないのでしょうね。

とまぁ、これで済むなら別にどうでもいいじゃんって事ですが、現実は甘くないでしょう。

妹はバプも受けてませんし、自然消滅ですから・・・非常に連絡も取りやすい状態です。
何らかの援助もするでしょうし、母親の様子を見に行くことは考えられます。
しかし、妹達もそんなに裕福ではありません。

もちろん、旦那の稼いだ給料から捻出するか、自分が働いたお金の中から、母親に援助することになるでしょう。
それでも、その頃は子供にお金がかかる時期ですし、限界があります。
予測上、2万円〜4万円の援助が限界だと考えます。
最悪を考えれば、援助がない状態も考えられます。

いい条件だとして、月に10万円程度の収入で暮らさなければならないわけです。
ここで少し最低の生活費を現在の予測で考えてみましょう。

母親の場合ですと、保険料に関しては免除される状態だと考えます。
家賃10000円、光熱費等10000円、病院などの経費10000円、食費等30000円、携帯電話5000円、雑費10000円。

合計で75000円ぐらいは最低かかると試算します。
消費税が10%になる事を考えると、80000円は必要ではないでしょうか?
何とか、ギリギリの状態で過ごせるのかな・・・?と考えますが、甘いでしょうね。

高齢になれば、それなりに暖房器具、冷房器具も必要です。
そういうものを買ったり、生活に楽しみという点で、何かしらの楽しみも必要でしょう。
それらに掛かるお金も必要です。でなければ、精神的にも参ってしまうでしょう。

そして、何よりもエホ活動です。
集会や奉仕の参加は、誰かしらが送迎してくれたりするでしょうが、書籍を買ったり、大会に参加したりするのにお金は必要です。
見栄を張りたくて、寄付箱にお金を入れたりする事も考えられます。

どう考えたって、10万は越えてしまう計算になるわけです。
となると、行政の保護を受ければいいではないかとの助言がなされるわけです。
エホ活動の送迎や、多少の物質援助はしても、いざお金になるとエホ証が出せる状態ではない。
そりゃそうです。自分たちの生活でイッパイイッパイでしょうから。

福祉課などを通して、生活保護申請に向かうことは十分に考えられます。
しかし、行政だってすんなりお金をくれるわけではありません。
調査が入ります。子供や、自分の兄弟などに扶養照会があるわけです。

この行政申請に詳しいエホ証が手続きをしたとしますが、それは自分には関係のない問題です。
扶養照会が届いた子供達はまずビックリします。
妹の配偶者は、非信者であり、もちろん配偶者の親の扶養をしなければいけないかもしれません。
さらに、母親に援助する余裕がないかもしれません。

俺の所にも扶養照会がくるでしょう。
妹と話し合いを持たねばならないでしょう。
しかし、妹と意見が一致するのは、援助をしたお金が忌み嫌うJWに1円でも廻るのならば、援助は出来ないと言うことです。

そこで母親にJWを離れるならば、援助をすると言う事になるでしょう。
しかし、現状・・・それは絶対にないと考えます。

仕方がないので、扶養照会に援助出来ないと答えます。
これ以降の手続きがどうなるのかわかりませんが、最悪は家裁に持ち込まれるケースもあるかもしれません。
そうなれば、税金と同じように義務が生じるケースがあるかもしれません。

仮に、生活保護申請が通ったとしましょう。
申し訳ないけれど、皆さんが働いて納めた税金の一部を母親のために使わせていただくことになります。
なんか矛盾ですよね。

この世の体制を批判し、ハルマゲドンを述べ伝えて、困ったら、この世の人に助けてもらうわけです。
そのお金も更にJWに搾取されるわけですよ。
働きもせず、文句だけ言って、最後はこの世にどっぷり助けてもらうわけです。

これが全国20万人いるJWのうち、どれぐらいの比率になるのでしょうか?
開拓者や、長老、監督などのJW特権者が50%になったとします。
10万人のJWが生活補助を行政から受けたら、10万円の10万倍と仮定して下さい。

10,000,000,000 です。 そう月に100億円必要なんです。年間1200億円が不労JWに流れる可能性があるんですよ。
実際はどうだろうか?この試算が大げさですか?

行政だって、こんなんなったら黙っちゃいませんよ。
意地でも扶養義務を子供達に迫ってくるのは当たり前です。

そうなれば、エホを離れた子供である俺達は、結局エホにお金を渡すと同じ行為をしてしまうでしょう。
高齢化だの、老齢化だのはバカにしてちゃダメなんです。
実際にこれは近い将来に考えられる問題だとは言えませんか?

そうなれば、非信者の配偶者や子供をもつ家庭で問題が起こらないといえますか?
冠婚葬祭などの常識に付き合えないエホ親に、相手側はいい印象を持っていますか?
今のうちに問題が大きくならないように構えておく必要だってありませんか?

それとも、JWがこの問題をすべて解決するだけのお金を用意してくれますか?
それは絶対にないでしょう。
親との関係修復を望むもの、このまま何も起こらない事を祈るもの・・・どちらにしてもこんな問題に巻きこまれたいとは考えません。
暴露だけでなく、ここまでしっかり考えてみたいのはいけないことですか?

今、自分の回復を考えることで精一杯です。
それでも、少しでも将来を考えて行動しようと考えているから、ここまで飛躍してみました。
近いうち、親にこの問題を話してみようと思います。

そこで現役側の考えがわかるかも知れません。
また身を削る作業ですが、自分で問題提起をしたのなら、これはやっておくべき事と考えます。
その答え次第で、問題は大きくなるかも知れません。

ほんとJWって・・・人に有害な事をしてるとしか考えられません。
JW側はこういうことを言うでしょう。行政が保護してくれない環境になれば、ついに終わりの時が近いと言うでしょう。
保護される環境になれば、更にエホバの名を広めよとのエホバのご意思だと。

それでは、また日を空けて、この問題資料を探してみますね。
といっても、1週間に一度はこのお題で書きたいと考えています。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:09Comments(5)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2006年10月25日

元二世が将来抱える問題 

さぁ、このお題は長く続きそうですので、下書きを繰り返しながらやっていきたいと思います。

今日は、今後のJWがどのような生活スタイルになっていき、その問題点を考えて見ましょう。
あくまでも予測からの視点ですが、この予測が現実にならない事を願うものでもあります。
現役の方が、それは違うというならば、その根拠を示していただき反論を願いたいと思います。

将来起こらないと確信しているハルマゲドンと、俺が予測する問題、どちらが早く起こるでしょうか?
俺の予測が現実になったとき、JW論よりも俺の予測が成就するわけです。
JW論は、俺のチラシの裏的発言に劣るということになります。

さて、行きましょう。

 \験茣霹廚里靴辰りした非信者の配偶者を持つエホ証の場合

これについては、何の問題もないでしょう。
配偶者が稼いだお金で、老後も問題なく過ごせることでしょう。
不動産、貯蓄、年金もある程度保証されているならば、JW活動も自分のペースで進める事が出来ます。

問題点はあります。

配偶者が亡くなった時に、財産分与等の問題が持ち上がった時です。
子供が二世ならば、さほど問題はないでしょうが、子供が非信者であったり、JWを離れた子供であれば問題があります。
財産分与で揉めれば、お金が目減りしていく事は事実であるし、例え法的な基本分与が行なわれたとしても・・・

親がJWに財産を突っ込んでいく状態になれば、親子関係は冷えたものになり、面倒を見ようとする子がいなくなるかもしれません。
そうです、JWのせいで孤独になっていく可能性があります。
経済的に余裕があれば、会衆内で助けを差し伸べてくれる人もいるでしょうが、なんとも孤独感を味わいやすい環境であることは事実です。

しかし、この場合は比較的心配をする必要性が少ないと言えます。

◆“鷽者の配偶者を持っていても、経済的に苦しいJWの場合

これは俺の親にあたると言えます。
貯蓄もあまりなく、国民年金も未払い期間が多く、年金を受け取りにくい状況下にあります。
仕事が出来るうちは何とか生活が出来るでしょうが、仕事の出来ない状態になれば大変です。

生活に追われる状況になるでしょうし、現状では子供が親を援助するとは考えにくいです。

 両親がエホ証だが、生活基盤を整えている家庭

これは少ないでしょうが、一番心配のない状態です。
そして、子供が二世ならば・・・何も心配ないでしょうね。
理想的なエホ証ライフを送れることでしょう。

これが一番問題です。

ぁ[梢洞Δ法¬嫂甘なJWで開拓者などで仕事もろくろくしていない場合

仕事できる場所も少なくなり、生活は困窮を極める可能性が大です。
子供がJWを離れていれば、子は親に対する愛情も少ない場合が多く、家族での助け合いが少なくなるでしょう。
経済的には、行政が助けを差し伸べねばならず・・・まともに働いた人間が納める税金で生活するという状況が生まれがちです。

 

年金受給に関してですが、社会保険と言われるものに関しては、収入に応じて受給額もかわります。

ちなみに、例をとって言いますが、69歳の人が俺の職場にいますが、社会保険を約40年掛けて現在受給してます。
額としては、1ヶ月当たり約20万円です。
小遣い稼ぎに配達をしてますけど、これぐらいあれば何とか人並みの生活できるという感じです。

しかし、国民年金であれば、40年掛けても・・・1ヶ月66000円程度の受給しかありません。
夫婦で掛けていても、13万円程度の受給です。
これでは生活するのに・・・かなりキツイ状態だと考えます。

これが受給できればマシな方です。
エホに全てを捧げたような方なら、こんな額はもらえません。

2.3万円しかもらえないでしょう。
これでは生活できるわけもありません。
そこで、日本には生きる権利を守る為、こんな制度を利用するしかなくなるわけです。

「生活保護」

これの制度は、自治体毎に算出基準が違いますので、大まかなもので算出しますが・・・

約15万〜20万程度の金額を受け取る事が出来ます。
家賃にしろ、公営住宅をあてがわれますので、支出も少なくて済むようです。
しかし、これには条件があります。

有名なのは、ぜいたく品の購入、保有の禁止ですが・・・

保護を受ける前に、援助を求めてもらう人がいると言うことです。
そう、二世ならば・・・親に対し援助をする必要性があるということなのです。
もちろん、生活状態などで、絶対というわけではありませんが・・・

しかし、生活保護申請を出せば、福祉事務所から扶養照会の書類が子供に届きます。
親が、子供の世話になりたくないと言っても、これは手続き上必ず行われるんです。
排斥された子だから、親子関係ではないなどと言っても無駄です。
絶対に連絡が来ます。

いきなり送られるかもしれませんし、親から連絡が来るかもしれません。
どちらにしろ、親との関係が悪ければ、嫌な思いをするのは事実です。

エホ証が、うまくこの制度を利用するとしても、精神的に嫌な思いをする事は事実なんです。
人にニセモノの証言を繰り返し、この世の終わりをふれて廻っても・・・
この世の生活を過ごした者から、お金を撒きあげる作業になるわけなんですね。

ちょっとまとまりのない書き方ですが、これは起こりうる問題として頭に入れておきましょう。
現在、この制度を使っているエホ証がいれば、問題です。
この問題は、これから近い将来絶対に多くの人が考えねばならぬ問題だからです。

コメントで、JWの親が子供の世話になりたくないと思っているというコメントがありましたが・・・

思っているのと、現実に起こる事は違うんです。
必ず、この制度を利用しなければならなくなった時、迷惑がかかってしまうんです。
この面倒な騒ぎをかわしていく為に、自分の身を守る術を準備しておく必要があります。

脅かすようで悪いですが、現実にこの事例がたくさん噴出した時、ネットなどで相談したり、思いを書き込んだりするかもしれません。
考えてみて下さい。結局、エホ証を離れても苦労の連続だって言ってしまうことになりますよね。
悲観せずに、今から準備しておくことで・・・少しでも負担を減らすことにはなりませんか?

そりゃね、近所のエホ証が助け愛をするかもしれません。
現在も、そうやって助け合いをしている事例もあります。
しかし、こういう援助が必要な人が増えていけば、援助どころではありません。
自分たちの事で精一杯になるのがオチです。

リスクマネジメントは、起こりうる問題を予測し、起こった時に最速最善に対処するものです。
エホ証問題、特に二世問題は親と死別するまで続くものだと理解しなくてはいけません。
書けば幾らでも、あれこれ書けますが、今日はここまでにします。

俺としてはこう考えます。

「親がエホ証である続けるのなら、援助をしない状態でエホ活動を続けられるようにしておきたい。親子として別の道を歩もうとも、俺は自分の今の家庭を最高の状態にしておきたく、家族に自分の親に関する負担をさせたくない。しかし、俺はエホに身を置く環境に育った。その運命を変える事が出来ないのならば、少しでも問題の先周りをしながら、情報は公開しておきたい。恥であろうが、非難されようが、考えすぎだといわれようが、絶対に止めない。」

生活保護110番のページ クリックして下さい。

少しづつまとめて、HPにUPしたいと思います。
協力して下さる方が居れば、メール下さい。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:50Comments(1)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2006年10月24日

俺にお徳情報と経路情報を下さい。

あのですね、皆さんにお願いがあります。

オフ会に高松から車で行くわけですよ。
2400CCのワゴン車ですから、特に問題はないんです。
所要時間も大体わかりました。

ETCカードは2枚持つという・・・荒業も使ってやります。(意味わかるよね)
そうです。格安に行ってやろうじゃないかという気持ちであります。

そ・こ・で・・・・

特に東海地方、関東地方の方にお願いがあります。
高速を使うとは言え、高松を夜中の22時に出発するんですね。
ルートを「どらなび」などで検索したんですが、時間的に余裕もあるので、勝手な観光ルートを作ったんです。

 ”抻了海寮崗討韻鮓たい(嫁)
◆)橋ぐらいから、伊豆近辺までの有料バイパスが無料との情報を入手。
   高速よりも便利ならこれを使って安く通行したい。
 俺も東京へ入る前に3時間ほど眠りたい。
ぁ‥豕での宿泊は浜松町駅のすぐそばである。(オフ当日)激安だったのよ・・・3人で駐車場込みで1万円以下なのね。
   公共の宿だから施設は期待出来ないけど、そこはまぁ、良いのだ。
ァ〜行ルートでガソリンの安い地区が知りたい。

この5点で宿に12時ぐらいに着けるように・・・俺に教えてくれないだろうか?
ワガママで勝手なお願いであるが、やるならとことんやってやるつもり。
人様の知恵と情報を全て頂き、楽しんでやる!

ちなみに、エリシオンに布団が積まれます。
嫁とガキはゆっくり寝ることが可能です。

走行ルートは2点考えています。

高松(20:00)⇒ ジャンボフェリー ⇒ 神戸(24:00)⇒ 名神高速 ⇒東名高速⇒ 東京

高松(21:00)⇒ 宇高フェリー ⇒ 岡山(22:00)⇒ 同上

ジャンボフェリーの利点

高松〜神戸まで3時間眠る事が出来る。車の走行距離も少ない。風呂も広い
ガソリン代を使わなくてすむ。計算上は2700円程度削減予定
ちなみに鳴門明石を通ると、ジャンボよりも3000円程割高。

岡山ルートの利点

ジャンボルートよりも1000円程安く上がる計算が出来る。
高速を多用する為、東京までの予定計算が簡単にできる。
休憩場所をしっかり選べ、早朝の仮眠予定が比較的自由にできる。

とまぁ、勝手な計画図を楽しんでいるわけだが、せっかく各地域の皆さんがいらっしゃるわけだ。
それなら、お力を借りて更なる節約&観光気分上京を楽しみたいのだ。
ブログUPしながら進むから、ちょっと楽しんでもらえるかもしれないし。

ということで、小さな情報でいいので下さい。よろしくお願いします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:33Comments(4)TrackBack(0)連絡事項 | ただの日記

2006年10月23日

メールにお答え

ええとですね、真面目に受け答えしてみようと思います。
JW記事ではないので、スルーしてもらって結構です。

「ボランティアをしていますが、よく意味がわからなくなってきました。ばうちんさんはどうお考えですか?」

「頼られるのは好きですが、望む答えや的確な行動が示せない場合は文句を言われます。落ち込んでしまいます。」

「ボランティアの団体の中には、縦社会が存在しているようで、ものすごくギスギスした感じがします。」

はいはい、これについては簡単に答えが出るんですよ。

まず、ボランティアに向かない人なんだろうと。
ボランティアと名がつく団体には、まともな考えが示されないものが多くあるということです。

まず、ボランティアとはなんでしょう?
利他的な行動と言いますが、すごい括りですよね。広すぎるわけです。

例えば、医師のボランティアなどで有名な団体があります。
医師は、紛争地区や無医師地区、発展途上国への派遣などがあります。
団体の考えに同調し、自分の命の危険も自己責任でボランティアに参加するわけです。

報酬もほとんどないと聞きます。
素晴らしい行動だと思いますよ。自分の命まで差し出す覚悟が出来るわけですから。

これを聞いて「カッコイイ」と思うのなら、ボランティアに向かないでしょうね。
カッコイイことがしたいのなら、目立つ行動や、お金や地位にモノを言わせりゃほとんどの事ができます。
だって、カッコイイ行動はナルシストの自己満足だからです。

ボランティアをして、他人にどう思われるか? とか、私はこれだけの事をやっているなんていうのは、ただのワガママですよ。
ボランティアはただの奉仕であり、評価されるわけにやるんじゃないからです。

相手が望む行動が出来ずに悩むなんてことは必要ないでしょう。
一生懸命やって、それが評価されないなんてよくあることです。
もっと酷いいい方をしましょうか?

「ボランティアを受ける側が一生懸命やった行動に文句を言うのなら、受けなければいいんです」

障害者だから・・・とかの差別をしないでくれと言ってるんですよ。
差別しないで、手が足らない部分を補ってあげるだけでいいんです。
それをあれこれ言われるのならば、受ける側のワガママだとはっきり言うべきでしょうね。

ただし、これを言うには条件があります。
自分が何様なのかを自覚することです。ボランティアに参加した時点で、何でもやりますの気構えでやれないのなら、言えませんね。
そう思っていれば、こんな悩みは出てきません。

なぜなら、どのような評価をされても関係ないと思うからです。

縦社会をどのように捉えておられるかわかりませんが、縦社会はどこにでもあります。
おそらく、派閥的なものや、利己的な集団だと感じられたのでしょう。
リーダー的な事をしたいと自分で勝手に思っているのかも知れませんね。

そう思うのなら、ボランティアなんて辞めてしまえばいいんです。
自分一人でボランティアなんか出来ますよ。

毎日、ゴミ袋をもって落ちたゴミを拾う。
朝早く起きて、通学する子供達に声を掛ける(場所も選ばなきゃ誤解されるけどね。)
困っている人がいれば、声を掛けてあげる。

これをボランティアというんじゃないですか?

別に何か目立つ場所でしなくてもいいでしょう。
そういうことが考えられなくて、何が文句タラタラなんでしょう?
それがイヤなら、行政の福祉課に勤めたり、介護会社に勤めた方がいいですよ。
だって、報酬があるから、行動できる何かがあるでしょう?

もうひとつ、ボランティアには最後の一線があると考えます。
受ける側は、わらをすがる思いで頼ってくるわけです。
どこからどこまでの一線を決めた上で行なわないと、どこまでも踏み込まれて、自分の能力以上を求めてきます。
それを求められて、できなかったとき、受ける側は勝手に失望してしまうわけです。
おそらく、その悪循環にはまっていると考えてしまいます。

俺個人で言えば、自分が賛同した事は、誰にも言わず、そっと何かをします。
寄付する時も、偽名でしますしね。(電話番号なんかもうそです)
ありがとうも期待しません。お礼も受け取りませんし、正体も明かしません。

だって、面倒くさいもん。
自分がしたい事をやって、感謝されても仕方ないじゃん。
批判されたとしても、まぁ、それもしょうがないよなって感じですよ。

何かの団体に入ってする時もその気持ちは変わらんですよ。
だって、団体に褒めてもらうわけじゃないでしょ?
勘違いしちゃダメです。そう考えれば、別に縦社会のことなんて気にならないと思います。

冷たいいい方ですが、俺からはこんな事しか言えません。
何故かって?
過去にこんな経験があるからです。

昔バイトをしていた飲食店に、障害者を伴って食事をされに来た団体がいました。
なるだけ、自分たちのできる範囲で頑張って行動しましたが・・・
引率の健常者が、こう言い放ったのを忘れてないからです。

酒を飲んで、気が大きくなった時に・・・

「お前ら、俺達は障害者を無償で面倒見てやってるのに、お前らはお金をもらってこれぐらいの事しか出来ないのか?」

「俺達は○○に認められたボランティアなんだぞ」

まぁ、どうしようもない連中だと思いました。
俺は若かったから、こう言っちゃったんですよ。

「別料金払ってもらえれば、ちゃんとやりますよ。ボランティアなら、ご自分で動かれたらどうですか?」

ええ、その日で首になりましたけど、もっともな意見だと思ってますから。

俺は、ボランティアをしている人に何か文句があるわけじゃないですよ。
自分がやりたいと思ってやってるわけだし、勝手にやって下さいと言う考えです。
ただし、ボランティアの定義に反する言動や行動を見かけたら、ニセモノだと思うようにしてます。

見たくないから、聞きたくないから、自分が素晴らしいと感じる団体には寄付とかしかしませんね。
これも俺なりのボランティアだと感じますから。

そこを理解した上で、自分のできるボランティアを頑張ったらどうでしょう。
反論もあるでしょうけど、これ以上の答えはないと思ってますよ。
自分のできる事を、自分のできる範囲でやる、それに不平不満を言わないということですから。

ああ、そうそう・・・

ある落語家(超有名)が、道で寄付箱を持ってくる人に必ず言う言葉です。

「自分で働いて、全部寄付したらどうだ?」

全く持ってその通りです。
ちょっと毒舌過ぎるかも知れませんが、こんなもんですかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:19Comments(5)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月21日

休憩

記事の連チャンをしていくのだが、まぁ、今日は下書きに徹してしまった。

しかし、ネタが尽きる事はあるのだろうか?
きっと、ブログという公開が廃れるまで続くのだろうな。
新たなやり方が生まれたら、そこに移動して行く気はするのだが・・・

俺がネットラジオをしたらどうなるのだろうか?
聞いてくれる人はいるのだろうか?
めちゃくちゃ喋り倒して・・・ドン引きされるのだろうか?

などと考えた事がある。

まぁ、しょうもない事はこれぐらいにしておこう。
今日は、検索中に見つけたものをご紹介します。

  2ちゃんを見ていると・・・

「エホ証の飲酒運転死亡事故」発生のニュースが!

米国の現役信者が、飲酒運転で女性を死なせて告訴された模様(動画有り)
http://www.kndo.com/Global/story.asp?S=5547837&nav=menu484_2_7

公共のニュースであるからそうなのだろうな。
俺は英語がわからんので、翻訳ソフトで部分的理解しか出来ないので、だれか教えて下さい。
もし、実際にそうだとすると、日本ではないとは言え・・・大きな問題ですなぁ。

◆ _任ブログサーフィン中におもろいものを発見。

皆さん、「エヴァンゲリオン」知ってますよね。
聖書の中に書いてあるものも参考になってるようですし・・・「12の使徒」などそうですよね。

まぁ、人気アニメですから一度ぐらい見た人も多いと思います。
見たことない人は、レンタルビデオ屋にありますよ。
私、大人だからなどと言わずに・・・見たらハマるかもしれません。

You Tube の中に、エヴァンゲリオンのオープニングを実写で作った物を発見!
実写と言っても、パロディ的要素が高いのだが、なかなか上手いのよ。
笑いのツボも外さない。

片山ゲリオン ← クリックしてね。

  昔からあって、知っていたんですが・・・

このブログは非常に身に染みます。
JWの母親を持つという環境下で、脳腫瘍と戦う方のブログです。
現実はこのような例もあることも知っておいて頂きたい。

同情的励ましや、置かれた環境下に対し批判的にコメントするのは避けていただきたいです。
知ったかぶりなコメントは逆に傷つけるだろうと思ってますので。

エホ証・・・いったい何をやってんだ? と思っちまいます。

http://plaza.rakuten.co.jp/yumemaru/diary/20051118/

エホバ検索で引っかかったので、ブログの全体ではありませんが、時間があれば是非読んで見て下さい。

 

今日は以上!

 


 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:52Comments(7)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月20日

元二世が将来抱える問題 

法律的にどうなのか?

ネットで調べたモノで、リンクしておきます。

死去した夫の母に対する扶養義務はあるのか?

戸籍と親子の関係は?

法的に親子の縁を切ることはできる?

親から受けた虐待

親の宗教に子を入信させると信教の自由に反する?

結婚後の本籍地を両親の籍に記載しない方法はありますか?

離婚の末、家を出た母親の扶養義務はある?

生活保護に関するページ

家族の援助に関するページ (まいける氏情報提供)

ウィキペディアの扶養ページ

扶養義務の準拠法に関する法律

 

ざっと、3分でこれぐらい出てきます。
参考にするものがあれば、参考になさってみて下さい。

扶養義務は民法であり、裁判所が出てきても、まず話し合いが優先されると考えます。
扶養できる状態でなければ、扶養義務は発生しないですし、行政からの回答に答えることで、扶養する必要性が回避できるようです。
ただし、手間と時間をかけなければいけない事は事実のようです。

しかし、これはあくまでも法律の部分でなんですよ。
言い方を変えれば、これに関することでの抜け道や、起こりうる問題は幾らでも予想できます。
ケースバイケースで出てくるでしょうね。

次回の記事は今後のJW事情を予測して、問題点を先に考えてみたいと思います。
これはあくまでも「ばうちん」予測であり、実際に起こっているのかどうかわかりません。
しかし、備えあれば憂いなしです。

そして、ここで葛藤する問題が個々に出てくるので、そこも考えてみたいですね。
なんか、今年はこの問題で終わってしまいそうな勢いだなぁ。

でもね、マジで考えておかなければ、大変なことなんです。
ほっておけばいい・・・なんて考えてたら、そこが落とし穴になる可能性もあります。
仮に結婚した相手が、非信者の家庭だったら・・・問題に直面した時に何を言われるかわかりません。

その時に、ある程度の備えをしておいたり、理解が得られるように話せるだけのモノを持っておく必要があります。

ここはエホ証から出てきた戦友の方が多いですが、エホ証組織に対し、同等の対抗する力があるわけじゃありません。
もちろん、家庭環境などでそれぞれの事情も違います。
また、何かの団体を作るわけじゃありません。

自分の力でなんとかやっていく必要があるのです。
他人の助けは得られても、この問題に対し立ち向かって行くのは・・・自分一人の力が全てです。

エホ証を辞めた人の中で多く聞かれるのは、エホ問題から遠ざかりたい、自分の経歴からエホを取り去りたいと聞きます。
そして、金銭問題です。
どうしても、二世は特にそうですが、信じられるものがお金しかなかったり、将来の事を急いで考える必要性もあります。
だからこそ、ここは考えておきたかったんです。

コメントもそうですが、メールもかなりいただきました。
同じ思いの人、楽観的な人、現状を教えてくださる人、批判をしてくる人、それぞれいます。

俺の本音で言えば、俺は基本的に臆病者です。
だから、いつもビクビクしながら考えます。悪い事を念頭におき、そこからの解決策を、対抗策を考えます。
でも、嫁とガキをあまり心配させたり、窮地に追い込まれたり、神経をすり減らすような環境にしたくないので・・・
自分が幸せになれる環境を守っておきたいがために考えます。

ですから、ご意見がどのようなモノであれ、全てをしっかり見て、俺なりの考えをまとめたいと思ってます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:19Comments(5)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

元二世が将来抱える問題 

ええ、たくさんのコメントいただきまして、反響が多いのだなと実感しました。
反響が多い反面、慎重にも大胆にも切り込みを入れておかねばと感じます。

今後この記事は続けますが、先に何点かお断りをしておきます。

 _兇領場から言える部分であるが、親子関係はできるだけ修復し、正常だといえる親子関係を取り戻そうと考える。

書いていることと矛盾があるように感じるかも知れませんが、親子関係が異常である事を勧めていません。
どんな状況下であろうと、修復を頭に入れつつ、またそれが自分の為になることだと信じているからです。

◆仝菊鸚い元一世に対し、非難を浴びせているのではない。

エホ証という環境下で、どうしようもない部分もあると考えます。
元同士が、誹謗中傷をしない環境が望ましいと考えます。
ご意見やお考えを述べるのは自由ですが、コメント上で論議は避けていただきたい。

議論したいなら、掲示板でスレッドを立て、そこで十分に論議なさって下さい。
あくまでもコメントは、自分がどのように考えるのか書くだけに留めて下さい。

 親子関係の修復を望まない人が間違っているわけではない。

エホ証という特殊な環境から起こる問題なので、その問題点を突いて行けば、修復を望まないことが異常とも考えていません。
俺も、現在の状態がそのままであれば、修復を望まない可能性を多く残しています。

ぁ,海量簑蠅妊魯奪リする事は、傾向と対策、今後の動向、リスクマネージメント、現行法律の解釈である。

当事者の考えや思いですべて変わってきます。
参考に出来るでしょうが、すべての決定は当事者の意志により決定します。
ただ、この問題が大きな問題とならないように、困った時には解決し難い問題にならぬようにと思い立ち作成しております。

JWが法律に熟知している事はわかりますし、上手に利用しているとも考えます。
しかし、行政の対応が変われば、教義の解釈度合いを変えてきたり、新たな対応をしてくるとも考えられます。
元証人が、自分の人生をエホ証問題でこれ以上苦しまぬように願っています。

事例や法律などの状況を知り、自分のケースや思いに当てはめ、最善の結果を出せるようにしたいと考えます。
人間の寿命は80年程度です。
エホ証を脱出し、脱出した後も起こりうる問題で頭を悩ませるより、自分の幸せを追求する人生を目指すものとして・・・

ァ.┘枉擇梁弍は、いつでもコロリと変わる

現在、老齢問題で証人同士で助け合っているケースも多く聞かれます。
しかし、これは現在の状況で、将来的にどのような対応に変わるか・・・正直つかめません。
ただし、どのようにでも末端証人が対応できるには限界があります。

新規に若い証人を獲得しにくい日本において、自分の事で精一杯になる現役証人が増えるのは事実です。
問題は多く提起し、備えをしておく必要があると考えます。

これは現役証人にも言える事で、ハルマゲドンを信じているのは勝手ですが、ハルマゲドンがいつくるかはわからないですよね。
神の一日は1000年と言われます。あなたの寿命で来るかどうかはわかりませんね。
ならば、この世の体制で十分な備えを出来る状態を整え、信仰を全うされるのがよろしいかと考えます。

あなたが捧げた時間や財産、所得を幾ら捧げたからといって、それがあなたの困窮した時に還元される事はありません。
信仰とは自分の自己責任において行われることであり、誰もその責任を負う事はできないからです。

説教臭くなりましたが、よろしくです。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:24Comments(0)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2006年10月19日

元二世が将来に抱える問題 

さて、問題をあれこれ言う前に、なぜ二世達の親子関係が修復しにくいか考えてみよう。
そして、どうやったら関係修復が可能になるか、俺だけの考えで書いてみます。
これに関しては、みなさんのお考えもあるでしょうから、どんどんコメントしてほしい。

決してどの思いや考えも間違っちゃいないし、本音で言えば・・・親と家族と仲良くなりたいと考えてるはずだから。
でも、それは本当に難しい問題で、ほとんど可能性がないに等しいんだよね。
だからこその決断が必要で、場合によっては親子の関係を断ち切らなくてはいけなかったりするんだから。

 /討未だにエホ証だから。

これはほぼ全ての人に当てはまるだろうな。
だって、何を言っても・・・「ぜーんぶエホバ」だから、話にな
らないじゃん。
人間としてとか、日本国民としてとか、無視だもんね。

要するに、まともに話が通じないことが多いから、こっちが疲れてきてしまう。

◆/討忘┐澆癲∩しみも消えない。

ムチだったり、理不尽な要求だったり、愛というものを感じられなかったから。
この積み重ねが、どう考えても許せなかったりする。
親としての責務を果たしてないと感じていると、認めるわけにもいかない。

子供心に苦しんだ思いを・・・今になってやっとこさ忘れかけてるのだが、親の顔をみるとすぐに思い出してしまう。
当然、俺に対しても未だにサタン呼ばわりだから、どうしても許せない部分がある。
あれが親なら、親に最初から捨てられた方がマシだとも考えてしまう。

 JWの教義がウソだと考えているから

あんなインチキ宗教、消えてなくなりゃいいのに。と思ってる。
その前に、ウソが明るみに出て、インチキだったと認めてほしいですがね。

ぁ“鷯攷佑鳩觝Г靴燭ら

これは大きな問題です。

エホ証だったせいで、友達というものを作りにくかったせいもあり、世間の狭い人間関係でした。
しかし、非証人と結婚をすることが出来たとしても、親の存在を隠し続けてしまってます。
俺だって、嫁の親、親族には自分の親を紹介なんてできませんし、話してもいません。

ある意味、不思議に思われてますが、申し訳ない気分です。
でも、紹介して・・・親がエホ証ワールドを展開し、嫁や親族に気分を悪くされるのが怖いです。
実際に、エホ証家族だということだけで、配偶者の家族、親族に嫌がられている例も聞きます。

本人が元でも、白い目でみられ、嫌味だったり、警戒されている事もあるんです。
それに耐えながら、愛する人と生活をして入る例もあります。
そりゃね、エホに対して・・・いい人だと印象を持ってる人が少ないんですから。

結婚自体を反対されて、相手の親とも絶縁してしまった例もあります。
そうなると、自分の置かれた境遇を恨んでしまうしかないですね。

実際に、結婚前に親を紹介しなければならず、エホだとばれた瞬間に、破談したケースもあり・・・非常に辛い思いをした人もいます。

嫁入りした非信者が、エホワールド全開の状態を見て・・・同居を解消した例もありますね。

ァ,垢任棒箟錣魴茲瓩討い襪ら。

俺もそうですが、親の人生は他人の人生だと決めてる人です。
すでに諦めちゃって、絶対に関わらないと決めたりしてる人もいます。
実の血縁関係でも、アカの他人だという決意ですよね。

 

じゃぁ、どうやったら・・・親子関係が修復できるか?

非常に難しいですし、感情も入りますので・・・何とも言えませんが。

・ JWと断絶する。(もちろん、決定的な証拠をみせてもらう)
・ 過去に起こったことに謝罪してもらう。
・ 謙遜に話を聞いてもらい、ちゃんとした話し合いをできる環境を作ってもらう。
・ 夫婦としての修復をしてもらう。

まぁ、エホ証を辞めるのは無理だとしても、話し合いができる環境を作り、宗教抜きで向きあってもらうことが最低の条件ですね。

無理だろうとわかっているんですがね。

出来ないと判断したら、自分の今の生活を守る為に何が出来るか・・・探さなくてはいけません。
いまの家族を守る為、自分の心をこれ以上傷めないための準備を進める必要があります。
心を鬼にしても、人道的におかしいと言われようとも、絶対に守るものを守る義務があるからです。

次の記事では、実際にエホ証の例じゃなくても、親子関係が破綻していたり、面倒を見れないのだが・・・という例を元にして考えます。
実際に法律などからの例、アドバイスをリンクしながら・・・考証したいですね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 18:46Comments(8)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

元二世が将来抱える問題 

ちょっと濃い話で、資料や法律、事例、今後の動きも考えて書きたいと思う。

考えてみたら、結構ヤバイ問題が残ってそうなのだ。
そこで、今回の件に限り、各方面のエキスパートでも、ネット検索の達人も欲しい。
俺のほうでも少し探してみるので、ぜひ興味のある方はメールでお知らせいただきたい。

この問題とは・・・

親の扶養義務についてである。

民法ではある程度の法解釈が出ており、基本的には何らかの援助をする必要性があると書いてある。
しかし、JW二世で親子関係が悲惨な方も少なくないだろう。
そのことで、親子の感情が修復しない状態であるのに、扶養義務に応じることが出来るであろうか?

今日の記事では、悲惨な親子関係であったり、親を許せない環境にある二世の感情や、考えを中心に書こうと思う。
また、JW日本支部が今後起こりうる問題に、どんな解釈を持ち込んでくるかわからないので、危険予測まで考えたい。
長いシリーズになるかもしれないが、まとめつつUPしたいと考えている。


現在の元JW二世のうち、親子関係が修復不能だと感じられているのはどれくらいいるだろう?
虐待系のムチ、排斥後のひどい仕打ち(条件付の愛)、悪魔呼ばわり、問題は並べればキリがないだろうが、いずれも大きな問題である。
そこから逃げるように、また努力の元に自分の生活を立て直している方も多いだろう。

俺個人の体験から話す思いであれば、父親(非信者)も母親も面倒を見たいと思えない。
もちろん、現在の状態であるが、現状をもっても許すことが出来ない以上、俺とは関わりのない人だと思いたいのである。
この考えが非人道的だと言われるかもしれないが、これは一感情論であることは理解していただきたい。

「まともに扶養しなかった人間が、成長過程で大きな傷を負わせた人間が、老いたから都合よく面倒を見てくれなどと言うな!」

なのである。

俺が聞く限りでも、親とは二度と関わりたくない、絶縁したい・・・と考えている人も多くいる。
そりゃそうだろう、組織自体が、組織を出たことだけで、まともな親子関係をしないように指導しているのである。
逆手に取れば、自分(信者・組織)たちの蒔いた種を刈り取る時期にきているとも言える。

日本には信教の自由が認められているが、信教の自由が親子関係の悪化を認めているとは考えられない。
しかし、JWは信教の自由の論は唱えるが、信仰をしない親子関係を認めようとはしていない。

これから、日本のJW事情も世の中の流れに沿って、高齢化、老齢化が進むことは事実である。
今でこそ少なくなっているだろうが、年金不払いであったり、貯蓄などの備えがほとんどない一世証人は多いはずである。
これが近い将来どのような問題を抱えるか予想できるだろうか?

年金システムも非常に不安定な予測が立っている中、悲惨さは目に見えるはずである。
年金をまともに払ってないために、到底生活の出来ない金額の受給状況もあるだろう。
生活保護の申請が多く見られる状態などは容易に想像できるのである。

かじった知識だけでいけないのだが、生活保護申請は非常に難しいはずである。

子供がある程度の収入があり、行政がいくらかの援助ができると判断すれば、生活保護は受理されない場合があると聞きます。
場合によっては、家庭裁判所命令が下るケースもあるそうです。
それをすんなり飲んで、援助ができるだろうか?俺は現状できない。

これを考えると、俺はものすごく調べないといけない気がしてならないのである。

感情論だけで考えても、不備が出てくるのは目に見えてるので、しっかり調べるし、弁護士や、行政書士などの見解を調べてみようと思う。
その上で、対策なり、これからの生き方も書いていきたい。
場合によっては、批判が集中したりするだろうが、恐れずにやろうと思う。

だって、ハルマゲドンはこないけれど、ある意味、二世たちの将来には最後までハルマゲドン並みの苦しみが付きまとうかもしれないからだ。
親子関係の修復ができるのならば、したほうがいいだろう。
しかし、親の勝手な言い分だけを通すわけにはいかない。

俺たちは必死でここまでやってきたんだから。

また、夜に書くね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:34Comments(10)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2006年10月17日

正直、申し訳ない気持ちです。

ご存知かも知れませんが、残念な事件が起きてしまいました。
それも、俺と同業者といえる職種で起きてしまったのが、残念でなりません。

小3女児にごみ食べさせる、虐待母を逮捕 くりっくして下さい。

非常に残念です。

決して新聞屋さんがこんな人の集まりじゃないんです。
しかし、起きてしまった事を否定はしません。こんなことが起きないように俺も気持ちを引き締めます。

死刑になった容疑者もいますよね。
今回は死なずにすんだけど、子供には辛い記憶が残ると思います。
俺達ね、ホンの少しだけど・・・仕事しながら、パトロールじゃないけれど、気をつけてたりするんですよ。
これが何の実を結ぶかわからんけど、せめて、俺達ができることってなんだろうってさ。

新聞屋さんは、毎日自分の区域を配達、集金、営業などで廻ります。
地域の変化にも詳しくなります。
確かに、詳しいと言う事は何かあれば疑われるかも知れません。

でもね、逆手に考えるんですよ。
詳しくて、俺達が目を光らせる部分で事件などが未然に防げたり、起きても早期解決できるかもしれない。
一度地に落ちた信用だって、一からやり直していくしかない。
そうしなきゃ、俺達の仕事に誇りなんか持てん。

その思いで頑張ってる人も多くいる中で、今回の事件はショックでした。
ほんとにごめんなさいとしか言えません。

俺はゴミを食べさせられた事はないですけど、境遇的には似ています。
俺の身に起こった事は、きっと被害に遭った子供さんに共通する部分もあるんです。
我慢だってしてただろうに・・・。

早く元気になってほしいし、容疑者の方は反省をしていただきたい。

この事件性からして、この店長さんの処遇だって容易に汲み取れます。
その処遇自体は仕方がないと思います。
やり直せるし、今後こんな事が起こらないようにしていただきたいです。

大手掲示板や、mixiあたりでは新聞販売店全体に批判の目が向いてる部分もあります。
そのことに俺は今・・・何も言えません。反論したくても、申し訳なくって・・・

確かに世の中では評判が良いとは言えないかも知れません。
ひとつだけ言わせて下さい。

真面目な販売店関係者はたくさんいます。どうか、そのことだけはわかってやって下さい。

我々もこんな事が二度と起こらないように、自分のできる限りの事はしていきますので。

はぁぁ、ほんとごめんな。彼女が早く元気になりますように。

P.S.

バイク記事のコメントレスちょっとまってね。
気分落ち込んじゃってさ・・・ごめんなさい。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:57Comments(10)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月16日

俺とバイク時代 (完結編)

このネタも最後になりました。

さーぁ、現在のバイク事情ですが・・・乗ってるバイクはコイツです。



みなさん、このバイクはどこでも見かけますからね。
そう、新聞屋さんなら誰でも知ってますし、どこでも見かけます。

会社支給品で、通勤利用可能なので、こいつでそこら辺を走ります。
欲を言えば、80CCなら最高なのにと思うんですよ。
しかし、こいつはそこら辺のスクーターではありません。

頑丈!低燃費!そしてトルクが太い!
フットブレーキ採用なので、パニックブレーキにも強いですね。
それにね、カッコは悪いが…荷物はすごく載るんだぜ!色も赤・黄・黒もあるから、おしゃれに乗ることもできるね。

まぁ、これは通勤レベルの話。

欲しいバイクを書きましょう。
ここからは、バイク野郎のコメントが楽しみであるのだが・・・



まずこいつ。写真は復刻系のモデルですが、ドカですね。
ええ、音に惚れましたです。
乗りにくさ?ほっといてくれ!どうせ買えないんだ。夢だよ、夢。

続いて行くぞ!



ええ、こいつはマジで欲しいんですが、これも買えないだろうなぁ。
GW1800ですね。
そこのけそこのけ、おっさんが優雅に走りたいんだよ。
バックギアついてんだよ。右旋回が難しいんだよ。維持費がとんでもないんだよ。

こいつで北海道走ったら、気持ちいいだろうなぁ。
こいつで高速2人乗りでも気持ちいいだろうなぁ。
まぁ、これも夢で終わりそうですがw

じゃぁ、現実に手に入るバイクを書けよって?

そりゃねぇ。今すぐにでも許可が出るなら、こいつしかねぇ。



600CCスクーターですね。こいつなら、何とか許してくれるかな・・・?
まぁ、これでも良いんです。
120キロも出せれば十分だし、のんびり走れるんなら、こいつでも風は感じれるしね。

車を買ったばっかりで、何も言えませんわ・・・。

でも、時期がくればこういうやつで、嫁とツーリングにでも行きたいですね。
サイドカーに憧れてる嫁もおりますが、あれは運転難しいらしいし。
ただ、ほんとに大きなバイクは欲しいんですよね。

さて、現実に目標にしているバイク(?)というか、嫁も賛成しているモノがあります。



4輪バギーです。50CCだけど・・・普通免許が必要な奴ね。

もちろん、公道OK!60キロ制限車、保険も原付でいけるはず(専門分野いたよな・・・追記お願いします。)

もちろん、ノーヘルOK!

ただし、盗難されんように保管は大変だけどね。
でもね、これなら、嫁も乗れるんだよ。ちょっと面白そうだしね。

そりゃね、ぜいたく品ですよ。それでも、ちょっと楽しむならこいつもアリじゃん。
風を感じるなら、こいつでも感じれるしさ。

JW辞めて、こんなにいろんな楽しみ方ができるわけです。
もちろん、車で楽しむのもあり、その他のレジャーに楽しむのもアリです。
仕事するだけで精一杯なんていってちゃ、いらん事を考えるでしょ?

もち、JWブログやサイトを巡るのも楽しいし、必要なことです。
しかし、それだけじゃ駄目なんです。自分の趣味も見つけて楽しまないと。
そうしていきながら、自分自身の感覚や、思いを吐き出せていけると思うんですよ。

バイクは一人でどこにでも行けます。
免許を取りにいくのも、一人で計画して行けば、そんなに難しくありません。
女の子で力がないといってあきらめる必要なし!結構乗れるもんです。

結婚してたり、自由の利かない環境なら、車っていう手もあります。
しかし、独身で考え込む時間があるなら、ちょっと遠くへ走って楽しんでみませんか?
一人でのんびりバイク旅。

最初は10キロ先、そして30キロ先、100キロ、500キロ・・・・・

自分だけのお気に入りの場所、風景、そこで自分のことを考えてみるのもいいもんですよ。
出会いもあるかもしれません。意外にライダーってのは、すぐに仲良くなれたりもします。

まぁ、見てて御覧なさい。

元JWの現役ライダーの皆さんが、いっくらでもアドバイスくれますよ。
人生の目標が見つからないとか、何をしたらいいかわからないとか、もう時間は取り戻せないとか・・・

バイクに乗りなさいって。

ぜーんぶ見えてくるきっかけを作ってくれると・・・俺は思ってます。

最後に。

安全運転でね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:07Comments(12)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

2006年10月14日

トラックバックしまして・・・

非常に興味深い記事だったので、トラックバックさせていただきました。

http://yosh.exjw.org/blog/

10/12付けのブログをご覧ください。

ということで、今日はここからネタをいただきます。

俺の実家はご存知の通り、母親が現役熱狂盲信的JWです。
家族は俺を含め、子供全員が離れました。
父親は非信者です。

親戚筋も知りうる限り、非信者であります。
こういうときに・・・トラバ記事の問題で火種が大きくなることもあるのです。

俺には妹がおりまして、母親が研究生のなりはじめの頃、母親の実家より高価な贈り物が届きました。
おわかりでしょう?

ひなまつりの 「ひな壇」 であります。

写真が偶然にも残っておりまして、ひな壇を見ることができたのですが、今でも立派なものです。
しかし、このひな壇を含め・・・俺の端午の節句用 「兜」も今は亡き物であります。
なぜって、ここから始まる話は思い出がありませんか?

写真を見る限り、ひな壇をバックに写る俺たちは、非常に幸せそうな笑顔なんですね。
うちにもこんな幸せな日々があったのだと、非常に感慨深く眺めていました。

毎年1975年までは、ひな壇、兜は床の間に飾られ、それなりにお祝いをしていたと推測されます。
親がJW入りしてからは、そんなものは飾られません。
いえ、一度だけ飾られたことはあるんです。

贈って下さったのは、母親の実家・・・それも母親の実の母です。
現在の実勢価格がどれくらいかわかりませんが、格安ショップとされるところを検索し、写真とともに載せますね。



約30万円弱 ですね。
送料であるとか、オプションがあったとして・・・30万は楽に超える物と考えていいでしょう。
それも30年前ぐらいですから、値段の相場が現在と違うと考えても、所得も違いますので、結構な出費です。

母親の実家は兼業農家ですが、ど田舎でめちゃくちゃ広い土地を持っていても、坪1000円みたいなところですので、金持ちじゃない。
それも、簡単にこんなものが買える家じゃなかったと記憶してます。
見栄もあったのかもしれませんが、実際に素晴らしいものだと思いますよ。

母親がJWに入った後、祖母が家にやってきました。
そのときに、ひな壇は父親と祖母、そして父親の祖母3人で飾り付けをしたのを覚えています。
理由は簡単です。

ひな祭りなどはJW的にいけないことであるので、雛人形に触るとサタンが来やすい環境になるということでした。
ですから、俺たち子供は触ることも許されなかったわけです。
飾ること自体も親は反対だったようですが、そこは自分の母親が指揮をとってするわけですから・・・許さなければいけなかったのでしょう。
ひなあられを従兄弟と食べた記憶がありますよ。

しかし、祖母が帰った後には・・・速攻で片付けられました。
しかも・・・そのときの写真は破って捨てられましたね。
妹の思い出は、ひとつ消え去ってしまったわけです。

まぁ、ここまではどこかで聞いた話でしょう。

当分の間、ひな壇は押入れの肥やしとなっていました。
さすがに母親の気持ちを最低限無視しない行為だったと感じています。
しかし、ここから事件は起こるのです。

俺が小学生5年生ぐらいだったと記憶しています。
父親が家に帰らなくなり、家でのトラブルも多発しました。
理由はひとつなんです。

母親がエホに狂ったからですよ。それだけです。

しかし、トラブル多発のせいで、体調を崩した母親は・・・何を思ったのでしょう・・・。
そのころ、エホ証の中でブームだったのでしょうね。インチキなオカルト話。
人形や、他の宗教的グッズなどはサタンを呼び込みやすいなどといってましたから。

会衆の姉妹でそういう体験をして、グッズを処分したら見違えるようにエホバの愛が降り注いだなどと言っておりましたし。
どこから聞いた噂かわからないような体験(もち大会などで話されることではない)を鵜呑みにしてました。
そこから、母親は長老やベテラン姉妹に相談したようです。

そして・・・

ついに・・・

家の前の川原で、ある儀式が行われます。

 

雛人形・兜の焼却です。

 

俺たち子供に雛人形を運ばせ、川原の焚き火場所(当時は焚き火をするのが日常)に集めました。
妹は泣きながら嫌がっていました。
近所の人は、もったいないなどと言っております。

集められた雛人形・兜に燃やせるごみをかぶせました。
そう、残飯・紙類などの日常ごみです。
俺は従うしかなかった。従わなかったらムチだし、その当時はそんなに思いいれもなかったから。

妹は最後まで泣き叫んでいた。

「お兄ちゃん!やめてーーーー!」

「お母さん、捨てないでぇぇぇ!」

「いやだぁぁぁぁ!」

母親は、妹を家に連れ帰ってムチをするようだ。

俺に命令を下した。

「ばうちん!火をつけなさい!」

妹に悪い気がしたが、当時それよりも自分のムチ被害を避けることがすべてだった。
近所の人だかりを尻目に・・・

火をつけた。

少しづつ火は大きくなり、火柱が上がり、人形の顔が黒くなっていった。
人形の顔が燃えていき、ひな壇も一緒に燃えていった。
兜も、鉄の部分を残しどんどん燃えている。

一人で火を眺め、燃え残しがないように幾度もゴミを動かし火を入れた。
母親は2階からその様子を眺めている。
妹へのムチが始まったようだ。悲鳴が聞こえる。

近所の人は・・・

「エホバが狂ったんだね」みたいなことを言っている。
俺は慣れっこになっていた。別に気にしないようになってるのだ。
恥ずかしいから、顔は上げないようにしていたが・・・。

2.3時間燃やしただろうな。

すべてが炭や灰になり、儀式は終わった。

妹はムチのあと・・・俺を一時期避けるようになった。
今考えれば仕方がないと思うのだが、当時は腹が立った。

そして、冷えたご飯を一人で食べ、風呂に入った。
出てくると母親がこう言った。

「これでサタンの邪魔が入りにくくなったから、安心していいわよ。」

母親の自己満足である。

それは重々わかっていたが、これで当分母親の機嫌がいいんなら・・・と自分に言い聞かせた。

しかし、更なる問題が発生したのだ。

父親が兜がなくなってるのを気づき、母親に問い詰めた。
もちろん燃やしたと言ったのだが、けんかになったようで、父親はJW出版物を燃やした。
それもかなりの量である。

俺の聖書も真理の本も、年鑑も、同じ場所で灯油をかけて燃やされた。
ちょっとうれしかったけどねw

それから父親はマジで家にほとんど帰らなくなった。

ここで大事なのは、父親が家に帰らなくなったことである。
母親の勘違いはこういう発言にあったからだ。

「雛人形捨てたから、お父さんは聖書を燃やしたけど、迫害はほとんどなくなったでしょ?エホバは試練とともに、エホバを賛美する環境を与えて下さったのよ。エホバは画期的に私たちに愛を示してくださったのよ!エホバに感謝の祈りを捧げましょう。ばうちんは悲しまなくていいのよ。楽園で新しいお父さんと幸せに暮らせるのよ。」

この場に及んで、楽園で好みの男とSEXを夢見てるわけだ。
この表現がおかしいというなら、これ以上のちゃんとした表現を教えてくれ。
エホバの賛美と自分の肉欲をごちゃまぜに子供に語るんじゃない!

しかし、母親の調子が当分戻ることはなく、経済的にも精神的にもいい状態は訪れなかった。

そして10年後・・・

子供たちはすべてJWを離れ、正直、エホバの証人としても非模範的な反面教師な家庭に陥ることになる。
そして、ひな壇を燃やしたことを自慢げに実家に報告し、実家の非難を浴びたことは言うまでもない。

トラバ先の家庭では、何も変わらなかったそうだが、俺の家は家庭が崩壊した。
オカルトを信じてたのは、エホ証の方で、その結果は悲惨だと証言しよう。

少し長くなったが、トラバ先のyosh氏には記憶を呼び戻して頂き感謝である。
はっきり言っておきます。

他の宗教グッズを処分したから、サタンの悪影響が回避されることはありません。
俺の例だけでいうなら、家族・親戚を含め、すべてが不幸を味わっただけです。
この話をただの暴露だと思わないでください。

この事件があってからも、エホを離れた妹は・・・母親に何かと世話を焼いているんです。
そう、エホじゃない人が・・・「愛を示している」んです。
俺より立派な妹です。

昨日、TVでキリストの謎をしてましたが・・・

JWはちゃんと聖書を研究し直したほうが良さそうですな。
こんな不幸を記録する聖書研究なぞ真実ではないでしょう。

乱文だけど、みなさんの読解力で読んでくれてありがとね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:11Comments(8)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2006年10月13日

セラピー

2f759155.jpgPCでご覧になってる方は、写真をクリックして拡大してご覧下さい。

写メで撮った割には、非常にいい写真に仕上がった筈です。

このイルカとの距離は5メートル程度です。
どこにそんないい場所があるかって?

 

香川県には、イルカを使ってセラピーをする施設があります。

ドルフィンセンター  ← クリックしてください。

http://www.jdat.jp/sanuki_dat2.htm  うつ等のセラピーも開催されています。

といっても、一般の人に開放された施設でありますので、誰でも簡単に入場できます。

入場料だけでしたら、300円払えば、1日中遊ぶ事が出来ます。
餌やりや、トレーナー学習の体験ならば1000円追加すれば、体験できます。
300円でイルカに触れる可能性も大です。(賢いから、イルカも気まぐれですが)

施設内であれば、イルカに触れる事が出来ます。
トレーナーもどうぞ触って下さいと言ってくれますしね。
友人に聞きましたが、パラオにあるドルフィンセンターのイルカは、ここで育ったイルカのようです。

俺は釣堀で魚釣りに勤しみますがね(笑)

嫁とガキを連れて近日中にもう一度行って来ようと思ってます。
香川に起こしの際は、こんな施設にも足を伸ばすといいと思いますよ。

ちなみにイルカセラピーの科学的効果は完全に実証されていません。
しかし、癒されることができるならば、これがきっかけで良くなる事もあります。
でも、普通に気分を変えて楽しむ事が出来たら、それも癒しだと思いますよ。

入場券を買えば、その日は出入り自由です。
お弁当を持っていくのもよし、コンビニまでひとっ走りして廉価なレジャーを楽しむもよし。
元JWの友人は、デジカメ撮ったりしながら楽しんでましたよ。

セラピー関連の資料は、ドルフィンセンターに電話、メールすると詳しい資料を送ってくれるそうです。
ちゃんと、俺が確認しましたので問題ありません。
セラピープログラムは、それなりにお金が必要ですが・・・思ったほど高くはないそうです。

雰囲気だけを確認したいなら、300円で見学するといいでしょう。
俺がドルフィンスイムを見学する限りでは・・・一緒に泳ぎたくなりましたよ。
その前に、釣堀ですけどね(笑)

釣堀は、土日限定で1000円(えさ・道具つき)
しかし、規定があるそうだ。イサギがいるそうなのだが、それが1匹釣れた時点で終了!
なので、1分で釣れてしまっても、5時間で釣れても同じなのだそうだ。

ただし、イサギのシーズンがそろそろ終わるそうなので、夏〜初秋の限定だと考えてよさそうだ。
これはやばい。来週には行っておかないと。

こんなご紹介もたまにはいいだろうね。
エホ証で疲れきって、精神的に参ってしまって・・・と聞く事がありますが、こんな場所でこんな方法もあるのだと・・・
ちょっと宣伝ですけど、まぁ、気になれば行ってみて下さいな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:36Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

嫁との会話で

昨日、嫁と夕食時にこんなことを言ってきました。
ある意味、経験とも言えるわけです。
嫁は俺によりエホ証を知ったわけですが、知った嫁がエホ証話を完全な非信者から聞くと・・・

アイタタタタ・・・となるわけです。

嫁は、友人のお母さんのお店を手伝う事があります。
2つバイト先があるんですが・・・まぁ、そんなことはいいや。

友人が、店に遊びにきました。

「もう、家居ったら嫌になるわ!しょっちゅう宗教の人が来るんよ。ええかげんにして欲しいわ!」

嫁は・・・(;゜Д゜)ハッ です。

「一度、雑誌を受け取ると毎日のようにくるんよ」

嫁は・・・エホ証と認識します。

「この最近居留守ばっか使わんといけんようになったわ」

嫁は・・・ははぁん、再訪問なのね と考えます。

「目ざめよ!とか持ってくるけど、自分らが目ざめりゃいいのに!」

嫁は・・・ネタを拾った気がしました。

「ほんま可哀想というか、小さい子供とか来るじゃん、学校いかせとるんかね?」

嫁は・・・それは誤解あるかもしれないと思います。

「ばうちん家は来んの?」

嫁は・・・喉から喋りたくなります。でも、ウチは訪問禁止だしw

とまぁ、こんな会話をしたそうです。
冷静にここまで考えられるようになったもんだ。感心しました。

しかし、エホ証も誤解をうける行動が多いようですね。
世の中の手本と、模範となるはずなんですが、一般人にはわからないようです。
というか、思いっきり誤解されてます。悪いイメージで。

霊性が高ければ高いほど・・・世の中には悪い方に取られるのかもしれません。
奉仕の意味が全然ありませんです。
サタンのお手伝いが伝道奉仕なのかもしれません。などど嫁は感じているようです。


よく、そんな話あるんですか? とか 昔の話でしょ、しんじらんない とか聞きますけども・・・

これも現実です。

ちなみに一般人に聞くと、エホバの証人のイメージは悪い方が多いんですよ。
(ばうちん調べですが、500人ぐらいのサンプルはあります)
それはエホ証自体が自覚しなければならないことだと考えます。

エホ証を立派につとめあげてると思ってる人に多いのでしょうが・・以下のことが挙げられます。

 仝先ばっかり
◆仝下したモノのいい方をして生意気
 逆ギレしやすい

これは出版物などにも注意をするよう、かいてあったはずですが・・・

不完全と、神に許しを乞うことで誤魔化してませんかね?
この世の終わりの印だと勝手に思ってませんか?

たかだか20万人の日本組織で、この辺の事がわからないようではさみしいもんです。

何を励まされ、鼓舞しあうのか知りませんが、周りをよく見て考えていただきたいものだと。

子供たちが、いやいや伝道に歩いてるのを見るたびに・・・あのころを思い出し、そして悲しくなります。
エホバが全てを明らかにするのならば、彼らの姿も明らかにされているのではないですか?
俺が死んだ後、ガキが死んだ後、まだハルマゲドンが来てなかったら・・・どんな解釈をするのかな。

きっと・・・

「救出は近い」

と叫び続けるのでしょう。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:32Comments(5)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2006年10月11日

アニメ大好き!

高松オフ終わりまして、ちょっとひといき入れておりました。
今日は早朝(?)というか、夜中の1時には出勤だったんですよ。
何故って?

「中日ドラゴンズ 優勝」

要するに、優勝セール特別チラシの折込手伝いに行ってた訳です。
ドラゴンズ・・・?うーん、カープファンの俺には関係ないけど、安売りは見たな。
オフ会で、ドラゴンズは偶像崇拝の対象が含まれるので、応援はふさわしくないという話もチラホラ。
ですが、優勝セールに駆け込む現役さんも多いのでは?なんてこじつけしてもねぇ。

まっ、そんなことはどうでもいいです。

本日は、先日録画しておいた番組を見て思い出話に浸りましょうか。

現在はどうなのか知りませんが、1970年〜1990年前半ぐらいで聞かれるのが、テレビ番組を自由に見れなかったというのがあります。
オフ会でも話題になりますし、ローカルルールのお題でも必ず話題になります。
それを番組を見ながら思い出したわけです。

人気アニメBEST100 みたいなタイトルでしたが、ついつい見てしまうんですね。
あとは、歌のBEST100とかも。警察の特番もついつい(笑)

ガンダム・鬼太郎・妖怪人間ベム・ガッチャマン・ヤッターマン・あしたのジョー・・・・

見たかったのは幾らでも出てきます。
でも、見られなかった。

見てよかったので、代表的なのは「ハウス食品」のテレビアニメシリーズ。
「赤毛のアン」 「トムソーヤの冒険」 「南の島のフローネ」等がありましたね。

要するに、エホ的だと言えそうな感じのモノしか見せてもらえなかったのかな?
人に聞けば、幾らでも理由が出てくるんですがね。
この辺はコメント待ちで皆さんに聞くとしましょう。

そんな事をいう親が、「氷の微笑」を何度も見てるのは何故だろう?

アニメおたくではありませんが、アニメを喜んで見てしまいます。
みなさんどうです?

エホ的だと勝手に決められたアニメが宗教色があったと記憶してるのも何故だろう?

一世の方で、アニメの番組制限をされてた方がいらっしゃったら、コメント欲しいですね。
責めはしませんから。どうしてそうだったのか理由を聞きたい部分もあるんですよ。

俺はそんなことでアニメ大好きです。

何が一番スキって?

「ガンダムです」

  
Posted by gurugurubautin1234 at 20:40Comments(13)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2006年10月09日

匿名係長 ただのひとさんへ

まぁ、とりたてて書く事でもないんだが。

仕方ないから、お答えしよう。
ありがたく聞きなさいね。

影でいろいろ言われてる?
俺も人気者になったもんだ。ありがたい情報をいただきました。これからも影情報よろしくお願いします。w って、しょうもない。せめて野グソが出来るようになってからおいで。

俺が嫌われてる?

そうだな。
嫌われてるなら、誰も来ないブログになるな。嫌われても見てくれる人がいるということは、俺はアメリカ時代のグレート・ムタだね。ヒールなくせに人気があるって事じゃん。ぐはは、オッケー、オッケー。ほんとに君は俺を光らせてくれるね。毒霧のサービスをしてあげたいよ。

私は大嫌い。

ほんとは好きなくせにw
素直じゃないんだから。嫌いなモノは食べないでしょ?好きだから食べるんだよね。まっ、嫌いなら俺に報告する前に、あなたのお仲間と遊んでなさい。

誰も来ないオフ会

残念、きちゃったw
あなたもくればいいのに。東京オフ会参加申し込み待ってますよ。きっと他の参加者も歓迎してくれることでしょう。匿名さんの経験ききたいわー♪きっとガキのチラシの裏にも及ばない経験なんでしょ?頼むから噛まないように、練習してきてね。

はぁ、携帯から更新したんだから感謝するように。

まざぁ! 以上!  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:11Comments(3)TrackBack(0)連絡事項 

高松オフ開催しました。

おはようございます。
昨日、高松オフ開催しました。
非常に少人数でしたが、非常に楽しめたと思います。(俺だけか?)

オフ会の時間って、非常に早く過ぎます。

約10時間、話が止まりませんね。
それで実際足りたのか、足りなかったのか・・・よくわからんです。

幹事が俺ですから、不手際たっぷり、気の利かない幹事でご迷惑をかけたと思います。
この失敗は今後に生かしたいと思いますので、平にお許しを。

ただ、ネットだけでっていうよりも、実際にお会いして話すというのは大事ですね。
それぞれのJW人生ってお話を聞ける分、楽しかった。
一般人の嫁が楽しんでましたので、それもちょっと嬉しかった。

でもね、ほんとにいろんな体験、そして勉強した記憶、みんなすごいっす。
マジでへぇぇと感心しきりでした。

JWオフはいろいろ開催されているようです。時間があれば顔を出してみてくださいね。
俺はまだ東京オフがあります。
お会いできる方はお会いしましょう!

実際に俺を見たらどんな感じか?ですって?

10時間しゃべり続ける自信はあります。
声がよく通ります。
レディーに気が回りにくい時があります。

でもまぁ、ただのおっさんです(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 08:49Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月07日

いやぁ、のんびり仕事してますが

退屈なんだよね。
仕事のツボにも入らない。
しかし、現場から動く事もできない。
こそこそ携帯から更新してます。
今日はアンケートしましょう。

香川といえば うどん ですが、みなさんは、週に何回うどんを食べますか?

そばやラーメンの回数でもいいです。

俺食い過ぎなのか?
週5日は食べます。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:44Comments(15)TrackBack(0)ただの日記 

2006年10月06日

こういう考えをしてみたのだが・・・

先にお知らせ。

高松オフは明日22:00で参加締め切ります。
少人数オフですので、じっくり話したりできそうです。時間のある方は、ぜひ。


先の記事で、「学校の苦労」という記事を書きましたが、再度・・・確認をとってみました。
やはり、教育法からの配慮という観点ではないそうです。
まず、学校の授業を全員が受けられるように、また指導要綱を逸脱するような極端な授業変更を避けるためだそうです。
ま、これはこれで。

さて、今日はへんてこりんに考証してみたりしましょう。

輸血等の問題で、王国宣教になにやら載っているようです。
これについては、まいけるさんのところでも書いてありましたね。
俺は、正直・・・難しい事は説明しにくいので、上手な方にお任せするとして・・・

知らない方へ、この記事の画像ソースをリンクしておきます。

http://www.jw2ch.org/index.php?cmd=read&page=%BB%F1%CE%C1%B4%DB%2F%CD%A2%B7%EC

おそらくですね、この記事を読んだ証人は、幾つかの感覚を持つと思います。

1 画期的だと賛美する人
2 変更に対し、素直に評価する人
3 この変更に対し、自分で調べたりして疑問を抱く人
4 組織のいいかげんさにうんざりな人
5 どうだっていい人(興味がない)

これぐらいの分類にしてみましょう。

俺もこの記事を見たわけですが、俺の解釈ですからね。
専門的な部分でこたえられないけど、JWのやり口部分だけで話させていただきます。

疑問なんですよ。
エホバの証人の中に医師もいるはずなんですが、この文の中にはそういう医師としての見解は載っていないんですね。
解説が載っているわけなんですが、ウィキペディアから引っ張ったような解説なワケです。

エホバの証人は、この表を見て、全てを悟る必要がありますね。
なぜなら、ネットなどで調べれば、組織が言うことにも疑問が出てくると考えますから。
治療、薬剤使用に関しても、自己決定に委ねられていることがたくさんあるところをみれば、捻じ曲げれば何でもOKになりそうな雰囲気ですね。
結局は、医師の話がどうであれ、あのパンフに書かれたことが金言なわけですから、従うしかないわけです。
第一、こんな事をいっては誤解があるかも知れませんが、現役さんのほとんどは、専門用語が並んでるので、わけわかんないはずです。

 1と2で分類される人の多くは、内容がどうのこうのではなく、組織が素晴らしい事をしてくれて、過ごしやすくしてくれたと考えるでしょうから、意味もわからないまま喜んでいるわけです。これはもっとも恐ろしく、この文を元に・・・反論する人に、まくしたてるように言い返すことになるでしょう。しかし、ちゃんと意味を把握したワケでなく、場合によっては自己解釈もまじりますので、まったくJW違反行為までOKに言ってしまったり、よりツワモノな質問をしてこられたら、逆ギレのようにいってしまいがちですね。このタイプは、自分中心でエホバを廻すタイプですので、変更そのものに意味はありません。

 3のタイプは、おそらくですが・・・JWサイトなども頻繁に訪れたり、もしくは自分でブログやサイトを運営されたりする方だと思うんです。エホバの証人としての生き方も考えつつ、世の中と調和した生活等を考えられる方だと考えます。組織依存ではなく、神様の信仰を主に考えられる方ですよね。ですから、一定の理解を示しつつも、組織のやり方に疑問符をつけることにもなりそうです。ただし、この事を組織に物申すことはないでしょう。波を立てて立場を悪くするのもいやでしょうし、一応組織というよりは、エホバ賛美のコミュニケーションを楽しまれてる方だと思いますから。

 4のタイプは、もうエホ証やめたくて仕方ない人でしょうね。二世達の中には非常に多いかも知れません。事情があったり、おざなりなのでしょうけど。

 5のタイプが実は一番多いと考えます。あのように書かれても、現実的に治療を必要としている証人が全体のどれくらいいるか知りませんが、20万人強の伝道者の10%だと仮定して、2万人です。あとの18万人は他人事に過ぎないのではないでしょうか?いつくるかわからないハルマゲドンにしても、大会のプログラムはかなり前から準備されたり、ベテル建設だって、王国会館の建設だって、ある程度の長期的計画で進んだりしますから、ほとんどの証人は、備えという言葉でお茶を濁す程度で、実際はハルマゲドンへの恐怖よりも、組織に対する忠実さの実証だけをかんがえるだけで、寿命まで生きて、自分の死後に起こると仮定するハルマゲドン後の復活を願ってたりするんじゃないかな?だから、とりあえず自分の身の回りに起こらない限り、資料を知識にするだけで、2ヶ月もすれば、記憶の隅にしかないと考えるんですよ。真剣に考えてないと思います。

俺が勝手に想像して書いたんですが、こういう事を書いて初めて、そうではないと反論されると思います。
だれも言わなければ、きっとどれかのタイプに入るはずです。
意外に当たってると思うんですけどね。

俺はいつもこう考えるんです。

エホ証サイトに関わる人は、組織内にいた時よりも、真剣にエホ証の事を考えていると。
批判だとしても、それが現役さんに不快な思いをさせようとも。

現役さんの心の中を勝手な想像で書きましたが、できれば冷静に心を覗いてみてほしいです。
誰に告白する必要はないですよ。
もちろん、反論も受け付けますし、その反論はご自身の思いですから、俺がどうこう言うことじゃないです。

この辺に、エホバの証人に起こる問題が山積みだと思うのは俺だけでしょうか?

良心の決定は個人によって行なわれることだと書いてありますが・・・
この決定に批判をしないようにと書いてありますが・・・

実際は、目を光らせ、コントロールしたいのがミエミエなわけですから。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:23Comments(3)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW問題提起

2006年10月04日

俺とバイク時代 

さぁ、限定解除編ですね。

排斥後に少し荒れた後、何かを思い限定解除に挑戦です。
今と違って、大型2輪を学校で勉強すれば、技能免除なんてことはなかったんです。

試験場で1発試験。

最初なんて、乗った瞬間・・・・・

 

「外周を廻って終了して下さい」

 

ですよ。

 

20回通いました。やっとこさ、取る事が出来ました。

ですが、そのころ・・・ハマっていたのが「トライアル」でした。


見て頂ければ、わかると思いますが、山の中で、障害物を足をつく事なく、時間内にクリアする競技です。
地味ですが、非常に面白い。
ノービスライセンスを取って、試合に出た事もあります。
お金がないので、レース仕様ではなく、保安部品を外したイージーなものでしたけど。

持っていたのはこのバイクです。


TLR200というヤツです。
こいつを街乗りに使っていました。
利点としては、こけても壊れない。どこでも遊べる。
欠点としては、シートが薄いので、ケツが痛い(これは仕方ないのだが)

ただですね、このバイクに乗ることで、バランス感覚は異常に上達しました。

段々、シングルエンジンが好きになってきまして・・・勢いでFZの代わりに買ったのがこいつ。


SRX600です。SRを買わないところが、レーシー感を捨てきれない悲しさです。
シングルはいいですね。アクセルを自分の意志で扱える感じがします。
スピードは大した事はありませんが、どこでも問題なくトルクがあって、非常に乗りやすいバイクでした。

しかし・・・

このバイクは、トラックに突っ込まれてお釈迦になりました。
相手が悪いんで、新車の金額と幾らかのパーツ代をもらいまして(身体はほぼ無傷)、ついに最後の大型です。



そう、CB1100Fです。
理由ですか?「バリ伝」ですよ!
グンより、大きなヤツに乗りたかっただけです(笑)

このバイクにはいろんな事を教えてもらいました。
トルクで引っ張ってもらうことは、回転で無理して走る事よりも安全な事。
風を感じる快感。

排斥された憂鬱な気分だった時を、楽に遠くに連れて行ってもらえることで、非常に気分良く過ごせた。
特に改造はしませんでしたが、存在だけでカッコ良くなってた。

ツーリングも行きましたね。
北海道に行きました。
こいつのシートでお漏らししちゃいましたけど・・・(笑)

いやね、夏に北見へ向かって北上してたんですけど、途中でいい場所があったので、キャンプしたんですよ。
それも一人でね。
明け方、なんかいるような気配を感じて、見たら・・・

多分・・・?????

くま!クマ! 熊!・・・・・・だと思いたい。

焦って、バイクに乗って、慌てて逃げ出したんですが・・・

立派なお漏らしを。放尿しながら全力で逃げました。おそらく全開にしたのはその時だけでしょう。

北海道の方々、北見方面は熊がいるんですか?
俺はあわてて逃げたんですが、絶対くまだと信じているんです。

しかし、本当に500キロ走るのがこんなに楽だとは。
今でも買いなおせるものなら、もう一度欲しい1台です。
あれで、ナンパしたこともあったなぁ。(意外にもてたかも)

でも、このバイクに乗ったころから、エホ証の事をほとんど考えなくなったのは事実です。
ハルマゲドンってナンディスカ?と思ってましたもん。
それほどまでに、このバイクには力がありました。

広島より東方面には、このバイクが活躍し、40000キロ走ったですね。
しかし、車の免許をとり、車を買ってから・・・維持費のためにバイクを諦めました。
この辺が、いい加減なライダー感覚なのでしょうね。

こんなもんかな。
とにかくバイクは、エホの教えを拭い去る大事なアイテムだったです。

さぁ、バイクの話はもう1本!

「現在の俺のバイクと、こっそり欲しいバイク編」です。

 

 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 23:34Comments(8)TrackBack(0)ただの日記 | 家族・自分

この最近思う事。

学校ネタで、思うところがあったので書こうと思う。

正直、俺はクラスの保護者間では要注意人物である(笑)

理由は、保護者会でも・・・明らかに納得出来ないことがあると、机でもなんでもひっくり返すからだ。
口でいらん事を正論ぶっていうクソには、きっちりお灸を吸える必要があると考えるのだ。
PTA活動に勤しんだフリをする親ほど、自分の子の行動を知らない。

例えば、こうだ。

「先生が授業中、子供の事をコントロール出来ていない。いわゆる先生の言う事を聞かせていないから、授業が進んでいない」

こういう事をいう親に限って、自分の子が大体言う事を聞いていないのだ。
先生が注意すれば、親が先生に抗議のように文句を言うから、言う事を聞かないようになってるのだ。
すでに先生の威厳などどこにもないのだ。

ほんまに世も末だ。

俺は今、学童の保護者代表である。

ここでも問題が起こる。
子供同士の喧嘩に親が出てくるが、大概・・・文句を言ってくる親の方の子供に問題が多い。
ウチも絡んだことがあるが、一喝で引き下がっていただきました。

学童に送迎する親の車の駐車にも問題がある。
こういうのは、誰かが言わなければいけないが、揉め事になるので言わない人が多い。
俺が一度は優しく言うが、聞かない時には、きちんという。

その時に、「あんたは何様?」である。

もちろん、「ばうちん様」だと答える。

「文句があれば、保護者代表のばうちん様だから、先生に聞いて来い!どう答えてもらうか・・・俺のいう事が普通だということが分かるはずだ。それでも言いたいことがあるなら、どこのだれべぇでも連れてきたらいい、ちゃんと社会のルール教えてあげるから!そんなことで、子供に何教えるんじゃ?」

これで文句は来ない。

ウチの家に遊びに来る子供も、悪い事をすれば、いう事を聞かなければ、思いっきり怒られる。
正座もさせるし、返事もさせるし、言う事を聞かなければ帰らせる。
だからといって、ガキの友達は減らないし、いじめられない。

もちろん、ウチに遊びに来ない子供はいるが・・・

親が怖い存在である必要もあるよね。
先生も、体罰や理不尽がなければ怖い存在でいいと思う。もちろん尊敬されなきゃいかんがね。
明日は保護者面談の日、しっかり評価と課題を頂いて、感謝をしてこようと思う。

もちろん、言わなきゃいけない事もあるんだけどね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:40Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 | 家族・自分

2006年10月03日

でゅえる すたんばい!

bbb880be.jpgさぁ、ガキ!デッキを開け!

40枚のデッキは開けません。

なんちゃら、かんちゃらを召還!

カードが開かず、召還できません!

ええい、こうなったら、トラップカード発動!

トラップが読み取れません!

ええと、ええと、ええと・・・・

リバースカードOPEN!

リバースできません!

ということで、勝者、洗濯機!


何のことかわからない方には、ちょっと説明しましょうか。

この最近、カードゲームってヤツがブームなのはご存知ですよね。
もちろん、うちのガキもなんかやってるわけです。

「遊戯王」とかいうメジャーなカードゲームです。
いろいろルールがあるらしいですが、俺はよく知りません。
俺に言わせりゃ、カード燃やせば俺の勝ち!ぐらいの考えです。

ガキは片付けが苦手です。
ポッケにカードを入れたまま、洗濯機にズボンを入れました。

あとは何が起こったかおわかりですね。

ガキは落ち込み、1時間泣き続け、まぁ、嗚咽ですね(笑)
確かめずに洗った嫁に責任はありません。 これがウチのルールですから。
しかし、ガキは・・・少し恨んでいるようです。

文句は言えませんがね。

写真の通り、カードはひっつき、二度と使用出来ない状態に。
レアカードとかいう、大事な最強のカードもあったそうですが、全滅です。

これを見て、子供の頃・・・自分も同じ事をして泣いた事を思い出しました。

小遣い使って買いなおせ!
それで痛い目に遭って、学習する事もある。
もちろん、俺は何の手助けもしません。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:34Comments(5)TrackBack(0)家族・自分 | 写真

学校の苦労

ガキの学校プリントにネタを発見したのだ。
どっかのエホ証が暴れるから、こんなプリントを配らなければならなくなったのは知っている。
よーく考えてほしい。これが日本の小学校で起こる事実だ。

プリント引用はじめ

国語科では日本各地のお祭りの読み取りを学習しています。

(中略)

○○小学校では、地域文化の伝統の素晴らしさを学んでいます。

そこで少しでも子供達にお祭りの雰囲気をつかんでもらい、調べの参考になればと思い、学区内で行なわれる2つの神社のお祭りについて下記の通りお知らせします。ご家庭でも、そういった趣旨から地域のお祭りについて、お子さんと話をしていただけると幸いです。

(中略)

神社のお祭りを調べますが、あくまでも地域の伝統行事を学習するためで、宗教を学習するものではありません。その点は配慮して学習を進めてまいります。

(祭りの日程)

※ 都合のつく方で結構ですので、無理はなさらないようにして下さい。

引用終わり

ここまで書かないと、どこかの宗教に狂った親が学校に文句言うからですね。
ここまで書いても、きっとバビロンだのサタンだので、この勉強の学習ができない子供もいるわけです。
なぜか? 強制された勉強ではないからですね。

しかーし、確実にこの勉強に対して、楽しみを見出せない子供がいるってことです。
きちんと学校側は宗教じゃねぇと言ってるのにね。

ん?神社は偽りの神が奉ってある? 

だから、宗教学習じゃねぇっていってるだろう?

あほか。

ちょっと輸血の問題で同じような事をいってやろうかね?

私はエホバの証人の勉強をしています。輸血は教義上禁じられていますが、成分分画したものであれば、問題がありません。

あんたらもこんなしょうもない言い訳してるんじゃないのかね?

成分分画も、立派な血液ですよん。

学校は、ここまで子供達に配慮してるんですよ。
学校であんたらの教義なんか教えられんだろう?

「今日は、ものみの塔の1914年の予言が外れたことを勉強します!」って言えんわね。

別に今までもこの授業はあったそうだ。
お参りをさせた事もないし、授業内容も変わらない。
ただ、15年ほど前から、こう言う風にして、子供が苦労しないようにしているのだそうだ。

先生方・・・ご苦労様。

ほんとになさけない。JWってほんとなさけない宗教だ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:28Comments(6)TrackBack(0)JW | JW問題提起

2006年10月01日

無責任に書いてみるか。

ちょっといろんな本を読んでいましてね。
ふとつまらぬ事を考えてしまったわけです。

しかし、今回は思った事をただ単に書き綴りますので、たいした情報はないかもしれません。

サブリミナル効果ってご存知ですよね。
ウィキペディア百科辞典より

サブリミナル効果(サブリミナルこうか)は潜在意識意識と潜在意識の境界領域に刺激を与える事で表れるとされる効果。ただし科学的に証明されてはおらず、その効果を疑問視する心理学者も多い。映画テレビ放送などでは実在するものとしてその実施は禁止されている。

映画などのコマ割りなどに、実際には確認が出来ないほどに関係ないコマをいれたりすると、脳にはそのコマが伝達されたりして、何らかの効果が現れたりするそうです。

その他にも、有名なサブリミナル効果として実際にあるのは、化粧品のいれものだそうです。
法則があるそうで、化粧ビンなどは、男性の性器をイメージしてあるそうです。
へぇ、すごいもんだ。

って思ってたら、マインドコントロールだの、洗脳だのといわれるエホ証教義・・・

まさかこんなの使ってないよね?

とまぁ、よからぬ事を考えてしまったりします。

あと、一つ。

JWが有害なインターネットサイトの閲覧に警告を発してますよね。
そのことをちょっと考えてたんですよ。

昔、この世の友達と遊んだらいけないとか、この世的な雑誌や、TVを見てはいけないとかいわれてたよな。

んんん?

単純でごめんよ。

よく考えたら、エホバの教えは素晴らしいものだったよね?

ということは、その教えが素晴らしいものなら、他の事に惑わされることなんかないんじゃないの?

エホ証的な答えなんかどうでもいい。

有害だから見るな、するなと言わなければ、揺らぐ程度の教えということにならないか?

この辺は、答えがいろいろあろうが、脱しようとする人や、悩んでいる人寄りに考えたら・・・

「エホ証の教えは、そんなたいしたもんじゃない。人の言葉で揺らぐ程度の教えだ」とも考えられるんだよ。

神様って絶対だったりするじゃない。

なのに、それに疑問や矛盾が生まれるなら、それは神の言葉じゃないと思ったりするわけ。

神の言葉じゃない?

誰の言葉だ?

人間がこねくりまわした言葉の羅列でしかないのじゃないか?

人間は不完全。

そっか、結局ニセモノか。

極端に無責任な書き方だが、単純に考えていくと、こんな感覚にもなりますね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:31Comments(3)TrackBack(0)JW | JW問題提起

ご紹介

こんなメールが届きまして、ちょっと載せてみようかと思いました。

ばうちん様、はじめまして。
いつも、楽しくブログを拝見しております。
ブログを拝見しておりますとばうちん様も愛犬家と思いまして
ひとつお願いがございます。

広島ドッグパークが崩壊したのはご存知でしょうか?
その様子はこちらです。↓
http://ark-angels.com/rescue.html
http://ark-angels.com/hirosima.html
http://ark-angels.com/hirosima2.html

地元ではニュースになり、すでにボランティアが救助しています。
しかし、対象となる頭数が多い為、物資や資金が不足している状態です。
そこで、ばうちんさんのブログでこの件を扱っていただけないでしょうか?
もちろん、ばうちんさんの主義主張があると思いますので
無理でしたらかまいません。

ボランティアで救助しているのはこちらです。
http://ark-angels.com/
こちらの団体は一般の動物愛護施設とは違い
処分施設に送られて来る動物達を助け出し
里親をみつけ助けるのが目的です。

厚かましいお願いですが…
ばうちんさん的に問題なく
お時間があるようでしたらお願い致します

このメールを頂き、事実関係をサイトアドレスの連絡先に電話してみた。
というのも、支援金詐欺等の被害報告もあり、ご迷惑をかけたくないという一心からだ。

連絡は簡単にとれ、担当者の方との話も出来た。
こちらの考えもご理解いただいて、確認させてくれとのご返答に快くお答えいただいた。

支援金などの協力をしてくれとのお願いをこのブログではしません。
まず、この事実を知っていただき、動物を人間の身勝手で粗末に扱わないで欲しいという事を言いたいです。

そうした上で、何か思うところがあればご来訪者さんの意志で手助けになる事をしてあげて下さい。
正直、お金が絡んだりすることですので、私に責任とれる問題ではないので、こういう紹介の仕方しか出来ません。
心苦しい紹介の仕方ですが、ご了承頂きたいと思います。

ブログアップに関しては、該当サイトへ連絡をした上で、あちら側に確認していただく話をしております。

ここからは、俺の個人的感情です。

イヌを商売だけでかわいがるな!
イヌは最後まで一緒にいてもらうパートナーだと忘れるな!
血統つきと雑種に何の違いもない!見かけでイヌを飼うんじゃない!

そういうヤツは、イヌを飼う前にしっかりと考えろ!

ボランティアの方々の愛情とご努力に敬意を表しつつ、紹介を終わります。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 18:00Comments(3)TrackBack(0)ただの日記