2007年06月30日

用件、住所、氏名、電話番号は絶対です。

新聞屋さんには、結構な電話がかかってくる。

お客さんの電話で、非常に困るパターンをいくつか書いておこう。

「はい、○○新聞○○販売店です。」

【○○だけど、明日から3日間、新聞お休みして下さい。】

「○○様、ご住所を町名からお願いできますか?」

【○○町の○○じゃ】

「番地をお願いできますか?」

【あそこのガソリンスタンドの北側の・・・・誰さんの隣じゃ】

「間違いを防ぐ為に、番地をお願いできませんでしょうか?」

【お前は、これでわからんのか?毎日くばっとるんじゃろうが】

高松には、苗字が同じな人がたくさん住む地域があり、そういうときは非常に困るんですね。
厄介なのは、その人の同じ苗字で、同じ町名で、お客さんのいう該当場所に5件ぐらい新聞が入ってる時です。
いやぁ、こう言う時は聞きだすのに苦労します。

案外、お歳を召してれば多いんですよ。

ケース 2

マンション名や、号室を言わない場合。

これも凄く多いんですね。
こちらが、「そちらはマンションなどの集合住宅でしょうか?」と聞き返すようにしてるのだが、聞くと、何故か不機嫌になられる方も。
理由はわからんのだけどね。

ケース 3

新聞を申し込んできて、電話番号を書いてくれない人。

「個人情報だから、書きません!」

いや、それは困るんですが・・・
新聞屋だけかもしれませんが、300件に1件ぐらいはこういうのあるんですよ。
電話番号というのは、お客さん固有の番号です。
あると、お客さんの判別がすごく早いんですよ。同姓同名も案外あるもんです。

いやぁ、お願いだから教えて下さいって。
何故か寂しいものです。

いやぁ、いい方法はないのだろうかね。

  

Posted by gurugurubautin1234 at 12:07Comments(8)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

2007年06月29日

羽化したといったほうがいいのかな。

f5843f18.jpg

いやぁ、これが完成形

もうね、これがたまんなくてさ、DVD欲しいな。

ええ、見れなかったから、ヒーローもの大好きなんです。

ここでお題。

「あなたの好きなヒーローものを名前の後に入れてコメントして下さい。」

ばうちん@キカイダー

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:22Comments(15)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

ゴーリキショウライ

6b732fcb.jpg

ガキのころ見れなくてさ。

衝撃的なヒーローものだったんだよ。
これ、怪人じゃないよ。ヒーローだよ。
まだ、完成形じゃないけど。

名前がすごいんだ。

調べなさい(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:18Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

いや、自分で書いてて思い出したw

81333baf.jpg

いや、懐かしいだろ。

いやね、「兄弟ぃぃぃぃん♪」なんて書いたから思い出したのだ。

知らない人多いんだろうな。

わかった人は、コメント残すように。
確か合体するんだよな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:01Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

ご心配おかけしております。

たくさんメールいただきまして、お気持ち身に染みております。

おバカなのもいっぱい来ましたけど、有名税だと思いましてね。大きな心で迷惑フォルダに移動させて頂きました。
過剰反応するほど気になるという、キミの霊性の低さを祈って許しを乞いなさいってw
こういうのに限って、携帯にブックマークして、奉仕中とかに見てるんだろうしさ。

さて、今日は近況をからめて話しときましょう。

確かに、あの日は落ち込みましたね。
嫁、子供に申し訳ないという気持ちが96%
ブログネタにしようと思ったのが3%

あと1%は、非道を貫く決意です。
まぁ、ノタレ死ねと書いたわけですから、一切の愛などありません。
やることも見えてきましたし。

あのあと、オヤジにもこっぴどく怒ったんですよ。
俺は一切の援助はしないという事も伝えました。

墓に関しても、近年参ってないらしく、高松へ移動させてもらうということも決めました。
今度、高松市の墓地抽選にでも行ってきます。
泣きつきも許しません。

俺の性格上、そこまでやるなら、こっちも徹底的にやるというのがあります。
他人と言われて、ちゃんと法律関係も含めて対処します。
あとはどうなろうが知ったこっちゃない。

うちの家も、よーく調べたら大変なんですよ。
個人年金基金も、取り崩ししてることも判明して、年金は国民年金のみ。
貯金もゼロに等しい状態でした。

まぁ、これでどうにかなることはありませんね。
妹達も、母親につくそうですけど、パラサイトしてる状態でどうするんだか・・・。
逃げ出すのが目に見えてます。

その時に、生活保護でも申請するんでしょうけども、勝手にやってもらいます。
俺は一切拒否です。
本人が、赤の他人を主張してるんですから、勝手にやってくれです。

このことで非難されようが、知ったこっちゃありません。
吐いたツバは飲み込めないと教えるのが、最後の親孝行でしょう。
なーんにもわかっちゃいないんですから、実地で学習して下さいね。

冷たい?

ですよ。俺冷たいんです。
後悔してるのは、こんなことになるなら、施設にでも出されときゃよかったです。
いやぁ、辛くても、人の温かさを最低限味わえる生活が待ってるんだから。

言っときますけどね、家族生活だの、若い人などの本・・・あれ、ウンコ本ですよ。
実践出来ないやつがそこら辺で配ってる本ですから。

滑稽ですね・・・

「こんにちは、この最近は家族同士がいがみ合い、殺しあう悲惨な事件が・・・聖書にはこんなに素晴らしい・・・(略)」

ということを言いながら、自分も完全崩壊でありますからねw

***************************************************************************

書き物ですから、怒りも含め、ある程度読み手の事も考えて書きますけども・・・

「ここまで来たら、どうでもいーですよ。」

案外、冷静になる事もできましたし、アホJWの実態は見せることもできたわけです。
まだ、幾つか書きますけどね。
それは違うとか言われようとも、それが実際にあるんだから、否定できません。

現役さんには悪いけど、どうぞあのワカランチンとお仲間だということを忘れないで下さいね。
嫌でしょうけど、これ現実ね。
一緒に楽園に行く仲間です。

楽園では、男探しに必死なワカランチンが、イケメン探しに必死なことでしょうw
アー気持ち悪い。神を称えながら、下半身にシミを作る気持ち悪いの・・・おげぇぇぇぇぇ!
配達中に、大笑いしながら考えたじゃねぇか。

もの凄い想像してたわけなんですが、現役さんがお持ちのお子さんも、あのワカランチンの対象になるのかと思うと・・・
ちょっとイケメンの独身兄弟も、狙われると思うと・・・

「ご愁傷様です。」

お早めにこの世でご結婚されたほうが身のためですよ。
追っかけ回されるかもしれませんよ。「ねぇー兄弟ぃぃぃぃん。」ってねwww
まぁ、お好みでしたら、ハッピーな楽園ライフお楽しみ下さい・・・wwwwwwww

来ませんがw

そんなことを思ってましたら、ほんと怒りを通り越して、一本グロいエロ小説ができましたがな。
あの怒りが3時間で、笑いネタのお花畑になるとは思いませんでした。
そんな感じですね。

ということで、ほとんど怒ったり、落ち込んだりはしてません。
やることが山ほどできたんですがね。
自分の城をちゃーんと守ることと、嫁の親族がなるだけ納得してくれるための俺作りです。

これは大変ですよ。
理不尽大王ですので、嫁の実家でも好き放題の俺が、更に好き放題にやらせてもらえるわけだ。
愛される理不尽大王を目指すことにしますw

今回の事でわかったんですが、確かに自分の血が半分つながったものとはお別れで、失いました。

父親(まぁ、お墓には入れますけど)、継母(あっ、あかの他人だったw)、妹達(母親につくなら、好きにせぇ)

これを取り巻く関係も失いました。

しかし、家族やワンコや、友達や、仲間をしっかり得る事も出来ましたね。
考えてみれば、案外得してます。
これからもJW関係の事は書くけども、ちょっと書き方が変わるかも。

落ち込む時間が多いかと思ったら、2.3時間だったというのが想定外でした。
10年中にいて、なんかその後も苦しんでたのが、バカバカしいですよ。

今の心境はこんな感じです。

ほんまにありがとうございます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:57Comments(9)TrackBack(0)JW問題提起 | 家族・自分

2007年06月27日

絶縁の道 (1)

最初は、葬式関連の問題です。

【あのね、オヤジの事はこっちへ任せるといったんじゃないの?お金の問題も含めてね。】

「お父さんは、別にどうだっていいと言ってるのよ」

【聞いてないんでしょ?墓には入れてくれと言ってるのはしってんだよ。何ウソついてるの。】

「だから、あんたはうちの家族じゃないのよ!」

【そういうことエホバの証人が言えるの?あんた、これ、世界発信される言葉だからね、今更いい直しはきかないんだよ。悪いが組織だって見てるんだからね、あんた恥かくんだよ。もう一度聞くよ、親父にちゃんと返答をさせてくれるのか、くれないのか?】

急にトーンが下がりました。
理詰めしたような言動で少年時代に追い詰めるのが、あの人のやり口でしたが、今では通用しない。
エホの根拠のない言動が正しいと思い込み、まったくの認識不足が仇になるわけですから。

「それはじゃぁ、直接きいてくれたらいいわ。けど、あんたが勝手にやることだからね。」

はじめからそのつもりですが、何か?

【で、あんたの事じゃけど、遺書的なものを書いてると言ってたけど、それ、ちゃんとわかるようにしてあるんだろうね?じゃないと、葬式の事にしろ、その後のことにしろ、望みどおりにならない事もあるんだよ。財産の処分などは、遺書などの部分を保全するためにちゃんとできることがあるけど、死んだ時は病院で死ぬとは限らないんだから。】

「私はちゃんと王国会館でお願いするように書いてるわ。」

【それは、個人的事柄で使わない傾向にあって、望みどおりにならないかも知れないでしょ。そういう時に、葬儀屋を使わないといけない場合が出てくるけど、そういう用意をしてるのかな?】

「遺書に書いてるんだから、その通りにしてくれるはずよ。遺書は絶対的もので、輸血拒否と一緒で、意思が尊重されるものなのよ。知らないの?」

勝ち誇るな、そうじゃないことは教えてやる。

【自分が望む葬式にしたい時は、自分で準備しておかないといけないんだ。だから、あんたの意思をなるだけ反映させるのならば、それなりに自分でやらないと、ちゃんといかないんだよ。残されたものが振り回されたりするのはゴメンだからね。】

【それにね、あんた、あんたの肉の兄弟達に、骨のあれこれ言ってるのかな?勝手にすればいいと言ってくれてるなら、それでいいだろうけど・・・案外揉めるもんなんだよ。せめて自分達のお墓に分骨させて欲しいといわれたら、それぐらいは許してあげないと、困るんだからね。死の世界はないんだし、別にエホバの証人が墓参りするのがいけないだけで、保管されてると解釈できるでしょう?エホバの証人はちゃんと納骨堂を持っているわけだから、それでいいじゃん。残された親族の気持ちぐらいは汲み取ってあげてもいいんじゃないかな、エホバの証人の原則に反しない部分で。】

「そんなこと、あんたに関係ないでしょ?私の骨は、家の敷地内に、うちのネコを殺されて随分埋めたから、そこに一緒に埋めてもらえばいいと、書いてるわ。それにね、私はお墓に入れられて、バビロンの象徴みたいに拝まれるのは、ご免だから。私の信仰と遺書は絶対的なものでしょ。法律で何の問題ないと、裁判所だって出してるわ!知らないのはあんたの方でしょ!!!」

トホホ・・・どうやら、輸血の裁判例を言ってるんだけど・・・全然筋が違う。

散骨に関し、大きな罰則規定はないけれど、庭などに埋めるのは禁止ね。

http://www.eternal-j.co.jp/qa.html

ここに、ある程度のQ&Aがあるので、載せておいた。

「墓地、埋葬等に関する法律」(以下、墓埋法)では、墓地以外の埋葬又は火葬場以外の火葬を禁止する項目があり、第4条に「埋葬または焼骨の収蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」という条文があります。しかし、これはお墓や霊園(納骨堂)以外の場所、例えば他人の所有地や自宅の庭等に勝手に遺骨を埋葬(地中に埋める)することを禁止している法律であり、「焼骨を自宅等で保管することは本条に違反するものではない」という見解が示されています。

庭には埋める事はできません!!!!
あんたは、遺書に書けば何でも通ると思ってんのか?
まったく、自分だけのエホバ教つくるんじゃねぇよ。

【法律で決まってることがあるんだから、そういう法律違反は止めてほしいんだよね。迷惑かかるでしょ?】

ここで、とんでもないことを言い出す。

「あー。面倒くさい。あんたのデタラメな話に誰が惑わされますか!いいわ、あんたのところには連絡よこさずに、済ませるから。」

おいおい、それで済まない事だろうに・・・

【妹達だけで全部やってくれるのか?そういうわけにはいかないだろ。考えて見ろ、今、妹達はそこにパラサイトしてる状態だろ(お家の事情でいろいろありましてね・・・)お金の問題などは、俺のところに言ってくるのは目に見えてるんだぞ!その状態で金は一切出せないよ、あんたらのエホバの証人たちで何とかしてもらえるなんてないんだよ。そうなったら迷惑だらけだけどなw】

「あんたは、他人!連絡しないから!(ちょっと勝ち誇る笑い)」

【あのなぁ、あんた、それを言うなら、なぜいとこ(母方なので、血の関係などはない)の結婚式に親父の代わりに行かせた!親父はあんたがエホバで式の大事なところ参加出来ないから逃げたんだろ、だから急遽、おじさんが俺を呼んで、俺が自腹でなんやかんややったんだろ、あんた、それを俺に頼んできたんだろ!言ってる事と、やる事が矛盾だね、それで俺に何回ムチをやった!自分が出来ない事を、子供に虐待したんだ?おじさんね、あん時、俺にものすごく申し訳なさそうに、涙でお礼くれたんだよ。あんたが死んでおじさん達が、妹達が何も出来ないとわかったら、俺に連絡とってくるの。それは当然のことなの!遺書に俺に連絡とるななんて、効力ないんだよ!結婚式の時も、俺が、あんたの宗教事で、式に参加出来ないからって、相手方の親族に頭を俺が下げて、俺が証言したようになっただろ、相手方怒ってたんだからな。学校で証言むりやりさせる割には、自分じゃ何もできないビッタレが、偉そうに言うな!迷惑かからないように準備してくれというのがわからんかね!!!!】

今度は、とんでもないことを。

「死んだら、私は意識ないし、迷惑かかろうが関係ない!」

エホバの証人、こんなアホですか?
これを仲間として受け入れるほど、あんたら組織狂ってますか?
いっとくけど、昨日の話だからね。

「妹達だけでやってもらうから!他人は黙ってなさいwww」

しょうがないので、通告書出します。

○○ ○○○殿

2007年6月26日に私「ばうちん」に暴言のように言われた事に対し、ここに私の見解を通告いたします。

1) あなたが死んだ後の事に対し、希望通り勝手にどうぞ。
2) あなたが言った事は、妹達に伝えましたので、そこらへんでノタレ死んで下さい。
3) 他人と公言したわけですから、私がブログ記事に書くことでちゃんと残しておりますし、発言はレコーダーに記録しております。
  後であれこれ言われても、関知いたしません。
4) 妹達が出て行ってしまい、あんたが孤独死しようとも、それはあなたの望み通りです。
5) この問題に関し、親戚付き合いなどの絶縁を受けても、それは私の個人責任です。

どうぞ、ご勝手に。

おじさんに何度も言われたよね・・・

「エホバを信仰するのは勝手だが、最低限の責任は果たせ」と・・・

【ほんま、困った時は金の無心をして、今でもその金は返さず、おじさんが困った時は、金を貸してやる事もせず、俺、半分ぐらいだけど返してるんだよ。それでも、足りずに、おじさん田畑、山売って、自宅は競売にかけられ、今は細々生活してる・・・それでも、あんたにゃ何かと世話焼いてくれてるだろ・・・きっと、あんたの死んだ時に兄弟達は、悲しむだろうし、骨だって何とかしたいと思うだろう。あんたは、嫁いだのだから、関係ないとかいうなら、金返してやれよ!あほんだら、責任果たさず、イッチョマエをいうのは、ほんまのビッタレじゃ!よく考えろ!】

(借りた金の一部は、海老名ベテルの建設費用に寄付されてます)

エホバいませんな、サタンの間違いじゃないの?

信仰という名の迷惑と、法律違反を公言するエホバの証人がここにいるということです。
俺は、これまで憎む事だけでなく、それなりに最後のことぐらいと思っておりましたが、勝手にやってくれ。

こういうのを仲間として、霊的家族と言うなら、あんたらエホバの証人で面倒見てやれ。
仲間なんだろ?

まだまだ続きますけどね。
最後の真実をかいときますよ。

家族愛とかを述べ伝えるのは、金輪際おやめなさい。
そこには、ウソがタップリあるからね。
エホバさんよ、あんたはあの人から早く奉仕の特権とりあげないと、エライ事になってるぞ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 22:44Comments(9)TrackBack(0)JW問題提起 | 家族・自分

何が愛の組織じゃ!びったれ宗教が!

寝れなくてさ・・・

ガキと嫁の寝顔見てました。

弱音なんだけどさ、ちょっと思う部分があるんだよ。
よくもまぁ、こんなのと一緒にいてくれるよなってさ。

実家に電話したのは、まぁ、帰省するので、その時に自分の残した荷物をとりに帰る事がメインだったのね。
大した荷物がある訳じゃないんだが、持ちかえれる物は持って帰ろうと思ってさ。
生きてきた証拠ぐらいは持っておきたかったし、自身の写真の残りがあれば、HP用の資料にもなるしね。

まぁ、荷物は捨てられてた。
ちょっとカチンともきたんだが、それは仕方がないだろうよ。
すでに諦めが出てきてたんだが、あっけなく言われるとどうしようもないなってね。

しかし、これは今回の件に発展する予兆にもならない小さな事だった。

すでにその事だけで萎えてきたのを押さえて、今回の二つの事件を聞いてみた。

そう、「放火事件」と「輸血拒否事件」の事である。

どっちも知りませんでした。
新聞をちゃんと読んでなかったか、ニュースも見てなかったのか・・・?
どこであったのか、正確な情報なのか?と食いついてきましたが、全国ニュースだと言ったら一変しました。

「そういうネガティブな発表は、会衆ではないと思うわ。研究生などが真理を聞き入れにくくなるでしょ?」

お前は何様だ?

「建設的な話は、喜びを与えるけれども、そういうことはこれからの体制に何の影響力もないのよ。これまでも、報道されないことでも、いろいろな問題がエホバの証人の中にあったと思うわ。それでもずっと証人は増え続けているのだし、真理がちゃんと受け入れられてることでしょう?これからの活動にも何の影響があるとは思えないわね。死人も出てないんでしょ。エホバが守られてるじゃない。」

どこのマイコンかかったかわかりませんが、もう末期症状です。

問題が起ころうが、それはどうでもいい事なんだってさ。

「出版物に意義を唱える事は、エホバへの背教じゃない、これまでも協会の手紙で注意を払うように時々あるけど、まさにそれが明らかにされたってことじゃないかしら。エホバの証人の事件よりも、この世の方が悲惨な事件が起きてるじゃない。人間の不完全さもあるけれども、この世よりも清く、問題を起こしてないのは一目瞭然でしょ?そういうところにしか目が行かないのかしら、客観的に言って欲しいわね。」

事実を伝えると、これですか。

俺はこう伝えました。

【エホバの証人が清いかどうかなんて、どこを見ればわかるというのかな?今、事実だけを伝えて、会衆内で何か対策を練るとか、こういう風にしましょうとか、伝道での注意点でもあったのかと聞いただけだよ。世間はすぐに忘れていくだろうけど、仮にこういうことで何か冷たい目に晒されたり、身に危険が及ばないような対策でも考えられてるのか聞いただけ。まぁ、何にも対策は練られてないということだね。うん、わかった。】

こういうと、またも・・・

「終わりの時がもうすぐってことが証明されてるのね。間違いないわ」

終わってるのはあんたの頭だろ・・・どこをどう言えばこうなるんだ?

それはそれで、まぁいいです。
所詮、この程度の対策しかないんでしょう。くそレベルでしかないんだ。
身の回りに何か起こらなきゃ、何も出来ないんだね。

大事な事を宿題にしていたので、聞きました。

【オヤジの事なんだけどさ、この前葬式の事などを連絡してくれるように頼んでいたんだけど、聞いてない?ちゃんと伝えてくれたの?】

「ああ、聞いてない。別にどうだっていいでしょ?」

はぁ?

【それは、約束だったでしょ?直接聞くと言ったら、あんたが聞くといったのに、そりゃないんじゃない?それにね、お墓の事だけど、霊園側に聞かれてる事もあったから、それも聞いてもらうように頼んだでしょ?ちょっとオヤジに変わってくれよ。】

「聞いたら、お父さん機嫌が悪くなるでしょ?別に今すぐの問題じゃないからいいじゃない!」

【何をそんなに嫌がるわけ?オヤジと話されるのがそんなに嫌なの?】

そのあと、とんでもない一言でブチキレです。

「あんたは、戸籍上、うちの子供としての権利はないの!口を挟んでほしくないわね!何?遺産目当て?」

あのね、うちには借金だらけでしょ?そういうのね、こっちにもくるんだけどな、放棄すりゃいいだけだが、それ以後のことがあるだろうに。

【俺はそういうことを言ってるんじゃない!俺が墓を継ぐんだよ。その話さえもさせてもらえないのか?】

「だから、あんたにはそういう資格がないっていってるでしょ!!!」

【ちょっと待ってよ、そういう事いうのなら、なぜ俺に自由を与えず、虐待ムチで俺を縛りつけた?そういう権利もないということだと言ってるんだぞ。自分が何を言ってるのかわかってんの?何が客観的じゃ、言葉を選んで言わんかい!】

「子供を正しい方向に導くためでしょ。それのどこが間違ってるの。親がしつけるのは当然でしょ!」

【あんたは、俺が子供だと認めてないんだぜ。本音出しやがって。犯罪行為をしておいて、都合が悪けりゃ他人かい。子の権利がないというのはどこの根拠か示してみろ!あんたとは血がつながっちゃいないが、オヤジとはつながってるだろ!エホバに狂わされたら、そんなこともわからんようになるんか!!!あんたの話だと、赤の他人に傷を負わせたんだよな。自分が犯罪者だと言ってるようなもんだろ!】

※ こんなの今から序章です。やっぱ、溜め込んどく状態じゃないわ。ほんまやってられません。配達いってきます。

ただ、感情的な部分が大きく、一気に書いたり、更新をしなかったりの不規則になりそうです。
悪く言わせてもらいますが、殺したい気分とはこのことです。
現役さんには悪いけど、エホバの証人の慣れの果てがこうなることがあるんだぞ!

どこが愛の組織じゃ。
わしに何か言えるんじゃったらゆうてみい。
目の前でゆうたら、ほんましごすよ。

このシリーズ終わるまで、現役さんは見にくるなら、覚悟してこい。
人は憎まずなんてゆうとるほど、わしゃぁ、人がようはないんじゃ。
一個人の話で済まされることじゃないけぇの。

あほんだらが!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 03:07Comments(15)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW問題提起

2007年06月26日

お詫び

ごめん・・・

結果だけとりあえず書いとく。

「ばうちん、本日、実家からの絶縁を言い渡されました。」

最後の言葉・・・

「あんたは、この家とは関係ない、あなたと私は親子の関係じゃない」

「完全な背教者!」

「二度と電話も、尋ねて来る事もしないで!」

「私が死のうと、それ以後にあんたらに迷惑がかかろうが、関係ない!」

この言葉に、日本の法律も含め話したら、うろたえる一人のエホバの証人がいました。
組織の人間が聞いたら、やばい言葉だといったら、「組織は関係ない」と逃げ越しになり・・・

「あんたが売り言葉になるから、こちらも買い言葉になるのよ!」

トホホ・・・。

精神的に疲れました。
少し休むね。

何部作になるかわかんないけど、全部書くから。

今書くとさ、現役のエホバの証人すべてが、ろくな人間じゃないと錯覚させてしまう書き方しか出来ないんだ。
それじゃ、あんまりだろ?

ごめん、更新1週間ぐらい休むね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 23:19Comments(2)TrackBack(0)JW問題提起 | 連絡事項

そーれ!祝いじゃ!

今日は、戦友のお誕生日だ。

さて、その戦友の名は・・・

「ほたさん」ね。

ほたさんは、とらさんの奥様ね。

ええか、あのタヌキメタボなとら弟の嫁とならば、とらなどほっといて祝うのが我ら戦友の努め。
とらブログにはコメントさせん(笑)

戦友のお誕生日!なんかしてやれるわけじゃないんだが、祝おう!

おめでとう! ほたさん!
こういうときは思いっきり喜んでくれ!
俺ら、こういうことだけはみんなでやってやりたいしね。

さぁ、続け!
乱舞するほど祝うのじゃ!

今年1年、たくさんのいい事があるといいな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:52Comments(6)TrackBack(0)連絡事項 

気がついたのだが(笑)

自分でオフ会の計画書をあれこれ作っていたときに・・・

あっ、そうそう。
高松オフ開催します!水不足なのだが、なんとかなりそうな状況なので。
オフ会記事(一番上)を見て、ぜひぜひご参加を。

高松も広島もこじんまりしてますが。
話はつきないと思いますけど。

で、よく日程をみると・・・

 

高松オフ 7/28(土) 地域大会高松開催中。

オフ会は、大会会場近辺での開催ですw
だって、高松市内狭いのだから。

広島オフ 8/11(土) 地域大会広島B開催中。

場所はよく知ってるしな。

いったい、どういう因果でこの日程wwwwwww

今年は、かなり一般入場は厳しくなるのかな?

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:43Comments(5)TrackBack(0)JW | JW大会

2007年06月25日

果物の話

俺は果物をほとんど食べる事がない。

去年、友達からマンゴーをもらったんだが、それは旨かった。(いやぁ、催促ぢゃないよw)
アップルマンゴーとかいうのかな?よくわからんが旨い。

よく考えてみると、子供の頃はよく食べてたんだよね。
お菓子なんか滅多に食えなかったから、もらいものとか、激安とかの果物は俺にとってお菓子だった。
しかし、いつから食べなくなったんだろう?

ちょっと、果物の種類別に思いを書いてみるかw

 

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 13:04Comments(10)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

頑張れ!医師学会!

ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070624ik02.htm

ええ、コメントで情報いただきまして、早速見てきました。

この記事を少し引用させてもらいながら、勝手にお花畑を咲かせてみよう。
(引用部分は赤字にします。)

 「信教の自由」と「生命の尊重」のどちらを優先するかで悩む医療現場の要請に応えて検討を始め、「自己決定能力が未熟な15歳未満への輸血拒否は、親権の乱用に当たる」と判断した。

15歳未満と言わずに、成人までとしてもらいたいな。 
自己決定能力の不足と言われても、エホ証は、自分で決定できる人なんぞ少ないんだが。

 合同委員会はこのほか、日本外科学会、日本小児科学会、日本麻酔科学会、日本産科婦人科学会の国内主要学会で組織。年内に共通指針としてまとめる。

一応、これで取り囲みができたようだね。
これで手をこまねくJWではないから、あれこれやってくるとは思いますよ。
あくまで指針だからね。

この指針にどれだけお医者さん自身が対応できるのか、ちょっと考えものである。

 今回の素案では、治療法に対してある程度の自己決定ができる年齢を、義務教育を終える15歳に設定した。15〜17歳の患者については、本人と親の双方が拒めば輸血は行わないが、それ以外、例えば本人が希望して親が拒否したり、逆に信者である本人が拒み親が希望したりした場合などは輸血を行う。

本人が希望なら輸血ってのは、今までもそうだっただろう?
ここできちんとしておかないといけないのは、エホバの証人は、問題にならないように個人の意思、決定で結論を出させる。
そりゃね、いろんな圧力等でなかなか難しいのは百も承知だが、形式上の問題にならないようになってる。 

15歳未満の患者に対しては、本人の意思にかかわらず、親が拒んでも治療上の必要があれば輸血する。18歳以上については、これまでの指針通り、親の意向にかかわらず本人の意思を尊重する。

今回の指針で、主だったのは、この部分なんだよね。
「15歳未満は、医者の判断で輸血が強行できる」という部分。
これでは、俺は特別に何が変わるとは思えないのである。

しかし、エホバの証人側と医師側の意見交換も行われるとの情報もあり、ほんの少しだが前に進み気がする。
まぁ、エホ証側は、あれこれお花畑を咲かせるに違いないのだが。

※ エホバの証人は、輸血に対しての理解を示してくれる病院などを紹介する部門があり、そういう施設、医療関係者に対して絶賛するということがある。医師の腕などではない。ただ、自分達の主張を聞いてくれるということが、優秀な医者だとの判断だと考えてよい。受け入れる幾人かの医師を検索してみたが、世間一般での評価は低いと言うか、結構な○ブ医者と世間で言われる医師もいる。勘違いしてはいけません。しぶしぶ受け入れる病院でも、裁判沙汰にならないとか、問題になりたくないとの判断で受け入れている所も多いのだ。

※ 俺は輸血の危険性をしらないわけでもなく、輸血が万能と思っているわけでもない。考えられる医療行為の限りを尽くすことに賛成している。

どうして、医者が輸血拒否を受け入れてしまうハメになりやすいのか?

最高裁も2000年、女性信者に無断で輸血した病院を運営する国と医師に損害賠償の支払いを命じる判決を出した。

一応、最高裁という日本の司法での判断で、判例があるのだ。
この部分も考慮されていると考えているのだ。
症例で、様々な判断が出せるものとはいえ、判例に基く事も多くあり、そこを考えるだろう。

国立病院とか、大学病院は、訴訟沙汰を嫌う。
誰でもそうであるが、結果次第では、自分の医師のステータスやキャリアにも響いてくる。
揉めないようにしておけば、訴えられなければ、最悪倫理委員会での判断ですみ、内輪の処理ですむからではないだろうか?

大きな病院では、特にその傾向があるけども、ER系の緊急手術を除き、一般手術で手術台で死亡する事を極端に嫌がる。
手術台で死ななければ、手術は成功とされるという闇の部分があるのだ。(公表はしてないがね)

医者の方に飲みながら聞いた話です。(本人の立場もありますので、伏せますが)

そこは無視してはならないと思う。

エホバの証人は、絶対にこういう部分を誇張することは忘れないのである。
もちろん、それを誇張する事で、自分達の活動がやりにくくなることなど、末端証人は気がつき難いのである。
(こういうとき、組織は「終わりの時が近付く印」とか言う。)

****************************************************************************

 ちょっと極論だけども、エホバの証人が輸血をしなければ危険な場合、輸血を拒否することを受け入れるのなら、手術スタッフには、犬でもネコでもいればいいことになる。死んでも構わないというのであるから。そういうことだよね。手を尽くせといわれても、手の尽くしようがないのだし、医師のできる事は限られるのだから。

 これは、批判を浴びそうなのを承知で書くけども、そういう手術は、家族などの拒否がある場合は、手術室に入れて、血が流れ出る状態を見せながら、手を出さないようにしてもいいのではないだろうか?あなたたちが下した判断はこういうことです・・・ということを「蒔いた物を刈り取る」必要を実際に見せる必要もいるのではないかとも考える。自分の家族が見捨てられる状況、心電図から信号がなくなる姿を見せることも、彼らが望んだことだとわからせる必要があるような気もする。非人道的な意見だけども、命を粗末にしてるのは、エホバの証人の考え方だと言わざるを得ないんで。

こう書いても、医師の皆さんは、必死で最後まで努力されるんだよな。
頭が下がるし、俺には真似出来ない崇高な考えだよ。

家族はね、悲惨な手術台を見ないことによって、あれこれ医者に言えるんだ。
そういうとき、ある意味直視しないことで言える事も多いから。
聖書には、エホバが自分の息子を死を持って捧げるように命令して、試したとの記述がある。
俺が言ってるのは、現代もこうやって試す事も必要ではないだろうかってことさ。

自分で殺すわけじゃないとしても、死を決断させたのはという責任をしっかり負う必要をいいたいのさ。

****************************************************************************

今回の事で、俺はお花畑を咲かせてみた。
末端証人に、発表されることがあれば、次のようなことがあるかもしれない。
(あくまでも、ばうちんの脳内で考えた事です。これに近い事が話されたなら、神の言葉・・・など、JWにはないのでしょう。)

1) 15歳未満のバプテスマを原則中止

これで、医者が勝手に輸血しても、証人ではないという理由で末端証人に説明ができる。
もちろん、公には発表はないだろうけど、組織が新しい光に準ずる指針として出す。
もちろん、手紙には・・・ハルマゲドンの予兆と、迫害を乗り切るためだとすればいい。

2) 輸血カードの署名は本人の署名部分だけになる。

親の意志が反映されないのなら、そこを取っ払うことで、世の中に同調したように見せる。
強制力がないことも世間に証明できるように。

3) 輸血での排斥を止める

ここはちょっとダークな部分だが、審理委員会を開き、特権剥奪や集会などの期間出席停止を命ずる。
そして、事実上、会衆内で浮いた存在にしてしまい、最後は別の禁止事項などを取って付けて、排斥してしまう。
形式上は、別件で組織からいなくなったことにすれば、大義名分はでるのだ。

エホバの証人は、そう言う部分は敏感だろうから、口にはしなくても理解すると思う。

輸血は禁止だということを公言していても、カサエルのものは・・・という原則の徹底をしたといいはるでしょう?

どうとでも出来るってことだ。
ものみの塔さん、俺の書いた事が当たったら、それはばうちんの言葉だとも追記してもらいたいものです。

ちょっと親に聞いてみようっと。
こういう論議は好きでしょうけど、逆ギレも早そうなんで、盲目的現役の反応を確かめることにします。

これも、いろんなご批判もいただきますけど、大事な部分なんです。
現実にどういう反応なのか、どうしてるのか、感情論も入れて聞かないと、証明出来ないでしょう?
これ、誰がやるの?俺しかいないじゃん。

現役の方は、こういう言い方は失礼だけど、どうしてもいい難いでしょ?
親を虐めるように思われるかも知れないが、そうじゃないんだよ。
どういう考え方をしてるのかをちゃんと知らないと、俺みたいなのは、親に接していく為の判断にもなるんだから。

親に何も言えない程、傷の多い元だっている。
しかし、前にも書いたように、将来抱える問題も出てくる。
俺は、少しだけ前に進む者として、ここは敢えて通る道にしようと考えてるんです。

「俺の失敗例は、後の成功につながる。」

こう思ってなきゃ、やってらんない。

しかし、今回の記事を見て思ったのは・・・

「これでは、エホ証が輸血に対しての見解を覆すだけの材料にはならない。しかし、少しだけでも進んだかな」

です。

コメントで資料下さった、「一研究生さん」 ありがとうございます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:23Comments(5)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2007年06月23日

メールでの多い質問に答える

ちょっと放置気味でしたね。

忙しかったのもあるんですけども、メールの返信とかにお時間を費やしておりました。
非信者の方へのメールは丁寧かつ、批判的になり過ぎないようにするんですね。
そりゃね、初めてこういうところにメールするのは勇気もいるでしょうし。

さて、多かった質問をなるだけ簡潔に書きますね。

1) 放火するほど、はまったら恐ろしい宗教なんですか?

俺が思うに、JWにはまる人って、何かに依存してなくてはいけない人なのではと。
何が原因でというのはわかりませんが、依存する場所がなくなったから、やっちゃったと感じてます。

JWに限らず、宗教に一心不乱にはまると、ちょっとドン引きですよ。
逆に、バランスよくJWとして活動してる人もいますね。
別に、これをJWにだけ当てはめるというのは早計です。

2) ばうちんさんは、JWのことを書いてますが、未練あるんですか?

うんにゃ、まったくない。
今、どうして書いてるか・・・?

最初は、吐露して、気持ちを吐き出せばいいと思ってたんだけど、今度はどうやっていくかに変わってきた。
人間なんでね、吐露も感情もたっぷり書くんだが、それは文章上の表現でもある。
実際は、かなりおちゃらけた真面目人間です。

毎日書こうとするのは、自分が書くことで、ブロガーの増殖と、凍結を見据えて。
実際増えたからね。

3) 組織に調べられたりしないんですか?

さぁ、こんだけ書いてりゃ、日本支部だって知ってるよ(たぶん)

だけどね、事実だし、組織になんか危害加えるわけでもないでしょ。
JWが述べ伝えるのと同じで、俺も述べ伝えてるだけで、これは自由じゃん。
組織はね、俺ごとき・・・相手にしてません(笑)

俺が今の信者を半分にでもするだけの行動でもすりゃ、ゴルゴ13に狙われるかもな。
そこまで大した人間じゃないので、どうってことないんだと思いますよ。

4) 「ばうちんさん、今なら悔い改めるチャンスをエホバが与えて下さってます。・・・・(略)」

結構です(笑)

俺がエホバに悔い改めるぐらいなら、エホバが俺に悔い改めろぐらいの気持ちですんで。
こんなの書くと、現役さんは嫌な気持ちになるんだろうが、盲目的な絵保障に用事なし。
ハッキリ言わないと、しつこいのよ。

信仰するのは否定しませんが、俺様に、エホバ論説くな。

こんな感じかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:01Comments(2)TrackBack(0)JW | ただの日記

2007年06月20日

エホバの証人の輸血拒否死について

エホバの証人、手術中に大量出血、輸血拒否で、死亡。

さーて、これをどうするか・・・?

先に、記事リンクしてある原文を読んでみよう。
それでまず自分がどう感じたか、そっと心に手を当てて思った事を吐き出してみよう。

放火の事件で、かなりアクセスが増えているこのブログであるが、ありがたい話であるとともに、非信者の皆さんからの質問も多数。
放火の件で計41件、JWの教義に関する事が18件ありました。
一応、全部返信いたしました。

ということで、一般の方に分かるように書いておこうと思います。

一応、自分でまとめサイトを作ってますのでご覧下さい。

http://www.k4.dion.ne.jp/~bautin/yuketu.html

***************************************************************************

このニュースを引用させてもらって、ちょっと書いてみるね。
(本文は赤字を使います)

同病院の医師や看護師からは「瀕死(ひんし)の患者を見殺しにしてよかったのか」と疑問の声も上がっている。

今になって、このニュースが表沙汰になったということは、内部リークを考えます。
または、この前の放火事件に関連つけるものなのだろうか・・・
ニュースソースを見ると、ネットニュースで各新聞社のサイトがHITすることから、結構なものだと考えます。

病院側でも、この輸血拒否に賛同しない方はいらっしゃるようだ。

過去に、医師のナマの悩みを綴った医師のメーリングリストがあります。

http://www2.kpu-m.ac.jp/~ccn/topics/topics/w0021.html

まったく同じ症状だと思いますので、是非参考で読んでいただきたい。
医者は、命を救うためにどれぐらい悩み、努力しているかを。
これに関する記事も書いております。 http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/51043671.html

 同病院は、信仰上の理由で輸血を拒否する患者に対するマニュアルを策定済みで、女性本人から「輸血しない場合に起きた事態については免責する」との同意書を得ていたという。容体が急変し家族にも輸血の許可を求めたが、家族も女性の意思を尊重したらしい。

これで推測されることなのだが、本人の同意はもちろんの事、家族も意志を尊重したと・・・
元エホバの証人の俺が思うのだが、家族もエホバの証人じゃないだろうか?
出産時に起きたことだから、配偶者もその可能性が高いと考える。

エホバの証人の出産ということならば、この患者は二世の可能性が高い。
二世同士の夫婦と推測すると、自然にこの状況が説明出来るのだ。
もちろん、親もエホバの証人だと考えるのが一番わかりやすいもの。

あくまで推測に過ぎない事は再度言っておく。

 病院は事故後、院内に事故調査委員会を設置。関係者らから聞き取り調査し、5月末に「医療行為に問題はなかった」と判断した。病院は、警察に届け出る義務がある異状死とは判断しておらず、家族の希望で警察には届けていない。

病院側の判断については、マニュアルと、判例、同意書などの書式の不備がない事を考えての判断だろうと推測します。

ただし、問題なのは・・・

「家族の希望で警察に届けていない。」

なぜ、堂々としてられないのだろうか?
信仰は認められているのだと、同意書や免責を出しているのに、警察にはなぜか及び腰。
明らかにやましい行為だとの自負があるから、そんな対応になったのでは。

まさか、組織がそういう対応を願うように指示を出していたのか・・・?

俺の勝手な考えだが、結局、これは個人の決定ということを組織が主張する為の行動を促したと考えるのがしっくりいく。
強制したとなれば、組織の言い訳も難しくなるし、今後の宗教活動に支障が出ると考えてるはず。
おれはそれしか考えられない。

輸血にはリスクが伴う。
だから、同意書を書かせるわけだし、成功するか失敗するか・・・それも状況によるだろう。
しかし、命を助ける為の出来るだけの手段は講じたいのが医者の本音ではなかろうか。

出産時の弛緩出血・・・
緊急性のあることであって、医者も最速で講じる手が必要である。
弛緩出血は、かなり激しい出血だ。
生まれた赤ちゃんと母親が一緒に助かることが、医者の喜びではなかろうか?

エホバの証人は、自殺を認めていない。

輸血することで、生きるチャンスが生まれるのなら、それを拒否した事になる。
それを自殺とは言わないのかな?
俺から言わせれば、矛盾だらけの教義だと言わざるを得ない。

輸血したから、命が絶対に助かるという保障はない。
併発する合併症の可能性だってあることは知っている。
だからといって、命が助かるのなら、方法は講じる必要があるのだとわからない。

違うことだが、合併症で思い出した事がある。(エホ証はこういうことの矛盾がある)

エホ証は堕胎を禁止している。

今はどうか知らないが、俺の在籍時にはこんな悲惨話もあるのだ。

妊娠した信者が、自分のお腹の子供が非常によくないと知らされた。
すでに、母体の中で死ぬ可能性が大だと言われた。生まれても持たない命だと。
それよりも、その前に、母体が危険に晒されるので、早めに母体を安全にしておくためにも、堕胎を医者は進言した。

しかし、堕胎は出来ない。

そして、結局は流産したのだが、早めの処置が行われず、信者は死ぬ事は免れたが、寝たきりに近い体になってしまった。

これは、宗教とは関係ないといわれる方がいるかもしれない。
しかし、次の言葉で一般の方は震撼するかも知れない。

その時、この事を知った仲間の信者は、その信者と一緒に祈りを捧げた。

「エホバのご意志で、姉妹(信者をこう呼ぶ)の肉体的苦しみを除いてあげて下さい。」

いい事に思えるだろうが、そりゃ大きな間違いだ。

姉妹の流産を喜んだのだ。

「堕胎は禁止だけど、流産は自然に起こることだから、罪にはならないの。祈ったら、エホバは祈りを届けられたわ!どうせ、その病気では赤ちゃんは助からないのだから。エホバはね、いろんな方法で私達に与えてくださるの。私は流産して良かったと心から思うわ!」

これは、人の死を願ったのではないのか?

そう、この言葉は、俺の親から直接聞き、その祈りに俺は一緒に参加させられたのだ。
こういう理解をする信者を後生大事に仲間に加えているのであるから、輸血の拒否に意味などないことぐらいわかるもんだ。
ほんとろくなことを学んでない。愛とか平和を願う輩のすることか!

輸血拒否とは、それを守らせる事で、二度とエホバの証人から抜けだせないようにするための信者確保に他ならない。
仮に、これで組織を離れても、世間では一生、遺族は家族殺しのレッテルを貼られる。
組織にいれば、逆に立派な信者として扱われるのだ。人間楽な方に留まるのが本能だ。

実現しない永遠の命を待ちながら、配偶者は死を迎え、生まれた子供は母親を知らずに死んでいくのである。
親の勝手でな。
この子が、組織を離れていってみろ・・・親の思いはぶち壊しだ。家族がこの子を責めるのは間違いなくなる。

俺がいう負の遺産をまだ産みだそうとするのだろうか?

輸血して、組織を排斥になろうとも、組織に戻りたければ悔い改めればいいだけだろう?
子供と一緒にその道を歩もうとも、家族はひとつなんだから幸せはあるじゃないか。
生きていてこその信仰だろうにな。

崇高な考えだと?

あほんだら、女は出産するときは命掛けて産むんだよ。
お前らのインチキ教義など、出産の傷みに比べりゃ、ウンコみたいなもんだろう。
いや、ウンコでも失礼だ。ウンコに失礼だ。

感情的になっちまったな。

医者側の心情を考えて見ようか?

医療スタッフは、この患者に幾人のスタッフで望むかわかる?

基本、執刀医、助手(場合によっては複数)、機械出し、麻酔医、補助看護士(複数)、医療器械のスタッフが用意される場合もある。
この場合は、産婦人科医もいたかもしれないね。
このスタッフ達は、輸血拒否のために、できるだけの治療を尽くすはずだ。

薬でなんとかならんのだろうか?
輸血をもう一度説得してなんとかならんだろうか?

きっと、輸血の準備はすぐできるところまで準備していたはずだ。
血液パックを押し込んででも、なんとかしたいと思っていたと思う。
出来る状況を、助かる可能性を尽くせないまま、死を迎えさえられるスタッフはどういう気持ちだ?

医者になって、看護士になって、技師になって・・・命の現場で・・・

やりきれないまま、過ごされるのではないだろうか?

俺は思うよ。

「お前ら、自分らの病院作れよ!スタッフ全部エホ証でいいじゃん。誰も苦しまないだろう?」

ご臨終も、復活の時にお会いしましょうって言ってやればいいじゃん。
それが幸せだろう?どうなんだよ!

実際、輸血拒否で亡くなるエホバの証人は例があります。
輸血拒否で助かるエホバの証人の例もあります。
どちらも、正確に出してみなよ。数字で・・・。

血液分画製剤は使用OK、でも、自己輸血はダメってなんだ?
どっちも血液だろうが!
(エホバの証人は、これをOKとは言わず、「良心で決定する」という。しかし、非信者にはOKだと信者は言うw)

****************************************************************************

世間で大騒ぎにならないけれど、これが現実。

俺は思うんだが、輸血拒否が信仰の自由で認められるなら、こういう場合の診療費は、保険適用外にすればいい。
完全自由診療料金でやってくれ。
高額医療の払い戻しの適用も除外してくれたらいい。

自由を主張するんだから、それぐらいやっていいはず。
ガーゼから、入院費、全部10割負担でやってもらえばいい。

何故か?

皆さんが払う、健康保険のお金は、これにも使われているんです。
ちょっと飛躍しすぎだが、社会保険庁さんよ、一連の不祥事のケツ吹き、これでも提案したらどうだ。
俺は、自分が払う保険料が、輸血拒否で死ぬ命に使われるのはホンマにゴメンだ。

まとまらないけど、俺は輸血の危険性うんぬんの前に、命が助かる事の重要性だけを言いたいよ。

いまからも、命の現場で葛藤しながら、努力をされる医療スタッフに敬意を払いつつ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:47Comments(13)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2007年06月19日

エホバは何にも与えてくれません 3

今回は、葬儀等に掛かるお値段を中心に書きます。

この資料は、葬儀メーカーを出さないこと、香川県高松市基準で出しております。
各自治体で、お値段も違いますので、事前に見積もりを取る事をオススメします。
資料の真偽について、あれこれ言われますが、間違いないものです。

(今回、葬儀屋さんには3時間使って頂きました。1円にもならない仕事をしていただきました)

そして、これは日本全国の斎場でおっしゃることです。

「遺骨は全てではないですが、骨壷に入れてお持ち帰り下さい」

JWだけではなく、遺骨を処分する宗教があるそうですが、脱会時などに揉めるそうです。
しかし、一度処分したものは、ゴミという名の無縁仏です。
二度と手元には戻りません。

勘違いされてるJWがいらっしゃいますが、JWは骨の保管に罰則など設けておりません。
お墓参りにNGを出しているだけですので、どうぞ勘違いなさらず持ち帰り、他の遺族にでも保管を依頼すればいいだけです。
信仰の問題ということではなく、あなた方の宗教活動をスムーズに行うためにも持ち帰ることです。

これは、葬儀屋さんでもJWの時にはしっかりおっしゃるそうです。
納骨堂の話には食いついてきました。使わせてもらうとの事です。
ということは、かなりのJWが骨を・・・ということでしょうね。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 14:46Comments(7)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2007年06月16日

メッセやるぞ!ば〜〜い、とら。

メタボな弟、とらさんが、今日メッセやるってさ。

http://blog.duogate.jp/aitaku911/ の「一番上の記事 メッセンジャー」

で、俺がなんでこんな事を書いてるかというと、彼のブログシステムは、サイトアドレスを撥ねてしまうのだ。
だから、表記ができないんだな。

あの野郎、俺にメールして来て・・・

「兄ぃ、兄ぃのブログに書いてぇ〜、俺のブログだめなん・・・」

しょうがねぇなぁ(笑)
あいつの頼み、快く引き受けた!と、アニキ面(爆)

****************************************************************************」

メッセンジャーのアドレスです。

torahota@hotmail.co.jp

メッセンジャー初めての方は、ここから導入

http://messenger.live.jp/

1) ダウンロードする。

2) とらさんのアドレスをリストに加える

3) 承認されるまで待っておく(HNと挨拶を送るとなおOK)

***************************************************************************

俺も少しだけど参加します。

とらの立ち上げ時間は、21時ぐらいだそうです。
ふるってご参加下さいな。

お題です。

「JW王国会館放火事件」

**************************************************************************

とら、これでええか?

アニキはここまでしかできんぞ。ついでに俺も久々に参加者だからな。楽しませてもらう(笑)

 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:37Comments(1)TrackBack(0)連絡事項 

2007年06月15日

王国会館放火事件 (速報追記)

戦友に聞いて、ソース調べてみました。

http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200706150181.html

王国会館放火だと・・・

こういうのは、ろくなもんじゃないですな。
犯人、早く自首してくれ。

***************************************************************************

訪問者数がエライ事になってます。
昨日が400件弱(PCベース ユニークユーザー対象)、携帯推定訪問者が1600件って何?
今日は既に400を越えそうな勢い(今現在)

これは書かないといけませんね。

ご存知だとは思いますが、続報です。

http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200706150417.html

記事を抜きだして見ます。

(上記のサイトより引用)

引用始め

 東京都杉並区の宗教団体「エホバの証人」の教会の一部が燃えた火事で、警視庁は15日、同区今川3丁目、同団体の信者で無職、緒形直子容疑者(46)を現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。容疑を認めており、「夫が破門されたことに憤慨していた」と供述している。荻窪署は会社員の夫(48)からも事情を聴く方針。

 調べでは、15日午前8時5分ごろ、同区上井草1丁目の教会出入り口のガラスを割って侵入。いすに火をつけ、床や天井など計54平方メートルを焼いた疑い。「金づちでガラスを割り、ライターで火をつけた」と供述しているという。

 緒形容疑者の夫は14日、東京都国立市中1丁目の教会であった会合で、同団体から破門を告げられていたという。この教会では15日午前0時すぎ、室内のいす11脚や内壁が焼けるなど、2件の不審火があった。

引用終わり

申し訳ないんだけど、「元信者」を真っ先に疑いました。
理由を見つけるのに、そこにしか辿り着かなかった。
しかし、JWでいうエホバの証人の霊性(信仰状況)が低かったとは言え・・・現役・・・。

ここで、アサヒコムさんには悪いんだけど、若干JW用語を言うね。

教会⇒王国会館(見かけたことあると思います)

破門⇒排斥

エホバの証人=ものみの塔聖書冊子協会=英語表記を略してJW

どうしてこんなことになったのか?
夫婦で信者だったのだが、何らかのJW規則を夫が破ったから、夫が排斥になった。
それに腹がたって、妻が放火したということなんですけども・・・

おそらくこの辺の事情は、関係者などからネット経由でいろんな情報が下りて来るでしょう。
ただし、事実ではない情報も含まれるでしょうから、情報には注意を払って下さい。

きちんとした情報を得たければ、この事件の裁判が行われるでしょうから、それを傍聴するのが一番でしょう。
まぁ、組織が、何らかの情報操作、緘口令などを信者側にすることは間違いないんですけども。
裁判所で被告がどのように話すかだけが、知る事の出来る情報となります。

排斥になる過程ですが、この排斥を決定するのは、焼けた王国会館で行われる「審理委員会」というもので決定されます。

JWでは禁止事項があり、容疑者の夫がそれを犯したということです。
この禁止事項の違反を、自分で告白したか、複数の信者からの証言(信者以外は証言にならん)で発覚したことになります。
その事件を、長老と言われる王国会館にいる3人の長老(牧師的存在)が判断するわけです。

事実上の裁判みたいなもんですが、被告側(夫)は、事実と悔い改めの意思だけを話すに留まり、弁護する人間はおりません。
長老は、検察と裁判官を兼務するというめちゃくちゃな委員会です。
俺は、これを1回目の告白だけ参加しております。

排斥決定がでても、一応上訴することはできます。
そうすれば、再度委員会を開くことは出来ることになってます。
(まぁ、上訴してもたいがい無駄になるし、逆に組織にいい印象はのこりませんけどw)

排斥になれば、エホバの証人としての資格を剥奪されることになります。
悔い改める意志があれば、会合というか集まりというなの勉強会に出席は出来ますが、参加はできません。
他の信者との会話も、禁じられます。もちろん、逆に信者が話しかける事はできません。

話せるのは、王国会館の責任者である長老(王国会館に集まる単位を会衆と言う)だけになります。
一定期間の間に悔い改めを認められたら、復帰を認められるケースも多々あり、排斥は一時的な精神的なきつさを耐えれば、なんとかなるもんです。
ただし、かなりきつく、組織への絶対服従を強いられますけどもw

親子で信者で、子が排斥されると、ある程度の年齢ならば、ものすごく冷めた扱いになります。
このへんは、ブログの過去記事を読んで下さいね。まぁ、酷いもんですから。

さて、説明はここまでとして・・・

この事件の感想です。

容疑者に対して・・・

ばっかじゃないの?放火です。犯罪です。そして、おそらくあなたも排斥でしょうね。
ついでに王国会館燃やしたということで、復帰も難しいでしょう。
(復帰への可能性はあるけども、事実上、復帰は認めないでしょう。だって、人間組織だものw)

放火した時に誰もいなくてよかったです。
擁護じゃないんだよ。人道的にあってはならないことですから。
そして、他人の家に被害を与えずに済んだようですし、これも良かったです。

仮に、人的被害、物的被害が一般人にあったら、最悪の集団レッテルをワイドショーでされかねませんね。
対象区域の信者さんは、かなり大変な状況にあるでしょうけども。
信者なら、それぐらい計算してるのが常識。罪深いと言って許せるほどエホバの証人は心が広くありません。

ちゃんと物的補償も、判決も受け止めて、償いを済ませて、立派な戦友として帰ってきて下さい。
いい大人が起こした事件ですから、それなりに批判は浴びるでしょうけども、それは仕方ないです。
だからといって、今回は反省をすれば、何とかなるところですし、ちゃんとしてくださいね。

組織に対して・・・

所詮人間組織。底が知れることになりましたな。
さぁ、世間に一信者の事だと言わずに、しっかりしたケアを全国的にして下さいよ。
近所に王国会館ある人達は、おちおち眠れませんぞ。

エホバはなーんも守っちゃくれません。

現役の方々に対して・・・

事実は組織の発表だけではなく、客観的に捉えていただきたいです。
それと、子供をお持ちの方は、自分の子供がエホバの証人だということで虐められたりすることの無いように注意を払って下さいね。
案外、根が深いところになったりするから。

一般の方に・・・

確かに、俺のように批判側の人間は、エホバの証人にいい印象はありません。
しかし、この事件を盾にとり、危害や、変な扱いをされる事はありませんように。
いつも通り、訪問には「結構です。」だけで十分ですから。

元の方に・・・

問題を提起したり、検証したり、論義するのはいい事です。
異常な行動は謹んで下さいね。
あそこは、所詮人間の塊なんですから。

しかし、しょうもないことをやってくれたもんだ・・・
情けない。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:48Comments(14)TrackBack(0)JW | 連絡事項

エホバは何も与えてくれません 2

これからは、記事が長くなる事を想定して、分割記事にします。

この記事で訪ねた場所は、「高松市役所」 「香川県警」です。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 13:26Comments(0)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

エホバは何も与えてくれません 1

さぁ、参りましょうか。
「元JW二世が将来抱える問題シリーズ」の葬儀編です。

今回は、死亡時の問題というのを取り上げてみようと思います。
先回、扶養拒否などのことを取り上げてるんですが、これの検索は物凄いんです。
日によっては、25件ぐらい検索される。
JWだけじゃないんでしょうけどね。ダークなところに手を出してしまったのかもしれませんね。

一般の方からもメールで聞かれるんですけども、俺はこう考えています。

「百聞は一見にしかず」

こういう問題は、自分自身のケースをちゃんと確認するのが本筋だと思います。
口火は俺が切ってもかまわないんですが、あとは自分で勇気と時間をかけて動いてみて下さい。
行政にしても、法律相談だけがお金がかかります。(無料30分除く)

確かに、聞き難い問題かもしれません。
しかし、命を取られるわけじゃない。別に何の心配もいりません。
備えあれば、憂いなしですよ。

ある程度、どこで聞けばいいのか、質問はどんな事を聞いたのかはここに列挙しておきます。
ブログの記事をプリントアウトして、行政側に見せるのもアリです。
納得する答えが得られない場合は、更に探して聞くのです。

あなた、税金払ってますか?

払ってるならば、ちゃんと使う物は使うのです。
黙って指をくわえてちゃダメ!あなたが少しでもJW問題で頭を悩まされなくてもいいために。

俺はおそらくブログ凍結する期間が長いと考えています。
2,3ヶ月とか半年の単位ではありません。
年単位での凍結になります。

なるだけこういった問題にスポットをあてて考えていくつもりですが、時間はあと半年程度です。
あといくつこういった問題を取り上げる事ができるか・・・。

俺は、学も学歴もありません。だから、調べるしかない。
ネットの駆使もそんなに上手じゃない。得意なのは、怖いもんなしの行動です。
そしたら、聞きに廻るのが俺の出来ることです。

吐露もします、お花畑も咲かせます。メチャ論理も出します。
しかし、自分の足で立って行動するから許されることというか、責任のとれる事です。
立ち止まるな、しゃがみこむな、根性論ですけど、これ大事です。

だって、立ってない人には何も与えられないからです。

説教臭いですが、前書きとします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:52Comments(1)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2007年06月14日

忙しかった調べもの。

今日、行政と警察、葬儀屋と廻ってきました。

一言・・・

「いやぁ、これ大変だぁ」ってことです。

記事に何回分ぐらいになるだろうか?
ちょっとまとめが必要ですね。

簡単に今回の訪問先と流れを書いておきます。

1) 高松市役所

死亡に伴いやること、斎場の手配・料金・そして行政上の遺骨の骨拾いに関する考え方。
市民葬のあれこれ、死亡時の連絡方法など。

2) 香川県警

孤独死などの突然死での照会など。
警察はどこまで踏み込んでくるのか?
司法解剖などのあれこれ。

3) 葬儀場(互助会系)

JW葬儀のあれこれ、料金や葬儀屋の準備、まつわる実例。(JW用の見積もりもいただきました)

これに関しては、ごく一般的なものを教えてもらいまして、値切るだの、裏業については勝手に個人でやって下さい。
葬儀屋の値段のあれこれは、いろいろ取り沙汰されることもありますが、葬儀というのは突然、即決断が必要です。
その際に、どうもこうも出来ない部分もあります。ごく一般的なもので話すことで、そこから個人でお考えいただくのがいいと思います。

正直、知ってるようで知らない事もありました。
俺のくどい質問に答えて下さった関係者の皆様にはお礼申し上げます。
(ブログへのUPもある程度ですが、OKをいただきました。)

疲れたので、また明日にでもUPさせて頂きます。

※ 仕事が半休だったので、6時間かけて廻ってきて、とことんつかれたぁ(笑)

そうそう、こういうことは聞かなければわからないこともたくさん。
行政などは、今回めんどくさそうに応対しやがったから、係を代えて再交渉。
これぐらい突っ込んでやらにゃぁ、わからんことだらけになるぞ。

じゃ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:54Comments(0)TrackBack(0)JW | JW問題提起

2007年06月13日

ものども!宴の時間じゃ!

リンク集の一番下(新しくリンクしたて)の黒子つんさんとこに・・・

男の子うまれましたぁぁぁぁ!

http://blog.livedoor.jp/hokurotun/archives/50983347.html

コメントすでに数件ついておりますが、今から皆で宴をしようではないか!

いやぁ、嬉しい事はいくらでもいいのだ。

おめでとう!黒子つん!
お疲れ様、奥様!
そして、ちびすけ・・・おめでとう!!!!!

※ 今回は、本人さんのブログがありますので、こちらのコメント欄は使いません。

 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:07TrackBack(0)連絡事項 

2007年06月12日

ふとやってみようと。

ちょっとあることを調べてこようと考えています。

「お葬式」の事です。
これに関しては、いろいろあると思うんですが、葬式業者に行って聞いたことがある人はいないのではと。
無宗教の葬儀も出来ると書いてあっても、その時にならないと動かないわけで、これから多く起こる問題でもあります。

事前相談というのがありまして、無料だとチラシに書いてありました。
よっしゃ、行って見るのも悪くないかなと。
値段であるとか、やり方であるとか、宗教上揉めない方法であるとか、いろいろあるからね。

現場で出来る限りわかる部分をしっかりと聞こうと思います。
仮に、業者さんが宣伝できる部分が欲しいとおっしゃるなら、それも今回はOKにしようかなと。

葬式というのは、結婚式の逆で、いつ起きてもおかしくないものです。
それも、時間が限られた中でやらなくちゃいけません。
そこで、ある程度のガイドラインがわかれば、備えも出来るのではないかと。

組織を離れた子供と、組織に留まる親にはいろいろなケースが想定されます。
俺のように、非信者の父親を持つ場合、親族が完全に親を見離してる場合、親との関係が微妙でも、自分が喪主をする必要がある・・・
王国会館では葬儀を行うことが少なくなってる地区もあると聞きます。そのときの対応。

排斥・断絶者の最善の方法。
自然消滅の方が、エホバの証人とのかかわりをなるだけせずに葬儀を行いたい場合。
非信者親族との絡み・・・。

脱JWしても、親が生きている限り続くこともあります。
そこを一定のものしかわからなくても、調べることで少しでも将来の備えをしておければ、あわてなくて済む部分もありますからね。
既出なのかもしれませんが、いろんな質問を業者に尋ねることで新しい発見があればいいなと思います。

ちょっと行ってきますね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:41Comments(1)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

2007年06月11日

たまにはね。

ed334d41.jpgたまにはノロケ記事でも書いてやるか。

俺の仕事は、まとまって休みが取りにくい。
昼が休みでも、朝の出勤はあったりするしね。
早朝というのは、3時起きを指す。

しかし、最低、毎日5時には起きるのが慣わしである。

何かあってもいけないし、店には顔を出しておく事がほとんどであるのだ。
現場主義がいつかは終わる。それまではこのスタイルは崩せない。

なので、夫婦で何か出来るといえば、休刊日の月曜日なのだ。

といって、なにか大掛かりなことをするわけではない。
昼飯食って、お茶でもするのが関の山。
ここ何ヶ月かは、寝てばっかだったしw

ごくたまにだが、甘い物を一緒に食べることがある。
疲れている時は、時には食べるのだ。
何ヶ月かに1回だが・・・

普段はコーヒーだけだけど、今日は久々のプリンパフェを頂いてみました。
あんまし甘くなかったので、そこそこいけました。
嫁は、毎回、なんかのパフェを食べておりますけども。

ま、かなりの理不尽大王を貫いておりますゆえ、とってつけた感がありますけども・・・
たまには一緒に過ごす時間というのは持っております。

嫁に捨てられちゃかなわんからの。
(決して惚れてるとは言わん。俺には由樹ちゃんがいるのだw)

世の男性よ、捨てられん程度に理不尽を貫くのだ。
たまには、パフェでも食わせとけ。
それが出来て初めて、夫婦はなんとかなるもんだ(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 18:30Comments(10)TrackBack(0)ただの日記 | 家族・自分

休刊日だから・・・


たまには、写真ばっか載せてみましょう。
こいつは、水族館でよく見かける尻尾で立ち泳ぎするヤツです。
このイルカはあんまり上手じゃない。

香川県東かがわ市のドルフィンセンターです。


エサもらう時の芸は大したモノです。
ここのイルカは、いろんな水族館へ行く前の飼育をされてるようで、仕込みがすごいですね。
見てるものは楽しいですがな。



任せなさい!これを撮るのは俺の得意とするところです。
だって、プロレスでしっかり激写するの慣れてますから。

ここの特徴ですが、イルカと人間は1メートル離れてません。
柵もないんです。
この写真で、2メートルかな。

小さな子供連れて行く時は要注意です。ここ、プールといっても海ですから。



写真館です。(といっても、元)
どっかでみた事あるのではないでしょうか・・・?




このバイクに乗りたい(特に後ろ席)ヤツは結構いそうだ。
車種はリードSS(生産中止、色はおそらく自前で塗ったはず)です。
そう、俺が昔乗ってたスクーターと一緒(ただし、こちらは80CC)です。

どこかわかれば、コメントくれる時にお答え下さい。

のんびりドライブしてきた1日でした。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:34Comments(3)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

2007年06月10日

ドナドナを熱唱する俺。

鬼と呼ばれるものです(笑)

まぁ、嫁の一大事ぐらい目は覚めるわ!
ただねぇ、ほんま寝てしまうとなかなか目が覚めんのよ。

そんなことはさておき、今日の仕事帰りに起こった出来事です。
明日は新聞休刊日でして、久々に何の責任もない2日があります。
で、会社であれこれゆっくり作業を済ませ、のんびり家に帰っていたわけです。

少し道が混んできました。
というのも、高松は商業エリアがある程度密接にくっついていて、混む道路が決まってるんです。
いつものことなんで、バイクをゆっくり走らせ、止まった時に、タバコに火をつけました。
どうせ、のんびりなんだし。

ん?

んんん?

軽自動車が横に並びました。
まぁ、別に普通の光景です。

しかし・・・

これは俺の観察点だからなのか、日本全国共通なのか知りませんが、運転者のあるものに注目したんです。

「日焼け防止用の「腕靴下」みたいなやつ。

日傘と、こいつはJW御用達みたいなイメージがあるんですが・・・
確かに日焼けしますからねぇ。別にこれをおかしいとは言わんが、夏のJWを見つけるにはわかりやすいな。
あと、何故かサンダル・・・あれ、焼けるだろうにね。網目になっちゃうぞ。

まぁ、これだけで判別するのもアレなんですが、俺はこの車が何処に向かうのかをもう一つの特徴で察知しました。
後ろに高校生ぐらいの男の子が乗っていました。
超がつくほどの真面目そうなネクタイ姿にニキビ顔。かわいい感じの男の子。

見ると、彼もこっちを少し見ました。
これでハッキリと、ええ、100%俺は確信したんです。

「エホバの証人」だ。

エホバの証人を雑誌などで見ればにこやかそうなイメージがありますけども・・・
元の方々は、俺の見たこの顔を見れば、絶対に確信できます。自分がその顔をしてたんだから。

「目に力のない、うつむき加減のあの顔」

9時過ぎに車に乗って出掛ける場所といえば・・・そう、王国会館です。
集会ですねぇ。嬉しそうでない顔をして、ただ車に乗ってる姿。
ちょっと渋滞ぽくなってたので、5.6分ほどダラダラ並走になったんですけども、これも同じ。

元気がない顔も、親が何か話しかけると、一瞬で顔色を変えてにこやかそうにする子供・・・
ああ、全く同じだ。
どうすればいいのかちゃんとわかってる。

心が読めるとは言いませんが、経験上何が起こってるか俺にはわかります。
かったるい気分を押し殺し、親のいいなりに集会に行くんだろうということ。

少しして、渋滞も緩和し、お互い道を別れていきました。

 

と、ここまで書けば・・・

 

「ばうちんさん、それは確認できてないじゃん。憶測じゃん」

 

と思ったキミ・・・

 

甘い!

 

道が別れても、俺の家に帰る方向と川を挟んで並走してるんですね。
それはどこに向かっているか・・・

俺が近くの王国会館への道を知らないとでも思ったか?
俺、新聞屋だぞ。
ゼンリンの地図が頭に克明に刻まれる特殊な頭の構造してんだよw
その車が走っていく道は途中で行き止まり。

川沿いにある建物は・・・

王国会館ですがな。
チラッとみれば、王国会館の駐車場にINです。
フフフ・・・間違いなくそういうことですね。

俺が心配してるのは、子供の力無き目をした顔だろうに。
ほんま、あの顔をした子供達を何人見てきたことか。

別に信仰したくて、喜んでJWやってる子供に何にもいいませんよ。
しかし、あの目は違うぞ。
未成年の間に、あの目をさせるのは止めなって。

俺が対岸でそれを見ながら歌ったのは・・・

「ドナドナ、ドーナ、ドォォォーナ、子供を乗ーせーてぇぇぇー、ドナドナドーナ、ドォォォーナ、また見てもおたぁぁぁぁーーー♪」

RBCだっけ?QBだっけ?
そういうので作られた王国会館に入っていうのでありますな。
ちなみに、新聞を配る順路に、目標物にされる建物であります。

あの目はほんと見たくないもんだ。

そうして、俺は家に帰って行きましたとさ。

余談ですが、帰る直前に、「魔の交差点」というのがありまして、事故のメッカです。
今日も田んぼに車が突っ込んでしまう衝突事故が。
安全運転しましょうね。

新聞屋とJW・・・遭遇率はかなりのもんです。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:03Comments(8)TrackBack(0)JW | ただの日記

2007年06月08日

小学6年生の反逆と無知

a1f602b6.jpg写真は拡大できればすればよい。
これは、俺が卒業文集で書いたものであり、証拠品である。
この原本を、戦友の一人は全部読んでいる。

嫁に急かされて書いた記事である。
「あんたが書かにゃあ、私が書く」

勘弁してくれ。おれがちゃんと書くから。(笑)

まず、これを読む前に、次の事を書いておくことにする。
これは、親にバレてしまい、えらい勢いで怒られたものだ。
原稿の下書きを持って帰ったのだが、JW活動して、開拓者になる目標を書けと言うもんだから、書いて持って行った。
しかし、先生が・・・

「ばうちん、宗教のことはこういう文集に書くものじゃないよ。」

といわれ、さらに書きなおしたのがこれである。
書き直して、さらに無知なことを今からさらけ出す。
今回は、JWの無情な教えや親のワカランチンの教育についてはやめとこう。

「ただ、ただ、笑ってやってくれ。」

JW教育受けっぱなしだと、こんな悲惨な文集の出来上がりであると。

****************************************************************************

名前 ばうちん

年齢 12才

昭和44年5月10生まれ

性格・・・短気で人が良すぎる。

いやなこと・・・口げんかをすること。

いいこと・・・当然、こづかいをもらうこと。また、食べる事。

好きな食べ物・・・ちゅうか風のものが大好き。和風は、生の魚を食べる刺身、すしがすき。洋風では、肉料理が好き。

※このプロフィールは、ある意味願望を表していて、こうだったらいいなと思っていたり、こんなことも家では言えなかった。

文集タイトル

「十年後からのぼく」

十年後(22歳)、ぼくはでっかい会社の便所掃除。
この時は、安月給で我慢して、くさくても頑張る。

※この時点で、会社組織を知らない。よく考えりゃ、便所掃除から始まる新社会人などいるわけないのだ(笑)
ちなみに、この予想は外れ。未達成。

12年後(24歳)、平社員で、いつも仕事ばかりをしていて、ご飯を食べるのは昼の15分間だけという忙しさ。

※ どうだ?飯は食ってたなぁ。仕事も結構ちゃらんぽらん(笑)正社員というのは達成される。

13年後(25歳)、主任になって、月給も高くなって、嬉しい。でも係長になるのはさきのことだろう。

※ 給料は高くないし、主任でもなかった。キャリアアップへの希望はあったんだね。しかし、完全未達成。

14年後(26歳)、いつのまにか自分は平社員から係長になっていた。

※ 決して特命係長ではないぞ。これも未達成だな。

16年後(28歳)大抜擢で部長になった。だが出張が多すぎて、それにみんなが帰っても残って仕事をしているという忙しさで月日が流れる。

※ エホの事をしっかり忘れ、やっと仕事をマトモに考えた時だ。だから、部長など。。。(笑)
しかし、28歳で部長になれる会社とはすごい所だな

19年後(31歳)、海外貿易に成功して、社長から賞状をもらえるばかりか、憧れの課長へと進んだ。

※ この無知加減・・・憧れて降格人事を受け入れるとは(笑)
仕事に成功して、降格する事を威張って書ける小学6年生。
ちなみに、うちのガキに・・・「順番逆じゃん!」と4年生に指摘された。(爆)

23年後(35歳)、重役になった。海外貿易で僕だけが成功した。よく社長のおごりで寿司屋へ行って、酔っ払って家に帰る事が多かった。

※ 課長から、重役になるんだぞ!俺の凄さを見たか!(爆)
しかし、発想がすごく貧弱。寿司に対する憧れがものすごいのだ。それも、おごりだってさ。
貧しい発想だが、自分だけの成功を望む、自己中の性格も出てる気がする。
エホにいても、素でかきゃあ、こんなボロが出るって事だ。

25年後(37歳)、副社長になった。でも悲しい出来事が起こった。社長と重役が絡んで、麻薬を買っていたことが分かり、すぐに逮捕された。そこでこのボクが社長に就いた。でも、ボクは前の社長のようなことはせず、真面目に働いて、社長を約その後13年働いた。

※ 30代で社長就任ですなぁ、凄い会社ですね(笑)
それも、かなりダークな感じのスキャンダル発覚。ものみなんかで、麻薬だのをやってたから、こんな発想を平然としてたのだと思う。
しかし、現在・・・俺は社長ではありません。よって未達成。

38年後(50歳)、会社の会長となり、ずっと死ぬまで会社の任務を果たした。

※ ようするに、過労死するほど働くってことだ(笑)
ちなみに、この会社・・・一部上場ではないだろうな。

という空想です。ですがこれはあくまでも空想です。こうなればいいですが、自分がそんなに行くとは思っていないし、そうなれば嬉しい事だし、ほんとに意味がわからなくなってしまいそうな気がします。でも、自分のペースで何事もしたいです。

(完)

****************************************************************************

最後の部分は、逃げの文章ですねぇ・・・かなり精神的にも病んでる感じもしますね。
きっとね、エホの事を書けないと、これぐらいの無知な発想しか出来ない子供でしかないでしょう。

この中の最後・・・

「自分のペースでしたいです」

今、やっとこの目標は達せられました(笑)

ああ、写真の絵ですが、ばあちゃんの家の近くにあったゲームセンターのゲームだったと思います。
エホでは書けない絵で、何かの反逆をしたのでしょうね。
だってよ・・・

「火炎火流剣」ってなんじゃ?

ああ、サインもここにかいてありますけど・・・見せてやんない。

ほんと、今見たら、穴に入りたいほどの文章だ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:46Comments(18)TrackBack(0)家族・自分 | JW

2007年06月07日

俺、そんなにJWチックに見えますか?

新聞配達をしていると、いろんな出来事を見かける。
夫婦(カップル)のケンカだったり、迷子だったり、ネコの集会だったり、ウォーキング(流行ってるねぇ)だったり・・・

まぁ、ネタには何にも困らないのだが・・・

ここでもJWブログネタはあるのである。

今、俺はあまり同じ区域を配達しない。いろんな区域を毎日配る。
これは新聞屋の社員なら、誰でも経験することであり、不思議でも何でもない。
区域によって、楽なところとキツイ所とあって、キツイ時にはテンション下がるなぁ(笑)

通常、新聞社ごとに配達は違うものである。
一般的にいえば、朝日・読売・毎日・地方紙かな(産経はもう地方では見ないことが多い)
日経は、どこかの新聞販売店に任せることが多いので、割愛する。

毎日、雨が降ろうが寒いかろうが、新聞配達をする皆さんには敬意を払いたい。
しかし、ごくたまにであるが・・・こんなことを配達中にされてはかなわないのである。

ある新聞社の配達員さんと何日かすれ違うことがあった。
基本、俺は同じ仕事をしてるので、挨拶は欠かさない。気持ちいいしね。
で、この区域はどの新聞社も、配る場所が同じになるのだ。

オートロックマンションの時間帯解除が遅いからである。

マンションの住民の総意であったり、マンション管理会社の方針で、新聞・牛乳配達のためにロックを解除するところも多い。
ただ、暗証番号を教えるのはよくないということで、ある時間帯に限って解除をするというものである。
まぁ、これはいいことだとも思う。

このマンションは、5:30〜一定時間の解除があるのだが、そうなると、ほとんどの新聞社が最後に配る場所になる。
なぜなら、6:00には配達をなるだけ終了させるという基準があるからだ。
だから、当然そこには配達員が自動的に集まるということになるのだ。

その配達員さんは女性だ。40代ぐらいかなぁ・・・。
もちろん、朝の挨拶は快くしてくださる人で、こちらも気持ちいいと感じていた。
(この最近は挨拶も出来ない配達員、それも俺よりも年上も多くいます。なさけないけど)

解除の10分前ぐらいに、大体の配達員は集まるのだが、俺が一時期配っていた頃は全員いたのに、今は俺とその人だけだ。
特に気にもしていなかったのだが・・・
ある日、やっぱりかと思う事が起こるのだ。

「お兄さん、これ読んで!」

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

そのタイトルは・・・「も・の・み・の・搭  &目・ざ・め・よ・!」

なるほど、これ、配達の人に配ったな・・・。
ドン引きされたんだね。
時間ずらされてるんだね・・・。

「お兄さんは若いのに、なんかしっかりなさって、非常に優しい感じがあって、いつかお渡しできたらと思ってたの!」

いやいや、俺にその雑誌は渡してはいけませんよ。エホバってば〜、教えてあげればいいのに。

「今の世界は・・・うやややうや。」

こうくれば、俺はこう言うしかないです。

「奥さん(こういえば大体間違いない)、こういうのは仕事が終わってからやりましょう。俺達、これでご飯食べてるんだから、販売店にもよくありませんよ。それに、仕事中に宗教活動するのは、新聞販売店では禁じられてるはずです。他社の規則でもこれぐらいは共通の規則ですから。どうぞ、私じゃない人に仕事が終わってお配りになって下さい。」

別にね、JWが嫌いだからといって、これぐらいの対応はするのが大人です。
JW批判と、大人の発言は別モノだと思ってますんで。

ただですね、こういうやんわりをJWの方々は勘違いされる人もいるんですよ。
もちろん、この方もその一人です。

次の日、仕事を先に終えたのでしょうか・・・
配達を終えたあの人が、自分のバイクを横にして、俺が配達を終えるのを待ってました。
というのも、その日は、地方選挙翌日、新聞が遅れて到着するので、俺はそこにいくのが遅れた。

今度は正式に言ってこられても、さっきの論は通じません。

「昨日は失礼しました。エホバの証人は、お兄さんのような人が聖書をよりよく理解してもらえると、絶対にたくさんのすばらしい・・・」

うーん、俺はJWチックなのでしょうか?

うじゃうじゃしてると、この手はひつこい可能性大です。

「すいません、話の腰を折るようですが、俺は元エホバの証人です。排斥されてますので、どうかお構いなく。俺はエホバの証人組織に対して、まったくの信頼はおいておりませんし、一時期の組織黙認のムチ被害を受けておりますし、その傷は、現在で起これば、虐待と認定され、組織そのものに世間で問題提起されるものです。正直、インチキ宗教だと感じております。成員は、排斥者にむやみに近付かないように指導されているはずです。どうか、ご教義を守られるならば、これっきりにして下さい。俺があなたにエホバの証人の教義をしっかりと質問しても、あなたはきっと答えられないと思います。離れてからしっかり矛盾点を説明出来ますので。それは、あなたがたにとって、サタンの影響などと言うでしょうが、答えられない以上、俺はあなたの宗教の話を聞く必要性はないと思います。お疲れ様でした。さようなら。」

そのまま帰ったんですけどね。

その後、まぁ、つい最近ですが、この配達さんと出会いました。
一応挨拶をしましたが、帰ってくる事はありませんでした。
JWの原則にのっとっているのか、なんかよくわかりませんが、まぁいいです。

ほんと誤解をされると思います。
せめて、排斥者であろうが、一応の挨拶はすることが望ましいでしょう。
組織はそれぐらいは認めてるはずですがね。

それと、仕事中に宗教活動は止めましょうね。
うちなら、間違いなくクビですよ。
信仰の邪魔ではなく、「カサエルのものは・・・」だったでしょうかね。そういうことです。

仮に、俺がホイホイ聞いていて、それが美談になることもありえるのです。
ちなみに、奉仕時間の報告カウントにもなりましょう。
仕事して、勤務時間にもエホバは与えてくださるのだと・・・

来年の年鑑報告時間にカウントされない事を祈っております。

で、俺・・・そんなにJWに声を掛けられやすい人物でしょうか?
ちょっと凹むぞ(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:24Comments(19)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2007年06月06日

さぁ、祝いじゃ!

時々遊びに来てくれてる、ぴっぴさん。

無事に女児をご出産!

戦友たちよ、祝いじゃ!
初めてのコメントだろうと、知らなくてもいい。

祝いはたくさんあればいい。

よろしく☆ヽ(▽⌒*)

おめでとう!
  
Posted by gurugurubautin1234 at 16:34Comments(18)TrackBack(0)連絡事項 

2007年06月05日

俺も書くべきだったな・・・(追記あり)

先に追記

「JWオフ会はそんなに危険なのか?」という質問に対して。

今回書いた記事は、俺のオフ会では起こりえないものです。
しかし、万が一とか、今後の警告、参加心得という部分で書いております。
人というのは、いろいろいます。不快な思いをさせたくないのが幹事や主催者です。

お堅い話ばかりではありません。下ネタまでたくさんあるでしょう。
しかし、それがマナーのある行動であれば、何の問題もないということです。
そこのサジ加減は、しっかり幹事である俺が見させて頂きます。

「安心して参加する方法」

幹事にしっかり要望を出しておいて下さい。
仮に、お固い話だけをしたければ、参加をご遠慮していただくこともあります。
逆もありえるということです。

「ネットストーカー」に会いたくない。

ネットでしっかり調べましょう。
MIXIなどのコミュニティも、閲覧などを友人レベルまで限定する。
初めて参加したい場所などは、最初、ネットカフェなどでやるのもいいかもしれません。

リアルに信用できる友達から情報を得ましょう。
完全に防ぐ方法は一つです。ネットしないこと。
無理なら、自分の情報を流さないことです。

まいけるさんとこに書いてあった記事を見て、これはリンク集を持ってる俺としては、書かなきゃいかんなと。

えっとですね。

俺のブログリンク集は、仲良しリンクじゃない。
そこに集う人全てが、読み手にとっていい人間関係を構築できるわけじゃない。
交流するのは、自己責任でお願いしたい。

ばうちん流の考え方を書いておきます。

1) 宣伝をしてくる輩は基本信用しない。

この類のブログで、自分の仕事へネット誘導の宣伝するのはマナー違反。
この手のコメント、トラックバックは削除させていただいてます。
理由なんか書きませんよ。問答無用。

文句がありゃ、言って来い。
ブログ上で、ちゃんと解説して、危険ですから気をつけましょうと記事にします。
少なくとも、JWブログ界では要注意人物と特定されます。

それと、ブログメーカー変えたり、手を尽くしても、一応有料プランでこのブログは運営されてます。
調べるのは出来ますし、対策も早い事をお忘れなく。

俺は新聞屋ですが、時々、新聞の契約などのお話を頂きます。
アドバイス的な事はしますが、契約は自分がするもの。
どうぞ、該当地区のお店を儲けさせてあげて下さい。
俺の願いは、無読と言われる世帯がなくなる事のみ(笑)

2) ネット上での恋愛するのは、個人の自由だが、責任も自分にある。

さんざん書いてあるでしょうし、誰でもわかることです。
ネットと言うツールが、恋愛を産むのは事実です。
しかし、ネットの利便性とともに、危険も産む事は当たり前です。

人の恋路ですから、どうなろうと知ったこっちゃないです。(俺の基本姿勢)
だって、俺の恋じゃないもの。
よっぽど人の道を外してない限り、全部アリだと考えますから。

ただ、少し無防備すぎるのはやめましょう。
メールも無料アドレスの取れるフリーメールを使ってで十分です。
あせったように携帯情報を聞いてきたり、自分の連絡先を送ってきて、そっちへ誘導したり・・・
とにかく気持ち悪いぐらいにしつこいのは・・・

俺から言わせりゃ、「女(男)を知らん、キモキモ童貞(処女)君」と決めてかかります。
速攻でポイ(ノ ̄ー ̄)ノ :・'.::・>+○┏┛焼却炉┗┓して問題なし。
上手な人に引き付けられて、うまくやられちゃったら・・・そりゃ、手立てなし!

そうならんためには、最初は二人で合わない様にするとかの手立てを講じなさい。
それを怠っておきた事など、自分に責任があるぐらいに思えばいいのです。
最初から、アドレスをコメントに残すのは止めておきましょうね。

3)何度も言っておくが、俺が開くオフ会は出会いを求めるものではない。

よそ様のオフ会は知りません。いったJW系オフ会にそんなのなかったが。
戦友との同窓会であって、それ以上でもそれ以下でもありません。
オフ会の主催者として、参加者の個人情報をいただきますが、このガイドラインを説明しておきます。

 .フ会の参加者の個人情報は、主催者(または幹事)以外には知らせない。
  (本名を教える必要もありません。)

◆.フ会参加者であっても、俺から経由して個人情報を流しません。
  (知りたきゃ、その場で本人に聞いて下さい)

 オフ会後の連絡は、お礼メール以外は、こちらからしません。
  (もちろん、個人的に連絡する方はいらっしゃいますが、それはお互いの信頼関係が存在します。)

ぁ〔椶僕召觜堝阿鬟フ会上したら・・・その場で・・・(略)
  (俺の性格をある程度わかって下さいね。あんまり気は長くないです。)

ァ_兇侶搬咼瓠璽襪阿蕕い鮹里辰討襪阿蕕い如△△覆燭脇段未並減澆任呂覆ぁ
  (近いうち、携帯メールは変わります。連絡なかったら・・・交流がなくなったか、あとは・・・。)
  (知らない人でも、知ってる人より濃い友人もいます。)

それぐらいに思っておいて下さい。
オフ会の「主催者」は、連絡をとらないといけないからある程度の情報をいただくだけです。
オフ会終了後、情報破棄の依頼があれば、その場で喜んで削除させて頂きます。
それぐらいにドライに考えてないと、やってられません。

ここまで認知されていると自画自賛の俺ですが、それでも、信用ならないと思われるのは、当然です。
それでいいのです。それぐらいの警戒心を持たれてる方が俺もやりやすい。
ネット上だけでお付き合いというのも大歓迎です。いいじゃん、戦友には違いない。

そりゃね、オフ会で意気投合して、お付き合いが始まるということを否定しませんよ。
仮に、その場の勢いで・・・なんてのも、お互いの責任上でやってください。
ただ、俺はそれを主目的にくるバカは来なくていいよという考えです。
強要したり、目に余ったら・・・開催場所によっては、嫁、きっつい参加者からもトコトンやられるだろうな。
自業自得ということです。空気ちゃんと読めよということでしょう。

(脅しじゃありません。自由な参加とバカ話を楽しめる飲み会です)

4) 勘違い男達に告ぐ。

メール送って、返信がないからといって、ひつこくメール送って、帰って来ないのは、お前に魅力がないからだ。
そう、キミは相手にされていないのだ。
それは女性に与えられた権利であり、腹を立てる事じゃない。

それがわからんのなら、メールなどやめてしまいなさい。

ポジティブに考えなさい。女性にはちょっと失礼だが・・・

「あの女は、ブサイクだったのだ。次にいこうと」

これぐらいに考えられないと、彼女なんか一生出来ないよ。
恨みっこなしにしとけば、棚からぼた餅もあるかもしれないしさ。
もてる男、女経験が豊富な男は、ほとんどがこの考えです。俺からの人生訓だ。

5) 依存してしまいやすい女性に告ぐ

話を聞いてくれるからとか、優しそうだからとか、それだけの理由で落ち込んでる時に個人情報など教えないように。
そんな事した時点で、あなたにもある程度の責任があると肝に銘じなさい。
そんなことしながら、軽くない女だとかいうあなたは、所詮、軽いのです。

38のオッサンにこんなこと言われたくなかったら、ちゃんと考えて行動する事です。
甘ちゃん風情で、愛だの恋だの言うんじゃありませんよ。
なんで、ここまで言えるかは・・・嫁がいるのでここでは・・・(爆)

****************************************************************************

未成年の方なら、もっと優しくいうけれど・・

いい大人なのでしたら、これぐらいの事は常識ぐらいにしておこう。
これがキツイ書き方だと思うのなら、そりゃ、あんた・・・世の中舐めてるわ。

言っときますが、JW離脱後の自分の出来事は、基本、俺の自己責任だと思ってます。
いくらか恨みもありますがね。仕方ねえじゃんよ。
おんなじで、自分の油断を棚に上げて、困ったチャンになっちゃだめです。

これぐらい言っとかないと、ワカランチンのわがまま太郎と、花子ばっかりになっちまいますからね。

みんな優しいからなぁ・・・

似た感じの記事だけど、俺も書いときます。
まいける節のように書けんのが、なぜか悔しい(笑)
ちょっと、メールいただいたものもあったので、気にはしてたんですが、先送りするところだった。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:43Comments(12)TrackBack(0)連絡事項 

前を見ろ!生活力と信仰は比例する

PWさんのブログ記事を見てて、ふと思いだす事があったので書こうと思う。

今回の記事は、俺の憶測もかなり含まれる部分もある。
読み手の皆さんを誤解させてしまう事もあると思うのだが、少しタブーな部分に触れてみたいと思う。
ある意味、このタブーな部分は俺でしか書けない気もするのだ。

なぜか?

怖いもんなしというか、口火を切れるという強みでは、まだ他人に右に出られることを許す気はないのだ(爆)

「JW特権とは、エホバへの愛ではなく、お金である」

こう言えば、現役であろうと、元であろうと反論したくなるのではないか?
しかし、実際はそういうことなのではないだろうか。
勝手に人様の財布を覗くわけでは無いが、ふと考察する事にしてみた。

1) JWに与える物質的寄付が多ければ、会衆内での立場は安泰である。

これは、実際にあったことであるが、王国会館の土地などを提供した神権家族がいる。
(かなりのお金持ち)
その後、家族の一人が排斥行為を犯した。もちろん、排斥処分だった。
しかし、この神権家族・・・親は長老だったのだが、主催を辞任しただけで、長老職の実質上の剥奪はなかった。

紆余曲折を経て、この排斥者はJWに戻ったのだが、二ヶ月で復帰。
それから少しして、主宰に復帰。
この体制に、一部の成員はJWを離れていく。

同じケースがあるが、主宰長老を務めていた神権家族で、こちらは貧乏。
長老はパート勤務をしていて、経済的にご苦労があった。
もちろん、この家族の一人が排斥行為を犯した。しかし、特権剥奪のみで済んだ。

しかし、長老職は事実上の解任。この当事者も特権復活に邁進したが、1年以上かかった。
長老への復帰もなく、会衆内での立場も薄くなっていく。
5,6年後に家族全員でJW離脱。現在は他県で幸せに暮らしていらっしゃる。

これは同じ会衆で起こり、俺が簡単に状況を知る事の出来た事です。

いっておきますが、これは事実です。
当然ですが、先にかいた方は、分会したのに、再合併してしまう失態を。
しかし、それでも組織はちゃんと用いるわけです。

離れた方は、会衆内では穏健派であり、成員が離れ難い体制だった。
排斥事件があっても、会衆内は動揺をせず、しっかりJWに留まることができた。
JWの経験的には、後者がとりあげられるでしょうが、実際はそうでないわけです。

2) 金持ちJWと貧乏JWの間には愛など存在しない。

これは客観的にみる事の出来るようになってからの考察なんですが、実証できないのが悔しいぐらいです。

俺の親がけなすと言うか、霊性の問題をあれこれいうのは、お金持ちJWに対してだったんです。
十中八九間違いなくそうです。

例えば、レクレーションがあるときに、お金持ち側が企画したものであれば・・・

「ばうちん、今回のレクレーションは行かない方がいいわ。霊性の低い人も多くいるの。ばうちんは子供だからわからないかもしれないけど、つまづきになるかもしれないわ。○○兄弟もいかないそうだし、○○姉妹も行かないわ。だから止めておきましょう。」

子供心にはよくわかんないけども、どっちにしても俺は行かないことが嬉しいから、従ってました(笑)

逆に、うちの親などが企画するレクレーションには、そっち側は参加してなかったなぁ。

それを実感したと思う思い出は、中間派と言われる人に、お金持ち側のレクレーションに連れて行かれた時です。
食い物が違うとかのこともあるんですが、とにかくうちではNGの禁止行為が平然とある。

麻雀(お金かかってます)、猥談(下ネタね)、歌謡曲垂れ流し・・・・

愕然としたもんです。
空気に馴染め無いもんだから、外に出てお菓子を一人で食べたりしてた記憶があります。
子供は敏感ですからね。大人よりも空気を読めるってもんですよ。

うちの親が参加するレクレーションは、確かに貧弱だったよなぁ。
遊びも、賛美の歌だったり、楽園ゲームだったり、大人達の会話は生活のしんどさの自慢大会だったもんな。

共通点は、他の成員の悪口と言っても過言では無い噂話でしたが(これが一番盛り上がってるw)

今、思いだす限りグループがありまして、お金持ち側と、貧乏側と分けるとものすごいしっくり分かれるんですよw
確かに、お金持ち側は・・・大して奉仕してなくても、特権はいっぱいあったよなぁ(爆)
だから、ひがみもあるんでしょうけどね。

まぁ、あれじゃ、愛はないと断言して間違い無いでしょう。

3) お金持ちへの当てつけは開拓奉仕

お金持ちのJWというのは、精神に余裕があるわけですよ。
この世の誘惑とか、慣習に対しての捉え方にしても、視野が広く保てるんですね。
なぜかと言うと、俺はこれでしっかり学習しました。

ムチの話で悪いんですが、「ご飯抜き」の話で、満たされないお腹では建設的な事は何ひとつ考えられないと書いたでしょ?
そうです、経済的に余裕が無いということは、ハルマゲドン待望派じゃないでしょうか。
違うか、楽園待望派か(笑)

となれば、貧乏であれば、目指す特権は開拓じゃないでしょうか。
これにありつくことで、アピールできるわけです。

「わたし!これだけ組織で頑張ってますぅぅぅ!」

現世での経済的上昇は望めません。しかし、JWには楽園がある。
楽園には通貨はない(はず)、共産圏と同じ考えで平等だの、公平だのになるはず・・・
老化も死もない・・・

出版物、集会、大会ではこの奉仕の重要性と、美談が満載ですから、そこを目指すことになる。
それがエホバに喜ばれると教えられるわけだから。
もちろん、開拓奉仕頑張ってると、会衆内ではちょっと特権というか、ちやほやされるわけでしょ。

まぁ、JWの教えが奉仕に一生懸命になってる以上、大義名分的なチヤホヤをしなくちゃいけない。

しかし、これはお金持ちにとっては別にどーでもいいことなんじゃないだろうか。
金持ちは、出来る時に最大限の力を発揮することを充分に知っているはずです。
ですから、どこで力を発揮するのが効果的かをちゃーんと知ってます。

これを盲目的なJWが、裏表があるとか、霊性が低いという陰口をいう部分じゃないだろうか。
そう、効果的な力の発揮の仕方を知らない貧乏JWは、このマジックでいつも日陰の身になることが多いからです。
しかし、わかんないんだから、やることは一つ。

「開拓などを続ける」

これで、とりあえずのJWステータスを維持するしかないと考えます。
仮に、金持ちでのんびりJWがいたら、イヤミの三発ぐらいは言ってるはずです。
わたくし、そういう身内の元で育ちましたから(笑)

4) ベテルに行って来い!ちゃーんと縦社会だぞ(笑)

貧乏JW2世に、親がいう目標の一つに「海老名ベテラー」になれ!というのはなかったですか?
うちはこの目標を常々言っていましたし、そうさせるつもりだったようです。
大会の休憩中に、ベテル奉仕への集まりを開いてたでしょ?
資格もへったくれもないのに、長老に話だけを聞かせてもらえるように親が話してましたから。

これはベテラーの方の方が詳しいでしょうが、俺の時には、開拓者としての実績を持って参加するようになってました。
(親からそう聞かされたんで、間違ってたら教えて下さい)

ここからは、親の妄想ですから、笑っておいて下さいね。

「ばうちん、開拓者になって、ベテルにいけば、生活の事を気にせずにエホライフを送れるわ。JWは人種や身分などを見ないのよ。エホバに忠実にしている人だけを、霊性の高い人がちゃーんとエホバによって導くようにして下さるの。がんばれば支部委員になれるのよ。模範として他の若い人の目標となれるように頑張って欲しいわぁぁぁぁぁ!」

いえ、母上殿・・・それは違いますよ。

もちろん、ベテル経験者の知り合いが出来るまではそう思ってました。
しかし、バプ後に知り合ったベテラー兄弟(現離脱)はこう言っておりました。

「ばうちん、ベテルに行くにしても、勉強とか頑張って、出来れば特殊な資格を持ってる方がいいよ。じゃないと、ずっと・・・出版物の箱詰めだ。掃除もあるな。ベテルの仕事は覚えるもんじゃないよ。元々の資格などが重視されて、それがないと自分のしたい部署に行くのは難しいんだよそれに、ベテルから帰ったからといって、仕事は一から探さなきゃいけない。三年間ベテル行ってたと履歴書に書いたって、就職活動なんかうまく行かないよ。ちゃんと考える時間を使って、どうしていくのか考えなきゃ。ベテルだけがエホバに喜ばれるわけじゃないんだよ。」

まぁ、その頃はベテルどころか、脱出への道を模索してましたから、どうでもよかったんですけどね。

ベテラーさんの話を聞いてたりしますと、特例はあるのですけども、重要ポストについていくのは、大学卒がほとんどだそうです。
それも、資格を持っている大学卒。
今、会社に勤めていればわかります。そりゃそうでしょ。じゃないと組織のあれこれは出来ない部分も多いじゃん。

となると、貧乏JWはベテルでの目標は、ものすごく寂しいものになりますね。
そういえば、ベテルでの報酬はものすごく小額ですから、仕送りで嘆いてる親御さんがいたな。
やはり、貧乏JWにベテルは難しいのかもしれません。

5)貧乏二世は、出会いのチャンスも少ないし、もてにくい。

二世でパートで、貧乏で、特権そこそこ・・・
はっきり言いましょう。チャンス薄いです。
男性側でいいますが、女性だって、そこそこにはちゃんとした暮らしはしたいと考えます。

その時に、いっぱいいっぱいの生活で開拓してるのと、ある程度生活力のある開拓兄弟の天秤に掛かれば、答えは歴然です。
もちろん、イケメンなら、まだ何とかなる部分もあるでしょう。
しかし、世の中そんなに上手くはいかないんですよ。

これで、単純に振られるならまだいいですが、とんでもない仕打ちでつまづいてしまう場合もあるんです。
それが、俺はトンデモない歳の差カップルの誕生なのではないかと信じて疑いません。
ちょっと辛辣ですが、世の中の流れを説明しただけです。

別に金に執着する必要を説いてるわけじゃない。
ある程度、生活を安定させる収入がないと、信仰を自分自身のものとするのは難しいと言ってるだけです。
俺のいう事違うかな?

どっちにしても、こういうことでの被害者は、二世以降の子供達です。
絞った話で悪いけど、決して外してないと考えますよ。

それらを考えているうちに、「JW愛はお金が大事」だと思うわけです。

うーん、始末書の書きすぎで、頭が廻らん!すまんが皆さんの読解力をフル回転頼みます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:56Comments(7)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2007年06月04日

代車

e64aac58.jpgいやぁ、車ぶつけたとの連絡ありまして。
修理だよねぇ。

修理費25万だってよ。

あっ、会社の車ね。
代わりにこいつが。
  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:22Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 

2007年06月03日

無理して見ないように。

今日の記事はかなりのグロさを持っています。
JWのグロさというよりは、自分のお下劣な事件について振り返ったものです。

基本、下ネタ大好きな人間ですし、某所では、「会長職」(自称)を務めています。
なので、俺自身としては抵抗のない事なんですが、一応断っておかないとね。

これからの記事には、気持ち悪さを感じさせる表現がございます。
特にお食事を前にされていたり、体調がすぐれないときに見ると・・・吐き気などの現象が起こりうるかもしれません。
また、元々この手のお話が不快に感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は、どうぞブログリンク集へ進まれて、お好きなブログをお読みくださるようにお願い申し上げます。

ここまで書きましたので、先に進む方は、自己責任でお願い申し上げます。
俺は一切の責任はとりません。

もう一度聞きます。

「あなたは、今回の記事を読む事に対して、管理人ばうちんに苦情などを申し立てない事を約束出来ますか?」

できないなら・・・http://www.k4.dion.ne.jp/~bautin/bloglinkmenu.html へお進み下さい。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 10:15Comments(7)TrackBack(0)JW | 家族・自分

2007年06月02日

ロールプレイングする

ドラクエじゃないです。
ドラクエは、DSでしかできんけぇ。
わし、PSPしかもってないけぇ、ガキの借りにゃあいけん。

そんなんしよったら、ガキが泣くじゃろうが。
じゃけぇ、我慢せんといけんのよ。
ゆうか、意地でもせん。

わしは、がんぼったれじゃけぇの。

****************************************************************************

さて、俺の仕事は営業が主になります。
といっても、管理が主なわけですが、たまには営業に出ます。

みなさんが大嫌いな・・・

「こんちわー、○○新聞ですが」ってやつですよ。

現場にいつでも出れるためでもあります。
管理職であろうが、自分がいつどうなってもいいように、自分の刀は研いでおくわけです。
そりゃね、大企業でもありませんし、降格されることもあるわけです。

その時、自分がどうにでもしてご飯を食べさせなきゃいけない。
子供に惨めな思いをさせてはならないというのがあります。

俺には誇れるような学歴も、資格もありません。
だから、自分の出来る仕事の中で、生活の糧にありつくものが限られてる。
だからどうした。俺には武器が3つある。

1) ものおじしない度胸
2) 仕事なら何でもやろうとする根性
3) 類まれない、出しゃばる口

この3つの武器はそこらへんじゃ売ってくれないわけだし、自分だけで自慢にするのだ。
そして、飯が食えることには間違いない(笑)

ただ、研いでおかないと錆びるからね。

いろんなビジネス書を1年に1冊ぐらいは買うんですが、全部試してみるんですよ。だめなものは端折っていきます。
そして、自分のスタイルが出来ていくのかな。

自分だけのやり方なんですが、好きなドラマや映画をを取っておきます。
繰り返し見ます。せりふも覚えたりします。
そして、それを真似ます。

「間」

俺はこの「間」でほとんど営業が決まると思ってます。
バリエーションが増えたりするんですよ。
しゃべるだけじゃない、聞く姿勢であったり、畳み込むときの一瞬であったりです。

一般的にぶちあたり営業ですから、ハッタリも必要なときがあります。
そのハッタリも、人によって変えたりしなきゃいけないです。
うそをつくのではなくて、お客さんに即決を求めたりするときには、それなりの本気度が必要だってことです。

自分に酔うわけではないですが、引き込む力というのがいる場合がありますから。

それを自分の好きなもので、あれこれやったりする・・・

俺の自己流ロールプレイングです。
配達中にやったりもしますね。おもしろかったりもします。
ただそれだけなんですけどね。

ちょっと、備忘録みたいに書いてみました。
この最近は、あんまりやってないな。久々になんか観よう。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:50Comments(7)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

お待たせ

c77898a8.jpgこれがうちのたこ焼きの道具です。

ブロッコリーとサラミは入れないよ。
俺のビールのアテね(笑)

15個しか焼けないんだけど、慣れりゃ、5.6人の分ぐらいすぐに出来る。

ただ、ひとつ不満があるわけよ。

そこに「揚げ玉」の袋があるだろ?
あれ、使えません。
スーパーの惣菜コーナーでテンカスもらうのが一番なのよ。30円だしさ。

まぁ、このスーパーは売ってくれないから、たこ焼きの時は行ってやらない!

この機械、ホームセンターで特価2980円だったかな?
電気のやつよりも、ずいぶんと本格的に出来るのだ。
ビールとたこ焼きは結構な組み合わせだぜぇぇぇぇ!

聞いてみたいんだけど、たこ焼きに「タコ以外に入れたらおいしいもの」あったら教えて。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 16:18Comments(5)TrackBack(0)家族・自分 | 写真

コメントレスまってね。

昼寝するぶたの掲示板に、輸血に関しての興味深い投稿がありました。

10201番の記事です。
「緑青さん」(HP持ってらっしゃいます。昼ぶたにリンクしてあります)というかたが、探してこられたものです。

http://www2.kpu-m.ac.jp/~ccn/topics/topics/w0021.html

現場の医師の方々が使われている掲示板のようです。
見る限りではER(救命)のスペシャリストがあれこれいらっしゃるようです。

大事な事ですが・・・

このお医者さん達・・・

「命を如何にして救う事しか考えてません。」

治療の模索、病状の報告、・・・もちろん、医師の方々のお考えというものもありましょう。
しかし、命に真剣なお姿に、俺は・・・涙する部分もありました。

あれこれは言いません。
この記事はしっかり読んでいただきたい。

JW出版物には、こういう部分は載らない。
賛美記事しか載りません。
ほんまあの宗教のいいかげんさと、迷惑っぷりが・・・

ものすごい勢いで記事を作成しました。
ぶたの掲示板ソースからの許可も事後承諾的にしております。
ご迷惑をかけるのでしょうけど、いただきました。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:35Comments(6)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2007年06月01日

朝のまとまらない下書き

妄想癖のはなはだしい者です(笑)

今日は久々に真面目な話を。
こってりしたJW話であります。

そう・・・

「お祈り」の話であります。

昔、ご飯の時に祈ったか祈らないかと話を書きましたが、今日は祈りのアレコレです。
ただ、ばうちんのお祈り論が多々入りますので、そこは適当に突っ込んでやって下さい。

1) お祈りって聞こえが良いが、基本、自分のお願い事という欲望の表れ

俺は、初詣だったり、お祭りなどの参拝はする方なんですね。
よく考えれば、これもお祈りの一つだったりしますよね。

「今年1年健康でありますように」
「今年こそはいい出会いがありますように」
「宝くじ当たりますように」

JWのお祈りも似たようなもんだと思うんです。

「導いて下さい」
「〜〜ありますように」

他人様の事も祈っていますが、基本、自分の事を祈ってませんか?

「大会に行けますように」
「開拓奉仕が滞りなく達成できますように」

言葉にすれば、聞こえがいいようですが、世の中の人と願いは何ら変わりませんよ。
祈りの質とか言われるかもしれませんが、質を求めるならば、こんなお願いはしません。

感謝のみですね。

例えば・・・

「エホバ、ごはん食べられます!ありがとう」

「今日も1日、無事に過ごすことができました。ありがとう」

アーメン

で、よろしくないでしょうか?
こんなことを何故書くか・・・俺はこんなことを体験してること、他人様のお話を聞いて、こりゃダメだと思うJWのお祈りがあるからです。
これはどこでも、いえ、自分以外にも現在現役のJWの祈りのなかにも、集会でもありますから・・・

2) お祈りという名の、ワラ人形のたたり?

この記事をまず読んでみましょう。

*** 塔05 6/15 22ページ 16節 親の皆さん,家族に必要なものを備えてください ***

16 さらに親は,祈る時にも霊的な面で子どもに必要なものを備えることができます。イエスは,どのように祈るかを弟子たちに教えただけでなく,幾度も弟子たちと共に祈りました。(ルカ 11:1‐13)ほかならぬエホバのみ子の祈りに和することから弟子たちがどれほど多くを学んだか,考えてみてください。同様に,お子さんもあなたの祈りからたくさんのことを学べます。例えば,わたしたちがためらいなく心から語りかけて何でも心配事を打ち明けるのをエホバは望んでおられる,ということを学べるでしょう。あなたの祈りは,お子さんが,自分も天の父との親しい関係を築けるという肝要な霊的真理を学ぶ助けとなるのです。―ペテロ第一 5:7。

もっともらしく読めるかもしれません。

しかし、親の祈りから学べる事ですか?
思いだしてみると、トンでもないものがあるわけです。

うちでは、こんなことを教えられます。

「お父さんは、今、サタンの一味なの。だからこのままいけば滅ぼされるわ。私達はエホバに喜ばれるように、惑わされてはいけないのよ。でも、いずれエホバがハルマゲドンでサタンを滅ぼされるわ。だから、喜ばれる行動と祈りを忘れちゃいけないのよ」

と来まして・・・

「どうか、サタンの惑わしに打ち勝つことが出来るように、私たちを見守って下さい」

となるわけです。

子供心に不思議なんですよ。

「なんで、お父さんが滅ぼされないように願わないのか・・・。あっ、滅ぼされてもいいんだ。」

そして、この祈りは・・・イエスキリストの名を通し、聞き届けられるように願うはずですね?
確かに、うちの親は特殊なのかもしれませんが、楽園での再婚を心待ちにしている身ですから、滅ぼされちゃってもいいのかも。
しかし、子供心には傷がつくわけです。

夫婦愛を見る事が出来ない子供に育つわけですからね。
将来の子供にどんな影響があるかをまるで考えていないのですから・・・。

さらに、こういうのがあります。

「親の望まない友達との付き合いを祈りで妨げる」

俺が、中学校の時にファーストキスをした話を書いた事がありますね。
http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50186680.html

この話の中には書いていませんが、家に帰った後・・・こんな祈りがあるわけです。

「ばうちんが、今、サタンの誘惑に晒されて、非常に大きな間違いを犯してしまいました。この誘惑をすぐに絶ち切れるよう導いて下さい。」

結局別れる事になったのですが・・・親に報告しなくてはいけません。「別れた」と報告すると・・・

「エホバはちゃんと願いを聞き届けられた!すばらしいわ〜♪」

縁切りの神様か?のろいのワラ人形に願うのと何ら変わらん!

ブログにコメントを残してくださったり、掲示板で書き込んでくださった中にも、流産を祈ったりするバカ信者がいたとの報告がありますし。
こうなったら、ワラ人形というしかないですよ。
聞き届けてもらったぐらいに思ってるのなら、エホバを絶対神としてるなら、ワラ人形レベルだと思います。

祈りの間違った方法というか、勘違いですね。
これでは、祈りの効果を子供に示す事は出来ないわけです。

祈りの前に、何でも話せるというこじつけかどうか知りませんが、長老に隠さず話す事を要求されますよね。
特に審理委員会とかなどは顕著な例です。

しかし、そこにいるのは・・・ほとんどが誘惑に弱いおっさんなのですから、エホバに代わってなんか出来るのではないです。
個人的ですが、特に性の問題の場合は、SEXの事実以外に話す必要なしですよ!
長老のオカズになるだけです。

話して、残る気ならどうぞ、あれこれお話下さい(爆)

かなり脱線ですが、審理委員会呼び出しの時、排斥覚悟であれば、一番早いのは・・・

「悔い改めるつもりはありません。勝手にどうでもして下さい。もうここには来ません。失礼します。」

これだけで充分です。
あれこれ聞かれても、答える義務はないと言えばいいんです。あの場所は法の裁きではないのですから。
俺がインチキサークルの強制退会だというのは、こういう意味ですよ。

「信仰しないから、どういう決定が出ようが話す必要なし!出て行きます!」

これ、日本人に与えられた権利であり、これを邪魔する事はできません。

なんか脱線しまくりましたが、子供に祈りの重要性を教えるのなら、親の祈りは感謝だけを見せるべきです。

3) 祈りが聞き届けられるのは、命があるヤツが作る勝手な美談

ちょっと、辛辣ですが・・・
こんな話をご存知でしょうか?

雨乞いの話です。
「立派な高僧が雨乞いをすると、どうでしょう?雨が降り始めました。どうしてでしょう?」

答えは簡単です。

「雨が降るまで祈ったから」

経験で祈りが聞き届けられた話がありますが、これ、全部この例えの応用編です。

奇跡ではなく、そうなるように自分が努力したか、時間をかけて待っただけです。
ほとんどの場合、聞き届けられる前に諦めるか、死んでしまっただけなんですね。
偶然とか、運の産物とか、本人の自己努力は、人によって事実から離れていきます。

***************************************************************************

俺の勝手な論ですが、エホバは一度も人間の祈りを聞いた事はないと思ってますから。

祈りに否定ばっかりじゃないんですよ。
願いとか、希望とか、そういうのを自分にいい聞かせたり、自分を励ましたり、人の事でも、思いを告げる事としていいことだと思ってます。
ただ、それは神様にじゃなく、自分自身への誓いや思いの表れだと思ってますから。

こういうのいうと、創造主の存在とか、あれこれ言われそうですが、それは興味のある方でやってくださればいいと。
俺は、今日の晩飯が何かの方が大事な事です。
これは祈るなぁ・・・

「今日はたこ焼きでありますように!」

えっ、そうです!うちの今日の晩ご飯はたこ焼きです。嫁に希望だしてるもん(笑)
プレートあるんだよ。あとで写真UPしとくね。

***************************************************************************

そうそう、コメントくれる時に、ちょっと遊ぼうか。

今回の「@お題」

「目玉焼きで使用する好きな調味料」

参考例です。

ばうちん@七味唐辛子かけ醤油

この目玉焼き調味料だけのコメントも大歓迎(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:43Comments(17)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW