2007年09月30日

9月最後の日記

1b7ea52a.jpgサブタイトルは・・・

「有益なものはありましたか?」

戦友の方々に戴いたものです。
よく見ると、2007年に使用するものもあります。
これからしっかり見せていただきます。

御協力くださったみなさん、本当にありがとう。
この際だから、全部集めてみるか。インデックス作るつもりだったしね。
この際、処分したいと思われた方・・・メール下さい。

写真に掲載したのは、ごく一部です。
昔の出版物などは殆どないですね。使用禁止になったのとかもあれば面白いかな。

まぁ、出せばいいというものではないと言うようなのもありますね。
ほとんどの出版物の最後の方は、ハルマゲドンと楽園について書いてあるワンパターンさもww
繰り返し強調することが大事なのだと思うが、このワンパターンなのもねぇ。

JWを辞めた人にとって、これらの書籍等をみて思うのは・・・

「無駄な時間をこいつ等と一緒に過ごしたのか」って感じなのだろうかな?
かなりのお金も突っ込んだでしょうしね。
昔の出版物には、値段が寄付としていくらと明記されてるものもありました。

ライブラリなどもあるので、今は書籍研究以外に開くことは少ないかも知れないよな。
HPに、きちんとUPさせていこうと思いますので、そこで書きますね。

*****************

さて、11月の広島行きですが、オフ会は実施に向けて最終の詰め作業に入っています。
決まっているのは、日にちだけです。

11/10(土) お昼から。

お茶(食事)して、晩ご飯食べて、飲める人は飲もうかなぐらいです。
子供さん連れの事もありますので、今回のオフは用意周到にするつもりです。
大騒ぎして大丈夫なスペースを探しているのが正解かな。

公共の宿などで、会議室というか、たたみ敷きの部屋を貸してもらえるところを一次会にしてみようかなとか。
晩御飯は、個室座敷を用意できる場所にするかなとか。

お昼の分に関しては、出席者の構成に完全配慮する予定です。
子供さん連れで、乳飲み子に近いと、こういう機会を逃してしまいがちです。
そこをどう補うかが今回のオフ会の目的ですしね。

夜はそれなりにがっつりいこうかな。

参加希望は、メールで承ります。(締め切りは11/1)
HN、連絡先、出発地点、宿泊の有無、参加人数や構成ぐらいをメール下さい。
今回は、参加者の都合をなるだけ重視した計画で考えます。

一次会 (13:00〜17:00)

開始時間はあくまで計画です。
場所は、公共宿等施設の部屋を拝借して、持込することで一人1,500円程度かな。
または、前回使ったあの喫茶店に交渉しようかなと(便利はいいからね)

二次会 (18:00〜22:00)

広島なので、カキをチョイスできるお店を考えています。(もちろん、苦手な人は別メニューで)
予算は5,000円程度を予測しています。(飲み物次第なんだよねぇ)
子供さんに関しては、別注文対応しますので、頼んだ分だけ追加します。(この予算には含まない)

三次会 (22:00〜25:00)

また、あそこに行こうかななどと。
そこそこの美味しいお酒はあるしね。

オフ会フル参戦すれば、1万円程度の予算になるように考えています。

「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」

遠方参加者は、宿泊先のチョイスを各自して下さい。
泊まる場所として、広島市中区、繁華街中心に2キロ程度で探せばかなりあります。
ネカフェで何とかする人は、いくらでもあるので何とかして下さいね。

飲酒運転は厳禁。

こんな感じです。

********************

今回の広島帰省には、ばうちん家の墓移動についてが大きな件です。
うちのガキは、「あの家に行くの?」と怪訝顔。
何も教えてないのに、ものすごい嫌な気分なんでしょうね。

物干し代わりのガードレール・・・
ヤバイほどのごみ屋敷に近いあの家。
ほんま見せてあげたいほどです。JWに狂えばこういう風になるっていう事を。

何度も最終決戦ですけど、お墓の事と、父親の葬式の事はきちんとケジメつけとかないとね。
これは月曜日にやるんですけども、今から気が重たい。
墓に誰も参らないのに、文句だけ言う親戚筋も、一緒にねじ伏せなくてはいけませんし。

死者を奉るとかそういうんじゃないんだよね。
粗末に扱う事は避けたいという気持ちの問題で、墓の前でJWの祈りするんだったら問題ないんじゃないかってさ。
仏前じゃなければいいんだろうにさ。

そういうことを疎かにして、JWに従ってるとか言わせはしないのさ。
凍結するなら、これぐらいはハッキリさせて凍結したい。

「お前らが相手にしないのではなく、お前らの為にもなることだということ」

その前に、オフ会で力分けてもらいますよ。

*********************

あと1ヶ月です。

好きに書かせてもらいますね。
決まってる題材は、学校のJW対応というものです。
少し協力してもらえる先生がいるので、本音を聞きながらやろうと思います。

一応、プロシュアーがあるので、それを基本に話をしていこうと思いますが、聞いてみたい事があればメールでお知らせ下さい。
聞きとりするというのは、意外に簡単にできるものです。
今回、電話でアポをとりましたが、快く御協力いただけるとのことでした。

JW時代、自分達の都合を通告というもので、証言した気になっていた。
それが及ぼす影響であったり、学校での配慮がどのように行われるのか、知ろうともしなかった。
祈ればなんとかなるとか、どうにもならなければ、迫害だと言ってのけてた。

この聞き取りが、どれぐらい役に立つかわからない、まったく使えないものかもしれない。
しかし、これが失敗だとしても、さらに違ったアプローチでいい物ができるかもしれない。
それを誰かがやってくれるなら、俺のやった事も無駄にならないんだよね。

風化させない、つなぐ、という繰り返ししかないのでね。

  

Posted by gurugurubautin1234 at 11:24Comments(6)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

2007年09月29日

戦友と友達と自分

さて、今日はもう1本。

ずっと考えていて、いつ書こうかなと思ってて、ブログを閉じる時にでもなんて思ってたことです。
あくまで俺の考え方ですが、人と向き合うということを前提に書いていくものです。

俺は、元JWであったり、JWに関わった方を「戦友」と呼びます。
戦場のようなところから抜け出してきたと思ってますし、境遇は違うとしても皆さんのご苦労は察するものがありますし。
誰が被害がすごいであるとか、誰は甘いとかではなく、戦友は戦友ということです。

もう少し簡単に言えば、OBであるとか、同窓会的なくくりと言った方がいいのかもしれません。
顔も知らないし、話したこともない、しかし、共通する何かがあって集っているものという感覚だろうかな。
それが戦友です。

友達ではないんですね。
ここを履き違えると、ごちゃごちゃになってしまうんですよ。

ばうちんには、たくさんの元JWを中心とした友達がいると思った方・・・
実は違うんです。戦友はたくさんいるけど、友達は少ないです。
冷たい感覚でもありません。ただ友達は少ないのです。

オフ会などで知り合った方でも、オフ会以後に連絡を取り合うというのはあんまりありません。
会えた時に、楽しかったです・・・これで十分だったりします。
再度オフなどであったりすれば、これはまた再会をものすごく喜んだりします。
だから、オフで会いましょうって感じです。

これはコメントであったり、メールであったりも同じです。
戦友とはJWというジャンルの中で、励ましたり、励まされたり、尊敬しあうものかなぁと。
仮に考えや思いが対極にあろうとです。

馴れ合いなど通用しないところにあるのかと思ってます。
いずれ・・・俺たちは風の便りで幸せをかみしめあう仲だから。
そうでなくちゃいけないと俺は思ってるんですよ。

もちろん、その中に濃い付き合いをしていく時期もあります。
助け合えたり、お礼であったり、よくしてもらったりもあります。
自分に無理のない範囲で、失礼のない範囲で、できることはしようって感じですよ。

そういう日々を、自分が構築していく生活に生かしていくものでありたいと思います。
それがJWサイトでのお付き合いというものだと思ってるんです。
俺には足りないものがたくさんあって、それを皆さんに助けていただいた。本当に嬉しかった。

そう思うと、ネットも捨てたものじゃない。

ただし、相手の生活感などに踏み込まないことで保たれるっていうのかな。

そこの線引きをちゃんとしないと、ズカズカと踏み入ってはいけない場所に入ってしまうから。
どうしてもね、言葉は悪いが後ろ向きな部分は否めないですよ。JWのネット界は・・・
思いが通じ合いやすい部分もあるから、感情も移入しやすいし、かけがえのないと思いがちかもしれない。

でも、それは違うんだよね。
あくまでJWというもので考えるものだし、個人個人の価値観はまったく別のところにあるから。
友達は違うでしょ。そういうところも含めて踏み込んでいけるだけの何かを構築してるから、友達なわけですよ。

さっき、後ろ向きな部分といいましたが、それを逆に前向きにするためのステップにすることもできるかな。
そう思ってたら、自然と相手をリスペクトする気持ちを失わずにすむと思いません?
なんかまとまってこないなぁ。

俺はリアルというか、実生活での友達はすごく少ない方です。
でも、少ない友達と最大限仲良くしていこうといつも思います。
そして、少しづつですが友達も増えてきました。

JW関係も、普段の生活でもね。
そう、皆さん戦友のおかげで学ばせてもらったことが生きたんだと思ってるんですよ。
その間には、仲違いしてしまったこともある。
最後までわかってもらえなかったこともあります。でも、自分が悪かったこともいっぱいだから、素直に謝ったこともあります。
相手の悪いところだってあるけど、それはそれで自分の腹にしまっておくようにした。

ほんの少ししか知らない相手のことだから、それはきっとその人の全部じゃないわけだから。
連絡しないでも、連絡が取れるようにしておくこともして見た。
何か言われても、それが大きくなっても、それは自分に責任の一端があることだから、受け入れていくようにした。

逃げるようにしてたんじゃ、ぜんぜん成長しないわけだしね。
もちろん、言い聞かせてそうしていく必要があったけど、それも勉強のうちだし。

実生活の友達よりも、ネット関係の付き合いのほうが難しいと思ってます。
付き合いを切ればいいんじゃない、最後までちゃんと礼は尽くす必要があるから。
リアルな友達がいるから、ネットの関係はどうでもいいんじゃない。
そういう考えだと、リアルな友達がいるとは言えないと思ってるんですよ。

こういう礼を尽くせないのが、後ろ向きな考えっていうのかもしれないなぁぁぁぁぁぁとね。

濃い付き合いをしていくには、俺には足らない部分が多くありましたなぁ。
それをJWサイトの中で学ばせてもらえた部分が多くあります。
まぁ、今でも足らないばっかりですけどね・・・・。

自分の言動には、どこか矛盾が混在してて、納得するものではありませんけど、ちょっと書きたいことを並べてみました。

携帯から書くのって、難しいね(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:46Comments(6)TrackBack(0)ただの日記 | 家族・自分

男と女、JWが考えるほど甘いモノじゃない。

「若い人」の本を読んでいると、まぁ、書きたくなる事がいっぱいですね。
世の中、そこまでエロに関心が集中してるわけじゃないんですけど(笑)

普通に、家に2人っきりになることを想定したなら・・・それなりの期待と覚悟は誰でもするんですよ。
そういう可能性を自覚して、自分が避けておきたいなら、それなりに行動するもんです。
逆にね、それを固定観念だけで意識させちゃうと、逆に意識しちゃって、行動したりもあるって事。

裏読みすれば、この本・・・非常に危険なんです。

この一文は、当てはめるとエライことに気がつきます。

「若い人」 246Pより引用

引用始め

*** 質 31章 246ページ 真実の愛であるかどうかは,どうすれば分かるのだろう ***

「恋におぼれると盲目になり,盲目のままでいることを好み,現実を見ようとはしない」ことを24歳のカルビンは認めます。ケニアという16歳の少女はさらにこう言います。「だれかに夢中になっていると,その人のすることは何もかも完全だと思うのです」。

盲目の恋はまがいの愛です。非現実的であると同時に自己中心的です。夢中になっている人は,『あの人と一緒にいると私は自分がとても偉くなったみたいな気持ちになるわ。私,眠れない。なんてすてきな気分なんでしょう,私信じられないくらいだわ』とか,『彼女は僕を本当にいい気分にならせてくれる』などとよく言います。「私は」とか「僕を」という言葉が何度使われているかに注目してください。利己主義の上に立った関係は必ず壊れます。

引用終わり

エホに溺れると現実を見ようとしないに変換すると、ピッタリですね。
JWに盲目する気持ちはまがいもの・・・ぎゃはははは!

まぁ、これは半分茶化しですが、こういうことも言えますわな。
実際、こういうことで俺は苦しんだわけですし、JWに盲目な人間に心を乱されたわけだしね。

さて、ちょっと突っ込んで考えてみよう。

JWで言う霊的特質は、イメージでしょ?

盲目の恋は、頻繁に口論してキスで解決にする場合が多いと書いてありますな。

キスで解決できる問題なら、キスすりゃいいじゃん。
解決出来ない問題は、十分に話し合っても解決出来ないもんです。
キスが本物なら、話すより早い事が多い事は知ってるだろうにさ。

解決できなきゃ、キスもしないだろうにさ。

ほんま、ろくろくキスをした事ないヤツが書くとこんなことになる・・・・

「232P〜233P」に、「男の子と女の子がただの友達でいられるだろうか」という記事があります。

この内容でいけば、NOとイメージさせるようになってます。(実際は明確な答えは書いてない)

これはね、YESです。
しっかり社会勉強をさせてれば、こういう関係もあります。
JWという村社会にいれば、NOです。

だって、イメージさせちゃうから変に意識せざるを得ないからですよ。
確かにね、友達から恋に発展する事は多くありますよ。
でもね、その友達期間の間に、その人の本質を見る時間があるんじゃないでしょうかね。
その本質から、恋に発展するなら、童貞処女で結婚するより、デートもそこそこに婚約するよりうまくいくと思いますよ。

大体ね、ずっと2人でいる時間が長けりゃ、普通に関係は深くなるってもんです。
友達関係って、一般人でもそういうの少ないですよ。大勢で会ったりしてる中の一時に2人の時間があってもね。
ガツガツしてるヤツとの2人っきりは、見てりゃすぐにわかるから誰でも警戒するもんです。

こういう経験をさせずに、危険性だけでイメージさせるから本質を見抜けないのも多くできるんじゃないかなと思います。
ようするに、「羊を被った狼」を見抜く目はいつまでも養えないってことかな。
とすると、JW外の異性との交際、結婚は非であるとする考えに同調させやすくなるのではと。

しかーし、そうはいかないのが世の中の常。

JW同士の結婚の中にも危険は一杯なんですよ。

若さの盛りを過ぎて結婚することを聖書では勧めてるんですよね?

いっときます。

「性経験がないヤツは、余程の高齢にでもならない限り、サルのように狂うんです」

あのね、欲が溜まったのが一気に放出されるんですよ。
抑圧された思いを、男目線で悪いが女の身体にぶつけるんです。
ろくろくレジャーらしき楽しみをしてきてなかったら、なお更。

そこを押さえるのは、性的な欲求を求めすぎちゃいけないという教えで罪悪感を植えつけまくっていることが必要があるわけで。
無理ですよ。だってね、SEXが好きでない人は別として、基本愛情と快楽の混在なんですから。

男性以上に、SEXを通して愛情を知ろうとする女性もいるでしょう。
もちろん愛する人とのSEXからです。
逆にSEX自体が好きでない、身体の都合で苦痛になる人もいるでしょう。

これを確認するのは、実際にSEXしなきゃわかんないんです。
相性が悪かったら、最悪の事態ですよ。
JWの場合、これをわからないだけでなく、身勝手に進めていく危険性だってあるんです。

がんじがらめな関係で、苦痛の結婚生活を強いられる可能性もある。
相手の事を知ろうと思っても、JWっぽく振舞う恋愛関係でスタートだから、その人の本質を見抜きにくいしね。
あまりにも悪い見方だが、二世同士の結婚で満足の得られてる可能性はどれくらいあるだろうかね。

そこから逃避しながら、JWとして生きるなら・・・JWの活動に異常に熱心になることで解決できるでしょう。
組織の思う壺。
で、他人にもそれを押し付ければいいわけだしね。まぁ、そんな感じになるんじゃないかい?

別にね、そこらでやりまくれと言ってんじゃない。

異性との関係は、特に新しく作る夫婦関係などは、JWの霊性でなんとかなるもんじゃないってこと。
心配しなくても、この世でも10代の結婚は少ないですから。
国勢調査でも見ておいで。格段に変わってきてるのよ・・・・

ついでに言っとくけどね・・・

この本の245Pの比較表見てみぃ。
3番目の項目・・・これはJW同士の恋愛でも当たり前に起こる事なの。
というか、逆にこっちの傾向が大きいのね。相手の本質見る時間ないから。

ハッキリいっときますけど、美男美女から売れてくの。
霊的特質など、二も三もなくて、四の五のレベルでやっとこさです。

交際申し込んで断られたら、十中八九そう思っていいです。
特にJWみたいな村社会、出会いが限られるから仕方ないでしょ。
キツイ?そんなの当たり前。事実だから。

霊性磨く前に、自分を磨け。(この本で書いてあるけど、霊性というのも外観イメージだからね)
そうすりゃ、それなりに選べる立場になる。
それが難しいなら、必死で数を打て、マメに異性に接しろ。望みは少ないが、しないよりマシ。

性格などの本質で見てもらいたいなら、こんな本読んでたら一生見て貰えません。
調子こいたアピールなんかに引っかかったら、とんでもないババを引く。

売れ残ってもひがまない。
ひがんでるヤツは、その醜さがさらに倍加しますから。
一般的にぶちゃいくな人が、いい恋愛や結婚してるのは、魅力を自然に出せてるから。
ひがみもしないし、自分を見失わないからですよ。

そういう異性は、誰から見ても見かけ以上に光って見えるんですよ。

要はね、そっち方面に頭が行き過ぎないように、趣味や仕事などを楽しむのか、JW活動をするのかってことだもん。
回りくどくやっちゃうから、あれこれイメージさせなきゃいけないわけでね。
そのイメージが逆に頭をそっちに向けてしまいがちになるのも・・・これ真理。

道徳観ってね、ある程度まともに育てば、普通に養われるってもんです。
親に無条件に愛されない方が、こういう危険に陥りやすいってものです。

あなたが親にこの本であれこれ言われ続けたのなら、これは親の勝手な大義名分を組織が与えただけですよ。
実際に役に立つ答え?

抑圧された子供達に妄想を膨らませるために役立つというなら、それは正しいかもしれませんねww

男と女・・・この本で学べる程そんなに甘いもんじゃありませんよ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:11Comments(6)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

2007年09月27日

俺はJW二世だったんだろうかな?そう思う出版物。

実は着々とHP用の資料などを集めてる者です。
書籍なども、戦友が送ってくれたりして集まりつつあります。
確かに昔のハードカバーから、廉価な文庫本みたいなやつになっちゃいましたねぇ。

実は、「若い人は尋ねる」を初めて手にしたんですよ。
だって、俺その前に排斥されてるからね(笑)

A姉妹が、「あの本が出るまでばうちんが会衆に交わってたら、ほとんどの問題は解決できた」

と言ってたのを思い出して、早速読みました。
まぁ、解決などするわけない。嫁がトイレに持ち込み読んでいたのですが、結論を出してきたので思いっきり納得しましたからねぇ。

「要するに、JWに命かけてろ!それをいいたいだけじゃん。私みたいな一般人から読むと、最初に書いてあることを否定するような文章が後から出てくるし、後付けというか、取ってつけたと言うか、困ったら聖書の言葉を引用して、エホバがこう言ってるとすれば、マイコンみたいになってる奴はそれが本物のように感じるわけでしょ。写真で説明するモノもヘッタクソなカットだしww これ読んで実行を忠実にすりゃ、エホニートというか、エホパラサイトというか、そういうのばっかりが出来上がるよね。というか、これ書いた人って・・・人生経験ない人が書いてるでしょ?まるで説得力というのがないのよねぇ。というか、モテなかった腹いせみたいに思えるのは言いすぎなのかなぁ?笑いがこみ上げて仕方がないんだけど。」

まぁ、JWに聖書必要ないですしね。

エホスイッチOFFにして読むと、ほんと読むに値しないDQNぶりですよ。
「恋愛」の項目など、俺が書いたほうがいいぐらいだから。

盲目1世が、二世に・・・

「あの本にこう書いてあるでしょ!」

と言うために作られたのかと思う本でありました。
ええ、A姉妹。これが若いJWに通用する本じゃなく、あんたらの躾をやりやすくするための大義名分というなら納得ですよ。
エホバがいるなら、エホバも草葉の陰で・・・・orz・・・・ってやってると思いますよwww

*****************

ここからはお花畑ですけど、ちょっと調べ物をしてたら食物連鎖のことまで調べてしまってたんですね。
JWがいつかくると信じてる楽園でございますが、食物連鎖しないんですよね。
エホバも今以上に忙しくなるだろうな。

不完全な地球は、食物連鎖が辛うじてあるから維持されるんだけど、それがないわけだから与え続けなくちゃいけないわけで。
神様ってのも、余計なことを背負い込むもんだ。
JWがよく言うよね・・・

「エホバのご意思で、ちゃんとうまくいくようになってる」

ええ、完全依存ですから。
自分らで何とかするんじゃなく、エホバ次第なわけですよ。
もっと恐ろしいことを考えたんだけどさ・・・

よく新しい光とかいう解釈が生まれるわけだけど、これってすごいことじゃないかと。
仮に楽園がきても、エホバが楽園の維持を止めちゃうっていうことだって有りうる訳じゃん。
地球のどっかで罪が生まれたりしてさwww

いやね、飛躍しすぎてるとは思うんだけどさ。
これ、あながち外してないと思うんだよ。
なにせ、エホバも失敗繰り返す神様なんだからさ・・・・。

人間作ってたら、子飼いの部下に裏切られ、何千年も放置しっぱなしだし。
人間が裏切ったから、一度リセットしたと思ったら、やっぱり失敗するしさ。
しょうがないから、自分の子供を地球に下ろしたら、殺されちゃって・・・。

自分で戦えばいいのに、自分の子にサタンの始末させるわけでしょ。
それも人間の大量殺戮も同時にやるわけだしさ。
いやはや、神様の落ちこぼれなのかもしれないと思ってしまうわけだし。

まぁ、いればの話ですけどね。

全知全能の神も、アメリカ人に任せっきりというのもすごいとこなんだよね。
いつも不思議でならなかったんだけどさ、聖書の中に出てくるのは中東アジア・ヨーロッパ・アフリカ地域の話だよね。
1800年経つと、アメリカにいっちゃうわけだ。

ラッセルさんとかいう人に頼んじゃって、ラッセルさんも今じゃ空の上から様子を伺ってるはずなんだよな。
俺の墓・・・十字架のまんまなんですけどってさww
キリストの親分に、聞いてたりして。

「で、親分・・・親分は十字架で処刑されちゃったんすか?」

キリスト沈黙・・・・

おあとがよろしいようで。

※ あくまで俺のお花畑ね。不快に感じたらごめんだけど、結論こうだと思ってしまうわけさ。インチキにしか思えないんでね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:42Comments(8)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

2007年09月25日

虹を見て想ふ

89a8a107.jpg配達帰りに、虹のトンネルに出会いましてね。
キレイだなと見とれていました。

俺は案外・・・・

「ロマンチスト」なのですよ(笑)

 

***************

さて、ロマンチストついでにカッコつけて書く事にしよう。
ええ、高飛車にも程があるのだけれど、ここまできたらやるしかねぇ。

迷った気持ちでJWっていう所にいると、この虹を見ようとするとものすごくつらい気分になるわけです。
心がどんよりと言うか、晴れ間を避けて通ることがあるからね。
うまくはいえないけど、いつも土砂降りの曇り空であったり、青空を見ようとしなかったりでね。

JWを辞めても、とんでもなく心を痛めてしまったりすると、この虹にも気がつかない生活してたりする。
この虹は誰にでも見えるし、与えられるってものなんですけどね。
卑屈になっちゃって、避けてしまったりを自分でやっちゃうわけですよ。

飛行機に乗るとわかりますよね。
どんな雨の空でも、上空はいつも青空なんですよ。
完全に晴天なんです。

JWを辞めるとき、俺は思ってました。
理想というか、大きな背伸びばかりして、この青空を高望みしてた。
そう、自分の完璧な世界ばかりを求めて、自分で何一つ探そうとしてなかったことがありました。

顔を上げず、何も見ようとせずに、気持ちばかりが焦っていたのかな。
余裕がなく、身勝手な言い分だけで・・・依存過多、自己満足のみ、今で言うKY。
ええ、ほんとだめだめでした。

しかし、変なもので・・・誰かの歌じゃありませんが、「やまない雨はない」わけで・・・

地上からも青空は見えるし、空からはほとんど見えることのない虹が見えるわけですよ。
光の屈折で見えるものだとは知ってますけど、それを見ようとしなかった俺はなんなんだろうか。

虹は、見える方向と見えない方向があるわけですが、そこから偉そうに言いますね。

自分の目的や、将来を考える上で、見ようとしないから見えないんだってことを。
虹は光が差し込まなければ出てこないわけです。
必ずそこには青空へ向かう光が注いでいるはずです。

青空だけを求めていれば、また空はいつか曇り土砂降りの雨が降る。
その繰り返しに嫌気がさしてるだけなら、いつまでたっても同じことの繰り返しです。
虹が見える人を、ただの僻みで見てしまうことになりかねません。

見えないなら、自分で動けば見える瞬間があります。
そうすれば、どうしたらいいのかわかることもあるんじゃないでしょうか?
自分の独りよがりな方向で物を見ないことで、解決法はいくらでもあるってことです。

脱JWの幸せは人それぞれの虹です
俺は、どんな幸せの形であれ、あまりにも非人道的じゃない限りアリだと思ってます。
自分だけの虹は、自分だけが持ってるわけですから。

雨上がりの時、顔を上げないでどうします!
ちょっとは雨に濡れるでしょう。
でも、必ず青空が出るから、すぐに乾きますって。

顔を上げて、目を動かして虹を探してみましょう。
見つかったら、虹に少しだけでも足を動かしてみましょう。
消えてしまいそうになったら、右でも左でも動いてみましょう。

そして、完全に虹が見えなくなった時・・・あなたの目の前には・・・

 

「青空が広がってるはずです」

 

もし、なんかに困ったり落ち込んだりした時に、ふと思い出してくれたら嬉しいです。
うまくは言えないんだけど、虹は誰にでも見えるものですから。

涙がたくさん出た時でも、蛍光灯の光で虹は小さいけど見えるんですよ。
俺だって、泣いたときにこの虹はよく見ました。
別に強くなんかなかった。よわっちい泣き虫だったんですよ。

うわぁ、なんか偉そうだけど・・・コメント下さい。

あっ、今日のお題は・・・

「人にはあまり言えない、自分だけの恥ずかしくも最高の食べ物」

例: ばうちん@ホッケの中骨周りの皮みたいなの

   ばうちん@えびのシッポ

わはは。オチいるもんね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:55Comments(12)TrackBack(0)JW | ただの日記

2007年09月24日

リンク集の変更

見つけたもの、申告があったものも含め変更があります。

リンク解除が1件

事実上、卒業です。ブログの更新以上に大事な生活が充実していらっしゃるとの事。
おめでとう。

リンクが1件

産声があがりました。
リンク集の一番下にリンクしてあります。
http://ameblo.jp/ikki-minami-1973

遊びに行ってみて下さいね。

タイトル変更が2件

凍結ということです。また再開ありますので、タイトル変更をしましてリンクしてあります。


 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 18:20Comments(0)TrackBack(0)連絡事項 

2007年09月22日

お前はTVっ子か!

さーて、書けるうちになんぼでも書いていきます。
というのも、凍結が早まると・・・いきなり書きたくなるものなんだよ(笑)
残された時間を、駄文たっぷり書いてやるとも。

さて、今日はこんな話にしてみよう。
先日、TVを見てまして・・・と書くとあれだね。テレビ見過ぎのような気がしますが・・。
俺はあんまりリアルタイムではTV見ません。

ほとんどが録画なんですよ。
この録画も、HDDプレイヤーがあるお陰なんですけどね。
これは絶対買いましょうというか、便利すぎてこれないとやっていけない。

で、なんか有名じゃないけど、近所の偉人伝説みたいなのを録画してありまして、それを見てましたら・・・おもろいですね。
歴史に立ち会うとはこういうことなのかと思いました。
最初っからハマり気味で見てたんですが、その中に特攻隊で生き延びた方の話があったんですね。

その話を聞きながら、JWと戦時中というのはよく似てるもんだなと痛感したわけです。

世の中が、鬼畜米英だのぜいたくは敵だという風潮の戦時中。
お国のために兵力として志願したり、召集されるなどというのはよくあることだったそうです。
うちのばあちゃんも言ってたもんね。戦争するというより、神様の土地を守るような教育だったと。

ああ、JWが組織ありきで、開拓だのをやらせたがるのと同じ感覚かぁ。
天皇とエホバを一緒にして、軍部をJW組織にすればいいわけだよね。
イヤイヤ召集に応じるものもいただろうけど、それを口に出して言えない環境というのも同じ。

何か上部批判に聞こえるような発言をすれば非国民扱い。
JWの内部にいたら、そういうことをおおっぴらに言えば、場合によっては排斥も覚悟しなきゃいけないでしょ?
まさに大日本帝国って感じじゃん。

もちろん、新聞を中心とするメディアも情報統制してたわけです。
不利なことは書かないが、何かやばいことになれば・・・決戦とか最後の戦いだとか・・。
(新聞屋なんで言うわけじゃないんですが、現在、左寄りだとされる新聞社でもしっかりそう書いてありました)
JWが発する提案とか、どっから引っ張ってきたかわからん情報もあるし、惑わされるなという行動規制ってのもあるよね。

この辺は、いろんなところで既出してるだろうし、これぐらいで十分だと思います。

さて、そこのあなた・・・

【竹やりで、戦闘機を撃墜することはできますか?】

ここでYESと答えた人は、失礼ですが一度病院で検査を受けたほうがいいと思います。
止まっている車に竹やりで穴を開けるのもかなり難しいと思いますよ。
それを上空にむかって竹やり突いて、撃墜する教育をしたって、無理があるでしょ?

しかし、これ現実のお話なんですね。
嫁のばあちゃん・・・女学生時代にこれをやってたんだから。
それも・・・もっと恐ろしいのは・・・

『まじめに信じて練習しよったで』

という証言です。
うちのばあちゃんは、シブシブやってたと聞きました。
うん?なんかこれって・・・JWっぽくねぇか?

【ハルマゲドン来ます!あんたらエホやらないと死ぬと述べ伝えることはできますか?】

俺、これに一時期はYESと答え、現実にやってました。
もちろん、まじめに信じてあれこれやってたわけだしさ。(一時期だけだが)

こじつけだと言われるかもしれませんが、さっきの質問となんら変わらないはずです。
もちろん、組織もそのためにあれこれ徹底して勉強させるわけだしさ。
子供にだって、あれこれ教育したでしょ。戦時中もそういう教育だった。

むちゃくちゃ論に聞こえるかもしれないけど、批判する身から言わせれば、ぴったりくる例えなんですよ。
ほんまよくこんなのやってたなと思いますもん。

さて、ちょっとTVの内容に戻しましょう。

ある優秀なパイロットが、特攻隊メンバーに選ばれたが、戦地に赴く前に、特攻を立案した上官にこう質問します。

【私は、状況にもよりますが、複数の戦艦を沈める能力があります。仮に戦艦を沈めた場合、帰ってきてよろしいでしょうか?】

上官は・・・

『いや、死んでくれ』

上官は自分が戦地に行くわけじゃないのにね。

さて、これをこういう質問にしてみましょうか。

JW的に立派というか、活発なJWが命の緊急事態にさらされます。

【私には輸血しないと死ぬ危険がある手術に臨みます。しかし、エホバを賛美する気持ちは高く持っています。しかし、生きて賛美したいと思います。なるだけ輸血を避けて手術をお願いしますが、場合によっては輸血を受け入れてしまうかもしれません。それでも生きることができたなら・・・また会衆で賛美する活動に加わってもいいでしょうか?】

長老は・・・

『いや、それは認められない。輸血を受け入れるならあなたを仲間として受け入れることは出来ない。信仰に厚いなら、どうすべきかわかるでしょう。』

こんな感じですが・・・事実上は・・・

『死んでくれ』

ですよね。長老がそういう状況にないから、言えることですけども。

ふとこういうやり取りに変換してしまったわけです。
特攻も、大義名分では強制ではないと言ったそうですが、拒否できる環境ではなかったことは事実です。
輸血の拒否も、信者の個人決定で決められるようになってますが、拒否をおおっぴらに出来る環境でしょうかね・・・。

お国のために特攻して、死んでいった若者に賞賛をするのと、輸血拒否で死んだ信者に賞賛をするのと変わらんでしょ。
俺の感覚に矛盾もあるんですよ。特攻などの話を聞いて、見て、それに何かしらの感動を覚える自分もいますから。
しかし、冷静な目で見れば、戦って死ぬならまだしも、特攻も輸血拒否も戦って死ぬんじゃないですよね。

うまくは書けないが、JWって末端信者に特攻隊をやらせてる気がしてならない。
上部はのほほんとしながらね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 16:10Comments(3)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

仕方ねぇな。祝ってやることにしよう。

昨日、嫁・・・誕生日でした。

で、それが何?なんですけども・・・
まぁ、今日ご飯でも食べて、なんかプレゼントでも買うかなと。
でもさ、あいつ、DSピカチューバージョン買ったから、それなりなのにしよっと。

うちはあんましイベントにならんですね。
俺の時も、ガキの時も、そんなにイベント成立しないんですよ。
クリスマスの方が、なんかそれらしかったりしますね。

嫁はケーキ好きですけど、一人でホールケーキいらないでしょ?
自分で買ってくりゃいいのに。ケーキ屋行ってんだからぐらいなもんです。
俺もガキも食わないから、ケーキに興味がないのだよ。

まぁ、おめでとうぐらいは言ってやる事にしよう。
こうやって書くと、ひどい夫に見えるだろう?その通り!いちいち言われんでもわかっとるわい!

あっ、ウチの家ね・・・俺がどSで、嫁がどMで成立してるのをお忘れなく。
決して愛の営みの話じゃごさーません(爆)

まっ、おめでとうさん。もうすぐ四捨五入で四十路だね( -д-)ノ

この記事にはコメント欄はつけません。
嫁が良い気分になるように、嫁のブログにコメント付けてやって下さい。

おい、クルル・・・これで満足だろ。
ワシがなんでこんなことせにゃいけんのじゃ?来年は書かんけぇ。おぉ、来年は凍結しとる(笑)
おあとがよろしいようで。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:25TrackBack(0)家族・自分 

セコビッチな俺

d96448fe.jpg今日は久々に、どうしようもない記事にしよう。
写真は、スーパーで売ってるソフトアイス。
いやね、アイス半額じゃん。

疲れると、ごくたまにこういうのも食べるんですよ。
50円でこれ食えるなら安いもんだし。
しかし、こいつ腹が立つよね。

フタ取るじゃん、そしたらちょっとだけこびりついた感じになるでしょ。
俺、貧乏せがれだからね・・・こういうの勿体ないからスプーンで取っちゃうんだよ。
卑しいというか、なんというかさ。

根本的にセコイ人間なのかもしれないね。
だってさ、金払ったんだからもったいないでしょうよ!って、どんだけ〜♪ですがね。

こういう性格はいつでもあるんだよね。

セルフのGSで、ガソリン入れるでしょ。
入れ終わった後に、ノズルに残った最後の1滴まで振ってしまったりとか。

あれは何なんだろうか?
皆さんもこういうのあります?

*******************

そろそろ携帯のメールアドレスを変えなくては。

やるやると言ってるんだけど、ついつい忘れてそのままになってしまうんだよなぁ。
PCメールも受けとる都合上などもあって、あんまし禁止設定やるとメールが届かなくなるんだよね。
でもさ、そのせいで俗に言われる迷惑メールが1日10通ぐらいきてしまう。

今日の早朝きたのはこんなの。

【突然すいません。。。あなた様は下記URL内に既にお待ちの[あなた様専属S○●逆援助関係パートナー]とのお付き合いが決定いたしました】

【お相手女性様は、裕美(ヒロミ)様/34歳となります。】 (裕美さんは仮名)

だってさ。

よくもまぁ、こんな同じようなの毎回送ってくるよなぁ。
というか、需要があるから送ってくるわけだろうし、いろいろあるんだろうね。
しかし、決定とか、選ばれたとか・・・wwww

メールアドレスを変えると、仕事場関係で250ぐらいは最低変更のお知らせ送らなきゃいかん。
携帯のBCCみたいなのあったけど、あれって、誰に送ったかわかっちゃうんだよなぁ。
一つ一つやるのも面倒臭いしなぁ。

はい、誰かいい方法考えてくれぇぇぇぇ!

そうだ、アドレスどんなのにするかも考えなきゃ。
候補はあるんだけど、なんか締まりがないんだよねぇ。
俺に似合うのあったら、参考までに下さい。採用される確率が1.4%ぐらいはあるかもしれません(笑)

さて、仕事行こ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 08:38Comments(7)TrackBack(0)ただの日記 | 写真

2007年09月20日

記事にし損ねたのを雑記した。

おかわりをなるだけ控えていこうとするものです。
いやね、お替り大好きなんですよ。これが太る原因に違いないのであるが(笑)

JWをカミングアウトしたのは良かったが、これで聞かれる質問が多くなってしまった。
気分的に楽にはなるんだけど、質問されても非信者にわかる答えというのはなかなかないんですよ。

「なんで輸血はしちゃいけないの?」

これをJW的にとか、宗教的にとかは答えられるし、まぁ、JWに関わった人ならフンフンと聞けるでしょ?
でもね、日本人のほとんどは無宗教の部分があるし、流れ仏教というか、葬祭で初めてそういうのに関わるじゃん。
いいトコ取りでいいと思うから、それはそれでいいと思うんだけども・・・

【聖書に血を食べちゃいけないと書いてある部分があって、そこから輸血の禁止を唱えてる】

と、まぁなんとなく答えたんですが・・・
非信者にはこれ、ちゃんちゃらおかしい論理に聞こえるんですよね。

「食べてないじゃん」

確かに。
ただ、信じてたというか信じ込まされてたというか、そういう環境にあるとこれ以上の答えしかないわけですよね。
専門的にあれこれいうと、わけわからんか面倒臭がられるわけで。
なんか難しいよね(笑)

***********************

広島・・・佐々岡引退なんだよね。
まぁ、限界かなとは思ってたし、黒田が来るまで広島のエースは佐々岡だった。
お疲れ様でした。

一時期、セーブにことごとく失敗してたとき、交代のアナウンスが「佐々岡」と告げられるたびに、球場でヒヤヒヤしてたよなぁ。
カープのピッチャーって、活躍期間が短いのが近年の特徴だったけど、ほんと頑張ったと思う。
お疲れ様でした。

コーチには、すぐならないみたいです。野村待ちなのかな?

***********************

近年のJW環境って、俺がいた時よりもかなり変わってるんだなと実感。

まぁ、それはいいとして・・・

一般社会ではまだまだだろうけども、通常に会社勤務をしてるJWって多いんだなと思いました。
俺の頃は、会衆でフルタイム就業してる人が少なすぎて、そういう人に対するプレッシャーも多かったのにね。
こればっかりは、統計がとれないので、見た感じというしかないんですけども。
実際、その傾向が高くなってるのだろうとは思います。

 

と、雑記してみました。

 

 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:18Comments(3)TrackBack(0)JW | ただの日記

2007年09月19日

凍結前倒しします。

いろいろ考えたあげくだったんですが、自分の予定表などを見る限り、更新への限界を感じました。

10/31をもって、凍結を開始することにします。(12/31までは不定期更新)

ただし、12/31は最後の年末メッセでもやろうかなと思ってますし、冷凍庫で氷を作るような凍結に入ろうと思います。
まぁ、人も集まらない可能性も大なんですが、お祭りはやっとくかなんて感じです。

更新を止めるというのが、凍結の大きな意味合いですが、このブログの再開(氷解)は確実にありますので、閉鎖はしません。
メンテ上、1ヶ月に一度ぐらいの記事UPしとけば、面倒なメール見なくても済むので、3行記事ぐらいは上げときます。

まぁ、いろいろありましたが、ここで知り合えた方もたくさんいらっしゃいました。
感謝させていただきたいと思います。

約2年の間あれこれ書きましたが、駄文で申し訳なかったです。
これからも駄文ですが、自分のやりかけたことをきちんとやって行こうと思います。
ただそれだけです。

最後の広島オフですが、これは開催の方向で計画中です。
近場で集まれる方で、適当にやろうかなぐらいで考えてます。

有力なのは、11/10(土)です。
ここで、更新中のオフ会は最後になります。
高松ぐらいは告知してやるかもしれませんが、それも来年の話ですしね。

ひっそりですが、凍結の前倒しとさせていただきます。

********************

正直、スランプなんですよ。
この前の実験でよくわかったんですが、自分の心の中にはすでにJW時代の怒りってほとんどないんだろうと思いました。
親に対する気持ちが、ただ哀しいだけで、怒りがほとんどないんです。

ぶつけて行く場所もないわけです。
かといって、生活に張りがないわけではない。かなりの充実なんですよ。
ただ、ダラダラと記事をUPするよりは、きちんと自分がやることを冷静にやっていくしかない。

家族との生活、仕事も楽しいですし、ぽっかり穴が開いた気分ですね。
書くことは山のようにあるし、中途半端なこともあるんですがね(笑)
客観的に見て行けば、俺が書く必要性のないことを書くだけなんだよね。

変な自負ですが、リンクを作ったことは大きなことでもありました。
これがあったからこそ、早い段階での凍結もできたと思う。
たくさんのブロガーがいて、情報は十分得られるだけになったと思いますし。

ほんとにブロガーとしての俺の役目は終わりです。
氷解しても、これまでのような更新はないでしょう。
ポツリポツリと、本当のゆっくり日記になるだけです。少なからず関わっていきますが、それだけです。

それなりに引っ張ってきたという感はあるんですが、疲れた。
ほんと疲れました。特にこの2ヶ月ぐらいはね。
お年寄りだしさ(笑)

さぁ、あと1ヶ月ちょいですが、残りは全力でラストスパートします。

ごひいきにしてくださってた皆さんには、残念なお知らせかもしれませんし、お嫌いな方には喜びの知らせですが・・・
もう少しお付き合いくださいね。

それでは。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:56Comments(4)TrackBack(0)連絡事項 

テレビ見てたら。

先週の金曜日のTBS系 「金曜日のスマたちへ」を偶然見てたんですよ。

見た人いるのだろうか・・・
ちょっとデジャブというか、思わず痛いと思ったシーンがあったんですよ。

ディレクターの一人が、カキ氷を売って利益を出すというものでした。
話の結末は、非常にいい話になりましたし、よかったんですけども・・。

このディレクターさんのご両親が、熱心なキリスト教信者で牧師夫婦だった。
JWでいう必要の大きなところだろうか、小さな島で教会を運営してるんだけども、そこへ10年ぶりぐらいに里帰りしたんですよね。
彼も、子供のころは二世信者として結構な道を歩んでいたようです。

このお母さん・・・息子のカキ氷の移動販売車に、神のご加護の祈りを必死でやってる。
しかし・・・彼は・・・

「ああ、そうですか・・・」

ものすごい不自然な対応をしてましたが、実際そうなんだろうな。
昔、何でもかんでも祈りを捧げるA姉妹のことを思い出し、なんかね。
ついついその姿を見て、チャンネルはそのままにって感じでした。

彼は、高校生のときに嫌だったんでしょうね。
自分で親にやめたい意思を告白したようです。かなりのけんかもしたようですが・・
そのまま大学進学を機に、親元を離れ、10年ぐらい家にも寄り付かずということだったようですが・・・

番組の意図か何かはわかんないですが、久々に帰ってもあれじゃ・・・ドン引きだっただろうなと。
まぁ、最低限の親子関係はあるようでうらやましい限りですけどね。

親は、「神の道に帰って来い」と手紙で促していたようですが、そこは戻らないと決めたんでしょう。

気になったのは、親子での会話を見てたら、親に敬語というか、よそよそしい言葉でしか対応しない彼の姿でした。
冷静に話をするにはそれしかないだろうし・・・・この辺は身につまされるところでした。
そう、親は親としての言葉ではなく、宗教ありきでしか話をしてないものね。

番組は、親の愛だのああだの言ってたけど、間違いなくドン引きしてた彼の気持ちなどはわかりようがないと思う。
母親が息子は地獄に行くと勝手に決め付けてたしさ。
いい話に持って行ってたが、俺にはろくなものに思えなかった。

父親が、神を捨てても自分の道に行くといった息子に・・・

「お前の好きに生きたらいい」

その言葉で何か救われた気はしたんですが、親に愛情を素直に表せない環境を垣間見た気がした。
宗教って・・・なんでなんだろうってね。
ものすごく怒りに満ちた気分で画面を見てました。

***************

さて、ここでお願いをしようかなと思うことが・・・
2002年〜2007年の年鑑をいらない方がいれば分けていただけないかと。
前から作成していたデータ資料を最後まで仕上げる時がやってきたようです。

日本とアメリカ、世界合計まではやったんですが、もう少し幅を広げてみようと思いましてね。
最低1年はブログの更新が止まってる間に、やれることをしっかりやっておこうと思います。
よろしくお願いします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:45Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 | JW

2007年09月18日

お待たせしました。

ちょっと更新してませんでしたね。

久々に、いろいろお休みを満喫してたんですよ。
日記風に書いてみようと思います。

日曜日は、朝からホンダに行って「1年点検」を受けてました。
オイルも交換時期だったし、新車なんでね、やっぱ多少は点検させとかないとね。
タイヤのローテーションもやってくれるし、洗車もやってくれるし、値段以上の価値はあるよね。

コーヒー飲みながら、他の展示車に試乗したんですが、楽しいですねぇ。
やっぱ、ガソリン代の高騰で、燃費が重視される傾向にあるようで、リッターカーの競争は大変だそうです。
そりゃね、3〜4年ほど前は・・・リッター82円とか当たり前だったもんねぇ・・・。

お昼からは、ちょっとしたプチオフをしておりました。
ちょっとした実験もやりまして、自分の心の中を客観的に見ることができました。
これは何回か試していきながら、経過を報告できたらと思います。

JWの与えた闇みたいなものは、深層まで探ると結構重たいものがあるんでしょうね。
緊張もあったのでしょうけど、人前で吐く寸前までいきましたからね。
自分では結構強い人間だと思ってましたが、まだまだ甘ちゃんレベルでした(笑)

ただ、これで鬱になるとかそういうのはないです。
なので、結果を出す、自分をサンプルとして方法の一つとしておけるならやっておきたいです。
しかし、おもしろいもんです。

戦友には感謝でした。またやろうね。

で、夜は久々にナポリタンスパゲティを食べました。
そう、ケチャップ味ってやつですよ。単純ですが大好きです。
凝ったトマトソース味よりも、こっちのほうがおいしいのはなぜなんだろうか(笑)

**************

月曜日は、嫁のブログにあるとおり、釣りに行ってました。

庵治というところなんですが、家族連れにはいいところです。
しかし、暑いのなんの、すっかり日焼けしてしまいました。
戦果は、散々だったんです。

鯛の子供は山ほど釣れるんですが、いりません。
食べられる大きさじゃない。
サヨリもいましたが、針が大きすぎて、かかるんですが外れてしまう。
サイズも小さいせいもあるんですが、センスのなさを痛感。

で、本命をカワハギに変えたんですが、時はすでに遅し。
こいつに照準を合わせておけば、煮付けに最高のお魚がとれたのであろうしさ。
家族で釣りに行くときは、ほんと場所選びをしなきゃね。

まぁ、レジャーとしては楽しいもんです。

嫁の体調もあまりよくなく、晩御飯は俺が作ることに。
クリームスパゲティをw 二日連続でスパですが、まぁこれもあるもので済ませるってことで。
まぁ旨かったですよ。

****************

携帯からCHECKはしてたんですが、パソコンを開かない休日でした。
その中で、嫁とどこに旅行に行くかなんて話をしてたんですけどね…。

オフに臨める体制で考えると、車を使うことを第一優先で考えますね。
で、広島オフをもう一度開催の方向で考えています。

お墓の移動などのことで、一度広島へ帰ることが必要なようなので、11月にでもと考えています。
今日の夕方、親父から電話あったんだよね・・・
カキも食べられる季節ですし、ちょっと検討しているところです。

お墓の移動が本決まりになれば、夏に広島に帰る必要性がなくなり、旅行として広島を使えるんですよね。
もちろん、カープの応援は行きますけど。
ばあちゃんの墓を粗末にされるのが嫌なんですよ。金には汚いくせにギャアギャアうるさい割になんもしないのが腹が立つ。

まぁ、その辺はアレとして・・・

決まってないので、何ともいえませんが・・・
決定すればお知らせします。
仕事の予定などもあり、おそらく凍結前にやるオフ会はこれが最後になりそうです。

東京も狙ってましたが、来年以降ということになりそうです。
仕事も余計なことをやらなくてはいけないし、最悪想定で考えると広島が限界かなぁ。
まぁ凍結中も、メンテナンスついでに、1ヶ月に一度の連絡はUPしますから、そのときにオフ計画でも書いときます。

ということで、なんかつまらん報告記事になりました。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:33Comments(2)TrackBack(0)ただの日記 | JW

2007年09月15日

アンパンミルク

と、重たい話を書くと、気ばっかり滅入るので・・・
ちょっと仕事の話を書くとしよう。

タイトル通り、この特殊な言葉は、別名「張りこみ」ともいう。
これを、新聞屋は朝一でやる事が多いので、こういう名前を勝手に付けてうちでは当たり前の言葉になった。

いやね、集金の何ヶ月か溜まって、連絡のない方もいるんですよ。
何らかの状況を把握する為に、面談しようと頑張るんですが、なかなか会えない。
で・・・

「コンビニで、パンとコーヒーを買って、玄関先で待つというものです。」

ゴロがいいので、アンパンミルクって言うんですけどね。

苦情もらう事もあるんですけど、ここまできたら、ひいては帰れませんし。
忙しいとか言われても、引き落としの用紙何度送っても、やってくれないしさ。
コンビニの払込もできるから、コンビニに行かない人がそんなにいるとは思えないし。

久々にアンパンミルクやったんですが・・・玄関に身体を預け、携帯いじくってると・・・

「眠ってしまいました」

で。。。

お客さん、家から出れなくなっちゃいまして。
ちょっと泣きがはいった所で俺も起きまして、無事回収終了。
いやぁ、ごめんなさいね。

でもさ・・・それがいやならちゃんと連絡頂戴ね。
決して脅しも、怖い言葉も言いませんが、私・・・回収には自信持っておりますので。
嫁とガキ、ワンコと食わさにゃいかんのがおりますから。

アンパンミルク。
ちょっと悲しい食べ物には違いありませんが、たまにはね。

でも、俺はおにぎりとお茶が好きです。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:53Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 

ムチをどのように考えるか。

今日は、とことんムチについて書こうと思う。
批判側から書けば、「ムチ反対」と言えばそれで納得できる人は多くいると思うんだけども・・・。
なぜ反対なのか、どうしてムチなのか?

それをごちゃ混ぜ感たっぷりになるけども、少し書いてみようと思います。

そのキッカケになったのは、この過去記事にコメントがついたから。

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50978103.html

ムチに関しては、PWさんのブログでも取り上げていってますね。
彼女はなかなかの文才です。
俺のよりわかりやすいかも(笑)

さて、ムチをウィキペディアより。

鞭打ちをウィキペディアより。

学習性無力感をウィキペディアより。

と並べてみたのであるが、これには少し意味がある。
ムチで検索すると、ウィキが最初に出てきたのはひとまずホッとしたけど、あとは上位ページに出てくるのは性的嗜好の類である。
躾という意味でのムチと言う言葉は、あくまでJW寄りに捉えてみても、JW独特の決め文句であると考えます。

「ムチです」 「帰ったらムチ」 「ムチします」

日本語本来の意味で考えれば、ずれてると考えてもいいのではないでしょうか。

さぁ、ここからは少し重たいですが、ちょっとばうちん論でムチへの考えを書きましょう。

*****************

1) ムチは必要ですか?

ムチという言葉で考える事が間違ってると思います。
ムチが必要な訳でなく、躾が必要なだけですよね。
体罰も必要ですか?と聞かれたら、俺はこう答えます。

「客観的であり、感情のコントロールが出来ている時に限り、最小限度で使う禁じ手」

例えば、口で促し、幾度かの注意を重ねた上で、子供が従えない事を自覚した時に限ってだと思います。
回数だの、制限だのを設定する必要は感じません。

なぜって、一発あれば十分だから。
げんこをくれてやることがありますが、それで十分わかります。
ムチだの、体罰だのを言う前に、とことん躾けるわけです。

まぁ、これはウチの考えですから、受け入れられない人も多いかもしれませんが、絶対的なルールがあるんです。

「父親は絶対である」

それは絶対に守らなければならない。
しかし、この絶対は子供がルールを決め、俺に申告したものであるんですね。
それ以外は、絶対ではない。

自分が約束した事を守れず、再三の注意が聞きいれらない場合が、その時です。

わけわかんないのではなく、わかるようにしといてやるだけでいいわけでしょ。
親子の約束以外に怒られること等無いとわかってれば、勝手に子供は考えて行動します。
それでいいじゃないですか。

ウチのガキが、決していい子だとは言いませんが、大事な事は親子がしっかり話せる関係である事で、ムチじゃない。
言う事聞かないのは何故なのか、そこを親が考えるのが先です。
勝手に体罰を振りかざして、ムチが必要だと言うのは大人の傲慢ですよ。

体罰の重要性の前に、それまでの過程を考えるだけでいいんじゃないだろうか。

2) JWのムチは親子関係ですか?

違うと思いますよ。
大義名分に「エホバ」でしょ。神様の代わりに懲らしめを与えるんですよね。
人間が神様の代わりなんか出来ません。

親から与えられる感覚が薄いし、してる側もそれが薄い。
だからエスカレートできるんですよ。

3) ムチが良かったという二世達。

親子関係良好だったか、親が出来た人間だった。
この一言につきます。

4) 過度のムチに対して

これは現JWであろうと、元JWであろうと、事件にならない限り何も変わらないです。

元側は、風化させない事でしか対抗出来ない。
これって、訴えた所で、親子関係の問題で処理されて終わりです。
現在の法律ではいくらか保護の処遇が変わってるので、まだ救いようがありますけど、現在は鳴りをひそめてるでしょ。

トラウマも多すぎて、親との関係を一線をひいてしか付き合わないようにして、自分だけの幸せをつかむ事に必死ですしね。
親子関係の修復に時間を費やすよりも、そっちに時間を使わないと取り戻せないものが多すぎる。

で、これを一部の例として捉えてるJWも多すぎる。
一生懸命述べ伝えてるのでしょうが、こういう例を見過ごしてきたJWも多いでしょ。
外部にあれこれ発信は出来ても、内部に物申しはできないのが現状ではないのだろうか?

開拓して、外ズラのいいJWが起こした問題に、誰か一人がこのムチ問題の当事者を諌めるだけの力があるだろうか?
あれば、こんなにムチの話は出て来ないわけですし。
それが出来ない以上、JWが虐待してたと言われても、甘んじて受け入れなければいけないと思います。

全部がそう見られるのは辛い?

じゃ、唯一の絶対組織というなかれ。
内部での問題があるのなら、徹底的に浄化する努力を惜しむなということです。
いっときますが、JWはこの問題に策など、施設内でのムチ禁止ぐらいしかしてませんよ。

そりゃ、そういう場所でやったのが問題になれば、組織自体の責任問題になるわけだから。
そこらへんは用意周到ってとこでしょうか。
悲しいけど、組織の力に対抗できる力を持ち得ないのが、俺ですしね。

5) じゃ、どうするの。

風化させない。
連鎖させない努力を個人レベルでもやっていく。
小さな力ですが、できる事をやるしかないでしょ。

JWはそれすら出来ないと思ってるんで、内部でやれる人はどんどんやったらいい。
仮にそういうのが実を結んでいくのなら、元の人間だって応援する事はやぶさかじゃないですよ。
そこまで頭も硬くないです。

6) だからムチを許さない。

まとまってないけどね・・・

ムチされて、心に傷を負った子供が、人並みの努力以上やらないとやってけない。
親から謝罪もなければ、ゴミ扱いされる事も多くある。
それがJWの中であれこれ動いているのであり、仲間として受け入れてる以上、ムチは許さない。

理解したフリの残念な人間は、それだけで大罪ですもん。
理解しないのであれば、絶対しない。理解するならそれだけの物を揃える。
ムチに関してはこれが俺の考えです。

*****************

あのね、調べていってると、吐き気をもよおすこともあります。
性的な異常感覚も見えてくると、トイレに駆け込んだり寝れなかったりするわけね。
真剣に追求して、脱出経路さがして、それでも親との関係を一般生活まで考えて構築し直す方法も探すわけ。

俺がやっていくのはこういうことだよ。
俺は親子関係は完全破綻してると思う。でもね、俺の失敗記録を残しておくだけで、これやらなければ新たな方法も探せるかもしれない。
元の戦友が、吐露だけから一つ抜けだす時に、実際の生き方を残しとけば、なんかの為になるだろ。

教義などの問題も、いろんな検証も、他のすばらしい戦友に任せときゃいい。
俺にはそういうセンスはない。(笑)
自分の折れそうな心に戦うことだけしか出来ないわけで、勝ってみせる自信はある。
その中の一つの記録に過ぎないわけだし。

今月中に、新たに試すこともあります。
その報告もしていきたいとも思います。
逃げるぐらいなら、死んだ方がマシだとしか思ってないし。

その中で思った事を書いたまでです。
そう、JWムチの必要性など軽々しく口にするな。それがエスカレートした土壌を産むだけだから。
俺の目の前で口にしたら、殴られても仕方がないと思っていただいて結構。

体罰と、JWムチは全く別なものであることを理解していただきたいです。

お考えもあろうから、俺の個人的な思いってことにしときます。
ナマで言わせたら、こんなもんじゃないですよ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:47Comments(6)TrackBack(0)JW問題提起 | JW教義の雑感

2007年09月14日

おめでとう

「おめでとう」

これを戦友に言うのは非常に気持ちいいものである。
掛け値なしの言葉が、どれだけ相手に喜びを与え、自分の気持ちもよくなるっていいよね。

キジュさん 9/13 お誕生日!

勿忘草さん お子様(双子) 9/14 お誕生日!

お祝いコメント送りましょう!
こういうのはお祭りだからね。
はじめましてでも、おめでとうだけでもいいじゃないか!

さぁ、飛んでけぇぇぇぇぇ!

この記事にコメント欄はありません。
リンク先でお祝い送って下さいね。

 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 23:28TrackBack(0)ただの日記 | 連絡事項

2007年09月13日

信頼するけど信用しない

ブログのリンクを辿っていて、皆さんの記事に唸らせていただいてます。
ほんと、これからの皆さんのご活躍に期待しています。
いやぁ、ほんと自分の記事に情けなくなる時が(爆)

さて、今日はこのタイトルです。

決して驚く事ではないと思います。
これ、二世ならば多くの人が体験してきた事ではないでしょうか。

このタイトルはこの本の一部から引用しました。

アントニオ猪木の伏魔殿―誰も書けなかったカリスマ「闇素顔」

少し前の本ですが、この系の本は好きなもんでついつい買ってしまいます。
この中に猪木が、この本の作者に言った言葉を使わせてもらったわけです。
思い出して、急に引っ張り出し、書く事にしました。

 

 

あるブログで、異性の同級生と電話で話す時、親がそばに付いて離れなかったというのがありました。
俺も、この話は身に染みましてね。うなずきながら読ませていただいたんですね。

俺が中学生の時です。

班学習というのがありまして、多少の連絡が必要な場合がありました。
担当箇所が決まってるので、ペアを組んだ女子と話す事もあるわけです。
仕事ではよくある事ですよね。

今の職場であれば、女性事務、営業担当事務、集金パートの女性などは電話する事多いです。
夜ならメールで用件を伝えたりします。仕事ですもん。
これと一緒で、一時的ですが、明日の事とかを学校で伝えきれなかった分、早く伝える必要がありました。

電話すりゃいいだけで、3分も掛からないことです。
まぁ、5分や10分話すぐらいよくあることかもしれません。

しかし、何故かA姉妹、この連絡をとる事を良しとしません。
逆に電話がかかってきても、ものすごく警戒心を露わにするわけです。

「どちらさま?ばうちん?何の御用件?ばうちんとどのようなご関係?」

は、最低聞くわけね。
学校の同級生が、勉強の用事で電話してきて、そんな聞かれかたすりゃ・・・メゲますよ。
ですから、家に電話が掛かってくる事は皆無になります。

掛かってきても、電話口から離れません。
あっちに行ってくれと言えば、やましいからだと言い張るわけで。
ちょっと笑いながら話すだけで、睨まれるわけですよ。

異邦人との付き合いということだけなら、まだわかるんですが・・・
男女の電話の不道徳って言われてもさぁ。
学校の学習計画の電話だぞ。不道徳はどこからでてくるんだろう?

こんなの今のJW二世、三世は知らないだろうし、ウソっぽく聞こえるだろうけども、あったんですよ。

こういう環境下だと、凹んでしまうか、逆に隠すように行動するかどっちかですね。
俺はもちろん後者。だけど、まともな連絡まで隠れてやるようないびつな感覚でした。
まともな生活を送る手段がわからなくなるわけです。

時は過ぎ、排斥後にA姉妹と話さなくてはいけなかった時に・・・

「ばうちんがエホバの証人の時でも、信頼してることはあったけど、信用はできなかった」

こう言われたことがあります。
思い出したんですけどね、本読んで。
言われてみれば、JW活動するときに信頼されてたとは思う。

でも、信用はされてなかったと・・・今ならハッキリ言えます。

言葉として言ってはいけない部類に入ると思うんです。

【なかなか信頼に応えてもらえないけど、信用出来る子よ】

【信頼はそこそこしてるけど、信用はなかなか出来ない子よ】

さぁ、子供に対して言うべき言葉はどちらでしょう?
二世問題の根って、ここにあるのではとふとおもってしまったです。

信用されない親子関係、親に喜ばれる事は信頼を勝ち得るが、信用ではない。
二世の多くは信用してもらいたかったはずなんですけどね。
条件付愛のもっともたる別の言い方かもしれません。

子は親を信じるように命令され、子は信用されないんじゃまともな事にならないよね。

それでも、子は親に愛されたいと願うのだから。

JWって何を教えてきたのだろうか?
俺の例が特殊だというのだろうか?
だとすれば、開拓も熱心さは子をダメにする要因のひとつになるのだがね。

思い出して開いた本だが、実にタイトル通りの組織としてJWを当てはめてしまった。

もちろん、今はA姉妹に愛情はまったくないですよ。かといって、憎しみも薄れつつある。
JWのお荷物にもなってる痛い人だと思いますけどね。
反面教師に使わせてもらういい材料だとか。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 09:51Comments(7)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2007年09月12日

解釈・・・言い訳のクリスマスケーキ

エホバの証人の決まりごとと言うのは、どれくらいあるのでしょうか?

解釈次第で、どうにでもなるが正解でしょう。

ということで、ちょっと早いが・・・思いだしたケーキの話を書く事にします。

******************

エホバの証人は、クリスマスを否定します。
もちろん、世間でクリスマスを祝うような行事に参加することは認められてません。

俺が子供の頃は、これでかなり苦労をしました。
学校のクリスマス会は、証言という参加拒否を通告しなければいけません。
いじめの原因になるんですがね。

しかし、A姉妹はすごい解釈で、クリスマスをやったわけです。

A姉妹は一時期、早朝にパン屋さんで働いていた事があります。
まぁ、大手というか、今は吸収合併されたけど、地元では有名なところです。
あっ、俺の悲しき失恋話の彼女が勤めていた場所でもあります。

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50364867.html

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50365832.html

これを参照ね。

で、そこでもクリスマスケーキは作ってるわけです。
嫁がケーキ屋にバイトに行ってますからよくわかるんですが、店員などのスタッフに買わせるのは良くある話です。
ほぼ強制に近い感じですよね(笑)

例に漏れず、そこでもあったようです。

子供はクリスマス会など出来ませんから、学校で嫌な証言やって、教室の隅にいるか、休むかなんかして誤魔化します。
当時は、子供の自主性だの、宗教感の違いなどを認めるというのは少なかったと思います。
まぁ、悲惨なもんでしたが。

さて、A姉妹は仕事でケーキを作る作業はしなくてはいけなかったでしょう。
証人によっては、その作業も拒否することもあるそうですが、まぁ、そこは今回は割愛しましょう。
しかし、クリスマスケーキを買う必要はなかったはずです。

子供にあれだけの証言を要求するんですからね・・・

しかし、12/24の朝・・・

我が家に忌み嫌うべきクリスマスケーキがやってきました。
それも2個

子供心にナニが起こってるのか想像できません。
ケースにはサンタの絵、メリークリスマスの印字・・・・

それも、クリスマスにあれだけの講釈を持ってくる人間の手で、そのケーキは運ばれてきた。
俺は何したと思います?

「すぐに祈りを捧げたんですよ。いないエホバに向かってwwww」

そこでA姉妹の取った行動は・・・

【これはクリスマスケーキじゃないのよ、お仕事で仕方なく買わなくてはいけなくなったけど、ただのケーキなの!】

はぁ、子供は混乱します。ナニを信じれば良いのでしょうか・・・。
しかし、その一方で、栄養だの旨いものだのに飢えた子供の気持ちはどんどんケーキの匂いに侵されてしまいます。
俺もその頃は甘いもの好きだったんですよ、というか、栄養が欲しかった。

飾りつけをとれば、ただのケーキになります。
箱に無残に放り投げられたマジパンサンタ・・・メリークリスマスのチョコ・・・
朝ご飯になりましたよ。腹いっぱいいただきました。

もちろん、お祈りもしていただきます。

しかし、子供はあのチョコやマジパンが気になります。
ただのケーキと言われたのだから、食べたくなるもんです。
大して旨くはないんですけどね。

しかし!それを親が咎め、それに質問すると・・・ムチです。
あれはサタンなんだとさ。
じゃ、買わなきゃ良いのにねwww

しかし、エホバは明らかにされるわけですね(ええ、完全に茶化しです)

その朝、忘れ物を取りに帰らなくてはいけなくなり、急いで家に戻りましたら・・・

サンタと、チョコを頬張るA姉妹。
ここで取る行動は・・・

一旦、家から出て、玄関先で忘れ物したと大きな声で言う事です。
そうすれば、何もなかった事になるんですから。
もちろん、台所で慌てた感じで出てきましたよwwwww

まぁ、これがいびつなJW生活の1ページです。
何年かこういうのが続きましたね。
解釈の広げ方次第でどうにでもなるってことです。

大人はずるいですね。子供の方がエホに忠実なわけですから。
現役さんが見れば、ああだのこうだの思われるでしょうが、これがあの時代のJW教育の一つです。
これは消える事の無い事実ですから。

インチキとはこういうことを言うんですよね。

昨日、何げに思いだした事ですが、エホの解釈など子供の言い訳以下な気がします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:24Comments(9)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW問題提起

2007年09月10日

リンク集更新しました

とりあえず、リンク集の追加・削除・タイトル変更を行いました。

ちょっと大掛かりに考えてたんですが、お休み優先ってことで。

とりあえず、増えたはずです。
リンク不可、連絡をとりようがないパスワードブログは削除してあります。

今後やりたいブログ集の改造。

誰かプログラムコードとかをくれて、通用するなら・・・

更新したブログが上に上がるような機能にならないかなと。
できるのかどうかはわからないんだけど、更新があるものから見ていけるわけですしね。

メーカー毎ってのも考えたんだけど、これは面倒だなぁと。

仮分類で仕分けるのも、結構難しいんですよ。
例えば、JWを辞めたけど、中庸的と言うか、バランスよく論理的だとしますが、これ分類・・・・どうしよって感じです。
とりあえず、こういう場合は辞めたのだから、批判系という分類にするしかないですね。
あんましたくさんジャンル作っても仕方がないし。

今回のブログリンクは、ほぼ無断リンクです。
ばうちんさんとこから来ましたって言っても、???かもしれませんのであしからず。
たくさんの交流が生まれたらいいですね。

それでは。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:39Comments(7)TrackBack(0)連絡事項 

2007年09月08日

同士はいるのか?

しおからトンボっちゅうやつですかね。
西日本では、あんまし赤とんぼというのを見かけないんですよ。
で、秋を告げると言えば、しおからトンボなんですな。

俺の大好きなつばめ達は、遠くに旅立ってしまったし・・・
クーラーはガンガンにしなくても耐えられるし・・・

さらば夏よ!また来年!

ということで、今日はJWなんか何にも関係ない話にしましょうね。

****************

唐突に聞きますが、「あなた、漬物好き?」

俺、めちゃくちゃ好きなんですよ。
お茶請けにすら、漬物を所望したいぐらい好きです。

お弁当に梅干入ってるでしょ?
あの日の丸梅干をよけた瞬間・・・赤く染まったあのご飯たち。

たくあんでもよろしくてよ。
黄色くなったあの臭さ。最高でございますね。

化学調味料たっぷりのやつでもOKです。
確かに自然のやつがおいしいのはわかるけど、貧乏せがれにそんなの関係ねぇ!

とことんすきなのは、奈良漬です。
あれ、うまいでしょ。酒のあてにも最高です。

居酒屋なんかで、盛り合わせを必ず頼んでしまう。
塩辛と、わさび漬けと、漬物あれば、居酒屋で楽しく飲めるよね。

ぬか漬けも、白菜漬けも、きゅうりの奴も、キムチもザーサイも、ほとんどの漬物は好き。

ただし、某大手のハンバーガーに入ってる「ピクルス」は嫌です。
思うんですが、ハンバーガーに入れずにぶつ切りにして、別口で出してくれないのかな。
おいしいピクルスはマジでおいしいんですけどね。

ちょっと余談ですが、回転すしのガリ食べます?

俺、めちゃくちゃ食うんです。
一皿先に何か食べたら、その皿にてんこ盛りでガリとります。
ガリにちょっとだけ醤油つけて、食べながら茶をすすると最高でしょ。

3回ぐらいは取るから、俺の後に座る人にはかわいそうだけど、ガリ足してもらわなきゃだめよ。
あれ食べないで、回転すしに行く奴の気持ちなんぞわかりませんな。
イカ全種類と、ガリだけでも俺はOKですから。

さて、今日はアンケートで締めくくります。

「カレーの横に添えられたピクルス系・・・らっきょう派と福神漬、あなたはどっち派?」

漬物に対する思いとともに、お答えください。

ばうちん@らっきょう派です。

どっちも好きだけど、らっきょうでしょ。
あの酸味とシャリシャリした食感が最高でしょ。
俺にカレーを食わせたいなら、らっきょうなかったら・・・食いませんw

といって、嫁がらっきょう買い忘れても文句言いながらカレー食べますが(笑)

久々に力作を書いたな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:41Comments(20)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

2007年09月06日

下書きのまま2年。

嫁にJW当時の事を聞かれても答えられないものです。

友達との記憶なんかないわけで、学友というのは敵意識みたいなのもあった。
あんまし楽しい記憶が存在するわけではない。
といっても、思いだせるものは答えるようにしてます。

しかし、JWを辞めてからの話には辛い事も覚えてますね。
まぁ、辛いといっても、悲惨だけど笑い話に出来るというか。
当時は大真面目に必死で生きてたような気がします。

**********************

ええ、今日はかなり重い話です。
この話を書くのは、かなりしんどいですが、JWに対しものすごく不信感を抱くことになります。
また、自分の中にあるイヤラシイ気持ちが垣間見えた部分でもあります。

隣の会衆の兄弟連中と交流を持っていた時の事です。
こういう交流の多くは、俺の場合は巡回大会が多かったのですが、同世代とはあまり話をしなかったです。
好かれるタイプではなかったんでしょうね。いや、マジで。

ある兄弟と話したのは、バプ受ける前の巡回大会でした。
この大会で自発奉仕した部門は、清掃部門。そう、会場の掃除やゴミ片付けでした。
これおもしろいもんで、ゴミの捨て方一つでいろんなことが分かりますよね。

香川に来てセルフのうどん屋さんに行きますが、器を戻す時に、ハシや残りツユ、ごみなどは分別して捨てさせる店が増えてます。
これ案外みんな守るんですよ。そんなに苦にならないしね。
昔の大会も分別して捨てるようになってたの思いだしました?

でもね、JWだからみんなが守ってくれるわけじゃありません。
世間と同じレベルです。美化して考えちゃいけません。それをちゃんと処理してくれる自発奉仕があっただけです。
これは実際に感じましたね。

さて、そこに清掃の自発奉仕のスペシャリストがいました。
慣れた手つきで、集まったゴミを綺麗に仕分けし、ゴミ収集業者がびっくりするほどの手際で行動する兄弟です。
その兄弟の存在は小学生の時から知ってました。

いい難い部分ですけども、先天的に皮膚にハンデがあり、明らかにわかるものだったからです。
一緒に自発奉仕をするまで、俺も気持ち悪いという感覚がありました。
いきなり初めて見れば、誰でもビックリはすると思います。

その自発奉仕で、その兄弟のお手伝いをすることになったのですが、正直嫌でした。
人間の下衆な部分をちゃんと持ち合わせていることを今になって話すというのも何ですが、実際その通りなワケですし。
そう、見た目で嫌がっていたんです。

隠す事の出来ない部分をだから、見せるしかない。
きっと本人が一番気にかけてる部分だろうにね。

さて、ゴミはどんどん運ばれてくる。
作業服に着替えて、それをどんどん仕分けして、まとめていく。
ほんと、すごい匂いがするけど、いやな顔一つせず作業に徹してました。

俺も仕方なくだけど、手伝う。
仕分けせずに捨てられたゴミや、オムツなどのゴミを一緒にしてたりで嫌になって投げ出したかった。
ダラダラにもなります。そこへ・・・

「ばうちんさん、誰かがやらなきゃいけません。気持ちよく過ごしてもらえる事も嬉しいものですよ。」

たった一言その兄弟が言い、また黙々と作業に徹してます。
その姿に、なんか恥ずかしくなり、頑張った記憶があります。

プログラムが始まった頃、遅い昼食をとります。
お弁当を支給されたんだよなぁ、あの頃は自発奉仕者はなんか無料で飲み食いしてたような気が(笑)
その兄弟と一緒に、会場外でお弁当を食べました。

「ばうちんさん、私の身体、醜いでしょう?」

笑いながら問いかけられました。

とっさに取り繕うんですが、笑いながら・・・

「いやいや、ウソつかなくっていいですよ。確かにそうだし、直らないから」

すいませんと言ったのかなぁ。

「でも、掃除するのと一緒ですよ。いつかこの身体もきれいにしてもらえる希望があるし、それまでエホバに喜ばれる生き方しなきゃね。」

なんか自分が恥ずかしい感じもした反面、その言葉を素直に受け取れない自分がいました。
反抗というのもあったけど、やっぱり説教臭く感じたから。

そして、時は過ぎ、俺もバプを受けました。
そのバプ受けた時の大会は、大会抜けてゲーセン行ったりしたんですけど、最終日に偶然会いました。

「ばうちんさん、いや兄弟になられたんですね。おめでとうございます。」

必ず年下の俺にもさん付けする方でしたが、握手を求められ、初めて彼の手を握りました。
結構オドオドしてました。やはり気になるから。
しかし、彼の手は普通に暖かく、エホ握手ですが、何の違和感もなかった。

かなり自分の心から、何か避けてた部分が氷解した気がしたものです。

その後の巡回大会では、普通に話すようになりました。
部門は違いましたが、彼はすぐに見つかる。必ず挨拶をする仲になりました。
彼もなんか嬉しそうにしてくれてたのかな・・・と。

しかし、彼にはすごい自己努力があったことを思い知らされることになりました。
翌年の地域大会の事でした。

俺は、荷物預かりの部門にいましたから、大会のプログラムギリギリに来られる人を必ず見かけます。
プログラムが始まった直後に、彼は入り口に現れます。
すごく真面目そうな方ですし、こんなギリギリに来られるような人じゃない。
JW的にいえば、霊性が高い人のはずですから。

必ず毎日、最終日までそれは続くんです。

もちろん、挨拶もするし、大会中は清掃部門で頑張っていらっしゃるお姿を見かけてましたけど。
何故なんだろう?
気になったんで、巡回大会の時に、一緒にご飯食べながら聞いてみました。

【兄弟はどうして、地域大会の時はギリギリに来られるんですか?】

今考えれば失礼な質問です。
しかし、嫌な顔一つせず、答えてくれました。

「ばうちん兄弟、私はこの通り、人がみればビックリされる身体です。私の近くに座れば、それが気になって仕方ないでしょう?気持ち悪いと感じられるかもしれないでしょう?巡回なら、知ってる方も多いから、それなりに対応出来ますが、地域はやはり大きい。楽しみにした大会で、私のために不快な気持ちになる可能性が少しでもないようにです。大丈夫、ギリギリ間に合ってるから。それで、一番空いてる席(当時は、2階の演台横がガラ空きだった。)に行くんですよ。十分見る事が出来ますし、ちゃんとノートもとれますし、バッヂもあるし、ちゃんと大会を楽しめてますから。御心配してくださってありがとう。」

それから、彼に対して何の偏見も持たなくなりました。
聞けば、その時となりの会衆だとわかった。
家も、自転車で30分で行ける距離でした。

そういう中にいても、俺はどんどん組織に嫌気がさしてたし、教義は信じてないし、めちゃくちゃやってましたが。
まぁ、いいかげんな体質なんでしょうね。いやぁ、わはは。
そして、彼のいる会衆に遊びに行くことになりました。

彼は俺を快く迎えてくれることになりましたが、そこの会衆でも彼は隅の席に座り、目立たない存在だったと思います。
お客さんが来たわけですから、俺は歓迎されましたし、話かけてくるそこの会衆の成員。
しかし、彼の隣に座って公開講演を聞くと、帰りには何か冷たい空気を感じることに。

ああ、兄弟・・・そうか、ずっと孤独なんだ。
一緒に楽園行く仲間でも、今はこんなにされてるんだ。やっぱエホバいねぇな。
そんなことを思いましたが、エホにどうでもよくなると、結構どうでもよくてね。

一緒にお昼ご飯を食べました。
菓子パンと牛乳みたいな感じだけど、彼のアパートに呼んでもらって食べました。
自然の写真がたくさんあって、山に行って綺麗な写真とるのが好きなんだと話したりしました。

それ以降も、時々アパートに寄らせてもらったりして、たこ焼き食べたり、ものみの予習したりとかしましたが・・・
ある時、若いやつばっかでハイキングみたいなのに行った時、その会衆の若いやつも来てました。
その時、そいつが、いらんことを言ってきたわけです。

「ばうちん兄弟、そういえば、あの兄弟と仲良いみたいですね、でもあの兄弟、奉仕もあんまりこないし、活発じゃないし、病気もあるけど、なんか近付き難いでしょ。特権もないし、霊性の問題があると思いますよ。」

ああそうですか。とだけ答え、なんか悲しくなり、マザコン馬鹿兄弟と口を聞くのも嫌になりましたね。

まぁ、それからも少しの間は彼と交流は続いたけれど・・・
そのうち、俺も完全に離れる気持ちでいたので、連絡もとらなくなりました。
そして俺は排斥になり、彼の事をすっかり忘れてました。

思い出した時は、すでに関わっちゃいけない人間になってるし、どうにもこうにも出来ないですしね。
ただ、チャンスがあったなら、自分が最初は気持ち悪がった事を謝りたかったなと今でも後悔です。
そう、俺はJWに未練があるなら、そのゴメンが言えない後悔はあります。

しかし、もう彼はこの世にいるかどうかわからない。

そう、俺が16歳の時、彼は50超えてたのだし・・・
身体にも不安が多くあったし・・・
御存命なら、どうかお元気でとここで言うしかねぇよな。

俺は完全に批判しているし、これからもそうであり続けるし、JWは嘘っぱちとしか思ってない。
彼は違うと思う。いつも人の気持ちを考え、JWがいう霊性をしっかりもってた。
誰に影響される事も無く、立派なJWだったはずだから。
相容れない分、願いが叶う事はないけど、これを書けないまま、2年を迎えようとしてた。

これを書いてスッキリするわけではないけど、原点に戻るというなら、これはずっと下書きしたままだったのだから、公開すべきだろう。

正直、ワンコを飼っている自分の気持ちがこれだけ確固たるものであるのは、彼のお陰だとも思う。

JWではない、彼のお陰だ。
JWには愛が無いけど、彼にはたくさんの愛があったのだと思う。
勘違いする無かれ、現役のJWがこれだけの気持ちでJWやってるのがどれだけいるのだろうか?

それだけにJWを信じるなんてまっぴらだし、インチキだという気持ちも確固としてくる。

エホはこういう人になんで冷たいのだろう?
どうして、彼の気持ちを理解してやるだけのお偉いサンはいないのだろう?
俺なりの結論はこれしかないよ。

「インチキだから。」

ただ、彼に何もいわなかったことは謝りたいし、お礼も言いたい。

あー、なんかつっかえ棒がなくなった感じだ。
どんどん批判していくけど、こういう人もいたから結局は人間どうしの付き合いなんだよ。

加筆もしてみたが、なんかまとまらなかったな。
中途半端な擁護じゃないからね、この記事JWに完全批判な内容ですから、お間違えなく。
さて、仕事しようっと。

 

今、下書きしてるムチ記事で、度を超えたものは近親相姦にあたるのではないかと考えたんですが、調べていくうちに気持ち悪くなってしまった。
ちょっとコアに調べていくと、こんなことまで入りこんでしまう。
いやぁ、真面目すぎてやると難しいよね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:59Comments(14)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW問題提起

2007年09月05日

お知らせ。(9/7追記あり)

お知らせです。

来週にブログリンクを整理いたします。
で、ここをご覧のブロガーさんにお願いがあります。

・ 今現在ブログがリンクされてる方

色分けが違う、ブログ移動中、移動済、タイトル変更などの表記変更があればメールでお知らせ下さい。

この際だから、リンクを外したいというのも喜んでお受けしますよ。

・ まだリンクされてない方

現在、いろいろな検索エンジンで検索中です。
完全にJW特化した記事を書かれてるので、20件程度、おそらくというので47件あります。
リンク不可のブログはリンクしませんが、そうでない場合、リンクを貼らせていただこうと考えています。
もちろん、全部をリンクするわけではないですが、可能性はあります。

仲良しリンクではなく、ブログを公開してるということで、よりたくさんの読者さんが増える事を目的としてます。
実際に新しくリンクすると、一時期一気に訪問者数が上がる事は事実です。

記事で紹介して欲しいというのもOKです。メール下さいね。

追記分

ばうちんがリンクしないブログのガイドライン

ブロガーがリンク不可の場合。
元、現JWでも、日常生活を中心に書いて、JW関係にほとんど触れて無い場合。(リンク希望は除く)
JWを、「ある宗教」などの限定されない書き方をしている場合。

興味本位で荒らされる可能性があると判断した場合(これは、携帯ブロガーに多い)

リンク前には、必ず目を通させていただいてます。

で、ちょっと俺の考えですが、この最近の携帯ブロガーの認識の甘さに苦言を。

携帯専用ブログというのは、検索エンジンでひっかることはものすごく少ないです。
しかし、多くのブログは通常WEBで運営されています。
ということは、パソコンで調べる検索エンジンに乗っかってるんですね。

携帯の画面表示だけではわからないものが、パソコンでは見やすく表示されます。

私、携帯ブロガーだから・・・なーんて甘い考えは止めましょう。

ブログの検索エンジンにかけてしまえば、あなたがJWとか、エホバとか、ものみの塔などと書いてしまえばすぐに出てきます。
それも、更新日時順に探すものもありますから、携帯ではクリックしなくては見えないものが、簡単に見えちゃう。
これを棚上げされたようなのは、正直トホホです。

あと、他人のブログにコメントしたのも、検索エンジンは拾ってきます。
そうすると、そこにあなたがURLを貼り付けてりゃ、これまた一目瞭然。

そして、ブログメーカーによっては、同じメーカー同士のお気に入りを登録しあうというのもあります。
そこにペタペタ付けときながら、こっそりやってますなんて有り得ないww

「探すなんてキモイ」

などいうバカがあれこれ御注文をつけてきますんで、しっかり言っときます。

で、今回携帯ブロガーがリンク解除、希望しやすいように記事を一番上にして、連絡先を追加しました。
御連絡はブロガー本人からお願いします。
他人仲介すると、ろくなことがありませんから。

仲良しブログリンクではなく、交流を計りやすくするためのアイテムだと御理解くだされば嬉しいです。
リンクを希望されないブログでも、拝読させていただいたり、コメントさせていただくブログもあります。
好き嫌いで運営されてるものではありません。

整理(削除)されるブログは、消滅してしまったものが中心ですが、一部更新が完全に止まったものもあります。

*****************

もうひとつお願い。

ばうちん個人に関し、よくわからん情報が飛びかっているとのメールを戴いたんですけども、そういうのはほっといてやって下さい。
俺の耳に入っても、俺が直接何か言われた訳でなし・・・

はぁ、それがどうかしたんですか?

です。

俺がどうだとか、こうだとかいうのは、俺の耳に入らなければいくらでもどうぞ。
ビッタレに何の用事もありません。
あんたらが何を言おうが自由ですし、それで俺の人生が変わるわけでもなかろうしww

で、SNSなんかの情報は、俺に報告してくれなくて結構。
一時期、MIXIに入ってたんですが、すでに退会してますし。
仲間内での話は、外に漏らさない。それが利点なんですから。

ちょっとしたミスで退会したんですが(これはほんとにイージーミス)・・・おそらくもう一度入る事はないと思います。
理由は、JW関係はブログとHPで十分。他のコミュなども、俺には面倒臭い(笑)
なので、お誘いいただくんですが、一切お断りの方向でお知りおき下さい。

こういう記事書くの好きじゃないんだけど、ちょっと書いときましょう。

例えば、俺が嫌われてるとします。
で、それが広まったとします。

で、それが俺を直接攻撃してくるならいいんですけど、そうじゃなければ、うんこちゃんなんですよ。
そんなワカランチン相手に俺にどうしろと?
そんな暇があるなら、契約の一つも獲った方が自分の為です。

人に同情したり、感情移入したりというのは俺もします。
それ以外はどうでもいい。

んーとね・・・

ブログ上の俺と、実際の俺とはもっと感覚が違います。

ものすごく冷たいんですよ。
そして自分勝手で、王様で、暴力的なんですよ。
あっ、ついでに自分の事が一番カワイイんですよ。自分がかわいがれないのに、人に愛など示せないって思ってます。

なんで、イチイチかまってあげられないので、今後こういうメール来ても返信しません。

そういうの楽しみたければ、噂話も真実として受け入れ、笑っといて下さい。
そっちのほうが助かる。だって、そこでそいつの器も分かる。

こうやって書かないとわからんのは辛いもんだ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:32Comments(8)TrackBack(0)連絡事項 

2007年09月04日

心を落ち着かせ、言い聞かせる

記事連発中ですが、なぜかうまくいかない者です(笑)

JW問題、二世は特になんですが・・・いろいろ考えていると、作りかけのジグソーパズルのようです。
1枚の絵としてピースが組み合わされないというか、ミルクのパズル(古)やってるみたいですね。
歳をとったのかなと思いながら、それでも考えてしまいます。

今週末は休刊日だし、釣りにでも行ってこようと思います。
煮詰まりすぎてしまった。

人並みに焦ってたのかなとか、モチベーションを無理やり上げてたのかなとも。
残り4ヶ月と考えると、無駄な記事を連発させながら、その中から引っ張り出すという作業しか思いつかなくてね。
頭がいいわけじゃなくて、前に出す気力からしか学べない人間でしてね。

頭でわかるのではなく、体でわからせるというのかな・・・
問題が起こると、解決はやるだけやってみるってのが持論なんですよ。
負け戦というのも、戦国時代じゃないんだから、命なくなるわけじゃないし。

元々強いわけではなくて、こういう経験を繰り返すことで強くなれた。

で、俺は何がしたかったんだろう?

ふと本当の原点を思い出せないでいます。
頭じゃわかってるんですが、体に伝わってこない・・・。

それをこの4ヶ月でしっかり体に叩きつけようと思います。

スランプというものが俺に巡ってきてるのなら、一流の証だと思います。
でも、きっとスランプじゃなく、ただの甘えにしか過ぎないのかもしれないし。

塩臭い匂いに、適度な釣果でも楽しみにしよう。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:21Comments(0)TrackBack(0)家族・自分 | ただの日記

2007年09月03日

恋愛ネタ?質問をもらったので。

非信者と現在JW信者とのお付き合いで、メールいただきましたので・・・
ちょっと書いておきましょう。

えっと、この手の心情に詳しいブログは・・・

「次の恋が始まるまで・・・」 桜姫♪さん

「神のこどもと 恋に落ちたら」  ひろさん

この二つが俺が知ってる中で、心情を綴ってありますよと終わらせようとしたんだが・・・

いやね、俺が言うよりも彼女たちのほうが、より気持ちに近づけるかなってさ。
しっかり読んでくださいね。

***************

と言うのも、俺の世代とは違い、JWの環境も少しづつ変わってきてるのもあるんですよ。
俺たちの頃は、ただただ厳しい環境だったのもあり、今の環境とあわせて書くのはリサーチが必要なんです。
上記の二つのブログで参考にさせてもらってるんですよ。俺も。

非信者側には、わからんちんなJWですから、そりゃご苦労されてたと思いますよ。

俺も非信者と恋に落ちた口ですが、JWに在籍していた側なんで、相手の気持ちをちゃんと理解できていたかは自信がないですよ。
今も思うんですが、相手の気持ちになって全部行動なんか出来ちゃいない。
だからこそ人間なんですが、ほんと難しいんです。

ひとつだけ言うならば・・・

好き(愛する)というお互いの意識がちゃんとあったならば、抱き合ったときにJWの教理の半分は解けていくと思います。
俺はそうでしたから。
嫁との関係はさらに深いものなんで、さらに大きく転機を迎えることが出来ましたけども。

逆に言えば、抱き合うが、JWもがんばるみたいなのは、愛されてないと実感するべきでしょう。
公開できませんが、一番多いのはこれなんです。
ブログ、HPから尋ねてこられ、メールをもらう案件もこれが一番多い。
100組を超えます。

ちょっと思うんですよ。
現役JW諸君で、非信者とお付き合いしてる方々よ。
JWやりたいなら、ちったぁ考えてくれよ。

JWやりたいなら、JW同士でこういう問題をやってくれ。
非信者を巻き込むんじゃない。
もし、やめたいのなら・・・必死でやめる努力をしてから一緒に考えてもらえ。

で、誤解されちゃいけないのですが・・・

非信者が男でいうパターンも多いんですよ。
男性の相談者には、かなりキツク言うんですけどね。

「お前がしっかりして、線引きちゃんとやれ!いい女などそこらへんにころがっとるわ!」

まぁ、それでもね・・・
批判側からはこれぐらい言わないと、何のための俺かわかんないしよ。

低レベルだと思ってるかもしれないが、それはハッキリ言わせてもらおう。

「こういう思いが出来ないのが、教理をあれこれ言ったところで、依存は直らんぞ。あのなぁ、元々男と女しかいないのであって、どんなに偉そうにしたってここに行き着くわけだよ。神様が人間作ったんならなお更、人間同士の愛を知れ。ブスだから?ブサイクだから?バーカ、人間に好かれるように生きてりゃ、そんなの関係ないんだよ。そこらへんがわからないからJWにしがみつかなきゃいけないわけだ!え?俺の屁理屈?ふん、俺の屁理屈吹っ飛ばす経験積んでからモノを言え!」

偉そうですが、中途半端に言うよりこれぐらいで良しです。

ほんとね、非信者を傷つけないでやってほしい。

今回のメールには、軽く返信しただけですが、この問題も凍結後にしっかり訴えていきたいと思うので書いてみました。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:29Comments(3)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

新聞屋用語をJW活動に当てはめる 2

ほったらかしにしてました。

はい、昨日やるつもりだったんですが、眠りにつき爆睡こいてましたよ。

ガキも今日から学校ですなぁ、寂しい感じがする反面・・・開放されたという部分も(笑)
これぐらいの感覚してなきゃ、親なんかやってられませんよ。

さて、本題に。

*****************

 5)  販売店

これは言わずと知れた「新聞販売店」
専業の従業員は、「店」と言う。
現在は、個人販売店と、新聞社の子会社の販売会社と両方ある。俺は後者。
ただし、販売店と新聞社の関係は、9:1の割合で本社の力が強い。
本社の言うことを聞けない=販売店権利の剥奪 という厳しい側面を持つ。

JWに当てはめると・・・

会衆でしょうね。エリアなどを決められてる点、力量の具合などは確実に酷似してます。
増紙の圧力=奉仕時間の増強、見本紙の配布=ものみ、パンフの配布
成員が従業員、パートのみなさんと考えても、実にわかりやすい感じです。

6) 本社

新聞社のこと。

各新聞社の新聞カラーがありますが、結構なカラーがあります。
敵対とまではいかないが、まったく論点や主張が違うことも多くあり、購読者の好き嫌いも結構ある。
ただし、販売に関しては、様々なしがらみがあり、取り扱いを共同でやることも多くある。

ここからの声は、神の声。
販売店従業員レベルの声など届くことは皆無。

JWで言えば・・・

はっきり、「統治体+アメリカ本部」だと言っていいでしょう。
JWがクリスチャンと言い、他のキリスト教をキリスト教世界というところなどは、主張違い程度だと考えてます。
正直、JWが他の宗教団体と連携というか、協力してる部分を疑ってる部分もあり、この辺も新聞社と酷似してるかなと。

まったく一緒の点は・・・

ここからの声は神の声。これにつきます。

7) 販売担当員(主任)

新聞社の販売部に在籍する営業係に当たる者。
大都市では、各道都府県に数名の人員が割かれるが、地方では各県に一人。(全国紙)
各担当員は、担当する販売店の営業状態を把握、指導し、業績不振や問題多発ならば、改廃という販売店の経営者のクビを飛ばす権限を持つ。

販売担当員の性格にもよるが、温厚な性格では勤まらないか、出世が見込めない。
嫌われるほどの強引さと、辣腕ぶりを発揮し、販売店を震え上がらせる人のほうが、販売店の成績を上げることも事実。
ただし、配置換えがあれば、次の担当員の性格等により体制が逆転する場合もある。

担当員で実績が残せない場合は、他の部署に配置換えになるが、そこではすでにお荷物扱いになることも多い。
逆に実績が残せると、新聞社での立場は最後まで保障されたようなものである。
本社の顔と、販売店の顔を両方立てながら実績を上げる担当員は、一握り。

正直、この担当員が新聞部数を支えていると考えてよいと思う。

JWでは・・・

巡回監督を指す。
巡回監督で、上記のことを全部当てはめれば、大体の組織体が読めると思う。
巡回監督って、組織のお役に立てなけりゃ、どっかの会衆の長老に格下げだけど、そのときはお荷物扱いになるって言うし。

上の顔と会衆の顔と両方を立てながら、調整を加えていくなんて胃の痛いことだと思う。
だから、それが嫌なら・・・強引な辣腕を発揮してるほうが気が楽なのかもしれない。
温厚な巡回監督は、会衆の受けはいいかもしれないが、かなりのプレッシャーを組織から与えられてるだろうし。

JWの成員数の増加は、巡回監督しだいだと考えるのは俺だけだろうか。

8) 拡張員

新聞を各家庭に売って歩く、営業専門の人を指す。
新聞販売店に属するわけではなく、新聞社が認めた営業組織に属するが、販売店と密接な関係にある。
各販売店の営業スタイルに合わせながら、自分だけの成績を求めると言えばいいのだろうか。

成績の高いものは、大きな報奨を得ることができるが、成績が低いものは、その日暮らしの末端を担うことになりかねない。
時間を働けばいいのではなく、成績しか評価されない。

大いにして人格者と言える拡張員は少なく、かなりの鼻つまみ扱いをされる者も多い。
成績だけがいいという拡張員には問題も多く、販売店とのトラブルも絶えない。
逆に、成績が悪い拡張員しか派遣されない販売店にもかなりの問題がある。

しかし、これが新聞部数をなんとか支えてきている大きな戦力には違いない。

JWで言えば・・・

全時間、ないしは正規開拓者を指すと考えます。
これ、書いたらものすごく長くなりそうですが、利潤を抜きにして考えるとこれがピッタリ当てはまるのでは。
将来のプランを立てにくい生活を強いられる部分は特にね。

会衆のカラーを決める大きなものであるし、これでひどい目に遭った方も多いのでは?

しかし、開拓者の報告が、JW発表のかなりの位置を占めているのは事実で、JWにとって大きな戦力であると考えます。
実は、拡張員はかなりの強引さを持ってると、店よりも大きな顔を出来る事もあります。
それと同じで、特開者に遠慮がちな長老がいることを考えると、にんまり笑うほど世界が似てます。

今日はここまで。
って、おもしろいシリーズになってるのかなと不安を隠しきれません。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:29Comments(0)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW

2007年09月02日

めでたすぎる!

えー、どうしても書きたくて仕方がないので、書かせていただきます。

俺は、生まれた時から広島東洋カープの大ファンです。
パ・リーグは、南海時代からホークスなんですけど、カープの比にはならない。
真っ赤な帽子を父親に買って貰ってから、この気持ちは動いた事がない。

はい。

御存知の方も多いでしょう。

前田智徳 選手 2000本安打達成!

いやぁ、正直泣きました。
ものすごく好きな選手なんですけども、昨日の姿に涙がこぼれるのはカープファンだけではないと思う。
前田選手が、あんな姿でインタビュー受けるなんて思わないもんね。

イチロー選手が唯一憧れた日本人選手で、彼の背番号51は、前田選手の入団当時の番号に憧れてです。
落合監督が、現役選手でお手本にしろという選手でもあります。
他球団の各選手が、その存在をリスペクトする数少ないバット職人です。

練習の虫というか、キャンプでも二軍選手よりも後に練習を終えるのも有名です。
天才とか言われますけど、センスの上に崩れない修練を持つ野球バカだと思います。
いやぁ、彼の感覚に憧れることがあり、それを目標にしてることがあります。

「納得し、結果を伴う仕事をする。」

彼のセンスが凄いがために、彼が思わない形でヒットやホームランが出る事があります。
その時、必ず首を傾げながら、笑いもせずしきりに自分に言い聞かせている姿を見ました。
俺なら嬉しいに違いないです。

しかし、思わぬ結果ではなく、自分の納得できるフォームや打ち方で結果を出すことを求めているんですよ。
これって、謙遜さも、自戒も、そしてプライドもかけ備えてないと出来ないです。
それを追い求めるのに、バットの管理から練習まで手を抜かない。

俺は野球できないけど、この感覚はものすごく憧れました。
その感覚は、脱JW生活に大きな転機を迎えたことも事実です。
年下なんですけど、素直に学べると感じた生き方ですね。

負け試合をひっくり返し、最終打席に回そうとするチームの一丸さを見ると、愛されたキャプテンであると感じます。
昨日の試合は、永久保存ですよ。
最下位争いしてるカープだけど、この芽は絶対に花が開く時がやってくると思いました。

高松にいる事をこんなに悔いた日はないです。

ガキと1000打点を一緒に見れましたが、これも29000人の大観衆と観たかった。
前田コールを叫びたかった。
ガキと、ものすごく残念さを味わいましたね。

資料ソース

ウィキ

とにかくおめでとうございます。
今日からは2001本目の始まりでしかないのでしょうが、来年も勇姿が見たいですね。

はい、かなり自分だけの記事できましたぁぁぁぁ!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:11Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 

2007年09月01日

さぁ、あと4ヶ月!悔いのないように。

いくつかメールがあったり、気になってる方もいたりで、書いておこうと思います。

「ブログ辞めたり、更新が止まるものも増えてきたりしてますよね?どうしてですか?」

えーとね、これは時期的なものだと思います。
申告されて来られる方などもいらっしゃいますが、それは理由がいろいろですが、一番多いのは・・・

【自分の行く道を決めたから、ブログを辞める】

これが一番です。
いいことですよね。進むべき道が出来たからというのはおめでとうなんですよ。
寂しいですが、これが当たり前にならなきゃいけません。

特に元の方ならば、そうなっていくことでそれが連鎖してればなお最高です。
みなさんにもお気に入りのサイトやブログがあったことだと思います。
こういう特殊なサイトやブログですから、卒業というのがどれだけ喜ばしいことかというと・・・

【共感できる人の卒業は、見てる人に希望も勇気も与えるってこと】

所詮人間社会ですが、一人の人が一人の人に何かを伝えきったならば、それはまた誰かにつながります。
影響の大小はあれど、感じ方はいろいろあれどそれでいいんじゃないかと思う。

ブログのリンクを増やしていくうち、一時期的にブログの数が減ることも予測はしてました。
思いを書くブログというのは、サイトとは違って、更新が比較的楽な分、更新がつらくなる時期も出てくるということも。
2年もブログを続けてこれても、同じような記事や、くそ面白くない記事を書いたことも多くあります。

書いてるうちに、気持ちが晴れてしまい、そのうちに自分の生活に追われ始めたり、充実した日々が始まったりもあるでしょう。

他のブロガーさんに先に書かれたりして、書くタイミングを逃してしまったりってのもあるでしょう。

現役の方ならば、立場上書くことが辛くなってこられた方もいるでしょう。
復帰を目指す方は、復帰のためにやめる方もいるでしょう。

さまざまな理由があるでしょうが、ブログが一気に増えるということは減る時期もあるということです。
そんなに難しいことでもありません。
ただ、自分のお気に入りのブログに助けられたり、楽しかったりといい思い出もたくさんあったんじゃないでしょうか?
それはきっと大きな財産になったと思いますよ。

【SNSなどの影響も多いのでは】

有名なのはmixiですね。
まぁ、これも登録さえすませれば、独特の世界へ入れますし、面白い世界だと思います。

ただ、認証制という世界ですので、一定の広がり以上にはならないとも感じます。
俺は一時的な影響というよりは、これはコレという感覚で見てます。

【これからどうなっていくのか?】

あんまし変わらないと思いますよ。
また、ブログも増えてくるものもあるでしょうし、なくなるものがあると思います。
そうだなぁ、JW世代の交代によって減る傾向にはあるかな。

というか、日常生活を織り交ぜながら書くブログが多くなるかな。

元でも、現役でも、日常生活を含めて書いていくのが多いだろうかと。
そのほうが気楽にかけるだろうしね。

**************************

俺のブログが人気とかおっしゃいますが、これはリンク集があったからこそです。

特色も違えば、ものすごく秀逸なモノも多くあります。
俺が凍結しても、大丈夫。きっとJWという世界がある限り、無くならない。
風化しなければいいんですから。

たくさんの人気ブログも存在しますし、思ってたことが少しだけ実現したのかもしれないです。
そういう意味では、俺のブログも存在価値は薄れてきたと思います。
あとは、どこまでのんびり続けていけるかですね(笑)

ブログを書いたり、見ていた時間が無駄だと思わないでくださいね。

こういう時間こそが人間の持ち味ですし、大きな財産だと思いますから。
人間ずーっと無駄ない人生なんて送れない。

お金の例えで悪いんですけども、お金持ちってどういうことを指すのか考えてみました。
富裕層の方には当てはまらないのかもしれませんけど・・・

生涯2億〜4億を稼ぐと言われていますが、目標もなく、ただお金をため続けていくと結構貯まるでしょう。
そのお金、持って死ねるわけではないです。
備えという点で貯金などは必要ですけども、使わなければそれこそ貧乏だとおもうんですよ。

2億を使い切って死ぬのと、2億5000万持って死ぬのは・・・前者のほうが金持ちと考えます。
無駄使いではなく、生きたお金なんですから。

それと一緒で、ブログに費やした時間が無駄な時間じゃなく、時間を使いきってると考えますよ。
もし、辛かったとき、寝れなかった時にブログを書いたり読んだりした時間は、それが絶対に無駄でなかったことがわかると思います。
もちろん、自分のしなくてはいけないことをおろそかにしてまでという意味ではありません。

なんか説教くせぇなぁ(笑)

結論?

ああ、そうでした。

時間が流れる時に、いろんな事があるんだから、こういうのも流れってことで。
この1行で済ませられないところが、俺の欠点です。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 17:06Comments(4)TrackBack(0)ただの日記 

恋愛ねた?たぶん片思い。

新聞屋用語とJW活動シリーズは、明日書きます。

というのも、夢で思いだした事なんで、たぶん今書かないと忘れちゃいそうな感じがこっちなので。
先にこっちにしますね。

俺のJW時代の恋愛ネタと言えば・・・

1) 中学校時代に、非信者の同級生と交換日記していた。A姉妹に追い掛け回されて別れた。ファーストキスもこの時。

2) 高校時代に、喫茶店の女の子といい仲になったが、A姉妹に追い掛け回され、脅され別れた。SEXもこの時に覚えた。
初めて愛することを知った。

3) 時代的に自然消滅が難しいので、排斥を狙ってJW同士でHをして、排斥。しかし、ここに愛があったかは不明。

4) 年上の姉妹に、排斥決定前に報告。ドライブに連れてってもらった。なんか憧れてた。

と、ブログに書いたのはこれぐらいかな。
2.3に関しては壮絶な部分もあって、思い出したくないこともあります。といっても書いておきますが。

16歳ぐらいまででJWを辞めてますし、成人されてJWを続けられた方はすげえなと思うんですよ。
JWを良くも悪くも知ることがあったでしょうし。
このブログを始めた原点ぐらいまで戻ろうかなと思って、ふと考えてました。

で、思い出したことが夢に出てきたので、書こうと思います。

バプうけてから少ししてからです。
A姉妹の異常な喜びとは裏腹に、エホバを試すということを目標にしてた頃。
ええ、ひねくれた子供ですからね。

隣の会衆とお付き合いが結構ありましてね。
A姉妹絡みなんですけども。
バプの発表がすぐに広まり、どことなくおのぼりさんになってましたねぇ。

もちろん、非公式でありますが、なんか褒められるわけですよ。
隣の会衆の親しいところからは、今となってはわけわからん愛と挨拶が来るというよな環境でした。

余談ですが、なんで夏の大会でバプを受けたかですが・・・

「冬というか、秋の巡回大会の野外自家製温水プールは冷えるから。」

だってさ、当時は外でやってたんですよ。
お湯はドンドン運ばれてくるけど、さむいったらありゃしない。
あの光景を知ってたから、夏に行水を願っただけであります(笑)

当時の巡回大会は、造船会社の会館を利用してたんですが、そこがまた寒い。
おでんうまかったなぁ。ああ、おでんの中のアキレスが大好物でした。

さて、話を戻そう。

その親しいJWの娘さん(たぶん、2.3歳上だったと記憶)と話すことがありました。
まぁ、それなりのお付き合いだったので、違和感なく話したんですけども。
変な話なんですけども、親同士が一緒に話してれば、少し離れたところでお年頃の男女が話しててもOKみたいなところもありました。

これは彼女の家の庭で起こった話です。

親同士が交わりと称した夕食会みたいなのを開催しました。
妹たちが、そこに行ったのかも記憶がないんですよ。
とにかく、その姉妹の家に御呼ばれしたのを覚えてるだけです。

それも、親同士は何を励ましあうのかわかりませんが、話に夢中ですから、必然的に子供である俺と彼女は何か話してた。
こういうときの話って、JWの話するのがいやで、学校の話なんかに終始します。
ネタが持たないよねぇ(笑)

よく覚えてないんだけど、外で庭の草むしりかなんかしながら話したのかな。(なぜか手伝いあったよなぁ)
結構広いおうちだったんで。
草むしりで、二人きりってこともないですが、まぁ、何を話してるかわかんないのだから開かれた密室ってとこでしょうか。
しかし、意識なんかしてなかったです。

「ばうちん、なんか先に遠い存在になっちゃったなぁ。バプ受けたんだもんねぇ」

どう受け答えたのかも覚えていません。
俺のことですから、「そう?○○さんもすぐそのときがくるよ」ぐらいに言ってるはずww

「ばうちん、バプ受けたけど、これからどうするの?」

悲しい話ですが、心許す関係ではないですし、本当のことなど言えませんよね。
よくは覚えてないですが、ありきたりの返事をするように思考回路が出来てる。

【開拓やって、べテル行く!】

まいけるさんとこに書いてあったけど、べテルの飯は豪華だもんね。
べテル=パンの耳なんだけどさ(笑)
なんで、JWとパンの耳はこんなにも盛り上がる話なんだろうか・・・。
まぁ、悲惨だったけど、今思えば笑い話にできるんだけどね。

ちょっと話はそれるけど、あんだけの食事が取れる場所にいるからこそ、JW文書は上から目線なんだと思うよ。
だから、どんな生活水準でJW活動をすればいいかは、べテルのご飯食べて考えたらいいと思います。
エホバが与えてくれるんだからさ(笑)

はいはい、話が脱線するなぁ。

ここからハッキリと覚えてるというか、思い出した部分です。

「私は、バプ受けて好きな人と一緒に楽園行きたいな」

ええ、中学生、それも純粋なボクにはドキドキの話です。
好きな人と楽園に行きたいなんて、ものすごく単純なそれでいて素晴らしい夢だったと思います。
まぁ、欲って部分ですよ。(これを書き足さなければいかんとは・・・orz)
当時の夢としては立派ですね、今?そんなもんいりません。嫁とケンカしながら寿命を迎えようと(笑)

JWだからこそ楽園って言葉が入るんですけどね。

ちょっと家の窓から見えにくい場所の草むしりに取り掛かり、それも終わるころ・・・

「エホバの証人の中で、一番好きなのは・・・ばうちんだよ」

と、ホンのちょっとだけ手を握られて言われました。
いやー、もてるねぇ、俺(爆)

ここには、ちょっとしたキーワードが隠されてます。

「JWの中では」という言葉が前です。その言葉はしっかり覚えておいてください。

こっぱ恥ずかしくて、そそくさと掃除終わらせ、ご飯を食べ、わけわからんうちに家に帰りました。
ただ、言葉は耳に残って、ええ、これ恋心でしょ。
何日か寝ても覚めても彼女のことばかり考える俺(笑)

好きだったと思います。
夢から思い出した話ですが、今も思えば絶対好きだった。
でも・・その気持ちは彼女に伝えることはありませんでした。

会衆も違いますし、個人的に連絡を取り合うこともしなかったし、大会であって荷物預かりにアイス差し入れてくれたかな(笑)
でも、一時期確実に好きでした。
この一時期が何ヶ月かというのが、若さゆえなんですけどね。

まぁ、学校で好きになる人も出来たし、JW活動をまじめにやってみたりな生活をしてるから、彼女のことも頭から消えてく。
ただ、会えばというか思い出すことはありました。
好きとか言われたら、やっぱね・・・。で、思い出すと恋心って、調子いいでしょ。

ところが、排斥になる半年前ぐらいに・・・
バイクでその姉妹の家に届け物をしたんですね。頼まれて。
ええ、少し大人になった俺を見てほしいのもあったし、やっぱ、ちょっとした淡い気持ちもあってね。

で、家について、届け物を渡し・・・

「○○さん、元気ですか?」

と、姉妹に尋ねました。そういえば、巡回大会でも見てなかったのを思い出してね。

姉妹は・・・

「○○は・・・結婚したのよ。来月赤ちゃんも生まれるの」

びっくりでした。顔を丸くするとはこのことです。
ところが、びっくりしながらも、冷静さを前面に出したフリをして・・・

【おめでとうございます。そうですか、ちょっとビックリしましたよぉ♪】

なーんて。

そう、きっとですが、先に書いた「JWの中では」というのはこのことだったんでしょうね。
振られた感じがしましたが、大体告白もしてないのに、そんなの関係ねぇ!
そそくさと帰りました。

バプも受けてなかったし、彼女にも事情はいろいろあったんでしょうね。
ただ、あの時に言われた言葉と、軍手越しに触られた手の感触はドキドキもんだったですよ。
一瞬撃沈って感じでした(笑)

思い出して書いたんで、これが恋愛ネタかどうかはわかりませんが、JWでという限定をすればここれぐらいですよ。
といっても、これが大失恋ってわけじゃない。
そう、すでに俺はほかの人を好きだったわけで、非信者だったわけでね。

ただ、若いというか、好意を持ってくれてるものに飛び出しやすいというかね。
そういう感情あったでしょ?と仲間に引きずっても・・・(笑)
ただ、淡い恋でしたね。純粋に。

だからこそ忘れてたのかも。
まぁ、彼女が何をしてるのかも興味ないんですけどね。
あんな時間もあったんだなということで。

そんな半年後、俺は排斥になっちゃいます。
ちょっとだけオフ会で話しましたが、あれはSEXとしても恋愛としても成立してないだろうな。
ただ、やめたいだけでやっちゃったことだしね。

今はただのおっさんですが、こんなかわいいこともあったということで。
ドロドロしたやつは、気分が乗ったら書くよ。
JW関係ないけどね。
 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:20Comments(0)TrackBack(0)JW | 家族・自分