2008年05月31日

一時ですが、復活します

いつかね、こんなメールが来るんじゃないかと思ってた。
これから元JW2が、こういう苦しい話に関わってしまうのではないかと思ってた。

いくつかのブロガーさんの親族も、お亡くなりになられたり、風前の灯になられてると書いてあったり…
ああ、これから段々多く報告されることになるんだろうなぁと思ってた矢先だった。
もちろん、俺も近い将来揉めることになりそうだと思っていたんだけども・・・

メール来て、段々むかっ腹が立ってきて、一時的にだけどブログを再開することにした。
自覚の出来ない現役JWの実態に、久々に言いたい事を言わせてもらおうと。

ここに来てる現役さんもいるだろうが、自分は・・・違うとか思わせたくもない。
君らがいるところは、いまだにこんなアホがいっぱいいて、そいつらと励ましあってる以上、しょうもないとしか言いたくないね。
どうぞ、ハルマゲドンでも笑って待ってりゃいいんだよ。俺達と一緒に滅びなって。
来ないって思ってるから、適当にやってるとしか言えないね。

反論ある?

元JW2ってね、真面目に信じて、辞めても自分がJWである親を愛そうとしてる人も多いんだよ。
親が愛さなくてもさ・・・
どっちが神様の教えに近いか考えな。
どっかに書いてあっただろ・・・

「憎んではいけない、許し続けろ」ってさ

できてないのはJWだろwww

******************

先日、こんなメールがきて・・・ずっと腹の中で悶々としてたのね・・・
(人物特定を防ぐため、一部構成をしていますが、起こった事は事実です)

先日、現役である母が亡くなりました。

うちは家族でJWだったのですが、私だけ排斥処分を受けています。
しかし、母は最後まで私のことを親として心配してくれてたので、母には何一つ悪い感情はありません。

入院中、私は毎日母の見舞いに行ってたのですが(もちろん父のいない時間に)母が危篤の日、父と会いました。

「お前、復帰しないと・・・もうお母さんに会えんぞ」

「今の仕事が復帰に支障があるならやめたらどうだ?きっとエホバがなんとかしてくれる」

なんじゃそりゃ?と思いました。
でもまあ、とりあえず一大事なので聞き流しました。

病院から「急変」と連絡がきて、私は急いで病院に向かいました。
父は危篤だというのに、なかなか来ません。
遅い・・・。

なんと、父は長老たちを引き連れて来ました。
急変時にそんなん呼ぶ暇よくあったね・・・。
さらに、信者たちがぞくぞく駆けつけてくる・・・一体なんなのでしょう・・・。

排斥者で場違いな私は病室にいることもできず・・・お前ら空気読めよ!!
排斥されたとはいえ実の親子なんだからお別れぐらいさせろよ!と怒りに震えていました。

母は、その日に亡くなりました。
翌日、母を斎場で焼くことに・・・なりました。

そこでとんでもない事を言い出す事になるのです。
焼いている間、控え室に親族は集められるわけですが、またきたんですよ。
やつらが30人くらいぞろぞろと。

で、長老が「あなたは排斥されているから焼きあがるまで違うところにいてください」

はぁ?お前は親族か?ここ王国会館か?そうでしょ?

父親は・・・そこで何かいう事があるでしょう?しかし・・・

「そうして」

なんか・・・おかしくないですか?
仮に、エホの人たちが言うように復活があったとしましょう。
だったら彼らはまた会えるんだから、焼くところまで遺族を差し置き来る必要あるんですか?

「○○姉妹をこんなに愛してここまで着いてきた私たち。○○姉妹、また新しい世で会いましょう!!」

なんて感情に浸りたい自己満足ではないですか?
私はエホの人達から言えば、滅びる側の人間です、それでいいです。でも親子なんです。もう二度と会えないんです。
最後のお別れぐらいしたっていいじゃないですか!!空気よんで家族だけにしてくれたっていいでしょう?
どうして身内の私が焼くところまで排除されて、気を使って違うところで一人ポツンと待たなくてはいけないのですか?

私には肉の兄弟がいます。
現役ですけど、とても仲良くしています。
同じ血を引く者として、悲しみを共有しては駄目なんですか?

私は自宅に帰ってそれこそ情けなくて、惨めで号泣しました。

しかし、そこに父からメールが・・・
これがまた、とんでもないメールです。

「明日の告別式には始まってからすぐ入ってきて、終わってお祈りの前に出て行ったらいいから。やっぱりお祈りはまずいから」

斎場控え室は出入り禁止で、王国会館はおいでってなんでしょう?
私には、こんな意図があるように思えてなりませんでした。

告別式ではエホ的聖書の話をするでしょう?

「排斥されてた娘さんも来てくれた・・・。これを機に復帰したらいいね」

なんて彼らの信仰の広告塔みたいにはされたくないんです。

私は父に・・・

「排斥者がいては場違いだから、私は私でお母さんのことを思っているから出席しません」

と返事しました。
本当、もううんざりです。
彼らは遺族の気持ちを何一つ考えていない偽善者集団です。

心に癒えない大きな傷ができました。

****************

悪いが、常識を逸脱してますね。
アホ・・・ん?・・・・アホに失礼かw
豆腐の角に頭をぶつけて死ねるのはJWだけですな・・・・

これを見て、知り合いの葬儀屋さんに連絡をとりました。

「あのさぁ、JWってこんな感じ見る事あるの?」

葬儀屋さんは・・・

「エホバは揉め事の天才だね。必ずと言っていい程もめるよ。葬儀やってると、どこがまともでまともじゃないか、よくわかるw」

おおぃ、立派に述べ伝えてますなw
これが、君達が述べ伝えて世の中に相手にされない、結果の出ない原因のひとつですよw
これが常識人だと名乗れるJW現役がいたら、オフ会おいで・・・

一晩寝かさず、常識を教えてあげるから。

この最近、このコンビにハマっているが、アホなJWには俺もこう言いたい。

「お前、ママチャリでサファリパーク見学してぇ〜!肉と野菜積んでて行けよぉ〜!エホバが守ってくれんだろ〜!」

元ネタ

http://jp.youtube.com/watch?v=sb7kw90n8OQ

  

Posted by gurugurubautin1234 at 20:25Comments(15)TrackBack(0)JW問題提起 

2008年05月27日

いつもながらに締まりのないw

先回の記事は反響が結構ありましてね・・・。
凍結しているんですが、少し勘違いされないように書いておこうと思います。

俺が思っている事なんですが、凍結しているのには理由もあるんです。
凍結してから、更新が停止するもの、新規で生まれたものもかなりありました。
俺の思い通りと言うか、これで良かったなんて思ってるんです。

ばうちんがJWブログを一時期引っ張ったとは思ってます。(手前味噌ですが)
それはね、誰も言いたい事を、書きたい事を書かなかったから。
口火を切る為に始めたようなもんです。

日常も、自分の考えも、思いも全部書いちゃえばいいって思ってたから。
これが脱JWであったり、現役さんであれば心の中を出すっていうことのきっかけになればいいとね。
だって、言えなかったんでしょ?

教義に特化するもよし、経験を元にするもよし、愚痴でもよし。

人と比べて書くもんじゃないんですよ。
ブログは自分の心の中を書ける分だけ書くもので、人と比べるものじゃない。
誰か1人につたわる事を前提に書くといいんです。

人気ブログはあるでしょう、ひっそりもあるでしょう。それでいいんです。
リンク集だって、ひっそりじゃ寂しいじゃんって思うからあるだけで、思いが繫がる人がいるならいいなです。
だから仲良しリンクじゃないんです。

********************

俺は、JWが愛が無いというか、愛が利己的でしか考えられてないって思うんですね。

子供に愛を示す、大好きな人に愛を示すっていうことぐらいしか人間が生きているうちに出来る事はないと思います。
人間なんてちっぽけなもんで、これの繰り返しで生きてるだけでしょ。

神様がいるとしてね、神様もこれしか望んでないと思うんです。
JWではよくいいますよね、「愛が一番大事」って。

人に愛を示すことが出来ないのに、神様に愛を示す事なんか出来ないだろうって。
それをごまかすのに、めんどくさい教義でがんじがらめにしちゃうわけでw
だから、子供達はJWから離れていくって分かんないんですよ。

JWで傷つけば、愛を見つける事がわかんなくなり易いのかなと思うしね。
それを傷の舐めあいでもいい、1人じゃない事を自覚できれば、そこから一歩踏み出せるでしょ。

偉そうに聞こえるかもしれないけどね、これが出来なきゃ幸せなんか来ないわけ。

俺にも大好きな人がいて、それが一生かけて伝わればいいなと思って生きてる事が幸せなわけで。
そりゃ、心配かけたり迷惑もかけてますけど、それでもそれがわかってもらえると信じてるわけで。

ええ、ちっぽけなもんでしょ。
でもね、JWじゃ出来ないことで、エホバとかいう神様にも出来ないことだって知ったから。

JWは自分達にお金を落としてくれる人が大事なだけで。
エホバは困ったら、皆殺しすればいいやと思ってる神様だけで(いるのか?エホバ・・・JWの虚像だろ)

人は、自分で善悪を決めなきゃいけないけど、生きてるうちに幸せを掴める人な訳で。
子供を代表とする子孫に残すのは、愛って子供達に残す財産なわけで・・・
俺達元JW二世の多くは、それを残すことにものすごく苦労しなきゃいけないわけで。

だから、ブログでそういうのが何となくでも伝えられたらって思うだけ。

俺は誰かを引っ張るわけでもなく、カリスマでもなく、ただのオッサン。

で、何が書きたかったかわからなくなって終わるんだよなぁw

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:23Comments(3)TrackBack(0)JW | 家族・自分

2008年05月21日

勘違いするな

これが5月最後の記事になります。
JWのことは書かないようにしてましたけど、無性に腹が立ったんで書いておこうと思います。

ある日に、JWと仕事中接する事がありました。
ばうちんという名前は、すでにそんなに隠すほどのIDではなくなり、現役さんでも俺の本名を知ってる人も多くいます。
といって、ブログで公開するほどのモノではないだけです。

なので、排斥者である事も告げるようにしています。
面倒臭いじゃん。
JWの何に恐れをなさねばならんのじゃ・・・エホバか?おいおい、聖書とかけ離れた教えを推奨する神様なら・・・聖書は偽教典だぜ(笑)

何度もいうけど、JWを辞めた事は世の中のなんのハンデにもならないの。
滅ぼされる?
俺から言わせりゃ、現役ブログ書いてる人はJW的に言えば、滅ぼされちゃうぐらいに思ってますよ。

別に現役さんにケンカ売ってるわけじゃない。
だって、ハルマゲドン来ないもん。
うすうす・・・分かってると思うんですよ。現役さんだってね・・・。

信仰というものを否定するというよりも、ま、葛藤や自分自身の考えってのを大事にして書く事はいいことだとは思う。
人それぞれ模索する道はあるからね。

ごめんごめん、何いってるのかわからなくなったね。

そこで話する事になったんですが・・・
驚くべきことを口にされたんで、ちょっと怒ったんですね。

ムチされたけども、それで常識などを身に付けた。そうではないですか?」

お前、たたかれなきゃわからんの?
貧しい教育だな。
お前が自分の子供にムチしてるというなら、そこに連れて行け!
俺が引き取るわ。虐待でな・・・
所属会衆・名前言え!

まぁ、奉仕区域から会衆はわかるんですが、そそくさと逃げてしもうたw
ちょっとマークしといてやるからね。
子供にムチなんぞしてたら、どんな手を使っても通報して保護するからね。

それから気になって・・・

ブログを徘徊してたら・・・同じようなことを考えてる現役もいる・・・

悪いんだけどね・・俺が体験した事してあげようか?
あんたら耐えられるの?え?そんなこというヤツに限って、されたら警察にでも駆け込むんじゃないの?
ええかげんにしんさいよ。

子供に体罰を加えるというのはね、親がものすごく慎重にならないといけなくて、すごく大変な事なのよ。
JWの教え?愛なんぞあるのかい?永遠の命欲しいっていう欲の塊だろ。
欲で神様に媚びるようなものに永遠の命あるわけないだろ。

ムチは許さんよ!
もう一度警告しとくね・・・やっててみろ・・・とことんいくよ。
終わりの時?そんなお前らが終わってる。

組織への考え方、教義の正当性だのってのは別にいいんだ。
今さら相容れたりする必要性がないから。

でもな、ムチだけは許さない。
肉体的な事も、精神的な事もだよ。
組織が変革してる?こんな危ない考えの現役抱えて、是正できない組織に変革なんかあるわけないだろ。

勘違いするな!アホ!!!!!!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 08:48Comments(13)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2008年05月06日

JWが蒔いた物を刈り取らなくてはいけない問題

久々に掲示板に相談がありました。

「やさしく」の方だけど。

俺なりに返信はしたんだけど、幾人かアドバイスも欲しいなと思ったんだよね。
厳しくも優しくもでいいので、御協力いただけると嬉しい。
携帯でこの掲示板は見難いので、ここに書いておきます。コメント欄でもOK

***************

ご相談があって投稿させていただきました。私は男性社会人です。

結婚を考えている女性がいまして、相手の親にも挨拶を済ませ、数日後に両家の顔合わせを予定しております。
私も相手の女性も母子家庭の一人っ子です。この状況で、相手のお母さんがエホバの証人であることを、彼女に涙ながらに告白されました。
彼女の人生の中で初めて人に告白したそうです。彼女は信仰しておらず、理解もできないといっています。

私の親に伝えた所、そちらのお母さんとは何かの節目の時以外は一切交流を持たない、親戚にも一切会わせない、私の家側に一切、信仰している影響を及ぼさない(お嫁さんにもらう相手の女性を含め)ことが結婚の条件だと言われました。
また、私が相手の家にお邪魔することもいけないそうです。

柔らかい言い方ではありますが、彼女にもそのことを伝えると、そういう信仰を持っていても私の母親だ、一度もお会いしていないのに信仰だけで、完全に拒絶するのではなく、しっかりと話しあっていくことはできないのか、といわれました。

私の母親は母の親友の周りに起こったエホバの証人にまつわるトラブルの印象が強烈過ぎて、完全拒絶するスタイルは変えられないと言っています。
相手のお母さんは信仰がそんなに悪いことなのかと泣いておられます。
彼女のお母さんは明るくてとても気持ちのいい方です。まだ信仰の話はしたことはありませんが・・・

実は両家の顔合わせの予定は本当は結納のはずでした。私も彼女もその日を待ち望んでいました。
しかし、信仰の話を聞き、それは、すぐにはできないとの私の母親の判断で顔合わせの食事会になりました。
母親の対応は彼女や、彼女のお母さんを傷つけているので、食事会に来てくれるのかどうかもわかりません。

母親の言っていることもわかるし、彼女の気持ちもわかる、彼女のお母さんの気持ちも理解できるので一体どうすればいいのかと途方にくれています。
いいアドバイスを頂戴できればありがたいです。

****************

ここで俺が問題にしたいのは、エホバの証人が与えている世間でのイメージである。
もちろん、いい人だと言われる事もあるので、悪いイメージだけだとは言わない。

エホバの証人がエホバの証人を苦しめてしまう原因というのはどうなんだろうね。
教義のうんぬんなんかどうでもいい、真実の組織ならば・・・これは起こっちゃいけないんだよね。
人の好き嫌いだけで起こる事ではないはずだから。

いつかこんな問題も起こるとは思ってた。
エホバの証人を身内に持つとこんな事も起こってしまう。
笑い事じゃないんだよ、これは現実に起こる事なんだ。

俺達の中には、親と関わりを閉ざす事でなんとかやってる人も多くいるだろう。
結婚式をすることの是非をどうこういってるのではない。
非信者の方には、こういうことでどんどん悪いイメージが与えられていくこともあるんだということ。

俺は言ったよね・・・

「エホバの証人だったこと(身内も含む)がこれからの生活の足かせになっちゃいけない」と。

教義の云々に批判するのは自己の問題。
しかし、生活に関わる問題は、人をも巻き込む人生の大事な選択をも揺るがすと忘れるな。
狭い了見で見るんじゃないよ。

これって、JWが言う「迫害」じゃないんだ。
JWが蒔いた種を刈り取らなければいけないことだってことです。

しかしね、相談者の彼女が・・・おそらく元JWだと考えると・・・
戦友として何かしてやれないかと思っちまうんだよ。
そこの視点で見てやって欲しいと願います。

それじゃ、頼むね。

追記:

転載してくださってもOKです。
転載の際は、こちらにトラックバックか、コメントで報告下さるとありがたい。
というか、久々のマジな記事を書いたんで・・・広げてくれ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:33Comments(14)TrackBack(0)JW問題提起 | JW

2008年05月01日

わかった、わかった、これね

管理更新のつもりが、こういうことになってるのもどうなのかね?

まぁ、いいでしょう。
メールで・・・

「集会が週二回になったのはご存知ですか?」
「組織もちゃんと考えているのに、見当違いな批判をしないで欲しい」
「これってどういう風に変わるんですかね?」

んーとね、俺個人の考えにそこまで傾倒したい?
あくまでも俺の考えだからね、何度もいうけど・・俺の言葉に異常に反応する擁護の方々になんだけど・・・

「俺の言葉と聖書・・・まぁ、JWの言葉にしようか、どっちがあんたらに有益なんだ?心配しなくても影響力ないだろ?俺の言葉にそこまで反応してるというのは、俺に影響されかかってんだから、見なきゃ良いんだよ。おもしろいもんだよね、組織に良しと思われない事をしながら、組織の擁護を俺に押し付けても笑いの種にしかならん。冷静に見ときなさいって」

************

現役さんのブログ(リンク済)に今回の事が書いてあったんで戴きました。

http://ameblo.jp/nisejw/entry-10092289353.html

手紙の部分だけ抜粋引用ね

すべての会衆へ:

親愛なる兄弟たち


 

 コリント第一7章31節で、聖書は「この世のありさまは変わりつつある」と述べています。霊感によるこの言葉の真実さを、わたしたち各自は日ごとに実感しています。「大患難」がいよいよ近づくにつれ、わたしたちに対するサタンの怒りも激しさを増しています。−マタ24:21。ペテ一5:8,9。啓12:17。

 統治体は、主の大切な羊である皆さんの経験している圧力が増していることをよく認識しています。1世紀の統治体のように、わたしたちも、必要な事柄のほかは、皆さんにそのうえ何の重荷も加えないようにしたいと思っています。(使徒15:6,28)それで、祈りのうちに熟考した結果、集ごとの会衆の集会の予定に調整を加えることによって皆さんの荷を軽くすることに決めました。−マタ11:28〜30。

 2009年1月1日より、会衆の書籍研究は、神権宣教学校及び奉仕会と一緒に行われます。会衆の書籍研究という名称は、会衆の聖書研究という名称に変更されます。この、会衆の聖書研究は、歌と祈りの後、現在とほぼ同じ方法で25分間行われます。資格のある長老たちが交替で研究を司会します。その後の30分は、神権宣教学校が開かれます。そして2番目の歌の後、35分間の奉仕会が続きます。集会は歌と祈りで閉じられます。この集会の全体の時間は、歌と祈りも含めて1時間45分です。

 野外奉仕のための集まり−少人数の群れの取り決めも含む−については、引き続きこれまでと同じ型で行ってゆきます。会衆の聖書研究と野外奉仕のための集まりについては、後ほど追加の情報が送られます。

 今回の、集ごとの予定の調整は多くの面に益を及ぼすことでしょう。例えば、多くの国では、燃料費が高騰しており、集会の行き帰りにかなりの時間がかかります。しかし、それよりはるかに大きな益もあります。個人や家族の聖書研究は、いくら強調してもしすぎることはありません。今回の集ごとの予定の調整により、わたしたち各自は、毎週の特定の曜日の晩に家族の崇拝を予定して、家族の霊性を強化する機会を持てるようになります。家族の頭は、意味ある定期的な聖書研究を家族で欠かさずに行う責任を、エホバの前で果たさなければなりません。(申6:6,7)家族の責任がない独身の兄弟姉妹も、そうした時間を、個人の聖書研究のために活用することができます。実際、すべての人は、「よい時を買い取り」、やがて生じようとしている事柄に備える必要があります。(エフェ5:15,16)エホバの日は足早に迫っています。(ゼパ1:14。ペテ二3:12)「極めて聖なる信仰」の上に自らを築き上げるため、残されている時間を活用することは、わたしたちすべてにとってまさに急務です。−ユダ20。

 わたしたちは、引き続き偉大な牧者に従いつつ、こうした調整の益を活用することを思い定めましょう。偉大な牧者は、平和とさわやかさの満ちる、草の多い牧場にわたしたちを導いておられるのです。(詩編23:2,3)温かいクリスチャン愛を送ります。また、この難しい時代に生活している皆さんをエホバが引き続き見守って強めてくださるようにお祈りしています。


 

                                                皆さんの兄弟、

                                             エホバの証人の統治体

↑引用終わり

はい、コレ見て感想をかきますね。

「いいんじゃない?集会の参加者減ってんだし」です。

邪推に推測すればね、集団であつまる人数が多い方がJW的にいう「励まされる」からそうしただけでしょ。
群れの集まりや、少人数では鼓舞されないわけで、これってね・・・会衆の数が減っても会衆単位の伝道者が減らないように調整した時と同じだと思うよ。
要するに、目で盛況な雰囲気を失わないようにするだけ。

実際には減ってる事がわかってても、集まる場所に人がいれば、精神的な安心があるってこと。

思わず笑ったのは、「書籍研究」が、「聖書研究」ってwww

ついに書籍は聖書だと言いたくなったのか?
この辺の言葉遊びがJWらしいと思いますね。書籍=聖書・・・おこがましいw

言葉で負担を減らしたといえば聞こえはいいけど・・・集まる人数への調整ってのが正解。
本部が心配してるのは、成員の負担じゃなくて・・・成員が集まらない事なの。
回数減らしても、寄付箱直行への王国会館ってのが大事なの。
祈ってしたというけど、もう限界点にきてるから仕方なくってのが本音だと思いますね。

こういう言い回しは、どこの世界でもあることですけど、何か?
愛あるお手紙と思うなら、企業の言い訳が書いてあるお客様へのお願いと変わらんから読んで見たらいい。
改革ってことでもなく、ただの営業努力ってところかなぁ。

集会が減って不安になるって人がいたら、それは神との個人的な繫がりができてないわけで。
JWでも教えられた事が、なんにもわかってないわけで。
擦りこむ時には、大人数のほうが便利な事をわかってないわけで。

世の中が変わりつつあるんじゃなく・・・JWが世の中に合わせなきゃ維持が出来ないっていうことでしょ。
ということかな。ご批判にもなりゃしない。
心配するな、俺達の死んだ後もどんどん調整されることは間違いなく、ハルマゲドンもこないってことだ。

こんなもんでいいかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 07:37Comments(1)TrackBack(0)JW教義の雑感 | JW