2009年06月15日

プロレスLOVE

久々に書く記事がこれというのもなんだが・・・
ニュースでも多く取り上げられているので、いまさら感もあるんだけども・・・
プロレスファンにとっては、ショックでならなかった。

「プロレスリング・ノア 三沢光晴 逝去」

俺は現在の全日、そう武藤率いる新生全日のファンだけども、決してノアが嫌いなわけでもない。
ご飯のスタンダードなおかずが違うっていう感じかな。

プロレスが八百長とか言われがちだけど、八百長ではなくドラマを見てると思ってる。
真剣にやってる試合もあれば、楽しませる試合、それを感情を入れて魅せるのがプロレスだと思う。
ノアはガチと言われてるのは、ノアのカラーがそうさせてるのかな。

プロレスは受け身ができて一流と言われるのが通の意見だろうけど・・・
その超一流の三沢が・・・と思うと、信じられないってのがね。
スポーツ紙にも同じようなことが書いてあった。

ノアという団体は、健康管理面でも一歩先をいっていたんだよね。
選手に健康診断を義務づけたり、一定の技術を認定するライセンスを導入しようとしていたと聞く。
ほんとすごい団体に仕上げていってたんだねと。

社長としての激務とレスラーとしての激務が原因とも言われるが、それは俺が触れることじゃない。
三沢さん自身の運命がそうだったんだろうな。
早すぎると思うのは当たり前だけど。

あのエルボーをもう一度見たいな。

プロレス最高と言われるカード 「三沢VS武藤」 見たかったな。

興味の無い人は、それまでってことだろうけど・・・
力が抜けちゃったし、くやしいやら、うけいれようとしているやら・・・
キーを叩くのもためらうのに、なぜか書きたいこの乱れ・・・。

言いたい事は山ほどあるけど、どこのファンでもいい。
俺はプロレスLOVEでいることが、最高の香典のような気がする。
三沢さんが残したプロレス道に対するリスペクトも込めて。

どうぞ安らかに眠ってください。

合掌

  

Posted by gurugurubautin1234 at 22:23Comments(4)TrackBack(0)ただの日記