2010年02月15日

親のだらしなさ

先に告知。
大阪ファルコン花見オフです。

詳細はこちら

4/10ですので、予定を組んでお越し下さいませ。
俺もよっぽどの予定が入らない限り、馳せ参じます。
奴のオフでの楽しみはたくさんあるんですが、まずくいもんですね。
オフの性質上、食いもんは二の次みたいなとこるんですよ。
俺のでもそうです。仕方ないことだけど、いつも思うんですわ。
好みは別として、旨いものを用意してもらえるってのは嬉しい限り。

あっ、俺のそばに来る必要はありませんが、せっせと食い物と飲み物は運ぶように(笑)
まぁ、それは副幹事にやらせる。命令として!

あとは、かっこつけていく必要のないところでしょうか。
俺も似たとこありますが、主催が必死に全部やってくれるんですね。
そう、やらなきゃ気がすまない。
適当な考えのようで、実は綿密に考えてる。
そう、甘えないと損だし、そうしてもらわないと気がすまないんですね。
だから俺は甘えます。「我が主」に対し奉仕させたる(爆)

そこまで横柄なのは俺だけですが、気構えや緊張の少ないオフでもあります。
ということで、きんさいよ。

俺がしゃべるのは有名ですが、今回は学校とJWに特化して話します。
先生方の苦労と本音を中心に。
あとはアホな話しかしません。ええ、PTA会長以外の会長といえば・・・あれですわ。

主催の希望により、転載やリンクは限られています。
そこんとこよろしく。


******************************

俺の話長いんでね、つぶやき程度に読みたい人はツイッターでお会いしましょう。
しょうもないことをぼそっと言っています。(まだ始めたばかりですが)

PTAの長なんかやってますとね、いろんな情報が入ってくるものです。
役員決めなど、ほとんどのPTAで困ってる最中でしょう。
そこはうちの学校は終わったし、来年は顧問でサポートするだけなんで、仕事らしい仕事はありません。
というか、新年度の会長が決めた人選でカラーも違うのだから、一切口出さないの。
じゃないと、新会長が動けない。リーダーがカラーを決めるのだから。
それぐらいドライにやってかないとだめよ。引継ぎにだけ命かけてりゃいいの。
がんばってね、新会長。

で・・・PTA会長に相談や苦情は入ります。
保護者関係が多いのですが、ほとんどは個人で解決すべき問題です。
勘違いしちゃいけません。先生方の評価だの、人事に関わる事を言われても、とりあいませんよ。
PTA会長のできることは、学校への窓口になれることまでで、それ以上でも以下でもない。

この最近の傾向として、責任を負う気がない保護者が多すぎる。
痛みを子供と共有し、解決も一緒にする気がないんだろうなと。
教育委員会に行けばいいと思ってる人もいるんでしょうが、大間違いです。

まず、学校で起こる問題で気になれば担任からです。
担任で難しければ、学校長や教頭でも話できます。
段階を踏まずに教育委員会行っても、意味がないです。
ネットで教育委員会へとかのアドバイスは、ほとんどの事例でウソですね。
教委の学校への指導は・・・ほとんどで・・・

「学校で解決しなさい。」

です。特にペナルティが課せられることは皆無です。

仮に、それでうまくいったと勘違いするなら・・・学校が面倒くさいから保護者の溜飲を下げることに特化したからです。
この繰り返しが、モンスターペアレンツを産んだり、子供が学校を軽視する原因なんですが。
PTA会長にその手のことは入りますが、ほとんどこう言いますよ。

「学校としっかりお話されてますか?」

9割それで落ち着きます。
だって基本ワガママなんだもの。本当にやばいと思ったことは、ちゃんと窓口を開きにいきますから。
もちろん、学校もちゃんと考えますって。

学校が崩壊している原因の多くは、家庭でのしつけがなってないから。
個のことは家で教える、集団生活は学校で教わるってわからんのでしょうか?
もちろん、教育を支える国がもっとしっかりしなきゃいけないことは明白です。
だけどね、家でしつけをできてないのが、学校で制御できるわけないんです。
税金払ってるから・・・とか、国民の義務を盾に取ったって無駄っすわ。

やってもらうのは二つなんですよ。

「学校に行ったら、先生の言うことは聞け」
「学校であったことは、毎日ちゃんと話せ」

これでほとんど解決できることなんですがね。
あとは、ちゃんと聞いてやること。
暖かいご飯と布団を用意してやること。
仕事などで難しい事情なら、いい策を親子で探すこと。
それ以外に何かいるか?
これをできても大変なことだけ、学校と相談すりゃいいんです。
税金を納めて与えられる権利はここからだと思いますよ。

嘆かわしいったらありゃしない。
PTA会長やって、二度とやりたくないと思ったのはこういうことですわ。
アホボランティアを夢中にやってる親の子にも多いしなぁ。

与え方を間違ったバカ親のなれの果てに、元エホ二世も多くいますが。
ほんとよくカブってますからねぇ・・・
デジャブを体感すると辛くなるっす。
良いことを学んだ結果だから、なおさら手がつけられませんが(笑)

俺が脱エホと元エホの違いをクドく言うのは、こういうことも多く含まれています。
鋭く言えば、虐待連鎖は目に見えるものばかりではないってことを。
厳しく言えば、俺も含めダメダメで動いてることが多いんですから。

俺たちの多くは、子どもを作り育てるときに、さらに多くの壁にぶつかりやすいことは必然なのかもしれません。
親子関係の歪みを矯正するということは、泥水をすする必要があるんだから。
泥水をすすらないのなら、努力はいっぱいです。

目に見えないからこそ、また答えは人それぞれなだけにね。
ブログを書きながら、自分に対して書いてることが増えました。
それぐらい休憩時間は苦しんでたってことです。

アホな奴と思ってバカにしてる奴を思い出しては、自分がそこにいく可能性があったことに冷や汗をかきながら。
そう、他人事ではすまされないことも多くあったんですから・・・。
やばいわ、ほんまに俺もやばすぎて凹むわぁ。

また書こう。




Posted by gurugurubautin1234 at 19:22│Comments(3)TrackBack(0)連絡事項 | 家族・自分

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gurugurubautin1234/51484859
この記事へのコメント
リョーカイっす。
肉と海鮮とビールをちゃきちゃき運べる程度の酔いっぷりにとどめておきます。
あと土手でこけないようにします…(去年こけた…)

自分が子どもを育てているイメージがわいたことありません、自信ぜろ。
まぁその前にパートナーですが。
Posted by 愛弥 at 2010年02月16日 16:37
5
お久しぶりですいつのまにか再開されていたようで

親になった身の上での外の世界はマジきついっす
自分はずれてる、はみ出す怖さを知ってる、だから子供は平均値を行かせたい。
個性を認めないってことじゃなくて、テレビとかゲームとか勉強とか何をどこまですれば話について行けるのかとか考えちゃうんですよね。
バカなんですよ、結局。
そう思えば思うほど泥沼なんですから
振り切っても振り切っても付いてくる感じが気持ち悪いです


で最近の5才児、チンチンとかおっぱいとかかんちょーとか対応に困ってるんですけど(笑)下ネタを得意とするばうちん流の対応をご教授くださいm(__)m
Posted by 夏蜜柑 at 2010年02月19日 18:48
★ 愛弥さん

そこまで張りきられても(笑)
そこそこよろしくお願いします
自信なんかないよ。こなして精一杯です

★ 夏蜜柑さん

子どもの下ネタはしょうがないっす。
しかし、ホンマに子育ての厳しさを外で知りますね
アドバイスなんか言えないけど、親が子に必死なら大丈夫かと
Posted by ばうちん at 2010年03月06日 23:21

コメントする

名前
URL
 
  絵文字