2009年04月13日

にさんがじゅうよん

8e036f98.jpg

九九で一時期本当に間違えそうになってしまう、この日であります。

JW最大のイベントでしょう。

「主の記念式」

わかんない人にはわかんないでしょうが、イエスキリストの死を記念する日だそうです。
そう、死亡記念日ってことになるのかなぁ。
ちょっと語弊があるかもしれませんが、厳かではなく、お祝いモードみたいな感じです。

一般的に法事に当たる感じだと俺は思ってますが、その日だけは地味なJWの皆さんがそれなりに華やかな服装でお見えになる。
いつも不思議なんですが、何をしにきてるんだろうかなぁと。
俺の立場で言えば、インチキ宗教に批判を浴びせるだけなんで、今回は省略。

*******************

今年のこの日は4/9(木)

写真のようなパン(?)と葡萄酒を傍観するわけです。
いちおう、決まりはあるんですよね。

パンは、イースト菌を含まない、小麦粉を薄く延ばして焼いたもの。
ワインは無添加の赤ワイン。

キリストの血と肉を表すものだからということだそうです。
生産者がエホ嫌いだったり、背教者が作ってたらどうすんだって話もありますが。

パンを作ってみましたが・・・
こんなの不味いとしかいいようがありません。

でですね、これって・・・一般信者は食べる事は許されておりません。
食べたら、144,000と言われる、神とイエスの奴隷として死亡後は、いわゆる神様のところで働く人の認定だそうです。
誰が決めたわけでもなく、勝手に判断することなんですが。
JW発表によりますと、約8000人が地上にいるとされています。

ん?

勝手に判断なら・・・食べても怒られないんじゃないの?
それが違うんですよ。
まぁ、きっちり叱られますね、特に子供の過ちであればあるほど。

大人は空気が読めないヤツというレッテルを貼られる感じかな。

不思議なんですが、神様が勝手に決めるんだから、どんなにJWの偉いやつでもわからないわけです。
子供がそうだと感じたとしてもそれは権利として与えられなくてはいけない。
法律違反ですが、ワインも飲まなきゃいけませんよね。

しかし、我々・・・子供の頃・・・親に絶対に食べてはいけないと教えられました。
すでに人が判断してると言う事の証明であります。
長老の息子が食べて、王国会館でムチの嵐ですからね。間違いないでしょう。

しょうもないことなんで、今更掘り下げる事はしませんが・・・

はっきりいって、あのパンは不味い。
ついでに、このパンを食べてるということは・・・ワインもかなり不味かったはずだと推測。

うーん、無理矢理記事を書いてみたら・・・ええ。こんな駄文に(笑)

  

Posted by gurugurubautin1234 at 12:43Comments(5)TrackBack(0)

2008年12月25日

わかってないなぁ。

ここんとこ忙しいから、コメント返すのも遅れてるのにさ・・・
コメントは後日返すね。チョイ待ってて。

「一度聖書を学んだなら、クリスマスがイエスの誕生日でないことはわかってるはずなのに、結局辞めたら祝うんですね。間違ってるものを祝いながら、JWの批判をするなんておかしくないですか?」

こういうメールを送って来られてもね(笑)

クリスマスを祝う?
間違ってる?

エホバに聞いてこい。
イエスに聞いてこい。

神様と側近って大きな心の持ち主なんだろ?
祝って、神様・イエス様ありがとうなんて言ってもらえるんだから、別にいいんじゃない?
エホバやイエスが怒ってるというのはありえんしね。

ついでに・・・クリスマスで幸せな人がたくさんいるならそれでいいじゃん。
JWのアホ連中よりは幸せだろう。

ついでに・・・

お前らがいうハルマゲドンで滅ぼされるかどうか・・・お前も一緒に滅ぼされたらどうする?
結果・・・お前もダメダメってこと。
神のみぞ知る事を、人間にアレコレいわれてもな。

神になりたきゃ、教祖になんな。

そういうレベルだから、忙しい俺の邪魔はやめてね。
キリストがいつ生まれようが、偉人さんの一人だろ?
日本の国民休日を利用してエホバを賛美してるのも結構じゃないか。祝日だもんなw

以上、うんこネタにも劣る。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 23:08Comments(5)TrackBack(0)

2008年11月29日

JWと裁判員制度について

幾人かにメール等で聞かれたり、何か発表があったとかなかったとかもあり、ちょっと調べてみました。

Yahoo知恵袋に・・・中途半端なのがあった。
(実は回答も書いてしまったw なんか一度書いてみたかったのよねぇ)

で、 「なまぬるい生活」 というブログに記事かあったので、これもリンクさせて頂きます。
(ここで書いてあるので、ほぼ答えは出てますよね)

で、裁判員制度についてわかりやすいのはwikiだったので、こいつもリンク

****************

で、JWの出版物ではどうなのか?

ライブラリより簡単に引き出せますので、ちょいと引用してみます。
ただし、海外では「陪審員」ということですので、検索をかけてみました。

ものみの塔が発行する「ライブラリ」より引用。
引用は全て赤字とする。

まずは結論とされる部分はここ。

*** 塔97 4/1 29ページ 読者からの質問 ***

まとめとして,陪審義務に直面するクリスチャンは各自,聖書に関する理解と良心に基づいて,自分がどんな行動を取るかを決定しなければなりません。クリスチャンの中には,陪審義務のために出頭し,ある事件について陪審を務めた人もいます。また,たとえ処罰されるとしても辞退せざるを得ないと強く感じた人もいます。クリスチャン各自は,自分がどうするかを決定すべきであり,他の人はその人の決定を批判すべきではありません。―ガラテア 6:5。

古い記事も同じような感じです。

*** 目79 3/8 29ページ クリスチャンは陪審員を務めますか ***

ではどうすべきですか。あるクリスチャンたちは陪審員の義務を放棄しました。そして権威者たちに,人を無理に裁きの座に着かせても,その人がだれかの罪に関する判決を下したくないと考えることによって,“長期の陪審”となるのは実際的なことではないと述べたかもしれません。(ペテロ第一 3:16)しかし他のクリスチャンたちは陪審員の務めを受け入れました。ただし聖書に基づく自分たちの考えと世俗の法律が一致しないと思える訴訟の場合には,辞退したい旨を伝えました。また他の人たちは,カエサルには市民の立場で証拠を審理し,事実や罪の問題に関して正直に決定を下す務めを人々に課す権利があると考え,どんな陪審員の務めであれ,それを受け入れました。(マタイ 22:21)聖書は陪審員の務めを明白に論じてはいないので,各個人が決定しなければなりません。その際には陪審員の務めの中に含まれるすべての事柄および聖書の原則,そして自分自身の良心を考慮しなければなりません

ということなんで、個人決定に委ねられることになります。
しかし、この文章の前には、人を裁くべきではないとの提案に近いものもありますし、微妙ですが・・・。

アメリカ発行の解釈ですから、日本支部が逆らう事はないでしょう。

*****************

ついでに、裁判員に選ばれるまでの過程で、証言と言う方法で裁判官が選任しないってこともあるのね。

法律にはこう定めてあります。(WIKIより抜粋)【】内が引用部分

【地方裁判所は、裁判員候補予定者名簿を元に、毎年、「裁判員候補者名簿」を作成する。裁判員候補者名簿に記載された者には、12月頃までに、その旨を通知する(法23条25条)。

そして、対象事件ごとに、地方裁判所は、裁判員候補者名簿の中から呼び出すべき裁判員候補者を「くじ」で選定する。この「くじ」に際しては、検察官及び弁護人は立ち会うことができる(法26条)。呼出すべき裁判員候補者として選定された者には、「質問票」と「呼出状」が自宅に送付される(法27条30条)。

裁判員候補者は、質問票に回答し、裁判所に持参または返送する。この質問票においては、欠格事由(義務教育を修了しない者、禁錮以上の刑に処せられた者など。法14条)・就職禁止事由(一定の公務員、法曹など法律関係者、警察官など。法15条)・事件に関連する不適格事由(被告人・被害者の関係者、事件関与者など。法17条)・辞退事由(70歳以上、学生、重要な用務があること、直近の裁判員従事など。法16条)の存否について質問される。質問票の回答により、明らかに欠格事由、就職禁止事由、事件に関連する不適格事由に該当する場合および辞退を希望して明らかに辞退事由が認められる者については、呼出しが取り消されることもある。

なお、質問票に虚偽の事項を書いた場合には、50万円以下の罰金に処せられるか、または30万円以下の過料が課される(法110条111条)。また、呼び出されたにもかかわらず、正当な理由なく出頭しない者は、10万円以下の過料が課されることがある(法112条)。

裁判所に呼び出され、出頭した裁判員候補者の中から、非公開で裁判員と補充裁判員が選任される(法33条)。候補者としては、裁判員・補充裁判員として必要な人数を超える人数(現時点では未定)を呼び出すこととなる。裁判長は、裁判員候補者に対し、欠格事由の有無や辞退理由の有無、および不公平な裁判をするおそれがないかどうかの判断をするため、必要な質問を行う。陪席の裁判官、検察官、被告人又は弁護人は、裁判長に対し、判断のために必要と思う質問を、裁判長が裁判員候補者に対して行うよう求めることができる(法34条)。

裁判所は、この質問の回答に基づいて選任しない者を決定する(法34条4項)。さらに、検察官及び被告人は、裁判員候補者について、それぞれ4人(補充裁判員を置く場合にはこれよりも多くなる。)を限度に理由を示さず不選任請求できる(法36条)。これらの手続を経た上で、裁判所は、「くじ」等により、不選任の決定がされなかった裁判員候補者から、必要な人数の裁判員と補充裁判員を選任する(法37条)。】

だから、聖書のうんぬんかんぬんだの、出頭時にゴチャゴチャ言ってれば裁判官が面倒だなと判断すりゃいいわけ。
だって理由を示さないでいいわけなんだから、裁判官のさじ加減ってことだろ。
宗教感を出されて、裁判所が選任しないのは目に見えてるわけでさ。

もし、会衆で発表がなされるとしても、俺が言うのとさほど変わらない発表をすると思う。

ある程度のガイドラインってのはあるかもしれないけれど、それでうまく逃げきるでしょう。
長老にこういう助言が出来ます的なのが渡されるとか・・・。
来年の大会のプログラムで、インチキ臭いシンポジウムがあるとか。

裁判員制度自体が、世論で問題視される部分も多々あるんで、そこに相乗り感覚ってのもあるでしょ。
どっちにしてもハッキリしてるのは・・・

「JW組織は、裁判員制度に対して制約を設けていない」

なんじゃないかな?
これさえハッキリしてれば、世間から何も言われる事もないし。

********************

会衆単位で、長老がアホだったりすると、ローカルルールみたいなことを言いそうだけどね。
来年、現役さんから実情がブログなんかでチラホラ見えてくると思うんで、それを待ってればわかるって感じでしょうか。

実際のところは、現役さんの発表待ちってことでOKでしょう。

オチがいるっていうところで、こんなツッコミをしてみます。

*** 目79 3/8 29ページ クリスチャンは陪審員を務めますか ***

聖書は陪審員の務めを明白に論じてはいないので,各個人が決定しなければなりません。その際には陪審員の務めの中に含まれるすべての事柄および聖書の原則,そして自分自身の良心を考慮しなければなりません。

これを、輸血で当てはめてみましょう。

聖書は輸血拒否を明白に論じてはいないので,各個人が決定しなければなりません。その際には輸血治療の中に含まれるすべての事柄および聖書の原則,そして自分自身の良心を考慮しなければなりません。

だって、血を食べてはいけないだからね。
明白に論じてるっていうレベルにはならないだろ?
聖書に原則書いてないしな。

いつでも「新しい光」は作れるって事で(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 20:27Comments(3)TrackBack(0)

2008年11月07日

もらっちまったw

仕事上、いろんな店舗に顔を出す事がある。
そう、少し通常の活動範囲よりも遠い所で。

とすれば、ばうちんを知らないJWの方々もたくさんいるわけで。

「真理を知りたいと思われませんか」

キャンペーンとして大量に配布されているパンフを戴きました。
現役JWのブログでもノルマ的な配布と書かれてたり、いろんなところで記事になってるあいつです。
考えてみれば、大して在籍時と変わってないんですけどね。

久々に突っ込んでやろうかなと思ったりして、ちょいと意地悪(信仰の厚い方にはこう聞こえるはず)に。

1ページ目

赤字は、ものみの塔聖書冊子協会が発行・著作権を有するパンフレット、「真理を知りたいと思われませんか」より引用

 答えはどこにあるでしょうか。図書館や書店には、こうした疑問に答えてくれる本があふれています。とはいえ、それらの答えは互いに矛盾していることが少なくありません。なるほどと思える答えがあっても、すぐに時代遅れになって消えていきます。

そうか。JW文書も否定しなくてはいけない。
矛盾した文書は、「新しい光」で時代遅れとして絶版になり、消えていくのであるから。
矛盾も山ほどあって、突っ込むと大変な事になるんですが、それを突くと追い出されます。

ここで読む気が失せてしまった。
結局、最終ページで聖書ではない、自分トコのお花畑本のご紹介です。
消えていく本に真理が書いてあるわけじゃないだろうと。

ちょっと笑ったのは、ここの部分

4ページ目

 しかし、多くの人は聖書を調べようとしません。分厚くて理解しにくい本だと考えているのです。聖書から答えを得るのに役立つものがあればよい、と思われませんか?エホバの証人は役に立つ二つのものを提供しています。

 一つは、「聖書は実際に何を教えていますか」という本です。その本を使えば、忙しい方でも、重要な点に関する聖書の明確な答えを調べることができます。もう一つは、無料の家庭聖書研究プログラムです。聖書を教える資格のあるご近所のエホバの証人が、ご自宅などをお訪ねし、毎週少しの時間、無償で聖書についてご説明します。世界の幾百万もの人々がこのプログラムを利用しています。そして多くの人が、「真理を見つけた!」と確信するようになりました。

これのすごいトコですが、多くのエホバの証人も・・・だんだん聖書を調べなくなります。が正解ではないだろうか。
出版物ありき、JW解釈ありきなので、聖書は都合よく聖句が使われていくことになるでしょ。
聖書好きには聖書、聖句ですけども、どうかんがえても集会などの短縮を進めるとなれば、聖書の必要性が少なくなるのは必然でしょうね。

で・・・

「聖書を教える資格のあるエホバの証人」って誰?

この上から目線はなんだ?
国家資格なのか?世界基準なのか?どこが認めたんだ?

家を訪問出来るのは、JW的な規則で「伝道者」だよね。数字の報告がある以上。

まったくもってナンセンス。
A姉妹を持ってすれば、資格なんかないだろうと思いますよ。
勉強はしても、人に伝えることはない。
俺がいうんだから、戯言?

聖書の書いてある事が理解出来てないのに、資格うんぬんではない。
こんなのは山ほどいるわけだよね。
聖書を教える資格のある・・・というのは削除してもらわんとだめよねぇ(笑)

で、プログラム利用者と推定される研究数

2007年の年鑑からいくと、6,286,618です。確かに幾百万です。

しかし、多くの人が・・・とアバウト表記。

2006年度のバプテスマ人数では、248,327人です。
ということは、数字上、そのうちの4%ということになります。
多くの人ではなく、真理を知るチャンスがとぼかすのが正解なのではと。

日本の数字でいくと、166,488の研究数と3,781のバプテスマですので、2.2%ということになりますね。
会衆単位でいくと、3171の会衆数と3781のバプテスマ数ですので、会衆に対して1年間の信者数の追加は1.2人程度ということになります。
これが増えてるとは・・・離れる人も計算すると、まず増加を報告できないのが現状です。

さぁ、確信ってどうやってするのであろうか。

プレミアムキャンペーンで、限定2000名様とかやったほうがよくねぇ?
それなら、減っても言い訳しやすいと。

ま、こんなこと書くと、冒涜とか言われますが、数字の事実です。
こんな感じかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:48Comments(7)TrackBack(0)

2008年08月22日

集中してやってた。

HPの仕上げに勤しんでいたら、眠れなくなってブログ徘徊してたり、コメント返したり。
なるだけまとめてUPしたいので、上がったら報告しますね。

元々、そんなに文章作るの上手じゃないんで、力業でまとめてる気もするんだけど資料はそれなりにね。
非信者用に作ろうとするので、すごく当たり前の事しか書いてなかったりするし。
技術とセンスが欲しいって思います。

HPを作ってて、よく考えるんですよ。

個人的なメッセージが込められている以上、批判するしか出来ないよねって。
中庸的に書くというのは、俺には無理だし、書けない。
何に怒りをぶつけてるのか?A姉妹にか?それだけじゃない。

ブログで茶化し気味に書いてる自分が、HPでは真面目に書いちゃってるのを見ると、要点って一つしかないんだな。

「エホバ大嫌い」

これなんですよね。
これを中心に言葉を出しちゃう。
ああ、俺はJWも大嫌いだけど、エホバという神様も大嫌いなんだって。

エホバが悪いんじゃなく、JWが悪いんだっていう意見も多々あるんだろう。
神様をエホバという宗教も、聖書を教典とする宗教の中にあるのかわからない。
世間一般には、「エホバ」=「エホバの証人」=「ものみの塔」=「JW」には違いない。

エホバに何が出来たのか?

虐待のムチ?
アダムとエバの罪を現代で連帯責任?
人殺しを人間に命令した美化?

終わりの時の約60億人の大量虐殺?
幾度もなく浄化しようと失敗した歴史?
自分の子を犠牲にしたにも係わらず、もっと悪くなってく人間社会?

これを無理矢理な正当化したのがJW。

全知全能の神の割りには、成功といえる実績のないのが「エホバ」
俺にいわせりゃ、失敗率100%のダメ神様ってことになる。
それを信じるって、なんてアホなんだって思ってる。

随分偏ってるんだろうけど、ここが原点なんだね。

「何様なんだ?」と思われるかもしれないし、A姉妹にも・・・「自分が神と思ってる、最悪ね」
と言われたわけですが・・・

人間の思う神様って、自分の心の中なんじゃないかと本気で思ってる。
もちろん影響されるものがあるというのはわかるけど、結局は自分自身。
教典・規則などに縛られているのに、自分だけのルールで信仰しちゃう。

自分だけの神様が出来上がってる。
だから、自分自身が神様なんじゃないかと。

人は一人じゃ弱いから、組織に属しちゃうものだろうし。

どんな宗教も信じられない俺にとっては、自分が唯一所属した宗教団体に非を唱えてる。
それだけのことが、必要な人には何かしらの影響を与えてるのだろう。

立ち位置が、「くそったれエホバ!」から始まってます。

そんなことを思いながら、キーを叩いた夜でした。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 00:52Comments(2)TrackBack(0)

2008年05月01日

わかった、わかった、これね

管理更新のつもりが、こういうことになってるのもどうなのかね?

まぁ、いいでしょう。
メールで・・・

「集会が週二回になったのはご存知ですか?」
「組織もちゃんと考えているのに、見当違いな批判をしないで欲しい」
「これってどういう風に変わるんですかね?」

んーとね、俺個人の考えにそこまで傾倒したい?
あくまでも俺の考えだからね、何度もいうけど・・俺の言葉に異常に反応する擁護の方々になんだけど・・・

「俺の言葉と聖書・・・まぁ、JWの言葉にしようか、どっちがあんたらに有益なんだ?心配しなくても影響力ないだろ?俺の言葉にそこまで反応してるというのは、俺に影響されかかってんだから、見なきゃ良いんだよ。おもしろいもんだよね、組織に良しと思われない事をしながら、組織の擁護を俺に押し付けても笑いの種にしかならん。冷静に見ときなさいって」

************

現役さんのブログ(リンク済)に今回の事が書いてあったんで戴きました。

http://ameblo.jp/nisejw/entry-10092289353.html

手紙の部分だけ抜粋引用ね

すべての会衆へ:

親愛なる兄弟たち


 

 コリント第一7章31節で、聖書は「この世のありさまは変わりつつある」と述べています。霊感によるこの言葉の真実さを、わたしたち各自は日ごとに実感しています。「大患難」がいよいよ近づくにつれ、わたしたちに対するサタンの怒りも激しさを増しています。−マタ24:21。ペテ一5:8,9。啓12:17。

 統治体は、主の大切な羊である皆さんの経験している圧力が増していることをよく認識しています。1世紀の統治体のように、わたしたちも、必要な事柄のほかは、皆さんにそのうえ何の重荷も加えないようにしたいと思っています。(使徒15:6,28)それで、祈りのうちに熟考した結果、集ごとの会衆の集会の予定に調整を加えることによって皆さんの荷を軽くすることに決めました。−マタ11:28〜30。

 2009年1月1日より、会衆の書籍研究は、神権宣教学校及び奉仕会と一緒に行われます。会衆の書籍研究という名称は、会衆の聖書研究という名称に変更されます。この、会衆の聖書研究は、歌と祈りの後、現在とほぼ同じ方法で25分間行われます。資格のある長老たちが交替で研究を司会します。その後の30分は、神権宣教学校が開かれます。そして2番目の歌の後、35分間の奉仕会が続きます。集会は歌と祈りで閉じられます。この集会の全体の時間は、歌と祈りも含めて1時間45分です。

 野外奉仕のための集まり−少人数の群れの取り決めも含む−については、引き続きこれまでと同じ型で行ってゆきます。会衆の聖書研究と野外奉仕のための集まりについては、後ほど追加の情報が送られます。

 今回の、集ごとの予定の調整は多くの面に益を及ぼすことでしょう。例えば、多くの国では、燃料費が高騰しており、集会の行き帰りにかなりの時間がかかります。しかし、それよりはるかに大きな益もあります。個人や家族の聖書研究は、いくら強調してもしすぎることはありません。今回の集ごとの予定の調整により、わたしたち各自は、毎週の特定の曜日の晩に家族の崇拝を予定して、家族の霊性を強化する機会を持てるようになります。家族の頭は、意味ある定期的な聖書研究を家族で欠かさずに行う責任を、エホバの前で果たさなければなりません。(申6:6,7)家族の責任がない独身の兄弟姉妹も、そうした時間を、個人の聖書研究のために活用することができます。実際、すべての人は、「よい時を買い取り」、やがて生じようとしている事柄に備える必要があります。(エフェ5:15,16)エホバの日は足早に迫っています。(ゼパ1:14。ペテ二3:12)「極めて聖なる信仰」の上に自らを築き上げるため、残されている時間を活用することは、わたしたちすべてにとってまさに急務です。−ユダ20。

 わたしたちは、引き続き偉大な牧者に従いつつ、こうした調整の益を活用することを思い定めましょう。偉大な牧者は、平和とさわやかさの満ちる、草の多い牧場にわたしたちを導いておられるのです。(詩編23:2,3)温かいクリスチャン愛を送ります。また、この難しい時代に生活している皆さんをエホバが引き続き見守って強めてくださるようにお祈りしています。


 

                                                皆さんの兄弟、

                                             エホバの証人の統治体

↑引用終わり

はい、コレ見て感想をかきますね。

「いいんじゃない?集会の参加者減ってんだし」です。

邪推に推測すればね、集団であつまる人数が多い方がJW的にいう「励まされる」からそうしただけでしょ。
群れの集まりや、少人数では鼓舞されないわけで、これってね・・・会衆の数が減っても会衆単位の伝道者が減らないように調整した時と同じだと思うよ。
要するに、目で盛況な雰囲気を失わないようにするだけ。

実際には減ってる事がわかってても、集まる場所に人がいれば、精神的な安心があるってこと。

思わず笑ったのは、「書籍研究」が、「聖書研究」ってwww

ついに書籍は聖書だと言いたくなったのか?
この辺の言葉遊びがJWらしいと思いますね。書籍=聖書・・・おこがましいw

言葉で負担を減らしたといえば聞こえはいいけど・・・集まる人数への調整ってのが正解。
本部が心配してるのは、成員の負担じゃなくて・・・成員が集まらない事なの。
回数減らしても、寄付箱直行への王国会館ってのが大事なの。
祈ってしたというけど、もう限界点にきてるから仕方なくってのが本音だと思いますね。

こういう言い回しは、どこの世界でもあることですけど、何か?
愛あるお手紙と思うなら、企業の言い訳が書いてあるお客様へのお願いと変わらんから読んで見たらいい。
改革ってことでもなく、ただの営業努力ってところかなぁ。

集会が減って不安になるって人がいたら、それは神との個人的な繫がりができてないわけで。
JWでも教えられた事が、なんにもわかってないわけで。
擦りこむ時には、大人数のほうが便利な事をわかってないわけで。

世の中が変わりつつあるんじゃなく・・・JWが世の中に合わせなきゃ維持が出来ないっていうことでしょ。
ということかな。ご批判にもなりゃしない。
心配するな、俺達の死んだ後もどんどん調整されることは間違いなく、ハルマゲドンもこないってことだ。

こんなもんでいいかな。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 07:37Comments(1)TrackBack(0)

2007年11月22日

久々のJW記事

HPのページの編集に頭を悩ませています。
ムチと恋愛は、ものすごくまとめが困るんですね。感情を抜いていかないとダメだし。

まぁ、年内には幾つか出していきます。

******************

みなさんのブログを読ませていただいてて、教義の変更というか、見解の変更があったみたいですね。
へぇ〜と思いながら、読ませていただいてて、ふと考えてしまいました。

「現役さんたちに、この変更教理は意味があるのか?」

年代とか、ハルマゲの曖昧さへ続く部分ですけど、気にするJWって少数なんじゃないかと思ってしまったんですね。

批判側の元JWの情報というのは、常にアンテナを張っていないと情報が古くなってしまう事も多くあります。
自分がHPを改造する時もこれに困るわけなんです。
よくツッコミを入れられる部分であるわけなんですが、これに敏感なのは擁護側が多いでしょ。

批判側の意見を、新しい見解でふっとばしたいんでしょうけど・・・
見解の変更というのは、変更前が間違っていたということではなく、追加ってことになるんですよね。
時間をかけて末端にしみこませる感じですよ。

実際に盲目の現役を前にすると、見解が変更されようがされまいが、大した意味がないと思ってます。
あくまでも、自分達の言う事を信じないモノは滅びると言ってるわけですから。

例えば、聖書研究が足りないと言われたことがある人もいるでしょう。

それは、JW資料に精通しているかだけの話でアレコレ言われてるわけですが、開拓バリバリのJWにそんなこと聞いて御覧なさい。

「知識ではなく、神への愛を示す事です」

終了!

なわけですよ。
そんなこと分かってて聞くのは、俗に言うKYでしょうしね。

JWの霊性の高さって言うのは、こうやればいいわけでしょ。

二世ならば、開拓バリバリやって、巡回監督などの現場監督レベルに向かって行く。
大学などの高等教育を受けた後、ちょいと開拓やったりして、ベテルで重職を目指す。
男尊女卑だから、女性は上記のステータスを持つ男の伴侶を目指す。

俺の言う事間違ってますか?

これってね、教義が多少変わろうが関係ない事なんですよ。
先に権力ありきで決められる事で、教義なんてどーでもいいことなんです。

末端もさ、そこまで頭使うの面倒臭いから、奉仕やって、集会いってりゃいいと思ってるのが大多数じゃないだろうか。
楽園までの辛抱だと思ってると考えるのは早計か?

ただね、そこには我慢も強いられる訳で、人間の弱さと欲のエゴがいわゆるJW問題に変わっていくって感じなんだろうかと。
弱いものに励ましという追いこみと、強き者に忠実さというコビの図式ですね。
刷り込みでやられちゃうわけですけどね。

単純に輸血が解禁になっても、JW内では喜びに変わるだけですよね。
今までの死亡者は、楽園で会えるでいいわけで。
ハルマゲこないんだから、100年単位でそういう教義変更はあると思ってるんです。

JWの設立当初は、十字架も、クリスマスも、喫煙もあったわけですから。
軽いジャブ程度の見解変更から、なんとなしに大きく変更できる流れのタイミングを待ってると思います。
300年後、俺達は生きてないわけで、そのころのJWが何を信じてやってるか・・・

結構すごい事になってると思うんですよ。
それを風化させない為のJWサイトやブログなのかなと思ったりする今日この頃。

小さな変更も見逃さずに提供してくれる皆さんには頭が下がります。
どんな事からでもいい、大間違いに気づくきっかけになればいいんですよね。

しかし、なかなか目ざめないヤツには、どんな教義変更も「真理」なのでしょう。
難しく説明という誤魔化しに騙されながら・・・
わからなければ、奉仕がんばりゃ・・・どうでもいいことになっていくんでしょうね。

憐れというか、なんというか。

久々に、書き物をするとこういうことを書きたくなってしまいますね。

なんかブログを書くことを忘れたのか、妙にうまくいかないな(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:10Comments(5)TrackBack(0)

2007年10月30日

あと2日。

ブログを定期更新するのも、今日を含め2回となりました。
今後、氷解までなんの記事を書くといえば、ほとんどが連絡事項なんだと思いますね。

1) オフ会の連絡
2) HP更新ページのお知らせ
3) 生存報告
4) メッセ大会の予告

これぐらいだと思います。
当分は、よそ様のブログで時々コメントをさせていただくぐらいかな。
mixiでもやろうかなと一瞬思ったのですが、JWのことなんか書く気もないし、日常のこと書く日記にそれほど興味もないだろうななーんて。

俺が書くと、二重人格なほど一変する気がするんですよww
「俺様」の感覚は、エゴイストの塊だしね。

******************

さて、残り2日になって、下書きに溜まった記事を選んでいたんですが、こいつにしようと。

「数字や状況を推測して・・・ハルマゲドン後の千年王国は超悲惨」です。

いやね、お花畑でしかないんですけども、現役の頃・・・すげぇ計算してたわけですよ。
どうしてもうまくいかないとしか結論できなかった。
なので、20年たった今、トンでもないお花畑で検証してみます。

※ えっと、俺はハルマゲドン信じてませんし、俺の頭の中でのことです。突っ込みは結構ですが、エホバがちゃんとしてくれるなどのコメントはノーサンキューです。聴講させてもらった大会の公開講演で「想像を絶する喜び」という表現がよくわかりました。そう、そうしないと説明つかないもんねww子供はね、細かいことわかんないから、楽園に行くためにJWにいないといけないとしかわかんないわけ。それが勉強すると、とんでもない矛盾に気がつくのよね。それを封じるためにがんじがらめにしちゃうわけで、高等教育も受けさせたくもないんだと思うよ。

現役JW(伝道者ベース)が全員生き残ったとしても、600万人程度

40億人超は、死んじゃうんですよ。
聖書とかいう本には、「ハゲタカ(ワシ)がそれをついばむ」とか言ってましたよね。
何羽必要なんだ?

でさ、鳥が人間食べるといっても、こいつら食い散らかすだけで、その間にも腐乱していくわけだよね。
地球で40億の死体が腐臭で漂うわけだ。
喜び感じる前に、腐臭で気が滅入るだろうにね。

ハイエナなどの肉食獣すべてに食べてもらうにしても、ものすごい数が必要なわけで、それが終わったあとの食物連鎖は大変だろうね。
骨はそこら辺に転がってるわけで、そこらへんのホラー映画なんか目じゃないぞ。
腐臭まみれの世界でがんばってくれ。

で、600万の食料はどうすんの?ってことだけどさ・・・

まぁ、死んだ人たちが作った作物などを食べたり、スーパーなどに残った食料食えば当面しのげるだろう。
たださ、それは保存も利かないものも多くあるわけで、いずれ底を尽きるだろ。
電力などのライフラインだってさ、600万の役立たずがどうやって管理するの?

一部を除き、ほとんどこういう事に役に立たない奴らが管理、維持するわけ?
復活をさせて、それを維持することができる?
馬鹿いっちゃいけない、統率は誰がするんだ?できるわけないだろ。

石油なども運んで、あれこれやらなきゃいけないのに全部できるわけないだろ。
服はいいか、死んだ人のおうちから拝借すりゃいいわけで。
ん?待て待て。

「ふさわしくない服いっぱいだぞwwwwww」

こんな会話が起こりそうで怖いよね。

「姉妹、その服素敵ねぇ、エホバは与えてくださるって本当ねぇ」
「まぁ、その指輪どうしたの?そう、腐った死体についてたの?なかなか素敵よ」
ファッションモデルと化したJWがそこら辺にウヨウヨするわけで。

ついでに述べ伝えなきゃいけないんだろ?復活してきた人のために。

忙しいというより、無理。
何人が生き返るか知らないけど、相当な数だよ。
ついでに、生活習慣も進歩も違うわけだから、慣れないことだらけだしさ。

述べ伝える暇の前に、食わなきゃいけないわけで、まさか「マナ」が降ってくるんじゃないだろうな。
そりゃ大変だ。朝から食いもん待ちしなきゃいけないのかwwww
どうやって述べ伝えるんでしょうね。

1000年しかないのだろうか?

神の一日は千年・・・

365×1000=365000
365000×1000=365000000

3億650万年という人間の暦計算なのか?
それなら、全部リセットするまで大丈夫だよなぁ。って、そうじゃねえだろ。
人間誕生から6000年程度だったっけね、JW計算でいけば。

それの何倍生きてなきゃいけないんだっけ?
でもね、よく考えると・・・こういう計算でもしなきゃ、千年王国の説明つかないわけでさ。
これの後、最後の審判かぁ、サタンも大変だ。かなり閉じこもってなきゃいけないんだね。

述べ伝えるリミットがこれなら、その業もなんとかなるのかなぁ・・・
というより、ノアのおっさんたちが洪水の警告出したのって、何年かかったんだろう?
これまた怪しい話だよなぁ。

ハルマゲドンの挿絵を見る限り、かなりの確率で人造建造物は壊れるよね。
それもどうすんのかなぁ・・・
王国会館とべテルは壊れないとか、A姉妹力説してたなぁ。

共同生活やんのかぁ・・嫌な奴とも暮らさにゃならんのか?
というより、新幹線とか使えるのかな?
飛行機のパイロットは生き残るのかな?パイロットのJWってどれだけいるんだ?

こんなこと考えてましたね、小学生ぐらいから。
これの答えはないわけだし、聖書勉強したのかと言われたら・・・

「ええ、ばっちしJW流で。バプも受けちゃいましたけど何か?」

無理な話を、妙な挿絵とムチで信じ込まされてたわけですが、今になると憐れだよな。
俺の不勉強も多くあるんでしょうけど、これが子供に教えられてたのは事実。
ええ、こんなもんですよ、希望ってさ。

さぁ、今日のお題。

「あなたが信じられなかった楽園での希望や生活」

だめだ!会社で笑いが止まらなくなってきた。

※ この記事は1年前ぐらいに下書きし、今日加筆しました。残っていた出版物に落書きしてたものを元に、書いてみました。まじめに考えてたんでしょうね。ムチから解放されるには、楽園にいくしかないと思ってた時期もありますので、複雑な心境の中書いたものだと思われます

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:14Comments(14)TrackBack(0)

2007年10月20日

「どうして、この世の中は悲惨な出来事が多く起こるのでしょうか?」 ハァ?

タイトルは、JWがよく伝道でのアプローチに使う言葉ですよね。
ええ、俺もよく使ってました。
今考えると、どうしようもない質問であります。

JWチックに考えると・・・答えは一つです。
物事には始まりもあり、終わりもあるわけだから、原因究明は極論になっちまいますけど。

「エホバが人間作ったから」

この答えしかないですよ。
だってそうでしょ、完全なる人間は自分の元身内によって不完全になったわけです。
連帯責任ということで、俺達も不完全になっちゃったわけでwww

自分の失敗を棚に上げた「エホバ」ってのは、近代世界でラッセルというオッサンにちょっと吹き込んだのでしょう。

「俺の言う事聞けば、永遠の命があるんだぜ、あっ、お前は天使にしてやるけどな。だから布教してくれよ」

まぁ、他人任せと言うか、無責任というかwww
ラッセルさんも、晩年は飲んだくれで、家庭不和という惨めな人生だったそうですが(爆)
天使になるのも大変ですな、しらふじゃやってられなかったのかな。

と、まぁケンカを売ったような書き出しですが、これには理由もあるんです。
元JW友人とメールしてまして、世の中嘆くJWに腹の立つことがあったんですね。
ムチに関連した記事としては、凍結前に書くものとしては最後のものになると思います。

ムチというのは、身体に傷がつくものでもあります。
やり方などにより、かなりの障害を与えることもありますし、心に傷を負わせるものです。
しかし、ムチの回数、頻度だけではなく、心に傷をつける方法はあるんだと思いだしました。

これは、実話です。
いいですか、これから書く事に反論なんか許しはしません。
特例だとか、ごく一部など聞きたくもない。

はっきり言わせてもらいます。

「世の中嘆く前に、自分達が世の中悪くしてることもあるんだと自覚しろ!」

******************

小学生だった女の子は、JW二世でした。
その子は、お母さんが大好きで、お母さんに愛されたいと思う普通の女の子でした。

お母さんはJWだったので、彼女が悪い事をすると「ムチ」をします。
皮ベルトやゴムホースで、お尻を2.3回叩かれます。

でも、これよりもキツイものがあります。

「ムチが終わると・・・彼女を無視します。」

彼女がお母さんに好かれたいと思い、お母さんの望むような事を考えて話し掛けても、全く動じない。
これが何日も続きます。
口をまったく聞いてもらえない日々が続きます。

彼女は、ムチされるよりキツイと言います。
そして心を閉ざしていきます。

彼女も成長していき、思春期になっていきます。

しかし、彼女の母親は・・・さらに彼女に衝撃の言葉を発します。

「私は元々子供は好きじゃない。聖書を勉強してなかったら、あんたの兄弟はおらんかった。感謝しなさい!」

彼女はムチの後に、「あなたの事が好きだからムチするの!」と言って抱き締める姉妹がいることが凄く羨ましかったと言います。
彼女は母親から好きと言われたり、抱き締められた事も1度もないと告白します。

彼女は自分の意思でJWを離れました。
現在も、愛情不足のせいか、友達も少なく、自分から積極的にとはいかないようです。
ただ、少しづつ自分を変えようと、日々頑張ってらっしゃいます。

***********************

ええ、JWで何を学べばこうなるんだろうか?
聖書はいい本なのかもしれないですが、研究すると悪本にもなりかねないわけですね。

俺は思うんです。

JWに聖書は必要ないでしょ?
子供に愛情を与えてやれない結果を多々作るわけだし。
それでいて、世の中のことをあれこれいうのはお門違い。

世の中はどんどん事件がおこるけど、JW内で身内殺しが起きないとも言えないよ。
そのときにJWではどう言うか・・・

「霊性が低かった」

一言で片付けるだけですしね。
A姉妹も言ってましたね。

「エホバの証人の中で、やってはいけない事件が起きても、研究生の躓きになってはいけないから公にする必要はない」

世の中の悲惨な事件はこういう感覚から起こるんですけどね。

ええ、悪いですが言わせてもらいます。

「エホバがいるなら、あんたが一番ろくでもない」 と。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:03Comments(7)TrackBack(0)

2007年10月15日

Tomorrow never knows

おそらく初めて英語のタイトルを付けたかもしれない。

ミスチルの曲でも聞きながらというほど、イメージに合うほどの記事でもない。
ふと、このフレーズが浮かんだから書くだけのことである。

「明日を決して知る事は出来ない」

とでも訳せばいいのだろうか。。。まぁ、俺の英語能力はこんなもんだから、あてにするなよ(笑)

*******************

休刊日は、なるだけパソコンも触らず、メール関係も返信しないようにしてます。
というのも、休刊日は家族や自分の為の日ですから、メリハリの意味でもね。

ふと考えていました。

「なぜにこんなにもJWは出版物が必要なのだろうか?」

現実的な話をすれば、組織を維持する為のお金集めだと言えばいいわけですよね。
実際に計算してみるとこんな予測ができます。

ものみの塔(配布用)
ものみの塔(研究用)
目ざめよ!

この3冊は必ず伝道者であれば手に入れていると計算しましょう。

伝道者が20万人とさせて下さいね。(日本の報告を計算しやすい数にしました)

200,000×3=600,000 それに1冊を100円程度の寄付を予測してみます。

600,000×300=180,000,000 そう、1億8000万ぐらいかな。

あとは配布用を、伝道者平均各5組としましょう。
となれば、約9億ぐらいは売りあげる計算になる。
年間で、100億を超えると思います。

まぁ、実際はこの憶測というか、お花畑を7割程度でいいぐらいに考えますので、75億程度かな。
出版物などを30億程度の売り上げと考えて、100億ぐらいは集まってるんじゃないだろうか?
経費などを差っぴいても優に50億は残るでしょ。すげぇ。

会衆からの寄付が、年間で10億程度あつまるとして・・・
いや、かなりの美味しさですよね。
だから出版物が必要なんだと思いますけども。

実際はもっとあるのかもしれないし、少ないのかもしれませんけども・・・

美味しいことには違いないわけです。

と、そんなことはHPで書く事にします。
法務局行って、登記を見て、自分なりの視点で報告しようと思います。
こんなもん、見ようと思えば誰でも見れますからね。

じゃぁ、成員と呼ばれる人に必要なのは何故?

目覚める為でも、高い所から見張るためでもなく・・・

「Tomorrow never knows」

これをネガティブに言えば、「明日を見せないため」とでもしましょうか。
将来の夢は見せたがりますが、明日のこと、現実を見せないために必要なものなんじゃないかななんて。
明日も見えないから、将来が見えるわけではないんですけども、そこは適度なところにしといてね。

別にこの言葉にネガティブを求めてるわけじゃありませんが、言葉のアヤってことで書いてみました。

痛烈な批判ですが、JWの皆さんって、終わりの時など信じてるのか?

終わりの時に備えると言うのは、組織の崩壊が予測できた時に、組織が備えると言う事の間違いではないか?

ものすごい長期な計画を立てないと、いろんな計画は達成出来ないと思うんですよ。
そう考えると、組織が終わりの時を煽るのは金集め程度に思えるんですけどね。

タイトルにも、その言葉の意味からもかけ離れてるとは思いますが、休みの日に思いつくのはこの程度です。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:18Comments(8)TrackBack(0)

2007年10月08日

ハルマゲドンって、近いんだったよね?

26fa5657.jpg戦友からお写真頂きましたので、ちょっと急ぎでUP。

昔は、もっとえげつない文章でしたが、現在のやり方としては資料になります。
ありがとうね。

100万の位までありますから、寄付できる方がいらっしゃるんでしょうね。
しかし、これってアンケートとは言うけれど、事実上予算編成書類に近いモノが。
希望額が集まらないなら、一度は集会で・・・

「寄付は愛だ」的な話があるんだからさ。

少し年鑑データを計算式に入れ、なるだけ客観的な予測で一会衆の集会出席平均人数(伝道者ベース)を出したけど・・・

「60人〜70人」なんですね。(来年、世界総数と日本版をサイトで完全UPします。)

年々の高齢化も、少子化傾向もあるんだが、年金負担と一緒で負担増は間違いなしなんだが。
ハルマゲドンが近いってのも、この最近言わない理由もわかる気がするよなぁ。
過去15年で見ると、会衆数は日本で600以上減ってるんだけどね。

しかし、ここ10年で会衆に対し、伝道者の在籍数は10人程度増えてる計算にはなる。
マジックというか、うまいやり方なのかもしれません。

年鑑も揃ったことだし、本格的に全部数字を再入力して、数字上で検証するのも急がなきゃ。

とりあえず、資料としてUPしますね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 20:49Comments(4)TrackBack(0)

今も同じなのか?二世・三世は、JWということを恥ずかしがる。

さて、テレビを新調しました。
地デジ対応ということもあり、値段も交渉し放題だったので、なんとか予算内に。
これはTVっこの宿命みたいなものです。そう、俺はTVなくして生きてはいけないのであります。

なんですが、カーナビのTVは走行中映りません。
ガードをカットすりゃいいそうですが、運転中にテレビは見れないんですね。
それは、絶対に事故ると思ってるから。

***************

さて、日曜日のことです。
ちょうど朝の出勤帰りで、秋の風物詩でもある「お祭り」の集団に出くわしました。
収穫祭とでもいうのかな・・・稲刈りが終わるころに、香川では多く見られるお祭りです。

地区によっては、生活道路を一時制限しながら練り歩くところもあり、それなりに盛大にやってますね。
自治会の集会所では、夏の終わりから練習などをしてます。
子供たちもそれなりに参加してやってるので、はっぴ姿の子供たちに目を細めて見てしまうんですよ。

あっ、うちは自治会に新興団地ごと入れてもらえないので、参加はないんです。
まぁ、それはそれで面倒もないのでいいのですが。

ところが、JWブロガーとして見てしまったんですね。
見なきゃ記事にもならないのに、デジャブとも言えるようなものをね。
よく聞かれるんですが、よくJWに遭遇するねと。

新聞屋は、区域の把握が命。
いくら管理職といえど、区域に新しい住宅やアパートが建ったり、引越し屋のトラックを見つければすぐに動きます。
狭い道でも、わかりにくい場所でも、それは俺たちにとってご飯の種。

これを怠るぐらいなら、新聞屋なんかやめてしまえです。
強引なセールスというのじゃない、チャンスをロスしないことが一番の武器ですから。

こうしてると、JWを見つけるなんてすぐです。
真面目に仕事すると、いくらでもネタは拾えるんですよ。

前置き長い・・・。

日曜日の8時半過ぎといえば、わかりますよね。
そう、公開講演とものみの研究。いわゆる集会です。

出発前だったんでしょう。
狭い道から主道路への合流地点付近に、小学3年生ぐらいの女の子と、中学生の男の子がいました。
おそらく、親の車を待ってると思います。ここの道狭いから。

なんでわかったか?

女の子のバッグに「あの聖書」が入ってるからですよ。
待ってる横で、しっかり視認したからですけど、理由はあるんですね。
主道路では、お祭りの神輿が片車線を一時封鎖してます。

側道から出るには、この神輿が通り過ぎるのを待たなくちゃいけない。
なんかその子供たちが昔の俺を見るようだったので、見てしまう。
持ってるカバンもなぜかしっくりくる・・・

カバンの中に目がいく、そしてJW聖書で確信するわけです。

しばし、バイクで神輿の通過を待ちながら、タバコに火をつけ待っていました。

神輿が近づいてきた・・・そのときに女の子が、電信柱の後ろに足早に隠れたんです。
それに続き、中学生も・・・妹をかばうように電信柱に。
俺は、その電信柱の横にいた・・・。

エホレーダーが索敵を始めます。
そのとき、女の子が・・・俺のレーダーに引っかかるように、言葉を発します。

「あのお祭りの中に、学校の友達がいるの」

電信柱の後ろで、見つからないように隠れてる。
頭を抱えました。
この子達の姿は、昔の俺となんら変わっていないのだ。

目の前を神輿が通り過ぎていきます。

たった数分ですが、その間、子供たちは見つからないことを願いながら・・・・

そして、神輿の過ぎたすぐです。
親の車でしょう、女性が乗った車が止まりました。
駆け寄るように、子供たちは車に乗り込みます。

あの子達の目は、寂しそうに、そして諦めの力のない目。
親が来れば、それを悟られないための目をして親に対峙する。

全部を見た後、バイクのアクセルをゆっくり開けましたが、家にすぐには帰る気にならなかった。
自動販売機の前にバイクを止め、コーヒーを買い、タバコに火をつけなおしました。
あの時の俺たちもそうだったよなと。

校区内の伝道をするとき、同級生の家に当たれば、ピンポンをギリギリで鳴らさないテクニックで留守だと言い張った事。

A姉妹が同級生の家にあたり、後ろで同級生が出てこないことをエホバに祈ったこと。
その家で、ホーンキックや、あっさり断られたときに、その家の悪口を言うのが辛かったこと。

夏休みなどの奉仕で、同級生に見つからないように、ドキドキしてたこと。

同級生を見かければ、親と離れたり、トイレだと言い、伝道中だとわからないようにごまかしたりしたこと。

逃げようがないときは、電信柱や、他人の家の影に隠れ、なんとかやり過ごそうとしたこと。

最悪は、同級生の家にあたり、A姉妹の後ろで同級生に見られながら立っていなければいけなかったり、聖書を読まされたこと。

同級生だとA姉妹にわかれば、証言をしろと強制され、上ずった声で話さなければならず、それを家に帰って咎められムチされたこと。

そして、学校でいじめの原因になり、左のほほも出せといわれてあれこれやられたのを我慢する日々があったこと。

気がつけば・・・泣きそうになってた。
目に涙溜まるんだよね。
え?涙もろいんですよ。だって純粋なおっさんですから(爆)

で、思ったんですが、恥ずかしいと思ってたのはなぜだろう?

そりゃね、今ならわかります。
信じてないからですよ。信じられるような教え方などされてませんしね。

そう、A姉妹が必要だったのは、外で述べ伝えることではなく、子供たちにわかるようにすることだったんですね。
これを見ても、JWの教え方がいびつでろくなもんじゃないことの証明にもなります。
子供に信じさせることのできない教義が、外で受け入れられるものではないんです。

もちろん、あの子供たちに聞いたわけじゃありません。
しかし、俺にはハッキリわかるんです。
なぜ隠れるのか、どんな気持ちなのか。

良いことって言うのは、ちゃんと理解させる何かがあるはずです。
それは、子供たちだって絶対わかるものです。
世の中のあれこれを嘆く前に、子供の顔をしっかり見ろ!あほんだら!

自主的に集会や奉仕に出ることを望まない限り、未成年を参加させるな!
大体、子を自主的にさせもできないのが、伝道者だのおこがましいんだよ。
そのなれの果てが、JW問題ってことだからね。

怒りも悲しみもあるのに、何もできない俺が吠えてもとは思うが、書くことだけでもしておきたい。
なぜ、子供たちがJW内で減少してるか・・・少子化などだけではないのだと。
まだまだ二世・今では三世に至るまで続く問題であることを。

そう、インチキには・・・子供という純粋な心に訴えるものなど何もない。
それが答えでしかないのだと俺は考える。

教義やうんちくではない。JW問題って人間の大事な心の問題で、それが取れなければ教義のあれこれなどは先の話なんだと思う。
うまくは書けないんだが、根が深いんだよね。

あの子達が、どうか心の問題に悩むことがありませんように。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:37Comments(12)TrackBack(0)

2007年10月06日

久々の訪問に遭遇

429f192d.jpgこれ、今日もらったヤツです。
うちは訪問禁止だったはずでは?

あっ、地図見ないで勢いでピンポン押したのか?

そういえば、なんかおかしかったなぁ。

 

インターホンで対応したんだけど、ポストに雑誌入れとくって言って、すぐに向こうから話を切った。
急いで玄関に出たら、男性一人だった。
出たら、普通話かけに戻るだろうに、それもせず慌てて立ち去った。

よくわからんのだが、男性もこの最近ペアで歩く事が多いよね。こっちじゃそうだ。
で、うちの家は行き止まり団地の奥だから、他のJWいてもいいはずなんだがいないしな。
ホーンキックが多いのに、玄関まで出たのに慌てて立ち去るのは何故だ?

仮定の話だが、俺の家が訪問禁止だったのを急に気がついた。
または、排斥者の顔をみたかった冷やかし。
または天然。

再訪問あったら考えようっと。

まさか・・・ばうちんと接触したかった?

もしそうなら言えばいいのに。
お茶も御菓子も、ご飯だって出してトコトンお話聞いてあげるのに。
だって、ナマ情報戴けるわけでしょ。HP作るのに丁度いいじゃん。

**************

で、写真の雑誌を見てみよう。

「目ざめよ」2007年9月号に・・・

赤字は引用

自然災害は神のせいですかって表題出てるんだけど・・・答えはコレ読んで感じたのは・・・

「アダムとエバのせいで、これは連帯責任です」という解釈がピッタリでした。
で、それが嫌ならJWがいう事に耳を傾けろ、そうすれば救われるということを言いたいって事ですね。

ついでに、「避妊は論理的に間違っていますか」ってのもあったけど・・・

カトリック教会の批判に終始してるだけ。

非中絶的な避妊方法を用いるかは個人的決定」だそうです。

ようするに、中絶がダメであるということがハッキリしてるだけでした。
意味ねぇ。
一時期、コンドームダメとか、しょうもないローカルルールがあったけどそれの牽制かと疑いましたwww

ついでに「世界展望」

インターネットが苦しみのもとになるのだそうだ。
どうやらコミュニティサイトに限定してのことであろうが、こういうのしょっちゅう書いてんだろうな。
大丈夫、JWも十分有害なコミュニティになる危険性は多く報告されていると付け加えておいてくれ。

うそつき、人種差別主義者、せんさく好き、偏見を持つ人のパラダイス・・・

いや・・・JWでもしょっちゅうなんですが(笑)

ついでに、最後のページに無輸血医師の賞賛キャンペーンですな。

この写真に載ってるモイセス・カルデロンってお医者サンは、カルデヘナ法医学会の責任者ってことはわかった。
というより、別に輸血しないんじゃなくて、そうする事も出来るってことだろ。
今更、ガーゼパッキングの事書かなくても・・

最後の締めくくりは・・・上から目線にワラタ。

医師たちはそうした治療を通して、エホバの証人では無い患者たちを助ける点でも技術を向上させているのです

現場の医者なら誰でもそうするのが当たり前だけど。
まぁ、マンセー記事もここまでくると救ってあげられないですな。

*****************

ものみの塔の9/15号もついでに。

「神が悪を許しているのはなぜか」

まぁ、ここには神に悪の責任はないと明言してますし、アダムとエバのせいになってるしwww

こっからは、俺のお花畑ね。

無能な神だから、アダムとエバに責任をなすりつけただけ。
聖書書いてたヤツが、あわててアレコレ直したら、矛盾だらけでどうしようもなくなった。
それを更にへんてこ解釈したらこんなになりましたってことだろ。

まぁ、時間かけてエホバの正当性を説明せねばならんし、サタンの間違いを証明せねばならんと・・・

どんだけ無能をアピールすれば良いのだろうかね。
全知全能ってのは、無能のアピールだろうにさ。
神様のオチこぼれだっていうことだろうなぁ・・・

**************

ん?これ、最新号なのか?
そういえば、今は10月だよね。
まさか、あまり物を届けてくれたのか?それともこれが最新号だったのか?

JWではない俺にはよくわからないwww

あっ、現役さんには申し訳ない記事だけど、俺の基本はこんなもんですよ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:39Comments(7)TrackBack(0)

2007年10月01日

のこりもんラーメン、そして妹よ、自分の選ぶ道に後悔するな。

このお話は、こういう書き方で許してくださいね。

20年ぐらい前、ある妄信的JW信者を親に持つ男の子は、淫行告白を長老団にした。
その男の子は、バプテスマを受けていた。
その告白も、長老団にケンカを売った格好で、結果・・・欠席裁判での排斥となった。
彼が17歳になる前だった。

彼は必然的に家を出ねばならず、反抗的な部分と絶望、しかし生への執着から家を出た。

彼には妹が二人いた。
彼とは半分しか血がつながっていないが、それなりにかわいい妹たちだと彼は言う。
家を出るということは、彼は妹たちとの別れも決意しなくてはいけなかった。

そう、妹たちはバプテスマこそ受けていないが・・・JW内にいたからである。
彼が排斥されて少しの間、家の中で兄妹の会話も、事実上禁じられた。
そう、彼が家を出るまで・・・ほとんど挨拶すらなかった。

彼は無我夢中で働き口を探し、落ち込みつつもなんとか生活を支えていた。
彼に妹たちのことを考える余裕はなく、4.5年たち・・・家に帰ってみた。
彼は想像することのない、妹たちの変貌に驚くことになった。

*******************

家の中に子供部屋があり、6畳の中に3人の子供が生活をしていた。
彼には懐かしい部屋であり、妹に小遣いをやりに部屋に入った。

部屋の壁中に・・・

マジックで書かれたであろう、無数の言葉。
JWを賛美するものではなく、歌の歌詞や、漫画からの台詞の引用・・・

変り種は、「愛羅武勇」 とか 「仏恥義理」 などの今では使われることのないヤンキー当て字。

部屋はヤニ臭く、灰皿にはたくさんの口紅がついた吸殻があった。
そこは俺の知る部屋ではなく、どこでもドアの出口を間違えたような異質な空間だった。
そこに妹らしき女性が一人いた。

その女性は、ベッドに男と横たわっており、どこかで匂ったことのあるSEX後の匂いがしたのである。
あわてて部屋のドアを閉めたが、もうろうとした声で何か言っている。

「誰?」

彼は、自分の名前を言い・・・もう一度部屋に入ると告げた。

何を話していいのかわからず、彼女の顔を見た。
変わり果てた感じであるが、間違いない。彼の妹であった。
彼女も同じように、彼の顔を見た。そして彼が兄であるとわかったときに、はだけた体を隠した。

妹の体は10代ではあるが、俺の知らない成長を遂げ、胸の膨らみも女性らしい色気も出していた。
落ちていたバスタオルを妹に投げ、着替えろと告げた。
兄の命令は素直に聞けたのか、そそくさと着替え始めた。

彼女が着た服はJW時代に着ていた服とは異なり、さらにヤンキー仕様。
当時では珍しい脱色したと思われる髪の毛。
それでも妹が兄を見る目は素直ないい目をしていたと思う。

隣に深い眠りにある男を帰らせるように言ったが、起きないので無理やり布団から引き摺り下ろした。
その男からけんか腰な言葉が出てきたが、数度殴るとおとなしくなり、家から出て行った。
妹もその結末に文句を言うでもなく、ただタバコに火をつけた。

彼はとがめるわけでもなく、妹と一緒にタバコを吸いはじめた。

タバコを吸い終えるころに、妹は彼にポツリと告げた。

「お兄ちゃんが出て行って、家の中壊れたよ」

その部屋には、ものみの塔が陳列された本棚があった。
そこには、真っ黒にマジックで塗りつぶされたものみの塔があった。妹の抵抗だったのだろうか・・・。
しかし、その本棚に書いてある誓約書を見て・・・彼は驚愕することになる。

誓約書

1) シンナーを吸ってバイクを運転しない。

2) 0時には家に帰る

3) 万引きはしない

4) 困ったときは聖書と、若い人を開く

彼は唖然とした。
そして、すぐに妹の体を匂った。
妹は口元を隠すように抵抗した。それを見逃す兄ではない。

口に鼻をあて、匂った。
抵抗する中で、妹と唇が触れたが、お構いなしで確認をした。
そう、そこからはトルエンの匂いが微かにしたのだ。

思いっきり殴った。
2.3発殴った。気持ちなど理解するつもりもない。ただ怒りで殴った。
しかし、妹は泣きながら・・・こういった。

「お兄ちゃんがいなくなったから、逃げるとこなくなっちゃったんだよ!!!!」

彼は自分のことだけで精一杯で、その後に起こったことは俺と同じだったのだろう。
何も言わなかったが、きっと・・・ムチされ、恐怖だけで無気力な生活を強いられたのだろうな。
この言葉にハッとした・・・殴った後、二人で肩を寄せ合うように泣いた。

「シンナーだけはやめろ。お前が親になるつもりなら。」

もう一人の妹は、2日家に帰ってないという。
親は捜すこともあきらめ、家にいない。
妹と外に出て、近くの中華料理屋に入り、ラーメンを食べた。

「お兄ちゃん、昔・・・私にのこりもんラーメン買って来いって・・・スーパーに行かせたよね。」

そうだ、彼は思い出していた。
妹にイジワルしながら、笑いあってた兄妹の時間があったことを。
食べるものがなくって、3人で分け合って食べた日のことも。

切なくなったが、詫びた。
あのころの彼には、余裕がなかったことは事実だが、妹には悪いことをしたと罪悪感がいっぱいだった。

「別にもういいよ。もう時間は戻せないし」

中華料理屋を出て、家に戻った。
数枚の1万円札を渡し、何かに使えと妹に告げた。
償いの方法も、これからの対策もできない、考えられない彼の押し付けと共に。

「お兄ちゃん、また3人で一緒にのこりもんラーメン食べようね」

その時だけだが、あの頃の妹の顔だった。
愛くるしい目に、頼ってくれたあの目をしていた。
すぐに現実の目をしたのだけれど、それは紛れもなく妹の優しい目だった。

そこに・・・

日焼けした自己満足の塊で、母親と称する人間が帰ってきた。
奉仕といわれる、世の中を嘆き、救いの道を他人に述べ伝えるというインチキ作業をして帰ってきた。

【エホバの道を外したら、こんなになるのよ!それもあなたが一番しっかりしなかったから、妹も真似して・・・あんたはろくなことをしない!何しにきたの】

顔を見るなりその言葉だった。

もう・・・家族としての時間は戻らない。
妹も守ってやれない。
くずはくずなのかと・・・自分を責め、そして怒りに変わった。

「くそエホバ!この女も滅ぼしてしまえ!サタンと一緒にな!」

そう叫ぶと、玄関の前にあったJWカレンダーと、飾ってあった書籍を目の前の川に投げた。

馬鹿なのは、妹にフォローすることもなく、帰ったことだ。
それから幾度か家に寄ったが、変わることのない行動しかなかった。

そして10年以上の月日がたち、この11月・・・

妹たちも含め、彼は最後の顔合わせになる決着をつける。
どう心境が変わったのか、血のつながりかわからんが、事情で実家にいる妹たち。
考えも思いもあのころとは違う。

あの時、彼が妹たちを連れて家を出ていれば・・・
たられば論を頭に入れてしまうが、それも彼の運命だろう。
最悪の結果であるのも目に見えているが、心にひっかかりは作れない。

のこりもんラーメンを食べることは、一生の課題として先送りにするとしても、妹たちにうらみはなしでいきたい。
うまくはいえないのだが、親を思う気持ちが妹にある以上、尊重してやりたいから。
重たいのだが、その事だけはしっかり心に入れて対峙したい。

彼の思いを・・・今、代弁してキーを叩く。

あの頃の「のこりもんラーメン」を笑いながら一緒に食べる日を待ちながら、完全絶縁をするだろうと思う。

ばうちんよ、矛盾を抱いても絶対に立っておけ!
失敗も情けなさも受け入れて、絶対に顔を下に向けるな!

さぁ、10月最初の日記は自分に言い聞かせから始まる。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 20:28Comments(14)TrackBack(1)

2007年09月30日

9月最後の日記

1b7ea52a.jpgサブタイトルは・・・

「有益なものはありましたか?」

戦友の方々に戴いたものです。
よく見ると、2007年に使用するものもあります。
これからしっかり見せていただきます。

御協力くださったみなさん、本当にありがとう。
この際だから、全部集めてみるか。インデックス作るつもりだったしね。
この際、処分したいと思われた方・・・メール下さい。

写真に掲載したのは、ごく一部です。
昔の出版物などは殆どないですね。使用禁止になったのとかもあれば面白いかな。

まぁ、出せばいいというものではないと言うようなのもありますね。
ほとんどの出版物の最後の方は、ハルマゲドンと楽園について書いてあるワンパターンさもww
繰り返し強調することが大事なのだと思うが、このワンパターンなのもねぇ。

JWを辞めた人にとって、これらの書籍等をみて思うのは・・・

「無駄な時間をこいつ等と一緒に過ごしたのか」って感じなのだろうかな?
かなりのお金も突っ込んだでしょうしね。
昔の出版物には、値段が寄付としていくらと明記されてるものもありました。

ライブラリなどもあるので、今は書籍研究以外に開くことは少ないかも知れないよな。
HPに、きちんとUPさせていこうと思いますので、そこで書きますね。

*****************

さて、11月の広島行きですが、オフ会は実施に向けて最終の詰め作業に入っています。
決まっているのは、日にちだけです。

11/10(土) お昼から。

お茶(食事)して、晩ご飯食べて、飲める人は飲もうかなぐらいです。
子供さん連れの事もありますので、今回のオフは用意周到にするつもりです。
大騒ぎして大丈夫なスペースを探しているのが正解かな。

公共の宿などで、会議室というか、たたみ敷きの部屋を貸してもらえるところを一次会にしてみようかなとか。
晩御飯は、個室座敷を用意できる場所にするかなとか。

お昼の分に関しては、出席者の構成に完全配慮する予定です。
子供さん連れで、乳飲み子に近いと、こういう機会を逃してしまいがちです。
そこをどう補うかが今回のオフ会の目的ですしね。

夜はそれなりにがっつりいこうかな。

参加希望は、メールで承ります。(締め切りは11/1)
HN、連絡先、出発地点、宿泊の有無、参加人数や構成ぐらいをメール下さい。
今回は、参加者の都合をなるだけ重視した計画で考えます。

一次会 (13:00〜17:00)

開始時間はあくまで計画です。
場所は、公共宿等施設の部屋を拝借して、持込することで一人1,500円程度かな。
または、前回使ったあの喫茶店に交渉しようかなと(便利はいいからね)

二次会 (18:00〜22:00)

広島なので、カキをチョイスできるお店を考えています。(もちろん、苦手な人は別メニューで)
予算は5,000円程度を予測しています。(飲み物次第なんだよねぇ)
子供さんに関しては、別注文対応しますので、頼んだ分だけ追加します。(この予算には含まない)

三次会 (22:00〜25:00)

また、あそこに行こうかななどと。
そこそこの美味しいお酒はあるしね。

オフ会フル参戦すれば、1万円程度の予算になるように考えています。

「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」

遠方参加者は、宿泊先のチョイスを各自して下さい。
泊まる場所として、広島市中区、繁華街中心に2キロ程度で探せばかなりあります。
ネカフェで何とかする人は、いくらでもあるので何とかして下さいね。

飲酒運転は厳禁。

こんな感じです。

********************

今回の広島帰省には、ばうちん家の墓移動についてが大きな件です。
うちのガキは、「あの家に行くの?」と怪訝顔。
何も教えてないのに、ものすごい嫌な気分なんでしょうね。

物干し代わりのガードレール・・・
ヤバイほどのごみ屋敷に近いあの家。
ほんま見せてあげたいほどです。JWに狂えばこういう風になるっていう事を。

何度も最終決戦ですけど、お墓の事と、父親の葬式の事はきちんとケジメつけとかないとね。
これは月曜日にやるんですけども、今から気が重たい。
墓に誰も参らないのに、文句だけ言う親戚筋も、一緒にねじ伏せなくてはいけませんし。

死者を奉るとかそういうんじゃないんだよね。
粗末に扱う事は避けたいという気持ちの問題で、墓の前でJWの祈りするんだったら問題ないんじゃないかってさ。
仏前じゃなければいいんだろうにさ。

そういうことを疎かにして、JWに従ってるとか言わせはしないのさ。
凍結するなら、これぐらいはハッキリさせて凍結したい。

「お前らが相手にしないのではなく、お前らの為にもなることだということ」

その前に、オフ会で力分けてもらいますよ。

*********************

あと1ヶ月です。

好きに書かせてもらいますね。
決まってる題材は、学校のJW対応というものです。
少し協力してもらえる先生がいるので、本音を聞きながらやろうと思います。

一応、プロシュアーがあるので、それを基本に話をしていこうと思いますが、聞いてみたい事があればメールでお知らせ下さい。
聞きとりするというのは、意外に簡単にできるものです。
今回、電話でアポをとりましたが、快く御協力いただけるとのことでした。

JW時代、自分達の都合を通告というもので、証言した気になっていた。
それが及ぼす影響であったり、学校での配慮がどのように行われるのか、知ろうともしなかった。
祈ればなんとかなるとか、どうにもならなければ、迫害だと言ってのけてた。

この聞き取りが、どれぐらい役に立つかわからない、まったく使えないものかもしれない。
しかし、これが失敗だとしても、さらに違ったアプローチでいい物ができるかもしれない。
それを誰かがやってくれるなら、俺のやった事も無駄にならないんだよね。

風化させない、つなぐ、という繰り返ししかないのでね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:24Comments(6)TrackBack(0)

2007年09月29日

男と女、JWが考えるほど甘いモノじゃない。

「若い人」の本を読んでいると、まぁ、書きたくなる事がいっぱいですね。
世の中、そこまでエロに関心が集中してるわけじゃないんですけど(笑)

普通に、家に2人っきりになることを想定したなら・・・それなりの期待と覚悟は誰でもするんですよ。
そういう可能性を自覚して、自分が避けておきたいなら、それなりに行動するもんです。
逆にね、それを固定観念だけで意識させちゃうと、逆に意識しちゃって、行動したりもあるって事。

裏読みすれば、この本・・・非常に危険なんです。

この一文は、当てはめるとエライことに気がつきます。

「若い人」 246Pより引用

引用始め

*** 質 31章 246ページ 真実の愛であるかどうかは,どうすれば分かるのだろう ***

「恋におぼれると盲目になり,盲目のままでいることを好み,現実を見ようとはしない」ことを24歳のカルビンは認めます。ケニアという16歳の少女はさらにこう言います。「だれかに夢中になっていると,その人のすることは何もかも完全だと思うのです」。

盲目の恋はまがいの愛です。非現実的であると同時に自己中心的です。夢中になっている人は,『あの人と一緒にいると私は自分がとても偉くなったみたいな気持ちになるわ。私,眠れない。なんてすてきな気分なんでしょう,私信じられないくらいだわ』とか,『彼女は僕を本当にいい気分にならせてくれる』などとよく言います。「私は」とか「僕を」という言葉が何度使われているかに注目してください。利己主義の上に立った関係は必ず壊れます。

引用終わり

エホに溺れると現実を見ようとしないに変換すると、ピッタリですね。
JWに盲目する気持ちはまがいもの・・・ぎゃはははは!

まぁ、これは半分茶化しですが、こういうことも言えますわな。
実際、こういうことで俺は苦しんだわけですし、JWに盲目な人間に心を乱されたわけだしね。

さて、ちょっと突っ込んで考えてみよう。

JWで言う霊的特質は、イメージでしょ?

盲目の恋は、頻繁に口論してキスで解決にする場合が多いと書いてありますな。

キスで解決できる問題なら、キスすりゃいいじゃん。
解決出来ない問題は、十分に話し合っても解決出来ないもんです。
キスが本物なら、話すより早い事が多い事は知ってるだろうにさ。

解決できなきゃ、キスもしないだろうにさ。

ほんま、ろくろくキスをした事ないヤツが書くとこんなことになる・・・・

「232P〜233P」に、「男の子と女の子がただの友達でいられるだろうか」という記事があります。

この内容でいけば、NOとイメージさせるようになってます。(実際は明確な答えは書いてない)

これはね、YESです。
しっかり社会勉強をさせてれば、こういう関係もあります。
JWという村社会にいれば、NOです。

だって、イメージさせちゃうから変に意識せざるを得ないからですよ。
確かにね、友達から恋に発展する事は多くありますよ。
でもね、その友達期間の間に、その人の本質を見る時間があるんじゃないでしょうかね。
その本質から、恋に発展するなら、童貞処女で結婚するより、デートもそこそこに婚約するよりうまくいくと思いますよ。

大体ね、ずっと2人でいる時間が長けりゃ、普通に関係は深くなるってもんです。
友達関係って、一般人でもそういうの少ないですよ。大勢で会ったりしてる中の一時に2人の時間があってもね。
ガツガツしてるヤツとの2人っきりは、見てりゃすぐにわかるから誰でも警戒するもんです。

こういう経験をさせずに、危険性だけでイメージさせるから本質を見抜けないのも多くできるんじゃないかなと思います。
ようするに、「羊を被った狼」を見抜く目はいつまでも養えないってことかな。
とすると、JW外の異性との交際、結婚は非であるとする考えに同調させやすくなるのではと。

しかーし、そうはいかないのが世の中の常。

JW同士の結婚の中にも危険は一杯なんですよ。

若さの盛りを過ぎて結婚することを聖書では勧めてるんですよね?

いっときます。

「性経験がないヤツは、余程の高齢にでもならない限り、サルのように狂うんです」

あのね、欲が溜まったのが一気に放出されるんですよ。
抑圧された思いを、男目線で悪いが女の身体にぶつけるんです。
ろくろくレジャーらしき楽しみをしてきてなかったら、なお更。

そこを押さえるのは、性的な欲求を求めすぎちゃいけないという教えで罪悪感を植えつけまくっていることが必要があるわけで。
無理ですよ。だってね、SEXが好きでない人は別として、基本愛情と快楽の混在なんですから。

男性以上に、SEXを通して愛情を知ろうとする女性もいるでしょう。
もちろん愛する人とのSEXからです。
逆にSEX自体が好きでない、身体の都合で苦痛になる人もいるでしょう。

これを確認するのは、実際にSEXしなきゃわかんないんです。
相性が悪かったら、最悪の事態ですよ。
JWの場合、これをわからないだけでなく、身勝手に進めていく危険性だってあるんです。

がんじがらめな関係で、苦痛の結婚生活を強いられる可能性もある。
相手の事を知ろうと思っても、JWっぽく振舞う恋愛関係でスタートだから、その人の本質を見抜きにくいしね。
あまりにも悪い見方だが、二世同士の結婚で満足の得られてる可能性はどれくらいあるだろうかね。

そこから逃避しながら、JWとして生きるなら・・・JWの活動に異常に熱心になることで解決できるでしょう。
組織の思う壺。
で、他人にもそれを押し付ければいいわけだしね。まぁ、そんな感じになるんじゃないかい?

別にね、そこらでやりまくれと言ってんじゃない。

異性との関係は、特に新しく作る夫婦関係などは、JWの霊性でなんとかなるもんじゃないってこと。
心配しなくても、この世でも10代の結婚は少ないですから。
国勢調査でも見ておいで。格段に変わってきてるのよ・・・・

ついでに言っとくけどね・・・

この本の245Pの比較表見てみぃ。
3番目の項目・・・これはJW同士の恋愛でも当たり前に起こる事なの。
というか、逆にこっちの傾向が大きいのね。相手の本質見る時間ないから。

ハッキリいっときますけど、美男美女から売れてくの。
霊的特質など、二も三もなくて、四の五のレベルでやっとこさです。

交際申し込んで断られたら、十中八九そう思っていいです。
特にJWみたいな村社会、出会いが限られるから仕方ないでしょ。
キツイ?そんなの当たり前。事実だから。

霊性磨く前に、自分を磨け。(この本で書いてあるけど、霊性というのも外観イメージだからね)
そうすりゃ、それなりに選べる立場になる。
それが難しいなら、必死で数を打て、マメに異性に接しろ。望みは少ないが、しないよりマシ。

性格などの本質で見てもらいたいなら、こんな本読んでたら一生見て貰えません。
調子こいたアピールなんかに引っかかったら、とんでもないババを引く。

売れ残ってもひがまない。
ひがんでるヤツは、その醜さがさらに倍加しますから。
一般的にぶちゃいくな人が、いい恋愛や結婚してるのは、魅力を自然に出せてるから。
ひがみもしないし、自分を見失わないからですよ。

そういう異性は、誰から見ても見かけ以上に光って見えるんですよ。

要はね、そっち方面に頭が行き過ぎないように、趣味や仕事などを楽しむのか、JW活動をするのかってことだもん。
回りくどくやっちゃうから、あれこれイメージさせなきゃいけないわけでね。
そのイメージが逆に頭をそっちに向けてしまいがちになるのも・・・これ真理。

道徳観ってね、ある程度まともに育てば、普通に養われるってもんです。
親に無条件に愛されない方が、こういう危険に陥りやすいってものです。

あなたが親にこの本であれこれ言われ続けたのなら、これは親の勝手な大義名分を組織が与えただけですよ。
実際に役に立つ答え?

抑圧された子供達に妄想を膨らませるために役立つというなら、それは正しいかもしれませんねww

男と女・・・この本で学べる程そんなに甘いもんじゃありませんよ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:11Comments(6)TrackBack(0)

2007年09月27日

俺はJW二世だったんだろうかな?そう思う出版物。

実は着々とHP用の資料などを集めてる者です。
書籍なども、戦友が送ってくれたりして集まりつつあります。
確かに昔のハードカバーから、廉価な文庫本みたいなやつになっちゃいましたねぇ。

実は、「若い人は尋ねる」を初めて手にしたんですよ。
だって、俺その前に排斥されてるからね(笑)

A姉妹が、「あの本が出るまでばうちんが会衆に交わってたら、ほとんどの問題は解決できた」

と言ってたのを思い出して、早速読みました。
まぁ、解決などするわけない。嫁がトイレに持ち込み読んでいたのですが、結論を出してきたので思いっきり納得しましたからねぇ。

「要するに、JWに命かけてろ!それをいいたいだけじゃん。私みたいな一般人から読むと、最初に書いてあることを否定するような文章が後から出てくるし、後付けというか、取ってつけたと言うか、困ったら聖書の言葉を引用して、エホバがこう言ってるとすれば、マイコンみたいになってる奴はそれが本物のように感じるわけでしょ。写真で説明するモノもヘッタクソなカットだしww これ読んで実行を忠実にすりゃ、エホニートというか、エホパラサイトというか、そういうのばっかりが出来上がるよね。というか、これ書いた人って・・・人生経験ない人が書いてるでしょ?まるで説得力というのがないのよねぇ。というか、モテなかった腹いせみたいに思えるのは言いすぎなのかなぁ?笑いがこみ上げて仕方がないんだけど。」

まぁ、JWに聖書必要ないですしね。

エホスイッチOFFにして読むと、ほんと読むに値しないDQNぶりですよ。
「恋愛」の項目など、俺が書いたほうがいいぐらいだから。

盲目1世が、二世に・・・

「あの本にこう書いてあるでしょ!」

と言うために作られたのかと思う本でありました。
ええ、A姉妹。これが若いJWに通用する本じゃなく、あんたらの躾をやりやすくするための大義名分というなら納得ですよ。
エホバがいるなら、エホバも草葉の陰で・・・・orz・・・・ってやってると思いますよwww

*****************

ここからはお花畑ですけど、ちょっと調べ物をしてたら食物連鎖のことまで調べてしまってたんですね。
JWがいつかくると信じてる楽園でございますが、食物連鎖しないんですよね。
エホバも今以上に忙しくなるだろうな。

不完全な地球は、食物連鎖が辛うじてあるから維持されるんだけど、それがないわけだから与え続けなくちゃいけないわけで。
神様ってのも、余計なことを背負い込むもんだ。
JWがよく言うよね・・・

「エホバのご意思で、ちゃんとうまくいくようになってる」

ええ、完全依存ですから。
自分らで何とかするんじゃなく、エホバ次第なわけですよ。
もっと恐ろしいことを考えたんだけどさ・・・

よく新しい光とかいう解釈が生まれるわけだけど、これってすごいことじゃないかと。
仮に楽園がきても、エホバが楽園の維持を止めちゃうっていうことだって有りうる訳じゃん。
地球のどっかで罪が生まれたりしてさwww

いやね、飛躍しすぎてるとは思うんだけどさ。
これ、あながち外してないと思うんだよ。
なにせ、エホバも失敗繰り返す神様なんだからさ・・・・。

人間作ってたら、子飼いの部下に裏切られ、何千年も放置しっぱなしだし。
人間が裏切ったから、一度リセットしたと思ったら、やっぱり失敗するしさ。
しょうがないから、自分の子供を地球に下ろしたら、殺されちゃって・・・。

自分で戦えばいいのに、自分の子にサタンの始末させるわけでしょ。
それも人間の大量殺戮も同時にやるわけだしさ。
いやはや、神様の落ちこぼれなのかもしれないと思ってしまうわけだし。

まぁ、いればの話ですけどね。

全知全能の神も、アメリカ人に任せっきりというのもすごいとこなんだよね。
いつも不思議でならなかったんだけどさ、聖書の中に出てくるのは中東アジア・ヨーロッパ・アフリカ地域の話だよね。
1800年経つと、アメリカにいっちゃうわけだ。

ラッセルさんとかいう人に頼んじゃって、ラッセルさんも今じゃ空の上から様子を伺ってるはずなんだよな。
俺の墓・・・十字架のまんまなんですけどってさww
キリストの親分に、聞いてたりして。

「で、親分・・・親分は十字架で処刑されちゃったんすか?」

キリスト沈黙・・・・

おあとがよろしいようで。

※ あくまで俺のお花畑ね。不快に感じたらごめんだけど、結論こうだと思ってしまうわけさ。インチキにしか思えないんでね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:42Comments(8)TrackBack(0)

2007年09月22日

お前はTVっ子か!

さーて、書けるうちになんぼでも書いていきます。
というのも、凍結が早まると・・・いきなり書きたくなるものなんだよ(笑)
残された時間を、駄文たっぷり書いてやるとも。

さて、今日はこんな話にしてみよう。
先日、TVを見てまして・・・と書くとあれだね。テレビ見過ぎのような気がしますが・・。
俺はあんまりリアルタイムではTV見ません。

ほとんどが録画なんですよ。
この録画も、HDDプレイヤーがあるお陰なんですけどね。
これは絶対買いましょうというか、便利すぎてこれないとやっていけない。

で、なんか有名じゃないけど、近所の偉人伝説みたいなのを録画してありまして、それを見てましたら・・・おもろいですね。
歴史に立ち会うとはこういうことなのかと思いました。
最初っからハマり気味で見てたんですが、その中に特攻隊で生き延びた方の話があったんですね。

その話を聞きながら、JWと戦時中というのはよく似てるもんだなと痛感したわけです。

世の中が、鬼畜米英だのぜいたくは敵だという風潮の戦時中。
お国のために兵力として志願したり、召集されるなどというのはよくあることだったそうです。
うちのばあちゃんも言ってたもんね。戦争するというより、神様の土地を守るような教育だったと。

ああ、JWが組織ありきで、開拓だのをやらせたがるのと同じ感覚かぁ。
天皇とエホバを一緒にして、軍部をJW組織にすればいいわけだよね。
イヤイヤ召集に応じるものもいただろうけど、それを口に出して言えない環境というのも同じ。

何か上部批判に聞こえるような発言をすれば非国民扱い。
JWの内部にいたら、そういうことをおおっぴらに言えば、場合によっては排斥も覚悟しなきゃいけないでしょ?
まさに大日本帝国って感じじゃん。

もちろん、新聞を中心とするメディアも情報統制してたわけです。
不利なことは書かないが、何かやばいことになれば・・・決戦とか最後の戦いだとか・・。
(新聞屋なんで言うわけじゃないんですが、現在、左寄りだとされる新聞社でもしっかりそう書いてありました)
JWが発する提案とか、どっから引っ張ってきたかわからん情報もあるし、惑わされるなという行動規制ってのもあるよね。

この辺は、いろんなところで既出してるだろうし、これぐらいで十分だと思います。

さて、そこのあなた・・・

【竹やりで、戦闘機を撃墜することはできますか?】

ここでYESと答えた人は、失礼ですが一度病院で検査を受けたほうがいいと思います。
止まっている車に竹やりで穴を開けるのもかなり難しいと思いますよ。
それを上空にむかって竹やり突いて、撃墜する教育をしたって、無理があるでしょ?

しかし、これ現実のお話なんですね。
嫁のばあちゃん・・・女学生時代にこれをやってたんだから。
それも・・・もっと恐ろしいのは・・・

『まじめに信じて練習しよったで』

という証言です。
うちのばあちゃんは、シブシブやってたと聞きました。
うん?なんかこれって・・・JWっぽくねぇか?

【ハルマゲドン来ます!あんたらエホやらないと死ぬと述べ伝えることはできますか?】

俺、これに一時期はYESと答え、現実にやってました。
もちろん、まじめに信じてあれこれやってたわけだしさ。(一時期だけだが)

こじつけだと言われるかもしれませんが、さっきの質問となんら変わらないはずです。
もちろん、組織もそのためにあれこれ徹底して勉強させるわけだしさ。
子供にだって、あれこれ教育したでしょ。戦時中もそういう教育だった。

むちゃくちゃ論に聞こえるかもしれないけど、批判する身から言わせれば、ぴったりくる例えなんですよ。
ほんまよくこんなのやってたなと思いますもん。

さて、ちょっとTVの内容に戻しましょう。

ある優秀なパイロットが、特攻隊メンバーに選ばれたが、戦地に赴く前に、特攻を立案した上官にこう質問します。

【私は、状況にもよりますが、複数の戦艦を沈める能力があります。仮に戦艦を沈めた場合、帰ってきてよろしいでしょうか?】

上官は・・・

『いや、死んでくれ』

上官は自分が戦地に行くわけじゃないのにね。

さて、これをこういう質問にしてみましょうか。

JW的に立派というか、活発なJWが命の緊急事態にさらされます。

【私には輸血しないと死ぬ危険がある手術に臨みます。しかし、エホバを賛美する気持ちは高く持っています。しかし、生きて賛美したいと思います。なるだけ輸血を避けて手術をお願いしますが、場合によっては輸血を受け入れてしまうかもしれません。それでも生きることができたなら・・・また会衆で賛美する活動に加わってもいいでしょうか?】

長老は・・・

『いや、それは認められない。輸血を受け入れるならあなたを仲間として受け入れることは出来ない。信仰に厚いなら、どうすべきかわかるでしょう。』

こんな感じですが・・・事実上は・・・

『死んでくれ』

ですよね。長老がそういう状況にないから、言えることですけども。

ふとこういうやり取りに変換してしまったわけです。
特攻も、大義名分では強制ではないと言ったそうですが、拒否できる環境ではなかったことは事実です。
輸血の拒否も、信者の個人決定で決められるようになってますが、拒否をおおっぴらに出来る環境でしょうかね・・・。

お国のために特攻して、死んでいった若者に賞賛をするのと、輸血拒否で死んだ信者に賞賛をするのと変わらんでしょ。
俺の感覚に矛盾もあるんですよ。特攻などの話を聞いて、見て、それに何かしらの感動を覚える自分もいますから。
しかし、冷静な目で見れば、戦って死ぬならまだしも、特攻も輸血拒否も戦って死ぬんじゃないですよね。

うまくは書けないが、JWって末端信者に特攻隊をやらせてる気がしてならない。
上部はのほほんとしながらね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 16:10Comments(3)TrackBack(0)

2007年09月15日

ムチをどのように考えるか。

今日は、とことんムチについて書こうと思う。
批判側から書けば、「ムチ反対」と言えばそれで納得できる人は多くいると思うんだけども・・・。
なぜ反対なのか、どうしてムチなのか?

それをごちゃ混ぜ感たっぷりになるけども、少し書いてみようと思います。

そのキッカケになったのは、この過去記事にコメントがついたから。

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50978103.html

ムチに関しては、PWさんのブログでも取り上げていってますね。
彼女はなかなかの文才です。
俺のよりわかりやすいかも(笑)

さて、ムチをウィキペディアより。

鞭打ちをウィキペディアより。

学習性無力感をウィキペディアより。

と並べてみたのであるが、これには少し意味がある。
ムチで検索すると、ウィキが最初に出てきたのはひとまずホッとしたけど、あとは上位ページに出てくるのは性的嗜好の類である。
躾という意味でのムチと言う言葉は、あくまでJW寄りに捉えてみても、JW独特の決め文句であると考えます。

「ムチです」 「帰ったらムチ」 「ムチします」

日本語本来の意味で考えれば、ずれてると考えてもいいのではないでしょうか。

さぁ、ここからは少し重たいですが、ちょっとばうちん論でムチへの考えを書きましょう。

*****************

1) ムチは必要ですか?

ムチという言葉で考える事が間違ってると思います。
ムチが必要な訳でなく、躾が必要なだけですよね。
体罰も必要ですか?と聞かれたら、俺はこう答えます。

「客観的であり、感情のコントロールが出来ている時に限り、最小限度で使う禁じ手」

例えば、口で促し、幾度かの注意を重ねた上で、子供が従えない事を自覚した時に限ってだと思います。
回数だの、制限だのを設定する必要は感じません。

なぜって、一発あれば十分だから。
げんこをくれてやることがありますが、それで十分わかります。
ムチだの、体罰だのを言う前に、とことん躾けるわけです。

まぁ、これはウチの考えですから、受け入れられない人も多いかもしれませんが、絶対的なルールがあるんです。

「父親は絶対である」

それは絶対に守らなければならない。
しかし、この絶対は子供がルールを決め、俺に申告したものであるんですね。
それ以外は、絶対ではない。

自分が約束した事を守れず、再三の注意が聞きいれらない場合が、その時です。

わけわかんないのではなく、わかるようにしといてやるだけでいいわけでしょ。
親子の約束以外に怒られること等無いとわかってれば、勝手に子供は考えて行動します。
それでいいじゃないですか。

ウチのガキが、決していい子だとは言いませんが、大事な事は親子がしっかり話せる関係である事で、ムチじゃない。
言う事聞かないのは何故なのか、そこを親が考えるのが先です。
勝手に体罰を振りかざして、ムチが必要だと言うのは大人の傲慢ですよ。

体罰の重要性の前に、それまでの過程を考えるだけでいいんじゃないだろうか。

2) JWのムチは親子関係ですか?

違うと思いますよ。
大義名分に「エホバ」でしょ。神様の代わりに懲らしめを与えるんですよね。
人間が神様の代わりなんか出来ません。

親から与えられる感覚が薄いし、してる側もそれが薄い。
だからエスカレートできるんですよ。

3) ムチが良かったという二世達。

親子関係良好だったか、親が出来た人間だった。
この一言につきます。

4) 過度のムチに対して

これは現JWであろうと、元JWであろうと、事件にならない限り何も変わらないです。

元側は、風化させない事でしか対抗出来ない。
これって、訴えた所で、親子関係の問題で処理されて終わりです。
現在の法律ではいくらか保護の処遇が変わってるので、まだ救いようがありますけど、現在は鳴りをひそめてるでしょ。

トラウマも多すぎて、親との関係を一線をひいてしか付き合わないようにして、自分だけの幸せをつかむ事に必死ですしね。
親子関係の修復に時間を費やすよりも、そっちに時間を使わないと取り戻せないものが多すぎる。

で、これを一部の例として捉えてるJWも多すぎる。
一生懸命述べ伝えてるのでしょうが、こういう例を見過ごしてきたJWも多いでしょ。
外部にあれこれ発信は出来ても、内部に物申しはできないのが現状ではないのだろうか?

開拓して、外ズラのいいJWが起こした問題に、誰か一人がこのムチ問題の当事者を諌めるだけの力があるだろうか?
あれば、こんなにムチの話は出て来ないわけですし。
それが出来ない以上、JWが虐待してたと言われても、甘んじて受け入れなければいけないと思います。

全部がそう見られるのは辛い?

じゃ、唯一の絶対組織というなかれ。
内部での問題があるのなら、徹底的に浄化する努力を惜しむなということです。
いっときますが、JWはこの問題に策など、施設内でのムチ禁止ぐらいしかしてませんよ。

そりゃ、そういう場所でやったのが問題になれば、組織自体の責任問題になるわけだから。
そこらへんは用意周到ってとこでしょうか。
悲しいけど、組織の力に対抗できる力を持ち得ないのが、俺ですしね。

5) じゃ、どうするの。

風化させない。
連鎖させない努力を個人レベルでもやっていく。
小さな力ですが、できる事をやるしかないでしょ。

JWはそれすら出来ないと思ってるんで、内部でやれる人はどんどんやったらいい。
仮にそういうのが実を結んでいくのなら、元の人間だって応援する事はやぶさかじゃないですよ。
そこまで頭も硬くないです。

6) だからムチを許さない。

まとまってないけどね・・・

ムチされて、心に傷を負った子供が、人並みの努力以上やらないとやってけない。
親から謝罪もなければ、ゴミ扱いされる事も多くある。
それがJWの中であれこれ動いているのであり、仲間として受け入れてる以上、ムチは許さない。

理解したフリの残念な人間は、それだけで大罪ですもん。
理解しないのであれば、絶対しない。理解するならそれだけの物を揃える。
ムチに関してはこれが俺の考えです。

*****************

あのね、調べていってると、吐き気をもよおすこともあります。
性的な異常感覚も見えてくると、トイレに駆け込んだり寝れなかったりするわけね。
真剣に追求して、脱出経路さがして、それでも親との関係を一般生活まで考えて構築し直す方法も探すわけ。

俺がやっていくのはこういうことだよ。
俺は親子関係は完全破綻してると思う。でもね、俺の失敗記録を残しておくだけで、これやらなければ新たな方法も探せるかもしれない。
元の戦友が、吐露だけから一つ抜けだす時に、実際の生き方を残しとけば、なんかの為になるだろ。

教義などの問題も、いろんな検証も、他のすばらしい戦友に任せときゃいい。
俺にはそういうセンスはない。(笑)
自分の折れそうな心に戦うことだけしか出来ないわけで、勝ってみせる自信はある。
その中の一つの記録に過ぎないわけだし。

今月中に、新たに試すこともあります。
その報告もしていきたいとも思います。
逃げるぐらいなら、死んだ方がマシだとしか思ってないし。

その中で思った事を書いたまでです。
そう、JWムチの必要性など軽々しく口にするな。それがエスカレートした土壌を産むだけだから。
俺の目の前で口にしたら、殴られても仕方がないと思っていただいて結構。

体罰と、JWムチは全く別なものであることを理解していただきたいです。

お考えもあろうから、俺の個人的な思いってことにしときます。
ナマで言わせたら、こんなもんじゃないですよ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:47Comments(6)TrackBack(0)

2007年09月12日

解釈・・・言い訳のクリスマスケーキ

エホバの証人の決まりごとと言うのは、どれくらいあるのでしょうか?

解釈次第で、どうにでもなるが正解でしょう。

ということで、ちょっと早いが・・・思いだしたケーキの話を書く事にします。

******************

エホバの証人は、クリスマスを否定します。
もちろん、世間でクリスマスを祝うような行事に参加することは認められてません。

俺が子供の頃は、これでかなり苦労をしました。
学校のクリスマス会は、証言という参加拒否を通告しなければいけません。
いじめの原因になるんですがね。

しかし、A姉妹はすごい解釈で、クリスマスをやったわけです。

A姉妹は一時期、早朝にパン屋さんで働いていた事があります。
まぁ、大手というか、今は吸収合併されたけど、地元では有名なところです。
あっ、俺の悲しき失恋話の彼女が勤めていた場所でもあります。

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50364867.html

http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50365832.html

これを参照ね。

で、そこでもクリスマスケーキは作ってるわけです。
嫁がケーキ屋にバイトに行ってますからよくわかるんですが、店員などのスタッフに買わせるのは良くある話です。
ほぼ強制に近い感じですよね(笑)

例に漏れず、そこでもあったようです。

子供はクリスマス会など出来ませんから、学校で嫌な証言やって、教室の隅にいるか、休むかなんかして誤魔化します。
当時は、子供の自主性だの、宗教感の違いなどを認めるというのは少なかったと思います。
まぁ、悲惨なもんでしたが。

さて、A姉妹は仕事でケーキを作る作業はしなくてはいけなかったでしょう。
証人によっては、その作業も拒否することもあるそうですが、まぁ、そこは今回は割愛しましょう。
しかし、クリスマスケーキを買う必要はなかったはずです。

子供にあれだけの証言を要求するんですからね・・・

しかし、12/24の朝・・・

我が家に忌み嫌うべきクリスマスケーキがやってきました。
それも2個

子供心にナニが起こってるのか想像できません。
ケースにはサンタの絵、メリークリスマスの印字・・・・

それも、クリスマスにあれだけの講釈を持ってくる人間の手で、そのケーキは運ばれてきた。
俺は何したと思います?

「すぐに祈りを捧げたんですよ。いないエホバに向かってwwww」

そこでA姉妹の取った行動は・・・

【これはクリスマスケーキじゃないのよ、お仕事で仕方なく買わなくてはいけなくなったけど、ただのケーキなの!】

はぁ、子供は混乱します。ナニを信じれば良いのでしょうか・・・。
しかし、その一方で、栄養だの旨いものだのに飢えた子供の気持ちはどんどんケーキの匂いに侵されてしまいます。
俺もその頃は甘いもの好きだったんですよ、というか、栄養が欲しかった。

飾りつけをとれば、ただのケーキになります。
箱に無残に放り投げられたマジパンサンタ・・・メリークリスマスのチョコ・・・
朝ご飯になりましたよ。腹いっぱいいただきました。

もちろん、お祈りもしていただきます。

しかし、子供はあのチョコやマジパンが気になります。
ただのケーキと言われたのだから、食べたくなるもんです。
大して旨くはないんですけどね。

しかし!それを親が咎め、それに質問すると・・・ムチです。
あれはサタンなんだとさ。
じゃ、買わなきゃ良いのにねwww

しかし、エホバは明らかにされるわけですね(ええ、完全に茶化しです)

その朝、忘れ物を取りに帰らなくてはいけなくなり、急いで家に戻りましたら・・・

サンタと、チョコを頬張るA姉妹。
ここで取る行動は・・・

一旦、家から出て、玄関先で忘れ物したと大きな声で言う事です。
そうすれば、何もなかった事になるんですから。
もちろん、台所で慌てた感じで出てきましたよwwwww

まぁ、これがいびつなJW生活の1ページです。
何年かこういうのが続きましたね。
解釈の広げ方次第でどうにでもなるってことです。

大人はずるいですね。子供の方がエホに忠実なわけですから。
現役さんが見れば、ああだのこうだの思われるでしょうが、これがあの時代のJW教育の一つです。
これは消える事の無い事実ですから。

インチキとはこういうことを言うんですよね。

昨日、何げに思いだした事ですが、エホの解釈など子供の言い訳以下な気がします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:24Comments(9)TrackBack(0)

2007年09月06日

下書きのまま2年。

嫁にJW当時の事を聞かれても答えられないものです。

友達との記憶なんかないわけで、学友というのは敵意識みたいなのもあった。
あんまし楽しい記憶が存在するわけではない。
といっても、思いだせるものは答えるようにしてます。

しかし、JWを辞めてからの話には辛い事も覚えてますね。
まぁ、辛いといっても、悲惨だけど笑い話に出来るというか。
当時は大真面目に必死で生きてたような気がします。

**********************

ええ、今日はかなり重い話です。
この話を書くのは、かなりしんどいですが、JWに対しものすごく不信感を抱くことになります。
また、自分の中にあるイヤラシイ気持ちが垣間見えた部分でもあります。

隣の会衆の兄弟連中と交流を持っていた時の事です。
こういう交流の多くは、俺の場合は巡回大会が多かったのですが、同世代とはあまり話をしなかったです。
好かれるタイプではなかったんでしょうね。いや、マジで。

ある兄弟と話したのは、バプ受ける前の巡回大会でした。
この大会で自発奉仕した部門は、清掃部門。そう、会場の掃除やゴミ片付けでした。
これおもしろいもんで、ゴミの捨て方一つでいろんなことが分かりますよね。

香川に来てセルフのうどん屋さんに行きますが、器を戻す時に、ハシや残りツユ、ごみなどは分別して捨てさせる店が増えてます。
これ案外みんな守るんですよ。そんなに苦にならないしね。
昔の大会も分別して捨てるようになってたの思いだしました?

でもね、JWだからみんなが守ってくれるわけじゃありません。
世間と同じレベルです。美化して考えちゃいけません。それをちゃんと処理してくれる自発奉仕があっただけです。
これは実際に感じましたね。

さて、そこに清掃の自発奉仕のスペシャリストがいました。
慣れた手つきで、集まったゴミを綺麗に仕分けし、ゴミ収集業者がびっくりするほどの手際で行動する兄弟です。
その兄弟の存在は小学生の時から知ってました。

いい難い部分ですけども、先天的に皮膚にハンデがあり、明らかにわかるものだったからです。
一緒に自発奉仕をするまで、俺も気持ち悪いという感覚がありました。
いきなり初めて見れば、誰でもビックリはすると思います。

その自発奉仕で、その兄弟のお手伝いをすることになったのですが、正直嫌でした。
人間の下衆な部分をちゃんと持ち合わせていることを今になって話すというのも何ですが、実際その通りなワケですし。
そう、見た目で嫌がっていたんです。

隠す事の出来ない部分をだから、見せるしかない。
きっと本人が一番気にかけてる部分だろうにね。

さて、ゴミはどんどん運ばれてくる。
作業服に着替えて、それをどんどん仕分けして、まとめていく。
ほんと、すごい匂いがするけど、いやな顔一つせず作業に徹してました。

俺も仕方なくだけど、手伝う。
仕分けせずに捨てられたゴミや、オムツなどのゴミを一緒にしてたりで嫌になって投げ出したかった。
ダラダラにもなります。そこへ・・・

「ばうちんさん、誰かがやらなきゃいけません。気持ちよく過ごしてもらえる事も嬉しいものですよ。」

たった一言その兄弟が言い、また黙々と作業に徹してます。
その姿に、なんか恥ずかしくなり、頑張った記憶があります。

プログラムが始まった頃、遅い昼食をとります。
お弁当を支給されたんだよなぁ、あの頃は自発奉仕者はなんか無料で飲み食いしてたような気が(笑)
その兄弟と一緒に、会場外でお弁当を食べました。

「ばうちんさん、私の身体、醜いでしょう?」

笑いながら問いかけられました。

とっさに取り繕うんですが、笑いながら・・・

「いやいや、ウソつかなくっていいですよ。確かにそうだし、直らないから」

すいませんと言ったのかなぁ。

「でも、掃除するのと一緒ですよ。いつかこの身体もきれいにしてもらえる希望があるし、それまでエホバに喜ばれる生き方しなきゃね。」

なんか自分が恥ずかしい感じもした反面、その言葉を素直に受け取れない自分がいました。
反抗というのもあったけど、やっぱり説教臭く感じたから。

そして、時は過ぎ、俺もバプを受けました。
そのバプ受けた時の大会は、大会抜けてゲーセン行ったりしたんですけど、最終日に偶然会いました。

「ばうちんさん、いや兄弟になられたんですね。おめでとうございます。」

必ず年下の俺にもさん付けする方でしたが、握手を求められ、初めて彼の手を握りました。
結構オドオドしてました。やはり気になるから。
しかし、彼の手は普通に暖かく、エホ握手ですが、何の違和感もなかった。

かなり自分の心から、何か避けてた部分が氷解した気がしたものです。

その後の巡回大会では、普通に話すようになりました。
部門は違いましたが、彼はすぐに見つかる。必ず挨拶をする仲になりました。
彼もなんか嬉しそうにしてくれてたのかな・・・と。

しかし、彼にはすごい自己努力があったことを思い知らされることになりました。
翌年の地域大会の事でした。

俺は、荷物預かりの部門にいましたから、大会のプログラムギリギリに来られる人を必ず見かけます。
プログラムが始まった直後に、彼は入り口に現れます。
すごく真面目そうな方ですし、こんなギリギリに来られるような人じゃない。
JW的にいえば、霊性が高い人のはずですから。

必ず毎日、最終日までそれは続くんです。

もちろん、挨拶もするし、大会中は清掃部門で頑張っていらっしゃるお姿を見かけてましたけど。
何故なんだろう?
気になったんで、巡回大会の時に、一緒にご飯食べながら聞いてみました。

【兄弟はどうして、地域大会の時はギリギリに来られるんですか?】

今考えれば失礼な質問です。
しかし、嫌な顔一つせず、答えてくれました。

「ばうちん兄弟、私はこの通り、人がみればビックリされる身体です。私の近くに座れば、それが気になって仕方ないでしょう?気持ち悪いと感じられるかもしれないでしょう?巡回なら、知ってる方も多いから、それなりに対応出来ますが、地域はやはり大きい。楽しみにした大会で、私のために不快な気持ちになる可能性が少しでもないようにです。大丈夫、ギリギリ間に合ってるから。それで、一番空いてる席(当時は、2階の演台横がガラ空きだった。)に行くんですよ。十分見る事が出来ますし、ちゃんとノートもとれますし、バッヂもあるし、ちゃんと大会を楽しめてますから。御心配してくださってありがとう。」

それから、彼に対して何の偏見も持たなくなりました。
聞けば、その時となりの会衆だとわかった。
家も、自転車で30分で行ける距離でした。

そういう中にいても、俺はどんどん組織に嫌気がさしてたし、教義は信じてないし、めちゃくちゃやってましたが。
まぁ、いいかげんな体質なんでしょうね。いやぁ、わはは。
そして、彼のいる会衆に遊びに行くことになりました。

彼は俺を快く迎えてくれることになりましたが、そこの会衆でも彼は隅の席に座り、目立たない存在だったと思います。
お客さんが来たわけですから、俺は歓迎されましたし、話かけてくるそこの会衆の成員。
しかし、彼の隣に座って公開講演を聞くと、帰りには何か冷たい空気を感じることに。

ああ、兄弟・・・そうか、ずっと孤独なんだ。
一緒に楽園行く仲間でも、今はこんなにされてるんだ。やっぱエホバいねぇな。
そんなことを思いましたが、エホにどうでもよくなると、結構どうでもよくてね。

一緒にお昼ご飯を食べました。
菓子パンと牛乳みたいな感じだけど、彼のアパートに呼んでもらって食べました。
自然の写真がたくさんあって、山に行って綺麗な写真とるのが好きなんだと話したりしました。

それ以降も、時々アパートに寄らせてもらったりして、たこ焼き食べたり、ものみの予習したりとかしましたが・・・
ある時、若いやつばっかでハイキングみたいなのに行った時、その会衆の若いやつも来てました。
その時、そいつが、いらんことを言ってきたわけです。

「ばうちん兄弟、そういえば、あの兄弟と仲良いみたいですね、でもあの兄弟、奉仕もあんまりこないし、活発じゃないし、病気もあるけど、なんか近付き難いでしょ。特権もないし、霊性の問題があると思いますよ。」

ああそうですか。とだけ答え、なんか悲しくなり、マザコン馬鹿兄弟と口を聞くのも嫌になりましたね。

まぁ、それからも少しの間は彼と交流は続いたけれど・・・
そのうち、俺も完全に離れる気持ちでいたので、連絡もとらなくなりました。
そして俺は排斥になり、彼の事をすっかり忘れてました。

思い出した時は、すでに関わっちゃいけない人間になってるし、どうにもこうにも出来ないですしね。
ただ、チャンスがあったなら、自分が最初は気持ち悪がった事を謝りたかったなと今でも後悔です。
そう、俺はJWに未練があるなら、そのゴメンが言えない後悔はあります。

しかし、もう彼はこの世にいるかどうかわからない。

そう、俺が16歳の時、彼は50超えてたのだし・・・
身体にも不安が多くあったし・・・
御存命なら、どうかお元気でとここで言うしかねぇよな。

俺は完全に批判しているし、これからもそうであり続けるし、JWは嘘っぱちとしか思ってない。
彼は違うと思う。いつも人の気持ちを考え、JWがいう霊性をしっかりもってた。
誰に影響される事も無く、立派なJWだったはずだから。
相容れない分、願いが叶う事はないけど、これを書けないまま、2年を迎えようとしてた。

これを書いてスッキリするわけではないけど、原点に戻るというなら、これはずっと下書きしたままだったのだから、公開すべきだろう。

正直、ワンコを飼っている自分の気持ちがこれだけ確固たるものであるのは、彼のお陰だとも思う。

JWではない、彼のお陰だ。
JWには愛が無いけど、彼にはたくさんの愛があったのだと思う。
勘違いする無かれ、現役のJWがこれだけの気持ちでJWやってるのがどれだけいるのだろうか?

それだけにJWを信じるなんてまっぴらだし、インチキだという気持ちも確固としてくる。

エホはこういう人になんで冷たいのだろう?
どうして、彼の気持ちを理解してやるだけのお偉いサンはいないのだろう?
俺なりの結論はこれしかないよ。

「インチキだから。」

ただ、彼に何もいわなかったことは謝りたいし、お礼も言いたい。

あー、なんかつっかえ棒がなくなった感じだ。
どんどん批判していくけど、こういう人もいたから結局は人間どうしの付き合いなんだよ。

加筆もしてみたが、なんかまとまらなかったな。
中途半端な擁護じゃないからね、この記事JWに完全批判な内容ですから、お間違えなく。
さて、仕事しようっと。

 

今、下書きしてるムチ記事で、度を超えたものは近親相姦にあたるのではないかと考えたんですが、調べていくうちに気持ち悪くなってしまった。
ちょっとコアに調べていくと、こんなことまで入りこんでしまう。
いやぁ、真面目すぎてやると難しいよね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:59Comments(14)TrackBack(0)

2007年09月03日

新聞屋用語をJW活動に当てはめる 2

ほったらかしにしてました。

はい、昨日やるつもりだったんですが、眠りにつき爆睡こいてましたよ。

ガキも今日から学校ですなぁ、寂しい感じがする反面・・・開放されたという部分も(笑)
これぐらいの感覚してなきゃ、親なんかやってられませんよ。

さて、本題に。

*****************

 5)  販売店

これは言わずと知れた「新聞販売店」
専業の従業員は、「店」と言う。
現在は、個人販売店と、新聞社の子会社の販売会社と両方ある。俺は後者。
ただし、販売店と新聞社の関係は、9:1の割合で本社の力が強い。
本社の言うことを聞けない=販売店権利の剥奪 という厳しい側面を持つ。

JWに当てはめると・・・

会衆でしょうね。エリアなどを決められてる点、力量の具合などは確実に酷似してます。
増紙の圧力=奉仕時間の増強、見本紙の配布=ものみ、パンフの配布
成員が従業員、パートのみなさんと考えても、実にわかりやすい感じです。

6) 本社

新聞社のこと。

各新聞社の新聞カラーがありますが、結構なカラーがあります。
敵対とまではいかないが、まったく論点や主張が違うことも多くあり、購読者の好き嫌いも結構ある。
ただし、販売に関しては、様々なしがらみがあり、取り扱いを共同でやることも多くある。

ここからの声は、神の声。
販売店従業員レベルの声など届くことは皆無。

JWで言えば・・・

はっきり、「統治体+アメリカ本部」だと言っていいでしょう。
JWがクリスチャンと言い、他のキリスト教をキリスト教世界というところなどは、主張違い程度だと考えてます。
正直、JWが他の宗教団体と連携というか、協力してる部分を疑ってる部分もあり、この辺も新聞社と酷似してるかなと。

まったく一緒の点は・・・

ここからの声は神の声。これにつきます。

7) 販売担当員(主任)

新聞社の販売部に在籍する営業係に当たる者。
大都市では、各道都府県に数名の人員が割かれるが、地方では各県に一人。(全国紙)
各担当員は、担当する販売店の営業状態を把握、指導し、業績不振や問題多発ならば、改廃という販売店の経営者のクビを飛ばす権限を持つ。

販売担当員の性格にもよるが、温厚な性格では勤まらないか、出世が見込めない。
嫌われるほどの強引さと、辣腕ぶりを発揮し、販売店を震え上がらせる人のほうが、販売店の成績を上げることも事実。
ただし、配置換えがあれば、次の担当員の性格等により体制が逆転する場合もある。

担当員で実績が残せない場合は、他の部署に配置換えになるが、そこではすでにお荷物扱いになることも多い。
逆に実績が残せると、新聞社での立場は最後まで保障されたようなものである。
本社の顔と、販売店の顔を両方立てながら実績を上げる担当員は、一握り。

正直、この担当員が新聞部数を支えていると考えてよいと思う。

JWでは・・・

巡回監督を指す。
巡回監督で、上記のことを全部当てはめれば、大体の組織体が読めると思う。
巡回監督って、組織のお役に立てなけりゃ、どっかの会衆の長老に格下げだけど、そのときはお荷物扱いになるって言うし。

上の顔と会衆の顔と両方を立てながら、調整を加えていくなんて胃の痛いことだと思う。
だから、それが嫌なら・・・強引な辣腕を発揮してるほうが気が楽なのかもしれない。
温厚な巡回監督は、会衆の受けはいいかもしれないが、かなりのプレッシャーを組織から与えられてるだろうし。

JWの成員数の増加は、巡回監督しだいだと考えるのは俺だけだろうか。

8) 拡張員

新聞を各家庭に売って歩く、営業専門の人を指す。
新聞販売店に属するわけではなく、新聞社が認めた営業組織に属するが、販売店と密接な関係にある。
各販売店の営業スタイルに合わせながら、自分だけの成績を求めると言えばいいのだろうか。

成績の高いものは、大きな報奨を得ることができるが、成績が低いものは、その日暮らしの末端を担うことになりかねない。
時間を働けばいいのではなく、成績しか評価されない。

大いにして人格者と言える拡張員は少なく、かなりの鼻つまみ扱いをされる者も多い。
成績だけがいいという拡張員には問題も多く、販売店とのトラブルも絶えない。
逆に、成績が悪い拡張員しか派遣されない販売店にもかなりの問題がある。

しかし、これが新聞部数をなんとか支えてきている大きな戦力には違いない。

JWで言えば・・・

全時間、ないしは正規開拓者を指すと考えます。
これ、書いたらものすごく長くなりそうですが、利潤を抜きにして考えるとこれがピッタリ当てはまるのでは。
将来のプランを立てにくい生活を強いられる部分は特にね。

会衆のカラーを決める大きなものであるし、これでひどい目に遭った方も多いのでは?

しかし、開拓者の報告が、JW発表のかなりの位置を占めているのは事実で、JWにとって大きな戦力であると考えます。
実は、拡張員はかなりの強引さを持ってると、店よりも大きな顔を出来る事もあります。
それと同じで、特開者に遠慮がちな長老がいることを考えると、にんまり笑うほど世界が似てます。

今日はここまで。
って、おもしろいシリーズになってるのかなと不安を隠しきれません。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:29Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月30日

新聞屋用語をJW活動に当てはめてみる

これ、シリーズ化しようかな。

どの業界にもその業界でしか通用しないというか、一般では使われ難い言葉があります。
みなさんのお勤めの業界でもあるでしょうね。

俺は新聞屋です。
少し分かりやすく説明しながら、JWサイトだということで、JW活動に当てはめて考えて見る事にしましょう。

かなりお花畑かもしれませんが、まっ、お付き合いを。

1) カード

契約書のこと。
新聞屋さんの購読契約書は、ハガキよりも少し小さめの複写式の契約書を使う。
この大きさから来たとされる。

契約が取れたという場合、「カードが揚がった」と言うのが一般的ないい方。
カードを増やせとか、カードが揚がらないというのを「契約」と置き換えればわかりやすい例だと思う。

JWで言えば、伝道者カードというか、報告の類でしょうね。
伝道者が報告することで、組織に成果を報告出来るわけですから。
0時間の奉仕報告じゃ、なんともならんでしょ。

2) 単

1ヶ月契約のこと。
ハッキリ言っておきますが、新聞屋さんと購読契約を交わす場合、月単位の契約です。
その最小単位が1ヶ月ということです。

読み比べたいが、日にち単位では契約できないからとか、連載記事だけ見たい場合、一番多いのが、セールスに根負けした場合などにある契約。
高校野球甲子園大会を主催する新聞社には、この時期だけ購読応援してもらう営業がある。
この場合、ほとんど長期契約は見込めない。

JWで言えば・・・

ものみ等を受け取ってくれた家で、初めて再訪問する家があったとしよう。
しかし行ったら、そっけなく断られた感じだろうか。

3) 縛り

3ヶ月以上の契約のこと。
この最近は、1年、2年とかの契約が多いので、1年以上の事をさす場合が多い。
新聞屋さんにもよるが、この縛りをたくさん保有しているところが営業を率先してやってることになる。

JWで言えば・・・

研究生との研究期間みたいなもの。
再訪問が成功している時は、3ヶ月ぐらいで研究生に持って行くようにするでしょ。
契約というのはJWにはないけど、年単位で研究生と関わってる場合、奉仕時間はたくさんはいるよね。

茶化しが入るが、「おたくの研究生もう何年だっけ?3年縛りか」なーんて。

4) 天ぷら

架空契約のこと
語源の始まりはよくわからないけど、架空で契約書を作成したり、お客を騙して契約書を作る事を指す。
この契約書でお金を得るわけだから、こういうことが起こりやすい土壌であったことは事実。

現在は、契約監査などのCHECKも厳しく、管理の行き届く店では起こり難い。
しかし、うちでも特別営業などがある場合、ごくたまにこういうのが起こる。
もちろん、見つけ次第、状況を判断しながらであるが、完全天ぷらなら、排斥(笑)処分。

JWで言えば・・・

奉仕時間などの報告を、水増し報告することであろう。
あまり酷くなければ、監査などないんだから通るだろうしね。
非公式の証言などを時間カウントに含めるのであれば、飲んでる席でも時間は入れれる。

一時期流行った言葉だが、2ちゃんに書き込む時間も奉仕時間というのがあったよな。

*****************

好評なら、このシリーズを続けましょう。
好評だと思うための基準?そりゃコメント数でしょ(笑)

いやいや、逆に面白くなければそれもコメントに。
HP下書きも含めてるんで、実験もあるからね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:07Comments(3)TrackBack(0)

2年以上前に書いた下書きを引っ張り出す。

ちょっと過激論なのですが、エホバの証人って、人の命に無責任とも言えます。

これが二世がJWを離れた時、もめるケースの場合、ものすごい事を言われるわけです。

「あなたは滅びて死んでしまう。」

ちょっと、ちょっと待って下さいよ。
どこのウマの骨かわからん人に、急にお前は死ぬと言われてもね。
まぁ、二世ですからJWの教えを知っている分、そう言われる事はわかっちゃいるけれども・・・

辞めて、ある程度冷静さを取り戻して、客観的に見て見ると・・・

「あんた、それ、どんな公式の場でも言えますか?」

伝道してる時に、ボランティアだとか、聖書から有益な情報をとかをお伝えしてますよね?
しかし、そのあなたたちは結局、エホバの証人だけがこの世界から救われるとはなかなか言い出しません。
しかし、結論はこれですよね。

「あんたら死ぬよ。」

まぁ、これは最新の書籍に書いてある部分を読めば、擦りこみされてるとは思うんですが。

「来て、わたしの追随者になりなさい」の150P〜160P 第15章 「哀れに思われた」ですな。

まったくの非信者は、かわいそうと思われながら同情されてるわけですよね。
いや、そう書いてありますもん。
ただし、この中にはちゃんと重要なキーワードも隠してあるんですけど、そこは下部に書いてある質問の直接的答えでありません。

しかし、エホバの証人内で、組織を離れる人に対し、こんな暴言とも言える言葉を言うのはごく普通。
それが親子であっても。

例えば、親族を紹介する場や集まる場があったとして、同じように「あんたら死ぬよ」などと言えますか?

思うんですが、親族とはいえ子供よりは付き合いが薄いでしょ?
子供よりは愛していないでしょ?
だったら、言えるんじゃないかな?

言わない理由なんて、簡単ですよ。

「ちっぽけな保身持ちだすからでしょ?」

そんな俗物でありながら、人の生き死にを口にするのは止めてもらおうかい。
よく考えてね、神様の言葉はもっと慎重に扱われるべきであり、そこらへんの俗物が知ったかぶりに言える言葉じゃない。

ついでに、組織はこんなことを言えなんて一言も言ってないですよ。
言わせるように仕向けても、絶対にそこは自分達が言わせたとも思わせないようになってる。
だって、JWは愛を示せって言ってるわけだから。

責任は個人、言わせる言葉は組織の言葉ってことをしっかりわからないでやってるとこんなことになる。

もっと分かりやすくいえば・・・輸血のことにしようか。

エホバの証人は輸血しないのだといっても、輸血したら排斥になるといっても・・・
強制はしてないんです。
輸血が危険だ、神の教えを守っていないとか、理由をあれこれほんと言いますよ。

しかーし・・・

輸血拒否カードには、自分の署名する場所がある。
全部自分で決めなきゃならない。
俺の時は、拒否カードを組織にわかるように提示するように求められた事はなかった。

強制力を求めておいて、問題になるようなところは決して強制させないようになってるはずです。

私達は自主的にそうしてるだけだとね。

こういうことに気がつくまでに時間が掛かり、二世は苦しむんだけど、無責任だからこういうことがいえるんだからね。
エホバに信仰をおいてるというよりは、都合の悪い事はエホバになすりつけるって感じだろうか?
こうでなければ、人の生き死にをあれこれ人間が言えないものね。

自分が何に対して怒ってるのか、ものすごく前に携帯メモに残した物を加筆してUPしました。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 14:19Comments(4)TrackBack(0)

2007年08月23日

組織の発表とは金絡み

そういえば、来年から公開講演が30分になるって?
メールでいただいて、現役さんのブログ覗いたら、すでに書かれてる。さすが!

公開講演30分にする意味・・・

これって、批判側から書かせてもらうと、公開講演の意味合いが別になってるんだろうなと思うんですよ。
昔はね、60分だったでしょ、それが45分になって、こんどは30分・・・

俺は公開講演などやったことないんですが、講演の資料(テキスト)に目を通し、あれこれやらされたことがあります。
60分用ですから、いやぁ、面倒くさいですねぇ(笑)
学校の授業時間がなかなか終わらない感じです。

協会側は、いろんな新しい指針だの、とってつけた理由を並べるわけですが・・・これを営業会議だと考えて、勝手に考えてみました。
こういうロールプレイングは実際に必要な時があります。
会議での押し切りが必要な時には、想定できる反論に対するものが必要だからです。

45分を30分に短縮すると、この15分を縮めるためにできる事を探します。
簡単なのは、聖句を開かせる時間と読み上げの時間を減らすことです。

「聖書にはこれこれ書いてあります。どこどこの何章何節です。(ペラペラ)うんだらかんだら、こあれこれ・・・・・・・・」

この時間を減らしちゃうなら、即読み上げしちゃえばいい。
聖書を開かせないことで、少し時間短縮できるかな。一つ二つの主だったものだけを一緒に開くだけになりそうだよな。
原稿の内容に終始するんだから、これが一番手っ取り早いわけだしね。

なんでこんな事いうか?

「ものみ研究」は、60分取るわけですよ。
お気づきですか?よーく考えて見ましょう。
聖書研究などやっちゃいない証拠です。組織の方針はしっかり教えたいわけですから。

公開講演は、一般人にも見せるものであるわけで、わかりやすくが基本線だしね。
45分の時間も、実際、一般人にはきついでしょ。
一般キリスト教の集会みたいなのに行ったことがあるんですが、30分程度でした。
(なんか信者さん用のは、別日であるようで、それはすごく濃いとか言ってましたけど)

素人受けしやすい内容に順次変更するための流れに入ってきたのかなと思います。
公開講演は、信者用ではなく、一般へアピールするものであるという仮説ですけどね。

ものみを10時からやって、11時から公開講演にしちゃえば出席の人数を確保できるんだし。
ただ、大幅変更というのは結果を見ながらやることで調整ってことじゃないだろうか?
確かに研究用のものみは一般配布されないしさ(笑)

交わりの時間が増える?

アーメンダッシュするやつには関係ない話ですwww

時間割する区分だけで勝手な推察したんですが、あながち外してないとおもいますよ。

ものみ研究、神権学校、奉仕会、書籍研究の時間が短縮になるわけじゃないんだから。
集会時間のカウントではなく、公開講演の出席者のカウントの向上へ向けて手紙が来そうな雰囲気だね。
そういうノルマ的な発想は絶対あると思う。

新しい書籍が発表され、それを配って来いという事を言いたいとか。
研究生が欲しくて仕方がないとか。

先進国といわれる国々での信者増加はすでに頭打ち。
これまでの方法で信者を新規獲得するのは非常に難しい。
ということは、いづれ組織の運営がやりにくくなる。

後進国と言われる国々で信者が増えても、寄付などのお金が集まりにくい。
ここで既存の国々での寄付を集めやすい体制=新規信者の獲得に必死にならせたい。
公開講演をより近づきやすいものへの変更をやっていきたい。

信者がこれで増える兆しがあれば、輸血禁止などの教義も順次撤廃方向へ向けりゃいい。
時間をかけて変更していけば、信者も時代の流れに伴って納得できるだろう。
今の老人信者はそのうち死んでいく。死ぬ間際に輸血OKにすりゃ、死への恐怖などの苦しみが除かれる分、楽だろう。

カルト的な部分を無しにしていくことで、開かれた体制にすれば、信者が広く浅く集められるのでは。

書けばいろいろ出てくるんだけども、これぐらいの話し合いに近いものはあると思うよ。
ただし、結果が出なければ元に戻せばいいようにしとくことで体面は維持できるし。
15分縮めることがこれだけの意味はないと考える?

設立から130年の間にどれだけ方針を変えてきただろう?
組織維持していくためには、どんなことでもやっていくのが母体の務めだよ。

この際はっきり言っとくけど、組織はパワーが巨大でなければいけない。
そのために絶対必要なのはお金。
宗教団体であれば、これは顕著なの。

単純に聞くけど、初詣やお祭りなどで宗教施設に行く時に、神殿などが大きなところが流行ってるでしょ?
人間って、そういうところがあるの。
そこらへんのみすぼらしいお寺や神社に行く人は少ないでしょ?

ありがたみを見えるもので見せなきゃ、誰もついてこないわけだ。

これはものみの塔でもおんなじなのよ。
だとしたらお金は絶対いるんです。
その回収を滞りなく行うには、どんな手でも使わなきゃだめなの。

100年後も見ることが人間はできない訳で、教義の変更などどうにでもなることを忘れちゃいけません。
神の1日は1000年だとして、あれこれ計算したから一連のハルマゲドンの予言だったのが、いつくるかわからんけど近いに変更になったでしょ?
これで当面はどうにでもなるわけだよ。

心配しなくても、俺たちが死んでも、ガキが死んでも、ガキの子供が死んでも、JWが続く限りずっと終わりは来ない。
JWも終わりが近いと叫び続けるに違いないんだし。
そうしてたら、お金がいくらでも必要なんだから。

寄付箱に入れると言ってるけどね。
これは事実上の集金といっても過言じゃないんだから。

教義の変更だの、公開講演の時間短縮だの、こういうのは全部組織の体制維持と拡大に問題があるときに行われると考えてるもん。
人間臭く考えれば、答えなんか結構簡単に出ると思うよ。
現役さんには気づかれにくい理由を与えればいいんだしね。

来るべき時の備えというのは、来るべき時が来なくてもしとくものです。
地震が来る時に備えて、あれこれ用意するのと同じ。
来なければ、それはそれでいいわけでしょ?

世界的な災害が起きたとき、ハルマゲドンだと言えばいいわけだろうしね。
そのあとの復活など、生まれ変わり論を採用すれば、復活開始だww
最後の審判は、時間設定がはっきりしてないんだから、またやり直せばいい。

って、何を俺はいいたかったんだ?

そう、今回の時間短縮は、大きな意味があるとするならば、信者獲得のための新しいケースへの試験だと思うけどね。

まぁ、完全なお花畑だから、ばうちん論で片付けてね(爆)

ただし、昔から言うでしょ?

「信者 と書いて、 儲け」 とねwww

いやぁ、メチャクチャな文章かいてもうた。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 19:43Comments(4)TrackBack(0)

2007年08月17日

ツッコミどころがありすぎて、笑いが止まらん。

私、今回の大会で発表された文書を手に入れましてね。
え?銭も払わないで?
いえいえ、無料ですよね?ついでに過分に昔入れとりますので、罪悪感などございません。

「来て、わたしの追随者になりなさい」

相変わらずの組織マンセー本ですな。

ちょっと引用しときましょうか。

11P〜12Pより(引用は赤字)

得てして自称クリスチャンには「一つのことが欠けています」。イエスおよびイエスを遣わした方に対する魂のこもった愛が欠けているのです。

わたしたちのキリストへの愛が真に試されるのは、単に言葉や感情においてではなく、主に行動においてなのです。

単純に・・・

あんたらも自称だろ?
というか、自称クリスチャンは一つのことが欠けてるだけだよね?

あんたら・・・100ぐらい欠けてないか?

行動ってもねぇ・・・

たいがいだけどね。
この猛暑のなか、書いたのかなと思うほどインチキっぷり炸裂ですな。

伝道者以上が読まないとわけわからんと思いますよ。
セクション3など、狂ったヤツしか本気で信じられんwww

長老だって、長老の妻だって・・・・自己犠牲やれってよ。
いつかバランス崩れるな。

まぁ、ゆっくり笑わせてもらいます。

というかね、アンチというか、妄信されたコメント返しには有益でしょうな。
引用してあげるから、読み返すようにで良いわけだから。
すまんねぇ。

「毒には毒をもって制す」

ってことで。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 21:06Comments(3)TrackBack(0)

2007年08月05日

エホ教義を算数してみる。

チラシを見ていて、なんか老化防止の簡単な算数がありまして、それ解いてたら・・・
ものすごいお花畑が花咲かせてしまいました。

JWの教えを簡単な算数で考えるというものです。

1) 足し算の答えよりも数式にこだわる。

○+○=5

この中に当てはまる数字というのはいくつもあります。
あんまし難しいのは抜きにして、ちょっと普通に考えられるものを書きましょう。

0+5、1+4、2+3、3+2、4+1、5+0 ですよね。
しかし、JWで教えてくれる答えは・・・0+5だけなんじゃないだろうか?
えっ?5+0でも一緒じゃんと考えた方、それはJW向きじゃありませんね。

JWの教えって、擦り込み型です。
長老の言うこと聞け、お前ら勝手な数式出すな。0+5で教えてるんだから、それが最善の答えだ!
これが忠実に勉強してる証拠だ!ってことじゃないでしょうか。

ものみの塔にアンダーラインを引いて、その通りの答えを要求されてませんか?
ちょっとひねって、かっこいい注解なんぞして、長老の感情に触れたら、注解できないでしょ?
そう、答えが同じでも、組織の求める数式で答えなきゃならんわけです。

信仰+良心=楽園いう答えがあるとしましょう。
信仰など、神様にしかわからん問題なのに、組織は定義を押し付けるでしょ?
妄信的なA姉妹なら、1+4なんて答えは15とか答えてしまいそうです(笑)

家庭の信頼を得るという点で、伝道奉仕の前にやることをやって、家族から信頼を得て活動するB姉妹がいたとします。
もちろん、信頼を得るために、少ない伝道時間しか報告できないでしょう。
しかし、自分なりの答え5を持っているんですね。

逆に、A姉妹のように、家はぐちゃぐちゃ、家庭もめちゃくちゃなんですが、伝道時間はたくさん報告します。
そのために家族はバラバラな方向に向いています。
まぁ、実際は違うんですが、これも答えは5だとします。

組織はどっちを喜びますか?

そう、A姉妹の行動を喜ぶんです。
ついでに、A姉妹は、B姉妹を霊性が低いと判断します。
会衆によっては、B姉妹にプレッシャーをかけるかもしれません。

判断はエホバといういるかいないかわからん神様が決定すると教えてるのに、それをちゃんと信じてるのに、組織は数式なんです。
俺の説明がうまくないかもしれんけど、ちょっと当てはめてみて。
結構、当てはまることあるんでないかな?

2) 数字は大きいが、よく見ると「0」の入った掛け算である。

14525×625=?????

すぐに答えられる人は少ないでしょ?
でもね、ここに・・・「0」をもうひとつ掛けてください。誰でも答えはわかります。

そう、答えは「0」なんです。

ものみの塔の矛盾も、虚偽、会衆に与えられるわけわからん指示、愛の組織とはかけ離れた体質・・・
こいつを数字で「0」にして計算式を出しましょう。
新しい光だの、出版物だの、組織の提案だのごちゃ混ぜですし、エホバのご意思は無限に広がるものですから、ここは掛け算しかない。

こういうのは、組織がより大きな数字で表してきます。
そう、いかにもすごい見解だの、すばらしい教えだのと誇張するわけですから。
もし、本当なら・・・

「0」は生まれてこないわけです。

じゃ、どうして600万も人がいるの?ってことですが、簡単です。

「0なんて数字は元々ないんだと教えられえるというか、隠されるというか、見えないというかそういうことでしょ?」

戦友たちは、「0」に気づいちゃったわけですよ。
そう、立場や状況などいろいろあるけれど、見つけちゃったんです。
たくさんの数字を並べた数式の最後に見えた「0」をね。

組織は、いろんなことで数字を追加してきます。
「0」が見えそうになると、なんとか「0」が「8」に見えるように一所懸命ごまかすわけです。
新しい光だの、国別での組織の見解とか、迫害を一時的に避ける手段とかね。

もちろん、「0」が発覚しても、最後の手段・・・知らせないという手を取ります。
今は、ネットがあるからね、見ないように教えるでしょ(笑)

145×587×458×36×478×144000×666×1975×1914×1999=???????????

と複雑な答えにすることで、答えられないようにしてあるんですけど・・・
見えちゃいます。
そう、「×0」がね。

はい、こんな難しい問題、1秒で解決。
答えは「0」です。
JWの教えって、うそじゃんとわかっちゃう瞬間かもしれません。

妄信的なJWの方や、賢いというか、俺のお花畑を笑う方にはめちゃくちゃなんかもしれませんけどね。

JW否定するとき、間違いだと考えられる一例にはならんかなぁ。
まぁ、30分ぐらいで考えたというか、花咲いたことなんで、穴はたくさんあろうけど、まぁ、単純発想ってことで。
ばうちん論って、所詮こんなもんですが、面白いと思ったらコメントください。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 15:34Comments(15)TrackBack(0)

2007年08月03日

あるばうちん的結論

さて、JWを辞めた後の人生についてなんですけど、ちょっと興味深い(?)考察をしてみました。
特に二世にはわかる部分かも知れません。

親とうまくやってる人は、今回除外します。親が立派なのかもしれないし、あなたが立派だからです。

そう、A姉妹が今回も教材となります。

エホバの証人辞めちゃった二世の多くは、親とあんまりというか、全然うまくいかない事が多々あります。
俺の場合は、家から追い出されちゃったわけですけども。
まぁ、JWでいう条件付の愛なんでしょうな。世間では立派なドアホな大人なんですけどね。

A姉妹、俺がブログやってるの知ってます。
見てる可能性はあるんですけども、コメントは出来ないだろうな。叩かれるわけだし。
ちょっと怖いですよね。実際にコメントしてきたら、現役にまで叩かれるだろうしさ。

最後の電話で、エホバの証人に何故関わるのと聞かれたんです。
辞めた人間関係ないでしょ、そっと暮らしてる人が大多数だと言ってくるんですね。

この言葉に、どういう意図があるのか?
まぁ、表現の自由もよくおわかりにならんのでしょうね。まだ、俺をJW理論で攻めようとでも思ったのか?
これね、単純なことだったんです。

「俺がJWを辞めて、幸せになってるのが気に食わない」ってことです。

引き合いに出す、自然消滅を含む離脱者の多くは、引きこもってたり、社会に順応してないのばかりなんです。
なぜなら、JWを辞めるとろくな事が無い事への証明をしたいからなんですね。
JW辞めたから、ろくな人生にならなかったと言いたいわけなんですけど、それは叶わないですな。

家を買うと、どこからそのお金が出たのか知りたがり、自分の生活の中で買ったと言えば、物質主義なわけで・・・。
挙句の果てには、ハルマゲドンで無くなってしまうから、無駄な買い物だとも言う。
あんたのお住まいは、一応分譲住宅なんですけどね(笑)

車を買えば、買ったで、3人家族に必要がないと言うわけで。
オフ会に大活躍しましたがな。釣りにも、諸般の時にも大活躍です。
奉仕に便乗させてもらう車の持ち主にも同じ事をいえるのかね(笑)

仕事である程度の収入をもらってる事も気に食わないのでしょうね。
学校にもろくにいって無い人間が、そんな収入を簡単にもらえないでしょう?とか、
休みも無くて、家族に愛をしめせてないんでしょうねとか・・・

確かに、簡単ではなかったし、休みも少ないですよ。
しかし、うちはこれが幸せにできると思ってるし、何とかやってるわけです。
今までの自分の行動棚上げかよ。

「到底、聖書を学んで行動して出来上がる家庭環境じゃない、悪い結果しか産んで無い」

と言えば・・・こうなるわけです。

「聖書も、創造主を否定するわけ?科学的にも・・・(略)」

JWの中に成功を見出せないのに、何が正しいとあなたが言えるの?と言えば・・・

「あなたは何れ、滅ぼされるわけだから、その時私の言ってる事が正しいとわかるわけ。」

とにかく、幸せに過ごしてるのが気に入らないのだと思います。
一応、最近までは親としての認識もあったのですが、あんたは他人と言われてますんでね。
A姉妹、あんた、これ否定できんだろうに。

親があれこれ否定する時の最大の理由は、ひがみと妬みですよ。
真っ向から否定できる幸せという材料を、元JWの子供が持ってるのが気に食わない、それだけです。

親が子の不幸せを願ってるっていうのも・・・すごいところだと思う。
あっ、そうじゃないと言われる現役の方・・・A姉妹はそうですよ。

なぜなら・・・

短絡的な言葉しか言えない、これエホバの証人の教えでは良くないと言われてきたよね?と質問した時・・・

「それはあなたが売り言葉になるから(これもおかしい表現)だから、感情で返すようになる」

と明言してるわけです。

自分達の過ちは祈れば許される、しかし、あんたらは許されないと本気で思ってるところも痛いんですけどね。
教義の論破など、盲心的な信者相手なら、簡単に論破できます。
しかし、絶対的な証拠がいると悟りました。

盲心的であればあるほど、目に見える他人の幸せが怖い、悔しい、気に食わないんです。
大した霊性じゃないですよ。見える物に惑わされやすいんですから。
これが確立されてれば、A姉妹程度でしたら化けの皮がすぐに剥げるんです。

まず、自分が幸せに進む、これ以上の証言はないわけです。
だって、JWは正しさの証明出来ないんだから。

バランスよくやってるJWは、このへんをしっかりわかってるから上手くいくわけだと思います。

この世の終わりの証明を論破する方法は・・・

「あなたがこの世で幸せであればそれでいい。」

盲心的信者に見せる証拠はこれで十分。ただし、妬みとひがみは覚悟して下さい。
でもね、それが相手の心に響く可能性も高いと思いますよ。

A姉妹に関しては、ネタの宝庫ですし、JW問題の深い部分を持ってますので、これからも明らかにさせて頂きますがね。
協会に報告するといってたあの件は、どうなったのかな?

あなたが一人歩き出来ない限り、あなたの生き方を親はJWを辞めた証明といい続けます。
そして、幸せに過ごして下さい。それだけで十分反論したのと同じです。
そして、それは証明出来ないJWに一番の痛手だということを忘れないで下さい。

「元JW二世が、この世で幸せになると、盲心的親は、サタンに毒された事に気がつかず、エホバの証人の特性と言われる霊の実の代わりに、エホバに忌み嫌われる存在に成り下がる。それでも自分達は守られていると毒を吐く」

これが俺が38年間で学んだ大きな証明だと自負しています。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:33Comments(6)TrackBack(0)

2007年08月02日

ザッツオール!



JW話題ってことですが、昨日・・・レコーダーの中に残ってたヤツを思い出し見てましたら、急に書きたくなりました。
いやぁ、JWとピッタリはまっちまったわけですよ。

えっ?このお方を知らない?

世紀の預言者、ピカデリー梅田先生ですがな(爆)

これは、「ダウンタウンのガキ使」で年に数回あるコーナーなんですけども・・・
これが思いっきり笑っちゃうわけです。
いやぁ、たまんないですよ。こんだけやられると、JWってこんなことやってるのかと思っちまう。

知らない方は、youtubeで探しておきましたので、参考にして下さい。

http://jp.youtube.com/results?search_query=%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%94%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%A2%85%E7%94%B0

まだまだこのシリーズはあるんで、画像検索されると出てくると思います。

信じなかったら、消されてしまいますよwww
これを踏まえて、ちょっと思う事を。

***************

冷静に考えてみて下さいね。

JWって、神の殺人予告を述べ伝えてるわけです。

どこのウマの骨と言えば、言い方が悪いですけどね・・・
何をとち狂ったのかわからないのが、いきなりですね、ご家庭に訪問しては・・・

「あんさん、私の言う事聞かなかったら、死にまっせw」

と言ってるわけですね。
そうじゃないと言えますかね?
この世の人の多くは滅ぼされると学んでるわけですから、そんな言い訳聞きたくない。

まぁ、はなからそんな事言えばドン引きですから、回りくどくやるんですけども、結局こういうことです。
ピカデリー先生のような奇跡(?)を大会で演じながら教えるわけですよ。

この番組では、司会者(ネタ)が、信じなければいけないというように説明してきます。
また、これが公開講演のお話しみたいで笑っちゃうんですけどね。
置き換えてやると、ほんとすごい当てはまるんですよ。

また滑稽なのが、この滅びまっせと伝えるヤツの命も保障されてないところがスゴイ。
でもね、たいがいですが、こういうのに限って、自分は救われると信じて疑わないとこもすごいですね。
え?私はそうじゃない?いやいや、心の奥底では思ってるでしょうに。

殺されたくなかったら、組織の言う事を聞け!
別に怖がらなくてもいいよ、組織信じてたら、必ず悪いようにはしないんだから。
お前、生き残ったら、永遠に生きられるんだぜ、ついでに若さも維持してやるんだぜ・・・

この3つを信じさせるためだけに、一生懸命洗脳するわけですよ。
神様は、地球で植民地を作るために、殺しをやるわけです。
40億以上の人間が皆殺しの予定です。

いやね、単純発想してたんですよ。
JWに愛なんて存在しないって言うでしょ?いやそうなんですよ。
だって、皆殺しするって伝えてるわけだから、愛なんてあったってムダです。

聖書がそう書いている?
何をどう読んだら、そうなるんだって。予言までやっちゃってるしね。

でもね、JWは大丈夫。
全ては、ピカデリー先生が教えてくれました。

 

 

「ザッツ・オール!!!!」

 

 

いやぁ、そうでした。忘れるところでした。
この言葉で、全てどうにでもなるんでした。
どんな失敗も、どんな偽りも、この言葉を発するだけで十分なんです。

JWで言えば・・・

 

 

「エホバのご意思」

 

 

これを一般世間では、ピカデリー先生が「ザッツ・オール」と教えてくれるわけです(爆)

くそみそですがな。
JW二世が苦しんでいようが、それもザッツオールですよ。
エホバが言ってるということで、組織はそう言ってるに過ぎないわけで。

ピカデリー先生のインチキ奇跡がどんなにおかしくても信じるしかないわけで。
いえ、茶化してるんじゃないですよ。
客観的にみると、ピカデリー先生を盲心的に信じてるのとなんも変わらないんですよ。JWって。

この最近、ピカデリー先生はエロなんすけど、このへんもJWに当てはまるしね。

疑問をお持ちの現役の方。
エホバのご意思と言う言葉を、ピカデリー先生のお言葉、ザッツオールに置き換えて見てたら笑いが止まらんかもね。
いや、元の方だって、十分理解できるはずですよ。

*************

オフ会で大笑いの話しになったんですが、「ノアの箱舟」の件。

種の保存は不可能だろう。

だってね、中東圏で全部の動物を集めるのは・・・。
食料の保存するにも、どれだけいるんだ?(動物園で1日の食料調べて来い)
まさか、箱舟の中に畑でもあったのだろうか?

地表は全部水で覆われて、確か10年だっけ?

いやぁ、水が引いても食料になるモノはあったのかねぇ?
聖書は科学的にも優れた書物だとA姉妹から聞いてましたが、どうにもこうにも・・・。

ついでにエホバ失敗こいてます。
一度、世の悪を一掃したはずなのに、結局もう一度ハルマゲドンやるんですから。
まったく、履歴書に書いて欲しいモンです。

「趣味: 人殺し(皆殺しが一番好き) 」

こう言う事を書くと、あれこれ反発食らうんですけど、大丈夫です。
ピカデリー先生が教えてくれました。ね、盲目的信者の皆さん、あなたは必ずこう言います。

 

「ザッツ・オール!!」

 

JWってこんな教えなんですけど、お分かりいただけましたでしょうか?
中庸的に書くと、あれこれ言い回しを考えないといけないので、批判派の俺がわかりやすくするとこんな感じです。
例えが悪い?いやいや、ばうちんの脳みそはこれが限界です(笑)

JWに疲れちまったら、これぐらいの単純発想で考えてみましょう。
迷路のように、こんがらがったこと考えると心を傷めるぞ。

あっ、ピカデリー先生は、俗物でただの人間ですけど・・・・何か?

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:38Comments(3)TrackBack(0)

2007年07月31日

うーん、大会に参加する理由の本音って。

地域大会が3週間程度真っ盛りですので、たくさんのブログで地域大会記事がありますね。
現場レポートなら、現役さんのブログでいろいろ見る事が出来ます。

少しあいのりして、どうして地域大会に参加するのか・・・理由を探してみました。
もちろん、イベントとして啓発するというのが大きなものでしょう。
あくまで、組織側の目的であり、これはJWだけに限った事じゃないです。

いや、参加する側に立ってみたわけです。

1) プログラムを純粋に楽しみ、鼓舞されようとするため

思うんですが、これってJWに入りたてであったり、あまりにも純粋無垢な限られた方だと思うんです。
何故って、話し方や論調を変える事で新鮮さを出そうとしますが、内容はほとんど似たりよったりでしょ?
感動したり、励まされたりというのは、新鮮さがなければなかなか・・・

大会のプログラムをあれこれ思いだせるほど、ほとんどの成員は聞いているだろうか?
敢えていうなら、自分の学んだ事の正しさを再確認しようとするためなのではないだろうか?
正しさと言っても、自分なりの解釈度あいであるんだけども。

話の全体の流れに沿うのではなく、自分に都合のいい部分だったり、ハルマゲドンの予兆の事例確認とか・・・。
楽園が近い事、その情報に乗り遅れないためだけとか・・・
あとは、もう一つ・・・

「この世の風潮への牽制や注意点を、勝手に当てはめようとするため」

妄信エホって、ある意味・・・規制されるのが大好きだと思うんです。
それによって、自分達が浮こうが、進む道がハッキリあるから。
自分でモノを考えられないといえば、キツイ言い方だけど、実際縛られないとやってけない。

良心に沿って行動する事を求められる割には、あれは危険、近寄るなと言われるでしょ?
信仰は自分だけのもので、神との個人的関係だというんですがね。
もっと悪く言えば、自己責任ということが出来ないからとも言えるんでは。

サタンのせい、人のせいにする事で責任転嫁してるとも言えるわけで。
核心の部分は、あれこれ回り道して話すもんだし、強調しないことでわかんなくしちゃう傾向もあるしね。

2) 普段出来ない交わり(親交)を楽しむため

まぁ、これは俺達がやるオフ会に似たトコもあるよね。
しかし、一般生活ではどこかずれてる行動をする分、村社会では楽に過ごせる。
さらに、それがたくさんというのは・・・何か安心するのではなかろうか?

個人的な関係というが、やはり多数でいることの安心感が必要なのだろうとも思う。

3) 行かなきゃ、仲間はずれとか、あれこれ言われるのがイヤだから

実際に、大会会場が近い人はいいけれど、遠方の人は、仕事・時間・費用なども考えるでしょ?
例えば、今回は参加を見送るけど、ノートを見せてもらうとか、ビデオを見せてもらってもアリじゃん。
もちろん、入院とか、のっぴきならない事情なら他人も認めてくれるけど・・・

しかし、そうじゃなく、精神的にしんどいとか、仕事を変わったばっかりとか、少し熱があるとかは、何とかするように言ってくるでしょ?
そういう時に限って、余計なおせっかいとか働かせてきたり。
それを断れば、いろいろしてあげてるのに愛が無いとか、霊性が低いとか言われる。

例えばですよ・・・

転職したばかりで、大会に行ったために、事実上のリストラを受けたとする。
その人は生活のために、したくない仕事でも必死で探し、再就職できたとします。
ものすごくそれが精神的にきつくてもね。

言っときますが、他人には美談にされるわけです。
本人は、生活と会衆内のプレッシャーのためだけにしたことでも、他人は美談にする。
だって、他人事だから。

熱があったけど、直りかけだったとする。
ちょっと無理して行って、熱が引いたとする。
これ、どういう?

ええ、エホバからの祝福として美談になる。
その後、またすぐに病気になってもね。
治りが悪ければ、祈りが足らないとか言ってりゃいい。だって他人事だから。

参加してれば、身体が、お金が、精神的にちょっときついぐらいなら、行かない事でアレコレいわれるよりはマシと思っちゃう。
まぁ、二世みたいに半ば強制もあるけどね。
それでも、自分だけの信仰という勇気はないから、とりあえず参加しとくっていうのも・・・

4) 参加する事に自己満足

参加しとけば守られてると自己満足。
お花畑が炸裂してると起こる現象だと思うけど、案外多いんじゃないのかな?

ある程度ベテランになると、あれこれわかってるから、都合のいい部分を自己解釈。
組織が言ってる事よりも、更に激しい自己解釈。

ただ、参加しないと満足しないだけで、ほんとは何もわかっちゃいなかったりする。
改めて思うけど、典型的なのがA姉妹だと思われる。

5) ブログネタ?

これは割愛。

******************

基本、大会なんて・・・ハルマゲの予兆の強調と楽園の希望、自己決定できる部分を組織寄りにするための強調でしょ?
あっ、オカルト経験の発表もあったwww
ん?なんかまちがっとるか?

これってね、離れなきゃ見えないんです。
どんなに平衡のとれた見方が出来る現役がいようが、これは見えない。
だって、どこかでJW寄りに見ちゃうから。

これに関しては、相容れないところと思っていい。

俺は一時期JWだったから、こういう事が言えるわけで、単純思考になるまで時間掛かったモン。
ええ、批判を繰り返しながら、さらに進んでいくと、こんな考えになっちゃったな。
自分でノートを改めて取ったりして、気付くんだけどね。

1に組織、2に組織、3.4も5も10も組織に従う。
50ぐらいにエホバで、70でキリスト、100に聖書だと感じるから。

寝れないので、ちょっと思い浮かんだ事を文字列にしたらこんな感じになった(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 02:41Comments(8)TrackBack(0)

2007年07月27日

サンメッセ大会始まったね

今日は、地域大会盛りになる意味も込めまして、ちょっとした小話を。

会場そばのコンビニの弁当発注は、すごかったですよ。
まぁ、これも経済効果ってあるんだろうな。
うどん屋も満員御礼だろうしね。

ちょっと特定されるかもしれんが、俺は会場前を通過して会社にいくんだよなぁ(笑)

***************

さて、今日から3日間・・・
会場近辺は、エホファッションの集団がたくさんってことになるわけですが、そう、今日はあの服装についてです。
信仰と服装の意味がわからんので、思い出話を含めながらね。

近年は、少しは違和感がわかない人も見かけますが、やはり違和感を感じる方が多いんだよなぁ。

男性は、サラリーマンのお手本みたいなのだと思えば良いんで、まぁ、いいんですよ。
女性はかわいそうだよな。
ロングスカートだもんね。暑くないのかな・・・?

あのスカートというのは、俺にとってエホの代名詞だと感じてます。
決してロングスカートが変だと言ってるんじゃないですよ。
そこまで服装にこだわらないといけない理由がわからんのです。

ミニスカートという基準も、どこからどこまでなのかもわからん俺ですが、皆無ですよね。
足が見えるのがダメなんだろうと推測されるんですけども、足は霊性をダメにするものなんだろうか?
おパンツが見えるようなヤツは例外としますね。

20年前の話ですけども、A姉妹のファッションCHECKってのがありましてね。
スカートの丈をあれこれ言う人でしたね。
基準値は・・・

「座って、膝が出るのはいけない」

まぁまぁ、最後まで話を聞きんさい。20年前の話じゃけぇ。

伝道行って、膝が出そうな姉妹を見つけると、速攻で駆け出すA姉妹。
すでにブロックを囲んでますよぉ!もお構いなし。

「姉妹!そのスカートの丈は短いわ、つまづきの元になるから・・・」

ドラえもんの四次元ポケットでしょうか、カバンからミニ裁縫セット登場。
公衆の面前で、裾直し始まるんです。
裏地ギリギリまで裾を伸ばされ、マチ針で仮止め、とりあえずの糸止めが20分程で行われます。

まぁ、古参で、正規開拓で、完全な妄信信者ですから、有無を言わせない行動でやっちまいますね。
俺はものすごい恥ずかしいのと、その姉妹から睨まれることになります。
満足出来る長さになると・・

「さぁ、姉妹、これで大丈夫よ。」

いやいや、これの被害者20人はいたよなぁ。

逆らうと言うか、丁重にかわそうとする姉妹もいます。
家に帰って直すとか、今日のところはとか、ごく当たり前の話です。
そうすると・・・

「姉妹、若い兄弟もいるのよ(俺だけだけど)、つまづかないように・・・(略)」
「誘惑してなくても、そう受け取る人だっているかもしれないでしょ?」

それでも、裾直しを拒否すると・・・家に帰り・・・

「あの姉妹には要注意ね、霊性が非常に落ちているから。ばうちんも気を付けなきゃダメよ」

え?俺ですか?真面目に聞きゃしませんが、スカートの丈と霊性は比例するんだと勘違いしてました(笑)
毎日似たような事言われてりゃ。勘違いもするって。

スカートの裾直し拒否した姉妹・・・娘サンは監督婦人になられましたね。
泣く泣く伸ばされた姉妹・・・長老夫人になられましたね。

伸ばして、自己満足してたA姉妹・・・

「子供達は全員・・・離れちゃいましたね。」

スカートの丈とJW信仰は何の関係もございません!
そういえば、似たような事を言ってる古参姉妹もいましたけど、妄信信者だったよな。

俺は近年ある結論を出しています。

「スカートの丈が長ければ長いほど・・・妄信お花畑信者は比例する確率が高い」

世間の流れというか、ふさわしいというか・・・常識でわかるだろうにさ。
昨今、膝が見えたぐらいでなんか感じる男も少ないでしょう?
逆に、そんなのばっかり気にしてるのは、抑圧されたJWぐらいだと思うよ。

まぁ、エホファッションと言われるぐらいだから、組織自体がそういう流れなんでしょうけどね。
神様がいたとして、女性は美しいモノとして作ったんだろうから、それに沿ったもので良いと思うけどね。
不思議でならんよ。

服装がどんなものであれ、神様を心から崇拝するのが信仰だろうけども・・・
よく、人は見かけで判断するなとA姉妹に言われてましたが・・・

見かけで判断するのは、案外JWの妄信信者だと思いますよ。
まぁ、A姉妹も、その取り巻きたちも、見かけだけのロングスカートで今日から大会でしょうけどね。
ウソの塊と、非常識な励ましを繰り広げる場所に、さらにお花畑混じりの信者かぁ。

A姉妹をよく知る者として、おかわいそうにと思うしかありません。

スカートの丈が気になって、子供の心はちゃんと掴めないという事実がある以上・・・

「信仰とファッションには何のつながりもないことは証明されています」と断言しときます。
どうしようもない小話ですけども、配達帰りの会場そばを通りながら、感じたことを書いてみました。

今年は、キリストの後に従うでしたっけ?

結論も簡単

キリストの後=ものみの塔組織
組織についてけば、キリストの後に従うのだ、それが唯一の道
その道とは、奉仕いっぱいやりなさい、監督・長老の言うこと聞きなさい。ネットしちゃダメ、大学ダメ。
ある程度組織が潤うだけの寄付できる金額を決めて、それで最低限の生活ができる仕事しなさい。

ってことを、3日間やるんでしょう?

もし、この結論が間違ってたら、ご指摘下さい。
たぶん、正解としかコメント入らないだろうけどね。
結局、なーんにも変わってないってことさ。

それじゃ、明日に備えて仕事いってきまーす!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:30Comments(13)TrackBack(0)

JW的な雑記

えーとですね・・・

JW問題の一つに、知る事を良しとしない傾向があります。
聖書研究と彼らは言いますが、JW出版物の勉強会であって、聖書研究ではないんですね。
だって、そうでしょ。JW出版物からしか物事を取り入れないのだから。

聖書通読の奨めはありますが、あれって、小学生の音読を奨めてるだけですよ。
深く調べて、自分で理解することは許してないでしょ。
前の記事のコメントで、思考を停止させるというのがありましたが、全くその通り。

イソップ物語の「キツネとぶどう」のお話そのものであるわけです。

キツネは、ぶどうが食べたいが、手が届かない。
最終的に、あのぶどうは酸っぱいんだ。だからおいしくないと負け惜しみするという話ですが・・・

JW的に言えば・・・

みんな、自分の考えは持ってるが、それを実行するのはJW的にどうなのか躊躇する。
最終的に、ああいう行動は良くないんだと勝手に判断する。
誰かがその行動をしたとしても、非難の対象にする。
言い訳は霊性の低さにでもしておく。

そんなもんです。

こういう名文句があります。

「法律は弱いものの味方ではない、知っているものの味方なのだ」

JWの原則をちゃんと知る事はできません。
俺だって、知らないしさ。
知られると困るんですよ、統率するのにね。

クレジット会社とかの約款が小さな字でわかんないのとさほど変わりはないですね。
発表はしてるけど、大きく扱わないってことかな。
大問題になれば、ちゃんと発表してますが、何か?でいいわけですよ。

協会に手紙を書く権利は成員にあります。
でも、この権利を使う人は少ないですね。

どっちにしても、長老に知られますし、長老から助言を得るように支持される事がほとんどです。
あんまりくどいと、背教という処分をうけてチャンチャンなわけですしね。

俺はA姉妹によく言われていました。

「エホバは知識を求めているのではない。心を見ているのだ」

そのくせ、言うことは聞くように指示が出るわけです。

知られたら困るわけですよ。
知識がついちゃ困るわけです。

「JWの原則をしらないあなたが良くないのだ」

と・・・いつでも助言できる為にね。

JWを続けていく現役の方が傷つかない方法は・・・

「JWの原則や実情をよく知らないのは、自分が悪いのだ。」ぐらいに思っておいた方がいいでしょうね。

******************

良心に従う=問題なしってことだよね。
本当だ、根拠ないわ。

輸血で言えば、牛乳は飲めないけど、加工乳はOKってことだもんね。

**************

お向かいさんには、JW大会のパンフレットが入っていましたが、うちにはありませんでした。
確実に避けてますね(笑)
まぁ、嫌われてしまったもんだ。去年は入れてたのにねぇ(笑)

**************

高松オフまであと1日!
行く場所も決めたし、人数も去年よりは多い(若干)。
さて、どんな盛り上がりになるのかな?

正直、人数が多かろうが少なかろうが、時間なんて足りないのが実情なんだよね。
一気に話が盛り上がるからなぁ。
オフ会自体が初めての方も半分だから、主役は初参加者だよ。
大いに話すが良い。

***************

広島オフは、参加者が10名を超えました。
お店のチョイスを変更しなければいけないようです。
この際ですから、ギリギリ参加、ドタキャン可能でもいいならという参加希望も受け付けます。

一度メール下さい。
ただし、遠方からの参加者は、宿の確保は絶対ね。
最悪サウナとか、ネカフェというのもあるけど、オススメはしないぞ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月25日

思い出した・・・アホ過ぎる悲しいお話

TVみてたら、監禁王子も、親子暴行殺害の被告も、まぁ、母親が死んだから・・・とかなんとかって、体のいい事いうなぁ。
人殺したり、精神的にダメージを与えて、そんな言い訳通るか!

マザコンのなれの果てがあれかぁ。

ん?

さぁ、予告通り、好きだった姉妹のお話です。
ああ、恋愛感情ではないよ、人間として好きな人だったのね。確かに可愛い人だとは思いましたが・・・。

俺は、バプ受けてからの地域大会の自発奉仕は、必ず「荷物預かり」でした。
ここは、迷子係りと連携して行うのが通例となってましたね。
荷物は当時、会場の入り口そばにありました。

昔の会場ですから、冷房なんて効いてません。
あっつい場所で自発奉仕なんですね。
まぁ、ジュース飲み放題でしたし、監視もないんですが、結構忙しいんです。

荷物は、会場入りと、プログラム終了で忙しいのですが、迷子がね。
よく考えれば、大会会場にエホバの祝福で守られてると思っているのか知りませんが、まぁ、迎えになかなかこない人も多かったな。
まぁ、昔はすごい方法で迷子探ししてましたけどね。

高校野球の入場式なんかで見るプラカードみたいなのに、特徴や名前を書いて、プログラム中でも会場内を歩くんですよ。
まぁ、すごいことやってたなぁw

前置きはここまでとして、迷子係りも同じ姉妹が担当する事が多かったなぁ。
で、当時・・・20代後半ぐらいだったと思うんだけど、迷子の扱いが上手な姉妹がいたんですね。
俺達が手を尽くしても泣きやまない子が、一瞬でピタリと泣き止むスペシャリスト。

困ったら、必ずお願いしてました。

休憩時間が一緒になったので、ご飯を一緒に食べる機会があったんですが、その方も二世さんでした。
育ちもいいんだろうな、物腰もやさしく、確かにエホっぽいんですが、感じさせないオーラちゅうか、自然なんですよ。
ガツガツしてないという言い方が一番良いのかな。

正規開拓を3年続けられ、ご家族の事情で補助になったそうですが、まぁ、熱心な方じゃないかなと。

「ばうちん、辛い時でもね、聖書眺めとくだけでも、随分助けられるものよ。」

この言葉が、素直に聞き入れられたのは、押し付けないからでしょうね。
JWの解釈に、自分の勝手なお花畑じゃなく、純情な心だったんだと思います。

最後の地域大会の最終日のお昼に・・・

「ばうちん兄弟、来年はこの会場でお会い出来ないと思います。結婚することになったのよ。いつも楽しい自発奉仕で、またお会いしたいけれど、結婚したら、遠くの会衆にいくと思うから、ご挨拶だけでも先にね・・・。でも、きっとまた会えると思いますから、兄弟も頑張って下さいね。」

みたいな感じだったかな・・・?
まぁ、巡回区も違うし、1年に一度しか会わない人なんで、そこまで寂しいとかはないけれど・・・

「おめでとうございます」

ぐらいはいったと思う。
そこまではね・・・

ただ、婚約者を見ちゃったら、ぶっ飛んでしまいました。
同じ巡回区で、結構有名(別の意味でね)な人だったんですよ。
神権家族の特権なのか?まぁ、あの頃のエホは、こういうビックリなことは珍しくなかった。

別の意味で、有名な件は「マザコン」とだけいっときましょう。
かあちゃんの言いなり、そのくせキモいという絵に書いたような感じだと言えば良いんでしょうかね。
会衆違っても有名なんだから、まぁ、かなりのもんだろうな。

で・・・

婚約の話もすぐに聞こえてきまして、ああ、発表されたんだなと思ってたら・・・
1ヵ月後に、婚約の白紙が聞こえてきました。

ん?

んん?

そりゃ、一瞬で噂話が入ってきました。
憶測も同情も、ひがみも入る話ですので、真相はわかりませんでした。
ただ、そのキモキモ二世兄弟・・・半年後に別の方と結婚しちゃったんですよ。

で、その結婚の直前、なんかの交わりで、キモキモ兄弟と一緒になる事がありまして、その婚約破棄の件を話してたのを聞いたんです。

「いやぁ、あの姉妹は、仕事場の異邦人と外で話してたんだよ。ちょうど仕事帰りだったと言うんだが、私と家族と食事する約束で近くまで行ったら、母親がちょうど見かけたんだけどね、結婚前に異邦人、それも男性と2人で話さないでしょう?つまづきの元になるでしょう?母親が問い詰めたら、上司が寿退社のご挨拶を私にしたいと言ったから、紹介しようと思ったって、苦しい言い訳するんだってさ、いやぁ、もう少しでとんでもないところだったよ、兄弟達も気を付けてね、エホバは必ず明らかにされるんだからね。」

ポカーン・・・・

中途半端な経験談かw それ、美談か?wwww

まず、何で自分でちゃんと確認しないんだろう?
上司がそれを言ったのなら、ありがたく受ければ良いのにさ。
2人ったって、天下の往来であんたら待ってるだけだろうに。

で、段取りは全部かあちゃん・・・何が起こったか、A姉妹を参考にすればすぐわかる。
自分でなーんもできゃしない。開拓奉仕も時間入れるだけの実のない上っ面だけだろうに。
ヘタレ、ビッタレでしかないですな。

自分で、自分のクビを締めるとはこの事だろうな。

もちろん、その姉妹は、家族全員でJW離脱されましたがな。
まぁ、大正解ですけどw
A姉妹は、「エホバは〜♪」などと言っておりましたけどもwww

こういうのと、何故か仲良しで、お手本にするようにいうA姉妹を見れば、類は友を呼ぶということなんでしょうか。

で、そのキモキモ兄弟の結婚も長続きしなかった。
だってぇ、俺のよく知ってる二世姉妹だったんだもんね。
姉妹が母親の干渉に耐えられなくなって、実家に戻ったら、あれこれ言われてまた家族ごと離脱。

マザコンのなれの果てなど、こんな結果しか産まない。
エホ狂うと、まともな目も養えやしない。
また、それがエホバのご意思だとかいうワカランチンもいる。

人としてまともであれば、まともであるほど、エホ同士で傷つけあい、そして、まともなほうがエホを離脱するって・・・
まぁ、エホバも罪な神様ですわ。
わざわざ、出来の悪い方を用いるわけだろ?

神様としても、かなりの痛さをwww

こういう親が死んじゃったら、このキモキモがどんなになるのか、恐ろしくって・・・
笑い事じゃないですよ。
子離れ出来ない親と、依存しっぱなしの子・・・

昔はこんな感じだったよなぁ。
俺が好きだったJW時代の人って、なんで離れていくんだろうか?
俺がおかしいのか?それとも・・・JWがおかしいのか?

俺なりの答えは出てるんですが、JWがおかしいと断言しときます。
しかし、よく考えると、JWから離れる事がエホバの望みか?

まさか・・・

救出は近いと言うのは・・・?まさにこのことだったのか?

いやぁ、人を傷つけるという悲しさからは、何も学べない。

それとね、男女の部分で清潔なのと、一般常識が通用しないのとは同一ではありません。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:00Comments(10)TrackBack(0)

2007年07月18日

ばうちんのお花畑論

ちょっとまとまりがないんだが、JWに妄信するのは何故なのかを考えてみた。

一言で言えば・・・

「欲に転んだから」

ははぁん、こんな事言われて、JWはこの世の欲望を避けるようにしてる・・・なーんて思った人・・・
いえいえ、よーく考えて御覧なさい。
手法が違い、大義名分(JWだけの)があると思ってるから、受け入れられないだけですよ。

ちゃんと欲に向かって行動させてるわけです。JWも。

腹が立つ?おいおい、これで腹が立ってりゃ、奉仕なんて出来ないよ。
確かに極論なんですけど、これぐらい単純に考えなければ、からくりの糸をほぐせないのさ。
複雑に絡み合わせることで、人間深みにはまるようになってんだから。

例で説明しましょうか・・・。

パチンコをしたとしましょう。

パチンコって、いつ大当たりするかわからないでしょ。
特にこの最近の機種ならば、リーチアクションが多くあって、このパターン画面なら激熱だとかあるわけです。
ただし、大当たりの・・・

「可能性が上がる」

と書いてあるわけで、大当たりを約束されたものじゃない。
(そりゃ、ぱちんこですから、100%確定というのはあるんですが、それは今回除きます)

いろんなアクションを見て、当たった事がある人はよくわかるでしょうが、そのリーチアクションを見るたびに、何らかの期待が大きくなります。
しかし、お金はどんどん投資しなければならない。
ちょっと詳しくなれば、パチンコ台の大当たり確率というのがあって、そこまで回したら当たりを引けるのではないかと思います。
だから、一生懸命お金を突っ込んでいきます。

途中で冷静にやめておけば良いのに、可能性だけを信じて突っ込んでしまい、結局お金が無くなってしまう。

そろそろ来る (ものみの塔ならいつもこうです。)

もうすぐ来る。 (JWの大会で毎回でしょ?)

メーカー数値や、攻略本にはこう書いてあった。 (出版物などには・・・)

大当たりしてる人の体験談が載っている。 (インタビューなど)

今まで、こうやれば良い感じが来てた。(よく考えれば偶然の産物)

ここで当たったら、取り返せる。(楽園への希望)

もし、ここで辞めてしまって、次に座った人がすぐに出したら、苦労が水の泡。(ハルマゲドン)

欲のツッパリみたいな考えが頭をもたげる訳です。
しかし、パチンコで蔵がもてた話は聞いた事ありません。
パチンコにハマり過ぎた人の、転落人生などよく聞くでしょ?

それでも、やめられない中毒のようになってるのが現状。
確かに、パチプロで収益をあげてる人もいますが、そんなの血の滲むような努力してるのを知らない。
決して、パチンコを非難してるわけじゃないけど、はまりすぎてはだめでしょ。
根拠のない妄想、適度な人の助言など聞かない。ボロボロの生活しても、通い詰める異常行動。

欲が突っ張るからこうなるわけです。

パチンコでは分かり難い?

じゃ、女性が男性にいれ上げる行動心理で話そうか・・・

ものすごくお金持ちだと感じる人がいたとしよう。
その人は、あなたに結構いろいろ良くしてくれる人だとしよう。

いつも洒落たお店に連れていってくれる。
車のセンスもなかなかいい。
服のセンスも自分の好みだ。オシャレないいモノを着ている。

財布の中には、福澤さんがいつもギッシリだ。

こんな人と一緒になれば、将来の生活は安泰に違いない・・・

上辺だけ見てると、そう見えるかもしれない。
当然、この人はモテる。

そこだけに思いがいけば・・・

この人には、もっとたくさんのお金があるに違い無い。

100万財布に入れてるなら、1000万使えるカードがあるに違いない。

高級車をカード一発で買ったと言ってたから、1億とかも平気で稼いでくるのでは・・・

行ったことはないけど、億ションに住んでると言ってたから、10億は資産があるだろう・・・

こんな男とはもう知り合えないのではないか・・・?

欲が突っ張っていけば、大事なところを見ようとしないで、しっかり見極める事もしようとしないで、その人の言いなりになろうとしませんか?
そして、何の約束も保障もされてない中で、ただその男に振り回されるのではないですか?
もしかしたら、うすうす気がついている矛盾に目を伏せながら・・。

自分の中にある・・・ちっぽけな欲のふくらみの為に。

もちろん、お金持ちもいますし、それを否定するのではないですけども。(少しは羨ましいさw)
盲信すると、こんな状況が生まれるのは当たり前の世界です。

JWに盲信すると、冷静に自分の信仰を保てないはずです。
信仰という清廉な言葉で言うでしょうが、実際は欲ではないでしょうか?
もう、後には引けない。ここで辞めてしまっては・・・

この思いを打ち消す為に、新しい光だの、発表だのこじつけだのを繰り返し組織は出してくる。

パチンコの新台が出るようなもんです。
出ます、赤字覚悟、大出血サービス、取らせます・・・

でも、保障はしてないでしょ?

その男は、これからもいい関係でいたいね・・・甘ーい言葉・・。

でも、「一緒幸せにする」なんて言ってないでしょ?

これと同じ。

終わりの時は近いです!
組織に忠実に従うことが、楽園への希望をハッキリとしたものに出来ます!

でも、「いつ楽園が来るなんて、決まってないでしょ?神の1日は1000年でしょ?」

組織はこういう風にしか言いませんよ。
信仰は自己責任だと言ってのけますから。

そう、信仰ではなく、欲にしっかり訴えてるわけですから。崇高な信仰なんてできるわけが無い!
人間の一番弱いところに訴えてる欲ですから、そりゃ・・・。

冷静に捉えてる人は、自己責任の信仰の中で、きちんと自分の進む道を決めます。
しかし、欲に突っ張れば、盲信してしまう。

パチンコも、男の選び方も同じでしょ?

自分の生活範囲で遊ぶなら、楽しいですよね。
しっかり見極めて、その男を見れば、どう付き合っていけば良いか結論が出せますよね。
それが出来ない・・・

JWはそれをさせないように、欲と言う名の信仰が出来るように教えてると思いますよ。
というか、俺だけですが、確信です。
崇高な信仰なんかさせたら、発展出来ないのしってるのは組織本体ですから。

そりゃ、問題だらけなのは当たり前。

結論

「JWは崇高な信仰を求めていない。欲の突っ張りを誤魔化してるだけ。」

反論もありましょう。どうぞコメントでもなさって下さいな。
あんまし効果はないでしょうけど。
なぜなら・・・

俺は欲の突っ張った人間だから、下手な反論飲みこむぞw

追記

欲が突っ張ってることは悪い事じゃ無い。しかし、人に押し付けるものじゃない。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 18:56Comments(4)TrackBack(0)

2007年07月13日

大雨配達しながら、お花畑

輸血問題を考えてたのだが、いびつな感覚だよなぁと思ったことがあった。

ということで、エホバの証人の排斥事案ということを考えてみよう。

配偶者以外との性行為、または、未婚者の性行為・・・排斥事案。

喫煙・・・まぁ、排斥事案

許諾輸血・・・排斥事案

考えてみりゃ、排斥になるもののくくりとすれば、同じものです。
もちろん悔い改めりゃ、それなりに制限があるとはいえ、復帰ができるわけですよね。
しかし、輸血のことだけに関しては、別次元で考えてるのではないかと。

輸血排斥は復帰出来ないんでしたっけ?
取り立てて厳しいものだったっけ?
覚えてません。

まぁ、排斥になる理由は、他にもあるでしょうけども・・・
輸血というものだけが、JWにとっては異常なほどの聖域に扱われ、元を含む非信者からは、トンチンカン扱いでしょう?

俺はね、この輸血禁止の原則を守ってることが、そんなに凄いのかと思っちゃたりするんです。

「輸血はしないけど、オナニーはします!」

こんな現役、山ほどいるだろうに。
オナニーも、JWは禁止じゃなかったっけw

「輸血はしないけど、あの姉妹の事を考えて抜いてきました!」

中途半端にこういうのいそうだ。
頭の中で、あれこれ思い浮かべるけど輸血しませんって・・・これまたおかしいでしょ?

信仰の度合いレベルからいけば、オナニーも輸血もかわんないだろう?
エホバはお見通しだといえど、やっちゃうわけだ。
なんで輸血だけがこんなに聖域なんだろう?

オナニーは、原則注意で済むけど、輸血は排斥だもんね。
脳みその中で、同じ成員のことを裸にして、妄想楽しんでるのと、輸血するのと、あなたはどっちなら許せる?

俺から言わせりゃ、こういう気持ち悪いのを助言程度の訓告で済ませる方がおかしいけどな。
血を入れたら、汚物のように扱うのがJWだよね。
そんなレベルの教義だと思うと、配達中に大笑いしてしまったよ。

エホバがいるとして、こんなのが当たり前に立派なエホ証としてても、全部OUTだろうにさ。
人間は罪深いなどと言い訳したって、ハルマゲドンは、一気にやってくるんだろ?
輸血しようが、ばれないけどオナニーやめられないのと一緒の扱いだろう?

だけど輸血はNGなんだよなw

普通の思考回路で言えば・・・

くそ教義に違いない。
なんかいいたいことある?

もう一つ言えば、輸血を受け入れて、排斥扱いになっても、エホバへの信仰をやめずに復帰を真面目にする人と・・・
オナニーを辞められなくても、開拓奉仕だの、特権だのを振り回すのと、どっちがすばらしいだろうね?
こういうのに限って、トンチンカンなやつということだろうが(笑)

単純に、おかしい世界だよ、しかし、はなれて初めて分かることだったりする。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:31Comments(4)TrackBack(0)

2007年07月05日

子育て失敗したJWに伝道者の資格はない。

久々に、口に指を入れ、「学級文庫」と言ってみた者です。
いや、なんか急に思い出してしまいました。

あとね・・・

コチンコチンコチンコチンコチンコチンコチンコチン・・・と連続でいい続け、妙な気分にもなりました。

あとね・・・

吉川晃司のモニカの替え歌・・・

「S○X、S○X、S○X、もう二回♪」 誰でもやったことあるだろ?

アホですな。

****************************************************************************

ちょっと話は違うが、ペンギンとJWということで話させてもらおう。

あるTV番組を見てて、JWの条件付の愛は、ペンギンにも劣るということを思い知らされた。

寒い場所に住むペンギンは、産卵して子育てを両親で行う。
それも、エサを求めてかなりの間、片親だけで過ごす事も多い。
当然、そこには外敵もあり、親が食べられてしまったりして、みなしごになるパターンも多くある。

しかし、ペンギンは、みなしごになった子ペンギンを、産卵しなかったり、独身ペンギンが我が子のように世話を引き継ぐのだ。
子を取り合うシーンもみられる。
育ちも環境も超えて、大人になるために本能だけであろうが、愛を与えるのだ。

JW離れたら、追い出された俺が、この前、あの人にトドメで言った言葉だ。

「ペンギンを見習え!エホバの愛はペンギン見てりゃわかるんじゃないのw」

JW出版物・・・動物以下の書き物なのか?
あの人は、人間には知性も理性もあると言っておったが、理性も知性?
本能以下だろw

怒りもすでにあの人にはなくなってきた。
電話番号リストからも消したし、ただのアホJWとしての認識でしかなくなってきた。
まぁ、ブログ始めて、結果無駄なものとなったんだけども、失敗を残せたという意味はあるかな。

ちょっと冷めた視点になるだろうが、将来の二世問題は書いていくけども、辛辣になっていくと思う。
JWを理解するという点では、まったく違う視点を持たざるを得ない事は事実だ。
親との関係を良好に保つことは賛成だけども、俺にはできないことなので。

親との環境が最悪な者からの視点ということで、これから書いていこう。
もっとも、あと半年で一時凍結なのだが。

いくつか、ご批判やご意見を戴いたけれども、俺は決してやらなかったわけじゃない。
他人事の評論家に言われるほど困っちゃいない。
そういうやつは、自分でやってから言えばよいことだ。

結論、盲目的なJWが子育て失敗してんだから、伝道者資格などないのだと。
狭き門だの、選ばれたものだという資格などはどこにもない。
それが俺の考えだ。

さぁて、これからどんな書き方になるのか・・・?

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:35Comments(6)TrackBack(0)

2007年07月03日

しょうもない支配欲・・・それは無能という。

そういえば、思い出した。
親が、楽園の希望について、あれこれ話し始めた時だった。

「楽園という喜びがわからないなんて・・・。」

ちょっと聞いてみることにした。

【楽園に行ってどうするの?若返って、ずっと若く生きていくのがいいわけだよね?】

「あんたは学んだでしょ?ま、あんたはこの世でおしまいでしょうけど・・・」

【そういえば、楽園で新しく結婚するっていってたよね。楽しみにしてたもんね。】

「そういうことは出来る環境になるわね。永遠に生きられるわけだから、ゆっくり考えるわ」

【ということは、オヤジはどうでもいいんだ】

「あの人とは、離婚できる理由をちゃんと持ってるし、何も問題ないわ」

【なんか、愛してない感じだね。今は経済的に支えられてるから一緒に居るだけか・・・。】

ちょっと怒りはじめます。

「どうせ、楽園にいけないあんたには関係ないでしょ。」

【といっても、あんたが楽園にいける保障はどこにもないけど・・・】

「あんたよりは確率高いわ。」

【確率をいうなら、基準値を数式で出してくれ】

「全部エホバが決める事、確率といったのは、売り言葉に買い言葉よ!」

思うのですが、本当に情けない返答なんですね。
冷静に思ったんですけども、未だに自分がいう事を、こういえば聞くといった妄想があるのではと。
もしかしたら、これがJWの狙いだったのかと思ったりするほどです。

ちょっと極論なんですが、どうして問題の多い輩に特権を与えるか・・・
馬鹿な頭で、しっかり考えてみたわけです。

「無能だから」

こう考えると、凄く納得するんです。

TOP連中は、組織が繁栄する財源と、活動が維持されるだけで良いわけで、それをものすごく考えるならば、本当に頭のいいヤツじゃだめです。
なぜなら、からくりに気がついちゃうから。案外、人間臭い組織だと思うんです。JWって。
そうすると、どんなやつに末端を任せるのがいいか・・・。

一般社会でうだつがあがらないけど、口だけ達者か、目に見える支配欲が好きなヤツです。
将棋でいえば、3手先が読める程度かな。
組織にとっては、問題が起きても、責任逃れするぐらいのヤツがやりやすいと思います。

なぜなら、コントロールしやすいから。

有能なら、問題が起きにくく、会衆が異常にまとまりすぎるから、組織の命令が入りにくいですし、離脱する人間によっては崩壊しやすいでしょ。
それよりも、大した事ないヤツのほうが、イエスマンにしとけば問題ないし、問題起きても、新しい人をいれる事で、末端に見える援助を与えやすい。
うん、だから、会衆の問題が起きてる事なんてTOPにはどうって事ないんだと思う。

そういうのを無能というんですが、その無能から得られる物は、末端にも影響する。
だから、ムチ教育のあれこれも起きてきた。
気付く前に、マイコンかければ、問題はないだろうしね。

うちの親は、このトリックにしっかりはまった部類なんだろうな。

問題のある長老(JW的ではなく、人間的に)の多くは、こうなのではと思った昼休みでした。
うちの例は、典型的な支配欲の末端連鎖だと思う。
組織がまともそうな事を教える本当の意図・・・

「無能でなヤツの増殖」

そうおもうのは俺だけか?

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:42Comments(7)TrackBack(0)

ちょっとした問題集

雨の高松で、配達が終わると、晴天になるという悔しさを満喫しているものです(笑)

さぁ、ここで早速質問。

1) 三位一体が間違いだという理由は?

俺の答え: 事実上、どっちが正しくて間違いか証明は出来ない

親の答え: 聖書を調べればちゃんとわかること。

2) あなたは仏教が正しいと思ってるの?

俺の答え: いい物は何でもいいんじゃないのかな、いいトコ取りでいいし、宗教にそんなに傾倒する必要が無い。

親の答え: 俺の考えは、自分が「神」だということを公言している、最悪の背教者。

JWの教えから、こんな答えが導きだせるのか・・・わかるかたはどうぞ。

***************************************************************************

インターネットでまだ活動してるのか訪ねられまして、答えはYESですね。
しかし、活動の意味が分かってないようです。

「エホバの証人を錯乱させるように仕向けてるのね?」

【JWである続けるなら見るなと警告してますけど。】

「○○くんのように、JWを離れても、そっと生活してる人が大多数なのに、そういう生活が出来ないわけ?」

【大多数って・・・?どれぐらい?他に誰が居るの?】

「○○くん覚えて無いの?」

【○○くんしかでて来ないというのはどうしてかな?大多数なら根拠を示してくれ】

「人数なんかどうでもいいの!モラルを聞いてるの。大体、数人ぐらいしかいないんでしょ?インターネットで騙される成員が多くなってるって聞くけど、活動してる人間は数少ないでしょうしね。今のうちだけよいい気になって。」

問題: 日本語を正確に訳してくれ。

****************************************************************************

こんな小ネタはいくらでも出て来る。
たまんねぇな。

というわけで、親のネタは小出しにするしかないでしょうね。
絶縁といっても、法的な効力などありませんし、こっちの努力も水の泡ということでしょう。
俺の復讐などというのはありません。

「蒔いた物は刈り取る」

これをしっかりと思い知る事が最後の親孝行でしょう。
あとは、こんな人間が、まともに働いた人が収める税金の恩恵を受けないように政府に期待するだけです。
そうですよ、まともじゃないわけですから。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 11:32Comments(3)TrackBack(0)

2007年06月27日

何が愛の組織じゃ!びったれ宗教が!

寝れなくてさ・・・

ガキと嫁の寝顔見てました。

弱音なんだけどさ、ちょっと思う部分があるんだよ。
よくもまぁ、こんなのと一緒にいてくれるよなってさ。

実家に電話したのは、まぁ、帰省するので、その時に自分の残した荷物をとりに帰る事がメインだったのね。
大した荷物がある訳じゃないんだが、持ちかえれる物は持って帰ろうと思ってさ。
生きてきた証拠ぐらいは持っておきたかったし、自身の写真の残りがあれば、HP用の資料にもなるしね。

まぁ、荷物は捨てられてた。
ちょっとカチンともきたんだが、それは仕方がないだろうよ。
すでに諦めが出てきてたんだが、あっけなく言われるとどうしようもないなってね。

しかし、これは今回の件に発展する予兆にもならない小さな事だった。

すでにその事だけで萎えてきたのを押さえて、今回の二つの事件を聞いてみた。

そう、「放火事件」と「輸血拒否事件」の事である。

どっちも知りませんでした。
新聞をちゃんと読んでなかったか、ニュースも見てなかったのか・・・?
どこであったのか、正確な情報なのか?と食いついてきましたが、全国ニュースだと言ったら一変しました。

「そういうネガティブな発表は、会衆ではないと思うわ。研究生などが真理を聞き入れにくくなるでしょ?」

お前は何様だ?

「建設的な話は、喜びを与えるけれども、そういうことはこれからの体制に何の影響力もないのよ。これまでも、報道されないことでも、いろいろな問題がエホバの証人の中にあったと思うわ。それでもずっと証人は増え続けているのだし、真理がちゃんと受け入れられてることでしょう?これからの活動にも何の影響があるとは思えないわね。死人も出てないんでしょ。エホバが守られてるじゃない。」

どこのマイコンかかったかわかりませんが、もう末期症状です。

問題が起ころうが、それはどうでもいい事なんだってさ。

「出版物に意義を唱える事は、エホバへの背教じゃない、これまでも協会の手紙で注意を払うように時々あるけど、まさにそれが明らかにされたってことじゃないかしら。エホバの証人の事件よりも、この世の方が悲惨な事件が起きてるじゃない。人間の不完全さもあるけれども、この世よりも清く、問題を起こしてないのは一目瞭然でしょ?そういうところにしか目が行かないのかしら、客観的に言って欲しいわね。」

事実を伝えると、これですか。

俺はこう伝えました。

【エホバの証人が清いかどうかなんて、どこを見ればわかるというのかな?今、事実だけを伝えて、会衆内で何か対策を練るとか、こういう風にしましょうとか、伝道での注意点でもあったのかと聞いただけだよ。世間はすぐに忘れていくだろうけど、仮にこういうことで何か冷たい目に晒されたり、身に危険が及ばないような対策でも考えられてるのか聞いただけ。まぁ、何にも対策は練られてないということだね。うん、わかった。】

こういうと、またも・・・

「終わりの時がもうすぐってことが証明されてるのね。間違いないわ」

終わってるのはあんたの頭だろ・・・どこをどう言えばこうなるんだ?

それはそれで、まぁいいです。
所詮、この程度の対策しかないんでしょう。くそレベルでしかないんだ。
身の回りに何か起こらなきゃ、何も出来ないんだね。

大事な事を宿題にしていたので、聞きました。

【オヤジの事なんだけどさ、この前葬式の事などを連絡してくれるように頼んでいたんだけど、聞いてない?ちゃんと伝えてくれたの?】

「ああ、聞いてない。別にどうだっていいでしょ?」

はぁ?

【それは、約束だったでしょ?直接聞くと言ったら、あんたが聞くといったのに、そりゃないんじゃない?それにね、お墓の事だけど、霊園側に聞かれてる事もあったから、それも聞いてもらうように頼んだでしょ?ちょっとオヤジに変わってくれよ。】

「聞いたら、お父さん機嫌が悪くなるでしょ?別に今すぐの問題じゃないからいいじゃない!」

【何をそんなに嫌がるわけ?オヤジと話されるのがそんなに嫌なの?】

そのあと、とんでもない一言でブチキレです。

「あんたは、戸籍上、うちの子供としての権利はないの!口を挟んでほしくないわね!何?遺産目当て?」

あのね、うちには借金だらけでしょ?そういうのね、こっちにもくるんだけどな、放棄すりゃいいだけだが、それ以後のことがあるだろうに。

【俺はそういうことを言ってるんじゃない!俺が墓を継ぐんだよ。その話さえもさせてもらえないのか?】

「だから、あんたにはそういう資格がないっていってるでしょ!!!」

【ちょっと待ってよ、そういう事いうのなら、なぜ俺に自由を与えず、虐待ムチで俺を縛りつけた?そういう権利もないということだと言ってるんだぞ。自分が何を言ってるのかわかってんの?何が客観的じゃ、言葉を選んで言わんかい!】

「子供を正しい方向に導くためでしょ。それのどこが間違ってるの。親がしつけるのは当然でしょ!」

【あんたは、俺が子供だと認めてないんだぜ。本音出しやがって。犯罪行為をしておいて、都合が悪けりゃ他人かい。子の権利がないというのはどこの根拠か示してみろ!あんたとは血がつながっちゃいないが、オヤジとはつながってるだろ!エホバに狂わされたら、そんなこともわからんようになるんか!!!あんたの話だと、赤の他人に傷を負わせたんだよな。自分が犯罪者だと言ってるようなもんだろ!】

※ こんなの今から序章です。やっぱ、溜め込んどく状態じゃないわ。ほんまやってられません。配達いってきます。

ただ、感情的な部分が大きく、一気に書いたり、更新をしなかったりの不規則になりそうです。
悪く言わせてもらいますが、殺したい気分とはこのことです。
現役さんには悪いけど、エホバの証人の慣れの果てがこうなることがあるんだぞ!

どこが愛の組織じゃ。
わしに何か言えるんじゃったらゆうてみい。
目の前でゆうたら、ほんましごすよ。

このシリーズ終わるまで、現役さんは見にくるなら、覚悟してこい。
人は憎まずなんてゆうとるほど、わしゃぁ、人がようはないんじゃ。
一個人の話で済まされることじゃないけぇの。

あほんだらが!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 03:07Comments(15)TrackBack(0)

2007年06月20日

エホバの証人の輸血拒否死について

エホバの証人、手術中に大量出血、輸血拒否で、死亡。

さーて、これをどうするか・・・?

先に、記事リンクしてある原文を読んでみよう。
それでまず自分がどう感じたか、そっと心に手を当てて思った事を吐き出してみよう。

放火の事件で、かなりアクセスが増えているこのブログであるが、ありがたい話であるとともに、非信者の皆さんからの質問も多数。
放火の件で計41件、JWの教義に関する事が18件ありました。
一応、全部返信いたしました。

ということで、一般の方に分かるように書いておこうと思います。

一応、自分でまとめサイトを作ってますのでご覧下さい。

http://www.k4.dion.ne.jp/~bautin/yuketu.html

***************************************************************************

このニュースを引用させてもらって、ちょっと書いてみるね。
(本文は赤字を使います)

同病院の医師や看護師からは「瀕死(ひんし)の患者を見殺しにしてよかったのか」と疑問の声も上がっている。

今になって、このニュースが表沙汰になったということは、内部リークを考えます。
または、この前の放火事件に関連つけるものなのだろうか・・・
ニュースソースを見ると、ネットニュースで各新聞社のサイトがHITすることから、結構なものだと考えます。

病院側でも、この輸血拒否に賛同しない方はいらっしゃるようだ。

過去に、医師のナマの悩みを綴った医師のメーリングリストがあります。

http://www2.kpu-m.ac.jp/~ccn/topics/topics/w0021.html

まったく同じ症状だと思いますので、是非参考で読んでいただきたい。
医者は、命を救うためにどれぐらい悩み、努力しているかを。
これに関する記事も書いております。 http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/51043671.html

 同病院は、信仰上の理由で輸血を拒否する患者に対するマニュアルを策定済みで、女性本人から「輸血しない場合に起きた事態については免責する」との同意書を得ていたという。容体が急変し家族にも輸血の許可を求めたが、家族も女性の意思を尊重したらしい。

これで推測されることなのだが、本人の同意はもちろんの事、家族も意志を尊重したと・・・
元エホバの証人の俺が思うのだが、家族もエホバの証人じゃないだろうか?
出産時に起きたことだから、配偶者もその可能性が高いと考える。

エホバの証人の出産ということならば、この患者は二世の可能性が高い。
二世同士の夫婦と推測すると、自然にこの状況が説明出来るのだ。
もちろん、親もエホバの証人だと考えるのが一番わかりやすいもの。

あくまで推測に過ぎない事は再度言っておく。

 病院は事故後、院内に事故調査委員会を設置。関係者らから聞き取り調査し、5月末に「医療行為に問題はなかった」と判断した。病院は、警察に届け出る義務がある異状死とは判断しておらず、家族の希望で警察には届けていない。

病院側の判断については、マニュアルと、判例、同意書などの書式の不備がない事を考えての判断だろうと推測します。

ただし、問題なのは・・・

「家族の希望で警察に届けていない。」

なぜ、堂々としてられないのだろうか?
信仰は認められているのだと、同意書や免責を出しているのに、警察にはなぜか及び腰。
明らかにやましい行為だとの自負があるから、そんな対応になったのでは。

まさか、組織がそういう対応を願うように指示を出していたのか・・・?

俺の勝手な考えだが、結局、これは個人の決定ということを組織が主張する為の行動を促したと考えるのがしっくりいく。
強制したとなれば、組織の言い訳も難しくなるし、今後の宗教活動に支障が出ると考えてるはず。
おれはそれしか考えられない。

輸血にはリスクが伴う。
だから、同意書を書かせるわけだし、成功するか失敗するか・・・それも状況によるだろう。
しかし、命を助ける為の出来るだけの手段は講じたいのが医者の本音ではなかろうか。

出産時の弛緩出血・・・
緊急性のあることであって、医者も最速で講じる手が必要である。
弛緩出血は、かなり激しい出血だ。
生まれた赤ちゃんと母親が一緒に助かることが、医者の喜びではなかろうか?

エホバの証人は、自殺を認めていない。

輸血することで、生きるチャンスが生まれるのなら、それを拒否した事になる。
それを自殺とは言わないのかな?
俺から言わせれば、矛盾だらけの教義だと言わざるを得ない。

輸血したから、命が絶対に助かるという保障はない。
併発する合併症の可能性だってあることは知っている。
だからといって、命が助かるのなら、方法は講じる必要があるのだとわからない。

違うことだが、合併症で思い出した事がある。(エホ証はこういうことの矛盾がある)

エホ証は堕胎を禁止している。

今はどうか知らないが、俺の在籍時にはこんな悲惨話もあるのだ。

妊娠した信者が、自分のお腹の子供が非常によくないと知らされた。
すでに、母体の中で死ぬ可能性が大だと言われた。生まれても持たない命だと。
それよりも、その前に、母体が危険に晒されるので、早めに母体を安全にしておくためにも、堕胎を医者は進言した。

しかし、堕胎は出来ない。

そして、結局は流産したのだが、早めの処置が行われず、信者は死ぬ事は免れたが、寝たきりに近い体になってしまった。

これは、宗教とは関係ないといわれる方がいるかもしれない。
しかし、次の言葉で一般の方は震撼するかも知れない。

その時、この事を知った仲間の信者は、その信者と一緒に祈りを捧げた。

「エホバのご意志で、姉妹(信者をこう呼ぶ)の肉体的苦しみを除いてあげて下さい。」

いい事に思えるだろうが、そりゃ大きな間違いだ。

姉妹の流産を喜んだのだ。

「堕胎は禁止だけど、流産は自然に起こることだから、罪にはならないの。祈ったら、エホバは祈りを届けられたわ!どうせ、その病気では赤ちゃんは助からないのだから。エホバはね、いろんな方法で私達に与えてくださるの。私は流産して良かったと心から思うわ!」

これは、人の死を願ったのではないのか?

そう、この言葉は、俺の親から直接聞き、その祈りに俺は一緒に参加させられたのだ。
こういう理解をする信者を後生大事に仲間に加えているのであるから、輸血の拒否に意味などないことぐらいわかるもんだ。
ほんとろくなことを学んでない。愛とか平和を願う輩のすることか!

輸血拒否とは、それを守らせる事で、二度とエホバの証人から抜けだせないようにするための信者確保に他ならない。
仮に、これで組織を離れても、世間では一生、遺族は家族殺しのレッテルを貼られる。
組織にいれば、逆に立派な信者として扱われるのだ。人間楽な方に留まるのが本能だ。

実現しない永遠の命を待ちながら、配偶者は死を迎え、生まれた子供は母親を知らずに死んでいくのである。
親の勝手でな。
この子が、組織を離れていってみろ・・・親の思いはぶち壊しだ。家族がこの子を責めるのは間違いなくなる。

俺がいう負の遺産をまだ産みだそうとするのだろうか?

輸血して、組織を排斥になろうとも、組織に戻りたければ悔い改めればいいだけだろう?
子供と一緒にその道を歩もうとも、家族はひとつなんだから幸せはあるじゃないか。
生きていてこその信仰だろうにな。

崇高な考えだと?

あほんだら、女は出産するときは命掛けて産むんだよ。
お前らのインチキ教義など、出産の傷みに比べりゃ、ウンコみたいなもんだろう。
いや、ウンコでも失礼だ。ウンコに失礼だ。

感情的になっちまったな。

医者側の心情を考えて見ようか?

医療スタッフは、この患者に幾人のスタッフで望むかわかる?

基本、執刀医、助手(場合によっては複数)、機械出し、麻酔医、補助看護士(複数)、医療器械のスタッフが用意される場合もある。
この場合は、産婦人科医もいたかもしれないね。
このスタッフ達は、輸血拒否のために、できるだけの治療を尽くすはずだ。

薬でなんとかならんのだろうか?
輸血をもう一度説得してなんとかならんだろうか?

きっと、輸血の準備はすぐできるところまで準備していたはずだ。
血液パックを押し込んででも、なんとかしたいと思っていたと思う。
出来る状況を、助かる可能性を尽くせないまま、死を迎えさえられるスタッフはどういう気持ちだ?

医者になって、看護士になって、技師になって・・・命の現場で・・・

やりきれないまま、過ごされるのではないだろうか?

俺は思うよ。

「お前ら、自分らの病院作れよ!スタッフ全部エホ証でいいじゃん。誰も苦しまないだろう?」

ご臨終も、復活の時にお会いしましょうって言ってやればいいじゃん。
それが幸せだろう?どうなんだよ!

実際、輸血拒否で亡くなるエホバの証人は例があります。
輸血拒否で助かるエホバの証人の例もあります。
どちらも、正確に出してみなよ。数字で・・・。

血液分画製剤は使用OK、でも、自己輸血はダメってなんだ?
どっちも血液だろうが!
(エホバの証人は、これをOKとは言わず、「良心で決定する」という。しかし、非信者にはOKだと信者は言うw)

****************************************************************************

世間で大騒ぎにならないけれど、これが現実。

俺は思うんだが、輸血拒否が信仰の自由で認められるなら、こういう場合の診療費は、保険適用外にすればいい。
完全自由診療料金でやってくれ。
高額医療の払い戻しの適用も除外してくれたらいい。

自由を主張するんだから、それぐらいやっていいはず。
ガーゼから、入院費、全部10割負担でやってもらえばいい。

何故か?

皆さんが払う、健康保険のお金は、これにも使われているんです。
ちょっと飛躍しすぎだが、社会保険庁さんよ、一連の不祥事のケツ吹き、これでも提案したらどうだ。
俺は、自分が払う保険料が、輸血拒否で死ぬ命に使われるのはホンマにゴメンだ。

まとまらないけど、俺は輸血の危険性うんぬんの前に、命が助かる事の重要性だけを言いたいよ。

いまからも、命の現場で葛藤しながら、努力をされる医療スタッフに敬意を払いつつ。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:47Comments(13)TrackBack(0)

2007年06月19日

エホバは何にも与えてくれません 3

今回は、葬儀等に掛かるお値段を中心に書きます。

この資料は、葬儀メーカーを出さないこと、香川県高松市基準で出しております。
各自治体で、お値段も違いますので、事前に見積もりを取る事をオススメします。
資料の真偽について、あれこれ言われますが、間違いないものです。

(今回、葬儀屋さんには3時間使って頂きました。1円にもならない仕事をしていただきました)

そして、これは日本全国の斎場でおっしゃることです。

「遺骨は全てではないですが、骨壷に入れてお持ち帰り下さい」

JWだけではなく、遺骨を処分する宗教があるそうですが、脱会時などに揉めるそうです。
しかし、一度処分したものは、ゴミという名の無縁仏です。
二度と手元には戻りません。

勘違いされてるJWがいらっしゃいますが、JWは骨の保管に罰則など設けておりません。
お墓参りにNGを出しているだけですので、どうぞ勘違いなさらず持ち帰り、他の遺族にでも保管を依頼すればいいだけです。
信仰の問題ということではなく、あなた方の宗教活動をスムーズに行うためにも持ち帰ることです。

これは、葬儀屋さんでもJWの時にはしっかりおっしゃるそうです。
納骨堂の話には食いついてきました。使わせてもらうとの事です。
ということは、かなりのJWが骨を・・・ということでしょうね。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 14:46Comments(7)TrackBack(0)

2007年06月15日

エホバは何も与えてくれません 2

これからは、記事が長くなる事を想定して、分割記事にします。

この記事で訪ねた場所は、「高松市役所」 「香川県警」です。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 13:26Comments(0)TrackBack(0)

エホバは何も与えてくれません 1

さぁ、参りましょうか。
「元JW二世が将来抱える問題シリーズ」の葬儀編です。

今回は、死亡時の問題というのを取り上げてみようと思います。
先回、扶養拒否などのことを取り上げてるんですが、これの検索は物凄いんです。
日によっては、25件ぐらい検索される。
JWだけじゃないんでしょうけどね。ダークなところに手を出してしまったのかもしれませんね。

一般の方からもメールで聞かれるんですけども、俺はこう考えています。

「百聞は一見にしかず」

こういう問題は、自分自身のケースをちゃんと確認するのが本筋だと思います。
口火は俺が切ってもかまわないんですが、あとは自分で勇気と時間をかけて動いてみて下さい。
行政にしても、法律相談だけがお金がかかります。(無料30分除く)

確かに、聞き難い問題かもしれません。
しかし、命を取られるわけじゃない。別に何の心配もいりません。
備えあれば、憂いなしですよ。

ある程度、どこで聞けばいいのか、質問はどんな事を聞いたのかはここに列挙しておきます。
ブログの記事をプリントアウトして、行政側に見せるのもアリです。
納得する答えが得られない場合は、更に探して聞くのです。

あなた、税金払ってますか?

払ってるならば、ちゃんと使う物は使うのです。
黙って指をくわえてちゃダメ!あなたが少しでもJW問題で頭を悩まされなくてもいいために。

俺はおそらくブログ凍結する期間が長いと考えています。
2,3ヶ月とか半年の単位ではありません。
年単位での凍結になります。

なるだけこういった問題にスポットをあてて考えていくつもりですが、時間はあと半年程度です。
あといくつこういった問題を取り上げる事ができるか・・・。

俺は、学も学歴もありません。だから、調べるしかない。
ネットの駆使もそんなに上手じゃない。得意なのは、怖いもんなしの行動です。
そしたら、聞きに廻るのが俺の出来ることです。

吐露もします、お花畑も咲かせます。メチャ論理も出します。
しかし、自分の足で立って行動するから許されることというか、責任のとれる事です。
立ち止まるな、しゃがみこむな、根性論ですけど、これ大事です。

だって、立ってない人には何も与えられないからです。

説教臭いですが、前書きとします。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:52Comments(1)TrackBack(0)

2007年06月12日

ふとやってみようと。

ちょっとあることを調べてこようと考えています。

「お葬式」の事です。
これに関しては、いろいろあると思うんですが、葬式業者に行って聞いたことがある人はいないのではと。
無宗教の葬儀も出来ると書いてあっても、その時にならないと動かないわけで、これから多く起こる問題でもあります。

事前相談というのがありまして、無料だとチラシに書いてありました。
よっしゃ、行って見るのも悪くないかなと。
値段であるとか、やり方であるとか、宗教上揉めない方法であるとか、いろいろあるからね。

現場で出来る限りわかる部分をしっかりと聞こうと思います。
仮に、業者さんが宣伝できる部分が欲しいとおっしゃるなら、それも今回はOKにしようかなと。

葬式というのは、結婚式の逆で、いつ起きてもおかしくないものです。
それも、時間が限られた中でやらなくちゃいけません。
そこで、ある程度のガイドラインがわかれば、備えも出来るのではないかと。

組織を離れた子供と、組織に留まる親にはいろいろなケースが想定されます。
俺のように、非信者の父親を持つ場合、親族が完全に親を見離してる場合、親との関係が微妙でも、自分が喪主をする必要がある・・・
王国会館では葬儀を行うことが少なくなってる地区もあると聞きます。そのときの対応。

排斥・断絶者の最善の方法。
自然消滅の方が、エホバの証人とのかかわりをなるだけせずに葬儀を行いたい場合。
非信者親族との絡み・・・。

脱JWしても、親が生きている限り続くこともあります。
そこを一定のものしかわからなくても、調べることで少しでも将来の備えをしておければ、あわてなくて済む部分もありますからね。
既出なのかもしれませんが、いろんな質問を業者に尋ねることで新しい発見があればいいなと思います。

ちょっと行ってきますね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:41Comments(1)TrackBack(0)

2007年06月05日

前を見ろ!生活力と信仰は比例する

PWさんのブログ記事を見てて、ふと思いだす事があったので書こうと思う。

今回の記事は、俺の憶測もかなり含まれる部分もある。
読み手の皆さんを誤解させてしまう事もあると思うのだが、少しタブーな部分に触れてみたいと思う。
ある意味、このタブーな部分は俺でしか書けない気もするのだ。

なぜか?

怖いもんなしというか、口火を切れるという強みでは、まだ他人に右に出られることを許す気はないのだ(爆)

「JW特権とは、エホバへの愛ではなく、お金である」

こう言えば、現役であろうと、元であろうと反論したくなるのではないか?
しかし、実際はそういうことなのではないだろうか。
勝手に人様の財布を覗くわけでは無いが、ふと考察する事にしてみた。

1) JWに与える物質的寄付が多ければ、会衆内での立場は安泰である。

これは、実際にあったことであるが、王国会館の土地などを提供した神権家族がいる。
(かなりのお金持ち)
その後、家族の一人が排斥行為を犯した。もちろん、排斥処分だった。
しかし、この神権家族・・・親は長老だったのだが、主催を辞任しただけで、長老職の実質上の剥奪はなかった。

紆余曲折を経て、この排斥者はJWに戻ったのだが、二ヶ月で復帰。
それから少しして、主宰に復帰。
この体制に、一部の成員はJWを離れていく。

同じケースがあるが、主宰長老を務めていた神権家族で、こちらは貧乏。
長老はパート勤務をしていて、経済的にご苦労があった。
もちろん、この家族の一人が排斥行為を犯した。しかし、特権剥奪のみで済んだ。

しかし、長老職は事実上の解任。この当事者も特権復活に邁進したが、1年以上かかった。
長老への復帰もなく、会衆内での立場も薄くなっていく。
5,6年後に家族全員でJW離脱。現在は他県で幸せに暮らしていらっしゃる。

これは同じ会衆で起こり、俺が簡単に状況を知る事の出来た事です。

いっておきますが、これは事実です。
当然ですが、先にかいた方は、分会したのに、再合併してしまう失態を。
しかし、それでも組織はちゃんと用いるわけです。

離れた方は、会衆内では穏健派であり、成員が離れ難い体制だった。
排斥事件があっても、会衆内は動揺をせず、しっかりJWに留まることができた。
JWの経験的には、後者がとりあげられるでしょうが、実際はそうでないわけです。

2) 金持ちJWと貧乏JWの間には愛など存在しない。

これは客観的にみる事の出来るようになってからの考察なんですが、実証できないのが悔しいぐらいです。

俺の親がけなすと言うか、霊性の問題をあれこれいうのは、お金持ちJWに対してだったんです。
十中八九間違いなくそうです。

例えば、レクレーションがあるときに、お金持ち側が企画したものであれば・・・

「ばうちん、今回のレクレーションは行かない方がいいわ。霊性の低い人も多くいるの。ばうちんは子供だからわからないかもしれないけど、つまづきになるかもしれないわ。○○兄弟もいかないそうだし、○○姉妹も行かないわ。だから止めておきましょう。」

子供心にはよくわかんないけども、どっちにしても俺は行かないことが嬉しいから、従ってました(笑)

逆に、うちの親などが企画するレクレーションには、そっち側は参加してなかったなぁ。

それを実感したと思う思い出は、中間派と言われる人に、お金持ち側のレクレーションに連れて行かれた時です。
食い物が違うとかのこともあるんですが、とにかくうちではNGの禁止行為が平然とある。

麻雀(お金かかってます)、猥談(下ネタね)、歌謡曲垂れ流し・・・・

愕然としたもんです。
空気に馴染め無いもんだから、外に出てお菓子を一人で食べたりしてた記憶があります。
子供は敏感ですからね。大人よりも空気を読めるってもんですよ。

うちの親が参加するレクレーションは、確かに貧弱だったよなぁ。
遊びも、賛美の歌だったり、楽園ゲームだったり、大人達の会話は生活のしんどさの自慢大会だったもんな。

共通点は、他の成員の悪口と言っても過言では無い噂話でしたが(これが一番盛り上がってるw)

今、思いだす限りグループがありまして、お金持ち側と、貧乏側と分けるとものすごいしっくり分かれるんですよw
確かに、お金持ち側は・・・大して奉仕してなくても、特権はいっぱいあったよなぁ(爆)
だから、ひがみもあるんでしょうけどね。

まぁ、あれじゃ、愛はないと断言して間違い無いでしょう。

3) お金持ちへの当てつけは開拓奉仕

お金持ちのJWというのは、精神に余裕があるわけですよ。
この世の誘惑とか、慣習に対しての捉え方にしても、視野が広く保てるんですね。
なぜかと言うと、俺はこれでしっかり学習しました。

ムチの話で悪いんですが、「ご飯抜き」の話で、満たされないお腹では建設的な事は何ひとつ考えられないと書いたでしょ?
そうです、経済的に余裕が無いということは、ハルマゲドン待望派じゃないでしょうか。
違うか、楽園待望派か(笑)

となれば、貧乏であれば、目指す特権は開拓じゃないでしょうか。
これにありつくことで、アピールできるわけです。

「わたし!これだけ組織で頑張ってますぅぅぅ!」

現世での経済的上昇は望めません。しかし、JWには楽園がある。
楽園には通貨はない(はず)、共産圏と同じ考えで平等だの、公平だのになるはず・・・
老化も死もない・・・

出版物、集会、大会ではこの奉仕の重要性と、美談が満載ですから、そこを目指すことになる。
それがエホバに喜ばれると教えられるわけだから。
もちろん、開拓奉仕頑張ってると、会衆内ではちょっと特権というか、ちやほやされるわけでしょ。

まぁ、JWの教えが奉仕に一生懸命になってる以上、大義名分的なチヤホヤをしなくちゃいけない。

しかし、これはお金持ちにとっては別にどーでもいいことなんじゃないだろうか。
金持ちは、出来る時に最大限の力を発揮することを充分に知っているはずです。
ですから、どこで力を発揮するのが効果的かをちゃーんと知ってます。

これを盲目的なJWが、裏表があるとか、霊性が低いという陰口をいう部分じゃないだろうか。
そう、効果的な力の発揮の仕方を知らない貧乏JWは、このマジックでいつも日陰の身になることが多いからです。
しかし、わかんないんだから、やることは一つ。

「開拓などを続ける」

これで、とりあえずのJWステータスを維持するしかないと考えます。
仮に、金持ちでのんびりJWがいたら、イヤミの三発ぐらいは言ってるはずです。
わたくし、そういう身内の元で育ちましたから(笑)

4) ベテルに行って来い!ちゃーんと縦社会だぞ(笑)

貧乏JW2世に、親がいう目標の一つに「海老名ベテラー」になれ!というのはなかったですか?
うちはこの目標を常々言っていましたし、そうさせるつもりだったようです。
大会の休憩中に、ベテル奉仕への集まりを開いてたでしょ?
資格もへったくれもないのに、長老に話だけを聞かせてもらえるように親が話してましたから。

これはベテラーの方の方が詳しいでしょうが、俺の時には、開拓者としての実績を持って参加するようになってました。
(親からそう聞かされたんで、間違ってたら教えて下さい)

ここからは、親の妄想ですから、笑っておいて下さいね。

「ばうちん、開拓者になって、ベテルにいけば、生活の事を気にせずにエホライフを送れるわ。JWは人種や身分などを見ないのよ。エホバに忠実にしている人だけを、霊性の高い人がちゃーんとエホバによって導くようにして下さるの。がんばれば支部委員になれるのよ。模範として他の若い人の目標となれるように頑張って欲しいわぁぁぁぁぁ!」

いえ、母上殿・・・それは違いますよ。

もちろん、ベテル経験者の知り合いが出来るまではそう思ってました。
しかし、バプ後に知り合ったベテラー兄弟(現離脱)はこう言っておりました。

「ばうちん、ベテルに行くにしても、勉強とか頑張って、出来れば特殊な資格を持ってる方がいいよ。じゃないと、ずっと・・・出版物の箱詰めだ。掃除もあるな。ベテルの仕事は覚えるもんじゃないよ。元々の資格などが重視されて、それがないと自分のしたい部署に行くのは難しいんだよそれに、ベテルから帰ったからといって、仕事は一から探さなきゃいけない。三年間ベテル行ってたと履歴書に書いたって、就職活動なんかうまく行かないよ。ちゃんと考える時間を使って、どうしていくのか考えなきゃ。ベテルだけがエホバに喜ばれるわけじゃないんだよ。」

まぁ、その頃はベテルどころか、脱出への道を模索してましたから、どうでもよかったんですけどね。

ベテラーさんの話を聞いてたりしますと、特例はあるのですけども、重要ポストについていくのは、大学卒がほとんどだそうです。
それも、資格を持っている大学卒。
今、会社に勤めていればわかります。そりゃそうでしょ。じゃないと組織のあれこれは出来ない部分も多いじゃん。

となると、貧乏JWはベテルでの目標は、ものすごく寂しいものになりますね。
そういえば、ベテルでの報酬はものすごく小額ですから、仕送りで嘆いてる親御さんがいたな。
やはり、貧乏JWにベテルは難しいのかもしれません。

5)貧乏二世は、出会いのチャンスも少ないし、もてにくい。

二世でパートで、貧乏で、特権そこそこ・・・
はっきり言いましょう。チャンス薄いです。
男性側でいいますが、女性だって、そこそこにはちゃんとした暮らしはしたいと考えます。

その時に、いっぱいいっぱいの生活で開拓してるのと、ある程度生活力のある開拓兄弟の天秤に掛かれば、答えは歴然です。
もちろん、イケメンなら、まだ何とかなる部分もあるでしょう。
しかし、世の中そんなに上手くはいかないんですよ。

これで、単純に振られるならまだいいですが、とんでもない仕打ちでつまづいてしまう場合もあるんです。
それが、俺はトンデモない歳の差カップルの誕生なのではないかと信じて疑いません。
ちょっと辛辣ですが、世の中の流れを説明しただけです。

別に金に執着する必要を説いてるわけじゃない。
ある程度、生活を安定させる収入がないと、信仰を自分自身のものとするのは難しいと言ってるだけです。
俺のいう事違うかな?

どっちにしても、こういうことでの被害者は、二世以降の子供達です。
絞った話で悪いけど、決して外してないと考えますよ。

それらを考えているうちに、「JW愛はお金が大事」だと思うわけです。

うーん、始末書の書きすぎで、頭が廻らん!すまんが皆さんの読解力をフル回転頼みます。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:56Comments(7)TrackBack(0)

2007年06月01日

朝のまとまらない下書き

妄想癖のはなはだしい者です(笑)

今日は久々に真面目な話を。
こってりしたJW話であります。

そう・・・

「お祈り」の話であります。

昔、ご飯の時に祈ったか祈らないかと話を書きましたが、今日は祈りのアレコレです。
ただ、ばうちんのお祈り論が多々入りますので、そこは適当に突っ込んでやって下さい。

1) お祈りって聞こえが良いが、基本、自分のお願い事という欲望の表れ

俺は、初詣だったり、お祭りなどの参拝はする方なんですね。
よく考えれば、これもお祈りの一つだったりしますよね。

「今年1年健康でありますように」
「今年こそはいい出会いがありますように」
「宝くじ当たりますように」

JWのお祈りも似たようなもんだと思うんです。

「導いて下さい」
「〜〜ありますように」

他人様の事も祈っていますが、基本、自分の事を祈ってませんか?

「大会に行けますように」
「開拓奉仕が滞りなく達成できますように」

言葉にすれば、聞こえがいいようですが、世の中の人と願いは何ら変わりませんよ。
祈りの質とか言われるかもしれませんが、質を求めるならば、こんなお願いはしません。

感謝のみですね。

例えば・・・

「エホバ、ごはん食べられます!ありがとう」

「今日も1日、無事に過ごすことができました。ありがとう」

アーメン

で、よろしくないでしょうか?
こんなことを何故書くか・・・俺はこんなことを体験してること、他人様のお話を聞いて、こりゃダメだと思うJWのお祈りがあるからです。
これはどこでも、いえ、自分以外にも現在現役のJWの祈りのなかにも、集会でもありますから・・・

2) お祈りという名の、ワラ人形のたたり?

この記事をまず読んでみましょう。

*** 塔05 6/15 22ページ 16節 親の皆さん,家族に必要なものを備えてください ***

16 さらに親は,祈る時にも霊的な面で子どもに必要なものを備えることができます。イエスは,どのように祈るかを弟子たちに教えただけでなく,幾度も弟子たちと共に祈りました。(ルカ 11:1‐13)ほかならぬエホバのみ子の祈りに和することから弟子たちがどれほど多くを学んだか,考えてみてください。同様に,お子さんもあなたの祈りからたくさんのことを学べます。例えば,わたしたちがためらいなく心から語りかけて何でも心配事を打ち明けるのをエホバは望んでおられる,ということを学べるでしょう。あなたの祈りは,お子さんが,自分も天の父との親しい関係を築けるという肝要な霊的真理を学ぶ助けとなるのです。―ペテロ第一 5:7。

もっともらしく読めるかもしれません。

しかし、親の祈りから学べる事ですか?
思いだしてみると、トンでもないものがあるわけです。

うちでは、こんなことを教えられます。

「お父さんは、今、サタンの一味なの。だからこのままいけば滅ぼされるわ。私達はエホバに喜ばれるように、惑わされてはいけないのよ。でも、いずれエホバがハルマゲドンでサタンを滅ぼされるわ。だから、喜ばれる行動と祈りを忘れちゃいけないのよ」

と来まして・・・

「どうか、サタンの惑わしに打ち勝つことが出来るように、私たちを見守って下さい」

となるわけです。

子供心に不思議なんですよ。

「なんで、お父さんが滅ぼされないように願わないのか・・・。あっ、滅ぼされてもいいんだ。」

そして、この祈りは・・・イエスキリストの名を通し、聞き届けられるように願うはずですね?
確かに、うちの親は特殊なのかもしれませんが、楽園での再婚を心待ちにしている身ですから、滅ぼされちゃってもいいのかも。
しかし、子供心には傷がつくわけです。

夫婦愛を見る事が出来ない子供に育つわけですからね。
将来の子供にどんな影響があるかをまるで考えていないのですから・・・。

さらに、こういうのがあります。

「親の望まない友達との付き合いを祈りで妨げる」

俺が、中学校の時にファーストキスをした話を書いた事がありますね。
http://bautin280blog.livedoor.biz/archives/50186680.html

この話の中には書いていませんが、家に帰った後・・・こんな祈りがあるわけです。

「ばうちんが、今、サタンの誘惑に晒されて、非常に大きな間違いを犯してしまいました。この誘惑をすぐに絶ち切れるよう導いて下さい。」

結局別れる事になったのですが・・・親に報告しなくてはいけません。「別れた」と報告すると・・・

「エホバはちゃんと願いを聞き届けられた!すばらしいわ〜♪」

縁切りの神様か?のろいのワラ人形に願うのと何ら変わらん!

ブログにコメントを残してくださったり、掲示板で書き込んでくださった中にも、流産を祈ったりするバカ信者がいたとの報告がありますし。
こうなったら、ワラ人形というしかないですよ。
聞き届けてもらったぐらいに思ってるのなら、エホバを絶対神としてるなら、ワラ人形レベルだと思います。

祈りの間違った方法というか、勘違いですね。
これでは、祈りの効果を子供に示す事は出来ないわけです。

祈りの前に、何でも話せるというこじつけかどうか知りませんが、長老に隠さず話す事を要求されますよね。
特に審理委員会とかなどは顕著な例です。

しかし、そこにいるのは・・・ほとんどが誘惑に弱いおっさんなのですから、エホバに代わってなんか出来るのではないです。
個人的ですが、特に性の問題の場合は、SEXの事実以外に話す必要なしですよ!
長老のオカズになるだけです。

話して、残る気ならどうぞ、あれこれお話下さい(爆)

かなり脱線ですが、審理委員会呼び出しの時、排斥覚悟であれば、一番早いのは・・・

「悔い改めるつもりはありません。勝手にどうでもして下さい。もうここには来ません。失礼します。」

これだけで充分です。
あれこれ聞かれても、答える義務はないと言えばいいんです。あの場所は法の裁きではないのですから。
俺がインチキサークルの強制退会だというのは、こういう意味ですよ。

「信仰しないから、どういう決定が出ようが話す必要なし!出て行きます!」

これ、日本人に与えられた権利であり、これを邪魔する事はできません。

なんか脱線しまくりましたが、子供に祈りの重要性を教えるのなら、親の祈りは感謝だけを見せるべきです。

3) 祈りが聞き届けられるのは、命があるヤツが作る勝手な美談

ちょっと、辛辣ですが・・・
こんな話をご存知でしょうか?

雨乞いの話です。
「立派な高僧が雨乞いをすると、どうでしょう?雨が降り始めました。どうしてでしょう?」

答えは簡単です。

「雨が降るまで祈ったから」

経験で祈りが聞き届けられた話がありますが、これ、全部この例えの応用編です。

奇跡ではなく、そうなるように自分が努力したか、時間をかけて待っただけです。
ほとんどの場合、聞き届けられる前に諦めるか、死んでしまっただけなんですね。
偶然とか、運の産物とか、本人の自己努力は、人によって事実から離れていきます。

***************************************************************************

俺の勝手な論ですが、エホバは一度も人間の祈りを聞いた事はないと思ってますから。

祈りに否定ばっかりじゃないんですよ。
願いとか、希望とか、そういうのを自分にいい聞かせたり、自分を励ましたり、人の事でも、思いを告げる事としていいことだと思ってます。
ただ、それは神様にじゃなく、自分自身への誓いや思いの表れだと思ってますから。

こういうのいうと、創造主の存在とか、あれこれ言われそうですが、それは興味のある方でやってくださればいいと。
俺は、今日の晩飯が何かの方が大事な事です。
これは祈るなぁ・・・

「今日はたこ焼きでありますように!」

えっ、そうです!うちの今日の晩ご飯はたこ焼きです。嫁に希望だしてるもん(笑)
プレートあるんだよ。あとで写真UPしとくね。

***************************************************************************

そうそう、コメントくれる時に、ちょっと遊ぼうか。

今回の「@お題」

「目玉焼きで使用する好きな調味料」

参考例です。

ばうちん@七味唐辛子かけ醤油

この目玉焼き調味料だけのコメントも大歓迎(笑)

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:43Comments(17)TrackBack(0)

2007年05月28日

早朝のお花畑

土日になんかパソコンの前に座る事を拒否してしまったものです。
忙しいということもあったのだけれど、ブログリンクはほとんどの場合、携帯で拝読します。
コメントなんかは、パソコンの方が楽なんだけどね。

しかし、これだけブログあると毎日全部は読みきれないね(笑)

半分づつぐらいに分けて読んでいるというのが現状かな。
基本、全部目を通させていただいてるんですよ。みなさんの記事からヒントをもらうこともしばしば。
ありがとうございます。

******************************************************************************

さて、今日の配達中・・・ふと考えたことです。
毎日、配達中はブログの記事の下書きを頭でやるんですけどね。
この時間が、人より早起きして三文の得という感じかな(笑)

ただ、ちょっとまとまりがないから、適当に読み流してやってくださいな。

JWの出版物って、医学的にいう・・・処方箋から出された薬って感じがしませんか?

ただし、ろくろく診察の出来ないやぶ医者が発行した処方箋・・・。
医学の基本書が聖書だとしたら、JW出版物は、医学書無視の点数稼ぎの処方箋みたいです。
そして、うちの処方箋は、唯一の本物だと言い張っているんだし。

あそこの病院は、医学書を無視した、間違った病院です。
ですから、必ず潰れます!と公言してるようなもんですよ。

1914年とか、1975年とか、潰れる時を予測してたようですが、外れちまいました。
そのうち、「いつか近いうちに」になってしまいましたけど。
それでも、潰れる事は明言してるわけです。

統治体のメンバーの皆さんは、大学病院の教授会みたいなもんでしょうか・・・。
「白い巨搭」とか、「医龍」とかでもそうでしたが、なーんかうさんくさい権力の集まりみたいな感じです。
気に入らないとか、そりに合わない身内は、必ず潰しにかけてそうです。

実際に、そういう例は数々耳にする事はありますし。

で、この処方箋ですが、飲まないと・・・直らないと言われるわけです。
また、この処方箋・・・指定された薬局でしか処方してもらえないわけですよ。
飲んだかどうかCHECKするために、週3回の通院を強制するわけです。

強制してると書いたわけ・・・

来ないと、一生懸命往診してくるでしょ?来るようにあれこれいうわけでしょ?
病原体が広がってるから、はやく通院しないとしんじゃいますよ。処方箋渡せませんよって。
それ、無視すると・・・そのうち、うちの病院の患者ではなくなりましたって、言われるもんね。

新薬が発表されましたと言うのが、新しい出版物に当たるでしょう。
これでさらに細かく、病原体に特効薬ですと言われるわけです。
それを通常の処方箋に加えて、新たに書き込まれて薬局でお金を払わねばなりません。

もちろん、この病院、通常の生活習慣にも口を出してきます。
これ食べると、太りすぎますよとか、確実に寿命を縮めますから、食べてはいけませんと。
もちろん、この中には医学書に書いてあるモノもあるんですね、ですから部分的には良いモノもあるでしょう。

しかし、よその病院で出されたものは絶対に受け入れてはいけませんと言います。
なぜなら、その病院は偽りだからです。偽医師が潜んでいるのです。って感じでしょう。

病院が指定した薬と、生活習慣を守る事が健康を約束するものです。
信じなくてはいけません。なぜなら、うちの病院が一番医学書を理解しているからです。
と処方箋にかいてありますよ。

もちろん、健康促進のためのプログラムもあります。
病院の新しい患者集めです。
この病院は、処方箋の手引書を無料(患者は買う)で、巷に配ります。

で、この処方箋はなかなか手に入らないのよ、今が最終チャンスですと触れて回ります。
これで新規患者を集めていきます。
あまりこの健康法を実践しないと、担当医からあれこれ言われることになります。

ただ、幸か不幸か・・・

患者の子どもの多くは強制的にこの病院へ自動的に患者入りします。
子供用の処方箋もあり、生活習慣については、大人よりもかなり厳しい制約を受けます。
一時期は、この処方箋から出された薬を飲まなかったり、生活習慣を徹底出来ないと、文字通り体罰を加えていました。
現在はかなり少なくなっていますが、まだ残っているとの報告もあります。

この病院、実は会員制で、一定基準からはみだした事をすると、病院から追い出されます。
もちろん、自分から出て行くこともできますが、出て行くと、この病院の患者との会話が難しくなります。
親子でも、それは同じようになることも多く、将来社会問題に発展する可能性も含んでいます。

しかし、この病院、多くの問題も抱えています。

院内感染も起こっています。
担当医や、ベテラン看護士などの暴走で、時々、処方箋以外の民間療法を取りいれ、患者が新規患者の時よりも健康を害しています。
しかし、教授達は最悪自分たちの責任回避の道を確保していますし、世間で公にならないなら黙認の状態です。
なぜなら、兵隊だからですし、担当医も、看護師もこの病院の患者だからです。

もちろん、世間のバッシングを浴びることがあれば、トカゲの尻尾切りも忘れません。

患者も、病院が指定したお風呂に3秒浸かれば、下級医師になれます。
この病院の特徴ですが、全員がこの病院の患者であり、下級医師になることが求められます。
上級医師になるためには?いやぁ、教授などに気にいられたらいいんじゃないでしょうか?

まぁ、報酬は、教授会ぐらいのメンバーにならないと満足ができるものは得られません。
そうそう、ほとんどは、何かしらの仕事を、病原体まみれの職場でしています。
しかし、病院はこの仕事に関して、最低限の収入を奨励して、新規患者の獲得への健康促進を奨めています。

新規患者がお金を持っていれば、そこから搾取できるように教えれば、病院はそれを喜ぶことでしょう。
これは、俺だけの勝手な推測ですが、たくさんお金を病院に使うと、教授会の喜びのお手紙と、幹部候補生へのコネができると考えています。
やはり、世界的な病院ですので、お金も必要ですから。

現在、この病院組織は、さらなるグローバル的発展のために、いわゆる後進国とか、お国の事情で入国できなかった所へ病院を建てていくようです。
しかし、この場合、患者からの収入が小さい為に、これからの活動金の獲得に奔走する日々が続きそうです。
まぁ、かなりが無報酬で動かすのですから、まだまだ余力はありそうですが。

なんかまとまりがなくなってきましたが・・・

もちろん、下級医師の中には、これではいけないと思ってらっしゃる方もおられるようです。
また、この病院にいることを辞めようとしている人もおられます。
ただ、この病院を出ていく事は、情報統制のせいなどもあり、なかなか今後の生活などへの問題も生まれています。

基本、この病院のディスクロージャーは行われておらず、結構な秘密組織とも言えるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この病院から出される、処方箋と健康促進による効果

将来くる、大疫病へのワクチン効果で不老不死へのチャンスあり
(実証はない)

病院での死亡は、薬の効果により、一定期間の眠り以後、蘇生のチャンスあり
(実証はない)

ただし、このチャンスへの時期は、病院開院以来、様々な発表があったが、現在は不明(病院発表)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だれかもっと上手に書いてくれ。

こんな感じで、医療ドラマを見ると、けっこうわかりやすくJWの感覚がわかるかも。
まぁ、朝からの俺のお花畑だから、ご意見・ご批判はいくらでもどうぞ(笑)

ばうちん




 

  
Posted by gurugurubautin1234 at 12:12Comments(3)TrackBack(0)

2007年05月24日

記事レス

ありがとうございます。
たくさんのコメント、嫁も愕然とするものから、笑ってしまうものまでたくさんです。

個別レスさせて頂きます。

嫁さんのレスは赤字で表示します。

携帯もこの最近は、字の色が変わって表記されるものが増えてきました。
されない機種での判別は、レスの一番最後の1行レスが嫁です。

  続きを読む
Posted by gurugurubautin1234 at 12:42Comments(7)TrackBack(0)

2007年05月23日

嫁からのアンケート

ce9b19d9.gifこれが誰だかわからない人はいるのかな?

「ミスター・サタン」であります!

実は俺がドラゴンボールZの中で、一番好きなキャラクターです。
だって、一番人間臭いでしょ(笑)
そりゃ、あの漫画は人間っぽいのあんましいませんが。

 

ドラゴンボールの連載開始時期は、一応JWだったような気がするんですよ。
しかし、テレビ放映がされた時は、しっかり見ていたとの記憶があるので、排斥されてたと思います。
間違いなく、JWじゃ見ちゃいけないアニメの筆頭でもありましょう。

だって・・・

「さたーん!さたーん!」って連呼ですからねぇ。(崇拝対象っぽかったしさ)
サタン優しいのに。
いいかげんで、見栄っ張りで、人間としては結構強くて、人情もあるじゃない。
俺、こんな男に憧れますよ(笑)

うちのガキも大好きなアニメで、この前ついに全巻レンタルを見終えました。
北斗の拳と一緒で、途中から結構グダグダ感はあるんですが、面白さは絶品でした。
手塚治虫が生きてたら、ものすごいジェラシーを感じる作家さんだっただろうな。

手塚治虫⇒藤子不二雄⇒鳥山明という感じだろうか。

アトム⇒ドラえもん⇒孫悟空ってとこか?

近年の王道をいく漫画家さんとして列挙してみました。

まぁ、同世代の元JWの皆さんは、どんなカタチにしろ、テレビ規制はあったと思いますけどね。

***************************************************************************

なぜ、こんな事を書いたのか・・・。

これはうちのルールだった可能性もあるんですが、ちょっと嫁が信じられんというわけです。
童謡であるとか、スタンダードな音楽の禁止が俺にはあったんですよ。

少しアンケートします。

「あなたが歌ってはいけないと言われた、学校とか、慣習で歌われたものは何ですか?」

キャンプファイヤーとかの「燃えろよ、燃えろよ」とか・・・

こいのぼりの歌とか・・・、ひな祭りの歌とか・・・

「そんなんいっとったら、なんにも歌えんじゃん!今の現役JWは、カラオケとかもいくんでしょ?カラオケで、二人の愛とか唇を重ねるとか・・・歌えるのに、なんでこいのぼりはダメなん?みんなもそうだったん?ちょっとぉぉぉ、聞いてみてやぁ。」

だそうです。

賛美の歌で我々育ちましたからねぇ(笑)

たのんます。

追記:

ただアンケート取るだけじゃ面白くないから、ルールを決めよう。

名前の欄に「○○@クリリン」とか、ドラゴンボールで好きなキャラクターを入れよう!

例:「ばうちん@ミスターサタン」

もし、なければ好きなアニメとかのキャラクターを入れたらいいぞ!

  
Posted by gurugurubautin1234 at 10:53Comments(22)TrackBack(0)

2007年05月18日

二世はバプテスマを最初から受けている

JWバプテスマっていうのは、一体何なんでしょう?

俺だけが定義する部分としては、次の通りになります。

「JWへの正式な信者登録をすること」 (JWに限定してです)

なぜなら、排斥などの処分対象に当てはまるのは、バプテスマ受けた人なワケです。
研究生が研究中止などの扱いがあっても、それは処分じゃない。
ついでに、特権とかいう雑用係へのステップアップする条件もそこにあるもんね。

しかし、ちょっと考えてみたんです。

「小さい頃から二世として育てられた子供達の多くは、バプもへったくれもないじゃないか?」

ってことです。

俺が知る限り、バプを受けるまでは研究生扱いですね。
その間、エホバの証人になりたければ、JWの原則を守る必要があるということは事実です。
ただし、1世の研究生が、タバコを吸おうが、大酒を食らおうが、恋人とSEXしようが、処分はありませんね。

もちろん、JW的生き方をするように司会者からあれこれ言われますが、徐々に改めていくように根気よく言われます。
そこに体罰も罰則も強制も存在しないですね。(どうしても原則守れなければ、研究中止)
まぁ、信者増加に悩む現在の日本のJWは、必死でゆっくりと訪問して、どんな研究生でもいいから確保しようと躍起ですが。

なぜ、これを書いたか・・・

文化庁に電話して聞いたんですね。

「日本の法律上、国民に与えられる権利として、信仰の自由は小さな子供にも認められていますか?」

よーく聞いておいて下さい。
知ってるようで、知らないのが・・・日本の法律で、末端信者が大きな間違いを犯してる可能性がある事を。

「はい、日本では小さな子供も、その自由は誰に侵害されるものではないものです。」
(2007年5月18日 12:50分に文化庁宗教法人室への電話で確認済)

ですから、上に書いた1世の指導は法律で決められた部分を逸脱する事なく、行われています。

しかし、二世はどうでしょう?
学校での行事・一部の授業不参加・場合によっては学校での証言は、子供の意思だけで行われていましたか?
聞きたい音楽、服装、アクセサリー、交際範囲など、金銭的に家庭状況の問題で無理なものを除き・・・
あなたの意志で決定出来ていましたか?

ほとんどのJW2世は「NO」と答えるはずです。

もちろん、親が信じるものを子に信じてもらえるように教える事を非としているのではありません。
ただし、子供が宗教上で出来ない事というのは、自分だけの決定で行われる必要があります。

大会などのちょっとした寸劇インタビューみたいなのがあるでしょ?
ちゃーんと、この法律に乗っ取ったもので作られています。
ですから、組織は、自由を与えているんだという大義名分があるんですね。

しかし、実態は・・・

親が完全に子供の意見を無視した状態で、学校側に通告と言う証言をしたり、させたりすることが多く報告されています。
もちろん、俺もその口です。
そうだった人は、ちょっと勇気を出してコメントしてみて下さい。
ウジャウジャ出て来ますよ。

もちろん、子供の意志をしっかり認めてきた親御さんもいらっしゃるでしょう。
逆に、自分の意志だけで、JWに信仰してた子供時代をお過ごしになった方もいらっしゃるでしょう。
しかし、こういう方は希有な部類に入ると俺は感じてます。

集会・伝道奉仕に行かない(行きたくないと言う)
証言はしたくない。
普通に友達と遊びたい、友達と同じ事がしたい・・・・

これを親に言って、理由を本音で話せた二世はどれだけいますか?
あなたの親はそれをしっかり聞いてくれましたか?
もちろん、親側の説得というか、言い分もあったでしょうが、最終的に宗教の信仰部分を自由に決めさせてもらえましたか?

たぶん、俺達の世代ならムチのオンパレードか、無理矢理集会に連れて行かれたりしたことの方が多いはずです。

教義うんぬんによる部分は今回は全く無視しましょう。
じゃないと、複雑化しすぎて、話が全くまとまらないですから。

信仰は、基本、信仰し、崇拝する対象と個人の関係です。
JWでもそう教えています。
なのに、二世は違いますね。勝手に、強制を強いられているわけです。

バプテスマ受けてないのにですよ。
正直、バプテスマ受けてるのと何ら変わらないんですよ。
信仰してるかしてないかなど関係なく、勝手に物事が行われるわけです。

親との関係ですから、元JWだろうと、親が今でもJWに在籍してても、親に対する愛情をしっかりお持ちの方もいらっしゃいます。
(本当は、こういう気持ちを持っているのがいいと思ってます)
その方には大変申し上げ難いですか、今回は叫ばせてもらいます。

JW組織にも、日本で認められている権利も無視、または逆らっているのは、エホバの証人の親にたくさんいると。

えっ?組織には逆らってない?エホバにも逆らってない?

いえいえ、何か問題が発覚すれば簡単ですよ。
すぐに、自由にしていたと組織はいいます。だって、ちゃんと大会などで実演つきで説明してるでしょ?
それを見抜けなかった、ちゃんとみてなかったあなた方個人の責任ですで終わりです。

最悪、問題を起こし、世間に問題提起される原因対象は、排斥などの処分を受けかねませんね。
それがJWです。
問題の根は枝分かれしすぎて、俺がきれいに説明するのはなかなか出来ません。
ごめんね、俺の力の無さなんだけども・・・。

だけども、自分の信仰は、誰にも邪魔されてはいけませんし、それを親は認めなければいけません。
そして、そのことが親子の愛情にヒビが入ってはいけないことも。
二世は、バプ受けてるのとなんらかわりないことは明白ですよ。

俺の親の場合でどれぐらい権利を侵害して、法律違反が行われているか考えてみましょう。

過度のムチ(虐待)
未成年排斥後の子供の養育(保護)
信仰の自由(権利主張)

この3つは確定です。

逆にこういう立派なJWの例も挙げておきます。

子供さんが、集会に行きたくないと言った時、子供の意見を本音で語ってもらったそうです。
もちろん、聖書を開いたりして、集会にいくことの素晴らしさなどを子供に語ったそうです。
しかし、行きたくない気持ちは変わらなかった。

そして、親御さんは集会の日に自分が集会を休んでまで、子供との話し合いをもったそうです。
しかし、子供さんは決してJWの集まりに行く事はしなかった。

しかし、この親子、親御さんは現在もJWですが、親子関係はものすごい良好だそうです。
子供側も、親の信仰を決して否定せず、ちゃんと受け入れている。

確かに会衆内での立場は低いそうですけども・・・

しかし、俺はこれは非常に立派だと思うんです。
親子関係など、JWが理想とする環境に近いんじゃないですか?
本当に頭が下がりますよ。

二世にとって、バプテスマはなんだろう・・・?

「親のオナニーに過ぎない」

俺はそう勝手に考えています。
二世は、最初っからバプテスマを受けてるのと変わらないのにね。

  
Posted by gurugurubautin1234 at 13:53Comments(18)TrackBack(0)