2012年12月05日

スポーツ選手は何かしら関節に痛みを抱えているケースが多いですよね。特に瞬発力が必要な競技をされているアスリートの方に多い。理由は簡単、瞬発的にチカラを発揮すると関節には多大な負荷がかかります。その負荷が毎日のように継続的に与えられていれば怪我を発症する確立が上がるのは当然ですよね。

スポーツ選手の場合、適度に休養を与えていれば膝や腰などの関節を痛めるリスクを軽減できるのですが、トレーニングの方法が欧米に比べて遅れている日本の場合、自己流で誤ったトレーニングを実施してしまうことも大きな原因の一つとなっているようですね。

さて、既に痛みが発症してしまっている場合、グルコンexなどの医薬品を奨められるケースが多いようです。痛みの軽減効果があるとされている成分を含む医薬品は第一類から第3類までありますが、グルコンexは第三類。なので通販でも購入できる医薬品ですね。

痛みの程度にもよるでしょうが、多分歩くことが困難なほどの痛みであればグルコンexでは対処しきれないようにも思います。その場合はすぐに形成外科等での診察が必要になってくることでしょう。実際私も、スポーツをしていた時には軽い痛みの時に薬剤師さんから教わった、ビタミンb1硝酸塩やガンマオリザノールなど、グルコンexと似たような医薬品で対処していたという体験があります。
早期の対処が良かったお陰で痛みも徐々に引いていったみたいですね。

グルコンexに頼ることになる前に、普段の補強トレーニングも競技成績のための練習も計画に沿ったトレーニングをされることで関節痛のリスクは限りなく減らせると思う。専門用語ではピリオダイゼーションというトレーニングシステムがあり、怪我のリスクを抑えながらも競技成績を向上させる効果も見込めます。スポーツをされているアスリートの方は、是非試してみてください。




2012年11月18日

グルコンexを使ってみようと思ったきっかけは依然の記事で説明しましたが、実は口コミサイトの情報も多いに参考にさせていただきました。口コミサイトに掲載されている購入者の感想を参考にすることは、何らかの商品を買う前に多くの方が実施している事ですよね。私もそうです。祖母に使ってもらうわけですから、確かめないわけにはいきませんよね。

特に重要視したのが、効果が出た購入者がいるのかどうかです。ご存知のように腰痛の改善が期待できると謳うサプリメントは、さほど評判が良くないケースが多い。これはどの口コミサイトを確認しても同じ傾向にあるようです。腰痛や肩こりに悩む方のブログでも、サプリメントでは痛みの緩和ができないと漏らす方もいるほど。

その一方、グルコンexは概ね良いレビューが投稿されているようです。例えば購入者が自由に効果の有無を書き込め、口コミの役割をも担っている楽天市場のレビューコーナーをみてみると、『痛みがとれた』や『テニスで痛めた膝の痛みが緩和された』との投稿があります。
これらのレビューに共通している点は、グルコンexに出会う前にいろんな関連商品を試した経験を持っていること。

私にとって、これらの情報が確認できただけで充分でした。あとは祖母に試してもらい、その経過を教えてもらうだけ。現在祖母のグルコンex歴は約1ヶ月。もし良い結果になっていれば、今頃痛みに悩む頻度が少なくなっていると思います。連絡が来る日を待ちながら、今回の更新を終わります。では次回の更新までごきげんよう。

参考になったレビューサイト⇒グルコンex錠プラス 口コミ

2012年10月27日

第三類医薬品に指定されているグルコンexは、ロキソニンなどの鎮痛剤と違い即効性はありません。だからこそ痛みが治まるまでには少し時間がかかります。そこで、痛みが治まるまでの期間と、治まった後の膝を保護するために使用しているのが、膝のサポーター。
日本薬師堂では、健康器具として“医学構造サポーター”や、“楽歩ひざ立体サポーター”も販売されています。果たしてこの器具によって痛みを軽減できるのか・・・。今回はこの健康器具の使用体験談を公開しますね。

膝の痛みが悪化する原因の一つに、太ももと脛のバランスの崩れがあります。この2部位の位置がずれていると、上半身の重みを正しく受けることができなくなり、大きな負担となる。その負担がたまり続け、やがて軟骨の周辺にまで悪影響が及ぶ。その時の歪が痛みとなって現れる。多分こんな関係になっていると思います。そのズレを少しでも正しい位置に固定し、少しでもズレを軽減すれば膝関節にかかる負担は少なくなる。その作用を膝のサポーターを使うことによって実現させよう、というのがこの器具の役割なのだろうと推測しています。

実際、私の祖母にも、グルコンexの効果が実感できるまでの間は、なるべく膝のサポーターを装着してもらうようにしています。祖母曰く、「これを使っていると、確かに歩く時は楽だよ~」との感想を頂いています。私自身も、膝の関節は痛めた事があり、時々痛みが出る時があります。そんな時は膝のサポーターを数日間使うようにしています。そのおかげなのか、最近は膝の調子も良く、いつもどおりのお散歩や運動ができるようになってきました。

グルコンexを使う時には、是非今回の、私と祖母の体験談を参考にしてみてくださいませ。あなたの痛みが少しでも軽減されることに役立てば幸いです。

2012年10月26日

日本薬師堂は、関節の痛みを緩和するのに役立つ健康補助食品や、第三類医薬品の販売を手がけていますが、消費者として気になるのが信頼出来る会社なのかどうか、という点でしょう。そこで、今回はこの会社の補助食品等がどのように製造されているのか、また、どのような活動をしているのかにスポットを当ててみました。

まず、関節痛に悩む方にとって気になる事の一つが、グルコンexなどの第三類医薬品がどの製薬会社で造られているのかでしょう。グルコンexの場合は富山県にある製薬メーカーにより製造されていることが、日本薬師堂の信頼性を公開しているページで紹介されています。この製薬メーカーは、ジェネリック医薬品の開発に早期の段階で取り組み始めた会社だそうです。基本的に医薬品は配合されている成分に寸分の狂いがないように製造する義務を負っているので、グルコンexの品質面では信頼しても良さそうです。

製品の品質だけでは、日本薬師堂が信頼できる会社だと言えるわけではありません。やはり、会社としてどのような活動をしているかについても知る必要があります。

日本薬師堂では薬剤師さんや品質管理部の方が、お客さんからの電話相談などにも応じています。この点だけでも、グルコサミンやコンドロイチンを販売している健康補助食品会社との違いがありますね。主な相談内容としては、薬と健康食品との組み合わせに関する事から副作用の質問、他にも関節痛に対応した筋力トレーニングや食事方法など、多岐にわたる相談にも応じてくれているようです。この点でも、同類のサプリメントを販売している会社との違いが見えてきますね。

膝や肩や腰などが慢性的に痛い、という方で、何らかの健康補助食品や医薬品で対応することを検討されている方は、一度検討してみる価値はあると思います。その上で、ご自身の予算等などの条件面を考慮してどの会社の製品にするかを決めると良いでしょう。


2012年10月24日

関節の痛みや筋肉痛の緩和に有効とされる薬の中には、貼り薬もあります。湿布薬やシートを患部に直接貼る事で、鎮痛成分を皮膚から浸透させて、痛みを緩和する薬です。特に有名なのはバンテリンなどの湿布薬でしょうか。では、実際に使うことで本当に痛みの軽減効果はあるのでしょうか。

貼り薬の代表的な湿布薬に含まれている薬剤で有名なのは、鎮痛・消炎成分のインドメタシンやフェルビナクがあります。インドメタシンもフェルビナクも同じ作用をもっていて、発痛増強物質であるプロスタグランジンの合成を阻害することで痛みを和らげるとのこと。

形成外科等で処方される貼り薬には、インドメタシンやフェルビナクが市販薬よりも多く配合されているそうで、急性の腰痛や生活が困難になるほどの痛みを緩和には役立つのだそうです。

さて、でも私的に、貼り薬は痛みを一時的に取り除くだけであり、根本的な解決とは言えないような気がしています。一時的にでも痛みを取り除く事はもちろん大切な事だと思いますが、それよりも腰痛や筋肉痛の根本的な原因を解決しなければならないと思うんです。

腰痛や筋肉痛が出てしまう根本的な原因は、運動不足や軟骨成分のすり減りなどがあるようです。であれば、痛みの緩和成分だけではなく、軟骨の修復作用を持つコンドロイチンなどを摂取したり、適度な運動も必要だと思います。であれば、貼り薬は一時的な対処療法的な役割にしかならないのではないでしょうか。

結局のところ、腰痛などは、長期的なスパンで対処していく必要があります。そのためにも、痛みの緩和と、軟骨成分やその他の要因を根本から解決できるような対処法が重要なのではないかと思います。その点でも、グルコンexのような緩和と補充に重点を置いた製品のほうが重要性は高い・・・と私は考えています。



2012年10月22日

お腹を凹ませる効果や、アスリートの競技成績の向上にも関係している大腰筋を鍛えることは、腰痛の改善にも大きな効果が期待できるそうです。特に腰痛の改善効果の面では、正しい姿勢を維持するためにも必要で、現在腰痛に悩む方が、痛みが比較的少ない時に大腰筋のトレーニングを実施したところ、2週間程度で大腰筋の筋力や筋肉量が共に数%増加し、容易に姿勢を保つことができるようになったそうです。

良い姿勢でいることは、腰痛の予防や改善をしていくうえで非常に重要な要素ですよね。姿勢を保つための筋力が低下することで、猫背姿勢になりやすくなることは有名ですが、猫背が腰痛のみならず肩凝りや頚椎にも大きな負担を与えてしまうことは意外に知られていませんからね~。様々な関節痛につながりやすくなる猫背姿勢にならないように、普段から良い姿勢でいることがいかに大切な事かがわかりますね。

先日、薬剤師さんにグルコンexを使用している方の体験談で、大腰筋を鍛えた事で腰痛を改善した方がいるか・・・という点を質問してみました。すると、実際に大腰筋のトレーニングを併用する事で大きな改善結果に繋がった方もいるそうです。グルコンexで軟骨成分の摂取と、痛みの緩和を狙うのは対処療法的なやり方ですので、根本的な解決策とはならないけど、大腰筋を鍛える事を併行して実施することには意味があると思います。




2012年10月21日

先日、かかりつけの整体師さんの所で、自分の関節の痛みを少しでも和らげるための施術をしたもらいました。その時聞いた話が関節痛に悩む方にも良い情報となりそうなので、ここで紹介します。

その整体師さん曰く、スポーツや格闘技をされている方や、ウェイトトレーニングをしていた方は、50代くらいの年代になった頃から膝や肩に何らかの障害を訴えるケースが多いとの事。

そういえば、祖母も祖父も、そして私の父も若い頃はアスリートだったと聞いています。そして現在、口癖のように「膝痛いわ~」とつぶやく事が多くなっています。まさに整体師さんの言う通りですね。もし若い頃の運動が適度なレベルであれば、今程痛みに苦しむ事は無かったのかもしれません。しかし、アスリートとなるとライバル選手との競争は付き物ですから、当然普段の練習でも無理してでも追い込むようなトレーニングをするわけです。当然のことながら、こうした運動は若い頃であっても関節や腱に多大な負担がかかります。ケアしなければいずれは関節に障害が出るのは当然ですね。

そして私も現在はアスリートではないものの、趣味で実施している筋トレは多少無理して追い込むハードトレーニング。だから上述した祖母や父と同じ結果にならないかと心配です。

整体師さん曰く、こういう時にも膝や肩にある軟骨を保護する成分を摂るようにしておくことや、マッサージなどの専門家の施術を受ける事によって大部分を防ぐ事ができるそうです。例えばグルコサミンやコンドロイチンなどの成分を含む食品を積極的に食べる事は有効策となるそうです。

私も将来、スポーツ障害が原因となって発症しやすい関節痛の予防の為に、整体師さんのアドバイスに従おうとおもいますね。グルコンexにも軟骨成分がしっかりと含まれているようですよ。


2012年10月19日

解熱性鎮痛剤は腰痛や関節痛によく効くと言われていますが、私がその医薬品を使わないのには理由があります。第一に副作用の問題が大きいこと。第2の理由に常習性があるような気がしているからです。

第一の理由として挙げた副作用の問題は特に深刻でしょう。実際の事例でも解熱性鎮痛剤が原因で、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)を発症した例もあるようです。さらには中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)の可能性も解熱性鎮痛剤の添付説明書には記載されているくらいです。もちろん用法・容量を厳守していれば副作用のリスクは低くできるのかもしれませんが、必ずしも回避できるとは限らないのが怖い所です。

第2の理由として挙げた常習性の問題ですが、薬の成分への耐性ができる可能性があると思うのです。一度耐性ができてしまうと服用量を増やさなくては痛みの緩和効果が薄れると思います。他の種類の解熱性鎮痛剤に変更すれば良い・・・という意見もあるようですが、そんなイタチごっこのような解決策では薬の種類を変えても再び同じ事の繰り返しです。第一類や2類に相当する解熱性鎮痛剤は劇薬に指定されているものですから、体への負担を考えると常用するのは避けたいと思うのですね。

グルコンexも第三類に指定されている医薬品ですが、配合されているのはビタミンB1やガンマオリザノールなどの栄養素としても使われているものですから比較的安心できると思います。また副作用に関しても深刻な問題は無さそうと思えるので、私ならグルコンexの方を選びたいものですね。


2012年10月18日

ビタミンB1硝酸塩といえば、滋養強壮や肉体疲労時の栄養補給のドリンクに含まれている栄養素ですが、関節痛などの痛みの緩和にも役立つそうです。個人的には、摂取した糖質をエネルギーに変換させるために必須の栄養素という認識があり、痛みの緩和に効果があるというのはグルコンexの存在で初めて知りました。

グルコンexに含まれているビタミンb1硝酸塩について薬剤師さんに聞いてみると、特に有効とされているのが神経痛。神経は糖質が唯一のエネルギー源であり、欠乏状態になると脚気や多発性神経炎を引き起こすリスクが高まるのだそうです。これらの症状の方に2~3日に渡り多めのビタミンB1を摂取させる事で症状の改善が見られるのだそうです。
そんな理由から、グルコンexや関節痛や神経痛や筋肉痛に効果があるとされるサプリメントや医薬品にはビタミンb1系の栄養素が配合されているのだそうです。

通常の栄養バランスが整った食事をしていれば、グルコンexなどでビタミンB1硝酸塩を摂る必要はないかと思うのですが、白米偏重型の食事構成になっている場合は注意が必要とのこと。