シージャの食べ歩きブログ

愛知県周辺(春日井・名古屋北部)を中心に飲食店(カフェ・喫茶店など)を巡り歩くブログです。 2019年4月より、すべてお店の方からのおもてなしへの感謝を込めて、お店ごとの点数評価の記載を休止することにしました。

名古屋市名東区藤が丘に2月オープンした喜楽 五平餅 藤が丘店を訪れてみました。
DSC_4534
地下鉄藤が丘駅前にあるマックスバリュー藤が丘店も入る建物1階の北側に店を構えます。
ちょうどいくつかの集合住宅の建物が並ぶようにあり、その建物の1階には多くの店舗が軒を並べているエリアです。
DSC_4532
岐阜県の中津川にて昭和18年に創業された老舗の五平餅店です。
その家業を継がれた4代目の方が、その喜楽の五平餅の魅力と美味しさをより多くの方々に知ってもらえたらとの熱い想いで、名古屋の藤が丘に新店をオープンされました。
DSC_4537
お客さんからオーダーを受けからその場で五平餅をしっかり焼き味付けをした、焼きたての五平餅をテイクアウトにて販売されるお持ち帰り専門店です。
DSC_4536
中津川の地元農家のお米を自家精米し、三つの団子を素焼きして、胡麻・胡桃・落花生を甘辛しょうゆで丹念に擦り込んだ自家製たれを絡めて丁寧に焼き上げた、昔ながらの五平餅です。
DSC_4535
五平餅は、大相撲の番付に例えられ、本数の少ない順から…小結・関脇・大関・横綱・親方と名付けられています。
DSC_4533
また、五平餅二本に静岡・牧之原寺尾園のほうじ茶に漬物をセットしたメニューも用意されています。
DSC_4538
五平餅 小結 3本入り(500円)
を購入することにします。購入したときには焼きたての五平餅とともに、オリジナルの店名ロゴが記載されたステッカーもいただきました。
DSC_4540
その五平餅をプレートに移し替えてからいただくことにします。五平餅は竹串に3個の団子が刺してある、団子型の五平餅です。
DSC_4541
表面はたっぷり絡められた自家製たれとともに、焼きたてならではのカリッと香ばしく、中身はふっくらもっちりしたお米の旨みが感じられる味わいです。
DSC_4542
名古屋の藤が丘でも、中津川の老舗五平餅店の味を気軽においしくいただけるようになりました。ちょっとお腹が空いたときにふらりと立ち寄ってみたくなりそうな店です。



店名 喜楽 五平餅 藤が丘店
住所 愛知県名古屋市名東区藤が丘171
電話 052-887-9190
営業時間 11:00~19:00
※売れ切れ次第終了となります。

SNS instagram



    mixiチェック

日進市赤池町下田に3月オープンする農家レストラン たまねぎが2月よりプレオープンされているので、訪れてみました。
DSC_4518
平針駅からほど近くで日進市と名古屋市との市境付近に位置し、天白川も近くを流れるのどかな田園が広がるエリアに店があります。
国道302号と国道153号が交差し名二環の植田インターもある地点から、南東へ250mほどのところに店を構えます。
DSC_4519
名古屋近郊で苺狩りが楽しめるストロベリーノ下田もある、市民農園の郊外田園クラブ下田ビレッジが運営する農家レストランです。
DSC_4516
これまで農園レストラン サバービアンがありましたが、より素朴に新鮮で安心できる野菜をたっぷり使用した料理をお届けしたいとの想いで、新しい農家レストランをスタートされました。
DSC_4517
2月中は、プレオープンにつき金・日・土・祝のみの限定営業です。3月6日よりグランドオープンされ、本格的に営業を開始します。
DSC_4520
店内は、 サバービアンの頃とほとんど変わることなく、天井が高く明るく爽やかで開放的な空間です。
屋外にはテラス席も設けられ、こちらの席ではお客さんが愛犬を伴って利用することもできるそうです。
DSC_4523
ランチは、週替わりプレートランチセット、特製豆腐ハンバーグランチ、農園ベジカレーセットがあり、いずれも、デリバイキング・サラダ・ご飯・吸物・ドリンク・デザート付きです。
ちなみに訪れたこの日は、プレートランチセットがロール白菜煮込みor洋風おでん、ハンバーグランチがお麩のハンバーグです。
DSC_4524
ランチ終了後にはお飲み物を中心としたカフェメニューが楽しめます。なおランチを含めたメニューはプレオープンメニューで、内容や価格は今後変更される可能性もあるとのことです。
DSC_4522
同じ施設内にあるストロベリーノ下田の苺をサンドした、いちごサンドが単品やドリンク付きのセットがいただけます。
DSC_4525
そのいちごサンドは、冷蔵のショーケースにオーダーがあるとすぐに提供できるように置かれています。
DSC_4521
ランチのデリバイキングについては、大きなテーブルの一角に並べられています。訪れたときには3種の野菜をたっぷり含んだデリが大きなプレートに盛られています。
ハンバーグランチ・お麩のハンバーグ(デリバイキング・サラダ・ご飯・吸物・ドリンク・デザート付き)(1500円)にします。まずはデリバイキングいただきます。
DSC_4527
デリは日替わりで、この日のデリは、豆腐のおから・大根の煮物・小松菜和えです。いずれも手づくり感が感じられる素朴でさっぱりした味付けのデリです。
DSC_4526
しばらくすると、メイン料理のお麩のハンバーグなどが届けられます。ほかには、サラダ、五穀米のご飯、お味噌汁、ハンバーグにかける生姜のおろしダレが付いてきます。
DSC_4528
お麩のハンバーグは、肉のつなぎをパン粉の代わりにお麩を用いたもので、ふわふわしながらも肉感もしっかり味わえます。
DSC_4529
そして食後にはコーヒーとともに、デザートとしてイチゴと紅茶のシャーベットをいただくことにします。
DSC_4530
デザートは、ストロベリーノ下田にて朝に収穫されたばかりのイチゴのあまおうが添えられ、紅茶の風味が豊かで、ひんやりシャリっとしたシャーベットです。
DSC_4531
そのストロベリーノ下田は12000株もの苺が用意され、毎年12月末から5月上旬までの間は苺狩りが楽しめます。
自家栽培の野菜を余すことなく料理に使う農家の食卓のように、素朴な野菜料理をおいしくいただける農家レストランです。



店名 農家レストラン たまねぎ
住所 愛知県日進市赤池町下田90
電話 052‐848‐8991
営業時間 1100〜17:00(LO.16:30)
定休日 月曜日、火曜日、ほかに休業日有
2月中はプレオープンのため金・日・土・祝のみ営業
駐車場 有



    mixiチェック

このページのトップヘ