多治見市笠原町に7月オープンされた蕎麦処の楽蔵亭をランチをしに訪れてみました。
DSC_1579
もともとタイル産業が盛んで、モザイクタイルミュージアムが開園してから、多くの観光客で賑わうようになった笠原町に、多治見の蕎麦処の名店として知られる井ざわにて経験を積まれた店主が新しい店をオープンさせました。
DSC_1583
今や笠原町の象徴的な存在ともいえるモザイクタイルミュージアム近くで、食品スーパーのマルナカストアーから道を挟んだ南側に店があります。
DSC_1584
店の玄関出入口は、表通り沿いに当たるモザイクタイルミュージアム側とは反対の西側にあります。少しばかり年季の入った2階建ての鉄筋コンクリート造りの建物のうち1階が店となります。
DSC_1586
店内はこじんまりしながらも、白の壁紙が綺麗に貼られていて、外観の印象からは想像もできないほどの落ち着いた空間です。
DSC_1592
カウンター席の向こうには、小窓から垣間見ることができる厨房があります。店主やスタッフの方々が明るく爽やかに切り盛りをされています。
DSC_1587
テーブル席は店内に4卓ほど設けられています。老若男女問わずにそれぞれのお客さんが、ゆったりとお食事が楽しめそうな雰囲気です。
DSC_1591
オープン当初のメニューとして、蕎麦に主に丼物をセットにした定食を扱っています。また金曜日限定にて、豚骨、鶏ガラ、かつおぶしのトリプルでダシを取った、蕎麦屋の本格派のカレーがいただけます。
DSC_1589
さらに単品としてのざるそばとかけそば、蕎麦とともにお酒のおつまみにも合いそうな一品料理もあります。
DSC_1590
お飲み物はアルコール飲料が充実しています。居酒屋感覚でも気軽に利用できる蕎麦屋さんというスタンスも持たれているようです。
DSC_1593
かき揚げ丼とざるそば(1,000円)
にします。しばらくするとお洒落なお膳に載せられて席まで届けられます。お汁とともに薬味と漬物も付いてきます。
DSC_1594
蕎麦は北海道幌加内産蕎麦粉を用いた粗挽きの二八蕎麦です。噛んでいくほど甘みがほんわりと感じられ、喉越しが心地良く、美味しくいただけます。
DSC_1595
かき揚げ丼は衣はカリッとしながらも、中身はまろやかな味わいです。たっぷり含んだ野菜とぷりぷりした海老が特徴です。
お蕎麦屋さん巡りが好きな方はもちろん、モザイクタイルミュージアムを訪れた後に立ち寄っても良さそうな店です。



店名 楽蔵亭
住所 岐阜県多治見市笠原町2069-1
電話 0572-45-1060
営業時間 平日 11:30~14:30 17:00~20:00
     土・日・祝 11:00~14:30 17:00~20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は火曜日)
駐車場 有