春日井市鳥居松町に10月末にオープンした麺家りょうま 勇堂を訪れてみました。
DSC_3249
JR春日井駅近くの中央線上を高架橋で交差する県道(春日井一宮線)沿いで、かつてはアーケードも設けられていたこともある鳥居松広小路商店街と呼ばれていたエリアに店があります。
DSC_3250
春日井を代表する家具店でもあったマルヤス家具跡地(12月上旬にドラッグストアがオープン予定)の南隣のビル1階で、前に中華料理店があった場所に店を構えます。
DSC_3248
一宮に本店があり小牧などにも展開されている麺家りょうまの春日井の新しい店です。ランチと夜の間に中休みを挟み、それぞれが分かれた営業時間となります。夜は深夜の2時まで営業されています。
店内はラーメン店では珍しく、列車のコンパートメント席のように高い仕切りで区切られ、幅の広いゆったりしたテーブル席が特徴の空間です。
DSC_3242
メニューは、ほかの麺屋りょうまとほぼ同じようです。
白・黒・赤のらぁめん、あぶらそば、味噌らぁめん、龍チャーシュー麺の麺物、ご飯物や揚げ物やチャーハンを追加するセットがあります。
DSC_3243
替え玉や具のトッピング、揚げ物などの一品料理の単品なども扱っています。麺やスープの特徴についての説明もメニューに記されています。
DSC_3244
麺を製麺するときに使用する水にもこだわられています。
製麺所を養老町へ移転し、名水百選にもなっている養老「菊水泉」の水を用いて麺をつくっているとのことです。
DSC_3247
テーブルには胡椒や餃子のタレのほかに、生姜、高菜、辛味噌が置いてあり、好みによりラーメンなどに加えることができます。
龍チャーシュー麺・白(980円+税)、銀しゃり・白飯(無料サービス)にします。
DSC_3245
豚骨ベースの白湯スープや細麺(太麺に変更も可能)の上には、メンマ、焼き海苔、ねぎとともに特大のチャーシューが載っています。
とにかく大きく厚みがありながらも、ジューシーで柔らかく旨みのある特大チャーシュが特徴のラーメンです。
DSC_3246
ぬるっとして柔らかい食感の細麺とさらっぱりしてクセの少ない白湯スープなこともあり、チャーシューそのものの存在感がより増します。硬めの麺の好きな方は、オーダー時に硬めで頼むとよりおいしくいただけそうです。
春日井にも麺家りょうまがオープンしました。ちょっとラーメンが食べたいと思った時に立ち寄ってみたくなりそうな店です。



店名 麺家りょうま 勇堂
住所 愛知県春日井市鳥居松町5-165
営業時間 11:30~14:00
     17:30~翌2:00
駐車場 無(近隣のコインパーキング等有)
ホームページ
 http://sgshokuhin.com/