春日井市八事町に4月オープンしたpaff komepanを訪れてみました。

DSC_3675
JR春日井駅より北西へ300mほど離れた地蔵川近くの深野公園斜め向かいのマンション1階にお店を構えます。シフォンケーキ店隣で以前にはフルーツサンド店があった場所です。

DSC_3674
お店専用の駐車場は、お店の東横で深野公園の道路向かい北側にある月極駐車場のうち2台分が利用できます。

DSC_3672
駐車場には、利用できるスペースの番号と縁石にお店の名前が記されています。深野公園周辺の道路は一方通行のため、駐車場へは西方面からの進入になります。

DSC_3676
paff komepanは、「米文化を守りたい。」との想いで始められた、お米80%をベースにしたパンをメインに販売する米パン専門店です。

DSC_3673
以前には、名古屋駅近くにて10年ほどデザートレストランを営んでみえたようです。今年の年明けにそちらのお店を一旦閉店した後に、業態変更をされての移転オープンです。

DSC_3678
店内はテイクアウトのお店だけあってコンパクトにまとめられた空間で、白を基調にした明るく爽やかな雰囲気です。

DSC_3684
お店ではお米80%をベースにした米パンがメインの販売となります。一部グルテンフリーのパンも用意されています。

DSC_3679
店内の棚には、食パンから、菓子パンや惣菜パンにいたるまで、バラエティーに富んだパンが賑やかに並びます。

DSC_3685
出来たてのパンについては、工房前にあるコーナーにて袋に詰められない状態にて、出来たて感が伝わってくるように陳列されています。

DSC_3680
グルテンフリーのパンは、ほかのパンと区別して棚が設けてあります。この日は食パンが販売されています。

DSC_3677
店内正面の受付横の冷蔵ショーケースには、サンドに加えて、サラダやデリ(惣菜)も並べられています。

DSC_3686
デリ(惣菜)については、最近始められたばかりで、移転前のお店のことを知る方にとっては、ちょぴり懐かしさを感じさせそうな品揃えです。

DSC_3702
ラタテューユのデニッシュ(302円)、フランスベーコンエピ(260円)、デニッシュクリーム(302円)、シュガーバター(226円)を購入します。

DSC_3704
ラタテューユのデニッシュは、トマトなどの野菜の旨みをたっぷり含んだ惣菜系のデニッシュで、見ため以上の満腹が得られます。

DSC_3703
フランスベーコンエピは、ちょっぴりハードな仕上がりの生地にベーコンが練り込まれ、米粉パンならではのさっぱりした味わいで、軽快においしくいただけます。

DSC_3706
デニッシュクリームは、デニッシュ生地らしく外はパリっと内はもっちりした食感で、中に含まれたカスタードクリームとの相性も良い菓子パンです。

DSC_3705
シュガーバターは、シュガーとバターの風味がほんのり感じられるソフトな仕上がりで、米粉ぱんをシンプルにいただきたい方にはぴったりなパンです。
春日井ではまだ珍しい米粉パン専門店が誕生しました。以前にレストランを営まれていたこともあり、パンに含まれる具の美味しさも魅力なお店です。




店名 paff komepan
所在地 愛知県
春日井市八事町3-55-2
    いずみマンション103号
営業日 金曜日、土曜日、日曜日
営業時間 11:00~18:00
駐車場 有(2台)
SNS instagram

(注)営業時間や定休日等の店舗情報、
記事中のメニューや価格等は、原則訪問当時のものです。

最新情報は店舗様公式サイト等をご確認ください。