シージャの食べ歩きブログ

愛知県周辺(春日井・名古屋北部)を中心に飲食店(カフェ・喫茶店など)を巡り歩くブログです。 2019年4月より、すべてお店の方からのおもてなしへの感謝を込めて、お店ごとの点数評価の記載を休止することにしました。

タグ:ギャラリーカフェ

可児市禅台寺にある樹の萌(きのめぐみ)へモーニングをしに訪れてみました。
DSC_2153-01
名鉄新可児駅とJR可児駅から西へ800mほど離れた小高い丘にある閑静な住宅街に店があります。ちょうどスーパーのバロー下恵土店から少し南へ向かった高台に当たる場所です。

DSC_2170-01
高台にあることもあって平屋に見える店の建物は、実際には2階建てです。店への出入り口の玄関は、2階部分になります。駐車場は店前と隣接する東側に設けられています。

DSC_2185-01
眺めの素晴らしい高台の店横にある階段を降りていくと、季節によっては美しい花を咲かせるガーデンがあり、薔薇などの花がきれいに咲くそうです。

DSC_2186-01
こじんまりとしたプチでカントリーな佇まいの玄関周辺は、豊かな緑に囲まれているうえに、年数を重ねるごとに年季も入り、良い雰囲気を醸し出しています。

DSC_2184-01
玄関の扉を開けると中通路になるフロアが小さなあり、さらにその先の扉を開けてカフェへおじゃまさせていただきます。

DSC_2172-01
店内は、店を切り盛りされるマスターとママさんの想いがそのまま表現している佇まいで、品の良さが感じられるお洒落さに満ちています。

DSC_2174-01
そのお二人がみられるスペースには、壁の向こうの棚に並べられたカップのほかに、マスターのご趣味であるピュアな音響機器やクラッシック音楽のレコードジャケットが並べられています。

DSC_2176-01
ウッドのナチュラルな楕円曲線を描いた小さなテーブルのある席をはじめ、4人掛けのテーブル席、窓からの眺めが素晴らしいカウンター席など、お客さんにはとても居心地の良い空間です。

DSC_2177-01
ソフトで柔らかい白い壁と対比するような天井まで吹き抜けになった屋根裏や梁や柱のウッドが、薄っすらと温かみのある灯りに照らされ、いい雰囲気を醸し出しています。

DSC_2181-01
その天井には、ドライフライやリースなどが飾られています。客席から天井を見上げているだけでも、気持ちを和ませてくれる楽しさがあります。

DSC_2182-01
展望が素晴らしい窓際のカウンター席からは、可児や木曽川を超えた美濃加茂にいたるまでの街並みや、さらにその先には山々が広がり、スッキリとした青空とともに壮大な眺めを一望できます。

DSC_2173-01
メニューは、2種類のブレンドにアメリカン、アイス、カフェオーレ、プレミアムの珈琲をはじめ、紅茶、ソフトドリンクのお飲み物を扱い、シフォンケーキやホットサンドにお飲み物をセットしたメニューもあります。

DSC_2171-01
プレミアム珈琲は、タンザニアのキリマンジャロマチャレの珈琲豆を使用されています。おかわり珈琲は200円にて用意され、一杯目とは異なる美味しさの珈琲をいただくこともできます。

DSC_2178-01
珈琲・萌オリジナルブレンド(450円)、モーニング
にします。モーニングは、シナモンレーズントースト、ごまトースト、サラダ、ポテトサラダ、フルーツヨーグルト付きです。

DSC_2179-01
シナモンレーズントーストとごまトーストは、それぞれ生地に含んだレーズンやごまの旨みに、その生地にしっかり塗られたシナモンシュガーやバターの香ばしさが重なるハーモニーな美味しさがあります。フレッシュなサラダやフルーツも含んだヨーグルトも嬉しいです。

DSC_2180-01
珈琲は、しっかりとしたコクと苦みのバランスが絶妙で、ブラックのままで最後まで優雅な気分でゆったりいただける味わいです。

DSC_2183-01
カフェのあるフロアから階段を降りると1階にあたるギャラリースペースがあります。このスペースでは、様々な展示会や催しが開かれ、9月17日から27日までの間は押し花の展示会が開催されています。

DSC_2205-01
多治見の押し花サロンのアトリエサナーレ主催の展示会で、数々の押し花やシルエットアートの作品が展示されています。

可児市街からも近く、高台の上でゆったりと珈琲などを嗜みながら過ごすことができる素敵なカフェです。



店名 樹の萌
住所 岐阜県可児市禅台寺1-17
電話 0574-62-4164
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日(祝日は営業)
駐車場 有
SNS facebook



    mixiチェック

4

清須市の西田中蓮池にある甲冑&ギャラリーカフェ NOA(ノア)へモーニングをしに訪れてみました。
DSC_9173
名二環や名古屋都市高速が国道22号や国道363号と交わり合う清須ジャンクションから、南西へ500mほどの場所に店があります。城北線の尾張星の宮駅からも近く、清須の人気ラーメン店信長ラーメンより南へ向かうとすぐのところです。
DSC_9174
年季が入ったレトロな佇まいの外観で、昭和時代のお洒落なカフェという雰囲気が伝わってきます。駐車場は店の建物の東側にあります。
DSC_9185
店内も外観と同じように、年季の入り様が感じられます。少しばかり薄暗く落ち着いたトーンでまとめられている空間です。
DSC_9184
日当たりの良い南側の板の間には、大きめのテーブルが置かれています。グループで訪れたお客さんが珈琲とともに過ごす姿が想像できます。
DSC_9181
戦国の名武将 織田信長ゆかりの街の清須ということもあり、鎧や日本刀などが展示してあります。その信長と清須をこよなく愛する甲冑師でもある老練のオーナーを中心に切り盛りをされています。
DSC_9180
モーニングは11時までで、ドリンク代のみで7種類のメニューから選ぶことができます。ランチは11時から14時まで実施され、すべてスープ・サラダ・コーヒー付きで700円~800円にていただけます。
DSC_9179
午後のアフタヌーンサービスは13時以降となります。ドリンクをオーダーするとトースト、サンド、ケーキ、コーヒーゼリーのいずれかを付けることができます。
そして
織田信長にちなんだ清須信長珈琲もあります。こちらの珈琲は特殊ブレンドで、とても濃いめの味に仕上がっているとのことです。
DSC_9175DSC_9176
DSC_9177DSC_9178
メニュー表もあります。珈琲についてはアラカルトに富んでいて、超極薄から最も濃厚な
清須信長珈琲まで、お客さんの濃さの好みに合わせて選ぶことができます。ほかに各種ソフトドリンク、スパゲティー、ピラフ、サンドも充実した内容です。
DSC_9182
カフェ・ノアール(400円)、モーニング・G(サンドイッチ、ゆで卵)
にします。真っ白なカップとプレートが鮮やかに映えています。モーニングのサンドイッチは、ハムとレタスを挟んだものが2枚となります。
DSC_9183
カフェ・ノアールは、とても濃厚で苦みがじんわりと効いた味わいです。ミルクを入れることにより、まろやかさも加わり、より美味しく味わうことができる珈琲です。
こだわりのある珈琲とともに信長の魅力に触れられることができるカフェです。信長の街 清須を知りたい方にはお勧めの店です。



店名 
甲冑&ギャラリーカフェ NOA
住所 愛知県清須市西田中蓮池150
電話 052-400-3817
営業時間 7:30~18:00
定休日 火曜日
駐車場 有




    mixiチェック

このページのトップヘ