シージャの食べ歩きブログ

愛知県周辺(春日井・名古屋北部)を中心に飲食店(カフェ・喫茶店など)を巡り歩くブログです。 2019年4月より、すべてお店の方からのおもてなしへの感謝を込めて、お店ごとの点数評価の記載を休止することにしました。

タグ:一軒家

5

名古屋市守山区の上志段味にあるmoricafe(モリカフェ)を訪れてみました。移転オープン直後に訪れてから前回からほぼ一年ぶりの訪問です。
DSC_5650
東谷山フルーツパークや森林公園もほど近い、区画整理事業で宅地化開発が進む郊外ののどかな場所に店があります。大久手池のほとりの東側に店を構えます。瀬戸市の中水野や品野と志段味を一本で結ぶ道も新しくつくられたりして、便利になりつつあるエリアです。

DSC_5665
白を基調にしたシンプルながらに周囲の雰囲気になじんで映えるモダンな一軒家の建物です。

DSC_5666
名古屋市西区の小田井から移転をして一年が経ち、志段味のmoricafeしてのスタイルも定着してきたみたいです。

DSC_5664
のどかな場所の小さなカフェでもあり、少人数のお客さんにまったりと過ごしていただきたいことをコンセプトにされているようです。複数の車で来店されるグループのお客さんには、店の敷地内右側のスペースにまとめて駐車していただくようご協力をいただき、出来る限り多くのお客さんの車が駐車しやすいように配慮されておられます。

DSC_5670
店内は、北欧によくみられる家の佇まいを意識された内装です。こじんまりしながらもすっきりとした空間です。
DSC_5667
店内の色づかいもカフェの雰囲気に合うように工夫がされています。明るいトーンながらも落ち着きのある趣きがあります。
DSC_5668
飾り物はかなり控えめですが、照明や観葉植物やテーブルのタイル貼りなど、インテリアへのこだわりも感じられます。

DSC_5674
池の眺めを一望できる窓側にはカウンター席が設けられていて、静かにしんみりと店内の雰囲気に浸りながら、ゆっくりと移り変わる景観に触れ合うことができます。

DSC_5673
メニューはオーナーの方が、厳選した素材とこだわりが感じられるドリンクやフードがラインナップされています。フードはブランチとして朝から昼まで美味しくいただけるものが揃っています。

DSC_5669
日替わりのブランチやスイーツ、本日の珈琲の産地については黒板にて紹介されています。

DSC_5672
季節のメニューは、これからの暑くなる夏にぴったりなひんやりと喉を潤してくれそうなドリンクが用意されています。また土日限定ですが、昨年人気だったスイーツの白桃カスタードババロアもいただけます。

DSC_5677
その季節のメニューの中から、カフェラテ シェケラート(600円)にします。まったりと池を眺めているうちに…カフェラテがちょっとしたお菓子とともに届けられます。

DSC_5676
カフェラテ シェケラートは、きび糖とともにシェイクしたというエスプレッソにミルクを注いだものです。エスプレッソの深みのある苦みとミルクのまろやかさにきび糖の穏やかな甘みが重なって、滑らかでひんやりした味わいが楽しめます。

池のほとりの眺めの美しさに見惚れてながら、優しく心と体への癒しを得られる素敵なカフェです。



店名 moricafe(モリカフェ)
住所 愛知県名古屋市守山区上志段味東谷2074-74
電話 052-870-5863
営業時間 10:00~18:00
定休日 月曜日、第2・4火曜日
駐車場 有
ホームページ http://moricafe.jp/
SNS facebook instagram



    mixiチェック

5

岐阜県土岐市の肥田町にある鍵屋珈琲へモーニングをしに訪れてみました。
DSC_4625
土岐川支流の肥田川近くの田園地帯で民家が点在するのどかな場所に店があります。ドラッグストア ゲンキー土岐肥田店の前にある県道より東にある肥田川の橋へ向かう道に曲がり、橋の南側堤防と用水に沿った道を行くと店の前に辿り着きます。このルートが最もわかりやすい行き方みたいです。
DSC_4641
田園地帯に馴染んだ和風造りの長屋の建物が珈琲店です。駐車場は店の敷地内南側にあります。
この場所からの風景に魅力を感じたオーナー夫妻の方が、勤め先の定年退職後のことを考えて、2005年から珈琲店を始められました。
DSC_4626
店内は全館禁煙となり、小学生以下のお子様のご利用は遠慮くださいとのことです。健やかで爽やかな空間の中で、まったりと過ごすことができる大人の珈琲店です。
DSC_4627
春の日差しに柔らかに照らされた中、玄関入口の引き戸を開けて店内へおじゃまさせていただきます。
DSC_4640
店内は木の梁や柱にこだわりを持たれた造りをされています。黒に限りなく近いダークなブラウンを基調に白塗りの壁でまとめられています。
DSC_4634
気さくな朗らかで話し好きなマスターがカウンターにみえられます。その奥行きのある大きなカウンターの向こう側には展望の開ける大きな窓があります。お客さんがそのカウンターの席に座った視線の高さで、風景が眺めることができるように窓の位置も工夫されているみたいです。
DSC_4639
訪れたときには桜が満開を迎えた頃で、まだ田植え前の田の先にある桜が見事に咲き誇っています。田植えが終わると、里山の緑と水田のみずみずしい稲の穂の素晴らしい田園風景に触れることができます。
DSC_4638
奥さんが料理やスイーツをつくられたりする厨房は奥のドアの向こうにあり、お客さんがゆったりと店の雰囲気に浸りながら過ごすことができるように配慮されています。壁の棚に綺麗に置かれたカップも美しく映えます。
DSC_4631
日当たりのよい南側にはテーブル席が3卓ほどあり、すく近くの窓越しには日本庭園を眺めながら和の心地良いおもてなしを感じられます。
DSC_4633
奥には小上がりの板の間の席もあります。お客さんそれぞれの想いで、よりゆったりと過されたい方には良さそうな空間です。
DSC_4628
メニューは珈琲にこだわる専門店して相応しく、オリジナルのブレンド珈琲をはじめとして、世界の有名な銘柄豆を使用したストレート珈琲を扱っています。
DSC_4630
ほかにはアレンジ珈琲や紅茶、冷たい珈琲や紅茶などのお飲み物もあります。さらには、ぜんざいや自家製ケーキなどの甘味物、お食事は軽食としてピタサンドやオムライスが用意されています。ランチは予約にて、自家製カレーランチをいただくことができます。
DSC_4635
珈琲・鍵屋ブレンド(500円)
をお願いし、モーニングを付けてもらうことにします。マスターが珈琲を丁寧にハンドドリップにて淹れられ、奥さんが奥の厨房でモーニングを盛られます。しばらくするとお膳に載せられてきます。
DSC_4637
珈琲・鍵屋ブレンドは、まろやかながらも苦みと香り高さが味わえるバランスの取れた味わいです。淹れたてならではの旨みが感じられる珈琲です。
DSC_4636
モーニングはサンドイッチ、スープ、フルーツ付き
です。横長のプレートに綺麗に載せられています。
エッグとサラダがしっかりと詰められたサンドイッチで、充実したモーニングです。
四季を通して素晴らしい田園風景に満ちています。日々の喧騒から離れ、まったりと過ごすことでできる珈琲店です。



店名 鍵屋珈琲
住所 岐阜県土岐市肥田町肥田1994
電話 0572-54-5955
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日
駐車場 有




    mixiチェック

このページのトップヘ