シージャの食べ歩きブログ

愛知県周辺(春日井・名古屋北部)を中心に飲食店(カフェ・喫茶店など)を巡り歩くブログです。 2019年4月より、すべてお店の方からのおもてなしへの感謝を込めて、お店ごとの点数評価の記載を休止することにしました。

タグ:五平餅

瀬戸市岩屋町にある サカエ食堂 岩屋堂売店を訪れてみました。
DSC_1481
東海環状自動車道のせと品野インターより南東へ1kmほど離れた、愛知高原国定公園にもなっている岩屋堂公園に店があります。
IMG_2433
秋には紅葉の夜景がきれいなスポットとして有名な岩屋堂公園。夏になると川遊びを楽しむ家族連れで賑わうことでも知られています。また初夏の新緑や蛍など、四季風景の移り行く姿も素敵です。
IMG_2434
岩屋堂公園内でもみじ橋周辺は、休憩しやすい広場やサカエ食堂などの売店もあり、多くの人々が公園を訪れる時には最も賑わいがあります。
IMG_2441
そのもみじ橋から上流へ向かえば向かうほど、川遊びをする人々も次第に少なくなってきます。溢れるように豊富な水の清流を眺めながら、静かに森林浴を楽しむことができます。
IMG_2439
豊かな緑に覆われた岩の合間を流れ下る渓流は、汗ばむ夏の暑い時でも、ひんやりするひとときを与えてくれそうです。
DSC_1482
そんな自然に満ちた岩屋堂公園で、創業してから100年も経つ老舗の売店がサカエ食堂です。現在は瀬戸中心部の銀座通り商店街で、みそかつレストサカエを通年営業されていますが、元々はこの場所にて旅館を営まれていました。
DSC_1483
店は、5代目にあたる気さくでおおらかなご主人とママさんのお二人で切り盛りをされています。
店名物のみたらしだんごや五平餅を、すぐ近くで焼かれる姿も見ることができます。
DSC_1487
みたらしだんごと五平餅のサンプル見本が置かれています。なおお持ち帰りすることもでき、岩屋堂公園を訪れたお土産としてもぴったりです。
DSC_1484
懐かしいラムネなどのお飲み物、川遊びには欠かせないうきわ、インスタントラーメン、お菓子なども販売されています。昔ながらの駄菓子屋さんらしい風情がします。
DSC_1485
また夏季の季節には恋しくなりそうな、かき氷も扱っています。
かき氷は、彩り豊かなシロップがいくつか用意され、サイズは普通サイズのほか、手軽にいただけるミニサイズがあります。
DSC_1486
さらには鍋に入れられた串刺しおでんもあり、みそだれについては後付けとなります。ちょっとお腹が空いたときには、少しばかり空腹を癒してくれそうです。
DSC_1488
かき氷・メロン・ミニサイズ(250円)、五平餅(200円)
にします。お膳に載せられた、かき氷と五平餅をいただきます。
DSC_1490
かき氷は、ふんわりとした柔らかい氷にメロンのシロップがたっぷりとかけられています。
ミニサイズのかき氷は、みたらしだんごや五平餅などの軽い甘味とともに、一緒にいただくにはちょうどいいぐらいボリュームです。
DSC_1489
五平餅は、特製の味噌ダレをたっぷり漬け込んでからじっくり焼かれて、心地良く香ばしい味わいです。
豊かな自然とともに昔ながらの売店の雰囲気にも触れながら、まったりと過ごすことができる店です。



店名 サカエ食堂 岩屋堂売店
住所 愛知県瀬戸市岩屋町28
営業期間 夏季・秋季の限定営業(土日中心)
7月中旬~8月は毎日営業(2019年)
定休日 不定休(雨天時は営業休止の場合有)
営業日等については、SNSにて案内
駐車場 有(岩屋堂公園駐車場利用)
SNS
 facebook instagram



    mixiチェック

4

春日井市大和通にある餅菓子処 餅彦(もちびこ)を訪れてみました。
DSC_7386
勝川駅近くのある勝川商店街のメインストリートの大弘法通りと国道19号との交差点(大和通2丁目東)の北側に店があります。
駐車場は、店前と店から道を挟んで東側にある月極駐車場の一部が店専用駐車場として利用できます。
DSC_7387
大福やおはぎをはじめとして、季節の和菓子を取り揃えている餅菓子処として勝川界隈ではおなじみの店です。秋の季節は栗きんとんの和菓子が旬で人気みたいです。
DSC_7391
店内は受付カウンターととも和菓子が並べられたショーケースが置かれています。販売はお持ち帰り(テイクアウト)のみとなります。
DSC_7390
ショーケースには、数多くの餅の和菓子を中心とした商品が陳列されています。それらの和菓子とともに赤飯もあります。
DSC_7389
また五平餅やみたらし団子も扱われています。注文を受けてから焼き始められ、焼き立てのものをいただくことができます。
DSC_7388
奥にガラス貼りのキッチンがあり、五平餅やみたらし団子の注文を受けるとスタッフの方が丁寧に焼き上げられます。
DSC_7392
五平餅(260円+税)、よもぎ(120円+税)、おはぎ(120円+税)、きなこ、(100円+税)
をいただくことします。
DSC_7394
五平餅は団子タイプのもので、中身はもっちりとして外はカリッとしています。タレは醤油ベースにしたもので、シンプルながらに旨みのある五平餅です。
DSC_7393
餅菓子は、よもぎ、きなこ、おはぎが3つ並んで、見ているだけでも食欲を誘われるような彩り豊かな見映えです。よもぎの餅にはおぐら餡が入っていたりと、それぞれ違った美味しさが味わえます。
勝川商店街の大弘法通りも近く、永く地元で愛される餅菓子処の店です。



店名 餅菓子処 餅彦(もちびこ)
住所 愛知県春日井市大和通2-23-7
電話 0568-31-2792
営業時間 8:30〜17:30
定休日 水曜日
駐車場 有



    mixiチェック

このページのトップヘ