シージャの食べ歩きブログ

愛知県周辺(春日井・名古屋北部)を中心に飲食店(カフェ・喫茶店など)を巡り歩くブログです。 2019年4月より、すべてお店の方からのおもてなしへの感謝を込めて、お店ごとの点数評価の記載を休止することにしました。

タグ:各務原

岐阜県各務原市の鵜沼古市場町にある茶房 樹らら(きらら)へモーニングをしに訪れてみました。
DSC_0154
名鉄新鵜沼駅より各務原駅の辺りまで、のどかな田園地帯を通り抜ける道(にんじん通り)近くで、各務原駅から西へ1kmほど離れた場所に和風造りの一軒家カフェがあります。
店のある周辺は田畑が広がっていて、民家が点在する集落の端側に当たるエリアです。
DSC_0187
看板の周囲は竹が茂り、その上に吊るし上げられるように看板が立っているところが印象的です。
駐車場は郊外だけあって広く、20台ほどの車をとめることができます。
DSC_0199
玄関の扉は引き戸となっています。手入れを綺麗にされた庭の樹木とともに、玄関付近は和の落ち着いた趣きがあります。
DSC_0189
店内は、床のフローリングや仕切りの壁などウッドが多く用いられています。電灯色の温かい灯りにうっすらと店内が照らされ、ノスタルジックに満ちた空間です。
DSC_0190
窓の配置も工夫がなされています。窓からの採光は控えめで程よい薄暗さにより、温かみのある照明の心地良さをより感じさせられます。
DSC_0197
仕切り板で区切られたテーブル席は、ゆったりしています。年季の入り様が、より店内をレトロに美しく演出しています。
DSC_0191
メニューは、温かいお飲み物のうち珈琲については4種類のブレンド珈琲があります。さらにアレンジ珈琲やストレート珈琲、紅茶などを扱っています。モーニングは11時半までなります。
温かいお飲み物にぴったりなデザートとして、モンブラン、ロールケーキ、パンケーキもあります。
DSC_0192
これからの汗ばむ季節に喉を潤したくなるときにはぴったりな、冷たいお飲み物もアイス珈琲をはじめいろいろとあります。
DSC_0196
水出しのアイス珈琲や果実感などが鮮やかで見映えのいいプレミアムなドリンクも充実しています。
ランチについては、ブランチ、ピラフ、パスタ、サンドのセットメニューがあります。いずれのメニューも、フレッシュなサラダがたつぷりいただくことができそうな感じです。
DSC_0193
ブレンド珈琲(380円)、モーニング
にします。モーニングは小倉トースト、ゆで卵、ミニサラダ付きです。
DSC_0194
モーニングとして、朝のひとときに軽快に美味しくいただくには、充分過ぎぐらい満足できる三点セットの内容です。
DSC_0195
ブレンド珈琲は、程よい苦みとコクがあるバランスの取れた味わいです。店内の落ち着いた雰囲気にぴったりなカップに淹れられて、まったりと嗜むことができます。
DSC_0198
田園地帯にあるカフェらしく、新鮮な野菜の直売所も店内に設けられています。のどかでレトロな佇まい中で、ゆっくりと過ごすことができるカフェです。



店名 茶房 樹らら
住所 岐阜県各務原市鵜沼古市場町1-136
電話 0583-79-3178
営業時間 7:30~18:00
定休日 年中無休
駐車場 有





    mixiチェック

各務原市鵜沼三ツ池町にオープンされた喫茶室 山脈へモーニングをしに訪れてみました。
DSC_0188
名鉄二十軒駅と国道21号とのほぼ中間に当たる場所で、あべまき茶屋からすぐ西隣に店があります。

木曽川の愛岐大橋から北へ向かい、名鉄各務原線と立体交差する高架橋を降りてから、すぐ東へ向かう細い道を入っていくと間もなく店前へ到着します。
DSC_0201
これまで、イタリアン料理店の三雀庵があった古民家の建物です。犬山城家老の別邸を移築し、築80年以上の歴史のある建物を見事にリノベーションされて、近年は飲食店として使われてきました。

DSC_0218
駐車場は店前と店横に設けられています。古民家の門には、営業中は白い暖簾がかけられていて、和の情緒を感じさせられる佇まいです。

DSC_0217
その暖簾のある門から店の建物の敷地内へ入ると、庭園とともに店の玄関へつながる通路があります。

DSC_0203
玄関出入口の扉を開けると、受付のカウンターがあります。こちらのカウンターでは、お客さんへのご案内やご精算のほかに。自家焙煎した珈琲豆が並べられ販売も豆売りもされています。

DSC_0202
その仕切りのすぐ向こうには、珈琲を淹れたりするスタッフの方が近くにみえられるカウンターの客席があります。

DSC_0216
カウンター付近は、うすいグレーの内装でまとめられています。和風でありながらモダンでシックな装いです。

DSC_0211
天井裏は吹き抜けとなっています。屋根を支える梁や柱については年季の入り様が感じられ、古民家の良さが残っています。

DSC_0204
庭園を眺めることができる窓側には、テーブル席があります。フローリングや柱などのダークブラウンと、ナチュラルウッドのテーブルや白のカーテンレースの相反するコントラストが、窓から入る採光とともに心地良さを感じさせられます。

DSC_0209
お飲み物メニューは、珈琲についてはそれぞれ標高の異なる3種のブレンド珈琲を扱い、日替わりでの世界各国のコーヒーが楽しめる本日の珈琲、深煎り豆を使用したアイス珈琲があります。

ほかには、瑞浪のお茶農家で栽培された和紅茶、無農薬のお茶や、ココアやジュースを扱っています。
DSC_0210
モーニングは11時までとなり、ドリンク代+250円(税抜)にてパンとサラダのセットになります。パンはおぐらバターorラムレーズンバターのいずれかから選ぶことになります。

モーニング終了後にはブランチセットがあります。ドリンク代+800円(税抜)にて、野菜サラダ、季節のポタージュ、パンをいただくことができます。
DSC_0205
ケーキセットとして、和栗と抹茶を使った山脈モンブラン、珈琲と洋酒を使用した珈琲モンブラン、季節限定の苺のモンブランがあります。

DSC_0208
さらにその3つのモンブランをドリンクとともにペアーにして、お二人様からオーダーすることできる、贅沢三昧なモンブラン山脈セットもあります。

DSC_0213
その3つのモンブランについては、出入口近くのカウンター横のショーケースに並べられています。

いずれはモンブランのテイクアウトの販売も行う予定とのことですが、今のところオープン直後もあってテイクアウトは休止されているそうです。
DSC_0215
山脈珈琲・2合目(550円+税)、モーニングセット・パン(ラムレーズンバター)(250円+税)
にします。店の雰囲気に似合うオサレなプレートにモーニングセットが載せられて、珈琲とともに届けられます。

DSC_0214
モーニングセットは、パン(ラムレーズンバター)とサラダ付き
です。パンはパリッともっちりしたパンにラムとバターの濃厚な風味が香ばしさが口元に伝わり、しばらくその余韻に残る深みのある味わいです。

DSC_0212
山脈珈琲・2合目は中煎りの珈琲豆を使用したもので、すっきりしながらもほんわりした優しい香りに満ちた味わいです。

和洋の良さを見事に調和させた店内で、美味しい珈琲やモンブランなどとともに、ゆったりと過ごすことができるお洒落なカフェです。



店名 喫茶室 山脈
住所 岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町2-205
電話 058-322-7600
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休(SNSにてご案内)
駐車場 有
ホームページ https://www.kissa-sanmyaku.com/
SNS facebook instagram



    mixiチェック

このページのトップヘ